北朝鮮のミサイル高度2000km、イージス艦のSM3は1000kmまで。今後の”有事リスク”への影響は?【真剣に考える人はシェア】


 

 

ネット保守論壇に対しては、ちょっと手厳しいことを書く。
今回の北朝鮮のミサイルだが、高度が2000kmに達している。イージス艦のSM-3ブロック2Aが約1000キロにまでしか対応できません。北朝鮮を「未開の地」とばかりに、技術的に【ナメてきた】ツケだとも言える。

多くの評論家たちがいるが、特定の誰それではなく、”評論家全体”についても不信感を持っている。
また、この場を借りて、敢えてその一石を投じる意味も論じたい。
半島の有事の危機を私が指摘した際、特に評論家は、総意と言っては酷いが、【そんなことはない】と鼻で笑った。結果、いまどうだろう?

当Blogでも、大きく読みを外した場合には、過去の言説を撤回、修正を図っている。半島有事系の話を見るに、初期において「大丈夫だから」と抑えに回った論陣は、いつの間にやら私(と少数)に追随している。ここは極めて無責任だと思っている。(再三、指摘していたのは私と山口さん、他数名ではなかろうか。)

”北朝鮮の技術力”を過小評価している。
実態は問わないが「米国が大きく見積もった場合」の想定が、かなり立ち遅れている。今回の発射は、実はかなり大きな意味をもっている。米国が動けぬ理由を喧伝し、先制攻撃の可能性を小さく見積もる議論に対しては「この場を借りて、強烈にNO」を宣言しておきたい。それはマウンティング的な意味や、保守の序列付け?みたいな意味からではなく、一人の政治家として、それが必要だと感じるからだ。

今回の発射は”ロフテッド軌道”の可能性が示唆されている。恐らく間違いないだろう。聞きなれぬ言葉だが、ようは「一回、思いっきり上に打ち上げて」刀を振り下ろすような軌道。その再上端が2000kmということ。

重要なのは、「振り下ろす」という部分で、頂点から着弾までミサイルは加速していくのだ。”上から下”に変化する際、速度はそれなりに遅いわけだが、「真上から全力で加速」してくるミサイルは、凄まじい速度になっている。単に山なりの軌道という意味ではない。撃墜が難しいと言われているのは、このためだ。
PAC3の場合は、守れて半径30km程度とされているが、ロフテッドの場合は【もっと狭い半径】になると推定する。

PAC3の射程の話をすると、イージス艦のSM-3ブロック2Aの話をする方がいる。確かに約1000キロまで対応しているが、今回のミサイルの頂点の「半分」ぐらいである。すでに加速を済ませている状態で、守備半径はかなり狭まる。

そして、期待が高まっているイージスアショアだ。
イージス艦のSM3の陸上版ゆえ、同じ射程となるのです。新しいSM3も発射できるようですが。言いたいのは、【イージスアショアでも守れない】危険性が出てきた、ということです。

私が指摘したのは”北朝鮮の技術力は、決して低くはない”という点。
「大丈夫ですよ」「これがあるので」と述べれば、人気はでるだろう。
「ほぉ、なるほど、安心だ」となり、あたかもハッピートラップである。
これは無責任だ。

ロフテッドで「公海上」に、狙って着弾させることには、かなりの意味がある。
今までの固形燃料であれば、出力の制御はほぼできない。このような軌道をとるためには、ミサイルの出力制御が必要であり、【高い技術力】が求められる。これを達成しているとアピールしてみせることは、実は凄まじい意味がある。効果もある。

滞空時間が30分。これだけ長時間となれば、グアムに届く。また、米国本土を射程に入れている可能性も高い。意味が、おわかりだろうか。

重要なのは、”核搭載能力を保有した”と、ほぼ同義という点だ。
核爆弾は非常に大型で、重量もある。小型化せねば搭載はできないわけだが、ミサイルとしては【搭載可能なレベル】に達していると見るべきだ。

そして最も重要なのは、これは「日本の世論」を見ても仕方ないという点である。
米国がどう認識するか、だ。米国が、自国の安全保障の観点から「やるべきか否か」を判断する。

私は延々と論じてきた。
「核実験」と「ミサイル実験」を分けて論じるメディアへの批判。評論家も含む。
実際に論じるべきは、「核 + ミサイル」で、かつそれが米国本土を射程に入れた場合、もしくは【米国がそう感じた場合】は、事態が一気に動く。何度もそう警鐘を鳴らしている。

半島有事リスクについて論じるにあたり、「推移」を悉く当ててきた。
「起きたことを後から分析」して、それっぽい理由付けをしてきた者とは違う。
起きる前に「可能性を指摘」し、はずせば政治生命が耐えるような、予言に等しい分析を事前に投稿し、それをあててきた。

「米国は動かない」という言論は、私の考えとは全く異なる。
油断を助長するような評論は、そしてネット保守論壇の動きには、心を鬼にして牽制を入れさせて頂きます。

改憲の「プラス」になればいいな、という邪念(?)みたいなものは、私の中にもあるかも知れない。
だが、実際に起きるかもしれない半島有事を鑑みるに、国内の、内政に与える影響などは【二の次】というのが、政治家としての私の意見。それだけ真剣に見ている。

 

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

ミサイルの性能
冒頭から、ガツンと言わせて頂きます。
ICBMに近い性能、もしくはIRBMだと推定すべきです。

両者の違いは、射程です。
大陸間弾道ミサイルと言われる、ICBMが5500km。
IRBMは、3000~5500kmで、中距離弾道ミサイルと言います。

 

「単に射程」と笑うなかれ、
実際の機能としては大きく異なり、ICBMとなれば【米国本土に届く】可能性が高い。
(平壌からアラスカまで6000kmほど。)

言葉遊びではなく、与えるインパクトは全く異なる。
また、3000km級となれば【グアムが射程】に入る。

 

ここで、参議院議員の佐藤正久先生のFBを紹介。

 

・液体燃料の可能性が高い
これは発射炎の形状から。

・TELが見えない
TELとは「transporter erector launcher」の略で、輸送起立発射機と訳される。
移動式のミサイル発射装置。

 

二枚目の写真には、モニターにて「軌道」が示されている。
ハメ込み合成でないならば、予定通りに着弾させた、ということになろう。

ロフテッド射撃で、狙った位置に着弾させることは、それなりに難しい。
バレーの「天井サーブ」をイメージして欲しいが、極めて山なりに、一度、上まで打ち上げて落とす、ためだ。
自分でボールを投げてみてもいい、「思いっきり上」に投げあげて、かつ、目標地点に落とすことは、普通に投げるよりも遥かに難しい。

 

液体燃料の可能性が指摘されている。
今までの固形燃料では、出力制御が難しい(ほぼできない。)のだ。

液体燃料の場合は、制御ができる。
ロフテッド射撃は、液体ならば「精度の高い着弾」が期待できる。
固形燃料でも無理ではないが、かなり難しいだろう。

冒頭の繰り返しになるが、最高度に達したのち「加速しながら落下」する。
90度ではないが、真上から「フルパワーでミサイルが加速」したらどうなるかは想像できるだろう。速度が高くなれば、迎撃は難しくなる。

 

また、ICBMであろうが、IRBMであろうが、ような「出力が高い」という点は指摘したい。
出力が高いというのは、つまり【重たいものを搭載できる】ことを意味する。

核爆弾は極めて大型で、重量もある。
単に「核実験」ができることと、搭載できるサイズまで小型化することは意味が違うのだ。

 

今回のミサイルは、核爆弾が搭載できる可能性が高い。
それだけの推力を有していると見るべきだろう。
滞空時間が30分もあるのだ、射程は短くなると思うが、「核ミサイル」の、ミサイル部分については完成した、と認識する。(私個人は。)

核の小型化がどこまで進んでいるかはわからないが、遠からず完成するだろう。
京都大学からであったが、日本の技術が流出している。すでに核爆弾も完成している可能性だってある。

 

 

 

米国と核
下記は「3月22日」の投稿より、一部を抜粋。
「以前から述べ続けている」ことの、継続性の証明として、そのまま書く。

いまになって、後付けで述べているわけではない。
何度も重ねて言わせて頂く。

 

 

米国は、核に怯える国である。
正確には、正しく核に反応する国民性と言うべきか。
冷戦下においては、核戦争の避難訓練も繰り返した。

生きた人間の上に、核爆弾を投下した過去のある国。
過去を歪めたところで、やはり染みついた何かはあるのではないか。
「やった」者は、「やられる覚悟」も持たねばならぬという意味で。

 

その米国に対し、「もうすぐ核ミサイルが撃てそうだ」とメッセージを送り続ける暴挙。
国力、特に軍事力においては世界最強かと思うが、その国が【どうしても、これは嫌】ということを繰り返すのである。

馬鹿としかいいようがない。

 

徐々に発射の精度も向上している。
いまは「核爆弾を搭載」して、ミサイルを発射する能力はないかも知れない。
だが、「いつか撃てる」ことにこそ意味がある。

 

そして、実際には撃てようと撃てまいと、あまり関係ない。
米国の国内世論において「北は、撃てる」と思わせてしまった時点で、
米国は動かざるを得ない。

 

 

 

 

アメリカは、動かざるを得ない。
ここまで述べれば、言いたいことは伝わると思う。

 

「難しい」理由は、実はいくらでもある。
米国の民間人、つまり在韓米国人、また”友好国”である韓国の国民の生命。
無論、在韓邦人の生命。

また、日本本土へのミサイル攻撃の可能性。
これらすべてが「引き金を重くする」のだ。

 

だが、「米国本土への核攻撃の可能性」がある場合、
天秤がどう傾くかなどは、数値では計れないのだ。

私だって、本当は怖かった。
あそこまで書いておいて、外したら「政治生命が飛ぶ」からだ。
リスクを背負って書いた。

ずっとずっと書き続けて、リスクを背負い続けて書いた。
(私の予測が当たったのち)「起きた後」に、さらっと修正し、後追いで「理由付け」を述べているのとは、根本的に違う。

 

なんで怖かったかといえば、「数字とデータ」だけで見れば、私も【ない】と思ったから。
今日はかなり厳しく書いておきますが、データに根差した評論家たちは大メディアを始めとして、ほとんど外しています。これは相当、強く書いておきますね。

で。
今回も外すと思いますよ。

「ない」とか「ない可能性の論拠」だけを示す方を、私は信用できない。
どうしても、です。

だって、前回は外しているし、それに政治家としては考え方の根本が違う。
最悪条件を想定し、被害を減らしたい、その一心。
自分の政治生命なんかよりも、それが大切なことに思えたんだ。

 

データはNOと言ってる、数字はNOと言っている。
だけど、心は「Yes」と言っている。

そういうとき、ロジックに逆らう理系もいるのです。

 

兼ねてより指摘してきた、

 

「米国本土」への核攻撃能力、

 

有しているか否かは問わず、

 

米国が、米国民が、そう認識した場合、

 

充分、トリガーとなる危険性はある。

 

 

 

数字「のみ」では、予測はできない。
下記は「4月13日」の投稿より、一部を抜粋。
「以前から述べ続けている」ことの、継続性の証明として、そのまま書く。

いまになって、後付けで述べているわけではない。
何度も重ねて言わせて頂く。

 

ここは強調しておきたいが、年頭において「現状を読み」かつ、大使が戻った際の重みなど、
この件に関しては、私はそのほとんどを的中させている。

 

報道よりも、そして政治的な事実よりも、
先読みして、悉くをあてている。

その読み方を書いておく。

 

見ているのは、人。
その人の「癖」を見る。

国とか数字だけではない、無論、読むのは数字なのだが、
分析に基づく推論には違いないのだけれど、数字のみで組み立てているわけではない。

判断や動き方の「癖」を見ている。
重視しているのは「人間」です。

 

数字のみを追いかければ、「米国は二正面作戦が難しい」「ゆえにやらない」という結論を下した論調が一部にあった。
それは分析としては王道なのだが、しかし未来を当てることはできないだろう。
事実、できなかった。

シリアの際は、議会の承認すら得ずに、撃った。
ではそのトリガーが何だったかと言えば、噂はご存じだろう。

「映像を見て、毒ガスに倒れる子供がかわいそう」というエピソードだ。

 

(題字:コロンブスの卵)
「できる・できない」じゃないんだ。
だったら、戦争なんて起きないし、全ての商行為は全員が黒字だろう。
株で損をする人間だって存在するはずがない。

決めるのは、人間なんですよ。

 

数字で、つまりデータで示せるのは
「できる・できない」であり、能力として充足しているか否か、だ。
ある意味では、それだけに過ぎない。

これは株式などの統計では、ほぼ同様の回答がでるわけで、予測はある程度は当たる。
しかし、外交を含む政治では、これだけでは正解は導けない。

決めるのが、人間だからです。
しかも個人が強く影響を及ぼす場合もある。

特に、乱世の場合はそうだ。
単なる統計は、よくできた模範解答にはなるが、それが未来を正しく読む可能性は極めて低い。

 

「できる・できない」という資料を前にした上で、
政治家は「やる・やらない」の判断を下す。
人間が判断を下す。

各国に政治家がおり、それぞれの立場の「人間」が判断を下す。
データに基づかぬ、パッションがそこにはある。

単にロジックだけで動くわけではない。
ロジカルに分析を行う私が言うと違和感を感じるかも知れないが、
情勢の分析を積み重ねても未来を読むことはできない。

 

過去のデータ、そして現在の状況を正確に把握するのは当然なのだが、
最終的に何の分析を行うかと言えば「その場にある人間」の、性格や判断の癖を読む。

この「人間分析」を丁寧に行い、外乱として存在する「人間らしさ」を折り込んで予測を行っている。

「この人は」「こういうとき」「どう動くか」である。
性格を判断するために数字を分析するが、
未来の予測をする際には、数字から敢えて離れる。

 

 

 

 

迎撃がどれぐらい難しいか
下記は「3月6日」の投稿より、一部を抜粋。
「以前から述べ続けている」ことの、継続性の証明として、そのまま書く。

いまになって、後付けで述べているわけではない。
何度も重ねて言わせて頂く。

 

 

凄い速さで飛んでくるのだ。
それが真正面に向かってくるならば、迎撃も簡単でしょう。

A地点からB地点に、山なりの軌道を描いて飛翔。
真っ直ぐに飛んでくるB地点から、ミサイルを迎撃するのは技術的には可能だろう。
かなりの確率で迎撃できると思う。

問題は、A地点からB地点に飛ぶミサイルに対し、
C地点から発射した迎撃ミサイルで撃墜すること。
タイミングがずれれば、命中しない。
軌道も相当な精度が求められる。

迎撃ミサイルの精度も高いレベルが必要だが、
それ以上にレーダーの能力も凄まじいものが必要。
目視であてるわけではないため、電子の目で見る必要がある。

 

例え話をしましょう。
親子がキャッチボールをしていたとします。
子供が投げるボールは、あっちに行ったり、こっちに行ったり。
まぁ、これが北朝鮮のミサイルですね。

キャッチボールとの違いは、キャッチしそこねたら、人が死ぬというだけです。

 

それでも、ミットを構えているところに投げてくれるのならば、
必死に頑張れば、かなりキャッチできるでしょう。
PAC3の射程とは、キャッチボールの距離に対し、ミットのサイズ以下です。
あくまで「頑張れば」です。

ミサイル防衛とは、どっちに撃ったかわからないボールを、
真横から命中させるに等しい難易度です。

 

他にもキャッチボールと違う点があります。
ミットが、移動できない。
自分のところに飛んでくるわけではありません。
ボールが目の前にくれば、慌てて手を顔の前にもってきてガードしますよね?

PAC3はそんなに早く移動できません。
配備していなかったら、発射後に移動しても絶対に間に合いません。

元から、「ここ」と山をはって置いておくしかできない。

 

ミットが移動できないと言いました。
ですが、キャッチボールと違って、ミットはたくさんあるのです。

その数ですが、これも少ない。
大都市のみを守ったとしても、それすら全てをカバーする数はありません。
政令市だけで20あるわけですが、それぞれが広大です。
20kmの円で覆ったとして、カバーするためにはいくつの円が必要でしょう。

SM3は、もう少し別の高度でやれますが、数に限りがあります。

 

他にもキャッチボールとの違いがあります。
ボールを目で追って、キャッチします。
迎撃とは、二人羽織でキャッチボールするようなもの。

高度なレーダーに基づき、「電子の目」で追いかけて発射するのです。

 

完全に配備を終えていたとしても、
迎撃とは非常に難しい。

あくまで例え話ベースですから、技術的にはもう少し進んでいるところもありますが、
そのあたりは私には書くことはできません。

まぁ、撃たれたら終わり、というのがミサイル防衛だと思っています。
受動的ではダメなんですよね。
ゆえに敵基地破壊能力という議論になっているのだと理解しています。

 

 

 

 

この意味がおわかりだろうか。

イージスアショアは「SM3」を発射するのです。
日本の「広域」を、たった数基でカバーできる。
それは事実です。

 

ただし、
ロフテッド射撃で「超高速」で、刀を振り下ろすような、そんなミサイルの場合は、
「カバーできる半径は、極めて狭くなる」ということ。

ロフテッドで核ミサイル攻撃を受けた場合、イージスアショアが配備を終えていたとしても、迎撃はできない危険性が「高い」と言いたい。

 

 

 

 

警戒していたのは、まさにロフテッド射撃。
そして、液体燃料による「出力制御」のできるIRBM。

少し、手の内を晒す。
私のBlogは、途中までは「本当に独自調査」だけで書いていた。

だが、凄まじい的中率を叩き出してのちは、【それなりの方々】から、かなりの情報を得ている。
確信をもって書いている。

 

「ない」可能性の、その論拠を重ねることができるような、
そんなのんびりした状況には「ない」と断じたい。

一部の論調は、私個人の意見ではあるが、誤っていると考えている。
ネット保守論壇も始め、だ。
(もしそうであるならば、私以外の方はかなり情報が欠落していると思う。)

私の発信には、危機を煽って改憲を容易にしよう等の、補助的な効果は狙っていない。

 

本当はこんなこと、書きたくはないのだけれど、
少し見るに見かねて書いた。

なぜならば、人は「安心できる情報」に飛びつくからだ。
不安なときほど、その傾向は強い。
ゆえに、時には厳しく述べるべきだと、私はそう覚悟したのです。

守るべきは、国民ですから。

 

 

 

 

北朝鮮の技術力を、過小評価してきた言論に、

 

明確にNOを突き付けたい。

 

同じく「米国が動かない理由」のみを述べることに

 

疑問を投げかける。

 

恐らく、それらの評論は今回も「ハズレ」となるだろう。

 

ロフテッド射撃の場合、速度が非常に高い。

 

今回の高度は2000km、SM3は約1000kmまで対応。

 

イージスアショアの配備でも「足りない」可能性がでてきたのだ。

 

本土への攻撃を、真剣にリスクとして認識した場合、

 

米国は「踏み切る」可能性が残される。

 

「大丈夫」な理由のみを論じるなど、

 

私には無責任に思えて、どうしてもできなかった。

 

「確かに危ないわ」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

テスト機能

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

北朝鮮のミサイル高度2000km、イージス艦のSM3は1000kmまで。今後の”有事リスク”への影響は?【真剣に考える人はシェア】 への32件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    北朝鮮のミサイル高度2000km、イージス艦のSM3は1000kmまで。今後の”有事リスク”への影響は?【真剣に考える人はシェア】 ネット保守論壇に対しては、ちょっと手厳しいことを書く。 今回の北朝鮮のミサイルだが、高度が2

  2. 名もなきせいぎーー のコメント:

    軍事的な問題だけではなく、最近の米国の内情を見るとやらないという可能性がどんどん狭まっているように思えます。

    予想通り、韓国政府は当事者ではない。何もできない。
    米軍指揮下になる韓国軍は当事者ですが。

    今回、日本人は覚悟が問われます。
    日本人は明確に当事者であらねばならない。今後百年を見据えて。
    どのように振る舞い、どんな結果を残すか。

    目先は引いたほうが安全に見えても絶対に引けない局面がある。
    今回はそうであると考えます。

  3. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、北朝鮮の新型ミサイル情報(IRBMですか)感謝です

    日頃から新聞は産経新聞の情報(紙または産経デジタル)を最優先で読むようにしていますが、それでも、小坪先生のような論説におめにかかることは、残念ながらないようにおもいます。

    今回の北朝鮮の新型ミサイル情報
    >・液体燃料の可能性が高い これは発射炎の形状から。
    >・TELが見えない TELとは「transporter erector launcher」の略で、
    >輸送起立発射機と訳される。移動式のミサイル発射装置。

    ロフテッド軌道で打ち上げられた北朝鮮の新型ミサイル(IRBMまたはICBM?)が、液体燃料型ロケットであり、かつ、移動式のミサイル発射装置ではない
    ということをまずは、脳内に保存しました。

    液体燃料方式ということは、米国及び日本の軍事衛星で発射の兆候をはやめにキャッチされう、そして、日本に着弾しそうなら確実にJアラートが発動すると理解しました。なので、今後一層、Jアラートの警報に日々、刮目していきます。

    閑話休題・・・

    最高到達地点が2000kmで、イージス艦、陸上のイージスシステム(イージスアショア)のSM-3ブロック2Aが1000kmですので、現在のシステムでは対応できないんですね。お笑い兵器ばかりの韓国軍の酷い実態がネットにながれていますが、同じ、朝鮮人でも、黒電話君が率いる北朝鮮軍のレベルはとんでもなくレベルが高そうだってことも理解できました。

    しかしながら、液体燃料方式ならば、発射の兆候をキャッチした場合、敵基地攻撃による抑止(トマホークミサイルが用いられるのでしょうか)が可能なわけで、早急に日本政府には、トマホークミサイルの導入を検討してもらいたい・・・なんていっても、間に合わないんでしょうけどね・・・とふと溜息がでてしまいました。

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    ついついこの間「あの民族は最悪の選択肢を選ぶ」とコメントされている方が居られましたが、結構な確立で納得していたでしょうし、今回はそれを更に補完してしまいましたね・・・。

    去年、大ヒットしたアニメーションに「君の名は」と言う作品がありました。
    何でも、国によってはジブリの売上を越えたのだとか。
    売上の話は扠置き、あの物語は隕石落下で全滅した町を未来から来た(入れ替わった)少年が、防災無線をハックしたり、変電所を爆破したり無茶苦茶して、隕石落下直前に町民を避難させて救うと言うのがストーリーの大筋です。

    扨て、落下するのが隕石では無く弾道ミサイルだったら?
    悲しいかな現実世界では、未来からの救世主は来ない。

    「君の名は」では観客は第三者目線を維持出来るし、それ故に避難を阻害する者に対して「お前、バカだろ」と感じたのではないでしょうか。
    所が現実世界では「お前、バカだろ」「何で、理解出来無いんだ」「一事が万事を想定すべきだろ」と思うキャラクターの行動こそが、日本の常識人であり一般人です。

    まぁ、小生のナレッジベースから言えば、どんな窮地にあっても生き残るヤツは当然の様に生き残るし、死ぬ奴は「まさか?」と言う状況にあるヤツでもアッサリとあの世に逝ってしまう。
    明らかに「コイツ、絶対に逝った!」「グロいもの見せるんじゃねぇ!」っという状況を見せ付けながらも、「お前、アニキャラか?」「ドラマかよ?」と言う行動で生き残る奴が居ます。
    反対に「嘘だろ?」「マジかよ?」と言った事故や災害で、アッサリとあの世に旅立った奴も居ます。

    ただ確実に言える事は、危険な状況を理解して行動していた奴ほど生き残っていますし、そんな状況を想像すらして無かった奴があの世に旅立ってます。

    現実世界で未来からの救世主は来ないであれば、現実世界で自らが自らを自衛するしかありません。

  5. のコメント:

    京大に来ていた人が北朝鮮に技術を流していて入国拒否に最近なりました。スパイ防止法もないなか、一般企業の技術も流出し家電製品は日本終了となりました。
    海外に行ってましたが日本人は少なくなり、特あだらけチャイナタウンがたくさんたちます。ケイマートに行けば家電は特あ製品のみ、、、暗くなりました。
    特あに工場を建てろ、特あに技術援助しろと煽ったマスコミを恨みます。

  6. 月光仮面 のコメント:

    このミサイル防衛は北と言いながらシナを対象に考えないといけないと思います
    そして陸上型イージスを4セット(2セットではだめ)配置して サードを
    も 配置するべきだと思います そして 尖閣にミサイル防衛をするべきだと
    無人システムを構築するべきだと思います
    さらに 敵基地攻撃能力の対象を シナ 北 韓国を含めて配備するべきです
    そして 本当に心配していることは この事が まだ 検討段階で 決まっても
    5年10年後だという事です 時間は迫っています 自衛隊の意見をもっと
    もっと取り入れて進めるべきだと思います。

    • 月光仮面 のコメント:

      おいら 思いますに 国の防衛政策は常に後手に回り 常にぎりぎりの
      レベルで終わっているような気がします この ミサイル防衛もですが
      今から 起きかねない事は 日本が朝鮮人から戦争を仕掛けられるという事
      そして 言うまでもなく シナの尖閣への侵略 この尖閣は日本は
      守る気がないと言うか これで 守っているという事は決して言えない
      という事です 一日も早く対策を練ることだと思います。

      政治家の皆様 起きてからでは遅いですよ 今は最低な状態です

      • 月光仮面 のコメント:

        ミサイルから国を守るのだったら 強い政府が必要かもね
        シナの習氏、日中関係改善に意欲…二階幹事長と会談
        このような見出しで出ていました あの尖閣を取りに
        来ている国とどうしてにこにこ笑えるか これ 言い当てていると
        思いますが 日本は金だけ出されるとおもいます もう
        なめきっているのだから 安倍総理に言いたい あなたは
        靖国に参拝しましたか なぜ 参拝出来ていないのか
        よく考えてください 判らなければ おいらが教えるね
        シナが反対するからです そんな国に尻尾を振るのなら
        いらねーーーよ そうそう サード配備するって
        言えるなら行ってごらんよ しっぽは振ってもサードは
        言えないよね 機嫌取り政治はもう やめようよ
        二階さんのあの顔 もーー飲み込まれている おいら
        嫌だな あんな顔した人は

  7. 北九州市民 のコメント:

    小坪先生、更新ありがとうございます。

    日本人は茹でガエルのように、ミサイル発射に慣れきっている、、、私自身も5月になって、いつのまにかそうなってました。

    本日は先生の論調に変化を感じました。現在、天秤はますます半島有事に傾いていると考えて良いのですね、、、
    この状況で、アメリカだけが選択肢を持っているというのは実に情けない。

  8. 波那 のコメント:

    ロフテッド軌道ミサイルを迎撃する、撃ち落とすのは今の日本のミサイル防衛体制では絶望的なことは多くの日本人が知った方がいいです。日本に浸透した蔓延る「サヨクの皆さん」の妨害のお陰と国家防衛に全くの無関心平和ボケ状態を続けてきた日本国民は何もかも間に合わない状況に狼狽えるばかりです。今は国防を日米同盟に大きく依存しています。アメリカの軍事力の恩恵が無ければ日本はただただ風前の灯火でした。将来に渡ってこれからも自国の国防を他国に依存していいわけがありません。

    金正恩と同じように、しかも他国に寄生して数々の援助を享受しながら傲慢にも上から目線の朝鮮総連の記事は産経以外では報道されてないのではないでしょうか。横田早紀江さんの委員会で述べられた悲痛なお気持ちもメディアが完全無視で知られていないと思います。

    ▽「日本は敵」「核実験で打撃」朝鮮総連が学習資料作成 日米への敵対視強化
    2017.5.15 16:19

     在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)が日本を「敵」と位置付け、ミサイル発射や核実験を強行している北朝鮮の金(キム)正(ジョン)恩(ウン)朝鮮労働党委員長をたたえる学習資料を傘下団体向けに作成していたことが15日、分かった。朝鮮総連関係者が明らかにした。2月の正恩氏の異母兄、金正(ジョン)男(ナム)氏殺害事件を受け、正恩氏の偶像化推進と動揺する組織の引き締めを図ることが目的。朝鮮総連は韓国大統領選で北朝鮮寄りの左派政権が誕生したとみて、韓国と比べ、より日米を敵対視する姿勢を強めそうだ。

     関係者によると、学習資料は表紙を含めて18ページ。3月から4月にかけて、朝鮮総連本部が都道府県別にある各地方本部に配布した。

     学習資料では、「米国やその追従勢力である日本が軍事的圧迫と制裁を立て続けに強めてきた」と批判。その上で、昨年の北朝鮮の核実験と「光明星4号」と称する長距離弾道ミサイル発射について「敬愛なる(金正恩)元帥様は、武器実験を繰り返し、敵に無慈悲な打撃を与えてやつらの気勢をそいだ」と評価。日米を明確に「敵」と位置付け、核実験を強行している正恩氏を支持する姿勢を打ち出した。

     さらに、「国防分野での輝く勝利は、祖国人民に民族的な誇りを与え、米国と日本に恥じ入る破滅を与えた」ともアピールした。

     また、正恩氏の人柄については「敬愛する最高領導者、(金正恩)元帥様は、領導のための格別な風貌をお持ちになっている。常に勝利への道に祖国を導く卓越した領導者である」と賛辞。加えて「誰もまねることのできない非凡さと驚異的な能力で、国力を最上の境地で輝かしている」「朝鮮人民は偉大なる太陽である元帥様に仕える」などと神格化した。

     正男氏殺害事件をめぐっては、複数の朝鮮総連幹部らが内部の非公式会合で「遺体は正男氏と確認されていない」「マレーシア当局が(猛毒の神経剤)VXによる毒殺を主張しているだけだ」と部下らに説明。「マレーシアには米中央情報局(CIA)のアジア拠点があり、事件は米韓による謀略である」と断定していた。

     朝鮮総連内では、こうした説明を受けても「正男氏は北朝鮮当局に殺害された可能性が高く、気の毒だ」と正恩氏に反発する声が噴出し、動揺が広がっていた。朝鮮総連は産経新聞の取材に対し、「応じない」としている。

    ttp://www.sankei.com/politics/news/170515/plt1705150021-n1.html

    ▽ 横田早紀江さん、国会で核心を訴える「朝鮮総連とよく言われているが、悪い事をやってる国の人たちが、日本国家の中に居座っている」

    2017/05/10(水) 18:01:57
    Mi2 @YES777777777
    【朝鮮総連】参院・拉致問題特委。横田早紀江参考人「朝鮮総連とよく言われているが悪い事をやってる国の人たちが日本国家の中に居座って工作員達が指令を向こうに伝えると言う事が堂々と行われている」 工作員が自由に活動できる国。長年に渡って朝鮮総連を放置し続けた政治の不作為

    EXOPS @EXOPS2000
    横田さんからこんな政治的にストレートな事が出てきて驚いたwwww

    日本が好き @fujinipponichi
    この委員会を報道せずに韓国大統領選の話題を中継するNHKはまさしく犬HK‼️💢

    Baby coke @yamamohajimo
    なぜ一般の方達であったはずの人達が、この様な目にあっているのか。 なぜ、一般の方達だった人達がこの様な事を言う事になってしまっているのか。 覚悟、気概、そして責任を感じる人が議員になって欲しい。
    ttps://twitter.com/YES777777777/status/862179104019304449

    • 読点 のコメント:

      >他国に寄生して数々の援助を享受しながら傲慢にも上から目線の朝鮮総連

      朝鮮人両親のもと日本で生まれ、朝鮮大学校を卒業し、朝鮮総連勤務の経験を持つ方が、拉致問題の存在を知り、総連の関わりを知って、なお、日本に身を置きつつ
      「北朝鮮だろうが韓国だろうが、在日という存在は、一言では語ることができない玉虫色の存在だと思います。ただ、普通の市民が圧倒的だということを、忘れて欲しくないですね」*
      と言って憚りませんから……。

      世界的マイナー言語の日本語を使い「忘れて欲しくない」と要望する相手は、間違いなく日本人でしょう。固まります。

      これが「普通の市民(在日)」の精神構造のようです。
      ついでに、パスポートの都合で現在は韓国籍に変えたそうです。

      *(出典)【週刊SPA! 】「不都合な在日たち」

      私にとっては「異質物」。

      • 波那 のコメント:

        玉虫色って何を意味して言ってるのか…。一言で語れますよね。日本は1度も帰国を止めたことないし、止める理由も全くないじゃないですか。帰国しようとしない人達ですから。差別だ~強制連行されたのだと言いながら脅しとユスリでタカり続けて来た人達ですから。また、日本人が終戦後占領下の蛮行テロで何をされたか伝えられて来なかったから引っ掛かって騙されてしまったんです。

  9. のコメント:

    制度の高い着弾
    ではなく、
    精度の高い着弾
    ではないかと思います。

    誤字脱字の指摘コメントは歓迎されるのでしょうか?

    • 小坪しんや のコメント:

      槲様

      コメントありがとうございます。
      謹んで修正させて頂きました。

      指摘コメントも歓迎です。
      ただ、「もういいやー」みたいに、そのまま突っ走ることもあります。
      (たまたまPC前にいたら速攻で修正します。)

  10. 朝倉新哉 のコメント:

    小坪さんは、勘違いをなさっていますね。
    今、日本のイージス艦に配備されているのは、
    SM3ブロック1Aです。
    ブロック2Aはまだ開発中です。
    ブロック1Aだと確かに、高度2000kmには対応できませんが、
    ブロック2Aは、迎撃高度1000km以上です。
    1000kmという数字に惑わされそうになりますが、
    ”以上”がついているところが、ミソです。
    1000km以上といったら、1000kmまでしか対応できない、
    という意味ではありません。
    1000km”以上”ですから、どこまで対応できるのか、
    ”上限”がどこなのか、が問題です。
    http://blog.livedoor.jp/nonreal-pompandcircumstance/archives/50742153.html
    に、FAS(米科学者同盟)から発表された資料が載っていますが、
    それによると、
    ブロック2Aの最大射高は、2350kmです。
    2000kmなら余裕で対応できます。
    ブロック2Aが配備されれば迎撃は可能です。
    (イージスアショアにもブロック2Aが配備される予定になっています)
    問題は、現状では配備されていないということです。
    それと、
    ミサイル防衛が難しいから、敵基地攻撃能力をもつべきだ、
    というような主張に受け取れますが、
    どちらかの二者択一なんですか?
    私は、ミサイル防衛が完璧であっても、敵基地攻撃能力はもつべきだと思います。
    ロフテッド軌道のミサイルを迎撃できるミサイルをもち、
    なおかつ、ミサイル発射の兆候を察知したら、
    巡航ミサイルを撃ち込むか、
    戦闘機が飛んで行って、弾道ミサイルをたたきつぶせる能力をもつべきだと思います。

    • 小坪しんや のコメント:

      朝倉新哉様

      コメントありがとうございます。
      >ブロック2Aの最大射高は、2350kmです。
      >2000kmなら余裕で対応できます。

      ご指摘の通りかと思います。
      ですが、私はこの部分については修正予定はございません。

      まだ実際に2000km以上での迎撃に成功したとは言えず、実証ができていないため、です。
      そもそも有効に迎撃能力を発揮できる高度と、最大射高は異なります。
      恐らく、ロフテッド射撃の場合は、この高度は下がるでしょう。
      カバーできる範囲も最大射高では計れません。
      (その地点から、垂直に直上に発射した場合は最大となるはずですから。)

      何かが挟まったような言い方で申し訳ありませんが、ブロック2Aでも1000kmというのは誤りではないと考えています。(考えています、と主語を私にしておきます。)

      ただ、アショア無効論を唱えるつもりはなく、むしろ推進すべき!という考えではあります。
      私が批判したいのは、アショアがあれば大丈夫、みたいな。
      そんな慢心が広まりつつあるような、そんな危惧を抱いたからです。
      アショアは万能ではありません。

      また、「米国は動かない」という論評で、他者を安心させていくものは、かなり無責任だと考えています。このエントリの意図は、そのあたりです。

  11. ロード のコメント:

    北朝鮮のミサイル高度2000km → 2000mではないでしょうか?
    本文にも同様な記載ミスがあります。

    • ロード のコメント:

      すみません。間違えました。

      • ネコ太郎 のコメント:

        やはり2000kmですね。
        国際宇宙ステーションの高度が400kmなので、それよりはるかに高い2000kmがいかに恐るべき技術か分かります。
        しかも米空母2隻、潜水艦多数展開している日本海に向けて落とした訳ですから挑発を超えています。
        もう分岐点を超えたかも。

  12. 読点 のコメント:

    漫画やアニメにおける理系(あるいは天才)の雛型は、もっぱら感情機能が極度にマヒし世俗的欲望を削ぎ落したコンピュータみたいな表現形として登場することが多いが、とんでもない。

    理系の発明発見系は、コトバ(文字、数字、数式、公式、システムetc)で表現されるものの限界を知る。現実のうちコトバが未対応の領域に対し、実に繊細な反応を示す。文系(特に私文)には気づいていない者が多いように見受けられるが、共感能力、カンの信頼、超常現象(科学未対応の現象)などの理解は、実は理系の方が深い。エジソンなど「ベールを脱いだイシス」というオカルト研究会に所属して、あの世との通信機器を作ろうとしてました☆

    そんな理系が理性的判断を放棄して「カン」に振り切ったとき、その判断はおおむね正しい。チェッカーとして、信用している。

    ただし、二流以下は違う。「(既存の枠内で)これがエライことだから」「エライ賞が貰えるから」「威張れるから」。彼らには前例を踏襲することはできても、情報を一度解体、精査して、360度転回して別次元に突入し再構築、という技ができない。つか、邪魔。うっかり学歴や肩書や権力をお持ちの方の場合、核廃棄物並みの公害的存在だ。

    朝鮮・大朝鮮(中国・漢民族)は、科学史を塗り替える類の(いわゆる「天才系」)研究開発能力は低いが、「マネ」「二番煎じ」は、お上手です。「維持」「改善」能力に疑問が残るが、瞬間最大風速で「なんちゃって核爆弾(テヘッ☆ごっこ」をやるくらいは、当然、守備範囲になる。

    いくら「核技術」と言えど、公開されているものなら入手可能だし、スパイやハッキング、高給好待遇で他国の専門家を釣る(誘拐を含む)などというワープ手段もあるのだから、カネと道具と材料が用意できれば、そりゃあ作れるでしょう。製造方法をネットで検索し、材料を揃えたガキに爆弾が作れるんだから、できないと考える方がおかしい。

    今回確定したのは、マウンティングレベルでアメリカが幕引きを図ることはなくなった、ということ。

    アメリカの譲歩ともいえる米韓対談の機会が取り沙汰されていたこのタイミングで、アメリカ本土に届きかねないミサイル開発能力を誇示する……交渉可能な相手ではない、と「決まった」。「核開発の停止に合意」レベルで解放されない。あり得ない。アメリカは分子レベルで「朝鮮」を解体するところまで、徹底的に潰しにかかるだろう。

    傀儡政権?朝鮮史は既に研究済みだろう(一部の日本人は、無償かつ自発的に協力している)。その上で、品定め済みのトップ(予定)はともかく、朝鮮民族にいつまでも手を噛まれない自信が持てただろうか(持てたら良いですね)。

    北朝鮮は間違いなく、「やる」。
    電話ヘッドは言うに及ばず、「敬愛する最高領導者、元帥様に褒められるニダ」で動く”朝鮮基準の優秀な”科学者が「取引に使える核能力 ステータス」で自重するとは思えない。イケイケドンドン。ウリナラホルホル。ストッパーは見当たらない。
    アメリカ本土に落とすかどうかは分からぬが、脅しのつもりで、限りなく本土に近いところに落とすところまでは、間違いなく、「やる」。
    (うっかりミスで、ビンゴもあり)

    どっちが先かな。

    アメリカ国内での朝鮮系の扱いに興味が湧く。

    第二次世界大戦当時、日系は強制収容所に収容され、財産を没収された。
    既に謝罪済み、かつ現在の社会情勢は「人種差別禁止」である。とはいえ、日系移民と異なり*、朝鮮人は移民先の日本で混乱時に高頻度でテロを実行した実績をもつ。しかも now on sale である(でも、銃火器で武装済みの情け容赦ない白人相手には、やらないかもしれないねw)。
    外見が良く似ているとされる日本人と、朝鮮、中国人を分ける、表に出ない冷たい線引きがなされるだろう。

    櫻盛居士さんが常々語られるような朝鮮人向け対応をするのはゴメンだけど、爆撃とか線引きなら、汚い現場を目撃するのは最小限に留められますね。

    巻き添えは食いたくないものだ。

    *1)敗戦後、現地に残った日本兵についての判断は、割れるだろう。そもそも移民としてやって来たわけではないが、独立に協力したと言っても、賛成派ばかりではなかったわけだし、個人的に好きなルバング島の小野田さんだって、現地の人は怖かったと思う。
     2)外国を舞台として行われた連合赤軍の諸事件は、移民ではない「ただの日本人」が起こしたテロ。迷惑だったのは、間違いない。

  13. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    ミサイルも怖いですが、混乱に乗じて暴虐の限りを尽くしそうな反日思想の人間も怖いです。
    こんな記事がありました、共謀罪反対の方は、この4つの国へ行くのがいいそうです

    【Twitter投票】渡邉哲也氏「民進・小西議員の亡命先…“共謀罪・集団安保がない国”は4カ国のみ。どこが良いと思いますか?」⇒
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51289347
    3: 名無しさん@涙目です。
    >>1
    「ソマリア」で

    37: 名無しさん@涙目です。
    ソマリアかな

    この人は、中国へ逃げるのかもしれませんね

    自民党・二階が『菅官房長官の顔に泥を塗る』最悪の媚中発言を公表。日本の国益を全く考えていない
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50499026
    25:(´・ω・`)
    利用されるだけなのが素人でも分かるのに賛成するわけが無い
    すでにADBあるしAIIBの活動がADBの後追いなのに参加する意味が解らん

    29:(´・ω・`)
    旧田中派だよね。
    分かりやすい売国奴。

    110:(´・ω・
    二階って選挙区どこだっけ?

    115:(´・ω・`
    >>110
    和歌山のほう。
    こいつの息子が輪をかけて最悪なんで市議だか市長選に負けてたのは見た

    二階派議員の不適切発言で大臣辞任が在った事だし、そのまま海外で暮らしたらどうだ。
    旧知の仲の鳩山と二人で、AIIBの妄想をふけっていたらどうだ。
    もう日本に帰って来なくていいぞ。
    名無しさん

    旧田中派って中国がバックに居る売国奴の集まりだからなぁ。
    田中自身もロッキードで捕まった犯罪者だし、汚沢も今まで何度も政党を壊してきたクソ野朗。
    あの時代に新潟なんてど田舎の中卒が総理大臣までなるには、大量の資金と絶対的な権力を持つ組織がバックに必要。
    田中は中共に取り入って総理になった犯罪者、二階はその尻尾。
    名無しさん

    【報道の自由度ランキング】ジャーナリストの団体ではないJFJNの韓国人2人と反安倍の瀬川牧子が関わっていたことが判明
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8870716
    39: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
    裏付け不足の出任せ記事で政権与党を狙って貶めようとして、失敗しても罰せられないんだから。
    真の自由度第一位は日本だと思う。

    46: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
    日本人は3人だけ
    2人は韓国人、しかもソウル在住だと?
    この記事は翻訳され世界に向け発信されるべき

    96: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
    ちなみに瀬川牧子が書いた記事 http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=2127
    右翼によって慰安婦展が潰された
    報道の自由がー!と書いてます なお、瀬川牧子は株式会社NO BORDER所属
    そこの社長上杉隆
    そりゃ民主政権時は報道の自由ランキング上がるわ

    121: (´・ω・`
    JFJNメンバー紹介 あららw
    https://jfjn.jp/fixer/

    >>日本支部は、「日本フィクサー&ジャーナリストネットワーク」(JFJN)という組織
    >>JFJNの9人の「ジャーナリスト」を見ると、代表の瀬川牧子氏を含めて日本人は3人だけである。 2人はソウル在住の韓国人だ。
    日本支部に日本人三人w、韓国在住の韓国人二人www
    敵国人が審査してりゃなぁ・・・名無し

    >なお、瀬川牧子は株式会社NO BORDER所属
    なるほど
    「国境なき記者団」のフェイクランキングは、パチモンの
    「境界なき記者団」((㈱)NO BORDER=自由報道協会=上杉・汚沢)が作ってたのか

    都議選の共産党候補、告示日前に候補者名入りのタスキと幟で街頭演説…自ら証拠写真・動画をうp 志位委員長も拡散に一役買う(画像&動画)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51290790
    : Twitterの反応 2017/05/00
    河野ゆりえ 公職選挙法違反なのはよくわかりました

    なぁなぁなんだし、もう改正すればいいのに。
    あと国政選挙の選管は全国で統一窓口が欲しい。地方なんて通報しても無かったことにされそうだから。
    名もなき正義

    ※19
    選挙終わった後選管は告発できるからさすがにそこまで無謀はしてないんじゃない?
    名もなき正義

    上西小百合議員「赤坂のTV局プロデューサーから連絡。共謀罪について『法務委でベスト尽せば、メディアとクロスする事もある』と。勇気出た」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/51290789
    : Twitterの反応 2017/05
    何故一TV局のプロデューサーが代議士先生にそんな発言を出来るのか不思議で成りません。
    マスメディアは公明正大が大原則有り得ない話です。ゴーストライターさん何でも書けばいいてもんじゃ無いでしょう。
    何処の局の何方様ですかそのプロデューサーは?

    正に忖度。世論誘導。
    それをわざわざ書くww
    やっぱ、この人達に政治させたらだめだろww
    名もなき正義

    今、法務委員見てるんだが、弁護士会も組んでるんじゃないか?
    ただ単に、法律の素人に法律をレクチャーするのが仕事ではないせいなのかもしれないが、共謀罪賛成の議員への回答にしっかり答えてない。
    まあ、民進共産推薦の先生なんだろうが。
    名もなき正義

    『日本人相手にはどんなに無礼でも問題ない』と韓国専門家が”破滅的本音”を暴露。日本人は人間ではない
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50499028

    日本人ヘイト

  14. 東京都56歳 のコメント:

    >米国は「踏み切る」可能性が残される。

    この見解を明示しているのは、
    小坪さんと青山繁晴のお二人。

    私は、お二人の見解に同意します。
    なぜなら、
    私が信頼するふたりだから。

    確率論で議論するのなら、
    AIにでも任せておけばよい。
    しかし、確率は低くても、
    10個のサイコロがすべて1になることもある。

    ましてや、これは偶然の事象では無く、
    国家がコントロールすることである。
    99%がNOGOを示していても、
    1%の強い理由があればGOとなる、
    そういうことも十分にある。

    想定外という考え方は、
    少なくとも、
    国防においては、
    絶対にしてはならない。

  15. hayabu のコメント:

    今回のミサイルで、アメリカは腹をくくる可能性があると思います。同時にそれを確信した場合、中国が先手を打つ可能性も出てくると思います。それは半島全体を手中にするためです。アメリカの迷いは韓国を残すかどうか、、にかかっているように思えます。そうすると、大統領がアレな時点で、決心したかもw。

  16. k のコメント:

    今一つ思うことを書かせて頂くと、

    日本がお金ばかり出している、というのは、
    日本をしゃぶらないと生きていけない国々ばかりなのでは?
    と思うのです。

    日本が死んだ後、
    日本は米国債を買わなくてもいいし、中国にODAも送らなくてもいいし、
    他、様々な国の経済支援をする必要もなくなります。

    それって、一種の逆の復讐なんじゃないでしょうか?

    一度核を落とされた国は、もう一度落とされる、という実績が出来ると、
    もう誰も非核なんて考えなくなります。

    自分は、もうめんどくさく感じていて、実際に打ち込んでみろと思っています。
    それが、「望んだ結果だろうよ。」と思うわけです。

    • 読点 のコメント:

      日本列島に核が数十発落とされたとしても、生き残る日本人はいます。

      全ての日本人が一緒にあの世へ旅立つなら気楽ですが、生き残った日本人はその時、確実に少数で、食料の調達も怪しければ、身を守る術も持ちません。
      さて、無防備な日本人を目の前に、特亜の連中は何を始めるでしょうか。

      いたいけな日本人を相手に、あなたが語るところの「経済支援をする」国が消滅する、という復讐を遥かに超える地獄絵図が展開されることでしょう。

      悲観的になるお気持ちはわからなくはないですが、「一度核を落とされた国」が「もう一度落とされ」たら、世界平和への貢献として「相手国が地上から蒸発し、生き残った者には断種・不妊手術を施し人類史から永久追放する」くらいの気概は持ちましょうよ。

      広島に続いて、二発目が既に長崎に落とされていますから、「三度目の正直」が巡ってきた暁には、被爆国の正直な本音を体現して見せるのもよいでしょう。あるいは、これまで手を差し伸べつくしてきた朝鮮民族へのレクイエムかもしれません。

  17. k のコメント:

    もう一つ、「反日はだらしない」。

    きちっと生きている国なら、責任転嫁はしないはずです。

    反日はだらしないんですよ。

  18. 一郎 のコメント:

    (個人的には、トランプ大統領は好きなのですが・・・)

    トランプ政権のゴダゴダが一向に収まらない。
    今後、数年間は持続しそうな勢い・・・

    国内に向かっている目が、アメリカ国民共通の敵に向かえば、トランプさんの荷が軽くなりそう。
    トランプさん(本音)は、北朝鮮の暴発を、待ち望んでいるようにも見えます。

    制裁!制裁!制裁だぁ!

  19. 川崎哲治 のコメント:

    北朝鮮はイランイラクにミサイル売るのかな。
    早朝に撃つって事は買い手の国は2時頃?よく観察できるように

    ここでトランプ間違えると第二第三の北朝鮮が繁殖
    いやだねぇ

  20. 個別の774人 のコメント:

    ミサイルの遠地点(アポジー)が最も速度が遅く迎撃しやすいのですが、「遠地点じゃないと迎撃できない」との誤解があちこちで見られるようです。

    >ロフテッド軌道のムスダンでも迎撃可能 2013年04月21日 (週刊オブイェクト)
    弾道ミサイルは弾道頂点が最も速度が遅くなるので、この近辺で狙い撃てると迎撃成功率が高まります。
    ※SM-3ブロック2Aの最大射高は1000km(推定)
    ttp://obiekt.seesaa.net/article/356618241.html

    NHKから「北朝鮮は再突入体の技術を獲得していない」との報道がされているのが何故か気になります。
    >アメリカは、動かざるを得ない。
    米国は動かざるを得ないのに動けない事の言い訳なんでしょうか?

    イージス・アショアと巡航ミサイル1000発が必要ですね。
    あと、防衛費GDP2%!

    • 街のバカ猫 のコメント:

      米国は「大気圏再突入の技術をすでに獲得している」と見ている.
      そういうスレを何処かで見たよ.

  21. 八王子市民 のコメント:

    いや、やらないとしたらあのプロレスラー大統領に真剣勝負(セメント)が出来なかった場合だけでしょう
    イランに核技術が渡る可能性を岩盤支持層の福音派が許すと思うんですかと

  22. ピンバック: 【北朝鮮】弾道ミサイル発射、EEZに落下の模様。夜間発射の恐怖【いい加減にしろと思ったらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です