【拡散】安保賛成派がデモ「戦争法案のレッテル貼りは見当違い」


 

 

誰かの足跡が、事実となり、
報道を経て、それはソースとなる。

まずもって参加された皆様に感謝を。
そして「ありがとう」の思いを行動に。
大きくは報じられぬであろう、これらのソースを「次の誰か」に伝えるため、声を挙げていきたいと思う。

安保賛成派がデモを行いそれが報道に載っている。
別ソースによれば都内のみならず、大阪市、広島市、福岡市、長崎市で行われたようだ。

「戦争法案のレッテル貼りは見当違い」
まさにその通り。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
anpo

 

 

 

 

 

報道
まず、実際の報道を掲載する。
簡単にしか確認していないが、産経・朝日の二誌が確認できた。
少し遅い時間の報道であったため、今後、他社の追随もあるかもしれない。
その際はコメント欄等で教えて頂けると幸いです。

安保賛成派が都内でデモ 「戦争法案のレッテル貼りは見当違い」 大阪、福岡でも

2015.8.29 19:49

 

 政府与党が今国会中の成立を目指す安全保障関連法案に賛成する若者らが29日、都内でデモ行進を行った。

 「守ろうニッポン 戦争させない大行進」実行委員会が呼びかけたもので約500人が参加。「集団的自衛権は限定されている。戦争法案というレッテル貼りは見当違いだ」と声をあげた。

 この日は大阪市、広島市、福岡市、長崎市の全国4カ所でもデモや街頭集会を実施。同委員会は「反対のデモばかりが目立っているが、賛成意見があることも知って正しい認識をもってほしい」としている。

http://www.sankei.com/politics/news/150829/plt1508290018-n1.html

plt1508290018-p1
安保法制に賛成する団体によるデモ行進

 

 

以下は、朝日新聞の記事。
いつもは

朝日は、このような赤いBOX
で紹介することが多いのだが、今回は青いBOXを使いたいと思う。

安保法案賛成、各地でデモ 「徴兵制復活ありえない」

2015年8月29日21時10分

 参院で審議中の安全保障関連法案に賛成する市民らが29日、各地で街頭活動を行った。

 東京では新宿区の新宿中央公園を出発した500人以上が「私たちの家族を守るため、平和安全法制に賛成します」と訴え、デモ行進した。同区の会社員女性(47)はネット上で告知を見つけ、母親(83)と列に加わった。職場などで、隣国との領土問題への危機感が度々話題に上るという。「目の前の脅威に、同じ価値観を持つ国々と手をつないで対抗するのは当然の選択。多くの人に法案の意義を伝えたかった」と参加した理由を話した。

 大阪市でも約70人が「YES!安保法案」と書かれたプラカードや提灯(ちょうちん)を手に行進。和服姿の人や日本国旗をはためかせる人もいた。広島市や福岡市、長崎市では若者らが「戦争法案とするのはレッテル貼りだ」「徴兵制の復活はありえない」などと声を上げた。参加した福岡市の会社員本山貴春さん(33)は賛成の理由について、「日本は国際社会の平和への貢献が期待されており、それが使命だと思う」と話した。

http://www.asahi.com/articles/ASH8Y5CK4H8YUTIL00T.html

 

意外だ、と言っては失礼だが、朝日がこのような記事を書くとは思わなかった。
タイトルは【安保法案賛成、各地でデモ 「徴兵制復活ありえない」】だが、、、

朝日発で「安保」「デモ」「徴兵制復活ありえない」だと、一瞬、異なる意味で受け取りそうになってしまった。
徴兵制が復活してしまうだなんて、そんなひどいことはありえなくて抗議するデモ、と読みかけてしまった。。。
当然ながら「徴兵制の復活などありはしない」というデモである。

 

 

 

第三者として、見る。
本来であれば、最前線で暴れているタイプである。
今回、私は安保法制からは一線を退いている。

別件の、重たい政策テーマにかかりっきりだからだ。
他の動きは負荷的にも難しい。(まだ色々やっている。)

第三者としてこのような活動を、報道で触れることは不思議な気分がしてしまう。
常に現場にいた自負があるためだ。

感謝の思い
このようなデモがあったことが、嬉しい。
そして、その場に足を運んでくださった多くの人に、ありがとうと言いたい。

やはり楽ではない。
誰かの足跡が、事実となり、
報道を経て、それはソースとなる。

その当たり前のフローに思いを馳せると、ただ嬉しく思う。

 

法案の深化
私は、法案の推進側ゆえ、こんなことを言うと怒られるのかも知れないが
賛成であれ、反対であれ、(政治活動という形でなくとも)意思表示を行う方の存在が嬉しい。

赤勝て、白勝てではないが、両者の議論が深化してこそ
練り上げられた良い法案となると考えるためだ。
国防という重要なテーマを論じる以上、どんどん頑張って頂きたい。
(建設的な議論であれば、だが。)

 

 

 

安保法制の動き

このように俯瞰して見ると、いつもと違う景色が見える。
不思議に思う点もあった。

保守陣営ゆえの余裕かも知れない。
少し余裕のコメントをしてしまうのは、状況を軽視している!とお叱りを受けるかもしれない。
それが驕りとなり油断となってはいけないが、左派の動きは少し妙なのだ。

左派は、戦力を投じすぎているように思う。
なぜならゴールがない。

政権与党が、衆議院であれだけの議席を有する以上、
参議院が仮にどうなろうとも法案自体は通る。
どうなろうとも、通る。

 

衆院再可決の重み
政権与党があれほど力を入れているのだ。
何があっても、どうあっても、通るものは通る。

通せなかったら政権が崩壊する。
そもそも国政選挙は何だったのかという話になり、憲政の大河に謎の異物を置く結果となる。
そんなことはありえない。

制度として衆院再可決がある以上、「それを使わない」という判断は
国政選挙における民意への愚弄とも言え、「謎の異物」と言われても仕方ない。
イデオロギーを抜きにフラットに考えても、ありえないものはありえない。

 

思惑は何か。
左派がこれほどまでに全力を投じたのはいったいなぜなのか。
これらの動きは、恐らくは組織拡大や組織の引き締めとしての効果も見越しているのだろう。
もしくは条件反射的なものであったり、存在意義ゆえ(ある意味では惰性で)反対ではないか。

左派がこれほどまでに全力を投じたのはいったいなぜなのか。
その問いに対する答えは、誰も持たぬだろう。

最終目標は法案の廃止なのだろうが、「組織維持や組織拡大」以上の効果は見込めないからである。

 

左派も戦力不足
とは言え、左派も戦力には余裕はない。
高齢化は進み、かつ新たなツール(web)からの世論に手いっぱい。
人員を含む戦力は、破断すれすれと言ったところではないか。
ここで「ゴールのない政策課題」に全力を投じるのは、理解に苦しむ。

さらに。
「沖縄」「原発再稼働」とさらに戦力を分散。
何をやっているのだろう、驚いてしまった。
兵法で考えれば、これでは各個撃破のフラグ、いい餌食である。

私が「いまだ!チャンスだ!ボーナスタイムだ!」と叫んだのは、こういう理由であった。
実際、いたるところで警戒が甘くなっている。

そうそう、さらにマイナンバーも出てきたので大忙しだ。
相手の台所事情を心配しても仕方ないが、いったいどうするのだろう、とは思う。

 

 

 

賛成派デモの意義。

前述のような状況かな、と私は想定している。
このような状況で「賛成派のデモ」まで出てきた。
しかも全国で大々的に行っている。
さらにそれが報道に載った、、、

戦力を安保に投じすぎた左派にとって、
沖縄・原発再稼働・マイナンバーと大忙しな左翼にとって
この報道が国民に周知されていくことは、心が折れるほど手痛い打撃なのではないだろうか。
主にメンタル的に。

デモをして、報道に載る。
あたかも国民の世論の中心にいるかのような、そのような思い・・・。
それは今まで「左翼だけのもの」であった。
「そうではない」という当たり前の現実は、なかなかに受け入れがたいのだろう。

そういうわけで、情報の周知をお願いしたい。

 

 

 

誰かの足跡が、事実となり、

 

報道を経て、それはソースとなる。

 

まずもって参加された皆様に感謝を。

 

そして「ありがとう」の思いを行動に。

 

感謝の思いは、大きくは報じられぬであろう、これらのソースを

 

「次の誰か」に伝えるため、声を挙げていくことで果たしたい。

 

賛同して頂ける方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【拡散】安保賛成派がデモ「戦争法案のレッテル貼りは見当違い」 への18件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【拡散】安保賛成派がデモ「戦争法案のレッテル貼りは見当違い」 誰かの足跡が、事実となり、 報道を経て、それはソースとなる。 まずもって参加された皆様に感謝を。 そして「ありがとう」の思いを行動に。 大きくは

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    >誰かの足跡が、事実となり、
    >報道を経て、それはソースとなる。
    >まずもって参加された皆様に感謝を。
    >そして「ありがとう」の思いを行動に。
    全国で行動された皆様に、心から感謝!そして、ありがとうございます

    ありがとう!ありがとう!ありがとう!ありがとう!ありがとう!

  3. たろう のコメント:

    朝日新聞は、従軍慰安婦キャンペーンをやり抜いたような確信犯的な反日左翼と、とりあえず定年まで働いてそこそこの年収を稼げたらそれでよいという日和見的なサラリーマンの2種類の人種から構成されます。安保法案賛成のデモを紹介したのは、少しはバランスをとって読者離れを防ぎスポンサーへ公平性をアピールしようとした後者グループの活動でしょう。
    少ししつこいかもしれませんが、日本人なら朝日新聞を絶対に信用してはならないし、過去の犯罪を許すということは絶対にあってはならないと思います。百害あって一利なしの印象操作やデマの拡散機関です。

    (話が飛躍しますが)日米安保は重要かもしれませんが、個人的に「米国は基本的に信用ならない社会である」と頭に刻みこまれた事件に、イラク戦争前の「ナイラ証言事件(1990年)」というのがあります。これはほんとうにおぞましい偽証事件でした。このナイラという少女が、イラク兵がクェートにやってきて病院の保育器にいれられた赤ん坊をひきずりだして床に投げつけたという恐ろしい証言を米国の人権委員会とやらで行って、メディアが一斉報道し、世界中を震撼させました。
    これを米国の議員たちが激しく非難して、その非人道性を世界に訴えました。メディアも世界中に怒りを伝搬しました(それでいまだにこの逸話を真実だと思っている人々が世界中に多いと思います)。
    実は、これは嘘八百のでたらめで、真相はクェートの工作員が、(クェートに行ったこともない米国在住の)少女に嘘の証言をするように演技をおしえこんで、それをびっくりするほど迫真の演技で委員会で証言をしてみせたというのが、その後の調査で暴露されました。当時は、証言がインチキであったことがばれても米国のメディアはあまり報道せずに、激しく非難した政治家たちもさほど後悔もしてなかったように見えました。

    こんな嘘八百のデタラメ証言をするのは、こんな通り、敵国の工作員くらいなものです。ところが、このナイラ偽証事件の1年後に吉田清治という詐欺師を朝日新聞が前面に押し出して従軍慰安婦キャンペーンを開始しました。しかもそれまで何度も朝日新聞は吉田清治を利用していました。日本の新聞社が世界のなかで激しく日本をおとしめるために異様な工作を実行したのです。
    ほんとうに精神異常者どもです。こいつらは。自分たちのやったことをいまだに自覚していません。そして、いくら批判しても、まともな反論が返ってくることはなく、印象操作で上塗りするだけでした。

  4. たろう のコメント:

    朝日新聞の憲法学者へのアンケートだけは、無意識的な「グッドジョブ」かもしれません。「自衛隊は違憲」だという憲法学者が4割近くもいたのです。
    日本国民に十分認知され国際社会でも貢献してきた自衛隊に関してさえ、違憲か合憲かで憲法学者が2分されていました(朝日新聞はその部分は不都合だと思ったのか回答をすぐに公表せずに隠ぺいしたらしい)。
    そしてその憲法学者たちは、これだけ解釈に違いがある問題の憲法でもアンケートで多くが改正に反対していました。(いま憲法改正したら憲法9条が変えられると思って反対していたのでしょう。本心では自衛隊は違憲と考えている憲法学者も多いと思われる)
    こういう本質を曖昧にして、論点をずらして集団自衛権の神学論争に国民を導くマスメディアや評論家が異様に多いことが、問題だと思います。

    安全保障問題の本質は、日米安保体制が(いくら米軍が一方的に日本を守るいわゆる「片務的」といわれても)、国際常識的には「集団的自衛権」を象徴する条約であることを表しています。
    日本が専守防衛や自衛の範囲内で米軍に協力するという意味で、穏当な集団的自衛権的解釈は現状にそくしたものであり、多くの国民も支持しています。
    反対者が執拗に突く手続きの正当性などについては議論すればいいと思いますが、違憲であると信じるなら、その者たちは、法的手段に訴えて最高裁の判断でも仰ぐがよいと思います。(世界のどの先進国からも嘲笑されるか無視されると思われます)

    ただし個人的には、安倍首相の「韓国は重要な友好国であり、攻撃されたら集団自衛権の範疇となり、派兵は絶対にしないが後方支援は行う」との発言は撤回してほしいと以前から思っており、せめて「万が一、朝鮮戦争が勃発した場合に、韓国と同時に日本が北朝鮮の攻撃対象とされる可能性があるので、米軍と密に連携して攻撃可能性は事前に察知して必要な手を打つのが集団自衛権の範疇となる」という表現などに変えてほしいと切に願っています。
    日本人の同胞の拉致は続いていますが、解決には北朝鮮崩壊しかありません。日本が朝鮮半島の身内殺し合いにまきこまれるなど言語道断であり、よほどのことがない限り、自衛隊員の血が一滴も流させないという意思を示してほしいと思います。

  5. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     本日,平成27年8月30日,国会周辺 外 全国各地で,例のごとくレッテル張りのデモが再び,より強力に行われる予定で,例の問題の東京都八王子市議会議員の大元帥様も参加を宣言し,自身のSNSで高らかに誇らしげに謳っております。
     当該議員は,8月一杯ネットから離れる旨宣言しておきながら,僅か1週間でこれを反故にし,SNS界隈に帰ってきた約束破りを露呈した者です。

    8月17日
    佐藤あずさ
    @azusa_sato11

    8月いっぱい、SNSを使用するのを控えます。
    僅かな期間ですが、Webから離れて過ごしてみようと思います。本を読む時間に充てます。
    ホームページはいつも通り更新を続けます。

    8月17日
    佐藤あずさ
    @azusa_sato11

    私がしばらくSNSを控えようと思う理由は、いわゆるネット右翼とされる人々だけに起因するものではありません。
    想像力や思いやりを欠いた短絡的な意見の押し付けや批判、揚げ足取りというのは、自分が受けても、誰かが受けているのを見ても、やりきれないものがあります。

    >想像力や思いやりを欠いた短絡的な意見の押し付けや批判、揚げ足取りというのは、

     いやぁあ,そりゃぁあんたが他人様にやっていることでしょうに。
     戦争法案戦争法案だのレッテル張りばっかりして。
     そして今日,その己を棚に上げた左翼思想の真骨頂を,神聖たる国会周辺で炸裂させるんでしょう・・・。
     嗚呼,無情。

    • 高橋 エマニエル=努 のコメント:

       意味不明な衆愚政治助長クオリティ炸裂たる,偽善スタンス全開の訳の分からぬ市民団体が中心となり,公安調査庁指定新左翼系セクト・極左暴力集団=共産党・世界暴力革命派+社会党・社青同解放派の議員が加わり,火にガソリンを注ぐかの如き醜態をさらされるのだ。
       神聖たる国会周辺,さらには全国各地で。
       嗚呼,忌まわしき己を棚に上げた揚げ足取り・レッテル張りの呪いの語句が炸裂するのだ。
       甚だグロテスクな醜態であり,生きたサナダムシを首に巻かれるかの如く,不快極まりない。
       平成27年8月30日,この日を,私は決して忘れない。

    • 高橋 エマニエル=努 のコメント:

      (※8月17日+7日=8月24日)

      8月24日
      佐藤あずさ
      @azusa_sato11

      みなさんこんにちは!Twitter、Facebook再開します。1週間で戻って来ました。色々なことが同時多発的に起こった激動の1週間だったのですが、元気に仕事をしています。
      読みたかった本も読了!
      明日は閉会中の常任委員会です。 pic.twitter.com/lAIGE7Fs3b

      >1週間で戻って来ました。
       平気で約束を反故にするのが本当にお好きなようですね。

      >読みたかった本も読了!
       どうせ違法不倫変態恋愛官能小説でしょ。いつものノリで。
       そんなの読む暇あったら,レ・ミゼラブルのジャン=バルジャン先生でも見習うなり,八王子市の例規並びに税法及び福祉法でも勉強されたい。

  6. たろう のコメント:

    しつこく連投すみません)
    「赤勝て、白勝てではないが、両者の議論が深化してこそ練り上げられた良い法案となると考えるためだ」とのお言葉に感じられるニュアンスとして、小坪先生が左翼にある意味で「寛大」となられるのは非常によいことだと思われます。(あまりに敵視が強いと後援会でもないのにヒヤヒヤすることがありました。やはり政治家となれば<見せかけだけでも>寛大でいてほしいと思わざるをえません)

    しかし(これも自明でありましょうが)、日本の左翼の(特に反日左翼の)思考の典型的特徴は、
    ・ゲスの勘ぐりとあら探し
    ・重箱のすき間を突っつくようなすき間愛好の思考性癖
    ・自己保身からくる滑稽なダブルスタンダード

    これが3点セットであり、ほとんど議論する価値がありません。ほんとうにこれだけです。左翼の思考ペースにまきこまれてまともな日本人までが些末な議論にはまり込むようになりました。

    (お釈迦さまに説法でしょうが)なにかを議論して議論に勝つためには、「何が(どの論点が)本質的であり重要なことか」「逆にどの観点が本質的でないか(重箱のすき間を突っつくような下らない観点か)」というのを明確にして、議論をたたかう必要があると思います。
    たとえば議論の10個の観点のうち、どうでもよい些末な8つの観点で議論に負けても、残りの重要な観点2つで相手に勝てばトータルでは議論に勝つことができます。

    現在の日本の安保騒動だけでなく、1960年代の安保闘争から狂ったように延々と続く日本の安全保障騒動の本質は、戦後日本のマスコミや教育中枢に浸透した共産主義者の「呪い」が戦後ずっと現代まで続いていることが背景です。
    無知な日本人でも、それだけなんとか理解できれば騒動の本質がわかると思います。

    私たち高度経済成長の後半に生まれた世代にとっては青年期は、東ヨーロッパの実態など共産主義の悪が暴露されて、共産主義思想が衰退する時代でありながら、ひどい反日イデオロギーがマスコミ等で蔓延していった時代でした。
    理由は単純で、共産主義左翼が生き残りのため北朝鮮など共産主義美化をあきらめて、猛烈な反日活動に特化していった時代だったからです。

    どんなものだったか?ひと言で到底あらわせないですが、
    たとえばランダムにふと思い出したのが
    ・日本がソ連などとの全面講和でなく西側諸国との単独講和で経済的にも政治的にも成功したのをねたんで、常に「単独講和のため戦争にまきこまれる」と吹聴した。
    ・経済では共産主義を見限って資本主義にのりかえようとしたのだが、そのため中国共産党の権威が低下するのでなんとか共産党権威だけは維持したかった中国と組んで、旧日本軍をむちゃくちゃの悪魔集団と執拗に描いて、それを倒した正義と宣伝するのに協力してやった
    ・左翼を理路整然と批判する識者は陰湿におとしめて言論を封じようとしたが、キチガイの自称政治家の赤尾敏などは野放しにして茶化した。(「俺だったら土井たか子などを刑務所にぶちこむ」と宣言するのを国民に見させて愛国者は危険だと思わせる作戦だったのだろう)
    ・日教組や学者などが、子どもたちにひたすら旧日本軍の虐殺絵を見せた。自衛隊も殺人集団と見せかけようとした。(自国の軍隊を殺人鬼と描くのが堂々と大手をふって教育をするなど、しかもそういう教育者が何千人もいるなどとは、ちょっとまともな社会では考えられない)
    ・戦争を反省しない日本人はネオナチと同じと国際社会に宣伝して、数々の歴史認識騒動を起こして無責任にも外交関係を混乱におとしこんだが、それが「責任ある態度」と強引な屁理屈でねじまげで卑劣な無責任性を擁護した。(実は日本人の「反省」の区切りがついたら、自衛隊くらいはもってもよいだろうという議論になるのを恐れて、いつまでも「日本人は反省しない」と見せかける必要があった)

    まあすさまじい精神異常者どもです。
    日本はアジアのホロコースト魔でろくに反省もしないから軍隊をもつ資格もない、というのが彼らの日本に対する自画像であり、それが根底にあります。
    これらの異常な左翼連中の存在を過小評価するならば日本の戦後の歴史の全体像は絶対に解明できないと断言できます。
    戦後日本の知識人の系譜などを追っていくと、(一人息子を戦死させてケロイドの顔にまでなっても)日本が攻撃されたら武器をもって立ち上がると断言した小泉信三とか、欧米人ではなく日本人自らが独立心をもって歴史を評価しなければならないと真正な歴史批判を展開した竹山道雄など、堂々たる品性の知識人が多少はいたにもかかわらず、なぜかいつのまにか左翼のチンピラ知識人がはびこるようになり、箸にも棒にも掛からぬ無能なクソマスコミもその洗脳に手を貸すようになったようです。

  7. まー坊 のコメント:

     長崎での賛成デモが長崎新聞にものってました。
    また長崎新聞は個人の意見を顔写真付きで毎日
    反対意見と賛成意見をのせてます。

     時代の移り変わりを報道側も鈍感にではありますが
    感じ取ってるんじゃないでしょうか。

  8. 生野区民 2 のコメント:

    個人的に思うのは、日本で戦争法といわれるとしたら間違いなく憲法9条だろう
    この9条という戦争法のお陰で、竹島が侵攻略奪され一般漁民が惨殺、拷問され日本内の
    朝鮮人受刑者と漁民が交換に、解き放たれたから自衛隊の前身警察予備隊が設立されなかったら、戦争法9条のために対馬も侵攻されてたと思う
    竹島侵攻の際の漁民拷問の証拠
    >李承晩ラインで拉致されて顔周辺に大火傷を負った日本の第三興洋丸の漁民
    http://i.imgur.com/wT2HB6p.jpg

  9. てつろう のコメント:

    何と赤旗記者がツイートしています。
    決して穿った報じ方ではなく、極めてフラットに事実のみを書いています。

    紙面になったかどうかは確認していませんが、これだけでも快挙と言えるように思います。

    https://mobile.twitter.com/akahataseiji/status/637489347663532032

  10. うえ のコメント:

    小坪先生こんにちは。

    朝日新聞が珍しく安保法制賛成派のデモを取り上げたのは、翌日の反対デモと比較するためではないかという見方が出ています。
    つまり「安保賛成派デモは500人しか集まらなかったが、反対デモは○万人集まった。どちらが本当の民意を表しているかはあきらかだ。」などとやるのではないかと。

    結果はさてさて・・・。

  11. 尖晶石 のコメント:

    「徴兵制復活」が効かなくなったっぽいから、中立公正アピールに使ったのかな?
    と邪推してしまう私。
    でも、デモの存在が報道されたっていうのは凄いことのように感じますねぇ。
    でもやっぱり、いつか小さな騒動を拾ってデモ活動を叩いたりしてきそうで怖い。

  12. 桃太郎 のコメント:

    8月30日、本日国会前で安保反対デモがあり、参加者12万と公表してますが警察発表では「3万人位」だそうです。
    この盛り方笑ってしまいます。またそれをマスコミが12万と宣伝してる有様ですよ。
    野党の仕事できない売国奴議員がそれを利用する。反対派は安保法制を理解する気はさらさらないのですからへたに長引かせない方がいいと思います。会社内では7割の人が安保賛成なのに労組の上の指示で反対デモに無理やり参加させられてる人もいるようですが、この国はホントおかしい。
    朝鮮総連団体の減税処置が廃止になったそうですが、ますます在日半島人らの安倍総理への反撃が増してくるでしょう。総理をしっかり応援して守っていきましょう。

    • 高橋 エマニエル=努 のコメント:

       なっ!?なんですって!!??
       そんなに盛っていたなんて!!!!
       公職にある例の大元帥様も,同様の人数を誇らしげに自身のサイトで謳っているのを読んで,相当程度,いらっとしていた中・・・。
       笑止千万!!!!
       公職者が揃いも揃って,3万を12万までって・・・。
       ここまで来ると,もう,宗教団体ですね。

      8.30 「戦争法案」反対!八王子駅前1200人、国会前12万人
      http://super-azusa.net/archives/2122

       例の人のシュプレヒコール
      https://www.youtube.com/watch?v=b9IjNsXPy6k&feature=youtu.be
      と,その他写真諸々の目つきがやばいのです。

       嗚呼,無常・・・。

    • 尖晶石 のコメント:

      私は30万人って聞きましたよ・・・
      https://twitter.com/SEALDs_jpn/status/637945922752610304
      デモを応援している人は警察マスコミが嘘つきだと言っていますね。警察ってどうやって数えているんだろう。

      毎度おなじみの別のデモやスタジアムとの人数画像比較。
      ここのまとめサイトは実際に画像からおおよその人数を数えたものも紹介してあって面白かったです。
      こうやって細かく区切って数えるとわかりやすいですね。自分で確かめてはいないですが。
      http://mera.red/%E3%81%AF%E3%81%84%E3%81%AF%E3%81%84%EF%BD%97%EF%BD%97

  13. 島津尊彦(ラングーン) のコメント:

    デモに行けなくて申し訳ない❗

    ただ、私は表へ出ず、裏方に徹したい

    ネット保守連合 ラングーン (@takasi_sns)

  14. こよみネツト保守連合「東京所属」 のコメント:

    小坪さん応援しています.日本の為に頑張ってくれて感謝しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です