個人献金のお願いをするにあたって。


奥歯に物が挟まったような言い方は
どうしても好きになれませんので、
思うように心境を述べさせてください。

現在の体制では、今後も同様の活動を行うことは不可能な状態になりつつあります。
よって皆様にお願いをし、幾ばくかの金銭的な支援をも要請して行かねばならない、という状況にあります。

献金を受けるか、活動を止めるか。
二者択一の状況にあります。

これからお願いしていく記事になるにも関わらず
このような書き出しはまことに失礼とは存じますが
本心を隠して、献金の依頼を行うことこそが
まさに非礼だと感じますので、書きにくいこともはっきりと書きます。

 

<そもそもお金をもらうのが嫌>
地元において、また他府県においても国会議員の支援を行ってきました。
市議もお金がないのですが、衆議院議員はもっとありませんでした。

たしかに総額で見れば相当の金額が出されております。
テレビはそこしか言いません。

あれは個人に行くお金ではなく、言うなれば法人(会社)に降りるお金なのです。
安倍晋三という人間が全額自由に使えるわけではなく「安倍晋三事務所」の運営費を含むのです。

確かに公設秘書がおり、これは税金で賄われます。
しかし、三人だけです。私設秘書が相当数おります、先生によっては10名以上を雇っています。
(地元の)誰しもが東京の議員会館まで行ければいいのですが、そうではありませんから、地元で陳情を聞いて回る秘書も必要です。
仮に地元の秘書が年収200万として、10人おれば、それだけで2000万。

地元と言っても選挙区が広い議員は、3つも4つも事務所が必要な場合もあります。その事務所の家賃。また自動車のリース代に車検、印刷などの機材のリース。
事務員のお姉さんだって雇わねばなりません。一か所1000万円ではききません、それが3つも4つもある。

「歳費だけでは赤字になる」ように、設定されているようなもので
どうしても献金を受けねば、多くの衆議院議員は維持できないのです。
市議よりももっとお金が無く、火の車の状態で、、、
献金パーティーを行わねば、維持できないのです。

その際、パー券を売ってまわる姿を見てきたのですが
それは、やはりひどいものでありました。。。

お金をもらうというのは、本当に大変なことで
必死であり、そして(繰り返しになりますが)ひどいものでした。

私は、献金を受けず、それだけはやめようと思ったのでした。
そして絶対に国会議員にだけは、なりたくない、あれは最悪な職場環境だ、もっと髪が抜ける、もう禿げると心底思ったのです。
(ふざけているのではなく、本当に心底こう思いました。)

 

<自由な言論ができなくなる。>
ゆえに、どうしても長年、献金を受けている方には
頭があがらなくなっていく姿を見てきました。
仕方ないのです、そういう構図ゆえ。
そういうものなのです、
だからこそ、献金を忌避してきました。

頭を下げることは苦にならないのですが
結果的に政策の自由度が減ることや、政策の提案をうけざるを得ない状況が生じることが、嫌だったからです。

自由で、ありたい。
私が自由であることこそが、どの団体からも自由であることが
有権者に対しての信頼であり、「価値ある議席」だと信じるからです。
逆に言えば、このような議席は、どの議会にも1個あるかないか、というのが現実です。

 

<では実際はどうか>
もう、どうにもなりません。

ここまで自由に動き回り
全国を駆け回っております。
幾ばくかの成果も立てさせて頂きました。

はっきり言いますが、かなりの金額を投じています。
ほとんどが私費であり、給与から捻出したものです。
火の車どころではなく、どうしようもないのが実情です。

 

<具体例>
①東京への陳情
東京、一往復で10万円ちょっとかかります。

チケットが格安を使っても5万弱、
これをケチるため3日から4日、連泊して一気に動きます。
宿泊費が2,3万。

かつて漫画喫茶で寝てることが知られてしまい、(国会議員の先生に)持ち歩く資料の重要性を考えろと怒られてしまい、いまはちゃんとホテルに泊まっています。

現職になる以前は、知人宅に泊まり歩いたり。。。
(その節はご迷惑をおかけしました。感謝。)
ラブホに泊まったり、選挙支援で連泊した際は、後半は公園で寝てるのが知られて、事務所の方に怒られて。

数をまわるものですから手土産が地味に痛く。
(500円だけれども、40個で2万円。)
現地での交通費も、スケジュールがタイトなためタクシー併用して1万ちょっとかかります。
どうしても10万円を超えます。

②保守イベントへの出席
また、県庁がある福岡市にもよく行きます。
地元の要請もありますし、各種保守イベントの来賓出席です。
新幹線で往復しようと、車で往復しようと(片道は高速)
ガソリン代、駐車場代を加えると、一往復1万円はかかります。
ここに懇親会(場合によっては二次会)が加わると、2万円弱です。

 

<市議の収入と出費>
地方議員の収入は、想像以上に低いです。
号泣会見で政務活動費(旧称:政務調査費)は高額で自由にできるというイメージがありますが、それは県議や政令市の場合のみです。
行橋市は年額30万円で、私の場合、一瞬で消えます。

また上記のような、(個人の)政治活動や政党活動に用いることはできません。
(政党には所属しておりませんが、その支援活動など。)

収入についても、実情はかなり厳しいのが実態です。
ここでも県議や政令市の市議は別ですが、一般の市議、そして町村議になると凄まじく低いです。

私の場合、額面上は約40万あるのですが、
引かれ物があって手取りは約35万円。
ここから冠婚葬祭・各種団体の総会など、交際費で10万円ほど飛びます。
総会の会費などは、出してもらえば付け届け(寄付)になってしまうし、出し過ぎても収賄(もしくは買票)となり、違法です。
選挙区内では一発アウトです。
これで35万円から10万を引いて25万円。

さらに、4年に一度、選挙がありますから、本来貯金をせねばなりません。
月に10万円貯めたとして480万円。
市議選でも500万クラスで戦う現職が多い中、月10万、横によけるのは普通なのです。
が、本来貯金に当てなければいけない10万も様々な活動に充てていました。
25万円から、10万円ひいて、15万円。

市議としての、実際の手取りは15万円になるのです。
市民より預かった、大事な税金から給与を頂いており、大切に使っています。
しかし、金額としてはちょっとしたサラリーマンより低いのが実態で、政治活動に特化するのは、「本当は無理」なのが実情です。

ここから、活動費として平均10万円以上を支出してきました。
今年はやり過ぎてしまい、平均20万円以上を出費しています。
ボーナスをほぼ全額補てんに回しましたが、それでも足りないのが現状です。

 

<献金を受けるか、活動をやめるか。>
私の選挙は統一地方選挙からズレており、来年の春に選挙があります。
現状のペースでの、出費は不可能です。
来年の選挙に向けて準備を始めなければいけませんので、これ以上継続することは困難です。
これが現実です。

 

<小さなプライド>
どの市議も、同じ条件で戦っています。
同じ条件で、政治活動を行っています。
町村議においては、さらに苦しい。

その中で、同じ条件で、苦しくとも何とかやり繰りし
どうにかこうにか成果をあげていくこと。
これは、本当に小さな、あくまで個人的なものですが
私の中のプライドでした。

一期生の新人市議が、無茶な大型案件につっこみ
どうにかしてくる姿、一寸法師みたいで楽しいじゃないですか。

その後ろ姿は、きっと有権者の希望になるのみならず
多くの地方議員の希望になると思ったからです。
これが小さなプライドでした。

 

<決断に至った理由>
「お願い」する記事にも関わらず
「個人献金がそもそも嫌」などと書きました。
それは本心です、凄く心苦しいです。

決断に至った理由は、やりたいことがあるのです。
外国人の扶養控除についてですが、「なんとか改正される見込み」ではありますが、それは次年度からであります。
その内容も私としては不完全な部分があると思っておりますが、少なくとも「今年一年」はフリーに近い。

よって「見ているぞ」というプレッシャーをかけねばなりません。
具体的な方法としては、昨年の私が行った赤旗の際と同様、「全国すべての自治体」に決議文(案)及び陳情書を送付することを検討中です。

赤旗の際の実績値になりますが、約2000通(1700市区町村議会+47都道府県議会+各地の保守議員ら)の送料、(A4の入る)角2封筒ですから120円(50gを越えたら140円)なんと、送料だけで郵便で送ると24万円かかります。
実際は、書式の訂正などで再送も多数あり、これ以上だったように思います。

封筒代(印刷費含む)も数万かかり、用紙代と印刷費がかかります。
また、様々な作業を手分けして行いましたが、事務員を雇わねば恐らく今回は手が回りません。

総額で50万ちょっとかかる見込みです。
この予算がまったくありません。

 

<大手からの打診>
例えば政策シンクタンクに所属しませんか、等。
以前、提示されたのは三年でかなりの年棒でした。(生涯年収で用いる単位に近い額)
眉唾ですが、人脈・コネクションに対してついた金額が○○円、同じく立案能力・指揮能力・経験値が○○円です。それぞれ年間2500万円ほど、5000万×年数ですから(外資系のカウントですと)そんなものかも知れません。

これが現在の左派批判を封じる金額でもあるのでしょうか。
私はこれが嫌でした。制約を受けず活動する道を選びました。

保守界隈の大物より、全て面倒を見る、という話もありました。
それも固辞しました。

受けてしまえば楽なのです。
だけど、嫌でした。
自由がなくなりそうで嫌でした。
性格もよくわかっている方々ですから、口出しはしないと言っていましたが、それでも嫌でした。

どちらも選べる状況です。
そして、どうにもならぬ現実がありました。
その際、個人献金のほうがいいだろう、と思ったのです。

 

<重要な特記>
・人間性については自信がありません。
 中身は普通の、そこらへんのあんちゃんです。
 議員らしさを求めないでください。
 何が議員らしいのかよくわからないし
 元々、不真面目な人間でした。

・車が好きです。
 「それでもいいよ」と言ってくださる方、献金にご協力お願いします。。

・団塊世代には批判的な場合が多いです。
 無茶苦茶なことも書きます。
 3人で一人を支えるなど言われてますが、
 半額にすれば6人で一人を支えることができます。
 高齢者にも生活があるのはわかりますが、
 私たち若者にだって生活があります。
 少子高齢化が問題なら、若者にこそ予算処置すべき。
 福祉予算を賄うために、子供を産むわけじゃないんです。

・若者に主軸を置きます。
 若い議員ですから、政策のほとんどは若者雇用などです。
 そしてそれが国益につながると確信しております。
 福祉政策に関しては、それが高齢者に特化したものの場合は
 行動はおこしません。
 予算額が大きすぎると感じた場合には、反対することすらあります。
 また、若者であれば、ネットでDQNと言われる層であっても彼らに間違いが無ければ擁護します。
 徹底的に若者の側に立ちます。
 そうしたいからです。

・いっぱい献金しても言うことは聞きません。
 自由に活動したいのです。
 時々、ネット世論のメインストリームと離れます。
 どんなに批判されても、ランキングが落ちても、私は少数派になる事もあります。

 「こんなヤツとは思わなかった!」と後で言われても責任はとれません。
 献金によって「政策への反映」はございません。
 私としては「自由なままでいること」こそが、
 最大の恩返しだと思っています。

・活動は必死でやります。
 保守を含め、政治活動には命がけです。
 そこだけは自信があります。

・行橋市優先です。
 保守活動で得た人脈を活かし、地元の活性化にも活かしております。
 献金を受けても、保守活動一本で行くわけではなく
 市議会議員でありますから、地元の要望活動も併せて行っていきます。

・どんなに献金をいただいても、一切の制限を加えることはできません。
 強気な発言、おかしな事を言ってると思われる事はわかります、
 私は怖いのです、制限を受けてやらなくてはいけない事が出来なくなることを。

 

<クラウドファンディングに近いもの>
本来は赤旗で陳情を全国発送した時点でカードを停めてしまい、あの時点で完全に収支的には献金を受けねば動けない状況にありました。
しかし、嫌なのでやりませんでした。

やり繰りしてきましたが、もう無理です。
選挙の貯金に特化し、活動をやめるか。

外国人の扶養控除についても、睨みを効かせることを断念するか。
それとも個人献金を開始し、活動を継続するか。
このような状況にあります。

悩んで悩んで、それでも活動を継続したいと考えました。
これはクラウドファンディングに近いものです。
今までの活動、これからの活動予定を鑑みて頂き、「投資対象」としてアリかナシか、で判断をお願いします。

 

<交通費・宿泊費には支出できません。>
本末転倒のような気もするでしょうが、最も負荷のかかっている「交通費・宿泊費」には、献金を頂いたものからは支出できません。
献金は後援会活動として使うことが限定されており、議員活動の場合は「対象外」のためです。

結局、私費の範疇から支出することには変わりないのですが
現在の支出において「本来は後援会活動として計上できるもの」もかなりの金額があります。
その分、私費が浮きますので、浮いた分をさらに投入ということになります。
いっぱい集まっても、私が経済的に贅沢できるとかはまったくないです。

期待しているのは人件費として、後援会の運営費の支出が可能なのことです。
事務作業のサポート要員を常駐で置きたい。
みなさんで事務員を雇用して頂き、事務負荷の軽減をお願いしたい、というのが本心です。

 

<HPの改修費用・セキュリティの向上>
アメブロでもありませんし、いわゆるレンタルブログではありません。
サーバーを私が契約し、ソフトを入れ、自分で管理しています。
過剰にアフィリエイトがついているわけでもなく
(著書紹介のamazonぐらい。)
通報によって削除されることもない、サイトです。

アメブロやyahooブログであれば、運営社に通報が大量に行けば、ブログごと削除されることがあります。
かつて赤池先生は削除されました。
それを防止するため、「言論の安全を買う」ため、ここは私費で作成したものです。

「スマホ対応して欲しい」とか「ガラケーでの表示が見ずらい」という声もありますが、コーディングなどは外注しております。
古くからの友人で、国会議員のHPなども手掛けており(お友達価格でやってくれていますが)流石に無料ではございません。

アクセスを見れば、さらに高度なセキュリティを入れたり
もっと手を入れたい部分はありますが、タダではないのです。
普通にやれば、デザインとインスコだけで50万かかります。

ここだって無料ではないのです。
安全であったり自由な言論を行うためには、インフラとしてそこまでの投資が必要なのです。

(後援会に所有権を出さねばなりませんが)HPの改修費用やデザイン、頂いた機能面の要望など、これらを実現していく分野に用いたいと思います。
特に回線の強化とセキュリティ(SSLの早期導入)は、最優先で行いたいのです。

 

<最後に>
お願いをする記事とは思えぬ言葉が多々あったかと思います。
見ようによっては失礼というか、どう見ても失礼な言葉、物言いでもあります。
本当に、迷いに迷って書きました。

「それでもいいよ」と思ってくださるが
もしもおられましたら、是非、個人献金をお願いします。

個人献金のお願い

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

個人献金のお願いをするにあたって。 への56件のフィードバック

  1. のり のコメント:

    了解したよ。自分は道民だから接点はあんまりないけど、貴方を支持します。
    中川昭一先生のような悲劇はもう結構。立派な政治家がいることを、自分は世間に知らしめたい。
    ほんの少しで申し訳ないですが・・・^^;

  2. 放浪者 のコメント:

    寄付しますよ。小坪議員は信用できると思います。寄付の方法の提示をお待ちしております

    • 徐勢昌 のコメント:

      まずは自分であちこちつっついて調べてみましょう。あまりにもあなた任せな姿勢じゃいけませんぞ。
      ヒント:記事の最後に「個人献金のお願い」というリンクがありますよ。

  3. 一般人 のコメント:

    いいね!(*^_^*)

  4. 北九州市在住の主婦 のコメント:

    貴方の後姿に勇気を頂いてきた同世代の主婦です。
    私にも何か出来ることはないかと考えていました。
    是非献金させて下さい。
    どのような手続きがいりますか?
    ご教示お願い致します。
    携帯からコメントしていますが、自分のアドレスが
    長すぎて分かりません(;_;)
    パソコンのアドレスを記入しています。

    今後のご活躍、心から応援しています。

  5. 生野区民 2 のコメント:

    小額ですが協力させていただきます
    職業は書けるのですが長期病気療養中(脳梗塞)なので医者は復帰は無理って言ってるので無職になるのかな?

  6. ぴよちゃん のコメント:

    応援します。少しずつでも多人数が集まれば、大きな力になります。自分にできない分を託します。

  7. 京都の聴覚障害者(もと大阪) のコメント:

    喜んで協力させていただきます。
    内心、寄付をしたかったので、待っていました。

  8. ヒロミ のコメント:

    小坪議員、献金支援了解です!メール送信しました。
    よろしくどうぞ!

  9. Masa のコメント:

    行動方針等については、素人がああだこうだと口を出すより、実績があり、自分が信頼出来ると思える方にお任せすればいいと思います。

    (内心、小坪市議に個人献金したいと、ずっと思っていました!)

    出せるのは少額ですが、是非ご協力させてください。のちほどメールフォームからメルアド投げます。

  10. のコメント:

    メール送信致しました。 よろしくお願い致します。

  11. 独立自尊の三橋さんを応援しています のコメント:

    寄付することはやぶさかでありません。
    三橋さんがお怒りの田母神さんの金銭問題はどう思っていますか。

    • M-YAS のコメント:

      いまこそ保守の大同団結を。
      http://samurai20.jp/2015/02/hosyu/

      こちらにそのことについての記事があるので、そちらをご覧になったほうがよいのではないでしょうか?

      • 独立自尊の三橋さんを応援しています のコメント:

        返信ありがとうございます。既に保守の大同団結を拝見しています。
        やはり是々非々でいくべきですね。
        三橋さんは田母神さんの責任を徹底追及するとのことですので、私も協力したいと思います。
        皆さんもご協力お願いいたします。

  12. MT のコメント:

    応援します。 頑張って下さい。 期待しています。

  13. 隣の県民 のコメント:

    お待ちしておりました。
    微力ながらお力になれれば。

    メアドお送り致しましたのでよろしくお願いします。

  14. ワンだ衛生兵 のコメント:

    初めまして、こんにちは!
    ねずさんのブログで、赤旗新聞の件で奮闘されている小坪議員を取り上げて
    おられたので、しばらく前から興味津々でロムっておりました。
    ねずさんのお蔭でWGIPの呪縛やら戦後教育の洗脳からすっこーんと抜け出し、
    遅ればせながら愛国主義者として生まれ変わった者です。
    あのきょーさん党や反日・サヨク連中を相手に正々堂々と戦っておられるお姿に
    惚れぼれしとりましたが、小坪議員のあまりの困窮振りに少しでもお役に立ちたいと
    思い、表に出てまいりました。柱の陰からそっと見守るつもりだったんですが。。。
    恥ずかしい程の少額になろうかと思いますが、是非献金させて頂きたいと思います。
    「献金もらっても言う事は聞かないよ」という部分にやられましたねー。
    できれば振込先にゆうちょ銀行があるといいな~、ネットでちゃっちゃと出来るし、
    思い立った時に送金できるしな~と勝手な事を思っていますが、無理でしょうか?
    とにかく詳細を教えて下さいませ。

  15. ワンだ衛生兵 のコメント:

    あっ、すみません、詳細は書いておられましたね。
    今からメール送信します。

  16. はらっち のコメント:

    お恥ずかしいような額しかできませんが「貧者の一灯」としてぜひとも個人献金させていただきます。
    小坪議員のお役に少しでも立てましたら嬉しいです!

  17. まき のコメント:

    読ませていただく度に勇気と元気を分けて頂いてます。
    純粋に感謝の気持ちを献金させていただきます。
    メールを送信致しました。
    よろしくお願い致します。

  18. くーにん のコメント:

    気持ちですが、協力させていただきます。カード支払いできませんよね?

  19. 旧新人類 のコメント:

    文字通り「塵も積もれば」の塵程度の額しか献金できませんが、また余裕ができましたら後日足します。かねてよりご活動内容に賛同しています。これからもご活躍期待しています。

  20. yu_ta のコメント:

    サーバ改修のための費用は、クリック報酬型広告等で稼いでも良いのではないでしょうか。

    また、個人献金の金額は一口いくらとかありますでしょうか…。

  21. ハヤブサ のコメント:

    お恥ずかしい金額になりますが、ご協力せていただきます。

  22. ミロクの世へ  のコメント:

    喜んで、させて頂きます。メール送信しました。
    小坪市議には、今後とも「やりたいこと」をして頂きたいです。
    「外国人の扶養控除について、全国すべての自治体に決議文(案)及び陳情書の送付」、実現して頂ければ、有り難いです。

  23. tomatopia のコメント:

    貧しい者ですが、心ばかりの寄付を定期的に差し上げたいと思います。
    また、東京においでの際は、汚いながら拙宅にて宿泊をご提供いたします。
    ご連絡をお待ちしております。

  24. tomatopia のコメント:

    先にお送りしたコメント、本名を書いてしまいました。
    それを削除し、tomatopiaと変更お願いいたします。

  25. ステア のコメント:

    面白いじゃないですか、私も一口乗らせて下さい。好き勝手やって下さい。

  26. Rio のコメント:

    微力ですが、小坪議員の力になりたいので、喜んで献金します!

  27. わさび のコメント:

    小坪市議には2期目の当選を願っています。
    私は今は大阪在住ですが京築出身ですので
    遠くからですが応援させてください。

    後、献金の国籍確認ですが小坪市議を良く思っていない
    日本国籍以外の方が紛れる可能性があると思います。
    パスポートや住民票の画像など確認するような事は難しいでしょうか?
    絶対に潰されて欲しくありません。
    万全な献金の方法があれば、支持している側は対応してくれると
    思いますので、確実な手段をとられて下さい。
    お願い致します。

  28. 鈴木敦哉 のコメント:

    大阪住みですが応援します。微力ですが。
    ただ、日本国籍を有するのチェックボックスだけでは危険な気がします。
    不当に貶めようとする外国人排除のための方法にひと手間がかかったとしても、問題なく実行しますので万全はきしてください。

  29. Augusta のコメント:

    先ほどメールを出しました。好きにやってください。

  30. 応援しています のコメント:

    毎日ランキング応援クリックをしています。
    広告収入になるものがあれば、それも毎日クリックしますので、ご検討ください。

  31. 佐久間修一 のコメント:

    海外から送金する方法ついては、何か考慮されていますでしょうか?

  32. おむらいす のコメント:

    微力ながら応援させていただきます。がんばってください。

  33. まー坊 のコメント:

    遠慮せんではよういわんけん。

  34. 齋藤 直行 のコメント:

    待ってました!と書こうと思ったらすでに何人かが・・・
    年金生活者ですが微力ながら協力します。
    若者優先、大いに結構。
    私を含めトシヨリはさっさと死ぬべきです。

    いつの日か国政に打って出られることを夢みています。

  35. Yossy のコメント:

    微力ではありますが、協力させて頂きます。

  36. JL のコメント:

    メールの返信しました。 少額ですみませんが、今後も貴重な情報よろしくお願いします。

  37. 生野区民 2 のコメント:

    メールが来てautlookを返信したけど、autlookの調子が悪いんで、ちゃんと届いたか心配

  38. ken125 のコメント:

    メール送信させて頂きました。多くの方が賛同して戴き私も嬉しく思います。

  39. すとれいてなあ のコメント:

    小坪議員は日本にとって無くてはならない存在です。
    埼玉より小額ですが応援させて頂きます。

  40. γ のコメント:

    些少ではありますが、協力させていただきます。

  41. たしたし のコメント:

    メール送信いたしました。少額ですが活動のお役に立てればと思い献金させていただきます。
    北の大地より小坪議員を応援しております。

  42. 通りすがり のコメント:

    私は会社員として恵まれた収入でありながら独身で、社会への罪滅ぼしの気持ちで色々と献金などを行っております。
    年に1回献金したいのですが、1年後に連絡してもらえると寄付を忘れないで済みます。

  43. 石原秀彦 のコメント:

    文句言いませんのでお好きなように暴れてください。
    微力ながら応援しています。

  44. ぱんちょすろめす のコメント:

    千円でもいいですか

  45. jugemu のコメント:

    些少ですが、献金させて下さい。
    メール送りました。

  46. 漫画喫茶店長 のコメント:

    お恥ずかしいですが1回分のガソリン代程を協力させていただきます

  47. 亀かめ のコメント:

    行橋市のことだけでなく、赤旗やの問題など、
    いつも忙しい中でブログを書いておられて、私もなにかしたいと考えてました。
    土曜日に献金しました。
    (日本国籍を持っている生まれた時からの日本人です。メールで名前等は返信してあります。)

  48. ピンバック: 個人献金についての御礼 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  49. たかさお のコメント:

    少額で申し訳ありませんが、お役立て頂ければと思います。私は、主婦ですので出来る事が限られますが、少しでも日本人が今よりも幸せに生きていける日本を取り戻す為に私なりに出来る事を積み重ねていきたいと思います。
    小坪さんの活動をこれからも応援しています。無理をして身体を壊さぬようにご自愛下さいね。

  50. ピンバック: 一気に6位転落で思うこと。感謝と決断。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  51. インフィニティー のコメント:

    Googleアドセンスの貼り付けはいかがですか?
    サーバーがパンクするほどのアクセスがあれば、数万円くらいの収益にはなると思います。
    専用サーバーを借りる費用くらいにはなるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です