八重山日報・本島版が沖縄二紙に与える影響。本社を訪問し、社長と会う。


 

 

沖縄タイムス、琉球新報の二社(以降、沖縄二紙)は極めて左派的であり、すでにイデオロギー以前の問題として、情報媒体として逸脱した振舞いを見せています。例えば、自衛隊や米軍の良い活動(清掃活動や不発弾処理)については触れることはなく、もしくは極めて小さい扱いとする。対して、自衛隊や米軍の事故があれば、これを徹底的に叩く。
 本土における大メディアにも類似の傾向は見られますが、沖縄二紙の場合は常軌を逸しているレベルです。また、二紙を併せると非常に大きなシェアを持っており、情報統制をかけられている状況に等しく、特に選挙に対しては異常なバッシングをしてきました。例えば、基地問題を抱える自治体の選挙に対しては投票日に“公約を逆にする”(市民要望に応じて「やる」と述べた内容を「やらない」と報じた実績あり。選挙敗退後に、訂正記事)など、選挙への介入が顕著です。
沖縄県内の政治家は、メディア統制によって活動を制限され、また選挙においても大打撃を受けてきました。

・八重山日報の功績
 6年前の宜野湾市長選において、保守系候補の政策も共に掲載する形で八重山日報が号外を印刷。試読紙のような形で、約4万戸に配布したかと存じます。(部数・個数については要確認。)左派系候補の露出のみの沖縄二紙に対し、八重山日報は全候補の政策も掲載したのです。沖縄県知事選を戦う佐喜眞市長により、宜野湾が左派から奪還できた際の市長選です。
メディアにより情報統制は、保守系候補の掲げる良い政策を紙面から消すような方法もとられてきました。宜野湾での試読紙は、沖縄二紙の打撃となり宜野湾で薄氷の勝利。のち沖縄の政財界からは、八重山日報の本島進出を強く願う声が強くありました。

・本島への進出
 昨年(平成29年)の4月頃より、八重山日報は沖縄本島版を刊行。状況としては、僅差で勝てた宜野湾市長選(佐喜眞市長の一期目の勝利)頃より、本島版の刊行は、事実実態として熱望されてきたものであります。政治家のみならず、選挙の要たる財界からの要請も、陰ひなた問わず声としてあったと思います。
石垣市を中心とした小さな地方紙が、かなりの固定費増を覚悟しつつの決断でした。

まだまだ本島版としては、大きなシェアを得るに至ってはおりませんが【情報統制を破った】功績は極めて大きい。これは保守に特化した新聞という意味ではなく、あくまで「公正公平」な報道が求められるというものです。例えば、沖縄二紙が「触れない」とか「書かない」は、やりにくくなる・・・。それが紙としてそこに残ることこそが、最大の牽制であろうかと私は考えております。

本日、八重山日報が本社を構える石垣市において、宮良社長を表敬訪問して参りました。というか、携帯でもちょいちょい話しますし、実は九州まで来て頂いこともありまして、以降、沖縄に来た際にも会合・会食の場を持たせて頂いておりました。

本社を訪問させて頂き、光栄に思います。それなりに長いお時間を頂きましたが、保守基金についても議論テーマとなっており、そのうちweb版を扱うことになるかもしれません。

 

 

 

自民党が応援する佐喜眞あつし候補を応援します。
正規の応援要請を受けたため、保守系のインフルエンサーに対し、拡散支援のお願いになります。

新しい沖縄を創る会 幹事長特別補佐 小坪慎也

 

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

 

 

 

八重山日報・本社
石垣市にて。

 

 

実は、開発段階から保守基金についても存じています。

当方に別件で要請活動があり、福岡までお越しいただいたのが最初の出会いになります。県外の市議に、報道社の社長が要望というのが意味がわからないとは思いますが、トップセールスとして私の地元までお越しいただいたのが始まります。

福岡県内の各所を、当方がアテンドさせて頂きました。

 

のち、沖縄に入った際には会合を持つことも多く、社長自ら、もしくは幹部のみ同席という極少人数のガチ会議になります。

本日も多方面にわたるテーマを議題として話しております。
単に「行った」とか「寄った」ではありません。

実は保守基金は、データ販売・DL課金にも対応した設計となっており、もう少し様子を見てのち、「新聞のネット販売」は機能として可能です。法人として、どのような事務処理をせねばならないかは検討課題でありますが、機能面は「満たしている設計」になっていることは、事実として述べておきます。

※ オープンが最近というだけであり、開発版については、このクラスの方々から意見をもらいつつ設計した。

 

 

 

石垣市選挙区
昨日に続き、大浜一郎候補の支援のため、石垣市内の訪問活動。

刻々と各所から連絡が入る。
また一部から(私にとっての上から)指示もあり、私も報告を行い、朝から慌ただしい一日でした。

北部についてもご紹介を頂き、当方がご挨拶に行くためだけに中心部より出向いて頂いており、ご挨拶に行く個所ごとに関係者(紹介者)が待機してくれている状況。

県外の市議が、なぜここまで自由に飛び回れるのか?という疑問を持たれるかと思いましたが、逆に現地の同志らは「普通」だと一笑に付されました。中には初対面の方も多々おられたのですが、彼ら自身が私の投稿をシェアしてくれたり、メールで送り合ったりしてくれていたそうです。

 

これは選挙前からであり、何年も読み続けてくれていた方たちであり、
そして何年も私のBlogを拡散(リアルの友人知人らに)してくれていたそうです。

「俺がいつも言ってる、あの小坪議員を連れてきたぞ!」と、
こちらはお願いにあがったのに、むしろ喜んで頂けた方も多くて、
(選挙のお願いに行って、自慢されるのも不思議な気持ちになる。)
ご無理ばかり言って申し訳ないと、本当に心から頭を下げ、お願いした次第です。

 

昨夜に引き続き、日程は極めてタイト。
この短期間で20?30人のラインにつないで頂き(紹介者が全力で同行、もしくは待ち構えてくれていたため。)、少しはお役に立てたのでは?と、なんとか顔が立ちました。
本当にありがとうございます。

 

これは無断の動きではなくて、大浜一郎候補を新しい沖縄を創る会は支援しております。
ゆえに、シンバ(安里氏の会社)からも役員が常駐で支援に入っております。

ネットのみを活用した空中戦ではなく、徹底した期日前という、極めてオーソドックスなリアルの選挙を戦っています。
その集計や引継ぎも(新しい沖縄を創る会の内部で)協議し、許可を得て動いています。

 

冒頭では八重山日報の表敬訪問の写真を掲載しましたが、これは撮影時に許可を得ているからアップしているものであり、許可を得ておけばよかったなぁという方も多数おられました。

午後一の便で那覇に戻りましたが、非常に天候が不安定。
風も強く、便が遅れてしまいました。(とっても揺れた。)

空港において、バトンタッチのように政治関係者(政党の、元・幹部職員)と一瞬のランチ会議。

 

 

 

選挙活動の報告
Blog上では「幹事長特別補佐」という肩書を名乗っておりますが、これは正規に承認を受けたもの。

私自身は単なる宛職とは思っておらず、役職に恥じぬ活動をせねばなりません。

 

名刺も完成しており、正直、ガチです。

那覇に戻るや否や、活動報告をきよひでさんに。
双方、会議・会合が続く中、手短に連絡をとっていきます。

当然のことではありますが、私がお願いした期日前は「県知事は、佐喜眞」であります。どれぐらいの票読みかとか、現在の進捗などについては、報告しつつ進めています。

 

ネットには書けない(もしくは書く必要がない)事務的なこと、実務的なことも多数おこなっています。

こちらも写真のアップ許可を求め忘れたので載せていませんが、相当数の国会議員ともちょいちょい会いながら動いています。

 

戦力としてカウントされているようですし、
なんでそうなっているのかは、よくわかりませんが・・・。

もしくは情報源として、活用して頂いているという実感はあります。
確かに、今回の県知事選について、私は「ほとんど間違えてない」のは事実です。

自信をもって述べますが、過去をそれっぽく論評したものではなく、
起きるであろう未来を予測しつつ、牽制しつつ読み解いていくというのは、実はそれなりに難しい作業。

県議をはじめ、電話のみでのお願い(事務手続き的な支援)も多々ありまして、大変に失礼しました。快くサポートしてくださり、この場を借りて深く御礼申し上げます。

 

 

 

大タイトル
かねてよりお世話になっている、 白石 武之社長(カヌチャ)、そして沖縄県隊勇会の 藤田 博久会長。

実は、大山 孝夫市議の後援会長は、藤田会長です。様々なことを話しました。この一年のこと、また、これからのこと。そして「いま」のこと。

本来であれば、私が好き放題に言って良い相手ではないのでありますが、そのために結集した場だと考えておりますので、忌憚のない意見を述べさせて頂きました。

 

 

今回は、どうしてもお伝えしたいことがあり、(この多忙な時期に)当方からお願いしてセッティングして頂いたものです。本当に感謝。

今後とも、まだまだ未熟ではありますが、何卒ご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

私自身はまだ30代であり、本来であれば過ぎたる身分。こうして丁重に扱って頂いたり、ご無理をお願いしてしまったり、にも関わらず大事にして頂いて。。。

私はプレッシャーに感じるタイプではありませんが、それでもたまに判断に迷う日もございます。まだ、本当に若輩者であります。

言葉のみならず、本心からご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いします。

 

のち、さらに懇親会。

新しい名刺をお渡しし、私の為すべきこと、
出すべき指示を出し、
(これは立場上、指示と言わざるを得ない)
夜遅くまで多くの皆様にご迷惑をおかけしました。

 

今回も電撃戦みたいな短期出張であり、むちゃくちゃなスケジュールを立てしまいました。
(沖縄県の方すらも)「どこにいる?」「何時あいてる?」と言われ始末で、県外でここまで自由に活動し、自在に動けるようになってきたのは、ちょっとだけ自信もってもいいのかな、と思いました。

本当は、ネットの保守仲間たちにも会いまくりたかったのですが、
彼らの動きは「間違いない」し、堅実に戦えています。
思い切り、リアルシフトで駈け廻りました。

 

 

 

さて、明日も朝から偉い人と会う。

 

緊張すると言えば嘘になるが、

 

果たして今の私で、能力は足りているか?と自問の日々。

 

もっと速く、もっと強く。

 

まだまだ足りない、さらなる研鑽を。

 

もっと学び、もっと成長したい。

 

あと少しだ、頑張ろう!と思った方は、拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

15 Responses to 八重山日報・本島版が沖縄二紙に与える影響。本社を訪問し、社長と会う。

  1. 西郷 のコメント:

    小坪市議、頑張れ! 沖縄保守各位頑張れ!

  2. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、石垣市の八重山日報本社訪問、ついで、石垣市内での大浜一郎候補応援のための訪問活動、その後、石垣から那覇への飛行機での移動、おつかれさまです。

    天候が不安定(ですよね、台風がちかづいているんだもの)なため、またまた、飛行機がゆれたとか・・・ほんま、おつかれさまです。

    石垣市の八重山日報本社内での、とても素敵な笑顔の宮良社長と小坪先生のツーショットいいすね。新聞のネット販売のおはなし・・・興味あるなぁ!

    つづく、二枚目のお写真は、白石武之社長、沖縄県隊友会の藤田博久会長、大山孝夫先生と小坪先生ですが、、小坪先生の顔が疲れた様子がないので、安心しましたw

    閑話休題・・・・(閑話休題の使い方、、ま、いっか、、草莽スタイルでb)

    神奈川県の片田舎にすんでいる一人の草莽老人が、日々、沖縄県知事選、沖縄県補議選、宜野湾市長選のことを考えるようになるなんて・・・すこしまえなら、かんがえられないことでありました。これも、すべて、小坪先生のブログのおかげであります。心から感謝もうしあげます。

  3. itibariki のコメント:

    小坪市議がんばれ!佐喜眞あつし候補がんばれ!
    台風邪魔せんといて!
    言葉では命令形ですが内心は祈りです。

  4. JL のコメント:

    飛行機がニガテじゃなくなってさらにダイナミックに動かれてますね。
    沖縄戦の勝利を心より祈っています!
    というか、デニー氏が知事になったら終わりでしょ、後がない!

  5. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    色々と充実されてるようで何よりです。
    ただ、疲れはたまってると思いますし、市議だけでなく市議の協力者さん達も体調など気をつけて下さいませ

    【求人】八重山日報が記者募集中【きれいなほうの八重山】
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49614524.html
    35: 名無しさん@涙
    沖縄で基本給17なら普通だろ
    問題は交通費だの、その他手当がつくかだ

    74: ◆
    一方、汚い方の八重山毎日は…
    ttp://www.y-mainichi.co.jp/news/34127/

    綺麗な方の新聞=八重山日報
    汚い方の新聞=八重山毎日
    汚い方は変態新聞と同じ「毎日」が付いてると覚えよう

    生活に困らないならやりたいな。まぁ年齢制限引っ掛かるけど、小さい島の情報集めだからネタが尽きるのが早そう。本島住みで年齢制限無いならやりたいなぁ?毎日辺野古取材になりそうだけど、あの二紙と張り合えるなら遣り甲斐あるな。 

    沖縄の新聞で唯一領海侵犯を繰り返すシナ船のことをきちんと記事にしている八重山日報
    頑張れ超頑張れ

    【工作機関か?!】大阪の学校、入管が定員超過を指摘、留学生165人退学→ねらーが恐怖の事実を発見「理事長・学校長が中国人、客員教授7/9が中国人、職員7/10が中国人」
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49614534.html
    41: 名無しさん@
    >>7
    もともと仕事目的だからw
    就学ビザならずっといられるから
    こういう偽装大学があるんだと思っている

    246: 名無しさん@
    >>237
    つまり、各県の知事が親支那であった場合、
    私立ならいくらでも専門学校を認可出来るわけだ。
    留学生の名目で入国させ補助金も貰える。
    日本人の金で日本工作をする。
    支那人が増えるわけだ。

    136: 名無しさん@
    なんでこんな学校に許可が下りて補助金まで使われてたんだよ
    公務員は仕事しろ

    どう考えても、最低でも留学ビザを取得するためのブローカーが関与していて、不法就労と不法滞在を斡旋している。最悪、工作員の受け入れ窓口。
    こんなのがあちこちにあって、放置されているのならホントに文部科学省要らない。

    理事長以下客員教授とかも全て「株式会社日中文化経済事業団」とかいう怪しげな会社に所属してるな
    なんと日本の企業に中国人を派遣する派遣会社までやってる
    スパイを養成して企業に潜り込ませるまで全て手広くやらかしてるんだろうな

    ブローカーって奴だよ。
    大昔から中国人を日本に送り込んで儲けるビジネスって中国にあるんだよ。
    それで大きな借金をブローカーにして、来日した中国人が
    法外な借金を返すために日本で違法な荒稼ぎして返すって事が多かったんだ。
    学校って看板に偽りがあるだけの話やね。ちゃんとブローカーって看板掲げんと
    行政はソコ、指導せんと?。

    『女帝 由奈』って漫画で、韓国人の売春婦が、「専門学校入学」の名目で日本に来て、日本の韓国人クラブで働く手口が描かれてる。
    毎晩クラブの方で働いて、来日を手引きした人物に、何回か 「出席日数で引っ掛かるとまずいから、その日数分は学校行ってね」 とか言われてテキトーに学校に行く。
    嫌韓が盛り上がる以前に描かれたものなので あんまり読んでた人いないようだが、韓国の売春カラオケのことも描かれてて、今になって、うわまじだったんだ…と思ってる。
    (内容的には、不幸な韓国人売春婦のサクセスストーリーみたいに描かれてて、在日男と出会って その在日男と結婚して日本に住みつくってラストが、今にして思うとふざけんなって感じなんだが。作画の漫画家さんは好きな人なんだけどなあ……)

    これ別に新しいビル建ててる最中で、完成すればもっと多くの学生を受け入れるってニュースでやってた。今まで大阪民国とか言われてひどいなと思ってたが、現状知ってる人だったんだね。ふざけんなですわ。どうすりゃいいの?

    こんな学校とかを全国に構えて、オレオレ詐欺とかの足掛かりにしているのかねぇ。

    横浜とか新大久保とか、あとオーナーが中国人の飲食店で
    たまに日本語と中文がチャンポンになってる新聞をゲットできる。
    そこに広告を載せてるとこ(行政書士、税理士、弁護士、不動産業、日本語学校、旅行業、ケータイ販売etc.)は全部チェックしておくべし。
    裏で不法移民や不法外国人労働者の斡旋や援助をやっている疑いがある。

    で、留学生を装って日本に入国したベトナム人たちは、日本で何してたの?
    売春?

    外国人が簡単に起業できる制度と留学生補助金とを悪用したんだろうが、政治家と官僚が無能すぎて何も考えずにずさんな制度導入するからこうなるwww

    都内だって?アニメーションスクールだの?メディアスクールだのなんてすごい数の留学生()だよ。 学生用不動産屋もグル。新入生(受験生)に日本語じゃない名刺配って斡旋してる。保証人も偽造。知らない住所と名前のメモをくれて、保証人の欄にこれ書いてね?。ってノリ。

    氷山の一角過ぎて笑うw
    勿論中国人だけじゃなく朝鮮人もね。
    新宿区も凄いよ、大久保だけじゃなく区全体に日本語学校がうじゃうじゃあるw
    酷いのになると日本語学校でもない別分野の専門学校(例えば服飾とか)が外国人留学生山ほど入れて、専門学科そっちのけで日本語教育してる。
    学力でも日本語習得レベルでも日本の大学に入れなかった中国人や東南アジア人達が、日本で働く為に専門学校を隠れ蓑にして日本語習得し、就職口を探してる。
    多分東京も洗えば実態が違う学校や無認可学校で凄い数になるよ。
    大阪の比じゃないだろうね。

    スレチ米だけど朝日新聞の奨学金制度ってのも無茶苦茶よ、ベトナムとかから連れてきて奴隷労働させてボロ六畳一間の寮に数人暮らしとかな。

    タイトルだけですけど


    大坂なおみの活躍に朝日新聞がケチを付けまくる最悪の情勢に突入 なにがなんでも差別問題にしたい

    愛知県一宮市教職員労働組合「中学校の職場体験先に自衛隊が含まれている問題。これから一宮で大きく広げていかなければなりません」とツイート⇒高須克弥氏「何がいけないのですか?」

    トランプ大統領:国連総会演説「難民の解決方法は、彼らの祖国で生きる場所を作る、希望を作る事です」国連人権委員会批判、中国批判も

    (´;ω;`) 西日本豪雨の被災地にラオスから義援金 外務副大臣「少ない額ですが、ラオス国民の友好、親善の気持ちです」

  6. セイウチ のコメント:

    石垣に来られていたのですね、お疲れ様です。
    本当にこちらは天候が不安定なので、飛行機以外にも急な大雨など大変だったでしょう。
    ほんの数十メートル先では晴れているのに、自分の上には土砂降りの雨などということも、よくあることですからね。

    次に来られるときには、南ぬ浜にある特攻隊員の顕彰碑などにも是非立ち寄って下さい。

  7. どら猫大将 のコメント:

    小坪先生お疲れ様です。
    名刺の写真が見たいです!
    ぜひともお願いします。

  8. リアルで選挙戦を伝えてくれはる小坪さん、ありがとうございます。
    八重山日報、頑張ってほしいですね。
    保守基金を活用するんかな?
    データ販売、DL課金ということは、ネットで読めるようになるとか?
    琉球新報、沖縄タイムスの独占を許したらあかんけど、やっぱりこの2紙は、さきまさんが勝ってもいろいろと妨害してくるんやろなあ。
    応援してまーす!

  9. 旧新人類 のコメント:

    保守基金が信頼できるメディアの育成と拡大に貢献できたら素晴らしいですね。期待しています。小坪先生は、沖縄の黒豚さんを食べて栄養つけてくださいねー。

    さて、北海道の小野寺先生がリツイートされていた、「東トルキスタン(ウイグル)におけるチャイナファシズムの強制収容所の閉鎖を米国に頼む署名」に先ほどサインしてきました。Condemn China’s Concentration Camps and Prevent a 21st Century Holocaust in East Turkistanで検索すればすぐ出てきます。ホワイトハウスの当該ページに名前とメルアドを入力し、メールが送られてきたら“Confirm your signature by clicking here”をクリックすると署名がverifyされて完了です。10月9日が期限で、10万人の署名が必要ですが、まだ8300人ちょいくらいです。みなさまも宜しければ。。。

    あと、自民党に杉田先生支持の意見も送りました。日本の国益を損なうような活動をしている議員を野放しにしながら、日本のために危険を顧みず戦っている杉田先生を守らなかったら非常に失望すると書きました。マスゴミやぱよくはLGBTにかこつけて杉田先生を叩いてますが、本当の理由は左翼利権(科研費、国連等)に先生が切り込んだからでしょう。もう理系以外の科研費や国連の拠出金もやめたらいいね。だって、反日活動に使われたら外国の利益に利することになり、こんなの泥棒に追い銭じゃん。日本人はもっと覚醒しましょう。前からだけど脇が甘すぎる。

  10. 名無しの案山子 のコメント:

    拡散希望です。

    告知です。
    「さきま淳候補&小泉進次郎氏の演説会」
    が下記で開催されます。
    9月27日(木曜日)午後1時30分〜
    イオンタウン那覇(小禄ジャスコ)にて。

  11. 沙羅 のコメント:

    保守を一体化するような動きを感じました。
    今の日本に大切なのは信頼し手を繋ぐ事だと思う。
    小坪議員のされている事は、沖縄の人達・保守陣営の地固めでしょう。
    地理的に台風の通り道沖縄ですが、後3日です。
    佐喜真候補の勝利を確信して!

  12. 小坪しんやさんを応援する名無しさん のコメント:

    小坪さん更新お疲れ様です。
    沖縄選挙お手伝いお疲れ様です。
    応援している人が当選するといいですね。
    沖縄選挙終わったら行橋市や行橋市民
    達の事も見てくださいね☆

  13. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    ここ連日、沖縄の選挙戦に注力せざるを得ない故に、ブログの方もその話題が続いておりますね。
    扨て、沖縄地方に於けるたて続けの選挙戦の燃料になるかは不明ですが、当該選挙の有権者の方は以下のブログを参考になさって、頭の中を整理するのも良いのではないでしょうか。

    紹介するブログは2010年、民主党政権が基地移転を問題化し日本中を無茶苦茶にした時期に書かれたものです。

    普天間移設、および軍事は政治の道具だということの意味(追記あり) – リアリズムと防衛ブログ
    https://riabou.hateblo.jp/entry/20100422/1271947786

    普天間基地の引越し先を考えるのに必要なのは、普天間基地が何の仕事をしているのか、引越し先でもその仕事は果たせるか、です。
    要すれば、台湾紛争に火がついたときに素早く飛んで駆けつけて、事態の火消しをやることです。そして「もしもの時はすぐ駆けつけます」という事実によって紛争の発生を未然に防ぐ(抑止する)ことです。

    もっとも台湾有事だけではなくて、ほかにもお仕事はあります。普天間を含む在沖縄米軍という大枠でみれば、ユーラシア大陸包囲の一翼として機能しているともいえるでしょう。北東アジアに限ってみても、沖縄のアメリカ軍は台湾と朝鮮の両にらみです。だから台湾だけではなく、韓国の安全にもかかわってきます。

    とはいえ、目先、普天間基地に話を限り、かつ今いちばん大事なのは台湾有事の際、まっさきに飛んでいけることです。じゃあまっさきに飛んでいくためには何が大事か? それは距離です。なのでヘリで台湾までいける距離じゃないと仕事にならないよ、と書いたのがオブイェクトさんの記事です。

    普天間基地の仕事を消防活動にたとえてみましょう。台湾で紛争の火の手があがったとき、すぐ駆けつけて消すため消防です。海兵隊の地上部隊は消防士、ヘリは消防車です。火災現場にすぐ駆けつけるには、消防士と消防車は近くにないと困ります。これが遠く離れてあると
    「こちら普天間消防署。火事の通報があった。急いで消防車をよこしてくれ」
    「こちら消防車。わかった。すぐ行く。明後日の昼まで待ってくれ」
    という漫才のようなことになって、そんなことを言ってるうちに消せるボヤも大火事となり、家ならば丸焼け、紛争ならば拡大し、斬首戦略なら完了してしまいかねません。

    少し長い引用となってしまいましたが、台湾が中共に盗られた際の沖縄が被るデメリットっと言う政治的問題にも視野を広げ、この選挙に望む必要があると言えるでしょう。

    「なら、台湾に基地移転しろや!」っと言う短絡的な意見に関しても、上記のブログにしっかりとそれがデメリットである事を記してあります。

    今回、沖縄県知事に立候補したさきま淳候補は、沖縄の防災、経済発展を重点政策として掲げています。

    それに対し既に疑惑の総合商社と化した玉城デニー氏は、「辺野古新基地阻止を貫徹する立場だ」と強調したとか。
    では普天間を容認するのかと言えば、その様な事も無いでしょう。

    台湾危機が勃発すれば、その煽りを沖縄は必ず受けます。
    特に漁業関係者は直ちにその悪影響を受け、経済的に苦しい生活を覚悟しなければならないでしょうし、海に関わる観光産業も打撃を受けるでしょう。

    そもそも、経済発展とは一定の治安が保たれてこそ成し遂げる事が可能なのであって、これに揺らぎが感じられると、一気に経済活動は停滞してしまいます。
    物価や人件費の安さを武器にコールセンター等を誘致し成功して来た沖縄ですが、治安悪化や有事勃発の気配が感じられた時点で、企業は自社の従業員を守る義務がある事を理由に沖縄を撤退する可能性も低くはありません。

    つまり玉城デニー氏の掲げる政策は、政治的に沖縄県民を犠牲を強いた挙句に、極東地域に緊張を齎し、下手すれば犠牲も出しかねない危険な政策と言っても過言ではないでしょう。

    従って、ある意味では沖縄は世界へ多大な影響力を有する地域だと言う自負が必要だと判断します。

  14. 安倍首相応援! のコメント:

    久しぶりに「中韓を知りすぎた男」さんblogを読んで、いかに支那が残虐非道か、人の心を持たない生物かを改めて思い(内容は知っているが、久しぶりにあの内容を読んだので…日本にいるとつい忘れがちになってしまう…)、こんな生物が日本侵略を狙っている、もし侵略を許せば、日本は第二のウィグルチベットです。アメリカがやっとウィグルを出しましたが、資源があるからだとも言われているし。日本は日本人が居て、日本人そのものが資源(知能、まじめな性質)だから助かっているのだなと思います。 支那が日本を侵略しても日本人がいなければ今の日本を保つことは出来ないくらいは分かるはず。ただ、パクってしまったら用済みになる可能性高し。奴等は若い者を狙って子孫を残そうとする。日本人と支那の血が混じった残虐性が勝る血が日本を占めるのを待つ。必ず選挙は勝って!日米同盟で支那を潰さなくてはいけない。日本を護るためにも。支那がロックオンされてからも朝鮮人は毎日犯罪を起こし、日本人のふりをして生きている。コイツらはもう終わりですね。最初の隆起も出来るのかどうか。知りすぎた男さんのblogで、やっぱり外務省はダメだと改めて思いました。日本の中枢は腐りきっている。いずれ支那が大国としてアメリカを抜き、世界一になったら良くして貰う気満々な奴等ばかりだった。反日省庁連中を生暖かい目で嘲笑ってみてやります。あんなのが上級国民なら私は一片の草花でよい。心までは腐らせぬ。自分の国を愛する護る心を持てて良かった、それだけ人として心が豊かだと思えるので。小坪様も毎日ありがとうございます。どうかお身体には気を付けて、愛国活動お願いします。失礼致しました。 …職場にウィグルの方が来たことがありますが、支那とは全然違います。穏やかで日本人と本当によく似ています。支那は大大大嫌い!

  15. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    台風ですが、沖縄は日曜日の明け方までという予報が出ていて
    台風一過で晴れればいいな、晴れて下さい、晴れるでしょ!と祈っています。
    明日未明から悪天候だと思いますが皆さん無理しないで!
    現地の方々は慣れたものなのかな?とは思いますがなにせ投票日前日です。
    いろいろいろいろ大変でしょうが、だからこそ無理しないで下さい。
    きっとお天道様が味方してくれる、と思っています。
    頑張れ沖縄!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください