【大阪港湾局・武漢港MOU】西村ひかる大阪府議と紙媒体より取材を受けた。


 

 

大阪・武漢港MOU、港湾局は府・市での共同設置であるため、どちらかの議会だけというわけにはいかない。港湾局については、府行政が主導の部局のという話もある。政令市の発言力も強いというのは全国的にも理解はしておくべきだが、やはり府議の発言は重たい。

西村ひかる大阪府議と大阪市内で紙媒体より取材を受けた。
言うべきことは言い、伝えるべきことを伝えました。大阪市議が出した質問主意書も渡しています。

本稿をよく見ると、誰が主意書を出したか分かるかも?
(取材風景と、さらっと極秘情報を甘い画像とともに。)

 

 

 

【告知】チベット証言集会in大阪 令和4年5月28日、地方議員の会が主催

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

取材

西村府議と。

 

(取材後の写真撮影。店舗側の許可を得て撮っています。)

 

紙媒体の記者を紹介してくれたのは、新澤良文・高取町議長(奈良県町村議長会会長)です。

 

のち合流した堺市の西川良平議員も合流。

本件には、大阪からも多数の地方議員が協力をしてくれている。

 

 

記者には、ありったけの資料を渡しました。
地方議員が複数でかき集めたものであり、対議会で考えると「紙で、全体の状況に、一本、筋を通す重要性」を踏まえ、出せる限りのものを渡しました。
(西村府議以外が集めた資料も多数あり、データ化とかスキャンが終わってないものもあります。)

ネットの読者には申し訳ありませんが、その敏腕記者に少しでも自由度を残すため、あと数日お待ちください。

 

その他の資料については、議員の発言として下記の状況も伝えています。

 

もともと連携して動いていたため、tweetする以前より詳細な情報は地方議員間で共有しており、一部については守秘義務をかけあって動いています。

また、昨日において上畠議員がラジオ(前国会議員の代打)で本件を語っており、私を含む数名の地方議員の名を挙げて、「ちょっと深いこと」も敢えて言っています。

そちらの情報も含め、一元的に。

 

実は、大阪港湾・武漢MOUの資料は、一か所に集約しないようにしています。色々な意味があります。

そもそも分業しているから、この速度が出ているわけで、紙として一本にする手間がなかったというのもありますが。。。

ひとつのデータにしてしまうと、誰がどこに持ちだしたかが追跡できなくてなってしまうので、議員が複合的に動くときは一元管理しないようにしているんです。

(だからスキャンしてデータ化を敢えてしてない資料もあるよーって話です。なので、私も渡してしまった以上は、もう持ってない。)

これ、一本にするとかなりの量があって、いずれにせよ(解説記事を書く負荷の問題もあるし)全部はアップしきれないと思う。

面白い部分、興味を持ってもらえそうな箇所に限り、できるだけ早くアップしていきます。

 

 

 

デザートタイム
明け方まで資料を作成し、そのまま新幹線で。

頭も使いますし、どうしても糖分補給もしたくなります。

 

 

 

おや、ケーキと一緒に写っているのは何でしょう??

 

 

 

 

こちらは明日以降のお楽しみ。

皆様にとっても、楽しみなもの、でしょう♪

まるでデザートのように。

(※1 ちょっと面白い企画がございますので、明日以降をお楽しみに。)

(※2 すっごい”参加資格”が与えられました。皆様に。)

 

 

 

さて、突貫で動きます。

アンケートの作成も、実は他の方にお願いして出てきてしまいました。

空いた時間は一瞬しかなくて、スケジュールについてはかなり無理を聞いてもらいました。

 

そのまま別案件を手掛けて、速攻で動いて行きます。

今日は短めの記事でごめんなさい。

古くからの読者は期待もするでしょう、私のBlogが短いとき。
しばらくのちに、何かが起きること。

古くからの読者は本稿に違和感も覚えるでしょう、
リアルタイムのことを私は滅多に書かない、特に場所が特定できることは。
つまり、もう大阪にはいません。

 

ネットの情報伝達は速い、確かに速いんだ。
けれども、議員がネットに書く内容は、リアルの残像であることも述べておきたい。

 

 

とりあえず、紙媒体の取材は完了しました。

あとは記者さんに託す。
良い武器となることを祈る。

 

記者さんに伝えた、良い刀を打ってくれ、と。
多くの侍が突っ込む覚悟だが、侍に刀は打てない。
それは鍛冶屋に任せるべきこと、今までのありったけの記者スキルを投入し、最高の刀を用意してくれ、と。

だから、一人にしか渡さない、貴方に託す、と伝えました。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

2 Responses to 【大阪港湾局・武漢港MOU】西村ひかる大阪府議と紙媒体より取材を受けた。

  1. azumaebisu のコメント:

     成る程、オールドメディアの【保守派地方議員親派の記者】を得ましたか。

    これは、【赤旗撲滅運動】の如き全国的大変動を仕掛ける様ですね…そして、それは【共産支那の我國への静かな侵略の阻止】に関するものかも?

     期待します。

     小坪市議、並びに同志の地方議員各位、どうぞ御身体を御大事に。成功を祈念しています。

  2. ロード のコメント:

    木下吉信市議、大阪港湾MOUについて質問主意書ありがとうございます。
    大阪市民はもとより、日本国民にとっても港湾行政のあり方や方向性は国益に沿っているのか、明快なご答弁を賜りたいと存じます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください