テキサス親父日本事務局の暴走について、矛を降ろす。


 

 

最低限必要と思われる言質は得られたため、極めて不十分とは思うが、ここで矛を降ろす。
「行橋市議会議員の主張に関して当方の見解」と題し、テキサス親父日本事務局の藤木氏は以下のように述べている。
「?「寄付が問題だ」とは一切、誰も言っていない。」「?この地方市議が寄付を受けたとは考えてもいない。なぜなら、この市議が余命氏の問題に参戦すると言ったのは、市議が問題視している生放送の数日前くらい前だったと記憶しているためだ。」「?よって、余命氏に今まで集まっていると聞く数千万円の寄付は、この市議と関係無いのはどこから見ても明らかである。」

矛を納めるにあたり、経緯については明確にしておく。
私は一方的な被害者だ。交通事故で言えば、10:0であることを強く明言しておく。
また、この藤木氏と特段のお付き合いがない。当Blogなどで藤木氏らの悪口を述べたこともない。

最初の発端は、テキサス親父日本事務局である藤木 俊一が、同志を含むはすみとしこ氏及び藤井実彦氏の3名により、動画内で「凄まじく悪態をつかれた」ことが発端である。何を起点としているかは、強く主張しておく。
先に手を出したのか誰か、先制攻撃がどちらからなされたのか、という点だ。(とても大切。)

保守の大同団結が叫ばれる中、強く違和感を覚えた。それでも、特にお仕事でされている方が多いようですから(特にこの三名はビジネスの方もおられる。)、余命氏への対抗心ゆえのものであれば、「その程度ならば、私も許容した」と思う。
ただ、その中で、現職議員としては到底容認できないものが含まれていた。これは藤木氏のみならず、ネット世論も重視していない分野ではあると思うが、極めて恐ろしいことになった。

即応で打ち消しておかねば、つまり初期対応の徹底的にやらねば、大変な事態になる。ネットでは100回言えば真実になるみたいな部分もあり、テキサス親父日本事務局の発言は重く、すでにネットの一部(主に左翼と思われる)では、指摘が開始されていた。放置すれば、大変なことになったと想定される。ここに対し「全力で否定」することは、当然のことだと考えている。

同陣営であるはずのものに、一方的に刺された。
「おいおい」「それは事実ではない」と主張したところ、今度は人格攻撃だ。しかも、福岡のビデオブロガーという形で、ランダムヨーコ氏などまで巻き込んでいく。藤木氏らは、敵対関係を(保守の不和を)拡大して行った。

この点を深く憂慮していたところ、実はテキサス親父氏よりメッセージを頂く。
私も英語が得意ではないため、特に能力の高い者を選抜し通訳に任にあたって頂いた。
私信を開示することはしないが、「何が起きているかわからない」という状況だったのは、間違いないと言わせて頂く。突然に議員生命を断たれかけたこと、それが事実ではないこと、証人が月間100万人はいるということを伝えた。
非常に悲しいということが、文面からにじみ出ていた。というか、まぁ、そのものズバリの文言もあった。

ご説明申し上げたのは、「死活問題ゆえ、訂正を求めている」「誤報であれば謝罪を」というのみであり、賠償などの話は内容証明に盛り込んでおらず、期日も長期で設定している。(攻撃的な内容証明であれば、さらに期日は短く設定する。事実認定のみであるため、今回は短くてもよかった。)私は、一方的な被害者だが、相当な温情処置をとっているつもりだ。

にも関わらず、貴方の名前でいまだに大暴れしているという旨も伝えている。
このやり取りは数日にわたって続いた。
テキサス親父氏、本人のファンであるため、私はテキサス親父氏を巻き込みたくない。
ゆえに、トニーさんのコメントを待つことはしないが、「日本事務局の動きと、テキサス親父は、本件に関してはまったく別の存在」だということは、強く宣言させて頂きたい。

万が一、否定されるのであれば、テキサス親父氏にコメントを求めることになろう。
「この動きがテキサス親父氏の師事で、氏の指示により、もしくは知るところにより、生じている騒動なのだ」と。例えば「余命氏を含むネット保守の動きについて、上から目線で苦言を述べ続けていることも、テキサス親父本人の意向だ」と、本人のコメントを出してもらうよりない。
そのような事実は、私の確認する限りにおいては、存在しない。

さて、私は訂正だけでも良かったのだ。
ゆえに矛を納めるとは書いたが、もっと上手くやることはできないのか?
例えば、以下のような文言だってある。こういうときこそメディアを厚かましさでも真似ればよい。

「行橋市の小坪議員よりご指摘があった件でありますが、当方の認識と些かのズレもございません。同氏が、第三者と共通で寄附行為を行ったという事実は存在しておらず、当方もそのような認識は持っておりません。しかしながら、番組内においては動画という特性上、主語などが伝わりにくい個所もあり、誤解を与えてしまった一部の皆様にはお詫び申し上げます。また、混乱を生じたことについてお詫びするとともに、不愉快な思いをさせてしまったことについて、小坪氏に申し訳なく思います。」

こういう感じで書いておれば、それこそ即日で終わった話だ。
藤木氏が発表した文章には、一切の謝罪もない。これだけの混乱を招き、当方がどれほどの事務負荷を要したのか(例えば通訳だって時差があるから大変だったんだ)、自らに責任があることには、一切の謝罪すらしていない。

上記のような内容であれば、私(及び私の支援者)や、余命氏(余命氏の支援者)から二の矢三の矢を放たれることも防げただろう。

内容証明が必要だったのか?という者もいようが、「やるべきレベルの話」なんです。じゃないと、エビデンスが残らない。どうして私が、一方的に潰されねばならぬのか。

「1 彼らが私を突然撃って」
「A 私は、やばい、即死案件だと内容証明」
「2 彼らは人格攻撃を開始」
「B 私は、内容証明のネット公開」
「3 人格攻撃のBlog」
「4 Twitterで罵り倒す」
「5 カスミソに書きながら、一応の事実認定」
「C 矛を降ろすか」

という流れだ。
事実誤認により一方的に殴っておきながら、火の粉を振り払われて逆切れ。
完全なる加害者にも関わらず、手数は凄まじく多い。

これ以上やると、テキサス親父氏に迷惑だ。
親父が悲しんでいる。すでに別人格とわかった以上は、「テキサス親父日本事務局」への矛は降ろそう。あれは、テキサス親父ではない。主張とは、なんら関係ないんだと(親父の名誉のために)宣言しつつ。

とは言え、矛を降ろすとは言った。
(矛を納めるとは、ニュアンスが違う。そのあたりも一応は書こう。)

ちなみに昨日の夕刻、Twitter上で「矛を降ろす」と宣言しているが、
藤木氏は、さらにテキサス親父日本事務局名で攻撃を継続している。
なんなんだろうなぁ。

本稿で、ちょっと先方の(一切、謝罪のない)報告を紹介する。
私が矛を降ろすと言った背景とか、別のところの動きも紹介しつつ、ね。

 

重要
【翁長県政の倒し方】日米外交に直結、沖縄選挙イヤー開戦。最前線へ!沖縄に行ってみた【県政奪還したい人はシェア】

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

矛を降ろす=停戦
矛を納めるが終戦であれば、矛を降ろすは停戦にあたる。

事実の認定がなされた以上、それを最低目標に掲げていたため、目標達成としておきたい。
これ以上のリソースを割いても意味がないからだ。

 

行橋市議会議員の主張に関して当方の見解 2018/05/21

 

小坪行橋市議に関する件で、当方の見解をここに記す。
(中略)

そもそも、この地方市議が寄付を受けたとは考えてもいない。なぜなら、この市議が余命氏の問題に参戦すると言ったのは、市議が問題視している生放送の数日前くらい前だったと記憶しているためだ。

余命氏と会い話し合いをして、自らツイッターにて参戦表明をしていたので、私の記憶では、そこからの付き合いだと思っている。よって、余命氏に今まで集まっていると聞く数千万円の寄付は、この市議と関係無いのはどこから見ても明らかである。

簿外に寄付や資金があるなどとも一切言っていない。

また、寄付があれば、政治資金報告書にありのままを記載すれば良いだけの事で、

・私は本当に死ぬ
・どうして私が突然、死なねばならないのか
・議員生命を断たれる
・死活問題に陥る
・私は殺されかけたんだ
・なにゆえ、突然、私を殺そうとしたのか
・突然、殺意を向けられ、死活問題に叩きこまれた
・私がこのような目にあわされねばならぬのだ
・なぜ私が死なねばならぬのか
・突然死を迎えねばならないのでしょうか
・突然、殺されかけ、ナイフでざくっと刺された
・交通事故で考えれば10:0の事故
・しかも死亡事故クラスの大事故
・死ぬからです、マジで
・傷ついた体に鞭をうち
・殺されかける
・他者を殺してかけている
・無駄死にしないといけない

と泣き叫ぶ話ではない。

 

もし、共産党がこの市議に対して「不正な政治資金を受けたとの疑い」をかけた場合、一次的には、訴えを出す共産党側が、その証拠を提出しなければならない。それがなければ単なる言いがかりで、共産党もそこまで愚かではないだろう。

 

 

最低限の言質はあるので、よしとします。

 

>共産党がこの市議に対して「不正な政治資金を受けたとの疑い」をかけた場合、一次的には、訴えを出す共産党側が、その証拠を提出しなければならない。

これは、あなた方も、ですよ。
本来ならね。

>それがなければ単なる言いがかりで、共産党もそこまで愚かではないだろう。
そうそう、「言いがかり」って私に指摘されたわけですね。

 

『この市議と関係無いのはどこから見ても明らかである。』
どうして、最初にこの一言を言えなかったのか、ここまで戦線を悪化させたことに強く疑問がある。

指揮としては上手いとは思えず、後味の悪さが残る。
保守層同士の撃ち合いを、もともと希望してのことではない。

さらに早期に、小さく沈静化させる手法はあったはずだ。
この一言が、さっさと言えなかったことは、正直、情けない。

 

まぁ、最低限は満たされている、としよう。

 

 

 

検証
以下が、「突然、先制攻撃」された動画です。

動画比較、当該箇所は30秒のみ。

 

(当該箇所の全景 12分間)
まず、余命氏に関しての言及から始まる。
関連として、私が出てくる。

 

この12分間、特に関係のない方から、ここまで悪しざまに罵られ、
しかも、腕の組み方、声のトーン、あと顔の表情ですね、
極めて尊大と言いますか、上から目線。

あの、私、この人たちに何かしましたか?
この三名、直接、お会いした方、一人もいないのですが。
(藤井氏はある可能性もあるが、記憶にない。)
少なくとも、誰一人、私と携帯でやり取りしている方はおりません。

 

また藤井氏が(私に対して)「反省してもらいたい」「そこは反省したほうがいいと思うよ」等と、腕を組み極めて高圧的な態度で論評している。
何を反省しろというのか。私は、氏の指摘し論評している件から無関係である。

 

 

それでも、よしとしましょう。

 

 

 

矛を降ろす
昨日の夕刻、下記のようにTwitterで宣言した。

 

私は「矛を降ろす」したわけだが、それは日本事務局が先ほどのBlogを公開したためである。

上記のBlog公開後の日本事務局。

そして、以下をリツイートしている。

 

 

私も、説明不足であったと恥じ、当該箇所を以下のように修正したのでご了解いただきたい。

私も含め論評した動画に対し、短いながらも論評させて頂いた。
これ、やるなら、この部分は延々に継続していくと思いますよ?

自分たちだけが一方的にやれるとは思わないほうがいい。
また「ちくっと一言」しか、まだ言ってない。

 

また藤井氏が(私に対して)「反省してもらいたい」「そこは反省したほうがいいと思うよ」等と、腕を組み極めて高圧的な態度で論評している。
何を反省しろというのか。私は、氏の指摘し論評している件から無関係である。

というよりも、そもそも論破プロジェクトと私は接点がない。
この、藤井なる人物がどのような活動をしているかもわからないし、HPを見たが、活動内容や実績もわからなかった。
(嫌な言い方をすれば、パッとする、つまり記憶に残っているような実績が存在していない。)

 

ちょっと笑ってしまったのは、藤井氏が「つらいんです、つらいんです」と述べていたのですが、何が辛いのでしょうか。

その、、、
この方が辛いのと、私が事実でないことを述べられ、突然、殺されかけることに何の関係が???

 

藤井氏は、(藤木氏を)「五年も活動している大ベテラン」みたいに持ち上げていたが
若くして動いていた私のキャリアは、ほぼ10年ですから、倍のキャリアがございます。

どうやら、(彼等の活動を)最初はメディアも取り上げてくれたが、取り上げてもらえないと嘆いているようです。
お金集め?をしたそうですが、最初はよかったけど・・・みたいな発言も。
(余命さんとこにはいっぱい集まってることが気にいらないのでしょうか。で、それと私はまったく関係ないんですが。)

 

この方々も評論家きどりみたいですから、私も評論しますね。
特に藤井氏ですが、才能ないならやめたほうがいい。
もしくは愚痴をこぼすな。少なくとも他者を羨むような姿は、醜い。

私は活動家で食っているわけではありませんが、保守で食べていくのは本当に一握り。
五年か何年か知りませんが、食べていきたかったけど無理だった、というならば、もう田舎に帰ってはどうか。(田舎がどこかは知りませんし、これは比喩ですが。)

芸能界に憧れ、デビューするも売れず、みたいな状況。
食べて行けず、売れっ子さん(余命氏)をうらやんで、それでどうするんですか?
そもそも、ネットツールを使って保守派は繋がっているわけですから、誰かを攻撃すれば嫌な思いをする者もいるわけです。貴方の”潜在ファン”には。

ですから私も、ここまで配慮してあげたのですけれども、
余命氏を攻撃し、仮に余命氏がつぶれたとして。
藤井さん、あんたのファンが増えるわけではないし、貴方が保守で飯が食っていけるというわけではないんだよ。
むしろ逆で、月間60~70万人いる余命ブログの訪問者は、二度と貴方を認めないだろうから、消えかけていた可能性を自ら閉ざしただけですよ、とかね。

はすみさんも、ちょっと悪人顔に映ってしまっておりますから、私は許容しますけれど、そのあたりは少し気をつけてはどうでしょう?
(追記1)私は接点がなかったわけですが、貴女に悪感情も持っていなかった。だが、ファーストインプレッションとして「周囲から見た」とき、どう感じるかも念頭に置いて頂きたい。余命氏の支持者にも、貴女のファンはおりましょうし、今後も書籍購入してくれたはずの層もいるかと思います。そのあたりを配慮した話し方にされてはどうでしょうか?(※少し気をつけてはどうでしょうの詳細を説明)

(追記2)これは容姿を指したものではない。当初の言葉については手を入れていないが『私は許容しますけれど、そのあたりは少し気をつけてはどうでしょう?』とあるように、態度・振舞いを指したものです。まったく接点のない保守陣営の方に、突然論拠もなく罵倒され、このように全否定された動画での雰囲気について(『私に対して』は許容するにせよ)はすみ氏と私のファン層がある程度は重複することを前提に、ご自身のファンに対する接し方としては改善すべき点もあるのでは?という意味合いでございます。
まずもって私に言及したのが彼女らである以上、この程度の指摘は当然のことかと認識しております。

まぁ、藤井氏(論破)に深く言及したのは、私は内容証明・特定記録を送付したのが、藤木氏(テキサス親父日本事務局)だけだからです。
ここは手加減と言いますか、「影響範囲を抑えてあげたかった」からです。
チャンネルが、テキサス親父日本事務局ゆえ、発信元のみに限定して”あげた”んです。

まったく事実誤認も甚だしいわけですが、論評には論評で、で許してあげようかな、と。
(私も動画でも撮って公開しましょうかね。自分たちもやったんだから、同じこと、されてみなよ。)
(それでも温情処置なんですけどねぇ。)

 

私が、この方たちに何かしたのでしょうか、本当に。
この三名が余命氏と仲が悪いとして、その理由も、みみっちい面子の問題だとして。(これぐらいは言わせて頂きましょう。)
私は、そもそも関係ないでしょ、あんた達と。

政治家なんだから、好きに論評してもらって構いませんが、せめて事実に基づけよ、と。
事実でなく、他者を殺してかけているわけですから、「事実じゃない」と内容証明を送るのは当然でしょう。

 

 

はすみさんに対し追記したのは「(追記)私は接点がなかったわけですが、貴女に悪感情も持っていなかった。だが、ファーストインプレッションとして「周囲から見た」とき、どう感じるかも念頭に置いて頂きたい。余命氏の支持者にも、貴女のファンはおりましょうし、今後も書籍購入してくれたはずの層もいるかと思います。そのあたりを配慮した話し方にされてはどうでしょうか?(※少し気をつけてはどうでしょうの詳細を説明)」です。

できるだけ彼女には触れたくなかったし、私は誰も巻き込むまいとして書いていました。
ゆえに、たった一行としておりました。三人で言っている以上、まったく触れないわけにもいきませんからね。
そういうことになるでしょう?この一行に込めたアドバイスは、本心からです。

 

「攻撃された!」ぐらいに思っているかもしれませんが、見るべきは私ではなくて、
私の向こう側にいる保守陣営であったり、余命氏の向こうにいる保守陣営であったり。
どうしてそこに対して、配慮してあげられないんですか?って言ってるんですね。

で、これは嫌味でもなく、ただのアドバイスですから素直に受け取ってもらえたほうが嬉しいです。その際に「悪人顔」という表現が悪かったのであれば、その点については表現を改めましょう。
(事実、私ははすみ氏の支援も各所でしてきました。お会いしたことはないけれど。)

 

 

「自らの購読者に対して、向けるべき態度ではありませんよ」という意味であり、それをぼかした書いた発言でした。ストレートに言えば、貴女への攻撃になってしまうから、です。こちらの発言のほうが、まだマシだと思いました。

 

先ほどの12分間でありますが、ご自分で見て、どう思われますか?
保守を今後も牽引していく有志の一人だと思って書いているのですけれども、私は、ちょっとよろしくないと思いました。

今後も頑張って欲しいという思いをこめ、「見られ方」も研究して欲しい。
厳しいときがあったと記憶していますが、私もあの時、必死に援護射撃したんです。
だから、もっと立派になって欲しいし、できるだけつまずいてほしくない。

ただ、出過ぎた真似でしたらごめんなさいね。貴方自身が考えることだと、そのように思います。

 

 

まぁ、
藤井氏のほうがボロカスに言っていたので、その分、藤井氏に集中して書いてるんです。

けどね、どうして藤井氏への擁護というか、援護はなかったのかなぁ、と。
はすみさんのは一行しかなかったのに。

藤井氏は、継続した場合は、昔の新潮を持ちだして幸福の科学のことでも書こうかと手ぐすね引いてましたが、「矛を降ろす」と言ったらから降ろす。

だけど、一行のはすみ氏のみ守り、藤井氏は擁護しないのは、可哀想だと思う。
ちゃんと藤井氏も護ってやって欲しいですね、なんか可哀想なので。

はすみ氏のほうが知名度があり、人気があるとして、そこに相乗りしたのかも知れませんが、だったらそれは綺麗だとは思えないな。

 

以下、私が「矛を降ろす予告」以降の発言

 

 

あーあ、としか。

私が「矛を降ろす」と言ったのち、
どうしてこういうことを書いちゃうかねぇ。

はぁ。。。

 

 

ある意味では、あれは「謝罪」は入ってないけれども、頑張って書いたんでしょうけれども、余計なことも書きたかったんでしょうね。
気持ちはわかりますが、そこはぐっとこらえて、さ。

うちも大人になって、矛を降ろすって宣言したあと、その後のやつは、やっぱマズイでしょ。
あと、面白いことしないでください。

よくわからん電話(相手は偉い人)から、かかってきて、困ってます。
これも書かにゃ、いかんよなぁ。。。

 

 

 

面白いことは、やめて!

以下は、藤木氏のBlogの後段。
色々とつっこみどころがあるが。。。

残念だが、この市議の認識は完全に間違っている。今後の活動のために、自らも弁護士を付けずに弁護士の懲戒請求も行い、弁護士の資格停止も勝ち取った経験があり、過去30年間に様々な訴訟の経験がある筆者が知恵を授けよう。

この市議の問題は、「自分だけが知っていて、他人は知らない」と他人を初めから見下している思い上がったところである。

相手を殴って倒す自信があるのは良いが、「相手からも殴り返される」ということも考慮して敵と戦うべきである。

内容証明は、受け取り拒否ができる。特定記録も受け取り拒否ができる。が、正解である。
素人は騙せても、実際に闘ってきている人間には、この様な作り話は通用しない。

 

 

出典

 

あの、私にかかってきた電話というのは、
「いや、この人、この写真を撮ってるんだから、受け取ってるんじゃないのか?」
「だったら、この写真はなんなんだ?」というもの。

小坪「知りませんよ!」と。
私だって中間管理職みたいなもので、上にお諮りしながら動いてるときもあるわけで。

特定記録の場合はwebで確認できるので、完了画面がネットで出るんですね。
それは、上司ではありませんが、ちゃんと報告してたんですよね。

 

偉い人「受取拒否ってシールを貼ったら、そうなるのか?」
小坪 「いや、そんなの知らんので、もう好きにしてください。」
偉い人「だがお前の報告では・・・」
小坪 「それは日本郵政に言ってください。」

合間合間で面白いから、もう勘弁して欲しい。
結構、いま忙しい時期。六月議会も始まるし。

 

 

 

ということも含め、矛を降ろす
はぁー、です。

 

最大の問題は、「テキサス親父日本事務局」というアカウント名です。

これは、よく知らない人が見れば、テキサス親父本人が言っているように見えてしまう。

 

私から親父本人に確認をとりに行ったものではなく、どなたかの御導きにより、親父からメッセージが来ました。

私心を公開することはしませんが、親父の名誉のために言わせて頂ければ、
今回の動きは、テキサス親父の指示のもとではないし、少なくとも把握していなかった、というのは間違いない。

どうして詫びの一言、言えないのか。
こちらの事務負荷だって相当なもので、通訳だって楽じゃない。
時差だってあるんだ。

それが、組織を代表して発言する内容なのか、という点は、苦言を述べておきます。

 

私は、ある友人が昔、お世話になったというから、当初より温情処置で動いていました。
ただし「最低限の」という部分を述べておりましたから、その最低限が満たされたのでよしとしましょう。

嘆願と言ってもいいのですが、せめて国連などで動けるように、と。
活動家として動けるような状況は維持してあげたいな、と。

どうやら私がアクセス至上主義者と言いたいようですが、似ているけれどもちょっと違います。
沖縄の県知事選にあわせ、保守の大手サイトを周っていたというのみで、他にも複数のサイトを周っています。ご存じの方も多いでしょう。(まだ名前は出していない。)

カミカゼさんにも伝えておりますが、やっていたのは「選挙支援の準備」であり、私はお使いみたいなもんですからね?

 

で、誰がどこを周るとか、そういうのも含め、組織的にやっているし、
計画だててやってるんですよね、小さな動きじゃないですから。

だから、私が藤木さんを飛び抜かしたなんて思いもないし、知っているところ、より関係の深いところを担当しているというか、担当に指名された、というか。
時がたてば、貴方のとこにも行ったと思いますよ、どなたかが。

 

さきほど、はすみさんのときにも述べましたが「周囲の見られ方」というのは、大切ですよ。
これでは、誰も藤木氏とは「組みたくない」って思われると、そうは考えられないですか?

私が矛を降ろすのも同じ意味で、「もう関わるな」とストップがかかったからですよ。
他者のことはあまり言いませんが、かなりのクラスの方からも連絡があったのでしょう?

あのですね、そこだけじゃないですからね?
あそこは貴方とも接点があったから、そして私からも「訂正さえあれば」と伝えていたため、連絡をくれただけであって、打診すらせず「今後は組まない」って言ってるとこもですね、あるんですよね。

そりゃ、ありますよ。。。

 

私はね、ここまで不完全でも矛を降ろすのは、それは全部、テキサス親父に降りかかってきちゃうんですよね。私は、それが悲しいの。
もう、相手してくれなくなっちゃうでしょ?いま諭すように言っているつもりですが、ここは、素直に読んで欲しいです。

「日本事務局」の名を冠して、他者の名前で発信することが、本当に正しいことでしょうか。
発信して良いですし、むしろして欲しいとは思いますが、それはテキサス親父の意思を伝える発信であってほしい。

いまみたいな言動は、個人アカウントでやりませんか?
かなり大きな傷になってしまっておりますが、私が矛を降ろすのがなぜかも含め、自問して頂きたい。

「出禁」を明言したとこが出てきてしまったから、あわてて降ろしてるんですよね。
最低限のものは満たされたから、と無理に納得させて。
その気持ちは、ちゃんと斟酌して欲しい。

これ以上は、いよいよヤバイと思いますよ。

 

 

私は、国連方面は、よく知らない。

分野外であり、自らが担当しているもの、というのがある。
消防官と警察官は、治安を守るという意味では似ているが、やはり訓練も装備も担当も違う。
海上保安官は警察とも言えるが、お巡りさんに今から海を泳げと言っても、やはり海保のほうが得意だろう。

自衛官だって、陸自に空を飛べって言っても無理があるし、
海自が、いまからジャングルで特殊部隊を戦うって言っても厳しいでしょ。

私だって得意分野はあるし、やってない分野もあるの。
で、その多くはBlogでは書いていませんよ。
ネットで書いてないことが、本当の専門分野。

だいたい労組問題に切り込んだときだって、あそこまでやってるなんて読者も知らなかったと思うし、
今回の件にしても、意外に司法もわかってるんだというのが読者の感想なのでは?
大事なことは、実は言ってないし、自らの武装も、あんまり見せてない。

 

ただ、「なんでもできる」わけではない。
国連方面だってやったほうがいいとは思う。
が、やる気はない。

そこは、頑張ってる人が、頑張ればいいと思う。
私だって担当が多すぎて、ちょっとしんどいぐらいだし。

 

国会議員の支援を受けたいときだって、あると思う。
それぞれの活動は、尊いものだと私は思っているけれど、
だから他者の活動を否定もしていないけれども。

特に、そこの部分は嘆願みたいのもあったので。
早期に沈静化させ、さくっと終わらせてあげたいと思った。

必要な活動だと思うので、影響を小さく、と。
だが、「もう出禁にするから、相手するな」と厳しめの指示が降りたので、ここで私も退きます。
やりにくくなっちゃったと思いますよ。「面倒そうだから、いい」って声が強い。(とりあえず、うちの部隊では。)

ちゃんと謝っといたほうが、よかったと思いますよ。
私は矛を降ろしますが、それは納めるとは少しニュアンスが違う。

 

内容証明をアップしたBlogだって、パスロックかなんかかけて、非公開にしてあげようと思っていた。
(実際、偉い人たちにも伝えていた。)
たった一言、悪かった、と。
それがなかったのは、厳しいんじゃないかな。

きっと私に恨み節もたくさんあるとは思いますが、
ある意味では、活動家として残すべく、一番奮戦していたのが私でもあり、
また、テキサス親父の面子を守るべく、裏で頭を下げまくっていたことなんて、
恐らく一生知ることはないと思うのだけれども、一応は言っておきます。

 

第三者の目。
日本事務局として発言するならば、これは重視して欲しい。

直接的に、親父に関わってくる。
私の場合は、FBのフレンドに地方議員だけでも2~300人いるわけだし、コメント欄にもちょいちょい国会議員も出てくる。(本人が直接、書いてる。)

組織名で発信することが相応しいのか、否か。
さじ加減を自問すべき時期じゃないだろうか。

また、「矛を降ろす」と、私が述べれば、
私の株はあがるけれども、テキサス親父さんの面子はどうなるのか。

ちゃんと「ごめん」って言ってれば、私だってこういう書き方はせんで済んだのだ。
やりたくて書いてるわけではなく、「それ、訂正にもなってないよ」と、第三者が怒る書き方はさ、よくないですよ。

まず「自分たちが、始めた」って部分、
ちゃんと考えて。
それを他者(テキサス親父の名)でやったこと、ちゃんとお考えください。

 

 

 

 

 

これにて、矛は降ろす。

 

あまり後味の良いものではない。

 

私には、そもそも割ける時間に制約があったため

 

ここらが限界です。

 

ハラハラした人もいると思うが、

 

とりあえずの停戦です。

 

それにしても、周囲を率いるというのは、なかなかに難しい。

 

責任も、発言も。

 

「率いるって大変だなぁ」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

テキサス親父日本事務局の暴走について、矛を降ろす。 への89件のフィードバック

  1. もも のコメント:

    先生いつもありがとうございます。
    ブログやツイッターを読んでいると、
    すんなり心に届き読みやすい文章で、書き手の人となりが推察されます。
    もっともっと読んでみたくなります。
    攻撃的な文章は読み続けることが難しく、フォローやお気に入りから外してしまいます。
    これからも小坪先生を応援します。

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    ひとまず、最低限ではありますが、トラブルが終息する方向にすすんだことはよかったとおもいます。

    テキサス親父さんからメール(当然英語ですよね)が来ていたんですね。きっと、テキサス親父さん(トニー・マラーノ閣下)も心を痛めておられたとおもいます。なにがあったんやぁ!(関西弁風になりますが)とおもわれたのでは。

    ですから、テキサス親父さんから、日本事務局の藤木さんのほうへも、もう、これ以上無益な論争をやるなよ!と諫めるメールが届いたのではとおもいました。あくまで想定になりますが・・・

    閑話休題・・・・

    テキサス親父さん(トニー・マラーノ閣下)の動画は、過去も現在もそして、これからもいいね!推しは続けてまいります。

    ですが、日本事務局の藤木さん、はすみとしこさんについては、今後、小坪先生へのきちんとした謝罪や対応がなされるのかどうか、すこし、経過をみたいとおもいます。

    とにかく、小坪先生の応援を続けます。頑張れ!頑張れ!頑張れ!とエールを送り続けます。あ、そうそう、サマーウォーズですが、セル版購入しちゃいました!
    草莽の団塊世代の高齢者でも、アニメヲタクは着実にいますよ!ってことで!

    失礼します。

  3. なんか後味悪い、というのはこのことですね。
    でも、余命さんを知ってる人は全員、あの動画で、いきなりの余命全否定を見て、「あ、この人ら、全然わかってへんわ」と思たと思いますね。
    事実誤認も甚だしい、ということで。
    せやから一応、返答はしたし、小坪さんも「矛を降ろす」ことにされたんですよね。
    でもね、まあ一応それなりの社会人、組織人としてのサラリーマン経験もしてきた私から言わせたら、あの「返答」は、まともな社会人の文章ではないですね。
    その後の振る舞いも。
    「テキサス親父日本事務局」は、どこからどうお金が流れてるのか知りませんし、それはどうでもいいですけど、かなり残念な人たちやなあ、とかなりがっかりです。

  4. 名無しさん のコメント:

    >「日本事務局」の名を冠して、他者の名前で発信することが、本当に正しいことでしょうか。

    残念ながら本人たちは悪いことと考えてはいないでしょう。事務局と幸福の科学との関係はわかりかねますが、もし仮にそうだとすれば。トップの大川隆法氏がそのような手法を用いていますからね。『〇〇の霊言』シリーズなど、まさに他人の名前を勝手に名乗って商売しておられますので。

  5. じゅげむ のコメント:

    先方の見解が癪に障ります。
    『そもそも、この地方市議が寄付を受けたとは考えてもいない。…よって、余命氏に今まで集まっていると聞く数千万円の寄付は、この市議と関係無いのはどこから見ても明らかである。』と、最低限の言質。
    でもね、確かに言ってますよね。
    「懲戒請求を煽った」とも、「かなりの高額の寄付も集めたのに何にもやってない」などとも、動画でしっかりと確認しました。あたかも政治資金規正法に抵触しているかの如き言い方。(いやしくも議員と名のつく方々なら、全力で否定するでしょう。
    否、即座に裁判に訴えるでしょうね。)

    にも拘らず、見解として。
    『寄付があれば、政治資金報告書にありのままを記載すれば良いだけの事で、』と、以下、先生のブログから言葉を箇条書きに抜き出して列挙しています。
    逆ギレしただけではなく、先生をおちょくって(揶揄して)いるようにしか見えません。
    且つ、はすみ氏に対しての言葉を逆手にとってセクハラ扱い。
    そもそも、はすみ氏が先に他の二人の尻馬に乗って、先生をディスったからではないか。
    しかも、先生が矛を降ろすと表明してからの彼らのツィートも酷いもの。
    最後まで皮肉りまくり、喧嘩を売ってきているようにしか感じないのは私だけでしょうか。

    よくぞ我慢されましたね、先生。
    わたしは怒りに我を忘れて、思わず見ているIPADを叩き折りそうになってしまいました。
    (まだまだ修行が足りぬわ。)

    でも、先生大所高所を鑑みて矛を降ろす旨了解しました。
    私もこの件に関して、ツイッター等各種の媒体での発信は控えましょう。
    様子を静観いたします。

  6. 名無しさんでお願い致します のコメント:

    事の本質を学んで来なかった人たちに対する学ぶための機会や時間は、小坪議員が教えたり作ってあげる必要はないです。この事は社会の評価として本人達に降りかかる事になるはずです。
    はすみさんの画風と煽ってくスタイルは好きだったのですが、今回の事で認識力と人柄に問題があると感じました。テキサス親父日本事務局についても、一歩だけでなく五歩ぐらい引いた位置で見ていこうと思います。

  7. hayabu のコメント:

    お疲れさまでした。
    今回、どっちを信じて、、、と言う感じの方も最初はおられたと思いますが、双方の書き込みと対応を見て、客観的に「人物」として、はっきりわかりましたね。
    今後見分ける糧になったと思います。

    今も、保守の味方とされる有名国会議員をネタに茶化していますね。ほんとに何がしたいのかわかりません。日本奪還には戦力外通告というか、このままではむしろ害ですよね。
    日本の事を考えて、今一度原点に返ってほしいものです。(ただ、既に周りに集まっている勢力が、違うモノになっている気はします、手遅れかも)

  8. 田中一郎 のコメント:

    せっかくの温情が無に帰してしまい、本当に残念ですね。今は保守が一致団結しないといけないですが、もしかしたら、戦前のコミンテルンのように内部崩壊をたくらんでいる輩がいるのかもしれません。ただ、テキサス親父ことトニー氏が関係がないことが分かり、ホッとしました。
    ところで、日本事務局の回答文書ですが、小沢榮太郎氏に送付された朝日新聞の文書と酷似していると感じたのは、私だけでしょうか?

  9. 花札大統領 のコメント:

    小坪議員のバックに偉い人が居るのは分かりましたし、その偉い人が恐らく与党の国会議員なのも分かりましたた(その与党の国会議員にどういうお仲間が居るかは書いてませんが、想像はつきます。まあお金を沢山もっているお仲間も中には居らっしゃるんでしょう。保守勢力は現在、国民に見えない所でだいぶ組織化されてるようですね)。
    小坪議員がアメリカに気を使っているのも分かりました。
    アメリカは戦前からの伝統的な「反日親中路線」から「親日反中路線」に外交路線を転換したようですし、
    小坪議員の日本事務局への態度は、それで宜しいんじゃないでしょうか。
    小坪議員の今後のご活躍を期待しております。

  10. masayama のコメント:

    小坪先生
     今回は本当にお疲れ様でした。そして、私のツイートを上げてくださり、恐縮です(^^;)

     まあ、私がちょっと煽りすぎたかも知れませんが(^^;)、相手の偽善を世間にさらすことができたのは良かったと思います。
     そもそも、雑兵、雑魚に過ぎない私の挑発に、相手の大将が乗せられて、しかもきれいな闘い方ではなく、無様な闘い方しかできなかった。そしてそれを敵味方だけでなく、多くの人に見せてしまった。これは彼の失態以外の何物でもありません。まあ、彼もたんに虎(トニーさん)の威を借りた狐というだけの小物なんです。私はいかようにも彼を操作できる確信を得ました(w)
     こんなやつを相手にする人はもういないでしょう。トニーさんも解任するのではないでしょうか? 小坪先生も、こんな雑魚はもう相手にしないほうが良いでしょう。
    本当に、お疲れ様でした。

    • JL のコメント:

      小坪さんの援護をしておられるのはよくわかりますが、せっかく落ち着きかけているのだからあまり煽らないでいただきたい。
      人を操れることなど簡単にできることではありません。彼らには彼らの考えがあるのですから、自分と相いれないのであれば放置すればよいと思います。

  11. nobrin のコメント:

    小坪市議だけが最後まで礼をわきまえ筋を通してますよね。
    まことに、お疲れ様でした。

    トニーマラーノ氏の名を勝手に借りて、場を汚しまくっている事務局のお三方には、相応の末路が待っていることでしょう。
    市議のブログはもちろん、また余命PTの所にも夥しい数の審判の眼、そして想い・情・念が在ります。
    ツケはお三方それぞれの人生で。逃げずに向き合って頂ければ、と私も思います。
    読者・ファン・お客商売なんですから‥小坪市議のお気遣いの深さ、あちらにいつか伝わるといいですね。
    (ただ、潜在敵だったのなら、何の言葉も届かないでしょうが TT)

    裏切りってのはホント卑劣。いざ目の当たりにすると。

  12. -EST のコメント:

    こんばんは、今回の件は日本事務局側の失態だというのがありありとわかり苦笑いしか浮かばない。まぁあんな騒ぎになればテキサス親父氏の耳にも当然入るからそりゃ小坪議員にメールが行きますよねぇ。今回のblog記事からテキサス親父氏と日本事務局側にかなりの溝が出来たのは間違いありません。テキサス親父氏からしてみたら日本側に働きかける窓口が出来たと喜んでいたら知らぬ間に事務局が乗っ取られたみたいな形ですよ。
    今ごろショック受けているんではないか?信じていた人がとんでもないことやらかしてるんだし。このままだと日本事務局閉鎖が現実味をおびてきますね。しかも小坪議員が矛を降ろしているのに日本事務局側はいつのまにか場外乱闘始めてるし。
    これからは動静を眺めるしかありません。最悪な結末になっても正に自業自得です。むしろ醜悪な振舞いを世間にさらしたらみんな近寄らなくなります。さて、事務局側はどんな落とし前つけるのだろうか?

  13. テロ指定共産党 のコメント:

    小坪氏の危機管理能力の高さと豊富な実戦経験から、敵艦は敗走を始めた訳です。

    駆逐艦「涼月」も、装備はイージス艦レベルに改装されているようですね。
    下手に撃てば、相手は撃沈でしょう。

    コメント欄に国会議員さんの書き込みも有るとの事ですので、注意深く拝読したいと思います。

    今回の件は、西郷ドンらしい絶妙な落としどころでした。

    反日艦隊を迎えるにあたり、保守連合艦隊も気を引き締め、敵が陥落する様な立法戦略を期待しています。
    .

  14. 白うさぎ のコメント:

    記事を拝見させて頂きました。

    やはりTwitterも含めた一連の発信はトニーマノーラ氏とは無関係でしたね。
    氏もこの際、日本事務局とは手を切った方が良いと思います。
    この大人気ない一連の発言もさることながら、自分たちがトニーマノーラ氏の看板を使って発信しているという自覚が全くなく、一連の発言が氏の名誉を汚すという事も理解できていない点で組織人として失格です。

    それにしても受取拒絶ってコラ画像を貼ったんですかね。
    確かに受け取ってるだろオマエ! って突っ込まれますわ。
    それを、”過去30年間に様々な訴訟の経験がある筆者が知恵を授けよう”ですって。
    大丈夫なんですかねこの人。

    • 高田三吉 のコメント:

      特定記録郵便は受け取りたくなければ投函された郵便物を郵便局に持って行けば受け取り拒否できるようです。現在検索するとステータスが「差出人に返送」になっています。この件は日本事務局の人が正しい模様。

      • 櫻盛居士 のコメント:

        特定記録郵便の受取拒否は諸刃の剣である事も、御承知置き下さいね。
        特定記録郵便の受取拒否は、次の対抗策として訴訟になる可能性が高いのです。

        訴状ならば、裁判所が特別送達で送付してくれます。
        この特別送達で送付された訴状も、無視しようと思えば無視する事で裁判所に返却する事が事実上可能なのですが、この場合、付郵便送達と言う裁判所が書留郵便を発送した時点で送達が完了したと見做す制度を利用します。

        この付郵便送達制度を利用する際の証拠物件として、受取拒否した特定記録郵便が利用出来る可能性があります。

        つまり、日本事務局は被告になる一歩手前だったと言う事なのです。

  15. Masa のコメント:

    小坪市議の器の大きさが良く伝わってきました!「漢」と書いておとこですね。
    お忙しい中の晴天の霹靂でしたが、本当におつかれさまでございました。

    今後、小坪市議と余命時事クラスタの連携で敵方もいよいよ追い詰められ、味方だと思っていたら実はなりすまし保守のスパイで急に言動が豹変する等あるかもしれませんが、読者にとってもそうした事態の良い予行演習になったのではないかと思います。(敵は戦後70年以上武力+情報戦で日本を侵略・浸蝕してきた、卑怯で何でも有りの汚い輩ですし)

    ・こういう時に仲間割れして内ゲバして互いに不信の目を向けあっていたら敵の思う壺である。
    ・誰かの信者になって誰かを盲信するのではなく、常に自分で考え、自分なりに解釈する事が大事。(そして色々な人の意見を見つつ、自身の解釈が間違っていたら柔軟に修正する事も大事)
    ・もっとも大事なのは日本を日本人の手に取り戻し、筋の通った、生きやすい快適な社会を作り、一人でも多く幸せに生き、笑顔で老衰して死んでいける国になる事が大いなる目的(と個人的には願っている)で、手段はあくまでもただの手段。

    などなど、小坪市議は99.9%「くたびれもうけ」ですが、今回の騒動を経て読者や支援者が得た教訓や経験値はそれなりにあったのではないかな?と思っております。(こう書いたら小坪市議のご苦労も少しは報われないかな・・・なんて)

  16. 五人の孫のジイジ のコメント:

    小坪先生、お疲れ様です。日頃の業務以外にこのような難癖問題とは、逆に言えば小坪先生の存在がそれだけ相手にとって大きな物になっている証拠ですね。テキサス親父さんのコメントは私も好きでしたので今回の事務局は何って感じでしたが、テキサス親父さんの直接関与は無かったことでホットしてます。まだ腹の虫は収まらないとは思いますがあまり深入りしないうちの引き際は良かったと思いますし、みんな納得しています。昨日あたりからまたぞろ安倍首相に攻撃が始まっています。日本を守る為にこれからも宜しくお願いします。微力ながら応援させて頂きますので、小坪先生ファイト。

  17. 加藤 孝明 のコメント:

    申し訳ありませんが余命氏は存じ上げませんので何が起こっているのか全体像を把握できないです。ただ、今回の懲戒請求は弁護士会の日本社会に対する裏切り行為をあぶりだすという点で、社会的意義があると思います。
    ?かなり前に某弁護士が懲戒請求を煽り、殺人事件被告弁護団の業務に障害を発生させたのに、その制度的欠陥を改めなかった不作為
    ?推定無罪でありながら、懲戒請求された弁護士に実質6億円もの負荷を科した
    ?請求者の個人情報を漏らした
    弁護士は金正恩のような凶悪犯でも弁護する義務のある難しい職業です。また国民は弁護士の資質に疑義を唱える権利があり、多くの国民が報復が怖く権利を行使しない状況で、権利を行使した方々は勇気ある一歩を進めた感謝しております。そして小坪先生は相変わらず格好いい。弁護士会はこの方々を直接殴り合わせてどのような社会的利益があると考えているのでしょうか?こんな殺伐とした社会を是とするならば、弁護士会の存在意義を疑います。
    懲戒請求を受けた弁護士、された皆様、小坪先生が大団円を迎えられることを心より祈念しています。

  18. 琵琶鯉 のコメント:

    今、私達は巨大な敵と対じしているわけですよ。(まさに雌雄を決する戦、負ければ大和民族は滅び、日本が無くなってしまう。そして敵方も同じですよ。)
    静かなる戦闘の真っ最中、互いに先攻を出し合いながら、敵の出方を見ている。そんなピリピリとした戦場(いくさば)へ何しに来ているんでしょう?理解できませんね。
    まさか、その戦闘の渦の中にテキサス親父氏を放り込むつもりだったのでしょうか?
    今でも、テキサス親父日本事務局のアカウントで、わけの分からぬ文章を流しているわけで、
    かつて、日本再生のキーマンとして、余命翁さまは5人の人を上げています。くしくも、その中に、テキサス親父氏、小坪先生、杉田水脈先生の名前が上がってました。何か意図のようなモノを感じます。とりあえずは静観しておきましょう。

    皆さま、後10日で6月ですね。
    小坪先生も議会準備、頑張って下さいませ。
    お身体には十分気を付けて下さいね。
    あなたの後ろには、あなたの支援者の他に友邦(同盟?)である余命の同士達もついております。

  19. ひぐらし のコメント:

    はすみとしこ氏の本は数冊購入しましたが,捨てることにしました。

  20. 素人 のコメント:

    北朝鮮問題等日本が抱えている問題はたくさんある。保守が決裂して喜ぶのは北朝鮮パヨク特アです。はすみさんも大好き。はすみマンガ買って、良い本だよ、と、知り合いにあげました。テキサスさんも大好き。お願いします、ニタニタ笑っているのは特ア。特ア、ますごみから攻撃を受けやすい保守は、固まらなければなりません。
    亡くなられた中川昭一のためにも、日本国のためにも

    よろしくお願いいたします

  21. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    ぶっちゃけ、なんだか良く解りません(残念な気持ち含む・・・)
    そんな感じなんですが、親父事務所の名前でやるのは良くないですよね。
    ハッキリ申しまして、ただその一点のみで藤木某氏の評価は無いです。
    何を言っても零点だ。
    以上。

  22. 神奈川の若造 のコメント:

    キツネに虎の威を貸すとどうなるかの見本とでも言いましょうか。
    そういうキツネほどマウンティングしたがって見苦しいことこの上ない。
    まぁ逆に言えば信用に足るかどうかのバロメーターと言えますかね。

    ところで、はすみさんの表情(容姿ではなく!)に苦言を呈するとセクハラなんですかね。女性である前にまず人として「ネガティブな印象を与える表情」を諌めてるのに。
    まるでパヨクのような言い種ですね。

    私は女性に対してのアクションにすぐ「セクハラだ!」などと宣う輩は大嫌いです。

  23. 日出処の天子 のコメント:

    保守に擬態していた輩が、どうしようもない危機感の果てに馬脚を現した
    という処でしょう。
    そんな潜伏者がまだまだ保守の仲間の振りをして工作に勤しんでいそうです。

  24. n43赤の大地 のコメント:

    これが市議ともなたった方のブログなんですね。
    ある意味すごいですね。
    何だか知らないが凄い自信だ。

  25. miku のコメント:

    余命さん批判のお三方は、これで評判をぐっと下げましたね 要は「保守ビジネス」であり、本物ではなかったということ 日本人は筋を通さない人には厳しいですから、いずれ波が引くように、周囲から人がいなくなるでしょう
    彼らが「自分は保守だ」というなら、余命さんのしていることが理解できないような「無能な味方」ということになります。やはり彼らからは距離を置くのが得策かと思います。ともあれ小坪先生 お疲れ様でした

  26. サウ のコメント:

    テキサス親父日本事務局による、なんと申しましょうか木で鼻をくくったような回答に、私はいらだってしまいましたよ。これで「停戦」して差し上げるなんて、小坪市議の器の大きさは素晴らしいと思います。

    はすみ氏の表情を悪人顔と評したら、脊髄反射的にセクハラという言葉を持ち出してくるあたりも頭痛がしました。私は女性ですが、こういう対応をされたいとは思いませんし、むしろ女性の地位低下につながりかねない気がします。悪人顔と評されるような言動はしたくないものだと、よい反面教師になりましたよ、はすみ氏。

    • サウ のコメント:

      このコメントの最初の段落の、「小坪市議の器の大きさは素晴らしいと思います」は、皮肉ではありませんのに、皮肉みたいな書き方になってしまっておりました。誤解を受けかねないようなコメントになってしまって申し訳ありません。以後、気を付けます。

  27. 尾張小牧 のコメント:

    テキサス親父さんの動画は時折見ておりましたが、
    何なんでしょうか?日本事務局が暴走!?していますよね(苦笑

    事務局を名乗る正規アカウントに「www」とかが出て来る時点でもう?
    何だかなぁ・・・・品位を感じません。

    はすみさんも好きだったですけれど、
    これからはちょっと?何割か割り引いて見る様にします(^^;

    ネットは公の場という観点が抜けていた様に思いますね。
    あんな低レベルな書き込み見たら?ドン引きしますよ・・・・
    ボクが偉い人?だったら、出禁にしますし、関わりたく有りません。

    今まで築いて来たモノが全部崩壊!してしまいましたから、
    この先信用を復活させるのは、並大抵の事では相当難しいでしょうね・・・・

  28. 横浜のアラサー のコメント:

    私のような一般のサラリーマンには、図書購入や他の支援をしようとしても、投入出来るリソースに限りがあり、応援したい人(陣営)に優先して分配することになります。
    今回の一連の流れを見て、個人的な好感度は、援護に入られた方々が上がり、後ろから撃ち勢が大幅に下がりました。今後の参考にしたいと思います。

    今回の騒動で藤○氏のツイートを見たとき、中高生の裏アカかな?と思いました。社会人としては何処に行っても通用しません。

  29. 名も無き日本国民 のコメント:

    どう客観的に判断しても小坪様に非はないと思います。

    相手になんらかの過剰な力が働いていますね。
    過剰な力の正体は知りませんが (笑)

  30. 山形賢一 のコメント:

    虎の威を借る狐かと思いましたが、男社会によに良くある妬み嫉み嫉妬からの暴走ですかね。
    みっともない。

  31. 金木犀 のコメント:

    小坪先生を始めとしたスタッフの皆々様、本当にお疲れ様です?今回は特に…。

    なんとも醜い輩でした(過去形)

    Twitter(やってないのですが、見るだけ)しか見ておりませんが、言葉や絵には色々出てしまうんですよね?。
    は?みさんの本は、余命さんの本のついでに、青林堂応援の一環として(好きな絵じゃないけど)買った事があるんですけど、今回の事でモーレツに後悔しました。

    ツイで絡まれておられたお二方は、先方のキチガイじみた言いがかりにも怯まずに、ハッキリとご自分のご意見を述べておられて素敵でした。お疲れ様です。

    事務局サイドは、私が見ていた時にも、善意の忠告者にも喰ってかかっており、『周りにイエスマンしか置かない』典型的な人みたいな印象です。
    人を後ろから撃つような輩は、遅かれ早かれ自らの行いの報いがあると思います。
    せっかくの、先生のご温情ですが、活かせるといいですねー(棒)

  32. 試され過ぎな大地の住人 のコメント:

    小坪さん、お疲れ様です。
    少なくとも今後日本事務局とやらの発信が有っても
    それが本当にテキサス親父様の意志なのか
    まずそういった疑いからしなくてはならなくなりましたね
    えぇ、どこぞのメディア達と同じ様に。

    信用は日々の積み重ねで築かれ、失うときは一瞬。
    刻まれたログは繰り返し掘り返されるでしょう
    この様な結末なら尚更、ね。

  33. 帰命無量 のコメント:

    なるほど、そうだったんですね。

  34. ゆう のコメント:

    小坪先生
    いつも拝見しています。連日のご活躍、本当に感謝しております。

    しかし…何なんでしょう?
    この釈然としない感じは…
    例のツイッター覗いて来ましたが、あの上から目線の底意地悪さ漂う雰囲気は、見ていて悲しくなりました。親父さんは関係の無いとの事が救いです。
    はすみさんの痛快な作品結構好きでした。
    でも、この先彼女のイラストが掲載されている本を、私は多分手にする事は無いでしょう。
    今回ついたイメージは強烈すぎます…

  35. me のコメント:

    小坪先生 とりあえずTwitterの@の後ろは消した方が良いのかな?と
    Twitterでの実験を、ご本人のブログを読むこともなく批判材料にしている方に良い餌を投げているとっても思います

  36. me のコメント:

    誤字m(__)m
    とっても×
    と○

  37. 非行橋市民 のコメント:

    行橋市議会議員 漢、小坪しんや様

      週刊新潮でしたか!

      慰安婦問題にやけに熱心→北朝鮮・露系の場合があると思います。(勿論、日本と韓国の間にくさびを打つため。)

      例えば、 産経新聞の場合 

    「第一節 金日成/金正日の写真に毎朝拝礼していた産経新聞社長・住田  
     2004年6月から2011年6月にかけて七年間も産経新聞社長を務めた住田良能の綽名は、「住正日 スミ・ジョンイル」だった。この綽名は産経新聞社内での通用語だったから、「住田良能は北朝鮮人である」事実は、社内で広く知られていた。一部のものだけに限って囁かれた噂ではない。」

    「このようなガリガリの共産主義者でソ連工作員だった稲葉秀三が、産経新聞の取締役・論説主幹の役職で中途入社したのは1961年12月。1963年には常務に、1964年には副社長に、1965年には産経新聞の社長になった。1968年10月までの三年間は社長だった。」

    「 産経新聞社社員のソ連工作員は「二?三十名」という。KGBのコードネーム「カント」を付けられた“ソ連工作員”山根卓二は産経新聞社の常務取締役・編集局長だった1982年、「レフチェンコ証言」で引責退職したが、社長候補だった。」
       
      
      正論(産経新聞社)元編集長「 “街宣右翼型の北朝鮮人”」上島嘉郎
    http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2016/06/28/190927

        テキサス親父が連載をもっているのが、夕刊フジ(産経新聞社)なのは、偶然とは言えないでしょう。

      漫画喫茶店長さんの指摘も考えあわせますと、今回の連中の血統を知りたいところです。
      テキサス親父には、朝鮮人やシナ人が、日本で多数工作員として暗躍しているということを(情けない話ですが)知ってもらいたいですが、英語の得意な方・・・。

  38. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    日本事務局の悪態は、手段と目的を取り違えた結果なのではないかと推察致します。
    そう言う所を盛大に自ら図らずもアピールしてしまうと、そう言う者の扱い方をされる様になるのではないでしょうか。

    歩兵が戦車隊や工兵を悪く言って、それに同意する者は殆ど居無いでしょう。
    陸海空軍が互いに仲違いしている国より、互いの装備の違いや戦術の違いを認めて、バランスの良い運用を行う国の方が強いのは必然です。

    先日、小生は日露戦争の話題をコメントしましたが、あの戦争で陸軍が旅順要塞や203高地を占領する事を目的としていたら、あの戦争は勝てたかどうか怪しいのです。
    あの時、陸軍は旅順要塞や203高地を占領する事を手段と捉えたので、日露戦争は勝てたのです。

    日本事務局は件の大量懲戒請求者の救済を掲げたのならば、すべきは損害賠償請求でいきり立った弁護士やその弁護士の所属する弁護士会の外堀を埋める、或いは兵站線を維持する事でした。
    亦は、何もしない。

    自らの隊の保身や地位に固執する隊があれば、そんな隊を信用して大切な作戦を任せる司令官は居無いのです。
    肉の縦として利用出来るなら利用される位の地位に、自ら陥ったのではないでしょうか。
    悲しいかな目的を見誤った結果に、自軍に発砲した前科は今後足枷になる事でしょう。

  39. オレチャン のコメント:

    ユニセフと日本ユニセフが違うように、テキサス親父とテキサス親父日本事務局は別物なんでしょうね。

  40. Sinobu Hattori のコメント:

    個人的な勝手な感想です。

    ?????????????????

    私は「はすみリスト」の被害者の一人です。

    上記の事件のキッカケにて、連携支援も考え、
    当事者でも有る「テキサス親父日本事務局」との
    FBフレンド登録させて頂きました。

    訴訟・被害支援…等で動いて頂ける事も配慮して、
    暫くは追っておりましたが、

    小坪先生の方にも御相談させて頂いた所、

    自身は「被害リストに入っていない」にも関わらず、
    FBのフレンドの方々が被害に有ったという事で、
    即座に、対応して頂きました。

    この件に関しては、
    私は、個人的にも行動しておりますが、

    テキサス親父日本事務局の方々の
    こちら側にも伝わる様な「明確な行動」が見受けられず、

    自身のFBの発信内容の「荒っぽい言動」も有り、
    少し引いた形で見ておりました。

    ?????????????????

    日本事務局は「自身も保守活動を行っている」
    …と公言しておられたそうですが、

    私の目から見ると、それは、

    「テキサス親父トニー・マラーノ氏」が動いた事により、
    「その活動の支援」という意味での活動で有って、

    「はすみリスト」という
    「自身達」で「被害に有った事例」では「動いていない」。

    …この様に見えます。

    現在、私は、
    個人的な理由も有ってFB閲覧が出来無いのですが、

    「被害当事者」…という「明確な理由」も有り、
    「自身で動きやすい」と思うのですが、
    「日本事務局」の方々は、
    「はすみリストの被害」で動いておられるのでしょうか?

    動いておられるので有れば、
    私の認識不足ですが、

    私的に「日本事務局」に期待する事は、
    もう無いでしょう。

    ・小坪先生は、「被害者の為」に即座に動きました。

    ・日本事務局は「被害者」なのに動いていない。

    …上記の事例だけの内容でも、
    随分と違いは有る様に見えます。

    ?????????????????

    私から言える事は、

    余命ブログに賛同し…
    ——————————————–

    日本の事を想い

    自身の名乗りを上げ

    勇気と意思を以て活動なされた

    弁護士の懲戒請求を出された勇者達

    ——————————————–
    …上記の方々を

    「自身の被害事例」ですら「動けない」方々に、
    「愚弄する」は立場なんて有りませんよ。

    小坪先生も、動いておられるのです。

    「他者に何か言う」前に
    「自身の事を 先ずはやって」下さいな。

    …と、いうことですかね。

    ?????????????????

    駄文、失礼いたしました。

  41. 野良犬 のコメント:

    小坪議員とマラーノ氏の間に直接コンタクトが成った事は、期せずしての成果の様に思えます。

  42. 琵琶鯉 のコメント:

    NHKの今 織里ディレクターはしばがき隊だたようですね。佐々木りょう弁護士に懲戒請求者の名簿を渡せとTwttierしています。なるほどやっぱりNHKにはテロリストが入り込んでいたんですね。
    日本政府は、この件について、速やかに対応していただきたいです。

    • 琵琶鯉 のコメント:

      ????訂正があります。
      ?今 織里
      ?今 理織
      でした。余命blogとアノニマ ポストblog、そして、もえるあじあblogに掲載されてます。

  43. 学のない保守 のコメント:

    今回の親父事務局に関する感想。
    嫉妬かな?…救えねぇ。

    テキサス親父さんのご意志と
    全く関係ないところで動いてることが
    はっきりしたので、テキサスは
    抜こうと思いました。

  44. 名もなきせいぎーー のコメント:

    指摘された点に対し謝ることもできなかった人達。
    その時点でどう言い繕おうと何を粋がろうと無駄なのだが。

    当人が矛を収めているのでノーコメントで行こうと思ったのですが、すいません。。。

  45. 月光仮面 のコメント:

    お疲れ様です

    先に進みますね すごいです 

    さて 政治は 今 本当に草も生えない砂漠のようです

    次に進むべきです 日本を思う政治家が育つべきです

    そこで やはり 第二の保守政党の出現が待たれるか

    安倍総理の 第三期の政権が必要かもしれませんね

    それ以上に保守の政権が自民党に現れるでしょうか

    心配です そうそう 今 次々と言っている方たちは

    お止め下さい おいらは 支持できません

    兎に角 日本の政治を行ってほしいです

    モリカケ追及は 日本のためではありません

    多くの日本人は見抜いています

    落選させるべきですね 

  46. ロード のコメント:

    バカと付き合うのは疲れますね。
    小坪議員が大人の対応するほど、事務局のバカさ加減が際立ちます。

    最も愚かだと思うのは、彼我の戦力差を測れないところですかね。

    「矛を降ろす」というのはかっこいいんですけど、
    バカは温情に気付くことができないので、
    北斗の拳のようにならないか心配しております(>_<)

  47. edelwolf のコメント:

    今回の一件、よく我慢できたなと思います…
    他人の褌で相撲を取る奴等はロクな奴ではないという典型例ですか…
    ここまでされたら私殴り込みに行ってしまいそうです。大義のため、とはいえやりきれないものでありますね…

    私は家庭の事情にて宗教組織に一時身を置いておりました
    今は親への建前上籍だけ置いているだけの幽霊会員というやつですが、某学会や某科学などの信者は結局指導者の方針一つで右にも左にも舵を簡単に切ってしまう性質があります

    疑わないんですよ。

    私はこれが嫌になりました
    成人を迎える頃には反日の実態等を知るようになり、当時国防の職に身を置いていたのも重なり組織とは距離を置くことにしました

    今は知りませんが当時は自民支援をする組織でした。ですが一時期、在日のとある議員を選挙で応援していたことがあり当然のごとく母は私にも応援するよう言ってきました
    私は反論しましたが疑うということをしませんでした…父だけは今回は従えないと言っていたのだけは幸いでしたが

    上記のことからして、テキサス親父日本事務局と幸福関係者との関連はおそらく深いのでは、と疑わざるをえません
    宗教組織にとって思想信条とはビジネス的側面が強いのではないでしょうか
    幸福がエセ保守という話は以前も耳にしたことがあります
    火の無い所に煙は立たない
    今回の小坪市議に対する無礼千万な彼等の所業はまさしくそれを示していると思います
    宗教組織を内側から見てきた私にとって、そういう連中とつながりがある人物や企業はどうしても疑ってしまう…
    個人的な見解で申し訳ありません

    もし単なる嫉妬だけでこんな騒ぎを起こしたとしたら馬鹿者以外の何物でもない
    無能な味方は敵よりも質が悪いです
    いや、味方の背中に銃弾を撃ち込むような輩はもはや味方ではありませんね

  48. ちっかちか のコメント:

    はすみさん、残念ながら悪人ヅラですよ普段から。おまけに、しゃべる口調とか品がない。

    だから、文化人TVの日本の病巣も見ないです私。好きな議員さんなのに。

    見た目って、大事です。
    顔の作りとかでなく、普段どうやって人に接しているか如実にでます。

    小坪先生の、決してイケメンでない(失礼!)だが、素朴で日々国のためと考えて駆け回っておられるお顔は、好感が持てます。

    下品に人の粗探ししてる暇があったら、櫻井女史のような品と淑やかさを保守の女性は見習うべきだと思います。

  49. 桜餅 のコメント:

    僭越ながら、はすみ氏についての一言は必要だったのか?と思います。あの場で「他の人にやらせて自分はやってない」旨の話をきけば、「えー何それ、ひどいね」となるのはごく普通の反応で(余命さんの言い分もあるようですし、支持者の方々は理解されての行動なのでしょうが)その点は保守側からも疑念が出るのは無理もない。何より彼女自身は、動画では市議に関してはコメントしていなかったと思うので(ツイッターは知りません)、かえって刺激するのは得策ではなかったかと。まあこういう意見もあるということで、失礼しました。

    そのうえで…その後の彼らの「セクハラだー」もいただけませんね。これでは彼らも普段軽蔑している「パヨク」と同じになってしまっています。彼らのこれまでの国連などでの活動は本当に尊敬していたので、色んな方が指摘しておられるように、分断工作にまんまと乗せられてしまったとしか思えません。

    • ダイヤルM のコメント:

      はすみさんへの一言は一矢報いる為ではなく、カメラの前での立ち居振る舞いを弁えていないはすみさんへのアドバイスだと思います。

      はすみさんは人の話を聴く時、眉間を寄せて目が座った状態になるんですよ。
      無意識とは言え、自分が見られている事に無頓着なんですね。
      別の動画での事ですが、人前である事をキチンと意識し美しく居住まいを正した杉田さんら女性陣の傍らで、姿勢悪く、お菓子をつまんで盛大にモグモグしている姿がどういう風に他人の目に映るか。

      遠回しで言葉足らずながら小坪さんの優しさを感じましたよ。

  50. 川崎哲治 のコメント:

    テキサス親父の名を騙って暴れるという事は
    テキサス親父の評判を落とすという事ですが

    それが分かって選択したのなら
    まあいいんじゃないですか?

  51. キラーT細胞 のコメント:

    此の度小坪市議が大人の雅量で矛を收めたのに、未だ揶揄を續ける樣では此の三名はいづれまた同樣の過ちを犯すのではありますまいか。其の時は容赦無い攻撃を受け、最惡の場合再起不能に陷る事も有得るでせう。
    はすみ氏の漫畫は買つた事がありませんが、結果として良かつたと思ひます。幸福の科學は歴としたカルトですからね。危險な存在故保守陣營からは排除すべきです。

  52. あかうお のコメント:

    やっぱり親父さんとは無関係な動きだったのかな。
    事務局のTwitterを追っていないけれど、動画で見る
    親父さんとはかけ離れていると感じていました。
    今回のエントリで、小坪さんの上役の存在、
    出禁になったので矛を降ろした事。
    これは書かない方が良かったのでは…。
    本人がダメなら周りから攻めるってのは基本だから。

  53. しずく のコメント:

    小坪先生、お疲れ様でした。
    私は小坪先生もテキサス親父日本事務局も応援しています。
    H.18年9月15日には行橋市のgikaiにメールもしましたし、
    国連での演説動画があがればSNSで拡散したりもしてました。
    ほぼ毎日小坪さんのブログを読み、
    ほぼ毎週ワールド・オヤジ・サテライトも視聴しています。
    保守の間でもいざこざって多いですが、
    今回は行き違っていく様を目の当たりにした思いでした。
    藤木さん達はニコ生のコメントに反応して、懲戒請求の件を説明されていました。
    確かに小坪さんに関して誤解を生む話し方だったと思います。
    小坪さんも一緒に懲戒請求や寄付を呼びかけたようにとれる表現でしたが、
    でも集めたお金を簿外収入にしていることを感じさせるものではありませんでした。
    小坪さんが危機感を感じて訂正を求めるのはわかりますが、
    法的手段に訴える第一歩である内容証明のいきなりの送付には、
    保守の連帯を訴えておられたのに・・・と驚きました。
    直接メールや電話でお話ししてからにしていただきたかったなと。
    本当に見えないところで解決していただきたかったです。
    こういうことって、これからもあるんじゃないかなと思ったので、
    コメントさせていただきました。
    これからも、小坪さんもテキサス親父日本事務局も応援します。

  54. 小鳥 のコメント:

    こんにちは、今回の件、ずっとタイムライン上で拝見していました。
    これまで日本事務局はフォローもしていなかったのでどういったツイートを行っているかも全然知りませんでした。
    ただ、自分と異なる意見の方を必要以上に侮蔑し、言葉遣いや態度にもそういった態度が顕著で、違和感を覚えたのが正直なところです。
    仮に私が日本事務局に何かしら主張の異なる意見を述べた際も同じような対応をされるんだろうな、というのはわかりました。

    小坪議員は今回の件、よく耐えられたと思います。
    今回の件もネット保守層はちゃんと見ていますし、追々事実を理解すると思います。

    で、昨日あたりから気になるツイートが出回っているのを知りました。n–というアカウントの過去ツイートです。
    「はすみとしこのヘイト絵に賛同したfacebookアカウントをリスト化した、M–G–T—–氏を全面的に支持します。」というものです。
    今回の日本事務局の件にも名前のあがっていたはすみとしこ氏の名前が、ここでも出てきました。
    はすみとしこ氏については名前やfacebookアカウントリストの事件は知っていましたが、それ以上はよく知らなかった人物です。

    もしかしたらはすみとしこ氏は想像以上のキーパーソンなのかもしれないです。
    今後、もう少し時間が経てば、日本事務局の中の人も、はすみ氏も立ち位置がはっきりしてきそうです。

  55. (本人が荒らしであると公言したためブロックされました) のコメント:

    ヘタレの真髄を見た!!

    小坪先生、ありがとうございます!
    半ギレしながらしっぽを巻いて逃げる、弱っちいワンコの後ろ姿でした。
    見事です!!

    自分が攻撃されていると曲解した挙げ句、内容証明はおろか特定記録まで受取拒否されて
    強い言葉で反論されると威勢良く吠えながら、「覚えてろよ!」と逃げる。
    こんなに見事な負け犬っぷりは、見ていて清々しい!!

    「攻撃された!即死だ!内容証明だ!!」
    はじめの勢いは良かったですね。
    内容証明の準備が速かったのは、個人秘書さんのおかげでしょうか?
    余命への攻撃を自分に向けられていると勘違いしたということは、よほど余命とがっちり手を組んでいると見える。
    「この12分間、特に関係のない方から、ここまで悪しざまに罵られ、しかも、腕の組み方、声のトーン、あと顔の表情ですね、極めて尊大と言いますか、上から目線。」
    見事に曲解してますね。
    12分の間の殆どは、「余命さんって、接触したことない」「知らないところで名前を出されてた」という話の中で、2回くらい「福岡の方の市議」と言われただけです。
    それで、あんなに大騒ぎするの? 自意識過剰なんじゃないの?
    みんながみんな、あなたを見てるわけじゃないってw
    藤木さんの貫禄勝ち。横綱相撲でしたね。

    っていうかさ、青林堂の中の戦いって感じ。和解の仲介したのも青林堂だったりしてw

    でね、コメント欄を見て思ったんですけどね。

    「最後まで礼をわきまえ筋を通してます。」
    は? 本当にそう見えてるのかな。悪態をついて、俺は被害者だーってわめいてるようにしか見えないけど。

    「今回の件は日本事務局側の失態だというのがありありとわかり苦笑いしか浮かばない。」
    は? 本当に動画見たの? 一方的に噛み付いてるの、小坪市議じゃない?
    相手方は、「余命に絡まれて迷惑だ」っていう話の中で、福岡のある市議って出しただけだよ?

    「小坪氏の危機管理能力の高さと豊富な実戦経験から、敵艦は敗走を始めた訳です。」
    これは、逆ですね。模範的な精神勝利法の使用の典型というところでしょうか。
    吉本新喜劇の、「今日はこのくらいにしといてやる」と同じにしか見えませんがね。

    でね、コメント欄を見ると、「小坪市議マンセー」の意見しか並んでませんよね。
    相手は逃げ帰った、我々の勝利だ!
    周りがみんなそう言うと、だんだんそんな気がしてくる。
    疑問を持つこともできなくなり、いつの間にか自分もその中に加わっている。
    これ、エコーチェンバー効果といいます。
    利用の仕方では、洗脳にも使われるやつです。
    余命の記事に採用されるのが余命マンセーなのしかないのも、これですね。
    ただ、余命の記事に載せられるのは恣意的に選ばれたものであるけど、
    小坪市議のコメント欄はそうではない。反対意見もたまに出てくることがある。
    そうすると、無視するか、袋叩きにして、追い出す。
    小坪先生は余計に自信をつけ、読者はそんな小坪市議を持ち上げる。
    悪循環ですね。
    それに、小坪市議はマンセーコメントばかりを選んでいるわけではない。
    つまり、ここに書き込む人はみんなそう思っているということだ。
    余命よりも、よほど厄介だ。
    まあ、見限って離れていった人が多いのだろうけど、残った人の結束は強くなる。
    カルト集団ってこうやってできていくんです。
    いい例を見せていただいております。

    あとは、内ゲバの末の自爆が待っていますね。

    • n43赤の大地 のコメント:

      反対意見はじっくり時間をかけて承認されてます。
      どんな意味があるんでしょう?
      私の場合12時間以上承認されませんでした。
      もしかしたら承認されないのもあるのかもしれませんね。

    • 鮒太郎 のコメント:

      terumi_satoh様
      鮒太郎と申します。

      >そうすると、無視するか、袋叩きにして、追い出す。
      –このコメント欄を、そのようにはしたくないので、私の意見を述べさせていただきます。
      真面目に書いたため、かなりの長文になってしまいましたが、そこはご容赦ください。

      >自分が攻撃されていると曲解した挙げ句、
      –改めて12分間の動画を見ましたが、明らかに余命氏と福岡の方の市議会議員(小坪さん)が煽って、お金を集めていると受け取られてしまいますよ。しかも藤井氏(論破プロジェクト)は動画の2:25:35あたりから「行橋の人の話であおられて・・・、行橋の所行ったってさ、はぐらかされて終わりでしょ」と述べております。小坪さんが曲解しているとはとても思えません。

      >内容証明はおろか特定記録まで受取拒否されて
      –藤木氏はブログに写真アップしているので郵便の中身は見なくても、少なくとも相手が通知を受け取れる状態にあったことを既に証明できたのではないでしょうか? 法律上はすでに内容証明郵便に書かれた意思表示は相手に到達したものとみなされるそうです。(ネットで得た知識ですが。)

      >それで、あんなに大騒ぎするの? 自意識過剰なんじゃないの?
      >みんながみんな、あなたを見てるわけじゃないってw
      –今までの経緯を考えれば、小坪さんに対する共産党や西日本新聞からの監視?は相当厳しいと思いますよ。早めに消火しておかないと炎上必死でしょう。

      >これ、エコーチェンバー効果といいます。
      > 利用の仕方では、洗脳にも使われるやつです。
      > 余命の記事に採用されるのが余命マンセーなのしかないのも、これですね。
      –この言葉は初めて知りました。勉強になります。
      SNSで問題となっているのですね。しかしネットが発達する前に比べたら随分とましなのではないでしょうか?昔はマスメディアが一方的に情報を取捨選択して流していたので、まさしく”洗脳”ですよね。
      お互いに注意したいものです。
      昔は朝日新聞も800万部超えていたみたいですので余命ブログの影響もまだまだではないでしょうか。

      実体験で恐縮ですが、かなり昔、とある国立の大学で自治寮に入っておりました。 古臭い寮の壁には”中核派”や”革命マルクス主義”の文字が踊っておりました。既に全国でも学生運動はわずかに残る程度でしたが、それでも大学側との団体交渉をやっていたり、寮の自治委員会や勉強会で新入生が偏った情報を教え込まれたり、徹底的に問い詰めたりされていました。
      時には沖縄から反基地の活動家がやってきたりして、アメリカ軍や日本政府はこんなにひどいんだぞ、という話を肴に、お土産の泡盛を一緒に飲んだりもしました。
      実際に沖縄の基地まで行き、デモをやり、公安からマークされている先輩方もいました。
      大学の寮という閉鎖空間で、逃げ場のない新入生に対して、
      まさしく”オルグ”が行われていたわけです。

      それを考えると、余命ブログは閉じた空間ではなく、自由に他の世界を見ることもできますし、一歩外へ出れば、余命氏への批判コメントも目にします。
      誰に強制されたわけでもありません。みなさんのご意見、ご決断を尊重されてはどうでしょうか。

      (何故そんな寮に入ったのかというと、寮費が数千円と格安だったからです。親からの仕送りもない貧乏学生でしたので他に行き場がありませんでした。それにネットがまだまだ普及していない時代でしたので、寮の情報が赤本や大学のパンフレットでしか分かりませんでした。)

      >それに、小坪市議はマンセーコメントばかりを選んでいるわけではない。
      >つまり、ここに書き込む人はみんなそう思っているということだ。
      > 余命よりも、よほど厄介だ。
      –小坪さんに賛同するコメントが多いのは、日本が良くなるように活動をしてくれるからではないでしょうか?
      自ら先頭に立って行動を示してくれます。
      まぁご本人は自分がやりたいことを勝手にやられているだけのようですが。
      我々一般人に対して、あれやれ、これやれ、は基本的には言いません。(もちろん選挙のお願いはありますが。)
      しかし一般人が簡単に、安全にできる行動は教えてくれます。

      例えば、パブリックコメント
      https://samurai20.jp/2017/08/pachinko-3/
      【拡散】パチンコに大型規制、崩壊か。警察、本気を出す。【撃ちてし止まむ】
      (私は、この時初めてパブリックコメントをしました。)

      パブリックコメントの結果もちゃんとフォローされています。
      https://samurai20.jp/2017/08/pachinko-4/
      【パチンコ崩壊】客の儲け5万円以下。出玉上限、3分の2に。来年2月施行~大人の夏休みの宿題【倒産して欲しい人はシェア】

      例えば、電凸
      https://samurai20.jp/2017/02/akaikyoushi/
      【赤い教師】教員が「朝鮮学校に補助金交付」を求める署名を保護者に依頼【違法だと思ったらシェア】
      (私はこの時、初めて電凸しました。そういえば、この赤い教師はどうなったんでしょうねぇ。。)

      書いていて気付いたのですが、小坪さんのブログを読んで、初めて政治活動をされた方も多いのではないでしょうか?上記のような簡単なものではありますが、そんな小さな一歩を踏み出させてくれるので、小坪さんへの賛同コメントが多いのかも知れませんね。

      >まあ、見限って離れていった人が多いのだろうけど、
      –蓼食う虫も好き好きってやつですね。

      >残った人の結束は強くなる。
      >カルト集団ってこうやってできていくんです。
      >いい例を見せていただいております。
      -う?ん、これは強く否定せざるを得ません。
      おそらく”カルト”という言葉を悪い意味で使われていると思うのですが、今まで小坪さん自身が反社会的な事をしたり、ブログ読者に対して犯罪行為を指示したことはないと思いますし、これからもないと思いますよ?
      というか、そんな事をもししていれば、とっくの昔に共産党に討ち取られているでしょう。
      私の感覚的には、小坪さんが未開の地を切り開いていて、その足跡が面白いのでブログを見てる感じですかね。まぁ、でも気を付けておきます。

      >あとは、内ゲバの末の自爆が待っていますね。
      –小坪さんは保守政治家でしょうから、さすがにそれはないと思いますよ。
      内ゲバといえば、左翼の十八番ではないですか。
      ゲバルト(暴力)は心配しなくてもよいでしょう。

      内ゲバは心配ないのですが、小坪さんは自ら被弾しにいく傾向があるので、そこだけが心配です。

      以上です。

      小坪議員、皆さま、長文でコメント欄を汚してしまい申し訳ございません。

      • JL のコメント:

        とてもわかりやすかったです。
        自分とは違う意見に反論するのは難しいと思いますがご意見すんなり入りました。ありがとうございます。

        それにしても寮でよく染まらなかったですね。
        或いは、その後ご自分で修正されたのでしょうか。
        なかなかできないことを、、ご立派ですね。

  56. 旧新人類 のコメント:

    しょせん、カルトはいくらアイデンティティを偽ってもいつかバレるものなのですね。並行して、大阪の足立とかいう人が慰安婦問題や科研費問題で、家族に対する脅迫を受けながらも頑張っておられる杉田先生にからむなど、足を引っ張っているようで許せません。そういや、前にも何かありましたよね、西村先生のご子息の件で。やはりそういうことか。小坪先生もリツイートされてましたが、貧困調査官ビーチなんちゃら関連の利権とも癒着しているのだろうか。あーきもちわりー。杉田先生、頑張れー!!あと、自分が気に入らなければ、国民が正当な権利を行使しているのに慰謝料寄こせとか国民から金をむしろうとする悪徳拝金弁護士には本当に腹が立ちます。そもそも、国民が同意していない政治的主張を繰り返し、自分らの特定クライアント限定の利益推進を国策までに及ぼそうとしているから懲戒請求食らっているんでしょうに。とにかく、いろいろと正体がバレてきたところに、特亜のあせりも感じられますね。テキサス親父のウエブサイト(ちょっと、見にくい^^;レイアウトをもっと工夫したらどうだろうか。。。)にコメントしようかな。日本事務局の悪口は書きません。日本のファンとして、感謝している、I love you!って、書くだけです。

    • 旧新人類 のコメント:

      Tony’s thoughts ブログの、Anti-Abe protest mimic lunatic USA liberalsという記事(4月16日)、滑稽で面白いですよ。親父のこういうユーモアのセンスが好きなんですよね。考えたら、日本事務局ももっとテキサス親父のブログ紹介とか、やればいいのに(やってたら、すみません)。私もそうなんですが、小坪先生クラスターやその他クラスター等、基本的に社会人や学生や主婦などだから仕事やら生活やら勉学に追われて詳細を把握しているわけではありません。そのための誤解や勘違いもあるでしょう。そこから被害妄想や悪意をこじらせることは健康衛生上よろしくないので、やめたほうがいいですね。小坪先生はプロなので、プロの仕事はプロに任せておくとして、庶民は応援するだけなのです(あとたまに各所に意見メールするくらい)。

  57. 専業ママ のコメント:

    はい、私もハラハラして静観していた一人です。
    この大事な時期に、反日左翼が喜んでいると考えると、気が気でなりませんでした。
    とにかく、お疲れ様でした。

  58. edelwolf のコメント:

    仰る通りですね
    我々が事実関係を深く知らずに怒りだけを噴出させてしまってはさらに事がこじれる可能性もございます
    頭に血が上りやすい性分というのは難儀なものです
    士たるもの敵の挑発には乗らず常に冷静に大局を見据えて戦に臨む心構えが肝要ですね
    深く身に刻みます

    ところで、真っ当な批判かと思えば品性下劣な人格攻撃を晒している方が忘れた頃にひょっこりいらっしゃるようですが、場をわきまえてはいかがでしょうか

  59. hayabu のコメント:

    小坪市議のせっかくの温情も仇となる、、、ようですね。
    ということは、「狙ってやっている」ということなんでしょうね。(収めたようで、作戦継続中に見えます)

    懲戒請求した皆さんを、騙された「被害者」と位置づけ、それを救済する側だと印象付けたいようですね。 もともと傍観の関係ない戦線のところから、迫撃砲打ち込んで、攪乱し、戦場のいち勢力に潜り込む。どうやらそう言う狙いのようで。
    既に黒幕もつかんでおいでだと思いますので私見の妄想は書きませんが。
    余命クラスタのみなさんは、間違っても停戦協定をスターリン勢力に願い出るような事が無いように(ま、コメントの流れ見る限り、大丈夫そうですね)

    もうひとエネルギーと弾を消耗させられそうで残念ですが、冷静に見守ります。

  60. cat のコメント:

    藤井氏にはテキサス親父の名を使ってもらいたくありませんね

    論理じゃなく、揚げ足取りと人格攻撃に終始する手法は
    朝鮮人そのものです。

    私はブロックしました。不愉快です。あれは親父さんとは無関係と判断しました

  61. ソロト のコメント:

    じゃあのwww 氏とも、連絡が取れる?!
    目に見えないところでの連携が期待できて、ワクワクしましたwww

  62. 嫌特亜・気狂左翼 のコメント:

    矛を収める必要なし。
    藤井を徹底的に潰すべきで、日本事務局も損害を被るだろうが、このような輩を使っている側にも責任はある。
    中途半端に矛を納めても連中は痛痒を感じる事なんてない。

  63. ブレダ のコメント:

    小坪先生、とりあえず厄介なトゲが抜けてよかったですね。

    事務局の方々については、自らの器の用を知って、ふさわしい地道な
    活動を続けてほしいと思います。

  64. ピンバック: SC95高岡さんがフジ韓流ゴリ押し批判したら干されたのでウジテレビ凸 | 2chニュースまとめ

  65. のりこ のコメント:

    やはり、小坪先生は藤木氏へ直接連絡するのではなく、炎上させたいがためにわざわざ、内容証明郵便などを送られたのですね。小坪先生を尊敬していただけに、この対応には、本当に残念でなりません。

    どう考えても、電話一本で済む話です。電話で藤木氏に真意を確認すれば済んだ話です。テキサス親父日本事務局のホームページにも電話番号がありますね。

    藤木氏も多くの国会議員とお付き合いがありますので、共通の議員や秘書さんにでも仲介していただければ全く問題にならなかったのではないでしょうか?

    わざわざ、私はこんな事が出来るんだ!と言わんばかりの行動は、市議会議員として軽率としか言いようがありません。

    死にかけた、殺された、ナイフを刺されたと繰り返し何度も書かれていますが、全くそのような内容でないことは、普通の思考ができる方なら、わかるはずです。
    今回は、小坪先生が完全にやり過ぎ、オーバーリアクションだと思います。

    自分を大きく見せたいという男性の見栄は理解出来ますが、闘う相手を小坪先生は間違えらえています。

    今後も、小坪先生のブログは見に来ますが、今回の件で、見方がかわりました。

    • じた のコメント:

      言った言わないが発生する電話では意味がありません。
      客観的な証拠が残る公的な方法でないと。
      ちゃんと書いてありますし、自分がその立場でもそうすると思います。

    • JL のコメント:

      このようなご意見が散見されますが、果たしてなぜ小坪さんから裏で連絡を取れというのかさっぱりわかりません。言うとすれば、なぜ藤木氏は特に小坪さんに悪い感情がないのであればあんな不用意な発言を先に行ったのか?ということです。
      車をひっかけられて警察呼んだらなんでまずこっそり示談してくれなかったか、というアンフェアなことを言っているのに気が付かれますように。

  66. ひらめ のコメント:

    わたしは元信者です。幸福の科学の。時々思い出してはやや日刊カルト新聞さんなどを読みカルトぶりをチェックしてみたりします。今回の騒動ではついに馬脚を表したなという感想です。

    日本事務局も論破プロジェクトも幸福のフロント組織ですから。はすみ氏もシンパとして有名ですが、私は今回で信者として認定しました。

    小坪先生ならご存知ですよねおそらく。

    幸福の科学はエセ保守。危険なカルトでしたね、やはり。利用されているトニー氏には今回のことで協力関係を解消するのが良いタイミングなのでしょうね。

  67. 西島新吾(仮名) のコメント:

    今回の問題で敢えて苦言を申す方がいて嬉しく思う次第です。

  68. 小幡 富也 のコメント:

    拝啓
    私は、名古屋市で、パソコン教室と学習塾を営んでおります、小幡富也と申します。私は、フェイスブック内で、「蓮見敏子を守る会」の発起人兼管理人の1人でもあります。蓮見先生から、聞いたのですが、貴殿は、貴殿のブログ上にて、「蓮見氏は、悪人顔」と書き込んだのは事実でしょうか?また、その書き込みは、何日のどこに書いてあるのでしょうか?教えて頂きたく存じます。また、それが、もし本当ならば、貴殿は刑法230条1項、同231条に抵触すると考えられます。また、道徳的にも女性の顔を、公然と罵るなど、有ってはならないと考えております。当方でも調査を進めますが、貴殿からの正式な回答を要求致します。場合によっては、刑事告訴、民事訴訟も視野に入れるかもしれません。私の連絡先等は、小幡インターネット教室と検索して頂けると、連絡先がわかります。貴殿の正式な回答を期待致します。
    最悪な結果にならない事を期待しております。
    乱筆乱文お許し下さい。
    敬具
    平成30年5月26日

    小幡富也

    • 小坪しんや のコメント:

      小幡 富也様

      コメントありがとうございます。
      貴殿が書かれております、当エントリー内にて記載しております。前後の文脈や、実際の動画等もご覧いただいた上で総合的に判断して頂けますと幸いに存じます。
      また、上記の指摘を受けたことを鑑み、追記も即座に行っておりまして、意図等についても詳細に記載しておりますのでご覧ください。

      併せて「はすみリスト」問題が勃発した際、つまりFB経由での個人情報の流出が指摘された際には、当方は議員としてファンの保護に尽力し、同志議員らを通じ、総務大臣に直訴まで行っていることを申し述べておきます。私は、はすみリスト問題の実質の担当でありました。

      • 小幡 富也 のコメント:

        前略
        成る程。しかし、私の質問の意図を理解されておられない様ですね。貴殿は、公然と他人の名誉を毀損し、侮辱したのです。刑事告訴どころか、民事事件にも、発展しかねない事案であると、認識しています。
        早々
        平成30年5月28日
        小幡富也
        追伸 矛を下ろすと言う、日本語は、有りません。それを言うなら、矛を収める、です。正しい日本語を使って頂かないと、恥ずかしい目にあうのは、ご自分ですよ。

    • Sinobu Hattori のコメント:

      小幡 富也 様

      横からご返信、失礼させて頂きます。

      ?????????????????

      >刑事告訴どころか、民事事件にも、
      >発展しかねない事案であると、認識しています。

      上記の記載は、

      「はすみとしこ 氏」が、
      「了承しておられる内容」という事で、宜しいでしょうか?

      先ずは、「ご本人の了承」の確認の上で、
      ご発言された方が宜しいとは存じます。

      氏は、生業上として「人気商売」の面も御座います。

      「ご本人が了承」しておられるのなら
      「ご自身の判断」ですので宜しいのですが、

      そうで無い場合、

      ご本人の意図としない世論や印象が
      形成される恐れが御座います。

      ?????????????????

      >「蓮見敏子を守る会」の発起人兼管理人の1人でもあります

      小幡 富也 様は、
      上記の記載をされておられますが、

      近しい「ファン」の方で有っても、
      ご本人の考えで無い事も御座います。

      寧ろ、「濃いファン」で有るのなら、
      上記の事も、是非、考えて頂いた上で、

      「ご本人了承」を 確認してから
      「告訴」という記載を して頂きたく存じます。

      「他者」が「他者の看板を背負う」という事は、
      「上記の責任」も掛かってくる事も、認識して下さいませ。

      これは、私の経験上の助言で有ります。

      ?????????????????

      >矛を下ろすと言う、日本語は、有りません。
      >それを言うなら、矛を収める、です。

      ・「収める」…完全終戦

      ・「降ろす」…刃先は向けない

      …という意味だと思います。
      敢えて使っておられるのだと思いますよ。

      日本語は、多様性な言や文体を秘めております。

      文を深く見て頂けると、
      その奥に有る「記載された方の意図」を「繊細に表現する」
      事も出来るという言葉でも有ります。

      小坪先生側は、
      相手側に「一応」は配慮された上で、

      「収める」では無く
      「降ろす」…と、記載されておられると思いますよ。

      ・揚げ足取りの行為が揚げ足を取られる

      …という事も御座いますので、
      お気を付け頂けたら幸いと存じます。

  69. ハイホー のコメント:

    小坪先生のご活躍ぶりを毎日ブログで頼もしく拝見しております。私は以前からテキサス親父のファンでしたが、今回の一連の「騒動」での「日本事務局」の小坪先生に対する誠意の無い対応には非常に腹立たしい思いを感じておりました。

    確かに小坪先生の仰る通り、日本事務局はテキサス親父の考えと事務局の考えを区別することなく発信する傾向が強いと思います。昨日、事務局のあるツイートに対し「事務局としての意見ならば別アカウントで発信すべきでは?」と一言書き込んだところ、以下の様な酷い返信がありました。

    (以下引用)
    https://twitter.com/MR_DIECOCK/status/1000272213449232385

    <私の発言>
    これ、「テキサス親父」のご意見ですか?「日本事務局さん」のご意見ですか?発言の際にははっきりさせておいた方が良いと思います。「テキサス親父」の発言でないのならば、別アカウントで発言すべきです。ちなみに私は「テキサス親父」のファンです。

    テキサス親父日本事務局
    ? @MR_DIECOCK
    返信先: @haiho0104さん

    郵便局員にこれは「郵便」のご意見ですか?って言う位に馬鹿げてますね。テキサス親父の動画の最後に私とテキサス親父の写真沢山でてますね?。おまけに私も動画に多く出てますけどね。貴方の様におかしいことを言う人が年に2人くらいいるね。希少生物みたいな。
    6:20 – 2018年5月26日
    (引用ここまで)

    まあ、言論弾圧というレベルのものではありませんが、一読者への偏狭な態度には呆れ果ててしまいました。「テキサス親父の動画や写真に一緒にたくさん写っているから自分の意見はテキサス親父の意見だ」と仰りたい様です。ちなみに私は「年に二人ぐらいいる希少生物」だそうな。私以外のもうお一人が小坪先生ならばこんな光栄なことはありません(笑)。

    小坪先生ご自身が「矛を降ろす」と仰っているので私もこれ以上「テキサス親父日本事務局」に意見するつもりはありません。これからも小坪先生のご活躍をしっかり応援させて頂きたいと思っています。

    小坪先生のこれからのますますのご活躍を祈念致しております。

  70. 凡その人 のコメント:

    問題の動画を見ました。不条理というのか理不尽を感じます。それに、彼らはテキサス親父に寄生している虫のようです。私のようなものでも、そのくらいはわかります。私は、小さな虫でも全力で潰すべきだと思います。彼らはまるで保守を商売にしたプチ籠池さんじゃないですか。ここは、断固叩き潰すべきだと、頭ではなく、強く心で感じます。そういう思いの人も居ると表明したくコメントしました。

  71. ひらめ のコメント:

    小坪先生、幸福の科学は過去にお抱えの弁護士を使って反対者に多くのスラップ訴訟を仕掛けており、法曹界でも有名です。負けようが勝とうが関係ありません。彼らは単なる脅しとしてこの手法を使います。小坪先生には通用しない手ではありますがまったくめんどくさい存在で、法曹界にも嫌われています。まあそんな法曹界も幸福も目くそ鼻くそなのですが。どちらも小坪先生を敵視したときには手を組むことも考えられますね。そして、こうして蓮見氏への小さな批判を大きな誹謗中傷として訴えようとするスタイル、まったく幸福のやり方と同じで、もう完全にお仲間確定ですね!さいてー

    すみませんが係りたくないので非公開でお願いします。

    • JL のコメント:

      一回でもコメント承認されたら無審査でずっとスルーですよ。
      どっかに書いてあったと思います。

  72. 君が代 のコメント:

    テキサス親父日本事務局の藤木は証拠握ってて告発する準備は整ってると言ってますよ。
    裁判で訴えた方がいいんじゃないんですか?

    ツイッターで「君が代」を検索して藤木がリプした部分を見てみてください
    アイコンはパトレイバーを使っています

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください