更新しないお知らせ?迷惑をかけること


 

 

本日の更新はありません。
当面、これが継続するかもしれません。

議員による政治活動、もしくは政党活動。
それが議員個人に帰結するものであり、議会・市役所とは切り分けて考えるものだ。
実際に事実であり、例えば政党人として振る舞う議員も多い。

正論ではあるが、それはそれ。
あまり迷惑をかけることは、心苦しくてならない。
(元来、楽天家の私が)どう見えるかはさておき、多大な影響を与えたことには、本当に申し訳ない。

仮にそれが目的であったとしても、迷惑をかけることは実際に苦しい。
動き方、判断、非常に迷う。
(決めてしまえば、その通りに腹を括るしかない。)

 

活動方針の「限定」、もしくは「一部政策の放棄」
または、Blog自体の閉鎖も含め検討に入っています。

今月中には何らかの結論を出すことになると思います。

 

 

 

↓応援クリックお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

祝・書籍化!
[amazonjs asin=”4792605474″ locale=”JP” title=”行橋市議会議員 小坪しんや”]


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

29 Responses to 更新しないお知らせ?迷惑をかけること

  1. medakanoon のコメント:

    更新しないお知らせ④迷惑をかけること 本日の更新はありません。 当面、これが継続するかもしれません。 議員による政治活動、もしくは政党活動。 それが議員個人に帰結するものであり、議会・市役所とは切り分けて

  2. 漫画喫茶店長 のコメント:

    一体何が起こっているのでしょうか・・・

    自治体、教委の件でしょうか
    それとも???

  3. 鳥海山たろう のコメント:

    小坪先生らしくない、歯切れの悪さに驚いておりますが、「察して欲しい」ということでしょうね。謹慎中ということでしょうか。

    もし見当はずれであれば恐縮ですが、左翼からの攻撃が激化してきたのなら、個人的には絶対に許せません。

    現在、左翼の言論の制空権はどんどん狭められています。

    原発一基を再開させることに対しては、それこそ左翼総動員で狂ったように攻撃しながらも、北朝鮮の危機迫る恐るべき大量破壊兵器に対しては、ほとんど形式的で表面的な批評だけでやり過ごして、ごまかすような、変態左翼の「頭のおかしさ」は、多くの国民によって、とうに見抜かれています。

    いったい日本の点検原発と、「日本を火の海にしてやる」と日本人の皆殺しを公言してきた北朝鮮の弾道ミサイルとくらべて、どちらの破壊力・殺傷力・放射能が危険なのですか。

    左翼がろくな反論をできるわけがありません。反論すればするほど、ただひたすら、日本をおとしめたがっているだけの反日コミュニティであることがばれていくだけです。

    そのため、左翼たちは、やり場のない不満と怒りを、あちこちにぶきまけて、スケープゴートにして勢力挽回をはかるに違いないと考えております。

    また過去の言葉をとらえて、鬼の首でもとったように延々と攻撃しつづける偏執性。
    これこそ変態左翼の特質です。

    これは、左翼が体制側でもつこうものなら、いかに恐怖の独善的な検閲社会になるかということを暗示しています。

    集団のなかでの吊し上げは、それこそ左翼の過激派の時代からの伝統芸です。
    また、どうやって恥をかかせるかということを考案し、そして、いかに弱点を狡猾につくかということにこだわります。
    (もし全然見当ちがいでありましたら失礼しました)

  4. 103 のコメント:

    今回はさすがに非常に驚いています、と共に市議の性格及び身体への負担を考えると「どのような判断を下されても受け入れる」覚悟をしたいと思っております。

    行橋市が好きで市議であるはずなのに、日本人として黙ってはおれない現状、国を蚕食する勢力に「あくまで丁寧に」真摯に対応されている市議の、本当は後を継ぎたく思っています。

    常に国を憂う人に対し警鐘を鳴らし、きちんと先を見据えた問題点(左翼は団結してやっている!等)は我々自身が根本的に考えていかなければならない所でしょう。

    こう書くとblog閉鎖を前提とした書き込みに見えますが、本心は「無くさないでほしい」のです。
    が、カテゴリの限定は致し方ないのかと思っています。

    先日獅子座なお女史が、「これからはきちんと各地方議員にロビー活動を行えるような状態にしたい」とニコ生で言っておられました、その通りだと思います。

    自分の意志を正しく陳情出来るよう、少し勉強方法を変えてみたいと考えています。

  5. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    なにがあろうと、ブログアップなさる限り、粛々と応援!いいね!をする覚悟でございます。と、いうことだけ、いいにまいりました。失礼します。

  6. ケンケン のコメント:

    新聞に載ってましたが、行橋市役所に爆破予告があったそうですね。

    ヘイト議員の文面もあったそうです。
    卑劣な反日左翼の仕業ですな。

    それだけ向こうも苦しいのでしょう。

  7. 散歩していました のコメント:

    推測です、左翼による9月7日の行橋市役所爆破テロ予告だと思います。
    市民生活や人命までお考えになっていると推測します。
    もし そうだとすれば 言論封じですねそれと同時にテロです
    日本で絶対にテロ封じができない事例だと思います。
    市役所どころか日本中が無防備だからです。

    • 散歩していました のコメント:

      日本中がこのことを見るべき、知るべきことだと思います
      真実が知りたいものです。
      そして テロ対策警察活動並びに防衛は今のままでは全くできていません
      日本中の皆様知るべきだと思います。

  8. 原因 のコメント:

    これが原因と思われます。

    署名第一次提出:1500筆超の署名を総務省人権擁護局・行橋市議会に届けました!

    ARIC関西
    2016年4月28日 ?  ご賛同ありがとうございます。
     反レイシズム情報センター(ARIC)関西です。

     キャンペーン「「朝鮮人が井戸に毒を投げた」というヘイトスピーチを即刻否定するとともに、ヘイトスピーチを公然と擁護し人種差別撤廃条約第四条(c)に違反する小坪慎也市議に厳正な対処をしてください!」に、1500筆を超える署名をいただいています!ご協力ありがとうございます。

     このたび、ARIC関西は、24日までに皆様からお寄せいただいた1518筆の署名を、26日付でそれぞれ総務省人権擁護局・行橋市議会に届けました。遅くとも28日には届くはずです。

     今回の小坪氏によるヘイトスピーチ(差別扇動)は、熊本震災の最中に、レイシズム暴力を煽動する極めて悪質なものであり、これを国や自治体が放置することは明確な人種差別撤廃条約違反にあたります。
    政治家によるヘイトスピーチは、より強くレイシズム(人種・民族差別)を正当化し、より強い扇動効果を持ちます。これに厳正な対処をしなければ、日本は現職の極右政治家によるレイシズム煽動を許容することになり、社会でのレイシズム暴力を増大させ、最悪の事態さえ招きかねません。民族虐殺事件を再び起こしてしまうかもしれません。そうならないためにも、私たちは国・自治体に人種差別撤廃条約の義務を即時履行することを求めます。

     ヘイトスピーチが放置されることは、人権侵害であるだけでなく、被災地での救援活動・復興活動にとって弊害となります。被災地外でできる支援の一つとして、ぜひ、小坪氏等のヘイトスピーチへの対処にご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上げます。
     その方法の一つとして、ぜひSNS等でこのキャンペーンのご拡散にご協力ください。
     また、ヘイトスピーチ法案の審議も進展しています。しかし、現行の与党法案には重大な欠陥があります(詳しくはARIC声明:http://antiracism-info.com/archives/782)。こちらについてもご注目をお願い申し上げます。

    • 波那 のコメント:

      ウワァ、酷い?刑法の可視化法案とバーターで成立させた、あのヘイト法の成立以来、パヨクと在日の保守への言論封じが、まるで鬼の首取ったかのごとく、まるで自分達こそが、この国の正義だと言わんばかりの小躍り状態です。一体、日本は誰の為の国か?国体の屋台骨の足場を破壊して全体を崩壊させ、自分達こそがこの国を牛耳ってやると意欲で沸いている状況にさせてしまったようですね、先生。

      法務省の恥知らず!好きなように解釈し始めて何でも、俺達がヘイトだと言ってるんだからヘイトな!と言い出すの分かっていたことでしょうに!!

  9. 芹沢 のコメント:

    毎日新聞によると、件のエセ人権団体が小坪市議を提訴した模様。
    お察ししますし、支持しています。

  10. ケンケン のコメント:

    いや、原因氏のいう要素は違うと思いますよ。
    やはり市役所への爆破テロ予告が原因でしょう。

    原因氏の正体も怪しいものです。

    • 原因 のコメント:

      私は自称ネトウヨですが、この要素はきっかけだと思います。
      元々、小坪市議を潰そうとする勢力に利用されただけで小坪市議が投稿している「朝鮮人が井戸に毒を投げた」の全文を読んでもヘイトスピーチは有りません。

      他の方も言っているように、保守の政治家は独りで戦っている事に限界が感じられ、保守の連携や情報の拡散方法(マスコミは敵に成って居る。)を深く考えねばと考えています。

  11. これですね? のコメント:

    ヘイトスピーチを武器にする勢力に狩られつつあるということでしょうか。

    公人のヘイトスピーチを許さない会
    小坪市議に処分を 行橋市議会に陳情 /福岡
    http://mainichi.jp/articles/20160907/ddl/k40/040/496000c
    毎日新聞2016年9月7日 地方版 社会一般 福岡県

     福岡市などの住民団体「公人のヘイトスピーチを許さない会」(花房俊雄さんら共同代表3人)が「インターネット上で韓国人への差別的言動があった」などとして6日、行橋市の小坪慎也市議(37)=2期目、無所属=の処分などを求める陳情書を諫山直・市議会議長宛てに提出した。

     陳情書によると、4月の熊本地震発生後、ネット上に「朝鮮人が井戸に毒を投げ込んだ」などのデマが流れた。小坪市議はこの直後、あるサイトに「『朝鮮人が井戸に毒』に大騒ぎするネトウヨとブサヨどもに言いたい」とし「デマが飛び交うのは仕方ないという立場」などと記述。住民団体は「不当な差別的言動で、市議としての資格が疑われる」などとし、市議会で小坪市議の謝罪などを決議するよう求めた。

     住民団体は5月、小坪市議に謝罪などを求める勧告を出すよう県弁護士会への申し立てもしている。小坪市議は「サイトには意図と異なる見出しがあり、デマは容認していない。私は記者会見で事実関係を述べ、誤った報道をした会社については県弁護士会に人権侵害を訴えるなどしている」と反論している。【荒木俊雄】

    〔京築版〕

  12. 異国より のコメント:

    とうとうバカのくせに卑劣な糞パヨク共が反撃開始ですか。おまえらこそ北か西の楽園に出て行け!!!

    市議は当然とっくにご存知と思いますが、老婆心までに保守系裁判援助団体について貼っておきます↓
    http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/

    真っ先に在特系の桜井氏の名があるので、市議は速攻で閉じたくなるページかもしれませんが、行動する保守界隈と親和性が高いものの、保守の裁判はよろず援助。ということですから、いよいよお困りの際はご利用もご一考下さい。

  13. 異国より のコメント:

    でもここで負けたら敵の思う壷、こうやってチョン支那アカカルトは真っ当な日本人が折れるまで嫌がらせしてゴネ通して来たんですよね。その結果が、コレです。

  14. ケンケン のコメント:

    あまり汚い言葉遣いをすると、小坪議員に迷惑がかかるだけですので控えましょう。
    気持ちは理解できますが、お願い致します。

    • 異国より のコメント:

      済みません。

      これまで市議は何かと動いて下さって過労で病気になるまで働いてこられて、ひとえに若者やお子さん世代に住みよい社会を残そうと頑張って来られた市議にもっと頑張れ、とかブログ閉じないで!と書く権利がないのも重々承知しております。

  15. まこと のコメント:

    異国様

    貴方が貼った保守系裁判援助団体リンクは推奨できません。
    同一文による大量官邸メール送信を誘導する、ある似非保守ブログが立ち上げた団体です。

    小坪氏は8月5日付けの自身のブログでこう述べています。
    https://samurai20.jp/2016/08/comedian-with-harm/

     『 党本部に電話を!とは、煽りたくなかった
      おかしな方も出てきてしまうように思うし、そちらも怖い。
      ゆえに「丁寧に」という部分に特化して、事前の説明を加えることをお許し頂き  たい。

      また、ツール等でスパム的に送信された場合、窓口自体が事実上、なくなる。そ  れはやめて欲しい。
      例を挙げれば、同一文面が送信されまくった官邸メールは、すでに人力では確認  すら不可能なはずで、有効であったはずの窓口を喪失する結果となった。

      業務負荷を過大としてしまう可能性もあり、その点も配慮をお願いする。』

    小坪氏はこう苦言を呈したにも関らず、その似非ブログは今も、「同一文による
    大量官邸メール送信」を、読者に誘導し続けています。

    ご存知ないのですか?
    貴方もその似非ブログの読者なのなら、小坪氏の憂慮を否定するものでしかありませんし、自民党官邸にとっても国民にとっても大迷惑な行為です。

    その似非ブログが立ち上げの一旦を担っている以上、その団体に小坪氏を引き込む
    のは愚行です。やめて下さい。

  16. 巻線 のコメント:

    一体なにがあったのでしょうか?
    やはり、爆破予告事件と関係しているのでしょうか?
    心配しております。

    本心としてはブログは続けてほしいと願っております。が、やはりご自身やご家族、市民や職員の安全を考えると難しいのかと思っております。
    どのような判断でも市議を支持します。

  17. 波那 のコメント:

    これって、ネトウヨ、ブサヨとまるで先生が発言したみたいな記事書いた西日本新聞から始まったことなんでしょう?先生は即、西日本新聞の人権侵害として告発されましたよね。その後、西日本新聞はどう反応して来たのですか?「人権団体」とか言うのに記事を利用させることになっている、自分達がやった人権侵害については言うことはないの?それとも自分達の書いた捏造記事について責任は放棄したままですか?この状況に持ち込む為の役目は果たした、よし!と思っていますか?そう思っていてよろしいのでしょうか?

  18. 月光仮面 のコメント:

    保守の政治家は独りで戦っているのが 気になっています

  19. JL のコメント:

    今までいろんなヘイトとかに関しては戦ってきましたからね。
    今回は次元が違う話ということで、更新しないのでしょう。

    実際に爆破予告やった輩はさっさと逮捕しましょうね。
    あと、これをRTして広めましょう。

  20. 旧新人類 のコメント:

    テロ予告は、単なる嫌がらせか本格的なレベルのものかはわかりませんが、トレースできたらいいですね。でも、今の日本は行橋市だけでなく、どこで何が起こるかわからない時代に入ったと思います。大体、このままだといつ北朝鮮から核ミサイルが飛んでくるかわからないという話ではないですか。だから、もっと早く問題の根を絶っておけばよかったのに、と非常に悔やまれます。カエルの楽園そのものですね。

    とにかく、ブログの運命とは別途、第2ステージに突入したということで了解いたしました。オープンソースもいいけれど、身を守ることも含めて、これからも理系の頭脳を生かしたさらなる高等戦術で戦ってください。引き続き応援いたします。

  21. ハリマオ のコメント:

    ミサイルは北朝鮮だけですか 違いますよね 中国はもっとたくさん
    ミサイルを日本に照準を合わせていることを忘れたはいけないと思うのです
    でも 市役所を爆破するというテロがあったことは間違いのない事実ですね
    国民はこれおも見逃してはいけないと思うのです 今 日本が平和であるか
    無いか 日本人の曲がり角ではないでしょうか だから 小坪先生をたたくのです
    これは 見逃してはいけないと思います

  22. madmatsu のコメント:

    何かを成し遂げるには何かを犠牲にせざるを得ない。
    今日の小の安寧のために初志を捨てるか、明日の大の幸福のために貫徹するか,
    凡ならざる身の葛藤如何ばかりか。。。
    先生の意思,信念を引き継ぐものはすでに芽吹いてきています。
    己の信ずるままにお進みください。

  23. 中島一人 のコメント:

    死ぬ死ぬ詐欺もみっともないけれど、貴兄の才能も勿体ない。
    政治家としての器の見せどころです。
    応援しています。

  24. Syamato のコメント:

    そうでしたか、小坪市議のお考えのままに無理されなくていいと思います。
    保守の活動を大きくすると攻撃されるのは目に見えてるし
    そもそも保守系は孤軍奮闘してて矢面にたって相当きつい面あったと思います
    無理されないで下さい。

  25. 漫画喫茶店長 のコメント:

    「この命 どう使う」 錦織圭が12歳で書いたこの言葉が
    ここ数日私の心を捉えて離しません
    私の、たぶん残り少ないであろう、この本当に安くて小さい命の使い道を
    今真剣に考えているところです
    出来る事なら小坪さんと共に戦いたい、少しでも力になりたいのですが
    商売をやめても生活できる資金が調達でき、従業員の再就職を見届け、人並みに健康な体を取り戻すことができればという、ほぼ不可能な前提があります

    ただ、現在私はスマホも持たずブログもツイッターもやっていませんが
    かなりセンセーショナルなネタは相当に持っているのではないかと思ってます(私の中では)
    裏取りを証明しづらい個人の経験がメインですけど、普通の人はめったに体験していないであろうネタです
    主な項目は、メディア、宗教、震災、地方議員、マンション問題、登記簿、金融、人権問題、漫画です
    うまく炎上させることが出来れば、少しは戦力になれるかもしれませんが、
    足を引っ張ることにもなりかねないのが難しいところです

    とまれ、小坪さんの状況が把握できなければ、具体的な手段を考えることすらできません
    イザとなったら休みをとってボロ車で行橋まで大好物の魚を食べに行くつもりでおります
    場所は木原副大臣の秘書さんに聞きます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください