【石原伸晃の罪②】辞意を表明したのみで、辞任は「まだ」してない。前提条件は、小池氏らの処分


 

 

ネットまでもが「簡単な詭弁」に踊らされており、驚くばかり。
「都連会長を辞任」したと認識している方が多いが、それは誤りだ。

「辞意を表明した」と、「辞任した」は違う。
現在も都連会長のままであり、「辞めようと思う」と述べたに過ぎない。
「辞めた」ではない。

無論、大きく報じられていることもあり、周知されていくことで「外堀は埋まる」のだ。
注目が高ければ、ゆくゆくはそうなるだろう。
今回に限っては、辞任以外の道はないように思う。外堀が埋まっている。

だが、しかし。
辞任の条件と言いますか、辞意を表明したものの、
「特定条件」を前提として述べている。

前提条件)
実際に辞任するのは小池氏や小池氏を応援した議員の処分を決めてから。

時期)
(関係者)「お盆明けからは新体制だ」といったん問題をクールダウンして、来年の都議選に向けて再始動する方針

記事の読み方というよりも、保身に走る石原都連会長の「弁」を振り返ってみたい。
かつ「どうすれば本当に辞めさせられるか」を書きました。

 

関連
【石原伸晃の罪①】上官殺しの大罪人、野党自民を支えた谷垣総裁の功績【4年前の総裁選】

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
13924911_1117855784951971_193772962412944349_n

 

 

 

 

辞任は「まだ」していない。
報道をご覧頂きたい。
メディアをそのまま信じることは避けたいが、各紙の書き方には微小なズレがある。

「石原、辞任」で切った表題が多いためで、あたかも「辞任が完了した」かのようである。
私は【外堀を埋めてしまいたい】と思ったいるゆえ、それらの見出しについても批判しない。
政治判断というものだ。

では、そのあたりについてのニュアンスを、かなり詳しく触れている報道もあるのだが、
そちらをじっくりとご覧頂きたい。

 

赤・ガラス
小池百合子氏に東京都知事選で増田寛也氏を推して大敗を喫した自民党の東京都連が幹部会合を開きました。石原会長はすでに責任を取って辞任する意向を示していましたが、“都議会のドン”とも呼ばれる内田幹事長はどう対応するのでしょうか。

 

 (政治部・澤井尚子記者報告)
 都連の幹部会議は予定時間を超えて続いていましたが、4日午前に終わりました。石原会長や内田幹事長をはじめとする幹部5人が辞任する意向を示したということです。会議の出席者によりますと、実際に辞任するのは小池氏や小池氏を応援した議員の処分を決めてからだということです。

 

13892146_1117810891623127_6563897446204085967_n (1)

 

また、ある自民党職員によりますと、石原会長が都知事選は「党本部マターだ」とけがで入院中の谷垣前幹事長に責任を押し付けたことについて、たくさんの苦情が寄せられているといいます。

13891937_1117812864956263_1626560605910319061_n (1)

13906918_1117812028289680_8442929321214042860_n

 

こうした混乱を受けて、幹部はいったん総退陣してけじめを付ける方針を決めました。ある都連幹部は「お盆明けからは新体制だ」といったん問題をクールダウンして、来年の都議選に向けて再始動する方針です。

 

http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_politics/articles/000080647.html

 

 


 

 

何点か注釈を入れておく。
この報道にしても昨日のものであり、抗議がガンガン継続されている今、「状況は変化しつつある」ことを述べておく。
また、5日(本日)付けで「都連会長らの辞任」が了承されるという話も出ている。

その上で、少なくとも昨日の会合の時点では、
「辞任はするつもり」と意向は示したが、時期については「小池氏・及び支援者の処分を決めてから」と考えていたわけだ。
時期についても、少し先延ばししてクールダウン後、盆明けのあたりを狙おうとしていた模様。

 

現在は「谷垣(前)総裁の件」の抗議が凄まじいようで、状況は変化しつつある。
私はそう認識しているし、報道の語尾の端々にも変化が見られる。

 

だが、油断していいわけではない。
完全に辞任するまで、絶対に手を緩めるな。

恐らく小池氏・小池氏を支援した議員の処分も「どうでもいい」はずだ。
単に都連会長の辞任を先延ばししたり、回避するために設定した前提と認識。

撃つべきは「都連会長として不適格、辞任は必須、条件など付けなくていい」である。

 

 

 

石原伸晃は嘘つき
ほぉ、と思った。
私の記憶中枢に問題があるのか、もしくは幻覚でも見たのか。

世の中には面白い政治芸人がいるものだ、と苦笑してしまった。
これが要職にある大臣というのだから笑えるばかり、
お笑い国家、日本である。

内閣とは、首相及び閣僚(大臣)らで構成されるわけだが、
安倍内閣も「こんなバカ」を置くとは、ボケにでも走ったのか?
とは言え、私とは笑いのセンスが異なるようだ。

 

13882302_1117364928334390_2644694733629504053_n

 

 

言ったのか、言ってないのか。
ご覧頂きたい。

13912583_1117807924956757_8609818849150656057_n

 

キャプチャーだけでは、信じられない方もいるだろう。
該当部分のみ抽出した、僅か30秒だ。
非常に不愉快な気持ちにさせられるだろうが、ご覧頂きたい。

石原伸晃は、政治家だそうだ。
病床の谷垣(元)総裁に吐いた言葉、
この言葉、一生、おまえについてまわる。
忘れるな。

 

 

 

結論になるが、石原伸晃は嘘つきだ!

 

 

b0c31173

 

無理です、明るくなれません。

 

貴方の辞任がないと、明るくなれません。

 

大臣もやめてください。

 

 

 

小池知事を守りながら、石原伸晃を辞めさせる方法
何の混乱を受けて、こうした動きとなったのか。
まず、その要因を知らねばならない。

実は「辞任の要因」というのは、単に都知事選の混乱のみではないように思う。
この点は着眼点としてしっかり持っておきたい。
無論、保守分裂選挙となってしまったゆえ、都連会長の責任は重たい。

だが、致命傷になったのは「谷垣幹事長」に責任を擦り付けようとした点である。
これは間違いない、私はそう考えている。
私の心に火をつけたのは、これです。

昨日も再三に渡って書いたが、ネット以前の問題として、リアルの政治の現場においても、
無論、党本部においても同様だと思うが、「谷垣(前)総裁」の功績を評価する者は多い。
苦しい野党時代を戦い、我々を勝利に導いた指揮官だ、尊敬されぬわけがない。

新たなネットユーザーたちが想像もできないほどの尊敬を集めている。
これは事実として受け入れて頂きたい。

 

特に「影の男になる」発言の、最後の挨拶は伝説である。
政権奪還の前夜、党が割れるわけにはいかない。支持者同士が喧嘩するわけにもいかない。

谷垣「総裁」を支えるはずの立場であった、石原「幹事長」が後ろから撃ったのだ。
総選挙での勝利は確実視されており、総裁続投=首相就任という状況であった。

谷垣さんは、本来であれば、文句を言ってもよかったのだ。
だけど、それをしなかった。
一兵卒として、と。
何より政権奪還に向けて一致団結せよ、と述べた。

人気が出ないわけが、ないだろう?
支え続けたい、守り続けたいと願う者がいても不思議ではないだろう?

これが「政治の現場」での認識であります。
そして裏切り者の石原「幹事長」を、狙い続ける者たちが誕生した。
その場はぐっと抑えたのだが、耐えて耐えて、それは恨みに変わってしまった。

 

 

さて。
小池知事を守りながら、石原伸晃を辞めさせる方法、である。

報道の中に答えが書いてある。
迷惑をかけそうなので、敢えてBlogでは書かなかった点である。

ご覧頂きたい。

 

 

13891937_1117812864956263_1626560605910319061_n (1)

13906918_1117812028289680_8442929321214042860_n

 

 

都連に電話して抗議しても、トップは石原伸晃である。
都連の幹事長は、内田都議である。
効果は余り期待できない。
というか、届くのだろうか、意見は。
そういうレベルで疑っている。

 

都連に打撃を与えた有効打は「自民党 党本部」に抗議をしたこと。

皆様が意見を伝える相手は、都連ではない。
党本部だ。

 

 

 

心を込めて。
党本部に電話を!とは、煽りたくなかった。
おかしな方も出てきてしまうように思うし、そちらも怖い。
ゆえに「丁寧に」という部分に特化して、事前の説明を加えることをお許し頂きたい。

また、ツール等でスパム的に送信された場合、窓口自体が事実上、なくなる。それはやめて欲しい。
例を挙げれば、同一文面が送信されまくった官邸メールは、すでに人力では確認すら不可能なはずで、有効であったはずの窓口を喪失する結果となった。

業務負荷を過大としてしまう可能性もあり、その点も配慮をお願いする。

 

①党本部が悪いわけではない。
心を込めて、丁寧に。
礼儀をもった、真摯な意見を届けましょう。

②敵ではありません。
「野党自民を支え、立て直した」谷垣総裁に対し、非常に敬意をもっている職員さんも多いはずです。
同じ土俵の、同じ思いの方が相手だと思って電話しましょう。

③都連とは違います。
47都道府県連があり、それを統括するのが党本部です。
「都連=党本部」と勘違いしたり、混同して話すのはやめてください。失礼です。

④なんでもは、できない。
規模的には大きなものではなく(発言力も無敵ではなく)、48個目の県連などと揶揄される場合もある。
無理は言わないでください。意見は伝えることはできますが、回答を求めることは難しいと思います。(相手は職員さんだと思います。)

 

電話をする前に、もう一度、谷垣総裁の最後の挨拶を聴いてから、その上で電話しましょう。

我々が愛した自民。
きっと、貴方が心に何かを宿した時代。
いま現場を支える多くの保守系議員が、心に何かを宿した時代。

その時代を創り上げた立役者、
民主党政権と戦い、見事に政権を奪還するに、99里を歩み続けた男。

私たちの、総司令官。
総裁となりながら、総理になれなかった悲運のリーダー。
その最後の挨拶を紹介する。

 

 

▼伝えるべきこと。
自ら考え、ご自身の意見を伝えてください。
その上で、参考までに「私ならこれを言いたい」ということを書いておきます。

野党自民を支え、政権奪還を果たしてくださった谷垣総裁。
これを引き摺り降ろす結果となった、4年前の総裁選が悔しくてなりません。
谷垣さんの最後の挨拶にて、一致団結して政権奪還を!とありましたので、
あのタイミングでは、悔しくとも耐え忍ぶ道を選びました。
それが最後の挨拶でしたから。

だけれども、幹事長に起用してもらっていた石原氏の動きは、支持者として容認できるものではありません。
政治のことでありますから、個々のタイミングでの、議員それぞれの判断というものはございましょう。

ですが、一人の支援者として、厳しい野党時代を共に戦った個人として、自民党党本部に対して伝えたいことがございます。
政権奪還に至るまでの道のり、安倍政権の設立を喜ぶと同時に、谷垣総裁への感謝の思いを忘れた日はございません。

最後になりますが、「一地方組織」に過ぎぬはずの、都連の暴走はいかがなものでしょうか。
あまつさえ、病床に臥し重態との話もある谷垣幹事長に、またしても責任をおっかぶせようとしました。

あの日、4年前の総裁選、
支える立場であったはずの石原幹事長が、起用してくださった谷垣総裁を、
私たちの谷垣総裁を、後ろから撃った日のことを忘れた日はございません。

石原氏が大臣を留任したことにも抗議いたします。
支援者の声としてお伝えください。

小池知事・及び支援した議員の処分などと「地方組織のトップ」が騒いでおりますが、
全国の自民党支持者から、自民党全体が白眼視されつつある現状について、非常に憂いております。
何卒、石原都連会長の早期辞任を、場合によっては更迭を強く求めます。

今後とも自由民主党の反映と発展をご祈念いたしまして、意見に代えさせて頂きます。

 

自由民主党本部:
〒100-8910 東京都千代田区永田町1-11-23:
[TEL]03-3581-6211
[FAX]03-5511-8855
ご意見・ご質問(メールフォーム)
(※1 電話番号は代表電話です。用件を伝え、まわしてもらってください。)
(※2 非常に多忙な方々です。端的にまとめて、すぐに切りましょう。)
(※3 FAXでも良いと思います。暴言などはやめてください。都連と党本部は違います。)
(※4 メールフォームは、リンク先の中ほどをクリックするとフォームに遷移します。)

 

私は、電話しました。
無理にしてくれとも言いませんし、むしろ本当は推奨すべきこととは思っておりません。
ですが、声を届けたい方は、邪魔にならぬ程度に、支援者としての思いを伝えてあげてください。
谷垣総裁のために。

 

電話できない、FAXも怖い。
メールもどう考えていいかわからない、
そういう方は、このエントリをシェアしたりTwitterで伝えて行ってください。

 

関連
【石原伸晃の罪①】上官殺しの大罪人、野党自民を支えた谷垣総裁の功績【4年前の総裁選】

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【石原伸晃の罪②】辞意を表明したのみで、辞任は「まだ」してない。前提条件は、小池氏らの処分 への18件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【石原伸晃の罪②】辞意を表明したのみで、辞任は「まだ」してない。前提条件は、小池氏らの処分 ネットまでもが「簡単な詭弁」に踊らされており、驚くばかり。 「都連会長を辞任」したと認識している方が多いが、そ

  2. 波那 のコメント:

    小池百合子都知事と面会「撃ち方やめだ」
    自民党二階俊博幹事長ぶら下がり詳報2016.8.4 14:05
    
     自民党の二階俊博幹事長は4日、東京都知事選で党推薦候補を破った小池百合子知事の表敬訪問を受けた。党内には小池氏の処分を求める声があるが、二階氏は記者団に「都民の審判が下った。撃ち方やめだ。小池都政に積極的に協力していきたい」と述べ、小池氏を支援した国会・地方議員も含め処分に慎重な考えを示した。二階氏と記者団のやり取りの詳報は次の通り。
    --小池氏とはどのようなやり取りをしたのか

    「知事が就任のごあいさつにお見えになったので、そのごあいさつを受けて、しっかり頑張ってくださいということです」

    --二階氏からはどのような言葉をかけたか

    「しっかり頑張ってください、と。私は選挙のことは選挙のこと、東京都民の皆さんの審判が下ったわけですから、今後、このことを出発点にしてわれわれは政治的なことを考えていかなきゃいけない。しかし、まあいろんな戦いをやりますとわだかまりもあるでしょうが、そこらはみんな大人なんだから、18歳以上はみんな大人なんだから、みんなでこれからやりましょう、ということです」

    「私が申し上げている裏にはね、もう撃ち方はやめで、これからの世界の中の東京というんですから、世界の中の東京らしくやっていくためには新知事には大きな期待とともに、このやらなきゃならない責任があるわけですが、われわれも自民党としては東京都に対してこれからどう対処していくかは、おのずと考えればわかることですから、しっかり協力していかなければならないと思っています。しかし選挙ですから、いきさつがありますから、東京都連の方でいろいろこれから検討なさるだろうから、そこらはそこらのこととして、これから新しく誕生された小池都政に対してわれわれも積極的に協力していきたい。このように思っています」

    --二階氏としては、小池氏の処分は面会を受けてやめるのか

    「そんなことはないよ。朝から会ったからと言って、初めからそんなことを。できるだけ時間をおいて考えるべきだということというのでお分かりでしょう。選挙の後、自民党が次々処分していったらどうするんですか。都民の審判が下ったんだから、そのことを柱にして物事を考えていけば、おのずからまた解決の道もあるだろう。しかし少し時間をかけなきゃだめですよ」

  3. 波那 のコメント:

    --二階氏が面会を受け入れて、小池氏も感謝していた。都知事選で小池氏を応援した若狭勝衆院議員や地元区議の処分は

    「まあ自民党も大きな組織ですから、東京都連のご判断があるわけですから、そこらを見据えてやっていく。選挙が行われて、私は昨日の朝、幹事長になったばかりだから、処分なんとかとかはそこまで考えておりませんが、私はあんまり選挙終わってから、いちいち処分しているのはね、それに向かってというか、われわれはもっと東京都政、最近のところではオリンピックをどう成功させるか。それがありますから、それにお互いどういう対応をとっていったらいいのかというのは、分かるわけですから、少し頭を冷やす機会がほしい。小池知事からは、東京都は観光で頑張っていかなきゃいけないと。そのために協力してもらいたいという話がありましたから、それは当然のことだと思います。東京というか、日本もそうだけどそういうところを動かしていくためには、東京の知事の協力、これも大事なことですよね」

    PR
    「しかし与党であるというか、大多数を占めている東京都議会議員の皆さん、その背後にいる支持者の皆さん、これは多くの支持者を有しているわけですから、これは十分に慎重に、あんまりかっかしないで、少し頭を冷やしたほうがいいと思います」

  4. ハナミズキ のコメント:

    こんにちは。
    前のこともあり、なでしこりんのブログでは捏造をチェックしています。

    なでしこりんの8/5の記事から引用です。
    有田ヨシフ「桜井は泡沫」。桜井候補と有田の東京での得票を比べてみた。すると驚愕の事実が!

    外国人参政権賛成の白 真勲国会議員の後援が 民団、立正佼成会 とあります。
    そこでwikiで立正佼成会を調べてみました。
    最近では継続して現在の民進党 白 真勲と蓮舫も応援し、
    2013年の参院選で小池都知事を応援していた自民党の若狭勝議員も応援しています。

    与党になった公明党との対立から民進党支持となっているようです。
    若狭勝議員の風貌に違和感を持ったこともあり調べたのですが、
    常にバックを調べることは重要ですね。

  5. psychicer のコメント:

    何を勘違いしてるんだこいつ? なぜ小池都知事や関係者がお前と道連れにならにゃならんのだ?

  6. 一郎 のコメント:

    自民党本部にメールしました。

  7. 大阪のおばちゃん のコメント:

    石原良純氏がテレビで鳥越氏を支持したんだから
    家族の石原伸晃氏は「除名」ですよね?

    「石原伸晃氏は除名」との意見を自民党HPに意見してます。

  8. ふぃくさー のコメント:

    え? 安倍首相の除名はどうなるの?
    小池さんを応援したみたいですけど?

    • 福岡選挙区 のコメント:

      安倍さんは増田氏を応援するビデオを出してましたけど?
      都連からの依頼らしいですが、立場を考えられて行動されてましたよね。

  9. 月光仮面 のコメント:

    まーーーいじめっ子ですね このような方は 人はいじめるけど
    自分がいじめられそうになると 友達が悪いと言うのですよね
    まーーーこんなやつ 家族でもなくて 友達でもなくて
    同じ部屋に居なくて あーーーーーー良かった 
    そんなことより また 領海侵入しやがった そして スパイと言って
    日本人を拘束しやがった 中国は日本の敵だーーーーー
    中国人が言った言葉ですが 中国人を信用したらいけないよと
    ある大学の 助教授でしたが言っていました 常に 破壊処置命令を
    出した状態にすると発表がありましたが 海上警備命令だったかな
    常に交戦できる命令を出す必要があると思いますよ 自衛隊員の
    命があまりにも危険すぎるし 危険にさらさないようにしてほしいものです。

  10. 福岡選挙区 のコメント:

    酷過ぎますね。
    本当、子供の喧嘩。公式HP上で堂々と。

    ———–
    都知事選で小池氏応援の若狭勝氏、自民都連HPから除名? 「相談の必要なし」と削除
    2016.8.5 20:03

    7月の東京都知事選で小池百合子氏(64)を自民党都連の通達に反して応援した同党の若狭勝衆院議員(比例東京)の名前が、都連の公式ホームページ(HP)の議員一覧から削除されていたことが分かった。若狭氏は現在に至るまで党本部から除名処分を受けていない。

    都連によると、若狭氏の情報は執行部の判断で削除した。事務局では「事前に若狭氏から小池氏を応援すると相談がなかったため、こちらも若狭氏に事前に相談する必要はない」としている。また、都知事については「※」と表記され、小池氏の名前がないほか、一部は舛添要一前知事の情報が掲載されたままになっている。

    http://www.sankei.com/politics/news/160805/plt1608050037-n1.html

  11. 日本の古典と自然の勉強会 のコメント:

    もし自民党が、能力ある女性をフォローする男性を、陰湿イジメの対象にするのを良しとするならば「女性が輝く社会」なぞ実現できるわけはない。しょせん絵空事。
    若狭氏は「女性が輝く社会」を実現させようと踏み出した功労者です。男性社会の中から勇気を出して一歩踏み出した若狭氏を、陰湿にイジメて葬ろうとしている石原伸晃の意図が見えておぞましさに身震いする。
    安部総理の「女性が輝く社会」は口先だけになってしまうのか。若狭議員の処遇を見て、この先に女性をフォローしようとする自民党議員がでるか、そしてそれを手本として男性社会から頑張る女性に手を差しのべる男性陣がでてくるか、実に大きな分岐点にいると思います。若狭議員が葬り去られるようなら、女性の活躍に手を貸す男性議員も一般男性もでてくるべくもない。女性だけで輝けるわけもない。日本で「女性が輝く社会」は幻であろう。
    石原伸晃の言動を野放しにしても、万に一つも自民党にプラスになるものはなく醜い卑劣な悪行である。

  12. 官邸メール保守行動 のコメント:

    小坪先生しつれいします。
    初めてのコメントが質問になる事をおゆるしください。
    ネット保守活動をしている自分にとってものすごく重要な事なのでぜひお答えいただきたいです。

    >>同一文面が送信されまくった官邸メールは、すでに人力では確認すら不可能なはずで、有効であったはずの窓口を喪失する結果となった。

    小坪先生のこの文は途中まで『〜はず』で書かれていますが最後だけ『となった』
    で結ばれているのですが。なぜ2つの『憶測』から結論を『断定』なさったのか、
    意図をおきかせください。

    • 小坪しんや のコメント:

      官邸メール保守行動 様

      コメントありがとうございます。
      まず何点か前提を述べさせて頂きます。

      ①当方は、「私はこの手段を提案する」と発信することはあっても、
      他者の活動に対しては否定することは慎みたいと思っております。
      よっぽどでない限り(流石に我慢できぬと思った際ぐらいしか)【他者の信じる手段】を揶揄することは控えたいというスタンスです。

      ②二つ目の前提でありますが、貴殿のHNにある活動を揶揄する目的はありません。単に「党本部への電凸」の際のこと、もしくは「メールフォームの使用方法」について、紹介する以上は必須であると考えたわけです。

      ③三つ目です。必要と述べた理由ですが、党本部への「ご意見」は、正直かなりの効果を発揮するからです。ゆえに、この窓口は守りたいという思いがありました。(少し古い方は、よくご存じだと思います。)

      ④四つ目です。古い方の話、例えばJNSC時代などは、頻繁にかける方などは広報さんなどと個人的に仲良くなっていったり、静かに静かに受け継がれてきたルートだということもご承知置きください。

      ⑤以上の理由により「党本部」という有効に機能している窓口を非常に大切に思っており、それを守るための一文であること、その思いをもってのコメントだとご理解頂けますと幸いです。

      では、質問にお答えします。
      文章の通りです、というのが答えです。
      断定箇所については、私はそういう風に聞いているゆえ、断定で書きました。
      そうなってしまった理由、つまり、有効な窓口ではなくなってしまった理由については、当方は知りません。
      よって、推定で書きました。

      誰が述べたかは、申し訳ありませんが答えられません。
      「それなりのレベルの方」から、個人的に内々で聞いたとのみ答えさせてください。
      現在は、かつてほどは有効には機能していないというのが当方の認識であり、断定で書くべきと(当方が)認識するような言い方をされております。

      要因については、回答を頂いておりません。
      とは言え、推定とは言え書いておるわけですから(当方からは)「流石に数が多すぎますと、見きれない場合もございますよねぇ」程度には返しております。
      その回答は、(苦笑しているのみで)ございませんでした。

      よって、「機能不全に陥っている」点については断定。
      その要因については推定としました。
      情報源を明らかにできぬ以上、私の考えを「与太話だ」と受け取られることは、甘んじて受けたいと思います。

      繰り返しにはなりますが、他者の活動に対し、なんらかの制止を行う目的はございません。
      必要最低限の書き方を心がけております、例えば今、コメント欄で触れたような内容は、Blogの本分には記載いたしませんでした。

      当方の思惑は、単に「党本部への意見」という、大切に思っている窓口を守りたい一心でございます。
      その点、重ねて申し上げさせて頂きます。

      • 官邸メール保守行動 のコメント:

        返信ありがとうございました。
        『5つの前提』をふまえますと
        小坪先生の意図が理解でき、腑に落ちました。
        思い切って質問して良かったです。

        小坪先生の筋の通った話の展開が好きです。
        保守に目覚めて日の浅い私ですが、ここで多くの知識をいただいております。
        お盆前の忙しい時期に丁寧な回答ありがとうございました。
        先生の活動を応援しております。

  13. じゅりー のコメント:

    引き留めが無かったの? 酒のツマミには笑える話でよろしゅうございます🎵

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です