【対CHINA】一歩も退かぬAPAホテルを支えよう!【支援表明】


 

 

APAホテルが「CHINAの都合」「メディアにより」人工的に炎上させられようとしている。
日本と利害関係が対立する他国が、しかも世界的に見ても規模の大きな国が、民間の一法人に対し「攻撃」を仕掛けている構図だ。

日本の国内メディアは、なんと「他国に追従」の方針を、ちらほらと示している。
ここで私たちが退けば、一気にメディアスクラムでのAPA攻撃が始まるだろう。

ネット論壇の諸氏よ、そして当Blogを訪問する多くの者に呼びかける。
「APAホテルを支援せよ!」と。

ここは日本である。
仮にCHINAが如何に大きな資本を有しようとも、単に「国内の宿泊」に限定すれば、
私たち日本人が落とす金のほうが大きい。

これは分水嶺である。
「CHINAにこびぬ日本企業」が、ビジネス的に成功を収めること。
次の企業の勇気になる。

政治家として、呼びかける。
「あの時の二の舞は、ご免だ」と。

騒動に発展し、時の航空自衛隊トップの更迭となった田母神論文。
あの主催はアパホテルだった。
あの時、ネットは今ほどの力を持たなかった。

メディアはいい様にやってくれた。
リーマンショックに備え、解散秒読みの自民党は、守ることすらできなかった。

政治家よ、国会議員のみならず、地方議員たちよ。
「今度こそは」という覚悟はないか。

確かにAPAグループは、企業として見ればかなりの規模ではある。
だが民間法人に過ぎず、メディアスクラムの前には分が悪い。
そもそもCHINAに対し、法人ひとつでどこまで戦えるのか、だ。

問いたい。
一人でやらせていいのか?
APAは、一歩も退かない。
私たちは、退くのか?

見て見ぬふりをするというのか?
「あの時」とは違う、私たちは力をつけたはずだ。
支えよう、苦い酒を煽る夜は、まっぴらご免だ。

誓おう。
当方が出張で用いる際には、可能な限りAPAホテルを利用する。
奥様方、旦那様の出張の際には「APA」と一言。
政治家は、当然のこととして同じ判断を下して頂けると信じる。

信じる。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

メディアに告ぐ
君たちは、いま迷っている。
「APAを叩きたい」が、ネットの反応が気になる、

下手に叩くことで、対CHINA従属と批判されることを恐れている。
いまだ結論の出ていない「南京」を肯定することもできず、
「ちゅうごくさまぁー!」と叫ぶこともできず、

様子見をしている、と。
そんなところか。

 

日本国民に告ぐ。
メディアは様子見をしている。

こういうものは、先手必勝だ。
支援表明は、APAの勇気になろう。

 

のみならず、「メディアの出鼻をくじく」ことになる。
偏向報道に嫌気がさしている者たちが多数を占めることと資料する。

いまこそ立ち上がれ。
メディアは「APAが叩きたくて」うずうずしている。

メディアスクラムが始まる前に、やつらの野望をくじいてみせよ!

 

 

 

日本国民に告ぐ
現在、APAホテルは一歩も退かぬ姿勢を貫いている。
その姿勢を維持し、支えることは、私たちの責務である。

 

小さな声の結集こそが、まさに力である。
敢えて、この言葉を口にしたい。

 

団体での利用は無視できぬだろうが、
個人の訪問客も大きな力。

CHINAからの大口の客と、
「日本人の小口の客の結集」
どちらが大きいか、という勝負だ。

いかにCHINAが大きな国であろうとも、
ここは日本だ。

 

繰り返す。
ここは日本だ。

 

【民間企業 and 日本国民有志】 vs 【経済大国CHINA】

通常であれば、分の悪い戦いだ。
だが、日本国内であれば、私たちにやりようはある。

尖閣諸島にボートで漕ぎ出し、向こうの海警の艦船と殴り合うことは現実的ではない。
海上保安庁でもなく、海上自衛隊でもない私たちになすすべはない。

だが、国内出張や旅行の日程に折り込むだけならば、私たちにもできる。
尖閣で戦うんじゃないよ、私たちにできる戦いがある。

 

【民間企業 and 日本国民有志】 vs 【経済大国CHINA + 日本の偏向メディア】

となると、手の打ちようがない。
まずはメディアの出鼻をくじき、しっかりと支えよう。

 

日本国民に告ぐ。
楽な戦いではない。

二度も三度も、APAホテルを苦しませるのか?
私たちは、できることをなす責務がある。
あのような苦しみを、彼らは背負った。
にもかかわらず、いま再度、立ち向かおうとしている。

 

 

 

田母神論文
仕方なかった、と言えば聞こえはいい。
時は麻生政権末期、メディアスクラムにより自民党は包囲網を敷かれていた。

予算を通すにもギリギリの状態で、
その予算こそは、次の未来を紡ぐ重要な政策群であった。
恐るべきリーマンショックの荒波。

 

民主党への政権交代の風、
常識では考えれぬレベルの偏向報道の嵐。

なすすべくもなく叩き潰されていく自民党の国会議員。
中川昭一先生は、どうなったか、記憶している者はいるか?

 

田母神論文が問題視されたのは、この時期だ。
APAホテルが主催するもので、あくまで民間企業の主催するものに過ぎない。

よく考えて欲しい。
「たかが民間の一法人の主催する賞」を、メディアが殊更に取り上げる必要が、どこにあったのか。

国会で審議し、空自トップを更迭するほどの理由。
そんなものはどこにもない。

 

確かに公務員である以上、その肩書の重みはある。
だが「あの状況」は、いま考えても違和感がある。

メディアは、自らの力を過信し、
「殺したい者を、社会的に抹殺する」という暴挙に出た。
その力を有しているとでも錯覚していたのだろう。

 

いや、錯覚ではなく、実際に有していたわけだ。
その際に最も苦しい思いをしたのは誰か。

よく考えて欲しい。
苦しい局面を耐えたのは、田母神さんだけではない。

 

賞を主催した、アパグループに他ならない。
私自身もアパの役員さんと同席させて頂いたことがあるが、
あの時のショックは隠しきれぬものであったように感じる。

 

それでも、

それでも、なお

アパホテルは、退かない。

 

私たちには、なすべきことがある。

少なくとも、私には、なすべきことがある。

二度と、あのような思いはさせない。

今度は、一人ではやらせない。

私たちがついていると、言える者はいないか?

私は一人でも叫ぶ、アパホテルを支援する、と。

 

 

 

敵は、中国外務省
実は、あまり楽観視できる状況にはない。
相手は、なんと(CHINAの)外務省であり、CHINAそのものと言っても過言ではない。

大きいぞ。
何があるかなんて、わからない。

一社で立ち向かうには、正直、でかい。
相手にとって不足はない。

推して参る。

 

【歴史戦】アパホテルを中国外務省が批判 客室の書籍「南京大虐殺」を否定

【北京=西見由章】日本のビジネスホテルチェーン大手のアパグループが運営する
アパホテルの客室に、「南京大虐殺」や「慰安婦の強制連行」を否定した書籍が
備えられていることに対し、中国外務省の華春瑩報道官は17日、「日本国内の
一部勢力は歴史を正視しようとしない。正しい歴史観を国民に教育し、実際の
行動でアジアの隣国の信頼を得るよう促す」と述べた。中国外務省が日本の
民間の言論にまで批判の矛先を向けるのは異例だ。

華氏は「強制連行された慰安婦と南京大虐殺は、国際社会が認める
歴史的事実であり、確実な証拠が多くある」と主張した。

この問題はアパホテルに宿泊した中国人と米国人の男女が12日、
中国版ツイッター・微博で書籍について指摘し、中国国内のネット上で
非難の声が上がっていた。中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は、
日本で営業している中国の旅行社がアパホテルの取り扱いを中止したと報じた。

 

 

ホテルに右翼本 日本は歴史への直視と反省を=外務省

2017-01-17 19:39:10 cri

日本のアバホテルの客室に南京大虐殺や日本軍従軍慰安婦の存在などを否定
する右翼の書籍が常備されていることに関して、外務省の華春瑩報道官は17日の
定例記者会見で、「慰安婦の強制連行と南京大虐殺は、第2次世界大戦期間中、
日本の軍国主義が犯した深刻な非人道的な罪であり、国際社会も認める歴史的事実だ。
日本側に歴史への直視と反省を促していきたい」と述べました。

華報道官はまた、「これは日本国内の一部勢力が終始歴史を直視せず、
延いては歴史を否定し歪曲することを企んでいることを改めて示すものだ」と指摘しました。

http://japanese.cri.cn/2021/2017/01/17/162s257348.htm

 

 

 

一歩も退かぬ、アパホテル
以下は、アパホテルの公式のニュースリリースである。

 

客室設置の書籍について

 

 弊社ホテル客室に設置している『本当の日本の歴史 理論近現代史』等について、南京大虐殺を否定するものだとして批判的に取り上げる動画がインターネット上にアップされたことをきっかけに、昨日からご意見やお問い合わせをいただいていますので、ここで弊社の見解を述べさせていただきます。

 ご指摘のあった書籍は、本当の日本の歴史を広く知っていただくことを目的として、弊社グループ代表の元谷外志雄が「藤誠志」のペンネームで月刊誌『Apple Town』に連載している社会時評エッセイを1年分まとめたものに、まえがきとして解説を付して制作したもので、日本語の他に、英語訳も付いています。

 本書籍の中の近現代史にかかわる部分については、いわゆる定説と言われるものに囚われず、著者が数多くの資料等を解析し、理論的に導き出した見解に基づいて書かれたものです。国によって歴史認識や歴史教育が異なることは認識していますが、本書籍は特定の国や国民を批判することを目的としたものではなく、あくまで事実に基づいて本当の歴史を知ることを目的としたものです。したがって、異なる立場の方から批判されたことを以って、本書籍を客室から撤去することは考えておりません。日本には言論の自由が保証されており、一方的な圧力によって主張を撤回するようなことは許されてはならないと考えます。なお、末尾に本書籍P6に記載しています、南京大虐殺に関する見解を掲載いたしますので、事実に基づいて本書籍の記載内容の誤りをご指摘いただけるのであれば、参考にさせていただきたいと考えています。

 

(少し長いため、全文記載しますが折り畳んでおきます。)

 

『本当の日本の歴史 理論近現代史学』P6
二、南京三十万人大虐殺

クリックして下さい!
 中国は日本軍が南京で三十万人を虐殺したと主張しているが、そもそも当時の南京市の人口は二十万人であり、三十万人を虐殺し、その一ヶ月後には人口が二十五万人に増えていたなどあり得ないことだ。しかも国民党中央宣伝部に雇われていた二人を除いて、欧米人など第三国の人が虐殺を目撃した日記も手紙も写真も、記録したものが一つもないことなど、更には、上海大学の朱学勤教授が「いわゆる南京大虐殺の被害者名簿というものは、ただの一人分も存在していない」と論文で発表したにもかかわらず、辞職もさせられていないことなどから、いわゆる南京虐殺事件が中国側のでっちあげであり、存在しなかったことは明らかである。

 そもそも日本軍が南京に侵攻したのは、一九三六年、張学良が蒋介石を西安で拉致監禁した西安事件をきっかけに、コミンテルンの指導で第二次国共合作が成立したことで、国民党政府軍は中国共産党への攻撃をやめ、国民党政府軍に共産党勢力が入り込み、日本軍を挑発して、日本を戦争へ引きずり込んでいったことが背景にある。

 一九三七年七月七日、中国盧溝橋付近で北京議定書に基づき合法的に駐留していた日本軍の軍事演習中に、日本軍とその近くにいた国民党政府軍の双方に対して実弾が発射されたことをきっかけに、戦闘状態になった(盧溝橋事件)。この双方への発砲は、後に中国共産党国家主席となった劉少奇(りゅうしょうき)が指示したものであることを、彼自身が告白している。事件不拡大を望んだ日本軍は、その四日後には停戦協定を結んでいる。

 しかし、日本を激怒させ国民党政府軍と戦争をさせる為に、同年七月二十九日、中国保安隊によって日本人婦女子を含む二百二十三人が残虐に虐殺された「通州事件」や、同年八月九日に起こった「大山大尉惨殺事件」、更には、同年八月十三日、国民党政府軍に潜入していたコミンテルンのスパイである南京上海防衛隊司令官の張治中(ちょうじちゅう)の謀略によって、上海に合法的に駐留していた日本海軍陸戦隊四千二百人に対して、三万人の国民党政府軍が総攻撃を仕掛けた第二次上海事変を起こすなど、中国は日本に対して次々に挑発を繰り返し、それまで自重し冷静な対応を取っていた日本も、中国との全面戦争を余儀なくされたのであり、不当に日本が中国を侵略したわけではない。

 上海事変で勝利した日本軍は、敗走する国民党政府軍を追撃し、国民党政府の首都であった南京を攻略し、同年十二月十三日に南京占領。このとき敗残兵が住民に対して略奪、虐殺を行なった。それらの敗残兵が民間人の衣服を奪って便衣兵(ゲリラ)となったことから、日本軍は便衣兵の掃討作戦を行った。便衣兵(ゲリラ)の殺害は国際法上認められているものであり、一般住民を虐殺したのはこの敗残兵達(督戦隊が撃ち殺したのは、逃亡中国兵であった。)であった。しかし、こうした事実が歪められて、情報謀略戦として、「南京三十万人虐殺説」が流布されたのである。そもそも既に南京を攻略した日本軍にとって、南京で虐殺行為をする理由はない。一方、通州事件や大山大尉惨殺事件、第二次上海事件などでの日本人に対する残虐行為には、日本軍を挑発し、国民党政府軍との戦争に引きずり込むというコミンテルンの明確な意図があったのである。

 

理論 近現代史学

数々の事実を付き合わせ、あり得ることかあり得ないことか考えて、矛盾なく、理論的に説明ができる近現代史が、理論近現代史である

 

クリックして下さい!
理論 近現代史学

数々の事実を付き合わせ、あり得ることかあり得ないことか考えて、矛盾なく、理論的に説明ができる近現代史が、理論近現代史である

「南京大虐殺」が「虚構である」証拠の数々

1.まず、「『南京大虐殺なること』に関する『犠牲者名簿なるもの』は唯の一人分も無い。」(上海大学歴史学部・朱学勤教授による。平成十九年十二月二十日付産経新聞)。この一点だけ捉えても「南京大虐殺なること」が如何に荒唐無稽な作り話であるかは既に立証された様なものである。(仮に、「南京大虐殺」なることが真実であるならば、「三十万人」という数字の何割かの「犠牲者名簿」が存在しないはずがない。)

2.「南京大虐殺」の犠牲者は、「三十万人」ということになっているが、日本軍が南京を制圧した昭和十二年十二月十三日当時、南京市内には、約二十万人の民間人しかいなかったという記録があり、併せて、約一カ月後、昭和十三年一月十四日の時点では、人口が五万人以上増えて、約二十五万人~三十万人になっていたという「南京安全区国際委員会記録」が残っている(田中正明著『南京事件の総括』二十九頁)。

3.日本軍が南京を占領する約一カ月前、昭和十二年十一月より翌年の九月迄、蒋介石率いる国民党は、ほぼ毎日の様に、欧米のマスコミ関係者を集めて、記者会見を開き、日本軍に対するイメージダウンの目的で、日本軍の不法行為等について嘘八百の発表、宣伝工作を続けていた。そして、その回数は延べ三〇〇回にも及んだという。処が、当時、国民党は「南京大虐殺」などという事を一度も言ったことが無かったという。何故か?それは、その様な事は全く起きていなかったから言わなかっただけである。仮に、当時、南京で「大虐殺」が起きていたならば、其の事を其の記者会見の場で取り上げないはずがなかったであろう。

4.「南京大虐殺記念館」等に展示されている写真は、全て合成写真または、「通州事件」等、中国人が日本人を虐殺した写真を始めとする、全く別の写真であることが、東中野修道教授(亜細亜大学)によって証明されている。もしも、南京大虐殺なる事が真実であるならば、その証拠写真が一枚も無いはずがない(東中野修道・小林進・福永慎次郎共著『南京事件「証拠写真」を検証する』草思社)。 (所謂)「南京大虐殺なること」が有ったと問答無用で決めつけたのは、「極東国際軍事裁判」、(所謂)「東京裁判」の中である。それでは同裁判の内容は一体如何なるものであったのか?  東京裁判を傍聴した冨士信夫氏は、『南京大虐殺はこうしてつくられた』(展転社)の中で、「南京大虐殺」なることが全くの虚構であることを裁判記録として記している。

5.朝日新聞は昭和十二年十二月二十日の朝刊半頁を費やして、『甦る平和都市南京』と題する(平和この上ない、当時の南京の)写真特集を掲載している。この風景こそ虐殺否定の何よりの証拠と言えよう(『南京大虐殺の総括』三十二頁)。

6.「南京に大虐殺が有ったと言う様な記録は、中国側の第一級公式資料である何應欽上将の軍事報告の中にさえ、その片鱗も見出せない。」(『南京事件の総括』八十二頁)。

7.「当時、朝日、東日、読売、日経、など全国紙の各支局を始め、地方紙や通信社も、南京に特派員を派遣していた。これらのプレスマンが異口同音に言うことは、『東京裁判で、南京でのあの様な事件が有ったと聞いて驚いた。』」(同百十一頁)。

8.「中国国民党が、作り話を含めて、日本軍の不法行為を糾弾する為に、一九三八年七月七日、国民党の中央宣伝部が「印刷」した蒋介石の『国民に告ぐる書』のどこを探しても、そこには『南京大虐殺』の文字は見当たらない」(同二百九十六頁)。

その他、多々ある。

 

 

 

試される日本
周囲をよくご覧ください。

いま、私たちは試されている。

 

田母神論文の時代、中川先生の時代、
あの時に比較し、「メディアは様子見」をしている。

それは、ネットの台頭により、彼ら自身が「力を失いつつある」ことを自覚しているからだ。
ある意味では、私たちは試されている。
ここで押し返せ!いまこそ分水嶺である。

 

これは単にアパグループの戦いではない。
「本当は叩きたい」日本のメディアに対し、
私たち一人一人が戦いを挑まれていると言っても過言ではない。

 

まさに分水嶺である。
二社目、三社目が出てくるか否か。

しっかりと「スタンスを示す企業」が栄えるのか、
それとも打撃を被るのか。

 

メディアは注目している。
そして、多くの日本の企業が注目している。

嫌な言い方にはなるが、「どちらが儲かるのか」と。

 

一歩を踏み出す勇気を、大手企業ほど持つことは難しい。
それだけの責任を負い、それだけの人生を背負うからだ。

だがしかし「こちらが正解だ」と成功事例が誕生すればどうだろう。
企業のリスク対策部門をも「納得させるだけの成果」があれば、どうだろうか。

一気に流れは加速する。

 

日本は、試されている。
日本国民は、いま試されている。

CHINAから「どれほどの誇りをもっているか」を。
政治家からは「動きはどうなるのか」と。
メディアからは「叩いていいものか?」と。
国内の大手企業から「どちらに追随すべきか」と。

私たち一人一人の戦いだ。

 

 

 

私たちにできること
実はシンプルだ。
金を落とす、それが最も効果を発揮する。

 

私は出張の際には、できるだけアパホテルを使いたい。

というか、今までも使ってきた。
先日の大阪デモもアパに泊まったし、夜は大阪近郊の保守議員さんと共にアパの役員さんと飲んでた。
(ちなみに正規料金を払っております。)

 

サラリーマンの方は、出張の際にはアパホテルを使ってください。
どこも値段という値段は変わりません。

特に都心だと、夜中に外国人の声が騒がしいこともありますが、
アパだと静かな可能性が高い、というメリットすらある。

 

奥様方、旦那さんの出張の際には、
一言「アパ」と言ってください。

 

やることと言えば、それぐらい。

 

特に出張したり、県外に出る機会がないよ、という方も多いでしょう。
というか、ほとんどかも知れません。

是非、FBやTwitterで支援表明を行ってください。
誰かの目に留まることもあると思う。
その積み重ねが、私たちの戦い。

追伸があるとすれば「アパたたきに走ったメディア」を、全力で叩くこと。
ほどなく我慢できぬ者が、第一射を放つだろう。
その際に、ひるまず出鼻をくじくこと。

 

 

 

CHINAの外務省の思惑通りに進ませてなるものか!

 

ここは日本であり、日本人が住む国だ。

 

義に厚く、支えあう優しき国民の住む国だ。

 

かなりの規模とは言え、アパは民間の一法人に過ぎない。

 

メディアスクラムを組まれれば、分が悪いことも事実である。

 

一歩も退かぬアパグループを、支え、助けることができるのは、

 

私たちだけである。

 

田母神論文の時のような、あんな思いを二度とさせてはならぬ。

 

義を見てせざるは勇なきなり。

 

「CHINAの野望、偏向報道と共に戦う」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

(北九州市議選・応援候補)
平成29年1月20日 告示
平成29年1月29日 投開票

●若松区
うえの照弘

●八幡西区
たかき研一郎

●八幡東区
戸町 武弘

●小倉北区
佐藤茂
吉田幸正

●小倉南区
井上秀作
西田一

●戸畑区
田中元

●門司区
日野ゆうじ

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【対CHINA】一歩も退かぬAPAホテルを支えよう!【支援表明】 への64件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【対CHINA】一歩も退かぬAPAホテルを支えよう!【支援表明】 APAホテルが「CHINAの都合」と「メディアにより」、人工的に炎上させられようとしている。 日本と利害関係が対立する他国が、しかも世界的に見ても規模の大きな

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、日々の護国活動ありがとうございます

    >これは分水嶺である。
    >「CHINAにこびぬ日本企業」が、ビジネス的に成功を収めること。
    >次の企業の勇気になる。
    おっしゃるとおりだとおもいます。
    アパホテルを全面的に応援したいとおもいます。SNS、各ブログでも、いいね!推しをがんがんやっていきます。有名なブロガーでは、高須クリニックの高須院長がアパホテルに泊まる!と高らかに宣言されておりました。

  3. 旧新人類 のコメント:

    うち、アパと取引あります。\(^o^)/ これからも宜しくお願いしまーす。偏向メディアは、とっととつぶれてください。

  4. 鳥海山たろう のコメント:

    (以下、長文すみません)
    アパホテルはホテル自体としても大変気に入っていて、できるだけ宿泊する際に選んできました(その書籍は見たことありませんが)。中国人が来なくても多くの日本人が来るでしょう。

    このニュースよく調べていませんが、日本の政治家などが、まず強く言うことは「日本には中国と違って言論の自由があるので、民間ホテルに置かれた本の内容にまで、政府が干渉はできない」ということですね。

    今の安倍内閣は比較的まともです。
    もし万が一、日本で極左政権が成立していたら、もし極左政治家が勢力を伸ばしていたらたとえば「南京虐殺はなかった」という書籍が出版禁止にされていたかもしれません。
    これは大げさではありません。本当にメディアで、かつて左翼はそのように主張していました。

    「南京虐殺」への日本人の反論としては、「記録や状況を客観的にみれば数十万人の民間人が殺害されたことなどありえない」「特に多数の婦女子を強姦して虐殺したなどというのは完全なデマ」など、よく御存知と思います。
    客観的に反論を続けることしかありません。

    また、とにかく何度も書いてきましたが、日本のここ数十年は反日左翼との熾烈な戦争でした。実際の弾丸の飛び交わない戦争でした。
    過激派の学生闘争がほとんど集結した後もずっと日本人は左翼と闘ってきました。

    本多勝一など朝日新聞記者の70年代の南京報道の時代は良く知りませんが、80年代以降も朝日新聞等による「第二次南京ブーム」といってよいほどの有様でした。
    とにかくすさまじいものでした。

    慰安婦も南京も左翼の洗脳の手口はまったく同様でした。とにかく異様な手口を多くの日本人が理解することが肝心です。

    手口は、基本的には「3ステップ」でした。

    1ステップ目:まず日本はナチスのようなホロコーストをした国であると国民にすりこみ、海外にも流す。

    2ステップ目:その例として南京や慰安婦をあげる。これが上記のホロコーストにあたると印象操作する。それをさも学問的に成立するように見せかける。

    3ステップ目:上記を「清算してない」として、大騒ぎをして、日本の外交をぶっこわす。目の前の外交よりも、過去の清算となんでもかんでも反省のネタにして政治家を脅迫し、国民を洗脳する。

    どれも頭がおかしい、気の狂った反日左翼でしか思いつかないことでした。

    安倍内閣はステップ3はまあまあ解決して、現実の外交問題を優先することに成功しているように見えまず。ステップ1もひっかからずにきたと思います。

    慰安婦騒動を例にとれば、安倍首相は最初は「朝鮮にはキーセンというものがあった。慰安婦は基本的には商売で、そのなかに業者や親に騙された女性がいた」と、自民党ではもっとも基本的に正しい見解をもってましたが、首相となった時代には、米国や韓国で「慰安婦の方々に日本は申し訳ないことをしました」と外見上は謝罪と反省をするはめになりました。

    なぜここまでなってしまったか。
    それを叩くのは簡単であり、ただの選挙民であればなじればよいでしょうが、日本の政治家にとっては、その経緯も本当に知っていただかないと、今後うまくやるのは大変むずかしいと思います。

    とにかく左翼は、上記のような南京や慰安婦の問題で、なにか日本人が反論をすること自体が、戦争を反省していない無反省の証拠というイメージや通念をつくりあげて、口を封じさせることに成功していました。

    左翼の目的は、日本が人道的な国であると評価をあげたいのではなく、日本に「呪いの五寸釘」をひたすら打ち込むのが願いです。
    そうしなければ、日本で主流になれないことを知っているからです。
    そして、中国や韓国という民度の低い国民をひたすらメディアを爆発的作用で煽りまくってきました。

    うまく反論できるか、または(硬直したような)まずい反論かというレベルの違いはあるかもしれませんが、多くの日本人が左翼の洗脳を突破することをいつも願っています。

    そして、朝日新聞や反日左翼に吹き込まれて発狂している中国や韓国に対しては客観的事実をもって冷静に反論するのがよいと思います。

  5. ココ のコメント:

    これからは迷うことなくアパホテルに決めます。
    親族、友人、知人、みんなにアパホテルに泊まるように薦めます。
    一歩も退かない姿勢は頼もしいです。頑張ってほしいです。
    日本政府、外務省は見習ってください!国民の方が肝が座ってます。
    小坪先生も頑張ってください!応援してます。

  6. 鳥海山たろう のコメント:

    (二度目すみません)

    冷静に日本人が反論していけば、慰安婦騒動も南京騒動も、朝日新聞を筆頭とする頭のおかしい日本の左翼が世界に拡散しまくったという評価がだんだんと定まっていくと思います。
    米国でもアイリスチャンの化けの皮などは(実際はとっくにはげてましたが米国では根強い)はげていくと思います。

    韓国はもうたらふく慰安婦問題を食って、食い死にすればよいのです。
    もう日本人はお腹いっぱい、もううんざりです。

    「その後結婚などで成功した慰安婦はだまりこんで、生活に困ったような失敗した慰安婦が騒いだのが慰安婦問題」と真実をついた韓国人作家を裁判等でつるしあげ、韓国軍慰安婦制度を暴露した韓国人研究者をいためつけ、口を封じて、どんどん韓国人の同質化がすすんで発狂すんぜんでしょう。
    発狂するまでやればよい。

    それにくらべれば中国人は比較的に南京を客観的に見てるような気がしますが、韓国とくらべるのがそもそも間違っている気もする。

  7. はらっち のコメント:

    私はホテルを利用する予定がほぼありませんので、300円の会報誌を1年分アパのホームページから今申し込んできました。割引もあり3000円ちょっとでした。応援メッセージももちろん書きました。そして感謝も。正々堂々とした対応に日本人の誇りを感じたと。
    また、ヤフコメなども全て意見を書き込んできました。
    明日も時間の許す限りやります!

  8. サト のコメント:

    この件、ニュースZEROで取り上げてましたね。キャスターのコメントが「中国は大切なお客様」だって‼︎
    他局に比べて多少パヨク臭が控え目かと思ってましたが、やっぱりマスゴミですね〜。明日日テレに電話せねば。
    アパホテル、断固応援です。

  9. あんず のコメント:

    アパホテル応援してます。2年前東京で外資系大型ホテルに宿泊して夜中まで物音や人の声がする。朝食の待ち時間、バイキングなため一緒に食べる人達のマナーが気になる。エレベーターの待ち時間も。
    あれからはアパホテル利用したり、高くても快適に泊まれるホテルを利用してます。落ち着いて泊まれるのは日本人を大切に思ってくれるホテルですよね。
    あと田母神さんも応援してます。なぜ拘束され続けたのか最後まで納得できる結論を国はしめしてほしいです。

  10. 東京都56歳 のコメント:

    これはピンチです。
    大ピンチです。

    しかし・・・
    チャンスでもあります。
    大チャンスです。

    今回の「騒動」を契機に、
    いわゆる「南京大虐殺」が、
    まったくの出鱈目で、
    Chinaのプロパガンダであることを、
    世界の「陪審員」に知らしめる
    ビッグチャンスです。

    いわゆる「従軍慰安婦」が、
    まったくの出鱈目であることを、
    そして、
    韓国という国家が、
    いかに出鱈目な国であるかということを、
    あの「なんちゃって慰安婦像」問題を契機に、
    世界中に、
    世界の「陪審員」に知らしめたように。

    小坪さんが指摘するように、
    まさに、今が「分水嶺」です。
    ピンチでもありチャンスでもある。
    風見鶏メディアは風向きを伺っているだけ。
    だったら、ここは、
    日本国民発信の追い風を作りましょう。

    APAホテルをChinaがボイコット?
    これは、ものすごい宣伝になります。
    もちろん、いい意味で。

    やかましい奴らがいない、
    静かなホテル。
    仕事もはかどります。
    心も安らぎます。

    不快な思いもしないで済むでしょう。
    積極的に、APAホテルを利用します。
    そして、周囲に宣伝します。

    ガンバレ!APAホテル!
    負けるな!日本!

  11. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    南京事件も例に漏れずですが反日勢力の主張が本当であるのなら、今頃我が国は戦勝国で世界は大日本連邦帝国だらけであったであろうと言う程、滑稽過ぎるチープなファンタジーで塗り固められています。

    20万人都市であった南京で、その住人を尽く殺害する為に必要となるエネルギーは、単純計算で当時の原爆で2発分が必要です。

    通常兵器の歩兵銃で殺害するとしても、百発百中で一人殺害するのに1発の弾丸を消費するとして、20万発の弾薬が必要です。
    貫通弾を利用して1発で2人殺害したとしても、10万発の弾薬が必要です。

    民間人を殺害する為に、そんな大量の弾薬を浪費する余裕など当時の我が国にはありません。

    大量の弾薬も消費せずに20万人も殺害しようとすれば、かめはめ波とか元気玉とか撃てる兵士が大勢必要だったでしょうね。

    このバカバカしい大虐殺を立証する為には、日本軍兵士が超サイヤ人であった事を証明する位、間抜けな研究が必要です。
     
     
    実際の所はどうだったかと言うと、虐殺どころかコミンテルンの危険性を周知する工作班が乗り込み、医療活動や炊き出し等の福利厚生を餌にして住人の懐柔工作にあたっておりました。
    この工作班の殆どは陸軍の従軍免許証を所持した、陸軍最高司令部配属の工作員でその工作班は宣撫班と呼ばれていました。

    ※従軍希望者は陸軍は陸軍省、海軍は大本営海軍幕僚に出願して、審査の後陸軍ならば従軍免許証、海軍ならば従軍許可書が発給され、その地位は従軍者は陸軍高等司令部、海軍指揮官に服従すると定められていた。

    宣撫班の任務は現地住民を懐柔し、コミンテルンの危険性を植え付ける事にありましたので、戦闘員が現地住民を虐殺したり虐待したりすると、宣撫班の工作が水の泡になってしまいます。
    従って戦略上、虐殺など在り得ない事柄だったのです。

    一方、敵である中国国民党軍は日本軍の悪評を世界に流布する情報戦略を採っていました。
    その工作で多用された捏造ストーリーが、虐殺や強姦でした。

    この喧伝工作を論破する為に、日本軍は遊郭経営者に依頼し支那への事業進出を促して、特殊慰安所誘致を行いました。
    目的は強姦事件多発のガセを食い止める為と、将兵の性病感染を防止し兵力を維持する事、そして性犯罪を防止する事でした。
    その為、支那に進出した遊郭に求められた要件は、内地の女性を主力とするものでした。
    事実、九州の女性が大勢大陸に出征しています。
    言い換えれば、中国国民党軍やコミンテルンのガセによって、日本人女性が支那に送られたと言えます。

    これらの史実を知る事も、アパホテルを積極的に利用する支援策を強化の一環に繋がるものと考えております。

  12. じゅげむ のコメント:

    私もChinaの横暴に強い怒りを感じます。
    よって、この中国による陰険な嫌がらせに対して、敢然と立ち向かうアパホテルと小坪先生の呼びかけに応じて、微力ながら参戦いたします。
    手始めに、親類には無論のこと、知り合いの個人業種及び、サラリーマン諸氏に強く勧めていくと共に、個人的にも積極的に利用を心がけます。
    もっとも、この数ヶ月は地方に出張の予定はないのですが、近々には所用を作って利用させていただきます。

  13. こたママ のコメント:

    素早い支援表明をありがとうございます。
    サービス業の一企業として、並々ならぬご覚悟だと思います。
    APAホテルの勇気ある姿勢を支援いたします。

    と言っても、日本のホテルを使う機会も少なく、
    愛国の志を持つホテルなので宿泊したい、と思いつつ、
    地の利の良い他のホテルにしてしまったことも・・・
    これからは少し無理をしても利用することを宣言いたします。
    微力ながらTwitterでは出来るだけ支援を表明しております。

    南京の問題自体については、米国に住む私にとって
    正直あまり明るい展望が持てるような状況ではありません。
    この国では、虐殺が歴史上の真実として定着してしまっているようです。
    (世界の他の地域のことはよくわかりません。)
    「証拠写真がある、本を読んだ、議論の余地はない」と
    個人的にすごく近しい親日家であっても取り付く島もなし。

    写真は全て偽物であることが証明されていようが、
    住民の数が不自然に増えていようが、
    死体が見つかってなかろうが、
    心優しく正義感の強い、誇り高いアメリカ人には
    許し難い非道な残虐行為として刷り込まれているのでしょう。

    でも私はあきらめませんよ。
    コツコツと百回でも千回でも捏造の事実を主張し続けます。

    今は亡き祖父は、南京陥落後間もなく南京入りしたといいます。
    まだ女学生だった母が、南京虐殺の真偽のほどを詰問したことがあり、
    祖父は「私は南京の街で死体が転がっているのを見たことがないよ。」
    とだけ静かに答えたそうです。
    私は自分の祖父を信じたいと思います。

    長々と自分の思いを綴ってしまい、申し訳ありません。
    悔しい思いをしているので、つい熱くなってしまいました。

  14. まりちゃん のコメント:

    アパを支援します 小坪先生ありがとう。

  15. an のコメント:

    昨日、アパに応援のメッセージを送りました。
    こちらのコメントで会報誌があることを知りましたので、早速申し込みいたします。
    アパ頑張れ!

  16. 酔って候 のコメント:

    修学旅行はAPAホテルに泊まればいいと思います。
    あと、広島の平和公園の石碑文は、核兵器保有国は過ちは二度と繰り返してはいけません と書き換える時が来ました。

  17. のコメント:

    小坪議員に賛同しアパホテルを応援します。
    愛国企業は我々国民が守らねば・・
    今回の件で保守側を敵に回さない方が利益になると示せることで国内外の企業の姿勢も変わっていくのではないでしょうか。
    先日の大阪のわさび事件で話題になったすし店も韓国人がいなくなり日本人客で繁盛しているとの投稿がありましたし。
    しかし、中共ってなんて小者なんでしょう。

  18. 月光仮面 のコメント:

    中国 チャイナ シナ 兎にも角にも この あらゆる侵略に負けないように
    しましょう 政府も 経済界も 中国と韓国から引き上げるべきです
    そう たぶん アメリカはそうなると思います 台湾に駐留するように
    なると 思いますよ 平和を嘘で壊すこの二国には 負けてはいけないと
    思います 負けないようにアパホテルを支援することが 日本の明日を
    歩く道しるべになるのではないでしょうか 中国人がこんな真実もあるのかと
    思うのでなく批判するだけの国民だと再確認しました それなら 日本に
    来ていただく必要はありません 

    • 月光仮面 のコメント:

      この二国は日本が維新以降 新しい真実に触れて 本当に学び
      努力してきたことを 足掛かりにしてそれを踏みにじり抑え込もうと
      しています 日本はこれを跳ね返さないと明日はありません

      • 月光仮面 のコメント:

        小坪先生書き込みお許しください
        上記のように戦う人々も居れば 竹中氏が永住権の緩める
        陰謀と思われることを進めています
        これは 日本に奴隷を入れる制度だと思っていました
        それどころか 日本人の上に支配層を外国から入れる
        との事です それも 中国からが多いのです
        家族ごと入ってくるそうです それを なぜ 許すのか
        ある企業は支配部を中国におき 日本では日本人がその
        命令の元働いているそうです これを 日本国内で
        することが出来るのです そして なぜ 少子化対策が
        進まないか これも 陰謀だと思います 少子化
        対策が進めば この 陰謀が支持されなくなるからです
        労働力が足らないと言う 嘘の ころで進めている
        陰謀だと思います みなさん 少子化対策は非常に
        簡単です 子供の数で税率を変えたり 将来 もらう
        年金の率を上限させれば 良いのだと思います
        そして 最後に 日本には労働力はあまるほどいます
        外国人を入れろと言う 陰謀に負けているのです
        竹中氏は必ず 何か 思惑があるのではないでしょうか
        日本を壊すことばかりしているように思われます

        小坪先生 すみません 書き込ませていただきます

  19. 生野区民 2 のコメント:

    アパホテルは、正しい証拠がでたら考えると言ってるが裏を返せば捏造だから
    シナの言う事は、無視すると宣言してる
    掲示板やまとめでも言われてるが、シナ人の泊まるホテルではないので営業に関係ないしむしろシナ人が泊まらないホテルという宣伝になるからいいと思う
    アパホテルは朝日には広告を載せないと、会見するしっかりした会社
    これから積極的にアパホテルを利用して、応援していく
    シナは捏造をいつまでも垂れ流すのは、辞めた方が良い

  20. さいたま市民 のコメント:

    アパはビジネスホテルだけでなく、リゾートや旅館もありますよ
    以前に、石川の温泉でアパ系列と知らずに泊まった旅館がありましたが、社員教育も徹底してるのか部屋はキレイだし、接客も丁寧、料理は美味しいで、本当にいい思い出を作らせていただきました
    例の本は見かけました。インパクトがあったので覚えてますが、ホテルの味なのか?という程度のものです
    これからゴールデンウィークなど連休も沢山ありますので、そういうときにご家族で利用もいいかもしれませんね

  21. ぽて子 のコメント:

    はらっちさんのおっしゃる、アパホテルの会報誌を私も申し込もうとHPを訪れたら、サーバダウンで復旧作業中とのこと。

    推測でしかありませんが、あの国のこと、大量のハッカーを使い、攻撃させたのではないかなと。

    国土面積と人口の違いはあれど、中国と北朝鮮は、思想もやることも同じです。
    卑劣で、卑怯。

    これ以上、『外国人』と『祖国に忠誠を誓う帰化人』の好き勝手にさせないように、あらゆる公的機関の国籍条項を復活して、外国資本による介入も厳しい制限を設けるべきだと思います。
    そして、明らかなレッドチームの国に関しては、自由な往来を許さずに、ビザの復活を。
    13億人の市場とよく言いますが、海外旅行ができて他国にお金を落とす富裕層なんて、ほんの一握りでしょう。
    その一握りのために緩和したアレコレは、むしろリスクが高過ぎます。

    • 月光仮面 のコメント:

      この意見に賛成です 一部の日本人が本当に日本を壊しているのです
      それも 笑いながら 外国人をこれ以上日本に永住はさせてはいけないと
      思います 今 止めないとこれは大変になると思います アパホテルが
      これほど攻撃されていいはずがありません 日本人のように列を並びません
      気に入らなければ 暴動です どこかの空港でありましたね それなんです

  22. Augusta のコメント:

    アパ本体はともかく、アパパートナーホテルズの脱退は大いに可能性があります。こちらへの応援メッセージも効果的です。

  23. 和蜂の一刺し のコメント:

    私もアパホテルを応援します。
    加えて出光も応援しましょう。
    現在、出光佐三をモデルとした「海賊と呼ばれた男」が上映中ですが、
    出光も我が国の国益と国民の利益を守った会社です。
    その会社が今外資との提携を検討しており、創業家の出光家は反対しております。
    民族企業としての立ち位置を守ろうとする創業家を支持します。
    ガソリンは出光で、出光を我が国の宝として今以上に大きく育てていきましょう。

  24. kusuko のコメント:

    【動画】水間条項国益最前線 第11回後編「【徹底解説】外国人に南京大虐殺の矛盾を理解させるポイント」
    http://www.nicovideo.jp/watch/1482305669
    有料動画なので要点のみ


    南京城内で30万人虐殺したといわれているが、実行犯として東京裁判で処刑された人間は存在しない。
    (ホロコーストでは実行犯が大量に数十年後でも起訴・処刑されている)


    南京攻略戦総司令官松井石根大将は、東京裁判で事後法によって裁かれたが、
    A級戦犯容疑の訴因36項(平和に対する罪)はすべて無罪だった。(BC級戦犯の訴因1項で死刑に)


    東京裁判で虐殺の証拠として採用された資料の中に出てくる、11万2261体の死体を埋葬したとされる慈善団体は、当時活動していなかった。


    南京攻略戦の際、埋葬された南京城内の死体数は確定している。(1793体)


    事件があったとされる当時、欧米紙(米ニューヨーク・タイムズ紙など)が数日間にわたって大々的に報じたのは
    「日本兵による米アリソン領事ビンタ事件」。逆にビンタを超える大きな事件がなかった事実を意味している。


    南京大虐殺肯定派の研究第一人者(笠原十九司)が、「南京城内での万、数千単位の虐殺はなかった」旨の発言をしている。


    南京大虐殺を世に広めた著名な日本人ジャーナリスト(本多勝一)が、
    日本軍による強姦、虐殺と自身の著書で説明してきた写真の誤用を認めた。

    詳しくは、ぜひ
    「水間条項国益最前線」チャンネルに入会して見て下さい
    ————————————-

    ーAPAホテル支援!

  25. ひかりちょういち のコメント:

    南京で軍隊が民間人を大量虐殺した事は紛れも無い事実です。参考資料http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-3085.html
    私としては、アパグループが南京での虐殺事件について中文で拡散する事を期待します。

  26. キョン のコメント:

    いつもありがとうございます。

    公式HPのご意見・お問い合わせ窓口のフォームに、応援している旨投稿してきました!

    出張の際には可能の限り、貴ホテルを利用します。
    一人の力は小さくても、同じ考えの人が大勢集まればそれは大きなものになります。
    とも。

    個人にできる範囲で、全力で支援したいです。

  27. 徳川探偵 のコメント:

    微力ながら自分も拡散させていただきます。
    今が踏ん張りどころですね!
    売られた喧嘩は買いますよ!

  28. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    アパホテルを応援しますし、この件で中国人の肩を持つのは日本人へのヘイトだと思います。
    しかし日本人は自分達の為にこちらも何とかしないと…

    【返金しろよ】NHK、4年連続黒字 98億円を内部留保に
    http://m.moeruasia.net/article/49312951
    3: 名刺は切らしておりまして
    返金または国庫に返納

    15: 名刺は切らしておりまして 2017/01/18(水) 14:00:55.54
    民間企業には「内部保留するな」って言ってるのにね

    19: 名刺は切らしておりまして 2017/01/18(水) 14:03:17.17
    営利企業は、リスク取った株主に分配できる
    が、NHKは株主が居ない
    税金同様のカネが、すべて職員のもの
    これは大問題なんだよ

    26: 名刺は切らしておりまして
    もっと巨額な利益は子会社を使って隠蔽してますよね?

    41: 名刺は切らしておりまして 2017/01/18(水) 14:32:21.27
    >>26
    そのために放送法で制限されないNHKエンタープライズがある

    岡山理科大が『韓国の妄想をコテンパンに論破して』完全粉砕する偉業を達成。韓国人には理解できないと指摘する声も
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50493356
    119:(´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/:2017/01/19(木) 08:31:40.70
    >>30
    正確にいうと

    ソメイヨシノ=エドヒガン×オオシマザクラの交配雑種で偶然できた一個体を接ぎ木でクローン生産した園芸種
     王  桜 =エドヒガン×オオヤマザクラの交配雑種(ソメイヨシノとは系統が別)

  29. 通りすがりの名無し のコメント:

    アパグループが株式公開してたら購入してたところですが。。。
    という、今更ですが、民間企業の応援やバッシングは、株を持つという方法もあります。
    この事例では使えませんが、片隅に留めておいていただければ幸いです。
    1単元さえ持っていれば、総会で直接経営層に発言できますので。

  30. 佐藤一斎 のコメント:

    アパホテルの決断を強く強く支持します。本来なら外務省や政治家がしなければならないのに今までまともな対応をしてこなかったからである。南京問題や慰安婦問題など朝日新聞の捏造も許しません。外国の内政干渉を断固排除しましょう。

    • 月光仮面 のコメント:

      本来なら外務省や政治家がしなければいけないのに と 私も思います
      そして 中国から言われる筋合いではないと思います そしてですね
      皆さん 今 日本は壊されています ネットニュースに こんな記事が
      ありました 「畑だけでなく釣り桟橋まで…千葉・花見川の河川敷不法占
      有「増えた中国人」県が放置で歯止めなく」河原を不法占拠しているらし
      い もはや アパホテルだけの問題ではないと思うのです それなに
      竹中氏は受け入れろうとしているのです 意味が判らないです すこし
      悲しくなりました。これが 政治だろうか
      です

  31. hayabu3300 のコメント:

    アパホテルに行くと、気持ちよく国旗がはためいております(^^)/。すがすがしいです。

    よく利用しますが、ついでに
    「天安門事件の資料が充実している」
    「慰安婦問題の資料が充実している」
    という戦略はどうでしょうかw。 インテリ層の支那人は逆に押し寄せるかもですよ。
    ただし、帰国後マークされるかもですがw。
    一方、韓国人は期待できませんね、けれども他の外国人が「なるほど」と例の少女像の起源と、対日攻略戦のネタだったか、と理解されるかもしれません。
    盗まれないようにしても、増刷が必要になるでしょうね(^^)/

  32. 月光仮面 のコメント:

    やはり 中国は 敵 「アパホテル「サイトにサイバー攻撃」 中国外務省
    「歴史歪曲する勢力」と批判」 シナ 中国 チャイナ は 歴史ねつ造国家

  33. オオヤシマ ヒミコ のコメント:

    日テレのスッキリとかいう番組で
    宇野某とかいうゲストがアパ社長を何の根拠も示さず
    歴史修正主義者と決めつけて批判してました。
    我々の公共財産である電波を使う番組なら根拠を示して放送しろと
    さっそく電話とメールで抗議しました。
    しかし歴史修正主義者とはシナ朝鮮がよく使う言葉と全く同じで、みえみえ、
    マスゴミもぐるになって一般人に反日思想を植え付けたいのでしょうね

  34. コハル のコメント:

    夫の出張および、私の靖国神社参拝の時は絶対に
    アパホテルに泊まります。
    見てろ、嘘つきどもめ!

  35. 番頭さん のコメント:

    突然失礼いたします。
    早速、来月19日から札幌で行われる2017冬季アジア大会の組織委員会がアパホテルに「圧力」をかけてきています。ローカルニュースで伝えておりました。
    選手村とし札幌南区のアパホテルの使用が決まっておりますが、例の本の撤去を求めているそうです。「応じなければ対応を考える。」とまで言っているとのことです。
    さすが「赤い大地」、やってくれます。

    2017冬季アジア札幌大会
    https://sapporo2017.org/

    • 福岡選挙区 のコメント:

      この件は、NHKの捏造報道だったようですよ(またか~)。

      「日本のこころ」の前東京都議会議員、吉田康一郎氏のFBからです。
      https://www.facebook.com/photo.php?fbid=685944971580243&set=a.119728168201929.22019.100004942394212&type=3&theater 

      ———-
      NHKによる捏造報道でした。

      「アパホテルに本の撤去打診 冬のアジア大会組織委」とのNHKの報道につき、私が公益財団法人第8回札幌アジア冬季競技大会組織委員会事務局に問い合せたところ、
      「その様な打診をした事実はありません」
      「今後もする予定はありません」
      「NHKに同報道について問合せをしているところです」
      との回答を得ました。
      私からは、同回答について、委員会として公式に声明する事を要請しました。

      長年、局を挙げて様々な歪んだ工作報道を繰り返してきた「公共放送」に値しないNHK、本当に解体が必要だと思います。
      ———-

      (゚∀゚)o彡° NHK 解体!解体!

  36. 一読者 のコメント:

    南京大虐殺は捏造だった。
    誰が何時、どこで撮影したかすべて出所がはっきりしている写真
    KSMさんが動画にまとめて下さっています。必見!
    h ttp://plaza.rakuten.co.jp/ksmphone/diary/201701190001/

  37. ばあちゃん のコメント:

    アパ応援したいと思います!

    お金を落とすのが一番であるのならば、
    アパ応援募金みたいなのを立ち上げて
    例の書籍を購入して、
    中学校や高校に歴史授業の副教材として
    寄付するなんてどうでしょうかね?

  38. たわし のコメント:

    小坪議員、いつもブログ更新ありがとうございます。
    私の方はしばらく出張がありませんので、取り敢えずamazonで『APA社長カレー』3食セット¥2,580-を買い求めておきました。これもちょっとぐらいは援護射撃になるのではと思います。直近でホテルを利用しない方はぜひ『APA社長カレー』を!

    • 草莽の団塊 のコメント:

      たわし様、情報ありがとうございます

      さきほど(1月20日、午前9時35分現在)、アパ社長カレー 2点ポチッてまいりました。到着が楽しみです。

      閑話休題・・・・

      もう、金も力も発信力もないニート老人ですが、こうして、協力できることは継続していきたいとおもっております。

  39. 一郎 のコメント:

    日本と日本人と日本企業を守るメディアを応援する。

    表現の自由の国の一企業を、全力で押しつぶそうとする中国のやり口は汚い。日本政府は、日本では表現の自由が保障されていることを、中国に諭してほしいところです。「おまえ、あほか?」って。
    私はAPA MEMBER’Sです。「客室設置の書籍について」を読んで、今までよりも、さらに、APAホテルを利用したいと思った。

    APAホテルを断固支持する。
    行儀もマナーも悪い中国人が泊まらないホテルに、私は泊まりたい。

  40. 八王子市民 のコメント:

    アパは設備綺麗だし大浴場があったりして、デートや旅行でも全然使えるんですよね
    以前からたびたび利用してますよ
    例の本も部屋の隅にひっそり置いてあるだけなんで、気付かない人も多かったんじゃないですかね

    ただせっかく注目されたんで、個人の見解レベルの本じゃなくて、例えば水間政憲さんとか一級の資料持ってる人の監修で決定版パンフを作って広めてほしいと思いますね

  41. のコメント:

    著書はホテルやホームページで販売しているようですね。
    本だけ買いにいくのもありですかねぇ?

    ホームページ見たらアパグループの全ホテルが記載されてましたがアパホテルの名でない所もあるようで。
    大分のコモドホテルがアパグループだったのを初めて知りました。
    貴方の街にも「ここもアパ!?」な所、あるかもね!!(誰
    今度行こうと思います(*´-`)
    県外から友人が来る時もさりげなく勧めてみますw

  42. ケイン濃すぎ のコメント:

    いつも拝見させて頂いております。
    日々、お忙しいと思いますが、何卒 お身体 御自愛くださいませ。
    今回の件、私は意外と楽観しております。
    昨今、出張の際、ビジネスホテルが満室が多く、予約し難い状況です。
    恐らく、海外のお客様の利用頻度が高いからでしょう。
    本日も同僚が関東方面でのホテル探しで苦労してましたが、アパなら大丈夫かも! と予約してました。
    逆にこれがアパホテルにとって追い風になることを祈りつつ、私も今後はアパ優先で予約しようと思います。
    話しのネタに、レトルトアパカレーも土産に買って帰ります。

  43. Kitajgorodskij のコメント:

    こんなんでも地元では少なからず利益誘導してくれる有り難い先生なのかね・・。だからといって目をつむっているとツケが子孫に及ぶと思うよ?>行橋市有権者

  44. araigumanooyaji のコメント:

    【民間企業 and 日本国民有志】 vs 【経済大国CHINA + 日本の偏向メディア】 となると、手の打ちようがない。 まずはメディアの出鼻をくじき、しっかりと支えよう。

  45. kakuu のコメント:

    この件でマスコミを黙らせるには、「朝日新聞は本多勝一氏の中国の旅について訂正と謝罪をせよ」という要求を組織的に行うと良いと思います。過去の傷をえぐられ反撃されることを最も恐れていると思います。小坪先生が音頭をとってくださったら、喜んで賛同致します。

  46. ひで のコメント:

    微力ながら全力でアパホテルを応援します。出張の際は全てアパに宿泊します。アパさん頑張って下さい。

  47. ぴょんきち のコメント:

    日テレスッキリに抗議のメールを送りました。
    これだけネットで話題になっているのに
    今朝からのニュース等では全くとりあげなくなりました。
    まさに様子見してますね。卑怯者ぞろいです。
    絶対に負けられません。APAをとことん応援していきます。

  48. kei のコメント:

    いつも興味深く拝見しています。

    昨日、NHKで「札幌市などで開かれる冬のアジア大会の組織委員会は、ホテルが選手団の宿泊先になっていることから、中国人の選手などに配慮して、本の撤去などの対応を打診しました」という報道があったらしいですね。
    国の名誉より大会の方が大事なワケ? とネット上で突っ込まれてましたが、本日よもぎねこさんのブログを見てびっくり!

    NHK、アパホテルに関して虚構報道 とのタイトルが!

    よもぎねこさんが、アジア大会の組織委員会にアパホテルに対しての件でお問い合わせなさったところ、
    「アパホテルに本の撤去を打診した事実はない。なぜ昨夜(19日)のニュースが出たのかわからない。大変困惑している。」
    とのお返事だったとか。

    一体、どうなっているのか興味は尽きません。ええ本当に。

  49. 北海道民反道新 のコメント:

    はじめまして。
    北海道知事、高槁はるみが、この件に関して支那よりの発言をしています。

    皆様、北海道庁に抗議のメールの御協力をお願い致します。

    北海道庁のホームページより、検索欄に“お問い合わせ、と入れると、御意見フォームが出ます。
    何卒宜しくお願い致します。

  50. ロード のコメント:

    APAホテルに泊まった際、
    代表の書籍が置いてあり、感激したのを覚えています!

    中国、左翼は狂ってますが、
    元谷代表の、ぶれない信念に敬服しております!

    書籍購入しました。
    誇れる祖国 日本復活への提言Ⅳ 本当の日本の歴史『理論近現代史学Ⅱ』
    https://www.apa.co.jp/form/books

  51. coper のコメント:

    「中国に媚びない」という単なる意地の張り合いレベルで受け止めるところがヤンキーらしい。

  52. yamato のコメント:

    確かに北海道知事・高橋はるみの発言「外国人の方々に気持ちよく泊まっていただきたい。あまり(彼らが)不快な思いを持たれるのはどうなのかなと思う」というのは経済的利益しか頭にない発言だと思いますね。
    そこには今まで中韓のプロパガンダによって貶められてきた日本に対する思いのカケラも感じられません。
    そもそも「南京大虐殺・30万人説」という「事実」はどこにあるのか?信憑性のないデマが独り歩きして中共のプロパガンダとして今日まで存続していること自体がおかしいのになぜそのことを問題視せず「中国人が不快になるから書物を置くな」というのでは中共の手先と言われても仕方ないかも知れない。
    この北海道知事の発言に対しても抗議の声を挙げるべきだと思います。

  53. She knows のコメント:

    中国人と韓国人が宿泊しないとなれば、「マナーに満ちた安全なホテル」と看板をあげることで、他の民度の高い国々の方々が、安心して利用できる人気ホテルになるでしょう。
    頑張れAPA!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です