更新しないお知らせ?流浪人剣心の話


 

 

本日の更新はありません。
当面、これが継続するかもしれません。

 

るろうに剣心という漫画がありました。
最近では、実写化もされたようですが、青年時代に感じたものは、そこにはなかったですね。
とは言え、別に漫画(原作)が好きで好きで仕方ないというわけでもありませんでしたが。

るろうにとは「流浪人」であり、根無し草、特に仕官はしていないという意味だったと思います。
漫画の中の設定ですから時代考証的に正しいのかは知りませんし、私の古い記憶に過ぎません。

仕官とは、仕えるべき主君をもっているという意味だと認識しております。
私は、ある意味では流浪人と呼ぶべきなのやも知れません。

かつて剣心は、「公益のため」と信じ、次の時代を斬り開くべく、
最強の暗殺者として刀を振るっていたそうです。
これが幕末からの、明治維新。

そうやって、身を削り、心を殺して作りあげた明治政府でありましたが、
決して良いと誉められたものではなく、都合の良いところだけ剣心を使うのです。
皆がそれぞれ「自らの利」があり、それぞれの保身のため、しわ寄せが剣心に来たのでしょう。

結果、剣心は、仕えるべき明治政府とは行動を共にしなかった。
流浪人となったわけです。
物語の背景は、そんなところからスタート。

 

例え話ではなく、なんというか「ふーん」と思って冷めてしまいました。
血風録として駆けた、身を挺して支えようとした者、
必死に「同志だ」と心に刻み込もうと努力しましたけれど、やっぱりそれは、上手くいかなくて。
この期に及んで「おまえが悪い」の軽い一言が、私の心を折りました。

多大な影響があったのは事実でありますから、連絡がつくようになってのち(予告日までは通信自体、どうにもならない)下げるべき頭は下げ、述べるべきことは述べたつもりですが、まだ足りないというのでしょうか。

それとも、私をそういう立場にすることで、自らのことをなかったことにしたいのかも知れませんね。保身というものも、あるのかも知れませんね。
どうでもいいですけど、すでに。

 

幕末が終わり明治政府ができたとき、高級官僚などに昇格したかつての維新志士を、剣心も同じ目で見たのかもしれません。
表面上は、私は笑うのでしょう。
しかしそれは嗤いなのです。
笑いたいのに、嗤いになってしまう。

所属組織を愛せず、そこに誇りを感じたいと願い、それが叶わぬとき、
心底、情けなく、なんとも言えぬ悲しみと、そして黒い何かが横たわるわけです。
少なくとも、言いなりになる駒とか味方とは思わないほうがいい。

私自身、抜刀するか否かのギリギリの状態。
向けたくない方向があるのだけれども、申し訳ないが態度が悪い。
好きな判断、好きな動きを見せればいい。それで結構。

 

私が何かを求めることはしないかも知れないが、
私に求めることはやめたいほうがいい。

ひとつ、知っておいて頂きたいことは、私は不安定だ。
そして情勢は保身を望む方にとっては、平和な方向には進まぬだろう。

 

敵にはなりたくないのだけれど。
私もそう思ってはいるのだけれど、それは私のあずかり知るところではない。
私は、私の心に「敵にはなりたくない」と必死に暗示をかけているのだけれど、
なかなか難しいものですね。
そこにインプットされる、次の言葉次第。それ次第では私はそうなってしまうだろう。
私が望むと望まぬに関わらず。

 

今まで痛くとも耐え、何かを飲み込んできた背景には、やはり市の公益が背景にあります。
剣心もそう信じ、青い思いを胸に、リスクをまとって立ち続けたのでしょう。
その額が多いか少ないかはさておき、例えばブログで得た知名度を活かし、人脈に転換。
国・県の補助金を市民のためとってくるべく「努力」する等。

こういうものは宝くじみたいなものですからね、
絶対なんてありませんし、私が頑張るかどうかなんて、もう関係ないでしょう?
じゃ、やめますよ。

だから、普通の市議としてそういうのやめようと思いますけれど(政治活動は継続予定です)
少しでも行橋市議会のポジションが良くなるよう、必死に水面下で口添えしたり、
外部で、みなみなさまの、と言ってきましたけれども

多分、私は、もうそれをしない。
むしろ敵となった可能性すら、一応は考慮しておいて頂きたい。

誰か他の議員が引き継げばいい。
私だけの力とは言いませんが、仕掛かりのもので最大のものは20です。
桁は万なのか千万なのか億なのか、わかってる人はわかってると思うので
想像の単位を入れてください。

誰か勝手に交渉すればいい。
誰しも意識もしなかった外交面において、打撃はあるかもしれない。

だが、それは各個人の行動による責任であり、私のせいではない。
自ら受け止めるべきで、その責を私に問うた場合は、抜く。

 

私は、るろうに剣心が好きではありませんでした。
そもそも佐幕派で、新撰組や白虎隊のほうが好きというのもある。
友人が大好きでね、戦闘シーンとか人物ドラマとかは面白かった。

だけど。
流浪人となった剣心の存在が理解できなかった。
戦ったのだから、他の維新志士と同じように、払ったコストなりの果実をむさぼればいいのに。
平和な時代になって、逆刃刀を持つ意味もわからなかった。
馬鹿だと思ったし、漫画の話だと思っていた。

私は、架空の存在ではあるが、そのヒーロー像をバカにしていたわけだ。
いまの自らの身を見るに、苦笑しかでない。

 

好きになれなかった理由の二つ目として。
「おろ?」などと言い、実際には凄まじい戦闘力をもつのに、戦略的な意図が感じられない場においても伏せる。
それを身内の前ではひた隠しに隠し、冗談ばかりで受け答え、どんなにバカにされても刀を抜くことはしなかった。

ここも馬鹿だと思ってた、当時は。
力を誇示し、ワガママに振るまえとは言わないが、そこまで隠す必要はあるのか、と。
ドライな子供だった私は、剣心の「日常生活」での動きが理解できなかったわけだ。

 

いまは、ここだけはわかる。
恐らくは返り血まみれになった、戦い抜いた自分の身体が、心が、
それを欲していたのだと思う。
なぜなら私がそうであったから。

その日常とは、立脚すべき場であり、きっと私の原風景だったのだよ。
人斬り抜刀斎と言われた維新志士が、流浪人となり名を剣心と改めたのはなぜか。
そしてかつての人斬り時代のライバルたちが、その日常生活を脅かすのだけれど、彼は幸せだった。
剣心には与えられた日常は私には与えられず、私に与えられたのは「明治政府のような存在」だったと気づいたとき。

おろろと笑ってきたわけだが、
うまく笑えない自分に気付いたのだけれど
嗤う自分の身を見るに、そこには人斬り抜刀斎の姿があったんだ。
もっと笑っていたかった。

 

剣心が流浪人となったのは、明治政府の「それぞれの立場上の都合」のしわ寄せが、
彼にふりかかったからなのだろう。

あれはやっぱり架空の話で、幸せなストーリー。
彼は、逆刃刀を持つ道が許されたのだから。
明治政府に、刃を向ける道を選ばずとも済んだのだから。
現実とは、なかなかそうはいかない。

 

 

 

動画の紹介。
SSL対応のためニコのビューアが貼れない。アカウントのある方はニコ動(本家)推奨。

 

VOiCE 歌ってみた 【けったろ】

ネタバレにならない程度に解説。お掃除ロボットか何か知らないが、幸せに暮らしてる。
だけども不埒者もいるわけで、大切な日常が戦火に脅かされていく。
彼は一度だけ、後ろを振り返る。何を見据えたのか、目に映ったものは彼にとって何であったのか。
本来の戦闘力は民兵みたいなものだと思うが、意外な強さを発揮。
見落としがちな伏線、花。寂しさを紛らわせるためか、薬莢(やっきょう)で花を作る。
少しダサいロボットは、どういう選択をしたのか。

※ ちなみに歌い手は、少し問題を起こしているあたりも踏まえ、敢えて紹介した。

 

紹介)
昨日に引き続き、いくつかのサイトで取り上げて頂いておりますので、紹介させて頂きます。
私自身、読み切れておりませんが、今日明日中には読みたいと思います。
もしも紹介漏れがございましたら、コメント欄等でご教授ください。
追記します。

神州再生を願うブログ
有志p80-c00-s006号 行橋市議会は、テロ予告に屈して言論自粛する決議を撤回すべきです
凄まじい情報量、調査も楽ではなかったと思います。
感謝。

 

正義の見方
【行橋市議会】『小坪慎也議員に対する決議』可決 …共産市議ら提出の動議「市役所への爆破予告等 脅迫の発端は、小坪市議の差別的な言動。謝罪及び必要な行動を」
二度目の告知。

 

 

(残念に思うこと)
このくだりは、関係者もしくは地方行政に相当に詳しい人しか理解できぬ部分。
私は「それでも庇っていた」ということ。
例えば市報同様の書き方に見せ、実はそうしていない。
そこにはもう一名、議員の名が「採決できない」理由と共にある会派に記載されるのだが、そちらへの余波を避けようとした。

また、共産党を前面に出すことにより、政治的な外部のハレーションを生じた際、特定政党の議員に火の粉がかからぬよう配慮した。実際に、生じるであろうと想定していたが、そうなった。
ネットではなく、リアル側の問題として。

先手を打ったことにも理由がある。
例えば共産党側に先陣を切られ、「共産党が緊急動議を出し、○○党の賛同も得て」とやられた場合、私もハンドリングができなくなる。

具体的には下記のエントリ。
【行橋市役所爆破予告】共産党の動議、可決。記者へのコメント等

そういう思いは、恐らくは通じなかったように思うし、
そして、私なりの優しさは、ちょっと無理筋の援護は、そのほとんどが失敗に終わった。
ネット上の話ではなく、対外的な問題に初期からなっていたのだ。抑えきれぬ、そこは失敗に終わった。

流れ弾は飛び始めているが、それは私の責として問われるべきではない。
各個人の、自ら決した事実に起因するわけであり、他者に求めることがおかしい。
私をダースベーダ―にしたいのか、ということ。

あの動画の歌詞、それでも守りたい、愛したい、である。

 

何かしたいという方は、以下にて回答しております。
質問にまとめて回答(電話していい?手紙はOK?)

 

少し疲れました。
関係各方面に負担がある中、私には言いずらいことでありますけれど、
被害者であり、また当事者であります。

ちょっぴり体調を壊し気味かもしれません。

月曜日か火曜日あたり、少しコメントを出すと思います。
他の議会の動き、議員らの所見など。

 

 

 

↓応援クリックお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

31 Responses to 更新しないお知らせ?流浪人剣心の話

  1. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿おつかれさまです

    いまは、体調管理を最優先課題にしてください!
    それだけ、いいにきました。

    きょうは、これで失礼します。

  2. 東京都56歳 のコメント:

    日本列島的には、
    シルバーウイーク前半の三連休。

    体力温存・体調回復を最優先すべきかと。

    出来ない事情もおありかとも存じますが、
    ここは、「小坪ファースト」の方針で。

    小池さんも、ブラジルに避難(?)してます。

    小池さんも、
    小坪さんも、
    心より、
    応援しております。

  3. 00 のコメント:

    回復を心より願っております。

    小坪先生の状況、何もわかりませんが、静かに様子をみて体を休めるのも必要ですし、攻める時も来ることでしょう。

    先生を信じております。

  4. medakanoon のコメント:

    更新しないお知らせ⑦流浪人剣心の話 本日の更新はありません。 当面、これが継続するかもしれません。   るろうに剣心という漫画がありました。 最近では、実写化もされたようですが、青年時代に感じたものは、そこ

  5. Augusta のコメント:

    小坪 殿

     個人献金の申請をしました。大した額ではありませんが、ご活用ください。

  6. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    お疲れ様です!!
    私は女性キャラは操ちゃん、
    男性キャラは安慈和尚が好きでした!!
    ニコニコ動画の替え歌では

    共生のハトエリオン

    も楽しいですよー★

  7. 福岡選挙区 のコメント:

    「るろうに剣心」は名前だけしか知りません…ので、イメージがわかず…。
    でも「銀魂」の銀ちゃんは大好きです!(私は土方ファンですが…)
    ちょっとアニメ話で気分転換もいいのでは…と思い、コメントしてみました。

  8. ぐりこ のコメント:

    お疲れ様でございます。

     思ったようにならないというのは残念なことですが、
     別に心が折れてもいいじゃないですか。
     ぼーっと自分の心を見つめるのもいいかもしれません。

    疲れた頭であれやこれや考えてもネガティブになるだけ。
    歯を磨くときは歯を磨く・・と、今は目の前のことだけ集中されては、いかがでしょう。

    SNS等、2,3日ネットを遮断しては?
    まぁそう言いながら、このコメント自体ネットではありますが。

     怒ってもいいし。
     怒らない人なんていませんよ。
     ・・・・殴っちゃダメですけど(笑

  9. 一郎 のコメント:

    賛成票を投じた行橋市議会の議員達へ。

    おまえらは、俺の敵だ。

    無責任に「テロ活動という罪」と「小坪氏の行動」を混同するな。

    責任をとれ!

    もしくは、「(小坪氏へ)謝罪(謝罪しても小坪氏が許すかどうかは疑問)及び必要な行動を自ら行うことを求める」。

  10. 一郎 のコメント:

    平成28年9月定例会 本会議2日目(H28.9.12)動議の提出

    行橋市議会の議会映像配信(youtube)より1分58秒程の動画です。
    (総務部長の発言後に,徳永、その他の議員が起立)

    https://youtu.be/DxhLhyeueTE

  11. 一郎 のコメント:

    【平成28年9月定例会 本会議2日目(H28.9.12)決議の上程、質疑、討論、採決】
    5分26分の動画で、3分35秒位からご覧ください。

    将来に向け行橋市議会の汚点となるビデオです。
    https://youtu.be/ejCnHKQ6IzQ

    • 月光仮面 のコメント:

      見ました 恥ずかしい事です そして 給料がもったいない
      もったいない 賛成した議員が市議である間 行橋は
      良くなりません なぜなら テロが何か 政治が何か
      判っていない 私 市議会レベルの選挙に行ったことがなかった
      ここ二回ほど行きましたが これからも一票を投じると思います

      • 一郎 のコメント:

        月光仮面様、ご返信とyoutubeをご覧いただき、ありがとうございます。

        それぞれの議会にそれぞれのドラマがあるものと思いますが、行橋市議会のドラマは、もっともっと多くの行橋市民にご覧いただきたいものです。

    • 漫画喫茶店長 のコメント:

      一郎様、決定的な動画をありがとうございます!

      はあああ・・・質疑、討論無しだったのですね
      たいていそんなかんじなのでしょうけど・・・

      私は90年代後半は漫画の空白期間があったので「るろ剣」はあまり読んでいませんでしたが、義を捨てて自己保身に奔った連中には「人誅」もアリだと思いますよ。
      ただし、相手に致命傷を与えず、自分も返り血を浴びないようなヤり方を練ってください。
      クズは自滅に追い込むのが一番です。

      などと何もわかっていない無責任で非力なオヤジが書き込みましたが、
      小坪さんの切れ味でサクっとやっちゃってもおkでしょう
      イザというときはここにいる人たちが援護射撃をしてくれると思います。

      • 漫画喫茶店長 のコメント:

        一番書きたかった、大切な一言を書き忘れました

             「小坪さん、あなたは悪くない!」

        • 一郎 のコメント:

          漫画喫茶店長様、わたしもそう思います。

          まとめサイトの皆様方もまとめてくださっているように、今までの小坪氏の行動と経過を知ったならば、【小坪さんは、悪くない!】。

  12. ひょっとこ のコメント:

    小坪市議殿
     
    時には休息も必要です。
    ご自愛ください。

  13. ワンだ のコメント:

    偉大な事を成し遂げようとする人には、大きな試練が待ち受けている
    ものだと思いますが、大丈夫、小坪議員ならきっと越えられます。
    神さまでも仏さまでも、宇宙意思でも何でもいい、人間の思考を
    遥かに超える存在があって、「小坪くんもなかなか頑張っとるのう。
    よしよし、それでは次の難問を解いて、もう一段レベルアップして
    もらおか?」というところでは?と想像しております。
    行橋市議会が可決した決議案など、くそくらえでございますよ。
    彼らがギリギリまで追い詰められている証拠です。

    これまでの小坪議員のご活躍、正に神懸っているとしか言いようが
    ありません。貴方の様な方が10人、20人と増えたら。。。
    そう考えただけでもワクワク致します。
    無力ではありますが、陰ながら全力で応援しています。
    私にも青臭い事を言わせて下さい。。。

      正義は勝つんです!最後には絶対勝つんです!

  14. 桜子 のコメント:

    お疲れ様です。
    今日の文面読ませて頂きました。
    そして、何度も読み返しました。

    誠心誠意、行橋市を想い走って来られた議員の胸の内を思うと本当に心が痛い、、、。
    お掛けする言葉も見当たりません。
    どの様な決断をされようと応援しています。
    お身体ご自愛くださり頑張って下さい。

  15. ネット保守 のコメント:

    私は皆様が言うように小坪先生が『ネガティブ』になっている、
    とは受け取れませんでした。
     『押さえ込んでいる自らの力』の使い方に悩んでおられるように感じました。
    すこし前の更新で「なつかしい風」と先生が言っておりました。
    議員になられる以前のあのころのように力を振るう事は、今の立場ではできない、
    いやできないと自分に思い込ませてきた。
    しかしこのままだと、俺はこの力を全方位に振るうぞ!?いいのか!?
    という自問自答かと感じました。
    議員の立場のままで『この力』を振るうと周りがどうなってしまうか、
    自分でもわからない。
    ゆえの苦しみかと・・・

    そして誠に無責任ですが、
    私は小坪先生の議員のままでの、その力を見たくもあります。
    スーパーサイヤ人で界王拳を使う先生が見たくもあります。

    以上私の感じた事、戯言でした。

  16. 鳥海山たろう のコメント:

    おおげさに言えば「るろうに剣心」も、この現代に武士道なるものを問うという作品でしたね。

    武士道の原理や美学は、幾たびも日本の危機を救ってきました。日本人の精神にとって巨大な財産です。
    ところが、この武士道というものも人によって解釈が異なるのが面白いところです。模範とするものや、その視点が独特で違うのですね。

    特に政治家や官僚、自衛隊など公人の立場の方が、武士道的精神を持てば、日本の未来は安泰だと思っています。
    小坪先生も日本人のプライドを持ったサムライです。

    サムライは基本的には群れず媚びないが、協調すべきときには協調して行動し、世の中を動かします。

    小坪先生も現在は孤立されているようでつらいかもしれませんが、この試練を乗り越えられて、より強いサムライとして復活されることを祈っております。

  17. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
    ※共産党に上記の様な意図が無いのなら、責任の全ては徳永克子行橋市議にある事が、第三者にも明確に分かる様に、組織内部で自発的に 粛清 処罰する事をお勧め致します。
     
     
    小生的には「利用される立場」も「利用する立場」も、互いに共有出来る利益が存在する場合に限れば、悪くは無いと考えております。
    ビジネス上の話では特にこの傾向は強くなり、そのドライな関係が合理的な状況を作り出す一つの材料でもあるからです。
    実はこのドライな関係を上手に?活用しているのが、何を隠そう左巻き連中です。
    我々がよくバカにする”内ケバ”は、このドライな関係の行き過ぎた形なのかも知れません。

    随分と懐かしい漫画の話が出て来ましたので漫画を例にとりますと、背景(構造物)は凄く上手いのに人物の描写は苦手なスタッフが居れば、そのスタッフは本原稿では基本的に背景(構造物)しか書かせてもらえません。
    絵は上手いのにスクリーントーン貼りが下手だと、原稿が切抜きパズル化してしまうので、やはりスクリーントーン貼りをさせてもらえません。

    最近はライトノベルから漫画起こしするパターンも多い様ですが、その場合ストーリーから作画を担当する漫画家さんを選びます。
    まさか、高校生のホノボノとした恋愛漫画を作るのに、原哲夫氏(代表作:北斗の拳)が抜擢される事は無いでしょう。

    若し愛すべき郷土が被った汚名を返上したいのなら、そう言う事が得意な人材に任せてしまうのも一手かも知れませんね。

    軍と言う組織の職種を見た場合、世界的にはゲリラやテロ組織ほど前線戦闘員の比率が高く兼任体制を余儀無くされています。
    対し国が擁する正規軍ほど、前線戦闘員の比率が低く後方支援要員の比率が高くなります。

    少し乱暴な切り分けですが日本の場合、保守層と反日勢力とではこの職種の比率が逆転している様に推察しています。
    反日勢力はゲリラやテロ組織やそれらに準ずる勢力にも関わらず、法務から輜重に至るまで充実しています。
    対し保守層は、殆どが手弁当の竹槍義勇兵状態です。

    保守層は精神性の集団が多く下手すれば妙ちくりんな宗教に発展し兼ねない危険性を持っており、反日勢力は妙ちくりんな宗教が前進でその存続の危機を既に乗り越えている為に、餌で利用出来る者や物を掻き集める事に長けています。
    尤も、餌で利用出来る者や物を掻き集めている反日勢力は、優勢になれば余剰人員や物資を問答無用で容赦無く処分する事は、歴史で既に証明されていますが・・・。

    そう言った意味では保守層も適度なドライな関係を構築する時期にあるのかも知れませんし、またその過渡期に突入しているのかも知れません。

    • 黄龍 のコメント:

      『テロに屈する共産党』は全然違います。
      この表現ではまるでテロに抗う気があるみたいじゃないですか。

  18. 月光仮面 のコメント:

    私 月光仮面も その昔正義の味方と世の中に白いマントをひるがえし
    バイクにのって二丁拳銃で現れました るろうにん剣士ですか 私は
    さむらい という言葉より武士という言葉が好きです 差別撤廃戦争であった
    大東亜戦争に負けて 日本の武士はよく戦いました でも うぬぼれもあった
    のだと思いますが 諸国は独立を迎えました そして 今があるのです
    中国や韓国北朝鮮は 負けた日本と指差し小突き金をせびり取りました
    が 日本は援助を世界にしてきたと思います でも この三国は目的が
    あるのです そして 天皇家を無くしたい共産党と共に 日本を壊します
    でも 日本人は立ち上がると思います 再び武士として生きていくと
    信じています 今 生まれつつあつ武士たちがたくさんいるようです
    皆さん 何故 中国は経済を盾に世界をゆすれるか 日本もその昔
    たたかれました 経済を持ったのにたたかれました それはアメリカから
    です その アメリカは中国をたたくことを恐れますよね それは
    何か 武力なんです 経済と武力があって一国をなすのだと思います

    とはいえ日本は単なる武力ではなく 侵略無き武士集団をつくるべきだと
    思います 日本のこれから進む道は 侵略無き武力集団だと思います
    るろうにん剣士も 月光仮面も 行き着くところ 正義の味方
    日本は 正義の味方であるべきです 他国だと判っていて自国の領土などと
    いう事はありません 聞いていますか 中国の政府でなく国民の皆様
    韓国の国民の皆様 他国の領土をむしり取ることは 侵略です 人間の
    もっともしてはいけない事だと思います

    自衛隊 海保 は今の三倍 警察は今の二倍の規模が最低でも
    必要だと思います そして ロボット化は絶対です 次期戦闘機は
    宇宙空間も滞在できるものが良いと思います ここまで書けば
    皆様分かりますよね この 軍事技術はその国の科学なんです
    日本を発展させましょう

    移民は反対です 現在の奴隷制度ですから その方の母国を
    繁栄させるべきです ともに 栄えるべきです
    日本は少子化対策するべきです まだまだ 何にも手を打っていないと
    思う次第です

    • 月光仮面 のコメント:

      小坪先生今のうちに体をお休めください
      せんせいがお休みの時にですが 気持ちを書きこませていただきました
      小池東京都知事を支持した議員を罰するという都連ですか
      まったく存在価値のない組織だと思います 案として小池自民党
      都連を作り選挙するべきだと思います 決して離党などしては
      駄目だと思うのです これは すこぶる正しい助言だと
      思っています。関係者の皆様 離党はせずに選挙をしてくださいね

  19. 24応援 のコメント:

    小坪議員、だいぶお疲れのように見えます。
    ネットは予約投稿ができるので、返事も控えて少し離れたらいかがでしょうか。
    心身ともに健康でないと、敵と戦うのは難しいです。

  20. 桜子 のコメント:

    一郎様、動画ありがとうございました。
    一郎様の言われる通り、行橋市民の方に観て頂きたいと思っているのですが、ご多分にもれず行橋市も高齢社会です。
    若い方はネットで情報を得る事が出来ますが、高齢者の方達は一番信用の置けないTV、新聞などのマスメディアからの情報を信じる他ありません。

    唯識問題であるのにも関わらず、脅迫を受けた当の行橋市民の方達のほうが何かしら冷めている、その様に感じています。
    本来なら行橋市民の方達にこそ怒っていただきたいのですが、田舎町ですので、引きずり引っ張り、何処かで繫がっています。
    ゆえに、いろんな柵が有り、知っていたとしても本音は言わないと思います。
    これは何も行橋市に限ったことでは無いと思います。この傾向は田舎に行けば行くほど強いのではないでしょうか。

    そんな中、小坪議員は「おかしい事はおかしい!成らぬ物は成らぬ!」と行橋市民の為、引いては日本の為に戦っています。

    それに、報道と言えば、新聞の片隅に申し訳程度に載っただけです。
    これでは事の重大性は市民の皆さんには伝わりません、これも冷めてみえる原因の一つです。

    市民の方から今回の件を聞かれて、まさか子供でも解る愚案を提出し、採決したとは口が裂けても言わないでしょう。
    恥と言う概念を知ってたら、言える事でもありません。
    今頃は、自分達の正当性?を押し通し、火消し真っ最中では?と危惧しています。

    未遂で終わったから良かったと、このまま有耶無耶にされるべき問題ではありません。
    まずは脅迫犯の逮捕です。それからでないと何も始まらないのでは?

    櫻盛居士様が、>暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます<と書かれていますが、その通りで、「継続は力なり」ですね。

    • 一郎 のコメント:

      桜子様、行橋市の現状を教えていただき感謝いたします。

      新聞の片隅に申し訳程度に載るような記事を、各ブログの管理人の皆様は、善良なマスコミとして、報道していただいている。本当にありがたいことです。

      高齢の有権者の方々に本物の情報をネットから提供できればいいのですが。なかなか難しい問題ですね・・・
      また、引きずり引っ張るようなしがらみの強い環境では、正しい本音も言いにくいものでしょう。
      保身に走るのも分かりますし、正当性を押し通したいのも分かります。

      一方で
      小坪さんは、仲間に、斬られました。
      裏切られました。
      それでも頭を下げました。
      我慢しました。

      裏切られた人は強いです。彼が刀を抜く前に、賛成票を投じた議員達は、穏便に事を済ませる案を出してほしい。
      「先の決議を取り消す」とか。

      陳情や請願で対応するのだろうか・・・

      • 桜子 のコメント:

        お疲れ様です。
        返信が遅くなり、すみません。

        多分心の拠り所であった方がお亡くなりになったのでしょう。
        お掛けする言葉も見つかりません、、、。

        加え、今の状況が解らないだけに四面楚歌の中におられる小坪議員の心中いかばかりかと想われます。

        また、流浪人剣心の話の中に議員の心の葛藤を垣間見、心痛めています。
        多分、これは皆様も感じておられる事と思います。

        >賛成票を投じた議員達は、穏便に事を済ませる案を出してほしい<
        私もそう思うのですが、、、。

        >陳情や請願で対応するのだろうか・・・<
        陳情や請願ですが、市民の皆さんの力で事を起こして頂きたい、それが一番の良策だと思います。

        また、何かしら議員は覚悟をお決めになっておられる、その様な気がします。
        議員がどの様な決断をされようと刀を抜いたのは相手です。
        刀を抜いたとしても正当防衛です。

        返信

        • 一郎 のコメント:

          桜子様、ご返信ありがとうございます。

          すごい友軍がどんどん増えてきてる・・・
          すごい事になってる・・・

          私、ちょっと、びびってます・・・

  21. テロ指定共産党 のコメント:

    小坪しんや様。

    「日本再生大和会」にて、【行橋市議会】『小坪慎也議員に対する決議』可決-共産市議ら提出の動議「市役所への爆破予告等 脅迫の発端は、小坪市議の差別的な言動。謝罪及び必要な行動を」と提議した共産党市議も告発対象となりました。

    告発容疑はすべて外患誘致罪

    残念ですが、相手が先に刀を抜き、切りつけたのですから、正当防衛は仕方がありません。

    告発を止めるのは、小坪先生のご判断です。

    「大和心の回帰」様でも、取り上げてくださっていました。
    タイトル「95.安倍総理の自衛隊訓示と行橋市議会の犯した過ち。」
    http://yamatonococoro.seesaa.net/article/441936381.html

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください