更新しないお知らせ?閉鎖の可能性を示唆


 

 

本日の更新はありません。
当面、これが継続するかもしれません。

活動方針の「限定」、もしくは「一部政策の放棄」
または、Blog自体の閉鎖も含め検討に入っています。

今月中には何らかの結論を出すことになると思います。

 

 

 

↓応援クリックお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

12 Responses to 更新しないお知らせ?閉鎖の可能性を示唆

  1. medakanoon のコメント:

    更新しないお知らせ③閉鎖の可能性を示唆 本日の更新はありません。 当目、これが継続するかもしれません。 活動方針の「限定」、もしくは「一部政策の放棄」 または、Blog自体の閉鎖も含め検討に入っています。 今月中

  2. 鳥海山たろう のコメント:

    出しゃばって申し訳ありません。
    もしや体調不良や何か御不幸があったのではないかと心配しておりましたが、ひょっとして建設的作業等をされているのであれば一安心です。

    全力でブログを書かれて読者と向き合う政治家は(しかも普通の常識がありそうな政治家は)過去にほとんどいなかったので斬新に思いましたが、ブログに精力をとられ過ぎると政治家として大成しないかもしれないとも思いました。

    たとえば、韓国。
    ソウル市議会で慰安婦像を動かしてはならないと決議しましたね。
    こんなあほらしい国を毎回批判しつづけるのであれば、パククネの「千年は呪ってやる」という怨念に対抗して、今後1000年間は日本人は、毎週、毎週、批判のブログを書かなければなりません。

    しかし、はっきりいって時間のムダです。
    日本人は無視するのが賢明かもしれません。そして、「なぜ無視をしたほうが良いか」を啓蒙する日本人が、ところどころにいれば良い話かもしれません。
    「相手にするのもばかばかしい」と。

    ただしユニセフ遺産へのいやらしい陳情など、日本の名誉をおとしめる陰湿な工作は、その都度、日本の官民が要所、要所で厳しく反論すればよいと思います。

    日本の変態左翼の異様性なども、小坪先生など大勢の有志の努力で、多くの日本人に知られてきました。
    功績は偉大です。

    言葉だけで誠に恐縮ですが、心から今後のご検討を祈らせていただきます。
    また日本で有能な政治家が増えていくことも陰ながら祈っています。

  3. 一般人 のコメント:

    『2016年9月8日 ? 小坪慎也市議のヘイトスピーチ即時撤回、並びに厳正な対処を要請するキャンペーン』『公人のヘイトスピーチを許さない会 小坪市議に処分を 行橋市議会に陳情 /福岡』が行われているようで、全国的に有名な小坪先生ですから、意見を異にする方々からの行動も半端ないですね。
    小坪先生に出会う前には行橋市の存在さえ知りませんでした。自分の街の議会もまともに見ない者が、行橋市議会の動画を見、毎日行橋市の名前を聞けば自然に親しみを持ち、いつか立ち寄りたい街になります。そういう方は、沢山いると思います。
    先生の功績は、大きいと思います。わが町にもお一人くらいいていただきたい素晴らしい議員さんだと思います。
    ブログから発信することで、行橋市だけでは解決出来なかった事でも、全国の市議会で関心を持たれ問題にされる事で、結果行橋市を変え日本を変えていける事も多いと思います。「赤旗の問題」や、「外国人の扶養控除」の問題は、正に全国的な問題でしょう。
    出来るなら国政に出て来て活躍していただきたい素晴らしい議員であると思いますし、応援しています。

  4. 佐藤みずえ のコメント:

    更新なさらないのは議会月でご多忙なのかなと軽く考えておりましたが、深刻な事態が進行しているのでは、という不吉な予感もよりぎます。「公人のヘイトスピーチ・・・」という団体の動きは気になっていました。

    時に、ブログの効果・効力に疑問を抱きつつも、今回の蓮舫の重国籍問題や増田ひろや氏の岩手県知事時代の負の遺産等がアゴラから発信されたこと、山田太郎氏の29万票など、ネットは無視できない発信源であると思います。

    さらなる動き、決断がより良い方向につながるものであることを願っています。

  5. 一郎 のコメント:

    たとえBlog閉鎖となろうとも、一番信頼できる小坪先生を応援する気持ちは変わりません。

    応援いたします。

    • cat のコメント:

      同意です。

      出来ることなら、ぜひ、次は国政に出ていただきたいと思ってます

  6. のコメント:

    体調の関係での更新しないお知らせでしたら無理なさらずお体をいたわってください。
    でももしかしたら、9月7日の行橋市役所爆破テロ予告が関係しているのでしょうか?
    警察、公安も動いているでしょうが、他で保守系団体と国民による外患誘致案件が動き出したようですし、反日勢力もなりふりかまわずの反撃をしてくると思われます。
    妨害になど負けない小坪議員に何か起こったのではないかと突然のブログ閉鎖も示唆されている状況がわからず心配です。

  7. 月光仮面 のコメント:

    そうですか 心配していましたが 警察が民事不介入という事が
    日本の今を物語っているのかも知れません そして 小坪先生
    理由もわからず書いていますが 保守一人 対 左翼大勢が 今の
    日本だと思うのです 保守が集まる時が来たのだと思います
    でも 保守が集まれないのが現状でしょうか あの 小泉元総理でさえ
    意味の解らない事で かき混ぜようとされています 
    小坪先生 ゆっくりとお考えください そして 選挙では必ず応援いたします
    4票は間違いなく御仲間に入れてもらっています 。
    がんばってほしいと思います

    最後に 9条の方たち中国北朝鮮の事は 一言もないのですね
    くだらない組織だと思いますよ。

  8. 散歩していました のコメント:

    9月7日の行橋市役所爆破テロ予告そんなことがあったのですか、
    だとしたら、 脅迫文もあったのですか? これは、犯人は捕まらないの
    ですか??必ず犯人が居るはずですよね。

  9. はるの のコメント:

    小坪さんのような政治家がいて下さる事が

    私の、日本の未来を諦めない一つの希望となっています。

  10. momo のコメント:

    このブログはコメントは承認制でしたでしょうか?
    Twitterで小坪しんやさんのアンチツイに

    ブログコメントが承認制なのに
    爆破予告コメントが承認されたのはおかしい。
    自作自演ではないかとのツイがありました。

    私の記憶では承認制でなかった記憶でしたのたのでこちらに書き込みし、送信後に確認させていただきます。

    • momo のコメント:

      やはり承認制でなかったですね、
      送信後すぐに掲載されてる。

      確認させていただきました。
      ありがとうございました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください