【行橋市役所爆破予告】共産党の動議、可決。記者へのコメント等


 

 

本日、平成28年9月12日、徳永克子(共産党市議)より緊急動議が出され、これが決議された。
内容には、「脅迫」の件が含まれているため、私も本件に触れざるを得ない。
沈黙を守ってきたが、ある程度のことは話そうと思う。

 

「行橋市役所を爆破する。」という脅迫電話が市役所にあった。
「市議を辞職せよ」「辞意表明を(ある日限までに)Blog上で行え。」
「さもなくば火の海に包まれるだろう。」というものだ。

脅迫の中身には【ヘイト】という言葉が含まれていた。

 

脅迫を受けて、その上で通った決議は「小坪慎也議員に対する決議」であり、
「謝罪及び必要な行動を自ら行うことを求めるものである。」という共産党からの主張を、議会は通した。

思うところもある。
納得する部分もある。
ただ、言いたいことが少しぐらいあっても良いのではないか?

多くの感謝もあるため、また多くの事象が在るため配慮しつつは書くが、
「共産党の議決が通って」私が一言も発さないとは、それは流石に許容できない。
相当に抑え、譲歩できる点は譲歩してきたが、自ら近況を書く程度の自由はある。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

共産党の緊急動議による決議
タイトルには「共産党の決議」と便宜的に書いたが、緊急動議が徳永克子(共産党市議)より出されたため。
提出者は複数会派に分かれている。

以下、決議文。
読みにくい方は、下記にテキスト版も掲載した。

 

2544

 

行橋市議会議長  諫 山  直 様

小坪慎也議員に対する決議 (案)

 9月8日に、行橋市役所に脅迫の電話があった。この事により、市民に対し、また、市当局や議会においても多大な迷惑を及ぼした。この「脅迫事件」は決して許されるべきものではない。
 これは、小坪慎也議員が、平成28年4月に熊本地震が発生した際、差別的にとらえられるSNSでの意見発表を行った事を発端としている。
 公人である市議会議員は、住民を代表する立場にあり、議会外の活動であっても良識ある言動が求められるのは当然である。
 市民・国民に迷惑を及ぼすような意見の表明は、行橋市議会の信用が傷つけられたものといわざるを得ない。
 行橋市議会は、小坪慎也議員が品位を汚すことの無いよう、公人としての立場をわきまえる事を求めると共に、謝罪及び必要な行動を自ら行うことを求めるものである。
以上、決議する。

平成28年9月12日

行 橋 市 議 会

 

 

提出者
提出者 市議会議員  德 永 克 子
提出者 市議会議員  二 保 茂 則
提出者 市議会議員  大 野 慶 裕
提出者 市議会議員  藤 木 巧 一

2546

 

賛否を公開する。
行橋市議会においては、議会便りにおいても賛否を公開するようになったばかりであり、どちらにせよ以下は公開される。

政友会
退席:豊瀬尉(不幸事があったため)
反対:田中建一
反対:藤本廣美
反対:村岡賢保

桜の会
賛成:大野慶裕
賛成:西岡淳輔(公明)
賛成:小原義和(公明)

朱白の会
反対:城戸好光
反対:澤田保夫
反対:井上倫太郎
退席:小坪慎也(本人は採決に加われない。)

市民の会
賛成:藤木巧一
賛成:二保茂則
賛成:鳥井田幸生
賛成:大池啓勝
賛成:工藤政宏
賛成:瓦川由美
賛成:西本国治

諸派
賛成:德永克子(共産)
賛成:田中次子(共産)

賛成者12名、反対者6名(退席者2名)

 

 

決議に対しての思いは、この場では述べるべきではないだろう。
反対に回ってくださった議員もいる。
文案に関しても相当に手が入っており、押し合いへし合いがあったと聞く。

 

当事者は、何もできぬ。
そして、言えぬ。

言えばきりがない。
例えば「SNSでの意見発表」とあるが、正しくは新聞社が主催するオピニオンサイトからの依頼原稿である。有償であり、先方に編集権がある上、私自身がアップロードしたり改変する権限はそもそもない。そういう意味では抗議先すら違う。しかもタイトルについては意図と違うものが付されており、私が書いたものではない。「いわゆるネット」ではなく、出版社のwebコラムのような扱い。
当事者は退席であるため、意見を述べる場もない。

一言述べたが、それは「当事者は何もできぬ」の例であり、「言えぬ」の意味はそういう意味ではない。

 

私自身が被害者であり、これは被害者ぶるという意味ではなく
実際に警察に相談した当事者の一人という意味であり、
捜査中の状態では、言えぬという意味だ。

 

 

ただ。
人に書かれるぐらいならば、自ら述べたいと祈ったとして
それぐらいのワガママは許されるのではないか?

 

 

 

爆破予告に対して
ネット上では「爆破予告」と聴いて、どのようなことを想像するだろうか。
幸いにして危険物は発見されず、これは愉快犯(もしくは警察の尽力による未遂)のように思うが、
市民を不安に陥れ、市の業務、議会にも多大な影響があった。

かなり明るい性格だとは自負しているが、対応にあたった職員さんらの疲れた表情を見るとたまらないものがある。
議会日程にも凄まじい負荷をかけてしまい、例えば本日の午前中の日程は吹き飛ぶ結果となった。
一般質問の初日で、5人の登壇が予定されていたが、午後一には会期の延長がなされた。

 

無差別テロの予告。
実際に市民に被害がでたら、職員が怪我をしたら、
もしくは危険物の発見により市の業務が停滞したら。
一つ一つがクリティカルであり、「万が一」を考えると私自身、胃が痛かった。
たまらない。

 

我がことを書きすぎることが許される立場ではないと思うが、
我がことを書くのがBlogでもあるため、少しだけ私事も書く。
家族は避難し、そして私も指導により退避。
まともに家に帰れる状況にはなく、市のことが気にはなるが「寄り付くこと」も許されない。

警察対応を始めとした動きに忙殺され、プライベートなことはもとより、本当に仲の良い方(例えば政治家ふくむ)とも連絡はとれなかった。

 

無論、市議である以上、議会の構成員であり、所属組織に対しての思いもある。
先輩議員らにも多々、ご迷惑をおかけした。
警察への通報、関係各所への連絡、そもそも「安全のため」私も移動しっぱなしであった。
議員各位への連絡も遅れ、特に内輪に対しては後手に回ってしまった。この点は礼が欠けたと悔やんでいるが、物理的に不可能であった。

この「安全」とは単に私の安全ではなく、市民の安全のため、という意味でもある。
「万が一の場合」つまり、愉快犯ではなかった場合に、犯人を刺激せぬよう、だ。

 

とは言え、テロの予告。
しかも現職の政治家への、言論弾圧・・・。
私自身も被害者であり、軽々に謝ることもままならない。
難しい立場であった。

「爆破するぞ」と言われ、「はい、すいません。」と言うのであれば
警察への相談は何なのだ?となるし、犯人の逮捕を希望することはできぬ。

 

どうしろというのだ、と思った。
はっきり言うが、足を止めるよりなかった。

それがテロに屈したように見えたとしても、捜査の妨害になってはならぬし
市の業務に影響を与えぬためには、私にとれる手段はそれしか、思いつかなかった。

 

 

 

残念に思うこと。
それはテロ対策への遅れ、だ。
以下は、ある議員が用意した決議(案)であり、さらに別の方が手を加えたものだそうだ。
編集中であったもので、つながりが自然でない個所も残っている。あくまで案のドラフトである。

実際には提出されなかったのだが、準備してくださった議員には感謝している。

 

脅迫事案に対する決議(案)

平成28年9月8日、行橋市役所に市役所の爆破を予告するとの電話があった。この事により、市民に対し、また市当局や議会において多大な影響があった。この無差別テロ予告は決して許されるものではない。
また公人である行橋市議会議員は、住民を代表する立場にある。議会外の活動に制限をすることはできないが、良識ある言動が求められる。SNSなどネットの活用についても十分に留意すべきである。
行橋市議会は、今後いかなる脅迫事案に対しても毅然と対処していくと共に、議員それぞれが品位を汚すことがないよう、公人としての立場をわきまえた振る舞いが求められる。暴力をほのめかす行為での不当な弾圧は許されない。

以上、決議する。

 

 

私の立場で、何かを述べることは、やや難しい。
だが、実際に共産党の緊急動議からの決議が通っている今、言いたいこともある。

政治活動において、そのハレーションが「政治活動同士」で議会に負荷をかけたとする。
それについては、いかようにでも私は頭を下げるべきであり、実際にそのように思う。

だが、これはテロだ。
テロの予告なのだ。

 

伝わりにくい部分もあるかと思うが、私自身、被害者であるため、
言えぬこと、できぬこともあったのだが、やはり市民のことを考えた。

これは私の、一個人としての私見になるが、
「緊急動議」として出されたものは、脅迫をテーマとしつつの「政治活動について」のものである。

出された私が述べることは、見様によっては恰好が悪いのだろうけれども、
優先されるべきは、「無差別テロへの議会の意思表示」であったように思う。

 

こちらの決議も通すべく、動きがあるとも聞く。
正確にはわからない。

私には入れない話である。
出すことも正確かはわからないが、今日はそれは許容して頂けると信じる。

 

 

 

懐かしい風
言い過ぎれば、負け犬の遠吠えである。
そう見たいものは、そう見ればいい。
それでいい。

 

だが、他者から言われるよりは、自ら述べたい。
それぐらいの、小さな誇りは在る。
会派制を採っており、強く感謝しているが、最後は一人一党である。
共産党の動議が通って、自ら述べる程度の自由は、私にもあるだろう。

 

不思議と、とても心が澄んでいる。
懐かしい風とでも言いましょうか、
二期目となり相当に安全運転を心がけてきたつもりなのですが、
静かな何かが心に降り積もる感じ。

私は、今期は静かにしようと思っていたのだけれど。
ずっと何かを抑えようと思ってはいたのだけれども。
結果的に、のちのち後悔するのだと思う。
私も含めて、だけれども。

 

 

 

新聞社に対して
どうしてもコメントが欲しいとのことで、以下のコメントを出している。
かなり紛糾した日であり、質問日程も詰め込み気味であった。

10分しかない休憩中に、何本も連絡・メールを処理しており、多くの時間を割くことはできない。
「ノーコメントがコメントでいいですか?」と言うもので、以下をコメントした。

 

1)市役所爆破予告という、無差別テロをほのめかしての脅迫行為は言論弾圧であり、警察に相談中です。

2)市民を不安に陥れ、市の業務、議会にも多大な影響があり、犯人については許せない。

3)警備にあたって下さった警察には、深く感謝しており、犯人の早期逮捕を強く期待する。

※ 捜査中であり、これ以上のコメントは控える。

 

また今回より「動画での撮影」を条件とし、Blogへのアップを実施する。
1分20秒。今後、さらに厳格に運用していく。

【市役所爆破予告】無差別テロの脅迫に対しての合同取材(H28年9月12日)

 

記事になった際には、恐らく随分と違うものになっているのだろう。
明日の朝刊を楽しみにしておく。

対メディアについては、これも一つの自衛でございましょう。

 

最後に。
脅迫の内容、その前後の経緯については「公開」の方向をとりたい。

 

いかなる政治活動についても、言論弾圧は許されない。
無差別テロをほのめかしての脅迫は、憲法違反である。
支援して頂ける方は、シェア、tweetをお願いします。

 

市民の皆様へ)
本Blogの投稿をもって、300名程度の市民の方に送信できたのでありますが、
不十分な情報ではありますけれども、いまはこれが精一杯であります。
連絡漏れ等もあるとは思いますが、もしよければ伝え合って頂けますと幸いです。

 

非常に大事な業務連絡)
各まとめサイトの管理人様と連絡をとりたい。
連絡先が掲示されていない場合が多く、よければお問い合わせのメールフォームから連絡を頂けないだろうか。
読者の方は、声掛けをお願いしたい。
テーマは伏せるが、それなりに大きな題材がある。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【行橋市役所爆破予告】共産党の動議、可決。記者へのコメント等 への114件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【行橋市役所爆破予告】共産党の動議、可決。記者へのコメント等 本日、平成28年9月12日、徳永克子(共産党市議)より緊急動議が出され、これが決議が可決した。 内容には、「脅迫」の件が含まれているため、私

  2. 中島一人 のコメント:

    行橋市議会さんの決議はナンセンス極まりない。お偉い議員先生方のお○むは大丈夫でしょうか?
    少なくとも年に一度の脳ドッグや心療内科の受診をお勧めする。

    しかしそれで、貴兄はブログで愚痴ってお終いか?

    • 通りすがりの犬っコロ のコメント:

      日共と創価学会が結託している時点で行橋市議会は終わっている。

      こういう連中につける薬はない。あったところで筋弛緩剤くらいか。wwww

  3. ふゆ のコメント:

    何と言ったらいいのでしょうか…。
    なんともやりきれない思いが膨らんできます。

    「頑張って」という言葉がこの場合、適切なのかわかりませんが…。応援しています。

  4. よっし〜 のコメント:

    応援しています。たとえブログが閉鎖になったとしても、応援しています。

  5. かみやま のコメント:

    本件は共産党左翼の自作自演でしょう。ここでくっすると奴等の思うママです。我々一人一人が行橋市民に訴える時が来たのだと思い、声掛けなど具体的な行動を起こさなければならない。

    • 福岡選挙区 のコメント:

      私もこの件は共産党系の人が…と思いますねぇ。
      小坪さんが赤旗問題やってる事から、ずっとどうにか…と計画してたと思われます。

  6. MOSU5 のコメント:

    行橋市議会の、無教養で田舎者丸出しの愚鈍すぎる決議内容に呆れ果てました。

    市の行政や市民に対する迷惑という反射効果を理由にしてますが、結局「小坪議員はテロリストの気持ちを害したこと反省し自重すべきである」という、テロに屈した結果の(またはテロを利用した)言論弾圧でしかなく、最悪の決議ですね。

    これでは、もし市議会議員の気に入らない意見があれば、市役所や市議会にテロ予告をすれば妨害・阻止できますよと行橋市議会が公的に宣言したようなものではないでしょうか。

    本来「テロに屈しない」とは、テロリストの標的にされた言論(の自由)を、命懸けで守るという事なのだと思います。それを、標的にされた被害者に反省させ自重させるとは、本末転倒そのものです。

  7. 兵庫のオヤジ のコメント:

    さすが、公安調査庁、警察庁からテロ集団と認定されている共産党ですねえ。感心しました。
    言論に対して脅迫や威力業務妨害によって表現の自由を奪おうとした犯罪者、テロリストではなく、被害者を非難するとは。
    共産党は、言論の内容によっては、違法行為によって黙らせても良いという考えなんですね。イデオロギーを信奉し、暴力革命を正当化するテロ集団らしい発想だ。
    「市民の会」とかいうのも、どうせ社民系あたりの、解放同盟、在日のために地方行政を支配している連中でしょうね。
    兵庫県の宝塚市や伊丹市なんかもそんな連中が牛耳っていて、杉田水脈さんに嫌がらせしていますよ。
    こりゃ、全力で拡散しないと。
    全国に小坪先生を応援している人間が大勢いる。
    めげずに信念を貫いてください。

  8. ジョー のコメント:

    爆破予告電話という騒ぎに便乗+議会の決議を使っての個人攻撃、虐めに思えます。
    市議会って、小学校の学級会と大して変わらないのか…。
    共産党が腐っているということが非常によく理解出来ました。
    小坪議員、ブログは貴殿の活動がわかってとても有意義なものです。SNSでの発信は個人の言論の自由とも関係があると思いますし、それを止めさせられるなんておかしいと思います。
    独裁国家や共産圏ではないんだし。
    応援しています。でも頑張りすぎないで下さいね。

  9. 天野雅之 のコメント:

    小坪先生は正しい発信をされています。共産党の徳永克子氏らは、脅迫電話を正当化するなど、テロリストと同じことです。行橋市議会はテロリストの意見に同調するなど、言語道断です。恥知らずの議会は市民のためになりません。解散した方が良いですね。

  10. 鳥海山たろう のコメント:

    「火の海に包まれるだろう」という特異な表現に何か感じるものがありますが、この爆破予告は卑劣きわまりない犯罪ですね。
    何としても、警察力を動員して逮捕していただきたいです。

    しかし、これが謝罪決議につながるのが訳わかりません。これでは脅迫を受け入れたことになり、悪質な脅迫を今後そそのかす結果になりかねません。

    他の読者の方もそうでしょうが、2年間くらい小坪先生のブログを拝見して、小坪氏が民族差別主義者ではないことは、よくわかっています。

    しかし、これは個人的意見ですが、人間だから、勢いあまって誤解をまねく表現をすることも時にはあるので、客観的に見て誤解をまねくと疑われる部分があれば謝罪してもよいと思っています。

    実は先日の貧困高校生のときも、顔写真など個人情報は、さすがに出さないほうが良いと内心は思われましたが、私も便乗してコメントをして少し反省しております。

    政治家は日本を守るためにいますが、弱者の味方でもなければなりません。
    小坪先生はマインドは広い意味で、いつも弱者の味方であると思っています。

    しかし、相変わらず恐ろしいのは反日左翼の異様なイデオロギーと工作です。
    憎しみを煽って敵を倒すのが反日左翼です。

    慰安婦騒動で韓国人の対日憎悪をすさまじい執念で煽るやら、韓国の反日活動家をそそのかすやらで、日韓対立を徹底的にそそのかして、日本の外交が転覆させられたのは、おそるべき反日左翼の仕業ですが、左翼は「日本の右翼が韓国人の憎悪を煽った」と吹聴して、日本の右翼の仕業だと見せかけようとしました。
    それで、多くの日本人がだまされたのです。

    左翼で少し知恵のある連中は、「右翼」というと、さすがに下品と思ったのか、日本の「歴史修正主義者」などと洒落た言葉で罵倒してました。
    とにかく日本の反日左翼は徹底的に狂っています。

    いわゆる「弱者」または「被害者」の憎しみをひたすら煽って、敵を倒すのが左翼の本能です。

    「舌禍」で決議といえば、ふと思い出したのは、中曽根元首相の「黒人の知的レベル云々」の発言です。(このとき、小坪先生は8歳くらいだから、まったくご存じない時代でしょう。)
    私はたしか学校の休みか何かで朝から晩までテレビや新聞を見てましたが、まあ左翼の攻撃は「これでもか、これでもか」という執念深いものでした。

    このときも国会で中曽根氏の問責決議が行われたようです。
    この話題は世界中に発信されて、米国でも話題で持ち切りになり、天皇陛下が皇太子殿下の時代に訪米されたときに、かわいそうに米国の黒人団体の代表まで皇太子殿下のところに歩み寄って、黒人を差別しないようにと要望をだしてきたそうです。

    中曽根氏の発言自体は、どこかの内輪の会合であったかもしれないし、文脈としては「黒人が米国で白人より貧困なのは知的レベルが差があるから」ということだったのでしょうが、ますいというか不適当と思われました。

    不適当だという理由は、首相がわざわざ発言することではないということ、発言が流出したときの誤解を与えるリスクが大きいということ、知能といっても相当な個人差があり、黒人の上位は白人の下位より当然知能が高いので人種全体を劣等とするのは危険であること、知的レベルで人間の価値が決まるわけではないということ、IQといえども教育つまり環境の影響もあり複雑であること、などいろいろな理由で不適切と思われました。

    でも中曽根氏が差別主義者でないことは明白でした。
    世界の多くの国境を越えて、民族や人種を超えて、誠実な外交をされて友情をきづいていることがニュースでも伝えられており、基本的には人間観もそれなりの基盤があるように思われました。

    でも左翼によっては、この「失言」が大好物でした。「しめた」と思ったのでしょう。

    しかし、常識のある人に考えてほしいのは、わざわざ、日本の首相がこんな発言をしたと、米国人に笛をふいて太鼓をたたいて知らせる必要が、どこにあったのでしょうか。

    こんなくだらない発言を聞いたら、米国の黒人が落胆するだろうと考えるのが普通の常識のある日本人ではないでしょうか。
    もし、これが中曽根氏が年から年中、差別発言をしているなら非難されても仕方ないと思いますが、本当にまれなケースであったのです。

    わざわざ大声を知らせて、米国の黒人の神経をさかなでにして日本の首相を攻撃させるように仕向けるでしょうか。国内で批判しても構わないですが、わざわざ海外に注進に行って、しつこく告げ口するでしょうか。

    私なら、共産党の党首が、こんな発言をしても、わざわざ外国の黒人に教えにいって、共産党を攻撃させるなどとは思いつきもしません。
    首相だから発言には注意してほしいと思って、なんらかの抑制が働くのを期待する程度でしょう。

    ここが、病的執念で日本をひたすらおとしめることに快楽を見出してきた変態左翼の真骨頂なのです。誠におそろしいのです。
    政治家は気をつけなければならないと思います。

    要は言い方だと思います。
    たとえば「在日朝鮮人は日本に連れてこられたのだから被害者だ。国家が面倒を見ろ」と言ったときに、「在日朝鮮人はアフリカから連れてこられた黒人奴隷みたいというのか。在日の祖先はほとんどが日本での仕事など求めてやってきた人たちで、プライドと少しばかりの夢もあっただろ。祖先をみじめな奴隷にしたいのか」などと反論すればよいところを、「ゴキブリ、出ていけ」などと言うから、大騒ぎになります。

    外国人の生活保護の批判も、「外国人の生活保護も一度国家が認めた以上、大事ではあるが、外国人が大手をふって日本人の生活保護者以上の生活保護を与えることは残念ながらできないのです」と外国人の尊厳も認めながら説得していけばよいのです。

    過激な民族差別的風潮がネットの一部にあったことは危惧しています。
    むかしは硬派の掲示板ではこんなことは少なかった気がします。芯の通った管理人がいれば、下品で過激な朝鮮人差別のコメントは許容されず、出入り禁止になっていました。常識があったのです。

    露骨な差別もそうですが、尖閣で戦闘しろ、竹島を攻撃しろ云々の戦争をけしかけるような軽薄なネットの言論にも危惧しています。

    私は20年前から戦争を阻止したいがために、ただの一国民としてネットに投稿しつづけています。(左翼を憎むのも、変態左翼が、中国人や朝鮮人の対日憎悪を狡猾に煽って、彼らの戦闘意欲をたきつけてきたにもかかわらず、それを平和行為だと見せかけて日本人や外国人を洗脳するからです。)

    たとえば日本が尖閣で中国に軍事的強硬にでないのは日本が弱腰だからではありません。局地的な紛争が全面戦争になりうる時代であり、しかも相手国が特殊な国家なので慎重になるのは当然です。
    日本が戦艦や戦闘機で反撃しなくても、世界のどこも日本が弱腰などと軽蔑することは絶対にありません。

    だから、日本ではあり得ないと考えていますが、なにかの間違いで好戦的な世論が急浮上して、その勢いで、とんでもない好戦的な政治家や指導者がでることは日本にとって悪夢です。
    それこそ憲法9条の改正も百発百中で不可能になります。

    余計なことをつらつらと書きましたが、小坪先生の過去の信念は大筋では間違ってないと私は信じます。(共産党や共産党議員への批判が、いかなる経緯があるにせよ、ときどき感情的過ぎることがあったので、それはできるだけ理性的に主張なさったほうがよいのではないかと過去に感じることはございました)

    熊本震災のときに、あれほど懸命に、あちこちを駆けずり回って援助物資を届けられた行為は多くの読者に今も記憶されていると思います。

    憎悪と対立ばかりを食いものにする変態左翼と違って、(小坪氏と聞いて)堅実な読者や良心的日本人が、熊本震災から連想し思い出すのは、まずそちらなのです。

    あまり落胆されずに、今後もお体に気をつけてマイペースで頑張ってください。

  11. のコメント:

    さすが共産党、被害者たる小坪議員に対してテロに屈して謝罪しろとは素晴らしい主張です。このようなテロリスト支援政党をのさばらせておいてはいけないと改めて認識しました。

    渦中でご心労いかばかりかと思います。ですがここで倒れたりしては奴らの思う壺になってしまいます。どうぞご自愛ください。そして反撃を。

  12. 漫画喫茶店長 のコメント:

    これは・・・意味がわからない・・・なんでこうなるのか・・??
    北朝鮮が核とミサイルで脅すから言いなりになりましょう、北を批判する人は謝罪せよ
    こんな感じなのでしょうか???

    差別が原因?
    百万歩譲って差別ぽいSNSがあったとしてですよ、それで脅迫テロが正当化されるってこと???
    それを議会が承認する??????
    ありえない・・・斜め上なんてもんじゃない
    こんな恐ろしいホラー漫画みたいなことが現実に起こり得るなんてありえない
    熊本県議会でこれまで北里議員がやってきたこと以上に信じられない

    とりあえずは小坪さんとご家族の身の安全を願っています
    すぐに防犯ブザーだけでもみにつけてください
    相手は妙に頭の回る広域基地外人のようです

    タイミングを見計らって正当な手段で逆襲しましょう
    『I am Kotsubo』 というプラを持って西日本珍聞と狂産党と市議会前でデモをしてみたいです

  13. 櫻盛居士 のコメント:

    さすが、詐欺、銀行強盗から殺人まで実績を積んできたテロ政党の共産党らしい展開で、実にイメージにマッチしてますね。
    テロリストの味方である共産党だからこその行動です。

    どうせ、徳永克子某とやらもココをチェックしてるのだろうでしょうから記しておきますね。

    小坪慎也と言う男が、あらゆる制限を伴う公人である”政治家”と言う立場にある事に、煩わしさを感じる勢力もあるのですよ。
    「一層のこと民兵に戻って来てくれたらな・・・。」なんて考えている者も大勢居る事をお忘れ無く。

    あらゆる制限を伴う公人である”政治家”と言う立場にあるからこそ、ある程度の政治的取引も可能な相手だっただけです。
    それを奪えば制約が全て取り払われる訳ですから、もう行動が読めなくなって嘸かし楽しいゲームに進展する事でしょう。

    今までの経緯から、小坪先生は既に公安関係者との人脈もある程度は構築を完了している事でしょう。
    政治家としての身分を剥奪してしまえば、政治的取引で保留にしていた案件や、政治的カードとして温存していた事案を全て出血大放出出来る訳ですから、保守層の士気も上がる事間違い無し。
    そう言えば小坪慎也と言う男が下野すれば、政治資金規正法の制限も無くなりますね。
    適当に小坪慎也と言う男を幹部に据えた団体を立ち上げて寄付金を集えば、もっと自由に動いて貰える様になりますね。
    案外、徳永克子某の緊急動議も悪く無いな。

    どうせ徳永克子某に残るのは『テロリストの味方である共産党』とか『テロに屈する共産党』とか、共産党に対するネガティブな印象だけですし。

    日本赤軍が起したクアラルンプール事件で超法的処置を採った三木内閣は、当時世界中がら「テロに屈した」と大顰蹙を買いましたし、事実その後日本赤軍は更にテロ活動を激化させましたね。

    行橋市議の皆さんは、よっく考えた方が良いですよ。
    『テロリストの味方である行橋市議』とか『テロリストに屈する行橋市議』とかの、末代までの称号を授与したく無ければ。

    どうせ、この諍いは保守層と言う視野で見れば、どう転んでも『負ける事は無い戦』ですから、好きなだけ攻撃すれば良いと思いますよ。

    • 櫻盛居士 のコメント:

      あっ、『テロを利用する共産党』ってフレーズを、書き忘れてましたわ。
      失敬、失敬。

      皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
      何分、実績であり真実ですから、異存は無いでしょう。

       ・『テロを利用する共産党』
       ・『テロリストの味方である共産党』
       ・『テロに屈する共産党』

  14. 漫画喫茶店長 のコメント:

    それにしても「桜の会ってなんだろうか
    「市民の会」はプロ市民だろうけど人数が多いなあ

  15. 名ナシ のコメント:

    よく仕込まれた流れですね。
    目的は最初から決まっていたと見て間違いないでしょう。
    こんなマッチポンプに屈していいのか?と思いますが、
    そこまでの根回しもしての話なんですかね。
    状況が判ってよかったです。
    これで終わりとも思えませんので身辺ご注意下さい。

  16. 榎本 一茂 のコメント:

    雑誌に早期にリークすべきだと考えていた事例
    百田尚樹やはすみ氏も同様のテロ行為をされておりそれを踏まえた再犯や模倣行為
    行政がそれに屈服する事は事なかれ主義であり問題の早期決着を睨んだ愚策でしかないない。
    議会が放置する事はこれ等の事例や犯人に対して全く効果は無くこの事例が拡散はしていく事を示している。
    抑止とは民主主義を貫き通す確固たる信念によ物ではなければならないのであって少数にに媚びる物でもなく投票した有権者や議員の物である。
    私は市議会に抗議すると共にあらゆるマスメディア著名人に対して拡散をする所存です。

  17. 熊本太郎 のコメント:

     此度の決議、心中お察ししますと共に、斯様な愚挙に及んだ行橋市議会に対し憤りの念を禁じ得ません。

     さて、私は熊本県民です。先の熊本地震で被災し、被災者となりました。
     当時の状況は筆舌に尽くしがたく、様々な流言飛語が飛び交っておりました。まさに大混乱の様相でありました。
     その混乱の渦中を経験した者として、小坪市議の主張された内容は誤ったものでも差別的に捉えられる内容でもないと考えます。

     「行橋市はテロリズムと脅迫による言論弾圧に屈した」としか捉えようがない決議であり、それを推した市議にはその意味をしっかりと噛み締めて頂きたい。悪しき前例を作ってしまったことを後悔して頂きたいものです。

     末筆になりますが、どうかお体と身辺に重々お気をつけください。今後益々のご活躍と活動の継続を熊本の地からお祈り申し上げます。

  18. 一郎 のコメント:

    あきれました。そして疑問に思いました。

    テロリスト と 共産党 と 一部の行橋市議会議員 は グル だったのか?

    金まわりの良い組織は、逮捕覚悟で脅迫電話をかける似非テロリストを、雇えるということか?

    左翼は似非テロリストを雇って、今後は同様の事件を日本全国で起こし、保守的議員を追い込むつもりなのか?

  19. ぴょん吉 のコメント:

    私にも共産党のマッチポンプのように見えますね。
    自分が苦しい時は敵も苦しいのだ、とは勝負の世界でよくいう言葉です。
    裏を返せば、彼らも追い込まれているという事ですな。

  20.   のコメント:

    行橋市議会にクレームを言うにはどうすれば良いのでしょう?
    あきらかにテロに屈して言論の自由を奪っています。
    市民として抗議したいのですが・・・

  21. スワスティー のコメント:

    私の住む地域でも昨年、市に対して爆破予告がありましたが

    市民には一切公開せず職員が休日返上で市の施設などを点検に回って、大変そうでした。
    何もなく安堵しましたが。愉快犯でした。

    なぜ公開、報道しなかったかというと、模倣犯が次々現れて
    悪に屈する事になりかねないからです。
    普通、姿も名前も見せない犯人なら尚更
    市長判断で迷うことなくどんな要求も受け入れてはならない事案になると考えられます。

    行橋市の対応、危機管理はおかしいと思います。

    爆破予告のテロは日本中で、既に多数起きてきたと考えられます。
    ニュースになった事件以外は皆が必死にオフレコで対処してきたはず。

    それなのに犯人を擁護しおおごとにして要求をのむ所が出てしまうと
    電話一本で簡単に行政、国政さえ動かせると勘違いする模倣犯を呼ぶ事になってしまう。

    こんなの犯人の思うつぼ。わが国全体に関わる
    一市議の問題じゃありません。とんでもない事件です。

    皆様、おおごとにした市の失敗のせいで、ターゲットの公人を陥れるよう要求する犯人の言いなりになってはダメ。
    手段として成功例を作っては、絶対いけません。
    国がひっくり返ってしまいます!!

    こういう事を無くすために
    テロを未然に防ぐ共謀罪を早期成立させなくてはなりなりませんね。
    法律を一刻も早く作らなくてはいけない流れです。

  22. こたママ のコメント:

    コメント欄に投稿していた人は本当に電話したんですね。
    ネットで爆破予告を書き込んだ時点で犯罪ですが、
    警察まで出動する大騒ぎでは「威力業務妨害罪」決定です。

    そして、行橋市議会における「小坪慎也議員に対する決議」の可決。
    あまりのことに絶句です。
    小坪慎也さんが地方にとどまっておられる幸運に気付いていないとは
    なんともったいないことでしょう。
    行橋市議会議員の方々には猛省することをおすすめします。

    日本国憲法第21条は言論の自由を保障しています。
    対テロ戦という世界情勢に逆行する、今回の憲法違反の決議。
    徳永克子議員はとんでもない失敗をしでかしたのではないでしょうか。

    この件は必ず問題になると思いますし、
    いくらなんでも共産党本部はそこまで頭が悪くないと思うのですが。
    一党員個人の暴走ということになるのでは…

    小坪市議にはおつらい時ですね。
    でもたくさんの人が応援していることを忘れないでください。

  23. くるーにー のコメント:

    すでに何度も指摘されていますが、小坪氏自身がタイトル含め記事について、「意図としてはそんな内容です」と認める旨ツイッターで投稿しています。(小坪氏自身はそのことに未だに触れようとせず、編集側が決めたタイトルだから、と逃げていますが)

    小坪氏は今回確かに被害者ではあるが、以前から他者の人権を損なう発言を繰り返してきた点では加害者であったわけであり、決議はそれを糾弾するものです。
    脅迫行為については警察の捜査が行われるわけであるから、議会がそれを踏まえて議会としてすべきことを考えられた結果の今回の決議でしょう。

    小坪氏の言を借りて言うなら、「人権を損なう発言を繰り返す市議に脅迫が行われたとしても『仕方がない』」ということになります。(私はそうは思いませんが)小坪氏が今回の脅迫を非難するのは自己矛盾です。「仕方がない」と受け止められたらどうなのでしょう。

    • 生野区民 2 のコメント:

      お前が犯人じゃないのか?
      テロリストを支援してるのは、共犯だぞ

    • sinobu hattori のコメント:

      有田芳生の熱烈な支持者か
      文春の関係者…かもしれない、

      くるーにー 様

      ご返信、失礼致します。

      ———————————————

      >小坪氏自身がタイトル含め記事について、
      >「意図としてはそんな内容です」と認める旨
      >ツイッターで投稿しています。

      以前に、私は、
      上記載のコメント投稿内容において、
      理由説明のご返信をさせて頂きましたが、

      貴殿でしたでしょうか?

      こちらに書く前に、先ずは、
      そちらの私のコメントに返信下さいませ。

      自己の都合の良い投稿だけ振りまくのは、
      ただの荒らしですよ。

  24. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます。読みながら、あぁ、お疲れになっていらっしゃる・・・と感じました。小坪先生、頑張って!と、まずは、いいたい!

    犯人からの言葉・・・
    >「さもなくば火の海に包まれるだろう。」
    この部分だけ、とりだすなら、まるで、北朝鮮が日頃、韓国や日本に向けて発信している恫喝と同じです。

    行橋市役所を爆破するなんて、まさしく、テロ予告による恫喝じゃないですか!
    そして、共産党の動議は、テロを起こそうとしている犯人逮捕への決議かと思えば、なんと、被害者となった小坪先生に謝罪しろ!と、、、なに、これ、どう考えてもおかしいだろ!というのが、私の気持ちです。

    先日、靖国神社のトイレでの韓国人による爆発テロ事件を思い出しました。

    犯人の韓国人の名前は、チャーハンでしたね。もし、彼が・・・・・

    靖国神社を爆破する
    靖国神社に参拝するすべての日本人は、韓国人に謝罪し、靖国神社参拝をやめよ!
    さもなくば火の海に包まれるだろう

    と・・・脅迫文をだしていたら、私たち、日本人はどうすべきでしょうか?

    ここで、日本共産党が緊急動議を国会に提出して、それが成立(することはないでしょうが)、成立したら・・・・

    日本国民は、韓国人に謝罪して、今後は靖国神社参拝をやめないといけないのでしょうか!

    冗談じゃない!とんでもありません!が、多くの日本人(あえて、すべてとはいいません!)の気持ちのはずです。

    しかし、今回、行橋議会では、共産党による動議がなんと可決・・・・おいおい!

    共産党の動議に賛成した、桜の会(3名)、市民の会(7名)、諸派(共産党)(2名)
    この人達は、迷惑をかけているのは、テロ爆破予告をしてきた犯人を即在に逮捕するようにと緊急動議をだすべきなんじゃありませんか!とまずは、いいたい!

    小坪先生、行橋市役所への爆破テロ予告ということで、市民、市当局、行橋市議会に大きな影響があったことは事実として、テロによる言論封殺には断固戦っていきたい!・・・・というような内容で議会演説なさることはできないのでしょうか!是非、お願いしたいです。

    小坪先生のブログに出会えて、本当によかった!とおもっている一人の団塊老人がおります。この団塊老人の私は、未来を生きる小坪先生に、未来の日本をよりよくしていただきたいという夢をもっております。どうぞ、これからも、左巻きには負けないで!とエールを送りたいです。

    そうそう、ここで・・・・

    閑話休題・・・・

    少し前になりますが、本屋大賞にも輝いた作家の百田尚樹氏、大阪の某大手の本屋さんで新刊本(たしか、カエルの楽園だったと思います)のサイン会が行われたのですが、なんと、その某大手本屋さんにたいして、爆破テロをするという電話がかかってきたという事件がありました。

    警察は中止要請をだしたそうですが、某大手本屋さんの中止にはしないという毅然たる態度と、警察側が会場を徹底的に調査し、安全を確保したということによって、無事に百田尚樹氏のサイン会はとりおこなわれました。

    某大手本屋さんは、『中止にはしない』という毅然とした態度をとってくれたと百田尚樹氏はツイッター上で施設側を称賛するコメントをつぶやかれたということです。

    そして、なにより、某大手本屋さんは、作家の百田尚樹氏にたいして、迷惑がかかったから謝罪を求める等という方向での対処はしなかったということです。

    ひるがえって・・・・

    今回のテロ予告を受けた、行橋市役所、行橋市議会、行橋警察のかたがた、テロ予告があったとしたとして、それを防ぐために、行橋市役所と警察側が一致協力して、徹底的な警戒を行い、テロを防ぐという対策をとるという対処がなぜ、なされなかったのか?が、とてもとても残念です。

  25. 月光仮面 のコメント:

    行橋の政治ってこんなものですよ 賛成したメンバーの名前知りました
    これは 爆破すると脅迫した犯人を捜すためのものではないく
    それどころか テロの標的を外に追い出そうとするだけのものですね
    こんな事だから困ったものです 小坪先生に出会うまで市議会などに
    政治家はいない と 確信していたのです 正解でしたね

    そして 今までとは構図が変わりつつあるのではないでしょうか
    今までは 日本を壊したいという目的だけでした これからは
    憲法改正に向けて さらなるテロに入ると思います
    日本中ですよ 保守系の政治家は結集しないといけないと
    思いますよ そして この勢力に中国が必ず入ってきます
    今以上にです でも ですね 保守系がまだまだ お祭り状態
    だと思うのです 農薬が高いから韓国製とかね これでは
    国は守れません そして 安倍総理も こと 防衛に関しては
    弱い 尖閣には今すぐに上陸する必要があると思います
    空母建造に入るべきです 無人兵器開発に入るべきです
    そしてですね 思いますに 自衛隊の装備は昆虫の標本なんだと
    思っています 種類はそろっているが なんせ 一つずつ
    そろえているだけ 弾なぞ何分間続くやら これが 日本の
    防衛だと思っています 今の3倍必要ですね 

    本題に戻りますが 今回の件は犯人を捜す前に この人を追い出そうとする
    決議ですね 実に すごい決議です 正義も何もありゃしない
     

  26. にわとり のコメント:

    政治活動に対して「行政」を(物理的に)人質に取られるとは、なんともやりきれない気持ちです。まして、それを容認するのが「政治」側というのがなんとも・・・
    まさか同じように反撃するわけにもいかず、どうにもなりませんか。
    行橋市民、行政のみなさまが安全に生活できるようお祈り申し上げます。

  27. ケンケン のコメント:

    なるほど、事情はよく分かりました。

    反日左翼と思われるコメントにも皆さん華麗にスルーされており、安心いたしました(笑)

    こういう時こそ、落ち着いて冷静にいきましょうね。

  28. WAO のコメント:

    自分の気に入らない言論をした市議が居るから市役所爆破予告をするって輩の方を非難決議すべきもだ。
    しかもその言論内容も真偽の解釈をめぐって論争中のもの。
    行橋市議会は小学生レベルではないですかね。

  29. サンダーバード のコメント:

    一般論として騒動を起こした点を謝れ、
    と言ってるのではないこのような謝罪と行動を求める決議など
    に従う必要はない。脅迫テロリストが勘違いする。その責任を賛成議員はどう取るのか?
    【決議】
    決議は法令上の根拠を有するものについては一定の法的効果が認められるが、そうでない場合には単に事実上の政治的・道義的な効力にとどまる。

    テロ予告が存在し、その狂気の行動の対象となっているであろう被害者本人に対して
    事件の解明を待つよりも先に精神的圧迫を加える
    この共産党とその一派は、まさにその狂気の行動にも勝るとも劣らない、
    人間として
    一番やってはならない行動をしたと言っていい。

  30. 生野区民 2 のコメント:

    議会はテロリストに屈したというわけだ
    これはヘイトと言うより、共産党の自演か朝鮮人のテロリストを逮捕する方が
    先だと思う、なぜ共産党から緊急動議が出たかというと仲間が爆破予告をしたと
    考えるのが普通だろう、ヘイトと言う朝鮮語はとんでもなく危険でこの言葉を使う人間
    こそ社会から排除すべきだ、頭のおかしな地方議会と認識した
    テロリストを支援して恥ずかしくないのかな?

  31. Masa のコメント:

    小坪市議、大変な状況・お立場の中ご報告有難うございます。
    改めて、共産党が異常な集団であると認識できました。普段は弱者の味方とか宣伝してますが、テロリストの味方をするとは許せません。しかもこの決議内容は自称市民団体の主張そのままで、事実誤認が多大に含まれており、賛同した者の常識と良識を疑います。

    とはいえ、小坪市議がこのまま終わるとは考えづらい。支援者の立場から見ても、そんな殊勝な性格の方とは全く思えない・・・(笑)

    結果として、当件は反日パヨク側に後々不利になるような気がします。
    全国の議会への陳情等をやり終え、保守活動にひと息ついた所だったのに・・・
    寝た子を起こすというか、わざわざ手負いの獣を作る共産党お疲れさまというか・・・

    ・・・こうなったら、国政、行っちゃいます?

  32. 少年ジェッター のコメント:

    むかーーーし むかーーーーし ほんとうの話かどうか分かりませんが
    (その当時全く市議会に興味がない頃の聞いた話)議会が市長の不信任だったか
    決議したそうです 市長が議会を解散したのだったか それを知らなかった
    議員たちが不信任を取り下げたそうです 聞いた話ですが でも
    今回の事 市に政治はありませんね

    • 少年ジェッター のコメント:

      こんなもんですよ 共産党も市議会も でも これは
      これは 間違いなくテロです そのテロを許したり
      ごまかしたり市議会はしているのだったら 市議会や政党
      そのものがテロ支援政党であるという事ですね みなさん

  33. 生野区民 2 のコメント:

    徳永を標的にした、爆破予告が出たら犯人を捜すんでしょうね
    小坪議員は国政に出ることを考えてはいかがでしょうか?
    その議会はもうダメです、腐って居ます
    宝塚の朝鮮人と婚約解消をした議員を、辞職に追い込んだ議会と大して変わらない
    そんな低レベルなホームルームの議会からでて、まともな議会で働くべき
    テロリストは徳永(帰化人)の仲間で有ることは明白、徳長こそ議員辞職及び
    逮捕が相応しい人間。

  34. まりちゃん のコメント:

    小坪さん ガンバレ

  35. 個別の一人 のコメント:

    ここからが正念場です。どうか諦めないで。もうすぐ最初の風が吹きます。

  36. 波那 のコメント:

    おかしな政党ですね。確かに小坪市議は発端となった西日本新聞の記事によって言ってもいないことを書かれ、この記事を利用した人権団体に利用されるキッカケとなったことで、この団体側の人物か、若しくは一切関係のない人心を騒がすことに乗じた人物によって行橋市の皆様に不安を与えるテロ予告をする犯人が出て来た…このことについては市議は十分に責任を感じておられるではありませんか。

    市議を政治の場から退場させたいという意図が見え見え。西日本新聞、市議を提訴した人権団体、テロ予告犯、共産党、全部です!先ず何よりもテロ予告犯人の逮捕が待たれます。

    ところで、小坪市議から人権侵害と告発された以降、西日本新聞はどう説明したのですか?あなた方が発端の事案ですけど。

  37. なんじゃそれ? のコメント:

    気に入らなかったら、(裏から手を出させて)脅迫すれば、それを理由に、公的に禁止する事ができるという既成事実を作ったという事? 表向きはテロに屈するという意味になるし。

    最近の投稿ちょっと何が起きたか気にはなってたけど、他県民だけど、なにかできることないのかな?(金は無い)

  38. ガブキメタル のコメント:

    共産党に非難されるという事は、すごく
    誇らしい事なんですよ。
    逆に共産党に褒められる様になったら
    人としてお仕舞です。
    今回の件、私なら自分の行いが正しいものとして
    裏付けされたと喜んでいるかもしれません。
    国会議員であれ、市議会議員であれ、その人の
    政治的行いが正しかったかどうかは選挙によってのみ
    判断されるものであり、他の議員にとやかく言われる
    筋合いのないものです。
    そして議員とは、その地域の代表ではなく、その地域の
    あなたを支持してくれた有権者の代表であり、
    あなたを支持しなかった有権者の代表ではないのです。
    あなたはあなたの支持者の意思をくみ取り行動する。
    そしてその行動により、また支持者が増えていく。
    恐らく今回の事で、あなたを支持しなくなった有権者は
    皆無かと思われます。
    それは即ち、あなたの政治家としての行動が正しい
    行いだという現れであり、また次回の選挙の際に
    それが明確になるだけのことです。
    どうせ犯人は逮捕されるのですから、落ち込むのは
    その犯人を見てからでも遅くないと思いますよ。
    案外、どこかの市の共産党の市議会議員かもしれませんしねw

  39. 主婦のひとり のコメント:

    なんとまあ~寒々しい結果で、心が痛くなるとともに逆にふつふつと怒りがわいてくる。
    小坪議員を全面的に応援していたわけではないけれど、この件に関しては絶対に負けないでご自分を通して頂きたい。
    私も何らかの形で戦いたいと思う。
    あまりに日本人をなめないで頂きたい。
    今動かなくてはヘイトスピーチ規制法の時のように悪用される事例が残るだけだ。
    どんどん拡散して行きましょう。
    綺麗事を言う人にはそれがどうしたと、私はヘイトスピーチという言葉そのものに傷ついている。
    今回の行橋市の結果を、ヘイトスピーチ規制の悪用法として総理はじめ西田さんその他知っている国会議員に問うてみるつもり。

  40. sasara2020 のコメント:

    脅迫に屈するなんて、行橋市議会は、弱腰ですね。
    笑いものだ。

  41. 横田賢次 のコメント:

    お久しぶりです、滋賀県民です。

    「しかもタイトルについては意図と違うものが付されており、私が書いたものではない」
    とあるのですが、その時に抗議なり修正求めるなりしましたか?(ここ大事)

    そのSNS?内容と脅迫文見ない限りわかりませんが、そんなところを見る人物は特定市議への
    ストーカーみたいなもんですよ。
    普通、他の関係ない市民が貴方のコラムを ”わざわざ” 見て
    脅迫するぐらい憤慨?する事はありませんし。(あるならキチガイですよそいつ)

    ただまぁ外野から見てて「市議会議員」なのに、市議会に全然関係のない事に口出し過ぎです
    金子快之(北海道の札幌市議やってた人)のポジションが一番だと思います。あの人は北海道の
    札幌の問題のみしっかり扱っていたので。

    ほら、イスラム国挑発して市役所が予告もなく破壊されたら困るでしょ?
    破壊されるのが「貴方の家、だけ」なら他の人に(まぁ警察とかそっち関係は迷惑かけるけど)
    あんま迷惑にならないけど

    不特定多数にケンカうって「誰から脅迫されたのかわからない」では捜査する側としても困ると思うんですよ。ケンカうるなら特定の組織のみにしませんかね?そうしないと何もできずに終わってしまうような気がします。

    フランス?どこだか忘れましたが、イスラム教そのものを馬鹿にした風刺画?をかいた会社が
    爆破されたりしてましたけど、あれも「不特定多数」にケンカうった証拠ですよね。

    VICEでやってたので見てましたが「こいつらアホやな」ってコメントが多数でした。俺もそう思ってます。ターゲットを限定せず、多数を挑発。これでは防衛なんてできっこありません。
    日本がどこかと戦争するとします。普通同じような立場の近い国と同盟なり結びますよね?
    世界中敵に回すようなことしませんよね?

    SNSや脅迫文の全文は載せていいと思いますが、それ以外は、貴方の意見は
    今載せるべきではないと思います。犯人特定してるならともかくしてないなら
    逮捕も何もできませんから。
    犯人はまちBBS利用者かもしれませんし、キチガイストーカーが見て脅迫文を届けたのかもしれません。
    普通の人は脅迫文なんて書きませんし出しません。
    自分とこの「野洲」の市議会議員はちょっとおかしいのがいますけど、平和です。

    ただ、気になるのは
    「小坪慎也議員に対する決議 (案)」
    です。

    内容を見る限り、脅迫事件そのものは何の問題もなく、原因は小坪そのものにあると
    個人攻撃で終わってますね。
    これ脅迫を利用した「落選運動」ともとれますが。(期間外なのでアウト)

    賛成した連中の中に犯人いるんじゃないっすかね?w
    まぁ市役所職員の可能性も大きいです。一般人は “そんなSNS” 見ませんしね。
    ニュースパラっと見てめし食って風呂はいって寝ますよw

    脅迫文に「個人的感情」が入っていなければ、個人の恨みではなく、組織的な勢力が作成した
    脅迫文の可能性が十分に有りますんで。

  42. コナン のコメント:

    犯人は ある程度想定されると思います 思想的な問題ですね
    でも 警察は動かないと思います 爆弾も仕掛けないと思います
    目的は 今回の決議だからです 小坪議員の落選だからです
    それは 何故か 日本を守ろうとしている小坪議員が目ざわりなんですね
    でも この関係のテロは今後増えます 憲法改正に向かうからです
    だから ますます 増えます 爆弾も実弾になりかねません
    日本人の皆さん 日本を守ろうではありませんか 行橋でいえば
    防犯カメラを一つ取り上げても 全くついていない状態だと思います
    こう言えば 個人情報やプライバシーと言い出すのですね 
    でも 防犯カメラぐらいくけれない市政はだめですね 努力してほしいです

  43. nyanta のコメント:

    どんな理由があろうとも、暴力を用いる方が悪いのです。
    市議はまぁ、今はおとなしくはしていますが、時が来たら、きっと奥の手を出して反撃すると思っていますよ。
    これで折れる人じゃない筈。

  44. 日本女性 のコメント:

    悪い予感が的中して暗澹たる思いです。

    実は、8月15日の民団新聞に「ヘイトスピーチ根絶へ…市民・行政の連携必須」という座談会がありました。 出席者は以下のとおりです。
    有田 芳生(参議院議員)
    李宇海(弁護士)
    安田 浩一(ルポライター)
    明戸 隆浩(社会学者)

    この中で明戸という学者が以下のように発言しています。
    「ネットに関して付け加えなくてはいけないのは、熊本地震の際に小坪慎也行橋市議会議員が差別デマを肯定したととられかねない発言をしたことだ。
     日本は人種差別撤廃条約の4条を留保しているが、厳密に言うとそれは(a)(b)の留保であって、(c)の公職者に関する規定は留保していない。こうしたことをふまえれば、小坪議員の発言は公職者でない人が行った場合よりも強い責任が問われることになる。もちろん匿名の陰に隠れてやっている人たちに相応の対応をするというのも重要だが、それ以上に公職者への対応が急務だと思う。」
    http://www.mindan.org/sp/newsDetail.php?newsId=22207

    共産党と朝鮮人が結託した戦前の暴徒と変わらない日本人への傍若無人ぶりに、議会が議決したことに驚愕します。ただ、私の小坪さんへの支持は強固なものになりますた。

  45. taigen のコメント:

    仕事が忙しくて、しばらく閲覧しないでいましたが、久しぶりに閲覧したら大変な事態になっていて驚きました。

    皆さんが仰っている様に、テロに屈した行橋市議会は批判されるべきです。
    脅迫電話は録音されているのでしょうか?されていれば犯人特定に役立ちます。していなかったとしたら、行橋市役所の怠慢ですね。

  46. 神奈川県民 のコメント:

    教えてください!
    どうやったらテロリストを一瞬で殲滅できますか?

    犯罪者に屈することなどできません。

    ごめんなさい。
    まともな議員の方々がどれだけ辛抱しているか良く分かっています。
    分かっていますが、有権者の方々も限界がきそうなのでは?

    しかしながら、それだけ敵も追い詰められているということなのでしょう。
    どうかもうしばらくの我慢を!

    夜明け前が一番暗いといいます。
    無事解決と、さらなる飛躍を祈っております。

  47. 日本大好き のコメント:

    まずは犯人逮捕をできるよう警察の方々には頑張って欲しいです。
    テロ予告に屈してたら民主主義ではありません。
    なぜテロ予告をトリガに謝罪しなくてはならないのでしょうか。
    議員の方々には、テロの関係者だと疑われるような行為を謹んでほしいものです。

  48. sinobu hattori のコメント:

    FBのシェア、拡散の方、
    させて頂きます。

    ——————————————

    なるほど、
    この様な事情だったのですか…。

    今回の事例、

    不明瞭な他者に
    ——————————————————
    目標者を記載した、テロ行為予告
    ——————————————————
    上記をさせて、
    危機感を煽る請願を 議会にすれば、

    国家の憲法で定められた、
    ——————————————————

    言論・表現の自由をも超えられる
    押さえつける事が出来る

    ——————————————————
    …という事が出来る、
    訳なのですね。

    大阪市の「ヘイトスピーチ条例」の時も、
    思うところが有りましたが、

    国家で定められた法を
    超える危惧の有る「請願・陳情」を

    地方行政が通すのは、
    如何なものかとは、存じますがね。

    • sinobu hattori のコメント:

      行橋市にお住まいの方々は、

      今回の事例に、
      「苦情・苦言」を申した方が良いと思いますよ。

      行橋市の有権者は、
      渾身の力で
      行橋市と日本の為に動いて頂いた
      —————————————————————
      「小坪しんや市議会議員」を見捨てた
      —————————————————————
      この様に
      判断せざるを得なく成る事も
      そうですが、

      「皆様の投票」にて選ばれた議員が、

      「違法行為を起こした」でも無いのに、

      「簡単に追い込む事が出来る」と言う事を

      「行政機関」が「認めてしまった」訳ですよ。

      「行橋市」の事を
      「愛する」「考える」ので有れば、

      今回の決議の結果対して、
      行橋市役所・市議会に
      苦言をして頂きたいと願っております。

      ———————————————————
      ———————————————————

      私からも、
      コメント欄にて、
      今回の提出者・賛成者を
      今一度、記載させて戴きたいと存じます。

      —————————————————————

      提出者

      市議会議員  德 永 克 子
      市議会議員  二 保 茂 則
      市議会議員  大 野 慶 裕
      市議会議員  藤 木 巧 一

      桜の会
      賛成:大野慶裕
      賛成:西岡淳輔(公明)
      賛成:小原義和(公明)

      市民の会
      賛成:藤木巧一
      賛成:二保茂則
      賛成:鳥井田幸生
      賛成:大池啓勝
      賛成:工藤政宏
      賛成:瓦川由美
      賛成:西本国治

      諸派
      賛成:德永克子(共産)
      賛成:田中次子(共産)

      —————————————————————
      …以上、計12名

      私の頭と心に、
      よく刻み付けて
      覚えておきますよ。

      ——————————————

      ここからは、
      小坪先生への連絡文章です。↓

      小坪先生には、後で、
      問い合わせフォームにて、
      別のコメントを 送らせて頂きます。

      よろしくお願い致します。

      …因みにですが、

      2、3年…という事でしたが、
      今回の結論によっては、
      もう少し、早く成るかもですね…。

      …それが、流れというものです。

      以上になります。

  49. 中島 のコメント:

    黙っていましたが、やはり共産党つぶす独自の組織作るべきです。2ちゃんなどでは組織ができているようですが、表舞台の組織作るべきかと。このままだと日本が危ないと思います。正当な発言して脅迫受けて謝罪するような国はおかしいです。テロには屈しない立場で政治家・国民はあるべきです。

  50. Augusta のコメント:

    この犯人は、気に入らない議員がいたら、テロ脅迫した。
    そして、その脅迫行為に議会が同調したって事ですかね。
    ISISの日本人拉致に際し、ISISを非難せずに日本政府を攻撃
    していた連中がいますが、同じものを感じます。

    これを許したらテロが蔓延しますよ。

  51. 月光仮面 のコメント:

    あのーーーこれは 報道テロから始まったのでは無いでしょうか
    慰安婦は朝日の報道テロ 今回 西日本新聞ですか これが
    報道して それを 真実のように広める 名前や議会やその他
    いろんなとこで それを広めて旗印にして拡散して いつの間にか
    それを真実にしていく みなさん そうして日本を壊されてきたのです
    日本人は目を覚ますべきだと思いますよ 

    保守は結束するべきだと思います そして 報道の自由と嘘とを
    正す必要があると思うのです そのような機関を政府に要求する
    べきではないでしょうか。

  52. cat のコメント:

    こんなものを認めてしまえば

    相手の思うつぼ、じゃないか

    そういう幼稚な解決策をずっととってきたからこそ
    左翼をのさばらせる結果になったのに、まだわかっていない
    阿呆な日本人議員どもが多すぎる。

    戦うときには戦え。被害者に弱いものに、罪をかぶせるな

    その程度のことが出来なくて、なにが議員だよ!!

  53. 応援します のコメント:

    議会による言論弾圧で、憲法違反じゃないですか?

  54. ちび・むぎ・みみ・はな のコメント:

    テロを仕掛けられた方を避難するのは
    テロの助長行為であるのは世界的な
    コンセンサスになりつつあると思う.

    テロを宣言したものは国家転覆を図ったもの
    と考えられる. 議会で決が取られるほどに
    重要なものであれば, 当然, その様に考える
    のがこれからの流れだ.

    公安委員会と十分な連携を取られんことを
    望みます.

  55. 狸です のコメント:

    保守系の政治家ほどマッチポンプのような罠で潰されそうになりますね。
    (例:安倍さんや青山繁晴さん)

    このBlogを前から読んでいて、私は小坪さんの日本と日本人を大事にする心を信じています。

    今はとても苦しい状況でしょうが、必ず道は開けます! 私は小坪さんを応援しています!

  56. 恐れたら相手の思う壺です。 のコメント:

    謝る必要などどこにあるのか。
    脅迫してきた奴が悪いのであって、それを利用する共産党はさらに悪い。
    普通なら脅迫してきた奴を非難し捜査するよう警察に働きかけます。
    堂々としていればいいのです。

  57. 北九州市民 のコメント:

    初コメです。

    この件は間違いなく自作自演でしょう。
    左翼連中は、議員が屈するのを涎を垂らして待っています。

    皆さん、今こそ小坪議員を応援しましょう!
    我々の力が必要なのは、今この瞬間です!

  58. ネット保守 のコメント:

    これは議会がテロに屈したということでしょうか?
    議会が、公人がテロに屈するとなればこれはもう全国区の問題です、日本の問題です。
    人命尊重で超法的措置などという言い訳はいらない。
    よど号ハイジャックの失敗を忘れるな。

    小坪先生、応援します。
    ネットでお手伝いできることがあればなんでもいたします。
    みなさん共に戦いましょう!

  59. 波那 のコメント:

    政府には日本国民の生命の安全を守る義務が有ります。名称は変えられたようですが、テロ共謀罪の成立を急いで頂くよう政府にお願いします。この件で益々そう思いました。

    殆どの人は、99. 9999…%、テロを意図して話し合う為に集まる疑いを持たれるような行動をしません。何度も発議されては廃案にされて来たようですが、中国の日本侵略の脅威、北朝鮮の日本をまるで馬鹿にしたような相次ぐミサイル発射、国内の反日勢力の余りの多さに日本人の危機感が増しています。今までのように廃案にされたことを見過ごして来た日本人ではないのです。怒りの沸点は下がって来ています。東京オリンピックで沢山の海外の人を迎える為にも必要ではありませんか。

    自衛隊にも、このまま交戦権を持たせないでいいのですか。今の憲法下では攻撃されて日本人が殺されない限り自衛隊は動けないのですよ。ミサイルも撃ち上げた場所が把握出来て一発なら撃ち落とせても、撃ち上げ場所が移動したり連発で撃たれたら日本には全て撃ち落とせる能力はないと言われています。サヨクは口開いたら日本は戦争する国になると、よく言えますね。仕掛けて来られてるじゃありませんか。日本は余りにも準備が出来ていません。

    ただでさえ、二重国籍を隠していた議員を党首にする為の民進党の代表選の為に大事なことを審議する為の国会開催が延ばされています。野党の皆さんは国会での審議妨害行為は一切やめて下さいね。

  60. R.M のコメント:

    爆破予告も含めて全部グルでは?と思いました。

    仮に共産党議員を標的とした爆破予告があったとしたら(もし現実にあるならば、おそらく自作自演でしょうが)、共産党の市議会議員はどういう対応をとったでしょうか?
    その共産党議員を辞職させようとするでしょうか?
    脅迫という卑劣な手段を糾弾し、共産党の総力を挙げた独自の調査組織で自作自演ではない場合は犯人を探し出し、議員を守ることでしょう。

    この件は、彼らの恐るべき調査能力を持ってしても、小坪先生にはなんの落ち度も弱点もなかったということの証明であるような気もいたします。

    今後の旨味の大きな貧困ビジネスへの追求がよっぽど痛手だったのでしょうか?

  61. 生粋日本人 のコメント:

    小坪さんの書籍で在日特権を知りました。
    ブログ閉鎖はせずに事実の追及の為、ブログ継続を願います!!!

    腐れ共産党(朝鮮進駐軍)に負けてはならぬ!!!!!

    共産党は日本の敵だ!

    生粋日本人は国賊売国奴パージ(共産党追及)を実施せよ!!!!!

  62. 夏原亨 のコメント:

    爆弾予告事件の端緒となった、小坪さんの当該記事が最初に載ったIRONNAの編集方針について考えてみることにします。

    このサイトは産経新聞のものでありますが、その編集方針は本紙とは若干違うみたいですね。毎日新聞記者や読売新聞記者の記事もありますし、朝日新聞記者の記事(例:http://ironna.jp/article/887)まであります。それどころか有田芳生氏の記事が検索すると四つも出てきます。産経新聞社としては、両論を載せることで議論の土台を作る、あるいはリベラル側の読者をも産経新聞や正論の記事に誘導する、という狙いがあるのかもしれません。

    ところで小坪さんの当該記事には、「ヘイトスピーチ」というタグがついています。そこで同様にヘイトスピーチのタグのついている記事を検索すると24件ヒットします。その記事に関しても両論の立場の記事があります。

    反ヘイトに疑義を呈する立場からの記事はたとえば次のようなものです。

    「右翼」「排外主義」狂奔するレッテル貼り( http://ironna.jp/article/681
    これは月刊正論の小浜逸郎氏の記事からのものです。
    正義とは何か「反ヘイト」という名の差別( http://ironna.jp/theme/87
    全体としては賛否両論のまとめ記事ですが、最後に「安易な法規制は許されない」という産経記者安藤慶太氏による一文があります。本
    地震
    反対に反ヘイトの立場で書かれたものには次のものがあります。
    「ヘイトデマ」を流す輩は去れ!( http://ironna.jp/theme/538 )
    これも一応両論を載せたまとめ記事ですが、最後に白岩賢太というiRONNA編集長の手による次のような激烈な言葉があります。
    「今回の熊本地震でも、デマを流し嬉々とした輩の多くは匿名の書き込みだった。ネット社会にはびこる病理とはいえ、面白半分にデマを流して他者を貶める行為がいかに愚かであるか、本当に気づいていないのだろうか。だとしたら、彼らはもう「ヘイト(憎悪表現)」という名の現代病に侵された救いようのない人々である。」

    激しい怒りの表出です。小坪さんの記事はIRONNAによって一種の改竄をされたということですが、もしこのような考えの人物がその改竄に関わっていたとしたら、なぜわざわざ自らが反対する方向へ文章を改竄するのでしょうか。

    おそらくこの白岩という編集長は、とくに確固たる政治思想があるわけではなくて、全体の空気の中で右の極、左の極、とわけて、その中間に自分の身を置くことで、自らが正しいと考えているようなタイプの人ではないかと思います。もちろん、そういう人間も世の中には必要です。

    ところで同じヘイトスピーチのタグがついている次のような記事もあります。

    宮司がブログでヘイトスピーチ?( http://ironna.jp/article/679 )
    これはWEDGEからとった山本莉会というジャーナリストの記事で、タイトルには疑問符がついていますが、内容は、この宮司への批判です。つまり、この宮司のように、極端に走っては駄目だよ、ということが言いたいのでしょう。

    小坪さんの場合もこの宮司と同様に扱われたのではないでしょうか。つまり故意にタイトルなどを過激にすることによって、反面教師として使われたのだと思います。

    この記事を読んだ「公人のヘイトスピーチを許さない会」は、それを保守内部の割れと見て絶好の機会ととらえ、西日本新聞に小坪さんを批判する記事を発表したのかもしれません。
    しかし小坪さんは、それ以前にも記事を出してきたことやIRONNAを同じ保守の身内の側と考えた為でしょうか、そこの処を明確にする前に、まず反射的に西日本新聞の方を攻撃されました。しかし本来ならばまずIRONNAとの間で責任の所在を追及するべきだったのではなかったでしょうか。

    そのように個人的に考えたりしますが、著作権上の問題があるのかどうかはわかりませんが、小坪さんが御自分がもともと書いた文章をなぜか提示されていないこともあって、第三者としてはすべて想像の域を超えません。

    現在もIRONNAに載っている小坪さんの記事には重大な問題があると思います。具体的には次の箇所です。

    「まず結論から述べるが、「朝鮮人が井戸に毒を入れた」というデマが飛び交うことに対しては仕方がないという立場である。これは左派(いわゆる人権派)に対しての牽制というか、私のポジションを明示するものだ。 」

    もしこれが「朝鮮人を警戒するのは仕方がないという立場である」という表現なら理解できます。あるいはもっと積極的に「コミュニティーの内部の存在ではない朝鮮人などの外国人を警戒しよう」でも構いません。

    しかし公人としての立場を考えた時、上記の表現だけはいただけません。

    なぜならテロの示唆とも解釈できる表現となっているからです。ですからこの部分が今回の卑劣な爆破予告に対しても、一定の名分を与える結果になっていると思います。

    ですから上記のIRONNAの文章に関しては、「先方に編集権がある上、私自身がアップロードしたり改変する権限はそもそもない。そういう意味では抗議先すら違う。 」などと生ぬるいことを言っている場合ではなくて、一刻も早く手を打たれるべきだと思います。さもないと謝罪をして済む問題であるどころか、自民党議員がネット上のメディアに書いた記事として、さらに問題が大きくなり海外にまで大々的に拡散され、日本人全体の汚名となる事態も置きかねないと思います。

  63. 東京都56歳 のコメント:

    これが議会というもので、
    これが共産党というものであるのなら、
    「あ、そういう存在なのね」
    という理解をするしかない。

    猛烈な怒りにうち震えています。

    「テロはいけない。
     でも、
     そのテロを誘発する行為があったからで、
     その行為の主体者には、
     反省してほしいなあ。」

    そういう決議がなされたんですね。

    これを15年前の9.11に置き換えると、
    「9.11を招いたのは大統領なので」
    「米国大統領に反省を求めてた」
    そういうことになるのでしょうか?

    実にタイムリーで、
    なるほど、
    ヒラリーが倒れるわけです。

    この、共産党の考え方は、
    きっと、間違いなく、
    世界で理解されることは、
    決して、ないでしょう。

    あ、例外的に、
    テロリストたち、
    たとえば、
    ISの連中にはウエルカムかも。
    連合赤軍も・・・かな?

    あら、共産党に戻っちゃった。
    許せない存在です。

    罰があたるように、
    強く念じておきます。

    • 東京都56歳 のコメント:

      ところで・・・

      「・・・を求める」
      という決議に対して、
      「求められたことを理解する」

      反応するだけではダメなのでしょうか?

      「求めに応じる」のは
      求められているのでしょうか?

      「求めがあることを理解するが、
       求めには応じない」
      ということは、
      許されないのでしょうか?

      そもそも「求める」ことの根拠が、
      その事実関係も含めて、
      怪しいものだと言わざるを得ません。

      合法的な対抗手段は無いのでしょうか?

      このままで終わるのだとしたら、
      議会というものの存在意義が、
      議会というものへの信頼が、
      熊本地震並みに揺らぐと考えます。

  64. 大阪のおばちゃん のコメント:

    日本新聞協会の
    http://www.pressnet.or.jp/outline/ethics/

    新聞倫理綱領にも反する西日本新聞。

    時間ができたら「日本新聞協会」に苦情なりします。

    しかし、共産党ヘド。 公明も。

  65. 生野区民 2 のコメント:

    テロリストを支援してる市議会って頭がおかしいだろ
    ネットで拡散されて、行橋市議会はごみ溜めのような市議会だと言われている
    この状態を見たら、市議会など税金の無駄で必要ないと判断しないわけにはいけない
    市長は精神病患者なのですか?

    • Y.F(三重県民) のコメント:

      生野区民2様へ。

      私は精神疾患を持っています。何か差別されているみたいで気分が悪いです。当事者の心情もお察し頂けませんか?
      宜しくお願い致します。

  66. 北麓のじじい のコメント:

    記事をしっかり読んでいないかもしれないが、公人であろうと私見を発表するのに誰を憚ることはない。日本は言論の自由がある。発した私見が「ヘイト」があるからといって「市役所」にテロをすると脅すことが許されるはずもない。共産党やその同調者は頭がオカシイとしか言えない。テロに屈する「卑怯者」と言える。犯罪者に謝罪しろとはどんな理屈だ。こんな輩が市民を守ることなどできるはずもない辞職すべき。小坪議員は堂々と活動すべき。

  67. まりちゃん のコメント:

    小坪さん ここは残しておいて下さいね。
    コメント欄は勝手に増えます。 ランキングも勝手に増えます。
    日本人なら小坪さんの味方です。

    反日政党に屈したらダメです。

  68. お疲れ46 のコメント:

    びっくりしました。さすが共産&公明、うわべは弱者の味方、中身はテロ支援。行橋市民はこれからどんな対応をみせるのか?おそらく何もしないと思います。この決議が取り消されないことに10万円かけてもいいです。こんな市議ばかりがはびこっている行橋市、こんな市議を当選させている行橋市民のなかで孤軍奮闘している小坪議員の心が折れないか心配です。といっても私の住むまちの議会も恐らく似たり寄ったり。日本全国でこのような反日勢力が幅をきかせているんでしょうね。どうすればこのような勢力を弱めていけるのか、そろそろ真剣に考えないとやばいよね。他人ごとではありません。

  69. ネコ太郎 のコメント:

    これはひどい!!!
    犯罪者の味方をする議員が多数いるとは!!!
    信じられない!!!

    小坪さんが珍しく落ち込んで(あるいは落ち込んだふり)いるのももっともです。
    何にショックを受けたかと言えば、いくら左派とは言え、これほど堂々とテロリストの味方をする人間が議員を務めていることである。

  70. hb のコメント:

    少しだけ、書き込み失礼します。

    「懐かしい風」は背筋がうすら寒くなる表現と感じました。踏まなければよかったのに…。

    お身体、御自愛下さい。
    まだ日本は貴方を必要としてます。

  71. ピンバック: テロ脅迫付き言論弾圧がはじまった~小坪議員、処分 | | 待ち望むもの

  72. Blueflowers のコメント:

    ・産経デジタル/iRONNAの都合によって、意図しないタイトルが勝手に付けられた記事
    ・ここ数日に小坪慎也市議のYouTubeに投稿された3つの動画の全て(これは一時間を超える動画の中身も、しっかりと含まれます)
    ・今回の話題に関連性のある、小坪市議のブログの記事、3点ほど

    これらを注意深く精察した立場から申し上げて、私は小坪慎也市議を支持します。
    しかし、iRONNAへ、「記事の削除要請」“などのような”、抗議の問い合わせを行ったという証拠が見当たりませんので、それを提示していただけると助かります。
    ところで、既に5つほどの、まとめブログへは、声掛けを行い、先ほど完了いたしました。
    ありがとうございました。

  73. 巻線 のコメント:

    お疲れの中、ブログの更新お疲れ様です。
    いろいろ思うことはあると思います。心中お察しします。

    今回の爆破予告の犯人ももちろん許せませんが、これに便乗し、このような決議を出されたことに強い憤りを感じます。
    なぜそうなる?テロに屈したのか?と。
    爆破テロといえば共産党を連想してしまいます。この一連の流れは共産党のマッチポンプなんじゃないのか?…と思ってしまいます。

    なんと言うか…ものすごく呆れてしまいます。
    私は、小坪市議のブログを見て、国会議員や地方議員に対する見方が変わりました。
    でも思ってしまいます。全ての先生方の事を言うのではありませんが、日本の政治家のレベルはこんなものなのかと。貴方達の守るものは何なのだ?と。

    長くなってしまいましたね。
    最後に、私は小坪市議は何一つ間違ったことをしているとは思いません。堂々としていてください。行橋市にも、そして日本にも、貴方のような政治家が必要なのですから。

  74. 生野区民 2 のコメント:

    市民の会
    賛成:藤木巧一
    賛成:二保茂則
    賛成:鳥井田幸生
    賛成:大池啓勝
    賛成:工藤政宏
    賛成:瓦川由美
    賛成:西本国治
    市民の会ってウリはテロリストニダって言ってるようだwww

  75. のぶ のコメント:

    「謝罪及び必要な行動を自ら行うことを求めるものである。」

    って、行橋市(共産・公明)はテロされるの怖いからテロリスト相手に白旗というわけなのだろうか?
    地方議員の地位を陥れるようなことはやめてほしいもんだ。

  76. ふーりん のコメント:

    テロリストに便乗して公権力を行使する議員なんて怖いです。最早、自分たちが何をしてしまったのか理解できていないのでしょう。

    この議員たちはテロリストには毅然とした態度を取り、それとは別で小坪先生に言論を挑むべきでした。
    私自身、小坪先生に全面的に賛同する者ではありません。ですので反論がある場合には言論で小坪先生に意見したいと考えています。

    重ねて書きます。思思想信条とは関係ありません。公権力を持った議員がテロリズムに便乗することは民主主義の終わりを議員自ら目指すことを意味します。

  77. 生粋日本人 のコメント:

    ブログ閉鎖は反日に屈することになります!!

    周囲に迷惑掛ける?いいじゃないですかw

    日本人の美徳を悪用して日本を叩くのが狂産党です・・

    自制自粛戒めは、小坪さんが純粋な日本人に示すことであり
    アルかニダという支那人やコリアンに自制自粛戒めを見せる必要など無し!!!

    小坪さんがブログ閉鎖すると共産党を含む第三国人な朝鮮進駐軍子孫が喜びますw
    在日コリアン&反日日本人&共産党という日本の敵を歓喜させることを
    小坪さんが自ら行うのは愚行ですよ!

    迷惑掛けるのは仕事をしてる、仕事が出来る証明です!!!!!
    自身から進んで潰れることなく、日本の為に愛国を極めて生き延びて下さい。

  78. タカ派の麻酔科医 のコメント:

     行橋の共産党の市議会議員は、暴力や恫喝による言論弾圧を支持するということになります。憲法上保証された権利を平然と抑圧することになることが理解できない人間が、地方自治とはいえ政治の場にいるとはなんと恐ろしいことでしょう。
     憲法を守ることもできないならば、護憲とか9条守れとか言う資格はない。

  79. 旧新人類 のコメント:

    他のみなさんと同じく、この記事の最初のところを読んですぐ頭に浮かんだのは、「マッチポンプ」です。あるいはテロ便乗言論弾圧テロリズムです。もう常套手段と化しているので、こちらも条件反射になりつつあります(もちろん、逐一検証は必要ですが)。しかし、行橋市議会にはレギオンみたいな連中がいるんですね、ウヨウヨと数ばかり多くて。でも、大丈夫です。ガメラはレギオンを許さないから。日本人は普段おとなしいが、一旦腹をくくると噴火するのです。もう、始まっています。

  80. TRIM MARK のコメント:

    半島臭い爆破予告文といい、私怨丸出しの共産党市議といい、それを受け入れる市議会といい、とても愚かな生き物を目の当たりにしたような強い衝撃と憤りを感じます。
    まずは[市長へのご意見フォーム]から、抗議文を投稿しました。他にも当たってみようと思います。

  81. 生野区民 2 のコメント:

    共産党を撲滅するまで、戦いましょう共産党と朝鮮人のテロに屈してはいけません
    署名を初めて市長の議員辞職も求めたらどうかな?
    テロリスト市として、今日から有名になってしまった
    共産党の帰化人徳永と馬鹿市長のせいで

  82. 中島一人 のコメント:

    オバはんに好かれる髪型とメガネに変えたらどうや?

  83. サイタマ のコメント:

    犯人探し、背後関係の調査は警察にお任せするとして、
    我々にできる援護射撃もあるのでは?
    なにしろご本人は動けませんのでここにいる皆さんの出番です。

  84. まざる のコメント:

    これは、言論の自由に対する大きな侵害です。

    仮に
    「共産党の主張は、日本国民を守らない意見で気に入らないので、爆破する」
    と、予告があった場合、どうするのでしょうか。
    自ら謝罪をするのでしょうか。

    「テロの要求はのまない」が通常です。
    一度認めてしまえば、他の自治体でも同じようなことが起きてしまいます。
    自分の気に食わない意見があれば、議会を爆破予行すればいい。
    そうすれば、どっちのイデオロギーでもどんな内容でも、言論ではなく暴力をちらつ
    かせるのが有効となります。

    賛成に回った方々はそこまで考えてのことかわかりませんが、一自治体だけの問題で
    はないと思います。

  85. soramame のコメント:

    テロリストと共産党は連携が取れてますね。

    焦ってる?

  86. ピンバック: 【市役所爆破予告①】デマの容認など行っていない。爆破予告の脅迫は言論弾圧で、市民や市、議会に多大な影響を与え許せない。【メディアの責任】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  87. テロ指定共産党 のコメント:

    小坪しんや様。

    小坪議員が潰れて得をするのは?
    レッド・フラグで活動資金を稼ぐ方々です。
    身勝手な無差別テロ未遂の犯人を擁護し、責任を一個人へ。
    テロに屈指、市民を守る義務を放棄した市議員。

    脅迫者が愉快犯だと判っている対応の仕方。自作自演か共謀。

    小坪議員が騒げば、レッド・フラグの闇が表に顔を出し、世間の衆目となる。
    徳永克子共産党市議の緊急動議はやぶ蛇となり、提出したことを後悔。

    お心を大切に。

  88. 共産党は破防法適用 のコメント:

    まず10中8,9在日朝鮮人が犯人でしょうね。
    最近はシールズやしばき隊が公安監視対象になっていると知ってかなり荒れてるそうです。共産党など破防法適用が妥当だと思うのですがね。
    沖縄デモも取締がきつくなって行き場を失った工作員が小坪議員に向かった可能性も捨てきれない。
    しかしおかしな話です。普通「脅迫を受けた側を非難する」と言うのは頭がおかしいとしか・・・まあ共産党に所属してる時点でおかしい議員ですけど。

  89. まりちゃん のコメント:

    小坪さん、負けないで!!
    ブログを閉鎖させたい、活動をさせない、議員辞職をさせたい、が共産党と在日の連携
    いつもの日本人潰し
    自民党会派は小坪さんを守ったらどうか

    つくづくヘイトスピーチ対策法成立の恣意的解釈の弊害露わ

  90. るるる のコメント:

    今回は流石にアレなので…

    日本人は状況を言語化するのが苦手な民族だと言われています
    欧米ではまずstalkという単語がstalkerに変化して状況を説明する単語になりました
    それを日本が輸入してドラマ化され周知されました
    今ではストーカー被害といえば誰もが連想するワードです

    想像してみて欲しいのが、マルチ/マルチまがい/ネズミ講という単語を無しに
    被害者と思われる人間を説得する事です
    「2が4に… 4が8に…」「幹部のみが得をするシステム」「詐欺だ…何が詐欺かを説明するのが難しい」
    状況を完全に伝えることは難しく、その間にも詐欺の被害者が増えていくわけです

    若輩者の主観でしかないのですが、詐欺とは違いますが政治の世界もスピードが大切だと感じています
    このような話の論点を逸らして責任追及を行ったり、主張者を曲げさせる方法は政治の世界では、なんと呼ぶのでしょうか?
    一見遠回りに見えても状況の言語化やまとめは、似た様な手法を行ってくるライバルと戦ったり、後生の人間にとっても役立ちます

  91. すぎさん のコメント:

    人を陥れるための
    共産党議員とその仲間による自作自演にしかとれません。
    決議案ももうすでに用意されてたのでしょう。
    そんな事に気が付かず流された市議会議員たちはバカばっかりだ。
     
    脅迫者の思い通りの市議会議員たち 恥を知れ。

  92. ふぃくさー のコメント:

     いい歳をしてなかなか大人になれない自分にも情けなさを感じますが、もうそろそろ我慢も終わりにしていいんじゃないでしょうか。まだまだ少ないとはいえ、目覚めた日本人も相当数にのぼっており、今後は加速度的に増えていく段階だと思っています。このサイトは続けてほしいと思う反面、こんな負荷なんかほっぽり出して、思う存分戦いの時間に費やしてほしいと願う自分もいるんです。時は来てます。
     ところで、昨年成立したテロ三法、日本ではまだ適用例はないと思いますけども、もしも共産のマッチポンプだとしたら、初めての適用例になるかもしれないですね。犯罪資金提供防止法、さらには共産党へのテロ資金凍結法。後者にはテロリスト指定が必要かもしれませんが、公安監視対象だしやろうと思えば何とかなるのではないでしょうか。
     いずれにしても行橋市議会は情けない採択をしたものです。テロに屈した事例として日本中に拡散してしまうでしょう。

  93. ピンバック: 【びっくり速報】住民団体「ネットで韓国人ヘイトした議員を処分しろ」→行橋市議会「小坪議員は謝罪しろ」可決について

  94. 近畿在住の名無し のコメント:

    これただの爆破テロ予告事件ですよね。
    市民・国民に迷惑を及ぼすような意見の表明とありますが、
    迷惑を及ぼしているのは100%爆破テロ予告犯です。

    何故こんな決議案が採択されたのか、全く意味がわかりません。
    このようなテロに屈した決議案が採択された事で、
    著しく日本国民の品位が損なわれたという他ない。

    言いたいことは色々ありますが、一つだけ言うとするなら
    やっぱり共産党は***ですね。

    • 近畿在住の名無し のコメント:

      私のコメント訂正、爆破予告ではなく
          「さもなくば火の海に包まれるだろう。」
      ということですね。

      どことなく北○鮮をほうふつとさせる表現だと思いました

  95. ピンバック: テロ犯「小坪しんやはブログで辞意表明を行え!さもないと行橋市役所を爆破する!」→行橋市議会共産党議員らが発議「小坪慎也議員はテロ犯人に謝罪せよ!」→賛成多数で可決←???

  96. 大樹 のコメント:

    行橋市議会は、腐っている、次の選挙があるなら、
    不当な判断をした市議たちを落選させるのが、行橋市民の務めだろう!
    これが出来ないなら、行橋市民をうたがいます!!!

  97. ピンバック: 更新しないお知らせ⑦流浪人剣心の話 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  98. Skipp00 のコメント:

    皆、小坪さんの味方です。色々と大変でしょうが、絶対に屈しないでください。応援してます。

  99. ピンバック: 公開情報分析@行橋市役所爆破予告&脅迫を”受けた市議”に対する動議可決問題【議会動画文字起こし含む】 | 日本国益放送

  100. Kentyan のコメント:

    小坪さん、頑張ってください。
    共産党の不当な圧力に負けないでください。
    また、マスコミは信用できないので、用心してください。
    味方は大勢います。
    どうか健康に気を付けられて頑張ってください。

  101. ぱぴこ のコメント:

    時々ブログを拝見していたのですが、先日覗いてみたら
    脅迫電話が市役所に掛かってきたのは小坪氏の発言が原因だから謝罪せよ」という
    共産党のトンデモ動議と議会決議に唖然としました。
    もし小坪さんがなんらかの政党の所属なら、共産党はこんな動議したでしょうか。
    (こんなことしてるんじゃ共産党の支持者は増えるどころか、減ると思います)

    共産党議員の主張や言論弾圧のごとき動議は一地方の問題ではありません。
    余命さんのところでも取り上げられましたし、共産党のやらかしたことは全国的に拡散されてます。
    微力ながら私も遠くから応援してますが、何より地元には小坪さんを支持してくれた方々がいらっしゃるはずですね。どうかお気持ちを強く持って議員活動・情報発信を続けてください。

  102. ピンバック: 市役所爆破予告による言論弾圧。テロに屈した行橋市議会に対しての各会からのコメント【もはや議会の名に値しないと思ったらシェア】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  103. e2e2_1965 のコメント:

    詰まるところ小坪先生が邪魔だという点に置いて
    テロリストと教案党の利害が一致した。
    これ以上も以下も無いでしょう。

  104. ころな のコメント:

    テロの脅迫にあっさり屈する議会って(´・ω・`)
    でそれに便乗する議員って流れもね。
    やっぱり言っちゃ悪いけどテロ政党の共産党とろくでもない創価学会&公明党は破防法対象にしてしまったほうが良いね。
    アカもカルトもいりません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です