民主党政権における、ネット保守の戦い(雌伏編)反撃、開始。引退を決意。


 

 

民主党政権における、ネット保守の戦い(激闘編)六年前のあの日に始まった、一人の男の物語。の続編になる。

前項において、6年前の平成21年(2009年)~平成23年(2011年)の3年間のことをまとめた。
自民の歴史的大敗に始まり、中川昭一の急逝。
鳩山内閣、トラストミー、外国人参政権、口蹄疫、尖閣での後退。
菅内閣、尖閣請願、TPP、東日本大震災、フジデモ・花王、太陽光発電(再生エネ法)
そして野田内閣に続くまでの、ネットの保守の動きを私の目線で時系列に並べ、思うことを書いてみました。

今回は、続編として、3年前の平成24年(2012年)から、政権を奪還するまでの過程を書き記したいと思います。

反撃の年。実りの年。

総裁選のまさかの勝利、衆議院選挙、
政権奪還、安倍内閣発足。
参議院選挙でのねじれ解消。

そして。
私は、保守活動から引退を決意する。
いまのネット保守ができるまでの話、私目線での今のネット保守に至るまでの経緯。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

2

 

 

 

 

3年前の出来事。
平成24年(2012年)、3年前のことである。
反撃の年。実りの年。

 

春 小坪しんや初当選
告示日 平成24年4月8日
投票日 平成24年4月15日

民主党政権に対し、野党自民党と同じ陣営で戦い続けた三年間。
私は、31歳、最年少議員として当選させて頂いた。

出陣式(4月8日)には、熊本から木原先生が、山梨からは赤池先生が駆けつけてくれた。
私を含め、全員、バッチなしの状態であった。
この時は、まだ民主党政権であった。

(よく考えれば凄い絵である。)

 

kiharaakaike

関連:
自民党の宝、木原みのる

 

安倍総裁、誕生
平成24年9月26日 安倍さんが総裁選挙を制する。
第一次安倍内閣の崩壊、二度目の首相など、多くは例がない。
まさかの総裁選、勝利。

野党時代を支え続けた谷垣幹事長の一件もあった。
石原伸晃氏の反乱、なんてやつだと思ったが、あれがあったから安倍総裁は誕生したとも言える。
最後は、石破茂候補と一騎打ち。

安倍晋三は、総裁(自民党のトップ)となった。
この時は、まだ民主党政権である。

まずもって「奇跡の総裁選の勝利」があっての、第二次安倍内閣であった。

実は、私も総裁選に参加。
地元福岡において、安倍さんの前でマイクを握っている。
国会議員(前職含む)が主で県議も少数、異例なことと言われた。
なんでそうなったのか、よくわからない。
市議当選より3か月ほどのことだったと思う。

さして緊張もなかった。
この時は(市議というよりは)市外においては「活動家」のノリであり、そういう意味では場慣れしていたのだろう。

 

解散
平成24年11月16日 解散。
私の誕生日であった。
最高の誕生日プレゼント。

政権奪還を目指すべく、衆議院選挙を戦う。
地元は安定の福岡11区、麻生選挙においても勝利。
また小泉選挙では刺客を立てられるも(数百票の僅差で)これを撃破。

地元代議士に頼み込み、小選挙区を離れ、県外の支援に向かう許可を求める。
政権奪還のため、運動員として地元を離れたいというもの。
これは、かなり無理な要請です。
(正直、いっぱい怒られる。)

 

衆議院選挙
平成24年11月16日 解散。
驚きもあった。
浪人中の木原先生が、創価学会からの推薦を受けない。
事務所には、慣れたスタッフが足りているとは言えず。
事務所運営には、やや支障をきたしたようにも見えた。

バッチをはずし、一人の運動員として現場を切り盛り。
行動隊B班の班長(駐車場の整理などの指揮、意外に重要)として戦う。

行橋から熊本まで通う日々。
片道3時間、往復6時間の運転。
12月議会日程と被り、倒れかける。
高速代とガソリン代で残念なことに。

市議選を終えて日が浅く、貯蓄が欠乏。
宿泊費は一瞬で尽き、漫画喫茶に泊まっていることがばれた。
(いっぱい怒られる。)

 

政権奪還
平成24年12月16日 投開票。

衆議院選挙を制する。
長らくの野党を経て、鍛え上がられた支部長たちは、続々と復帰。
請願においては、多くの紹介議員がついているが、これは在野にあった支部長(前職国会議員)たちの協力があってのことだった。

野党時代、在野においては共に駆け抜けた戦友だと思っていた、
だけど、もうこれで気軽に電話したり、(ちょっと失礼な)冗談を言ったりはできないな、と思った瞬間。

 

宴の後
開票は、木原事務所で迎えた。
壇上でマイクを握る木原先生。
最高の笑顔。

どことなく寂しさも感じた。
「そろそろ終わり(引退)かな」と呟いた。

駆け抜けた、対民主党戦線。
死ぬ気で戦えたのは、守りたい世界があったから。
守りたかった世界は、戻りたかった世界。
鉄火場のような、眠れぬ夜の終わりが見えた気がした。

・・・そろそろ、降りても許されるのではないか。
歓声に沸く事務所を、ひっそりと後にした。

 

安倍内閣、発足
平成24年12月26日 第二次安倍内閣発足。
激動の年の瀬であった。
自民政権として、この年を締めくくった。

選挙疲れを押して、無理な稼働を続けていた。
市議に当選したばかり、半年も経っておらず議会にも慣れていない。
衆院選は12月議会と重なり無理がたたる。

体力的にも限界で、発足のニュースを聴いた前後だったか、
この数年の無理(対民主党)がたたってただろう、点滴を打っていた。
低血糖で倒れ、以後、甘い物を意識的にとるようになる。

もう、きっと、限界だったのだろう。
私自身も。心も体も。

終わったら、戻りたい場所があった。

 

 

 

2年前の出来事。
平成25年(2013年)、2年前のことである。
ねじれ、解消。本当の意味での政権奪還が達成される。

 

参議院選挙勝利
平成25年7月4日  公示
平成25年7月21日 投開票

夏の、暑い日だった。参議院選挙、勝利。
ねじれ解消。
本当の意味での政権奪還を果たす。

 

赤池誠章、当選
全国比例においては、下馬評では厳しいとされた赤池先生に着く。
初のネット選挙の成果とも言われた上位当選。

以下は、自由民主党 香川県支部連合会において、大山一郎県議の県政報告に際し、私がマイクを握らせて頂いた際の動画です。
市議当選より一年と二ヶ月少々の頃。
いまは、もう少し上手く話せるようになったでしょうか?

赤池まさあき先生応援演説@小坪慎也(行橋市議)

関連:
参議院全国比例を戦うということ、その意味。
大山一郎県政報告会

舞台袖であった秘話。
駆け抜けた、あの日。大山一郎(香川県議)について。

 

台風と公務と、瀬戸大橋
私、げっそり疲れてますね(笑)
市内で公務があったんじゃなかったかな、
前入りすることはできず、必死に自走で香川県に。(片道450km)
台風が接近していて、瀬戸大橋が停まる寸前でした。

116

 

参議院議員、赤池まさあき
靖国神社に大山先生と参拝。
のち赤池先生と合流し、一緒に撮った一枚。
これは当選後の写真です。

115

 

 

 

保守活動からの引退を決意。
政治活動からの引退。
正直、悲願であった。
市議当選より約一年、参議院選挙を最後に、事実上の引退。

普通の市議に。
キャンディーズがそうしたように。
縮小傾向にあった保守活動を、ほぼ完全に停止。

慣れぬ議員生活、地方行政を学ぶため、、、
それは言い訳かも知れない。
実際は、何もかもが限界であった。身体も心も。

 

なんか嫌だった。
野党自民を共に耐えた一人として、悪くない話もあった。
なんとなく、それが嫌だった。
そんなことのために、身体、張ってきたんじゃない。

そして共に戦った仲間たちがいる。
私だけが、どこか優遇されるようなことは、末端とは言え、指揮官としてのプライドが許さなかった。

何もいらない。

 

(これで、もう、俺、いいっすよね。)
そう呟いた時、心の中には中川昭一の存在があった。
どこかで重荷だったのだと思う、
暑かったあの日、麻生選挙の大敗。
中川さんの死が、守れなかったという罪の意識。

 

戻りたかったのだと思う。
守りたかった世界があった。
だから全てを賭けて戦えた。
守りたかった世界とは、戻りたかった世界だ。

後輩たちとバカ話をして、わけのわからぬ笑い声の響く日常に。
きらびやかな世界よりも、何よりも、私がずっと求めていたもの。
保守活動を縮小、相当に大人しくし引退を決意、実際、引退した。

 

 

 

私が望んだもの
静かに生きたかった。
ただの新人市議として、ちょっと口の悪い先輩市議とかにですね
こう、いじってもらったり。

後輩と車をいじったり、地元のお祭りで神輿を担いだり。
そんな生活に憧れた。
いや違う、私が元々いた世界。
守りたかった世界。

もう激しく生きるのはやめよう。
古くからの同志たちに、民主党政権を打倒のち、「あとは任せて大丈夫だよね」と。
お別れを言って、黙ることにしたのです。

本当は、ちょっとしたプレゼント、金銭などではなく。
対価ではありませんけど、お礼みたいなものも提案されました。
とても魅力的なものばかりでした。
キラキラした世界もいいな、って。
ちょっと思いました。

だけど。
例え話になりますが、綺麗な服を来て、高級車に乗って、そんな煌びやかな生活よりも。
ぼっろいスポーツカーに乗って、何より大事な後輩たちと生きる生活を選んだ。

行橋市に、残りたかったんです。
東京の、すれ違う人の顔すらわからぬ喧騒の中にはなくて
地元にだけある幸せがある。
それだけは、なぜか直感的にわかりました。

2年前、小坪しんや、前線より引退。
6年前の、あの日の苦悩に押しつぶされそうだった。
麻生選挙の大敗、中川昭一という存在の喪失、自分なりの責任感ゆえ駆け抜けてきたが、ここで一旦の区切りとし、私は引退の道を選んだ。

(舞い戻った前後の話は、「復活編」として、やがて記したいと思う。)

 

前編)
民主党政権における、ネット保守の戦い(激闘編)六年前のあの日に始まった、一人の男の物語。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

民主党政権における、ネット保守の戦い(雌伏編)反撃、開始。引退を決意。 への25件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    民主党政権における、ネット保守の戦い(雌伏編)反撃、開始。引退を決意。 民主党政権における、ネット保守の戦い(激闘編)六年前のあの日に始まった、一人の男の物語。の続編になる。 前項において、6年前の平成

  2. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     わたくしも,東京都をはじめとする,人口過密エリアが相当に嫌でした。
     身体の都合もあり,今では,関東とはいえ,相当程度の田舎町に住んでおります。
     混雑の激しい鉄道の車内及び駅構内並びに市街地の人だかり。
     健常者時代であっても尚,サッカー選手のドリブルの如く常に意識しなければ,周囲の人をかわせず,故意に基づく殺人タックルを喰らわされます。
     まして,今では行けません。死にますから。
     そうそう,関東でも都心部は,人の心が全体的に病んでおり,わが母校のある地方と異なり,一般庶民であってもほとんどが,故意に基づくメシウマ嫌がらせスタンスを貫徹します。
     シューティングゲームの敵キャラの如く故意にぶつかってきます。
     改札口を,故意にゼロチャージのICカードで潰します。
     現に,毎日,鉄道の安全確認トラブルがあり,それは故意による非常停止スイッチの押下です。
     それが大嫌いだったので,田舎にシフトしました。

  3. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     スレチかも知れませんが,12月定例会もあっと言う間に到来します。
     それに先立ち,皆様の地元又はその近隣の地方公共団体議会における,請願又は陳情(陳情の方が遥かにお手軽な分,処遇も軽くされてしまう。可能な限り,請願で行きたいものです。)の取扱いを熟知されると良いかと思われます。
     各自で早めに,当該公共団体へ紹介されることを,僭越ながらもお勧めいたします。
     参考までに,長くなりますが,下記にやり取りを示します。

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    地方議会議長 各位
    地方議会議員 各位
    地方公共団体 首長・副首長・教育長・管理職 各位
    総務大臣 殿
     事務次官 殿
     行政評価局長 殿
      地方管区行政評価局長 各位
      地方行政評価支局長 殿
      地区行政評価分室長 各位
      地域行政評価事務所長 各位
     自治行政局長 殿
     自治財政局長 殿
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     下記のとおり,ある普通地方公共団体議会より,当該議会における標記取扱い等について,速やかかつ詳細なご教示を賜りました。
     当該取扱い等は,大変融通が利いており,請願者又は陳情者本位であると思料されます。
     一方,他の地方公共団体議会においては,未だ,議員の所属委員会によっては当該請願の紹介が不可能であり,又はそもそも当該公共団体住民票登載者であることを請願者又は陳情者の要件とするなど,相当程度,自由を束縛する様態が散見されております。
     貴所の議会においても,下記の優良地方公共団体議会の如く,請願者又は陳情者本位(そこの住民である必要はない。)の取扱い等へ変更等されるよう,切望いたします。

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    埼玉県議会議長 殿
    埼玉県議会議員 各位
    埼玉県知事 殿
     副知事 殿
     教育局長 殿
    外 埼玉県管理職 各位
         職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    千葉県議会議長 殿
    千葉県議会議員 各位
    千葉県知事 殿
     副知事 殿
     教育局長 殿
    外 千葉県管理職 各位
         職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    群馬県議会議長 殿
    群馬県議会議員 各位
    群馬県知事 殿
     副知事 殿
     教育局長 殿
    外 群馬県管理職 各位
         職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

    ※※専決等不可:要本人伝達
    三重県議会議長 殿
    三重県議会議員 各位
    三重県知事 殿
     副知事 殿
     教育局長 殿
    外 三重県管理職 各位
         職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    八王子市議会議長 殿
    八王子市議会議員 各位
    八王子市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 八王子市管理職 各位
          職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    狛江市議会議長 殿
    狛江市議会議員 各位
    狛江市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 狛江市管理職 各位
         職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    行橋市議会議長 殿
    行橋市議会議員 各位
    行橋市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 行橋市管理職 各位
         職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    春日部市議会議長 殿
    春日部市議会議員 各位
    春日部市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 春日部市管理職 各位
          職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    越谷市議会議長 殿
    越谷市議会議員 各位
    越谷市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 越谷市管理職 各位
         職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    さいたま市議会議長 殿
    さいたま市議会議員 各位
    さいたま市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 さいたま市管理職 各位
           職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    吉川市議会議長 殿
    吉川市議会議員 各位
    吉川市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 吉川市管理職 各位
         職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    常総市議会議長 殿
    常総市議会議員 各位
    常総市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 常総市管理職 各位
         職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    坂東市議会議長 殿
    坂東市議会議員 各位
    坂東市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 坂東市管理職 各位
         職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    大網白里市議会議長 殿
    大網白里市議会議員 各位
    大網白里市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 大網白里市管理職 各位
           職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    市原市議会議長 殿
    市原市議会議員 各位
    市原市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 市原市管理職 各位
         職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

                           平成 27 年 10 月 5 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    境町議会議長 殿
    境町議会議員 各位
    境町長 殿
     副町長 殿
     教育長 殿
    外 境町管理職 各位
        職 員 各位
                         高橋 エマニエル=努

       地方議会への請願又は陳情の取扱い等について(依頼)
     <<本文,上記に同じ。>>

    Subject: Re: S町議会への請願又は陳情について(照会)
    Date: Mon, 5 Oct 2015 09:36:43 +0900 (JST)
    From: 議会事務局
    To: gikai@town.XXXXXX.XXXXXXX.jp

    高橋 エマニエル=努 様

     平素より議会活動に対しまして,ご理解・ご協力を賜り厚く御礼申し上げます。
     さて,ご相談のありました議会への請願,陳情についてのご相談ですが,順にお答えいたします。

    1.の請願に対する紹介議員の要件等の制約についてですが,S町議会では議員定数削減に伴い,平成24年5月から紹介議員に関する要件等の制約はございません。

    2.の請願書の作成についてですが,本文をA列4番用紙1枚に収める必要はございません。
     また,添付資料の用紙サイズ,枚数の制約も設けておりません。
     電子データの添付も可能ですが,提出の際にはデータのほか,紙媒体での提出もお願いします(請願法第2条では「文書でこれをしなければならない」と規定しています)。

    3.の公表の件ですが,議会で審査されたものにつきましては,後日,ホームページ上の会議録検索システムにテキストデータとして掲載いたします。
     ただし,平成24年度以降の会議録検索システムでは,検索サイトからのアクセス制限を行っているため,会議録の内容自体が検索サイトの対象となることはございません。

    4.の陳情の様式につきましては,特に指定はございませんが,請願と同じような性格を持ったもののため,請願書に準じて作成していただくようお願いいたします(紹介議員は不要)。

     追加で質問のありましたS町議会への請願,陳情はS町民以外でもできるのか,につきましては,S町民以外も受け付けております。
     今後も町議会に対しましてご支援ご協力を賜りますよう,お願い申し上げます。

    〒XXX-XXXX
    コバトン県葛飾北斎郡すぎぴょん町■■X丁目X番XX号
    TEL  XXXX-XX-XXXX(内線)XXX
    FAX  XXXX-XX-XXXX
    E-mail gikai@town.XXXXXX.XXXXXXX.jp
    S町役場 議会事務局

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    投稿を読みながら、なぜか、おつかれさまです!といいたくなりました。

    閑話休題・・・・

    >出陣式(4月8日)には、熊本から木原先生が、山梨からは赤池先生が駆けつけて>くれた。
    >私を含め、全員、バッチなしの状態であった。
    >この時は、まだ民主党政権であった。
    >(よく考えれば凄い絵である。)

    木原先生、赤池先生、小坪先生がならんでおられるこの写真、いまみても・・・
    すごいですね。んで、当時、民主党政権ですかぁ・・・(´・ω・`)

    そして、最後に一言・・
    小坪先生、頑張れ!頑張れ!頑張れ!と三唱をおくります。

    追記:
    私も田舎町に住んでおります。ですが、イオン(おかげで、まわりに小売り店はありません!せいぜい、セブン系列のコンビニのみ、セブンはつええわw)のおかげで、買い物には不自由しておりません。ま、シナ朝鮮系の食品は購入しないように気を付けております。

  5. 加藤 義浩 のコメント:

    いつもありがとうございます.
    シェアします.

  6. 加藤 義浩 のコメント:

    忘れませんよ,ミンスの暗黒時代.
    尖閣,自衛隊への罵倒,事業仕分け,沖縄,そして大震災+原爆.

    忘れてはならない.
    失われた国益と名誉,そして人命.

  7. ふぃくさー のコメント:

    > 静かに生きたかった。

    先生の言葉だと重みを感じます。
    復活した今言うのも変だとは思いますが敢えて記します。
    お疲れ様でした。

  8. BGM@FreeTTTMJ のコメント:

    ブログには始めて書き込みさせていただきます。

    > 2年前、小坪しんや、前線より引退。

    前線から引退されたということですね。
    でもね、それは、サッカーでいえば、前線(攻撃担当、FW)から、後衛(守備担当、DF)になられただけかなと。
    だから、小坪さんの実力は、ひょっとして未だに、日本代表DFクラス。
    それが証拠に、ひとたびサイドを駆け上がれば、全国の地方議員の皆様から、ほら、いい感じのパスが。

    強靭なフィジカルがあるわけではないけど、いざ駆け上がったら鋭い攻撃参加を見せる、スーパーサイドバック。
    草サッカーレベルの私からすれば、憧れです。

    日本代表に、まだまだ小坪さんは必要だと思いますよ。
    願わくば、無理してケガしませんように。変なイエローカード貰いませんように。

  9. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    漫画化されないのですか??なんて思いました(笑)
    そして市議のお話しを読んでてこれを思い出しました

    第二次大戦中の知られざる日系人兵士たち10の活躍
    ttp://karapaia.m.livedoor.biz/article/52201633

    相変わらず反日工作員ばかりで残念ですがね(こう言う記事以外の、生物・理系記事ではごくたまに研究者から直接原稿進呈されるほど優秀なのに…)

    あと、こちらは犯罪です

    国の助成金詐取の疑いで、朝鮮総連会社の在日韓国・朝鮮人ら4人逮捕 被害総額は数千万にのぼる(札幌市)
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/46496482

    以下は余談です

    法政大が資格停止中の朴泰桓の受け入れを全面否定
    ttp://blog.m.livedoor.jp/warakan2ch/article/8359209

  10. a のコメント:

    天国で微笑んでいてくれている中川昭一先生。来年も小坪しんやブログでお会いしましょう。中川先生はハンサムでしたね。奥さんがあの日のことを本にしてほしい。テレビが中川酒パッシングで全局毎日毎日がなりたてていたのに…中川先生は帰国するまでテレビ報道を知らなかったとのこと。なぜ?さらにその時の回りが皆出世している。財務省などで…。

  11. 50代主婦 のコメント:

    民主党政権は日本国にとっても日本人にとっても本当に大きな損失(そんな言葉ではとても言い尽くせませんが)をもたらしました。
    その影響が日本中に残り、未だに私たちを苦しめていると思います。

    ただ一つだけその功績(?)を認めるなら、多くの国民の目を覚まし結束をさせたことではないでしょうか。

    鳩山さんの変人ぶり、菅さんの異常さ、外国人参政権、尖閣、TPP、一色さんの事件(?)に至っては、正しいことをしたのに何故?と頭が混乱するばかりでした。
    そうです、目覚めは始まっていました。
    危機感が半端ではありませんでした。

    安倍政権誕生で、個人的には「そうだったのか!」とやっと膝を叩いたあの頃。
    あくまで馬鹿な私の経験談ですが、民主党政権あったればこその目覚めだったのかも知れません。

    本当に申し訳ない気持ちで一杯でした。

    ただ、民主党に投票したことは一度たりともないことだけが、私の救いになってはいます。

  12. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

     参考までに,下記のとおり,請願又は陳情の取扱いにおける地方公共団体からのご回答を,投稿します。

    Subject: 福岡県行橋市議会議員「小坪慎也」氏発出「外国人の扶養控除制度の見直しを求める意見書(案)」の取扱いの進捗状況等について(回答)
    Date: Mon, 5 Oct 2015 07:23:17 +0000
    From: 8731000 議事課
    To: 8731000 議事課

    高橋 エマニエル=努 様

    お世話になります。
    標記意見書(案)に係る陳情につきましては、
    平成27年8月9日付けで郵送により提出されたため(受付日8月17日)、
    市原市議会会議規則等に関する申し合わせ事項の規定により、
    8月28日に、市原市議会の各会派の代表者に参考送付されています。

    **************************************************************
    市原市議会事務局議事課議事係 ■谷
    〒290-8501
    千葉県市原市国分寺台中央1-1-1
    電話 0436-23-9862(直通)
    FAX 0436-23-7008
    **************************************************************

    —–Original Message—–
    Sent: Sunday, October 04, 2015 8:18 PM
    To: 8100500 総務課; 8102000 秘書課; 8052500 広報広聴課; 8050300 企画調整課; 8730500 庶務課; 8731000 議事課; 8881000 教育総務課
    Subject: 福岡県行橋市議会議員「小坪慎也」氏発出「外国人の扶養控除制度の見直しを求める意見書(案)」の取扱いの進捗状況等について(照会)

                             平成 27 年 10 月 4 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    市原市議会議長 殿
    市原市議会議員 各位
    市原市長 殿
     副市長 殿
     教育長 殿
    外 市原市管理職 各位
         職 員 各位
                             高橋 エマニエル=努

       福岡県行橋市議会議員「小坪慎也」氏発出「外国人の扶養控除制度の見直しを求める意見書(案)」の取扱いの進捗状況等について(照会)
     標記意見書(案)に係る,陳情等の現在の取扱いの進捗状況をご教示願います。

    送信者情報
    住所:〒999-9999
       イヴリーヌ県ランブイエ郡
       モンフォール=ラモリ町大字ローザンヌ1番地1
    氏名:高橋 エマニエル=努
    電話番号:XXXX-XX-XXXX
    携帯番号:XXX-XXXX-XXXX

  13. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

    Subject: 御回答/埼玉県議会への請願又は陳情について(照会)
    Date: Wed, 7 Oct 2015 13:17:40 +0900
    From: “議事課代表”
    To: “議事課代表”

    高橋 エマニエル=努 様

    お問合せいただきました点につきまして、御回答申し上げま
    す。

    ①議員が請願を紹介する場合、所属する委員会による制限は
    ございません。
     ただし、正副議長及び請願事項を所管する委員会の正副委
    員長は、請願の紹介議員となることを避けることとされてお
    ります。

    ②請願書は紙での御提出をお願いしております。用紙サイズ
    の制約はございませんが、A4にて御提出いただけますと幸
    いです。また、枚数の制限はございません。なお、CD等の
    電子データの添付は内容を確認することが困難な場合もござ
    いますので、紙にて御提出願います。

    ③提出された請願書に基づき、請願者の住所及び氏名並びに
    請願の要旨等を記載した請願文書表を作成しておりますが、
    ホームページ上は画像データとして掲載しております。

    ④請願書及び陳情書について様式を指定しておりません。

    ⑤埼玉県議会への請願又は陳情は、埼玉県民以外の方でも可
    能です。

    なお、請願及び陳情の手続きにつきましては、御参考までに、
    下記アドレスに記載しておりますので御案内します。

    【請願・陳情のご案内】
    ttp://www.pref.saitama.lg.jp/e1601/gikai-seigan.html
    <<上記URLの冒頭に h を追加のこと。>>

    埼玉県議会事務局議事課
    TEL:048-830-6236

  14. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

    Subject: 御回答/陳情の取扱いの進捗状況等について(照会)
    Date: Wed, 7 Oct 2015 13:19:51 +0900
    From: “議事課代表”
    To: “議事課代表”

    高橋 エマニエル=努 様

    お問合せいただきました点につきまして、御回答申し上げ
    ます。

    小坪慎也氏から提出された「外国人の扶養控除制度の見直
    しを求める意見書の採択を求める陳情」につきましては、
    開会中の9月定例会において、件名及び陳情者の氏名等を
    記載した「陳情一覧表」を10月6日の本会議において報
    告し、陳情書の写しを各会派の控室に配布しております。

    埼玉県議会事務局議事課
    TEL:048-830-6236

  15. 生野民 2 のコメント:

    二度と暗黒の民主党政権には、戻してはいけませんね
    >赤池先生の選挙で思い出すのは、危ないとの下馬評があり
    保守系ネットでの凄い応援を思い出す、あの時は私も赤池先生に投票したんだが
    2chでもまとめでも、ニコ生でもものすごい応援と拡散だった
    あの時に上位当選したのをみて、ネットで政治は動かせる時代が来たと実感したのを
    思いだします。
    ネットの力を大きくしていって、自民の中の売国奴を保守と入れ替えるまで運動を続けて行きたい

  16. 高橋 エマニエル=努 のコメント:

                           平成 27 年 10 月 7 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    地方議会議長 各位
    地方議会議員 各位
    地方公共団体 首長・副首長・教育(局)長・管理職 各位
    総務大臣 殿
     事務次官 殿
     行政評価局長 殿
      地方管区行政評価局長 各位
      地方行政評価支局長 殿
      地区行政評価分室長 各位
      地域行政評価事務所長 各位
     自治行政局長 殿
     自治財政局長 殿
                           高橋 エマニエル=努

       埼玉県南埼玉郡宮代町による個人情報漏洩等について(通報)
     標記について,下記のとおり,貴台へも通報します。

                           平成 27 年 10 月 7 日
    ※※専決等不可:要本人伝達
    宮代町議会議長 殿
    宮代町議会議員 各位
    宮代町長 殿
     副町長 殿
     教育長 殿
    外 宮代町管理職 各位
         職 員 各位
                           高橋 エマニエル=努

       「地域ワークショップ」対象者の皆様へのお詫びについて(照会)(行政相談)
     標記における,あなたの回答内容に看過できぬ様態が認められたので,第三者ながらも通報します。
     まず,貴所ウェブサイト

    ttp://www.town.miyashiro.saitama.jp/WWW/wwwpr.nsf/b88b959b14cc2113492573ee00229583/0e1cf54c2bcf746449257ed5002f48e0

    において,「記者発表情報 page001 『地域ワークショップ』対象者の皆様へお詫び 宮代町教育総務担当 情報発表日:2015年10月06日(火) 0480-34-1111」と題した,コメントが掲載されております。
     そこで「4.今後の対応について 今回の案内通知は対象者本人に郵送されるものであり、情報拡散の可能性はほぼないと思われます・・・」とありますが,そもそも,本件の最初の通報者の方は,電話でもメールでもなく,わざわざ直接貴所へお越しになってまで,「郵便物のあて名に,不要たる年齢及び性別までもが記載されており,これが不特定多数たる日本郵便株式会社の職員等の郵便物取扱者にまで知れ渡ってしまうこと自体を問題として通報している。」にもかかわらず,郵便物自体は本人宅にのみ配達される故,個人情報の拡散のリスクはないなどと言う,甚だ支離滅裂たる論点逸らしをはたらかれております。
     これは,通報者様及び埼玉県南埼玉郡宮代町民の皆様並びに遍く個人情報取扱者様に対する,甚大たる侮辱であり,遍くコンプライアンスに対する挑発的行為でもあり,反省の色がほとんど認められない状況であり,極めて遺憾に存じ上げます。
     つきましては,今一度,町長自ら全職員への注意喚起及び指導並びに再発防止への啓発等へ尽力されるよう,強く要求いたします。
     また,当通報及びこれに対する回答の文章並びに標記における改めてのお詫びの文章を,貴所ウェブサイトに併せて掲載するとともに,該当者様各位へ別途個別送付されるお詫びのお手紙にも,当該掲載内容も併せて記されるよう,切望します。

  17. 桃太郎 のコメント:

    最近政治に興味をもったと言っていい自分のような人間からすると、
    安倍政権が少しわからなくなってきました。
    自民党内に親中、親韓派が多いのは聞いてますが、
    国家公安委員長兼行政改革担当相=河野太郎に決定。
    父親は売国奴。この人の秘書は韓国人でパククネ、ハンナラ党の側近という話があります。
    潜水艦技術を中国よりのオーストラリアに移転。
    津田やたろうや山本太郎、福山哲郎、ダイブ小西などの処分できず、手打ち。
    これが一番腹がたってます。
    だからといって民主党はごめんですが、保守党として好きだった次世代も自民党に合流するような事も言われてますし、なんかため息が出てきます。
    小坪議員のようにまっとうな保守派議員がおられることは頼もしいのですがだんだん保守サイトを見る回数が減ってきました。マスメディアの報道を信用することはもうないでしょうが自分的にはちょっと疲弊感が出てきてます。

  18. ピンバック: 【驚いたらシェア】安倍晋三総裁から、お手紙が届く。 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  19. ピンバック: 【4月3日】出陣式のご案内(小坪しんや後援会) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  20. ピンバック: 参議院選挙の総括③保守の苦悩、愛せない自民【改憲始動】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  21. ピンバック: 【石原伸晃の罪①】上官殺しの大罪人、野党自民を支えた谷垣総裁の功績【4年前の総裁選】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  22. ピンバック: 【国会議員に直接】NHKの捏造報道による女子高生への人権侵害、及び実態調査を求める【陳情・原文】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  23. ピンバック: 【今後の保守活動】ロビー活動の重要性・国会議員に直接、陳情【訪問先リスト】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  24. ピンバック: 【今日は何の日】中川昭一、急逝の報。あれから7年【黙祷】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  25. ピンバック: 【今日は何の日】中川昭一、急逝の報。あれから8年【黙祷】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です