【保守の、情報の歪み②】誰が悪いというわけでもない。


 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

 

Blogというテキスト文化が、動画をはじめとする発信ツールに淘汰されつつある。それだけだと思う。

それは持て囃されたラジオが、テレビにとってかわられるようなものであり、別段の感慨を持つべきではない。

情報の歪みについて述べた。保守側の、だ。
これについては弊害が大きい。

昨日の記事のコメント欄にて、お詫びされている読者の方もおられました。ちょっと驚いてしまいました、私こそごめんなさい。うちの読者が悪い点なんてございません。また、あの記事は、決して読者側に責任を問うものではありません。

情報弱者とか強者という言葉はあまり好きではないのですが、うちの長年の読者層は、相当にしっかりしている層であると思います。客観的に見ても、です。
少々の違いは、読者ごとにあってもいいし、私と違う部分があってもいい。別の人間なのだから、色んな考え方があったほうが適切でしょう。

それでも(全体で見たときの)「情報の歪み」はそろそろ警鐘をならすべきタイミングです。私はそう判断しました。

新しいツールへの移行も考えてはみました。
けれど、どうだろ、私はテキストの世界で生きていこうかなって思っています。

議事録にしても資料にしても、「ガチンコで正面から戦う」ときに、「実際にリアルに影響を及ぼすトドメ」みたいのは、文字じゃないとできない。かつ、その場合はネットではなく「紙媒体」でやるしかない。ものによっては自著・押印。

ネットにアップするのは、その複写であるわけで、結局のところ、議員間の横展開もテキストじゃないとやれはしない。やがてBlogという文化も廃れてはいくのだろう、それはそれでいいじゃないか。

私は、どこまで行っても「実効性」を問うていく。
実力行使型の政治家がネットを使うのであれば、実務メインの私であればこそ、やはり文字でやるよりない。

少し活動のフィールドは広げていこうと思う。
動画などにも機会があれば出て行こうと考えている。

「情報の歪み」を、訴えることができるのは現場組の私たちだけだ。
その問題意識を広めるのも、うちの仕事だろう。
改善方法は私にも見えないけれど、嘆くだけではなく自分自身でもやっていかないといかん。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

22 Responses to 【保守の、情報の歪み②】誰が悪いというわけでもない。

  1. 神無月 より:

    小坪市議が危惧される情報の歪みですが、俯瞰すれば、歪むように仕組みが造られているから。

    市議も体験していますように、有用な発信内容が、管理側に都合が悪いと判断されれば内容は消されますし、脅しをかけられ萎縮させます。

    それでも何とか発信を続けていても、誹謗中傷荒らし等の嫌がらせに合い、陰謀論者の烙印まで。

    世の中、マネーに支配されているのですから、資産の少ない保守系が太刀打ちできる範囲は・・・

    テキスト、動画。どちらにもメリット・デメリット有りますので適材適所は有効かと。
    世の中、活字離れが進んでいるようですが、ペンは剣よりも強いと云われたように、密度は活字の方が高いのでしょう。

    動画は登場人物の魅力にも大きく影響を受けますので、そこは如何とも・・・

    時々、地球自然界から見れば害獣?の人間が何故繁栄しているのか? と、想うことが有ります。

    自然界から見れば迷惑千万な存在ですので、何だかなーの気持ちも湧きます。

    それでも、何かの役にはたっているのでしょう? 進化の道半ば・・・

    人類が活動の場を太陽系に移す頃には、国境の意味も薄れるのでしょうが、それまで持つのか?
    .

    1. 神無月 より:

      インフルエンサーで過去に紛争の国に住み情報を収集していた方の言葉で、「見える情報より、見えない(隠蔽)情報に価値が有る」の言葉が、ごもっとも思いました。

      不都合な真実は必ず有りますので、消される情報は価値が有ると判断出来ます。
      ネットでも不都合な情報の数々がバンされてしまい、隠語か他の動画サイトや有料サイトへ移るなど工夫をされていますね。

      見える(見せられている?)情報で右往左往するのも有りですが、何故、消されたのかを感じ取れば、見える世界も変わって来ると思います。

      情報が消されることは、玉石混淆の中で玉を見つけやすい手助けをしてくれる親切なバンですね。

      イベルメは禁句!  飲んでも妊婦以外に殆ど害の無い薬ですが、異常に嫌っていますね。

      何故???
      .

    2. ふんだん より:

      はじめまして。

      私も自然や環境を破壊する人間が繁栄していくという矛盾がずっと気になっていました。
      その過程で気付いたのですが、宇宙・地球・生物・そして人類の歴史を考えると、そこには進化発展という1つのテーマがあるように思います。
      宇宙がビックバンから現在の姿になる過程でも、地球が誕生して現在の姿になる過程でも、生物そして人類が誕生して現在の姿になる過程でも、単純で原始的なものから複雑で高度ものへと進化しています。
      生物や人類の歴史をみれば、この進化発展というテーマに貢献した生物や種族が繁栄しています。これが自然界の理ではないかと最近は考えるようになりました。
      産業革命を成し遂げたアングロサクソンが世界中に広がったのも、その理が働いた結果かと。

      私は若い頃、「自然を破壊する悪い人間」というイメージを持っていたのですが、最近は自然界は現状維持ではなく進化発展を望んでいるから、それに貢献している人類が繁栄しているのだと考えるようになりました。

      ちょっと興味のあるテーマだったので、失礼かと思いつつもコメントをさせて頂きました。乱文にて失礼致しました。

  2. すっとこ茶釜 より:

    ようつべ等の動画ツールは何時BANされるか分かりませんからね…( ・ั﹏・ั)

  3. 波那 より:

    私には、古から天皇陛下を戴く日本での伝統、培われて来た日本独特の文化の中に日本人として生まれた事は特別な事なので、その日本に襲いかかろうとか、日本らしさを憎み破壊しようとしている動きや輩を徹底的に排除し闘って行く覚悟があります。ネットは、その為に学び、その為に知識を得る場所ですから志を同じくする人が書かれているブログを選びます。情報の取捨選択は結局、それぞれの人が持つ感性にかかっていますので歪んだ情報に流される人が居るのは仕方ないのではないでしょうか。

    『百番目の猿』と言う話があってウロ覚えですが、ある島の猿が芋を食べるのに付いた砂を海水で洗うことを思いついて、他の猿も真似し始め皆がやり始めたら、遠くの場所にいる猿も同じ事をやり始めたと言うのです。何が言いたいのかですが、意識(集合意識)の変化はある臨界点の数に達すると伝播して行き拡がると言う事象です。この話には色々異論があって何やかや言われてますが、そんな事はどうでもいいです。ただ、ある一定数の人が意識を変えたら、その意識は自然に伝播して行くのだと言う点です。私達日本人は敗戦で、古来より持ち続けてきた日本に対する思いや精神性を悉く破壊されました。そしてその事を国内外の外敵勢力に利用され続けて来ました。

    インフルエンサーと称する人の達の意志が日本を思い、日本を守りたいという視点にあれば、意識変化した多くの人達が付き従うでしょう。志を同じくする人が増えれば増えるほど、日本を憎み破壊したいという動きは萎んで行くでしょう。それが集合意識の変化が持つ力だと思います。

    1. 神無月 より:

      小坪市議は、意識変化した多くの人達が付き従って団結して欲しいところを、現実は情報の歪によってバラバラになってしまう事への危機意識からのエントリーだと思うのです。

      民衆の団結を、恐れるのは誰?
      民衆の団結を、利用するのは誰?

      どちらも同じ方々のようです。革命の名の元に!!
      .

      1. 波那 より:

        革命〜?!!

        1. 神無月 より:

          歴史的に有名な革命。
          フランス革命
          ロシア革命

          民衆の不満を王家に向けさせて、ぶっ壊した!
          王家が消えれば、その後を支配するのは扇動支配者達!

          欧州でも、王家の有る国家が上位ですね。
          フランスは無いので下位に見下される。

          英国が大切に守っている理由?
          英国よりも上位の日本なのに、何故か畏敬出来ない・・・
          .

          1. 神無月 より:

            言葉足らずでした。

            暮らしを守る為に、団結は必要な時が有りますが、言いたかった事は、それを利用される事も有るので慎重も必要です。
            .

        2. 波那 より:

          畏敬するべきなどと思っていないです。聞いてもいないですね。集合意識について述べたら何故、革命を煽動してるとなるのでしょうか、気味が悪いです。絡むのはもうやめて頂けます?

          1. 神無月 より:

            波那様、不愉快な書き込み深謝致します。
            申し訳御座いませんでした。

            波那様のアクティブな書き込みは何時も参考にさせていただいていましたので、つい書き込んでしまいました。

            気味が悪い印象を与えるとの御指摘は、今後の反省にさせて頂きます。

            ありがとうございました。
            .

  4. 波那 より:

    最近また、この電力不足の危機にある世界の悲惨な状況を全く顧みることもなく、小泉君が今こそカーボンニュートラルと、またまたアホな事を言って、はしゃいでいます。脱炭素で石油や石炭、天然ガスら化石燃料を廃止するなら原発稼働しなければ日本は大変な事になると全く頭にないあのアホな人、ひたすらに日本を太陽光パネルだらけにしたい小泉君と父と兄はどこのパラレルワールドに居る住人なのでしょうか。

    🔻ソーラーパネルさん、野生生物の遊びで破損して取り替えが必要になってしまう ………
    http://seikeidouga.blog.jp/archives/1080038595.html
    2022/04/21

    のんべ安
    @nonbeiyasu
    迷惑千万、カラスが「遊び」で石投下? 太陽光パネル破損被害相次ぐ 広島県大崎上島町(中国新聞デジタル) – Yahoo!ニュース⁦@daitojimari⁩
    news.yahoo.co.jp
    迷惑千万、カラスが「遊び」で石投下? 太陽光パネル破損被害相次ぐ 広島県大崎上島町(中国新聞デジタル) – Yahoo!

    @tsuisoku777 カラスの勝手でしょ〜😄
    カラス軍団、どんどん流行らせてみんなでビシバシ割ってくれ〜

    @tsuisoku777 八咫烏様の御光臨ですな(´-ω-)ウム

    @tweetsoku1 エネルギーの基幹システムとして脆弱すぎる。日本の政治家はそれ以上にゴミ。

    @tsuisoku777 良い仕事するねぇ、カラスにも山林崩壊が判るのかなぁ。( ゚Д゚)

    @tweetsoku1 自然の摂理はよくできてるな〜

    @tweetsoku1 カラスに破壊される発電所🤣

    @tweetsoku1 畑の上にパネルをと言ってた元首相もいるから今度はパネルの上に案山子だなw

    @tweetsoku1 ソーラーパネルの維持費問題が露呈してしまいますね🤣🤣🤣🤣

    @tweetsoku1 太陽光パネルがウィグルの人々の強制労働によって製作され、中國企業がウハウハとなり、小泉進次郎が大笑い!している状況を、鴉(カラス)は、
    NO! NO! NO!といっている!
    さすが、鴉!(=゚ω゚)ノ

    @tweetsoku1 野生動物には罪はありませんからね。まあ、カラスさん、光もの好きだから😁
    破損パネルから中身流出していないよね。あれって、かなり毒性が強いから、雨でも降ったら、河川や田畑に悪影響。公害の元凶になるんだけど、むき出しで何も対策ないから、周辺住民は気を付けてね😨

    @tweetsoku1 マジで10年持たんなぁ

    @tweetsoku1 次々とベース電源にむかないことが露呈するな。

    @tsuisoku777 カラスに壊されるようなシステムが発電の根幹になり得るはずがない。

    @tsuisoku777 屋寝付けとけばいいんじゃね?
    ……………

    中国に、案山子とか、屋根が必要な発電システムの国にされようとしてる国、我が国日本。

    1. BLACK より:

      ロシアがウクライナに侵攻したことで
      脱原発・脱炭素・自然エネルギー等々の、誰もが反対出来ないようなことの裏に
      覇権国家の思惑と野望があることが明白になったと思います。

      もちろん善意の方々もおられると思いますが
      核廃絶運動や平和運動・自衛隊反対運動に外国の思惑と野望があるように
      これ等の運動の後ろには覇権国家がいる可能性は大きいのではないでしょうか。

      今回ウクライナの惨劇の最大責任は侵略実行者のプーチン氏とロシアにあり
      欧州全体と米国の責任も大きいのではないかと思いますが
      前ドイツ政権の責任も大きいのではないかと私は思います。
      前ドイツ政権の判断が意図的だったのか良かれと思ってだったのか
      いつか世界は知ることが出来るでしょうか。

      日本でも、脱原発・脱炭素・太陽光パネル促進
      これ等の活動をなさる方々の後ろには覇権国家の思惑と野望があると私個人は思っています。

      ウクライナが侵略されている現在、
      ウクライナで人々が殺されている現在、
      日本がロシアに脅されている現在
      日本が電力不足の現在
      日本の国防の危機の現在

      まだカーボンニュートラルを主張する政治家がおられるとしたら
      その理由をいつか国民は知ることが出来るでしょうか。知りたいです。

      波那様
      小坪氏
      お心遣い痛み入ります。

      以上 文責 BLACK

      1. 波那 より:

        小坪先生はBLACK様の事を仰ってるのではないと知っていましたが、とても気になさって萎れてらしたので。

  5. 日清・日露の時代の日本に!! より:

    全く表題と関係無いのですが、教えていただきたいのですが。

    勉強不足は重々承知しておりますし、分からないことが分からない状態でして。

    前まで余命三年で「便衣兵」という言葉が、頻繁に使われ、兵士として識別できない民間人は、ゲリラとして扱われ、抹殺一択だったような気がして・・・・

    今回のウクライナは、民間人の殺戮が問題視されていますが、ロシア側からすれば、便衣兵の可能性があるのではないかと、ずっと思っていて。

    あと、私自身、民間人の抹殺が許されず、兵士の抹殺は問題にならないなんて、同じ人命の扱いでこんなに差が出ること自体に改めて驚きました。

    日本で大騒ぎしている「ハラスメント」だらけで、平和な日本でラッキーだと切実に思います。

    1. ポテ より:

      日清・日露の時代の日本に!!様
      はじめまして。
      以前から余命三年時事日記を愛読している者です。
      私見ですが、ウクライナでの殺戮。ウクライナ内で
      ロシアによる便衣兵が民間人を殺戮する。考えも
      致しませんでしたが、有り得ない事はない。
      ですが、わざわざそれをするかなと感じました。
      考えますに、便衣兵の最大の利点はインフラなどの
      破壊工作活動。それは最大限にあると思います。
      一般市民を装い所持出来る弾薬も少ない状態で
      殺戮をしまくるのは、自分が便衣兵だったらしない
      と思います。それより手薄な後方に回り、西側からの
      補給路などの遮断、放火をしまくるのがリスクが低いと
      思います。

  6. Blogが登場する以前から、テキストエディタでHTMLを書いてFTPソフトでWebサイトを構築・運営していたので、記事の冒頭に賛意は示せません。
    ザックリとした流れでは、

    テキストサイト → 日記サイト → ブログ → SNS

    と進展し、HTML手組み+FTPアップロードでサイト運営をする仕組みがCMS化されました。
    今ではFacebookよりインスタ、YouTubeよりもTikTokの方がバズるようですが、要するに「コンパクトに短く画像または動画で消費する」というのがトレンドになっているに過ぎません。
    テレビの登場でラジオの需要が食われたのは確かですが、ラジオは現在も絶滅していませんし、単にメディアが多様化しただけだと考えます。

    なんでこんなことを書くのかと言えば、Webサイトの黎明期(テキストサイト)から現在のTikTok動画に至るまで、ネット上の情報を「検索」するのが、ずーっとネックだったことを指摘したいからです。
    それは、サーチエンジンとして最初に成功したYahoo!と、ネット検索で世界的な覇者になったGoogleの歴史がすべてを物語っています。
    しかし、SNSは論外としても、CMSのWordPressやPukiWikiしかり、サーチエンジンのGoogleですら、未だに検索は完璧ではない。

    そこで問題の「情報の歪み」ですが、意図的なデマやプロパガンダはともかく、言語を使っている以上、究極的に不可避な問題です。

    もっとも、アメリカの大学や企業(大手テック企業含む)では、とっくに脳インプラント(ブレインイン・プラントもしくはブレイン・コンピュータ・インターフェイス)の研究開発をやっていますから、言語を使わず「思惟」によって、しかもメタバースのネット空間で、世界中の人とコミュニケーションが可能になる時代が来るかも知れませんね。
    そうなれば「情報の歪み」は限りなくゼロになるのでは?と愚考します。

    古代より人間は文字言語によって文化や伝統を次世代に継承して来ましたが、「思惟」によって自由にコミュニケーションが取れるような時代になれば、文化や伝統は均一化され、死滅するかも知れませんな。
    現代では、せいぜいじょうほうりて

  7. アンチレッド より:

    保守の情報の歪みについての昨日と今日のエントリーを、
    小坪市議から見て、保守にとって利益になる情報が拡散されず、不利益になる情報が拡散される、と解釈しました。

    不利益になる情報の拡散を防ぐことを課題とすると、身近な例では迷惑メールの自動振り分けが想起されます。
    この振り分けは特定のアルゴリズムよって行われていますが、人間が判断する場合もその個人特有のアルゴリズムがあって、それによって(ほぼ無意識に)判定していると考えられます。

    保守の情報の歪みを解決するには、このアルゴリズムの統一が必要ということになりますが、そもそもアルゴリズムがよくわかっていないので難しい話です。
    そしてこのアルゴルズムの自由度は社会の自由度と一致しているところが、さらに問題を深いものにしていると思われます。
    つまり、アルゴリズムの統一=アルゴルズムの自由度の縮小=社会の自由度の縮小、となるわけです。

    ---

    情報の真偽判定と善悪判定(価値判定)のアルゴリズムの簡単な考察

    ①善悪判定→真偽判定
    ②真偽判定→善悪判定

    ①は真偽判定に善悪判定が含まれ、②は真偽判定に善悪判定が含まれない。
    真偽判定の客観性を追求するなら②のアルゴリズムの方がよいと言えます。

    新型コロナ・ワクチン問題、ウクライナ紛争の情報の真偽判定における乖離は、この①と②の違いが大きく関係していると考えらます。

    いわゆるワンワールドとは、善悪判定・真偽判定のアルゴリズムの世界統一と同義であり、そこに個別の自由度がないことが問題なのです。

  8. ロード より:

    ご配慮ありがとうございます。

    テキストを重要視して今後も活動していくとのこと、安心しました。
    YOUTUBEの世界はまず刺激的なタイトルが必要ですし、
    ブログは最も検索にかかりやすいことから今後も残っていくことと思います。

  9. Blogが登場する以前から、テキストエディタでHTMLを書いてFTPソフトでWebサイトを構築・運営していたので、記事の冒頭の内容に賛意は示せません。
    ザックリとした流れでは、

    テキストサイト → 日記サイト → ブログ → SNS

    と進展し、HTML手組み+FTPアップロードでサイト運営をする仕組みがCMS化されました。
    今ではFacebookよりインスタ、YouTubeよりもTikTokの方がバズるようですが、要するに情報を「コンパクトに短く画像または動画で消費する」というのがトレンドになっているに過ぎません。
    テレビの登場でラジオの需要が食われたのは確かですが、ラジオは現在も絶滅していませんし、単にメディアとその利用法が多様化しただけだと考えます。

    なんでこんなことを書くのかと言えば、Webサイトの黎明期(テキストサイト)から現在のTikTok動画に至るまで、ネット上の情報を「検索」するのが、ずーっとネックだったことを指摘したいからです。
    それは、サーチエンジンとして最初に成功したYahoo!と、ネット検索で世界的な覇者になったGoogleの歴史がすべてを物語っています。
    しかし、CMSのWordPressやPukiWikiしかり、サーチエンジンのGoogleですら、未だに検索は完璧ではない。

    問題の「情報の歪み」ですが、意図的なデマやプロパガンダはともかく、言語を使っている以上、究極的に不可避な問題です。
    それは発信者の思惑や、発信者を潰したい側の話に関しても同様です。

    もっとも、アメリカの大学や企業(大手テック企業含む)では、とっくに脳インプラント(ブレインイン・インプラントもしくはブレイン・コンピュータ・インターフェイス)の研究開発をやっていますから、言語を使わず「思惟」によって、しかもメタバースのネット空間で、世界中の人とコミュニケーションが可能になる時代が来るかも知れませんね。
    そうなれば「情報の歪み」は限りなくゼロになるのでは?と愚考します。

    ともあれ、古代より人間は文字言語によって文化や伝統を次世代に継承して来ましたが、「思惟」によって自由にコミュニケーションが取れるような時代になれば、文化や伝統は均一化され、死滅するかも知れませんな。
    小坪さんが「テキストの世界で生きていこうかな」と、文字言語に回帰(?)するのは、ある意味で必然なのだと思います。

  10. 櫻盛居士 より:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    情報の歪みが生まれるのは、恐らく受取り手が望むもの、つまり需要が最大の要因かと考えます。
    それは受取り手にとっては、その情報が新鮮で斬新であるかの様に感じるからなのでしょう。
    発信者側はその需要に応える形で、供給して居るに過ぎないのでしょうから、これはある意味で自然の流れだと言えるでしょう。

    更に情報発信者側の情報読解能力と、伝達力、及び表現力の問題から始まり、受取り手側の情報読解能力とが悪い相乗効果を生んだ際に、情報が歪んで行くパターンが殆どなのではないでしょうか。

    この辺りはバンドとかやってた人なら、市販のバンドスコアの精度に置き換えて考えれば分かり易いかと思います。
    好きな曲を自分で演奏しようと思ってバンドスコアを買ってその通り弾いてみたら、原曲と違っていて「何じゃ?このスコア」と思ったりした経験のある人なら分かるかと。

    原曲が事実なら、それを聞き取り音符に起して発売する者がインフルエンサー、バンドスコアを買って演奏する人が視聴者の立位置です。

    耳コピでスコア起しする人によって精度は異なりますし、そのスコアを買った人もその精度が全く気にならない人が居たり、そこに引っ掛って自分で原曲から耳コピして補正する人が居たりする訳です。

    尤も、殆どのインフルエンサーは需要に応えるべく努力はして居るのでしょうが、経費、時間と言ったリソースは無限にある筈も無く、より深い情報にアクセスして調査すると言っても無理があるのでしょう。

    そう言った意味では、それらの発信元は導入用と割り切って、エンドがより専門的な情報に触れる事を可能な様にしておき、徐々に埋めて行くのが良いのではないかと考えます。

  11. 神無月 より:

    人間の社会は人間の意思で動くものですので、大小様々な思惑が複雑に絡み合いながら紡がれて行くのでしょう。

    思惑が有れば不都合な情報も生まれますので、それらを消す隠すの行為もインフルエンサーに対して違反として警告を与える直球も有れば、検索にヒットさせない変化球も有ります。

    検索にGoogleを通常使用される方が殆ど?と思われますが、他のサーチエンジンで検索しますと、キーワードが同じでも表示される情報は大分違うことも。

    Googleはメディアが流す方向に沿った内容が上位に表示され易く、陰謀扱い?は下位か非表示です。
    他のサーチエンジンでは、不都合?な内容も検索結果上位に表示されますので、疑問に対しての情報収集には参考になります。

    逆に、Google系で陰謀論と言われているような内容がバンされずに発信されていますと、その情報が事実なのかフェイクなのか迷います。

    意図的に情報を混乱(反発合い)させるために、不都合な情報も混ぜ込めて流している可能性も有りますので・・・

    メディアを批判しても、一次情報発信元の殆どがマスコミですので、第四の権力は巨大な影響力を持つ存在に変わりありませんね。
    .

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください