【政治家の生き方】お代は見てのお帰り。(中間報告)


 

 

一期生の市議に過ぎぬ私が「外国人の扶養控除」という大きな問題を提起することができたのは、本当に多くの方の支えがあればこそです。
この場を借りて中間報告を兼ね、お礼を述べさせて頂きます。

毎日ワンクリックを欠かさずしてくれる皆様、
そして、実際に作業を手伝ってくださった皆様、
遠くは大阪より新幹線の始発に飛び乗って、という方も。
そして、多くの方より個人献金を賜りました。
ありがとうございます。

私の好きな言葉に、「お代は見てのお帰り」というものがあります。
見世物において、代金は帰りでいい(面白くなかったら払わなくていい。)という意味です。
議員たるもの、当落も含め「結果と実績、活動内容」で評価されるべきだという考えです。

日頃、ご支援頂いている皆様、また献金を頂いた皆様に対し
感謝を込めて本活動の苦労話、秘話(?)なども交え、現状を報告させて頂きます。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
tyuukan

 

 

 

 

 

実際、きつかった。

もうこの一言に尽きます。
途中で泣き言をいうのは嫌だったので、言うまいと思いましたが、やっぱりきつかった。

体力面は当然として、資金面もですし、改選を控えた時期に時間を投じることも精神的に苦しい部分がありました。

 

市議は、あまりお金持ちではありません。
市議の報酬とは意外に少なく、活動費として支出できる金額には限りがあります。
多くの個人献金を頂きましたが、頂いた個人献金も議員活動(陳情書の郵送費を含む)には支出できません。

メディアで有名になった政務活動費でありますが、行橋市議の政務活動費は月あたり2万5千円(年額で30万円。)
ガソリン代や携帯などの経費分(これらは一部のみ)を含んでおり、まともに活動を行うと瞬殺でなくなります。
よって、実際の活動は私費でやるしかありません。

頂いた献金をどう使ったかと言えば、「動かせる私費を増やす」ため、先日のエントリにあるように(本来は)経費として支出できるものを、頂いた献金に回し、少しずつ少しずつ郵送費などを捻出しました。

 

親書になるため、残酷な郵送費
親書に当たるためメール便は利用できません。

一通120円(50g)から高くても140円(100g) 程度だろうと想定していたのですが(税別)、実際は200円少々かかりました。

枚数が初期想定より増え、重量が増加したためですが、
切手代のみで36万円ちょっと必要に。。。

これは、実は誤算でした。

 

郵送費を読み違えた結果。
郵送費については20万円強で済むと思っていたため、
また色々と予算オーバーしてしまったのですが、
夏のボーナスを全額つっこんだのですが、今月は残金2万円で生活しました。
各種公務出張などの交通費・各種の会食(計上できぬものの、実態としては必要経費)を含めてであります。

全額の意味ですが、
供託金に回す予定だった預貯金も含め、本当に全額つっこみました。
後悔はありません。

笑い話でありますが
一番痛いミスは、郵送費を見誤ったことでした。

 

 

 

来年が改選時期

先日書いた内容は、実際に全国の議会に発送させて頂いたものです。
うそ偽りなく「そのまま」であります。
ありのままの話を、はっきり書いてみたいと思います。

来年の春が改選です。
この場を借りて申しておきますが、私は来年が改選の時期であります。
通常であれば、他の議員は様々な準備に入っておりますが、私は何もしていません。
というか、できていません。
(威張ることではありませんが。)

左翼(?)の方は、関東圏より必死にネガキャンや落選活動(?)の準備などを頑張っているようですが、そもそも供託金も含めまったく準備していない以上、その準備は無駄に終わる可能性もございます、と言っておきます。

その動きは少しズレています。
彼らは「選挙」という舞台をフィールドだと勘違いしたようですが
私はその舞台にまわす負荷を割いて、「政治・政策」というフィールドを戦っているからです。

 

実は、地元活動もしています。
意外に思うかも知れませんが、校区の陳情活動などもこなしております。(ネットで触れることではない。)
その際には国や県が絡むことも多く、一期生にしては陳情や要望の処理能力は高いと評価されています。

例えば山の危険個所の伐採、これは防風林だと県扱い。また田んぼの中の農道も県。
そもそも海・河川は基本的に県です。
通学路の危険個所は、やはり交通量の多い国道などが多いのですが、そうなると扱いは国。(これは主に許認可。)

生活空間の陳情・要望であれ、結果的に国・県に直接アクセスできるか否かは、議員としての処理能力に直結します。(当たり前のことです。)
皆様から頂いている各種のweb発信能力は多分野においても評価を頂いており、また保守活動を通じて得た人脈をもって、実際の市民の利益として実現したものも複数ございます。

抱えている校区もございますが、、、
一期生にしては処理能力が高いとは言われておりますが、、、
無事に私が二期生になれる可能性はそんなには高くないと思います。

なんら準備はできておらず、経済的な問題からも相当に出遅れるためです。
出遅れることは、それなりの打撃であり、はっきり言えば致命傷になりかねません。
全額つっこんだため、12月(冬のボーナス)までは身動きはとれないでしょう。
本来であれば準備に割くべき時間と予算を、こちらに突っ込みました。
それでいいんです。

 

捨て身の、出力
人が本気で捨て身になった時、出力できるアウトプットは最大化されると信じております。
「そもそも捨て身でやってた」ということを、左翼は視野に入れてなかったのでしょう。

そして。
恐らく、読者も気づいていなかったかな、と。
言いませんでした。

特化型と言われる由縁でありますが、
最初から防御など捨てているのであります。

むしろ、そちらに(相手の)負荷を割かせることができれば本望。
(ここは後述しましょう。)

 

 

 

個人献金の使途
皆様に頂いた個人献金の使途を、お礼の意味をこめて報告させて頂きます。
まずもって大きな報告がございます。

事務員の雇用
今回は、皆様に嬉しい報告があります。
頂いた献金は、前述のように私の議員活動(郵送費のみならず出張費・宿泊費も不可)には支出できません。
しかし、人件費には支出が可能です。

迷ったのですが、正式に事務員を雇用させて頂きました。
皆様のおかげです、ありがとうございます。

 

彼の奮闘と、皆様への感謝。
あまり良い給与は出せていないのですが、今回の活動を無事に進めることができたのは、皆様に雇用して頂いた事務員の努力・奮闘に拠るものです。

膨大な事務作業が発生し続ける中、こうしてBlogを書けると共に、手を広げることができたのは、彼の奮闘による部分が非常に大きい。
事務員の雇用がなければ、今回の動きは絶対にできませんでした

併せまして、皆様に事務員を与えて頂けたことを、感謝と共にこの場を借りて報告させて頂きます。

 

デスクチェア
今までは500円(ドン・キホーテ)で買ってきた座椅子を愛用していました。
テーブルはもう少ししたかも知れませんが、五千円ぐらい。同じくドンキ製品のガラステーブルでした。
机はありませんでした。

Blogを書き始めてのち、PC作業の時間が凄まじく伸びまして、いい加減、腰を痛めてしまいました。
かなり深刻なレベルで。。。

贅沢品と怒られてしまうかも知れません。
本格的なOAチェアを購入しました。
身体にガタが来ていたため、かなり良い物を入れさせて頂いております。

どちらかと言えば外仕事・現場を愛する人間ですから、
こんなものを新品で購入する日がくるとは、思ってもいませんでした。
身体のガタを考えるに、年をとったなと感じました。

 

エアコンがつきました!
あと、昨年はエアコンが壊れていて、室内気温が40度を突破、
日中の作業を断念し、22時~早朝にかけて作業していました。
赤旗の陳情書を全国に発送した際のことです。)

昨年の予算(赤旗の件の郵送費)でありますが、本当はエアコンを買おうと貯めていた予算を回しました。
結果、夜間戦闘機のように、夜のみ活動する(それでも暑い)という、かなり原始的な方法で進めました。(送った後、倒れました。)

今年の夏。
一縷の希望をもって、リモコンをピッ!
一年放置しましたが、勝手になおることはなかったですね、やはり。

「暑さなんか気合いだ!!!」と思っておりましたが。。。
殺人的な暑さであり、どうにもなりませんでした。

エアコンは事務所費として支出できます。
皆様のおかげで、今年はエアコンをつけることができました!
昼間に作業ができました。

 

PC関連機器
モニター等を購入させて頂きました。
いまはBlogを書く際、大きな画面で書いています。

3万円ほどしたのですが、大型のPCモニターを購入させて頂きました。
ちゃんと日本製です。目の疲れが全く違います。
かつてはノートパソコンでやっていたのですが、本当はきつかったです。
(昨年の春までは、ぎりぎりまでXPを使っていました。)

キーボードも買いました。
安価なものを使っていたところ、使い方が悪いのかも知れませんが、
文字数を含め余りにハードに使うもので、三千円程度のキーボードをバカスカ壊しておりました。
エンターキーが壊れて(はずれて)入力できないという事態に。

いまは一万円ほどしましたが、ちゃんとしたキーボードを使っています。
壊れませんし、タイピングも凄まじく速くなりました。
ありがとうございます。

よくよく考えて見れば当たり前なのですが、シールズの一件の際、メディア対応しつつ
「バックグラウンドで」あれだけの資料を書いていたのです。
結果的には良い煙幕となり、左翼からの警戒・マークがはずれました。
「これだけの速さ」が出力できたのは、装備品の刷新が本当に大きな効果を発揮しました。

モニター大型化、キーボード交換、ドンキのテーブルと座椅子からOAチェア。
速くならないわけがありません。

 

議員事務所、開設(予定)
少し中心部からは離れているのですが、作業場兼用の事務所を借りることもできました。
元は工事現場(?)の事務所に使っていた所で、(田舎のワンルーム以下の)家賃の割には非常に広いです。

助かっています。
作業は、ここで行いました。

そのまま後援会事務所として契約予定です。
離れの倉庫を仮の事務所としておりましたが、あるのとないのではまったく違います。

事務所を開設し、事務員のいる市議など多くはおりません。
恵まれていると思います。
政令市ならいざ知らず、基本的には地方議員では不可能なことです。
おかげで本当に仕事の速度があがりました。

そして。
政務活動費を超過して活動してきたため、本来であれば経費として認められる部分を、個人献金に回すことができました。
少しずつ捻出した費用、その全てをつぎ込んで本活動を遂行することができました。

皆様のおかげです、ありがとうございます。

 

 

 

お代は見てのお帰り

私の好きな言葉に、「お代は見てのお帰り」というものがあります。
見世物において、代金は帰りでいい(面白くなかったら払わなくていい。)という意味です。
議員たるもの、当落も含め「結果と実績、活動内容」で評価されるべきだと考えています。

本活動のスタートは、税制に問題を感じて一般質問を行ったこと、行橋市民の若者が可哀想だということを起点としています。
そして市では解決できないという壁に当たりました。
結論から言えば「法改正しかない」という現実です。
それでも断念せずに、地方議員に認められた職権の中で、全力で行きました。

支援して頂いている皆様、全員の期待通りかはわかりません。
ただし、今回は死力を尽くした、本当にあるもの全て、全ての負荷を投じたという自負だけはございます。

献金を求めた際は、どうにも募集をかけることすら嫌で、、、
心理的にも大きな抵抗があり、後ろめたく思っていたことを思い出します。
個人献金のお願いをするにあたって。

求めた際は、悩んだのですが
報告する今は、あくまで個人的な内面の話に過ぎませんが、
それが全ての人の満足になるかはわかりませんが、
「全力でやりきった」という自負だけは強く持っています。

最終目標である「法改正」が達成できるか否かは未だ未知数であります。
しかしながら、本問題を全国の地方議会に情報として周知させることは、なんとかできたと考えています。

 

今後、頂いた献金については、改選に向けた準備物に回させて頂きます。
後援会活動の一環として認められた項目のみではありますが、支出が許された項目もあるようです。

アベノミクスの影響から景況感は若干の好転を見せつつも、
まだまだこのようなご時世ではありますが、今後ともご支援のほどよろしくお願いします。

個人献金のお願い

 



 

 

 

必殺の酸素魚雷
私は、地方議会の誇りを堂々と述べました。
一期生の私が偉そうに述べることはないのですが、一期四年を通しての卒業論文を書く思いで記したものです。
地方議員の先輩方へ

延々と「地方議会とは!」と述べ続けてきました。
意見書の採択を目指し、凄まじい数の自治体対応をしています。
議会のルールが自治体ごとに異なり、受付のための字句修正であったり、または議員からの賛同を得るための(調整の結果としての)字句修正であったり。

繰り返しになりますが、、、
地方議会の動きをのみ、延々と論じました。
地方議会、地方議会、地方議会、地方議会、と。

私が連呼している場合、対峙する陣営は警戒していたほうが良いと思うのです。
いつも同じ構図になるため、左翼はいい加減、学習したほうがいいという意味です。

視線を【そこ】に向けさせられる、と場合もある。
政治の舞台では、またメディアも含め、よく見る風景です。
私は、読者すらもあざむく。

いまの状況など、改選前に予算と時間を全て投下していた等、恐らく言われるまで気づかなかったと思う。
言えば本活動を支援はしてもらえなかった(本活動は横に置いて、準備すべきという声がある)と考えたからです。

政治の世界において、どこかに「眼を向けさせられた」場合は、
実際の射線は別の場所に向いているのが世の常です。
地方議会と連呼したとき、私は本当にその対応しかしていないのか。
対峙する陣営は考えるべきであったと思う。

私は、地方議員です。
そして地方議員であることに誇りを持っている。
ゆえに地方議会との連携、調整を行っている。
個人で処理することが難しいほどに、だ。
これは事実である。

しかし。
それしかしてない、そう考えるのは早計ではないだろうか。
すでに負荷限界を突破しているのも事実でありますから、
どう見ても地方議会対応しかしていないように見えると思います。
果たして、そうでしょうか。

書いてきたことにウソはありません。
地方議会の対応を必死にやっていました。
そのための書類であり、至らぬ点は多々あるかと思いますが、
全力でやりました。
これも事実です。

やったことは、書きました。
だけど、書いていないことも、実はあるのかも知れません。

政治家とは、二重三重の備えをするものです。
防御に回す負荷すら、前に出る推力と変えていた以上、
私はもう少し何かしているのかも知れません。

つまり、地方議会で採択後を見据えた動き、
同時並行でやっているのであれば、私と対峙する者はまず追いつけないだろう。

 

本タイトルを「お代は見てのお帰り」としたのは、ダブルミーニングです。

単に今までの活動を振り返る、という意味のみではありません。

さらなる一歩を進めます、近日中に公開予定の「次の動き」にご期待ください。

これを釣り、ブラフととる者もいるのでしょう。
そう思わせておけばいい。

 

 

当然ながら牽制の意味も含みます。

 

拡散、周知されてこそ効果を発揮します。

 

「なんだろう?」と気になかった方、

 

そして本活動を応援してくださる方は、

 

FBでのシェア・Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

業務連絡)
当分の間、本政策をテーマとした記事のアップを継続します。
全ての資料の公開を終えたため、半分半分ぐらいになるかと思いますが、やはり真新しさには欠けてしまいます。
アクセス・ランキングは落とすかも知れませんが、そこは皆様に任せて前に前に行かせて頂きます。


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【政治家の生き方】お代は見てのお帰り。(中間報告) への19件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【政治家の生き方】お代は見てのお帰り。(中間報告) 一期生の市議に過ぎぬ私が「外国人の扶養控除」という大きな問題を提起することができたのは、本当に多くの方の支えがあればこそです。 この場を借りて中間報告

  2. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     GJです!!
     前回の赤旗殲滅活動と同様の左翼への半ばフェイクですね。
     あくまで囮又は遊撃手としての戦法。
     だって,国と地方の行政は,切っても切れませんから。
     地方公共団体の行政に,仮令,僅かでも携わった経験のある方なら,ピンと来ます。
     ただのメガンテでは終わらない。
     幾重にも及び奇襲を含んだ特攻による必殺。
     珠玉の業でございます。

  3. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

                           平成 27 年 8 月 30 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    国会・地方議会議長・議員 各位
    報道機関・人権・福利厚生・教育団体 代表者 各位
    総務大臣 殿
     事務次官 殿
     行政評価局長 殿
      地方管区行政評価局長 各位
      地方行政評価支局長 殿
      地区行政評価分室長 各位
      地域行政評価事務所長 各位
     自治行政局長 殿
     自治財政局長 殿
    地方公共団体 首長・副首長・教育長・管理職 各位
                           高橋 エマニエル=努

       行き過ぎた政権批判について(通報)
     標記について,下記事項を通報します。
     嗚呼,無常。残念でございます。
     是正へ向け,お取り計らい願います。

    高橋 エマニエル=努 のコメント:
    2015年8月30日 2:16 AM

     本日,平成27年8月30日,国会周辺 外 全国各地で,例のごとくレッテル張りのデモが再び,より強力に行われる予定で,例の問題の東京都八王子市議会議員の大元帥様も参加を宣言し,自身のSNSで高らかに誇らしげに謳っております。
     当該議員は,8月一杯ネットから離れる旨宣言しておきながら,僅か1週間でこれを反故にし,SNS界隈に帰ってきた約束破りを露呈した者です。

    8月17日
    佐藤あずさ
    @azusa_sato11

    8月いっぱい、SNSを使用するのを控えます。
    僅かな期間ですが、Webから離れて過ごしてみようと思います。本を読む時間に充てます。
    ホームページはいつも通り更新を続けます。

    8月17日
    佐藤あずさ
    @azusa_sato11

    私がしばらくSNSを控えようと思う理由は、いわゆるネット右翼とされる人々だけに起因するものではありません。
    想像力や思いやりを欠いた短絡的な意見の押し付けや批判、揚げ足取りというのは、自分が受けても、誰かが受けているのを見ても、やりきれないものがあります。

    >想像力や思いやりを欠いた短絡的な意見の押し付けや批判、揚げ足取りというのは、

     いやぁあ,そりゃぁあんたが他人様にやっていることでしょうに。
     戦争法案戦争法案だのレッテル張りばっかりして。
     そして今日,その己を棚に上げた左翼思想の真骨頂を,神聖たる国会周辺で炸裂させるんでしょう・・・。
     嗚呼,無情。

    高橋 エマニエル=努 のコメント:
    2015年8月30日 9:12 AM

     意味不明な衆愚政治助長クオリティ炸裂たる,偽善スタンス全開の訳の分からぬ市民団体が中心となり,公安調査庁指定新左翼系セクト・極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派+社会党・社青同解放派の議員が加わり,火にガソリンを注ぐかの如き醜態をさらされるのだ。
     神聖たる国会周辺,さらには全国各地で。
     嗚呼,忌まわしき己を棚に上げた揚げ足取り・レッテル張りの呪いの語句が炸裂するのだ。
     甚だグロテスクな醜態であり,生きたサナダムシを首に巻かれるかの如く,不快極まりない。
     平成27年8月30日,この日を,私は決して忘れない。

    高橋 エマニエル=努 のコメント:

    2015年8月30日 10:33 AM

    (※8月17日+7日=8月24日)

    8月24日
    佐藤あずさ
    @azusa_sato11

    みなさんこんにちは!Twitter、Facebook再開します。1週間で戻って来ました。色々なことが同時多発的に起こった激動の1週間だったのですが、元気に仕事をしています。
    読みたかった本も読了!
    明日は閉会中の常任委員会です。 pic.twitter.com/lAIGE7Fs3b

    >1週間で戻って来ました。
     平気で約束を反故にするのが本当にお好きなようですね。

    >読みたかった本も読了!
     どうせ違法不倫変態恋愛官能小説でしょ。いつものノリで。
     そんなの読む暇あったら,レ・ミゼラブルのジャン=バルジャン先生でも見習うなり,八王子市の例規並びに税法及び福祉法でも勉強されたい。

  4. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     ところで,またまた妙な者が湧いてきましたね。
     場違いと言うか,行橋市議会議員の任期のタイミングとか,小坪議員のルーツとか,何も調べもせず,よくもまぁあ,鬼の首を取ったかのような,いとも誇らしげな様態が,かの東京都八王子市議会議員と同様に,相当程度,イタイ・・・。

    https://samurai20.jp/2015/08/proud_of_decurion/#comment-48120

  5. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     生活費すらキツキツの小坪議員が,公共の福祉への寄与を優先し,法令順守を貫徹し,高価な郵送料をしっかりと負担しているにもかかわらず,自分の財布など一銭たりとも痛めぬ埼玉県庁は,何故か公文書=信書を信書便ではない民間宅配業者によるメール便により大量送達している。
     何とも,やり切れないものであります。
     今回の小坪議員の高い郵送料をしっかりと負担なさる英断は,全く以て正しく,これを怠ると,下記埼玉県の如く醜態を晒すことになります。

                               平成 22 年 7 月 9 日
    埼玉県警察 司法警察員
     浦和警察署長 警視正 ■■ ■■ 殿

                     ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
                      告 発 人    高橋 エマニエル=努
                               電話 ■■■■■■■

                     埼玉県さいたま市浦和区高砂三丁目15番1号
                     被告発人(代表者) 埼玉県知事 上田 清司
                                電話 048-824-2111

       告発の趣旨
     被告発人をはじめとする埼玉県庁職員は、下記のとおり犯罪を犯し、犯状悪質であり、郵便法第二条、第四条及び第七十六条並びに公務に係る諸規程並びに機密保持及び情報漏洩に係る諸法令並びにその他法令等に抵触するものと思料する。
     よって、被告発人等を厳罰に処していただきたく、ここに告発する。

       告発事実
     被告発人等は、別添証拠及び添付書類のとおり、郵便法で禁じられている、民間運送業者によるメール便サービスを以って公文書(信書)の送付行為を犯した。
     それを、告発人は指摘したものの、的を得た回答を得られず、それに対して告発人は不服を計7回唱えたが、被告発人等からは、一切回答を得られず、改悛の姿勢を伺えない。

       告発に至る経緯
     別添証拠のとおり、平成21年6月4日付で、埼玉県環境部自然環境課(旧みどり自然課)長名義の公文書「狩猟免許更新のお知らせ」が、告発人を含む、埼玉県在住の狩猟免許所持者へ、民間運送業者によるメール便サービス「ヤマト運輸 クロネコメール便」を以って送付されてしまった。
     そこで、添付書類のとおり、告発人は被告発人に対して、平成22年2月7日付の文書を以って当該不始末を指摘した。
     すると、添付書類のとおり、埼玉県庁総合調整幹を通じて被告発人から平成22年2月16日付の文書にて回答をいただいた。
     しかし、メール便不正利用に関しては、あくまでもチェック不十分によるミスである旨と、今後同様の不始末をしない「保証」ばかりを謳われていた。
     しかし、告発人は当該メール便サービスを、業者としても個人としても利用した経験が多々あり、何れも、内容物に信書が含まれていない旨を約束する誓約書のような欄にサインをして、それをドライバー又はコンビニレジスター担当者が確認した上で、はじめて集荷又は受理に至るものであることを知っている。
     即ち、被告発人等による故意に基づく、偽装によるメール便不正利用に他ならない。
     それを、不意のミスと美化(偽装)した上で、さらに今後同様のことをしない「保証」ばかりを全面的に押し出し、問題の職員を処分し、被告発人自らが責任をとるなどの、既にしてしまった不始末に対する「補償」の類が一切謳われておらず、何ら改悛の姿勢が伺えない。
     そこで、告発人は、添付書類のとおり、最終的には平成22年7月2日付文書を以って、被告発人へ計7度の不服申し立てを行った。
     それにもかかわらず、何ら回答すらいただけず、被告発人等は、告発人を含む埼玉県民並びに法令及び倫理に対して、極めて挑戦的なスタンスを堅持されており、甚だ遺憾である。
     そこで、ぜひとも被告発人等を厳罰に処していただきたく、告発するに至った次第である。

       証  拠
    1.埼玉県環境部自然環境課長発出
       「狩猟免許更新のお知らせ」及び封筒      1通(A列4番 1枚)
      (長形3号1本)

       添付書類
    1.「埼玉県及び傘下自治体の倫理について」    1通(A列4番 9枚)
    2.埼玉県庁総合調整幹経由被告発人発出
       1.に対する回答文書及び封筒         1通(A列4番 3枚)
    3.「埼玉県庁職員等の倫理観について」      1通(A列4番18枚)
    4.告発人身分証明書(写・事件当時)
        「猟銃・空気銃所持許可証」
        所持者証明欄及び記載事項変更欄       1通(A列4番2枚)

                                      以 上

  6. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    あらためて、すさまじいまでの護国活動に心から感謝です。

    そして、そろそろ、二期にむけての準備が必要となるのですね。是非、二期にむけて、頑張っていただきたいと思います。神奈川県居住ですが、応援のエールを送り続けたいとおもいます。また、もう少ししたら、また、スズメの涙(スズメバチの涙かも・・・(/ω\))ほどですが、献金させていただきます。

    追記:
    かつて、某特許事務所(最近では、知財ともいいますが特許出願が仕事です)に努めておりましたが、一日中、座りっぱなしでかつ、PCモニター画面とにらめっこの仕事場でした。そこの所長さんのモットーは、イス(チェア)とモニターにはきちんと金をかける!ということでした。なにより、すわりっぱなしでの作業で、眼と腰がやられるからですね・・・。

    ですので、小坪先生が本格的なOAチェアを購入し、かつ、大画面モニター(27インチモニターだと推定!価格からねw)を導入したのは大正解だとおもいます。
    これからも、ガンガン、ブログ発信なさってください。

  7. ロード のコメント:

    小坪市議、

    皆様の献金に対し、素晴らしいアウトプット!
    お代は想定を遥かに超えて...いい仕事です。

    仕事の環境整備は大事ですね。
    地味に効くのがマウス。

    負荷が小さいですが、回数が多いとダメージがじわりと出てきます。
    日に数万回クリックするウェブデザイナーは、
    クリックの軽い疲れないマウスを選ぶようです。
    http://in-a-tranz.net/weblog/log/thermaltake_blk0002dt.html

    ちなみに私が選んだのはコレ。
    THERMALTAKE サーマルテイク MO-VET-WDLOBK-01

    購入は、罪深いAmazonではなく、消費税をきっちり国に収めるヨドバシ。
    ポイントを使えばAmazon以下になることも多く、
    少額商品でも全て、送料無料! が嬉しいです。

    クリックの軽さに加え、
    底面のテフロンにより、滑らかで正確なポインタ操作を可能にします。

    高級マウスには、ほとんどオムロン製のスイッチが使用され、
    マニアから圧倒的な支持を得ているようです。^^
    http://www.omron.co.jp/ecb/products/sw/special/vol2-p1.html

  8. 駒上 のコメント:

    微々たる額ですが献金させていただきました
    少しでもたしになれたかしらと嬉しく思います

  9. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     国会前 外 全国各地での反日デモ。
     その様態は,皆さん,目つきが被洗脳者であり,宗教的であり,レッテル張りも甚だしく,極めて遺憾に存じ上げます。
     今後の保守の大逆襲に,期待します。
     例の議員も含め,当事者の発表で12万人参加と聞いてショックでしたが,警察によると3万とのことで,安心しました。
     仮令,反日左翼であっても,流石に盛り過ぎですね。今回ばかりは。

  10. JL のコメント:

    >膨大な事務作業が発生し続ける中、こうしてBlogを書けると共に、手を広げることができたのは、彼の奮闘による部分が非常に大きい。

    私がお会いしたのがその方でしたら、まさにその通りだとおもいます。
    暴走しがちな小坪さんを裏から支えて来られたのはこの方なんだろうなと思いました。
    今回の作業は本当にお疲れ様でした。
    果報は寝て待て、と思って、各自治体の動きを楽しみにしておきます。

  11. ふぃくさー のコメント:

    いつもお疲れ様です。
    本当に、本当に頭が下がる思いです。

    ところで、自ら述べられてもおりますが、身体の物理的な危険につきましては重々ケアされてください。
    先生のような方に何かあった場合には日本の損失が計り知れません。

    中国でいえば偶然とは思えないペースでの連続爆発事故、その後パタリと止まった報道、さらには習近平指示とは考えにくい(と勝手に思っています=軍部暴走)陛下侮辱報道など、如何にも不気味。9/3あるいはその前後に地方で武装蜂起発生とか妄想してしまいます。
    また、日本国内でも米軍基地・羽田横での爆発、首都圏鉄道での連続不審トラブル、暴力団分裂など、きな臭さが急増しています。

    まあ私が感じる程度の事は述べたところで釈迦に説法でしょうが、心配になるのです。
    くれぐれもご自愛ください。

    • ふぃくさー のコメント:

      失礼しました。やはり素人の思い込みはだめですね。「習近平指示とは考えにくい」の部分を撤回します。以下他サイトからの引用です。

      >国営新華社通信←中国国務院担当←李克強担当のはずだけど、今は権力闘争で勝った金ペーちゃんの担当。
      >ソース宮崎正弘氏
      >よって、これは金ペーちゃんの意思。

  12. たろう のコメント:

    小坪先生のような志しの高い愛国者が次回当選できない、あるいは左翼のイメージダウンで落選させられるということなどあれば大変残念なことです。
    また漠然としていますが、(国会議員はもちろんですが)なんとか地方の議員の質も上がることを念願しています。
    資金についてですが、献金方式以外に、たとえば本を出版していただけば、それを数冊まとめて購入するという形での応援もできると思います。(10万部売れたら千万円くらいの印税になるのでは・・)
    小坪先生を模範に地方議員をめざそうという若者もでてくると思いますので、今後も(無理をせず)頑張ってください。

  13. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     やはり,今一度冷静に勘案しても,平成27年8月30日に行われた安保法案反対デモにおいて,当事者が参加者数をかなり盛っている疑義が濃厚となった。
     当事者によると,かの八王子市議会議員も含め,12万人が参加したとしているが,警察によると3万人程度とのこと。
     また,当該議員は下記リンクのとおり,自身のサイトで,当該デモの様態を誇らしげに掲げているが,本人も含め,シュプレヒコールをしている方々は皆,目が危険な様態である。
     被洗脳者であり,当該デモは一種のゲバ団体であり,宗教団体でもある。
     危険極まりない。
     数多の左翼が,極左暴力集団であると,今一度,確認できるであろう。

    8.30 「戦争法案」反対!八王子駅前1200人、国会前12万人
    http://super-azusa.net/archives/2122

    シュプレヒコールの動画
    https://www.youtube.com/watch?v=b9IjNsXPy6k&feature=youtu.be

    シュプレヒコールの写真
    http://super-azusa.net/wp/wp-content/uploads/2015/08/image121.jpg
    http://super-azusa.net/wp/wp-content/uploads/2015/08/image128.jpg

  14. taigen のコメント:

    【超絶朗報】 総務省、在日特権(減税処置)の全廃を決定キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! 来年度から在日の生活がとんでもない事になるぞ!!!!
    http://asianews2ch.jp/archives/46098058.html

    これも、小坪議員が頑張られた事の波及効果の一つでしょうか?

  15. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議も市議の周りの方々も、閲覧者の方々もお疲れ様です、無駄に元気な方々の元気を分けて差し上げたいものです(いらないですか??)

    【動画】民主党ブレーン・山口二郎法政大教授「安倍に言いたい。オマエは人間じゃない!たたき斬ってやる!」(反安保国会前デモ)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46106464

    参考になりそうなコメントを抜粋しました

    法政大学の理念と目的

    本学は、高等教育機関としての公共的使命の重さを認識し、教育研究の質の向上に取り組む姿勢を社会に広く表明するため、大学および各学部・研究科の「理念・目的」と「教育目標・各種方針」を策定・公表しています。

    これも理念目的の策定による公表なんですかね

    法政大学お問い合わせフォーム
    ttp://www.hosei.ac.jp/toiawase/index.html
    名無しさん@ほしゅそく

  16. 生野区民 2 のコメント:

    ご苦労様です、他の人も言ってるが本を出しては?
    電子書籍のほうも出せば、売れると思うんですが。
    ネットをする人間にとって、拡散する際の資料になるから外国人特権を書けばみんな買うはず、私も初めはネットで外国人特権にソースがついたって事でここに来たのが
    初めですから、保守速報じゃないです
    保守速報をソースにしてるブログなども多数あるし、みんな資料を欲しがるから

  17. kalevara のコメント:

    リアルで行動するって
    本当に大変なことなんですよね。。。

    日本の浄化にとって貴重な貴重な小坪先生
    どうぞくれぐれもご自愛下さいませ。

  18. hina のコメント:

    お疲れ様です。
    心血注がれるその姿勢、頭が下がります。
    余裕が出来ましたら微力ながらも支援させて
    頂きます。
    国のため、国民のため、誠にありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です