【日本政府に抗議】韓国議員団、終戦の日に竹島上陸へ。【拙速な10億円】


 

 

日韓合意に基づき10億円の支払いを決定、
しかも慰安婦像の撤去が条件とされていたものを反故して、だ。
この拙速な対応が何をもたらしたか。

急がれた理由としては、韓国の光復節(植民地支配解放記念日)に間に合わせたとの推論が一般的だ。
韓国との融和ムードは、日米関係においても重要なのは理解できる。

CHINAの脅威に対し、THAADミサイルの配備を急いでいる。
これは米国の意向であり、かつ我が国の安全保障上も重要な事項である。
THAADミサイル自体も重要なのだが「付随するレーダーシステム」があり、これはCHINA及び北朝鮮の弾道ミサイルの発見に対し、極めて重要な役割を果たす。

米国を盟主とする自由主義社会にとっては、沖縄以上の戦略的な、地政学上の価値を、朝鮮半島は有している。
この背景を理解することで、朝鮮半島に唯一存在する「西側諸国」は、特例処置を講じざるを得なかった。
これが韓国が「外交勝利」を収めている理由だと推定する。

融和ムード演出のため、恐らくは対米圧力でもあったか、
もしくは勝手に気を使ったか、というのが今回の答えであろう。
いや、全体の流れの軸ともなる話だ。

自主独立に必須の軍事力を持たず、
他国の軍備によってのみ成立する我が国の国防、
及びそれに対して疑問を抱かぬ国民、
政権が判断したとて、ついて来ぬであろう世論。
我が国の政府は、縛られている。

その上で、
私は、我が国の政治家として
我が国の政府を批判したい。

 

だから、言ったじゃないか。
韓国側の都合、つまり光復節(植民地支配解放記念日)に間に合わせるべく、
日韓合意に基づく10億円の拠出を、拙速にも決した。

結果は、終戦の日に我が国が主権を有する竹島に、
韓国に不当に占拠されている竹島に、韓国の議員団が上陸するというもの。
情けないにもほどがある、泣けてくるとはこのことだ。

 

保守陣営の一角として、
支援者として、声を挙げねばならない。

でなければ、我が国の政府はダメになってしまう。
支援者からの批判こそが、動くための原動力になるのだから。
それは左派からではなく、保守からこそ声を挙げねばならぬのだ。

保守系議員の一人として、我が国の政府方針を批判する。
覚悟を見せて頂きたいと、切に願うものである。

共感して頂ける方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※特記
本エントリは、長文です。
なぜ「韓国の外交が成果を挙げているか」の正体を書いています。
無謀に思える「CHINA・北朝鮮」が「勝利できる条件」が実はあるのです。
キーワードは「核ミサイル」と「朝鮮半島の軍事的立地条件」です。
これが全ての軸なのだろう。怪談より背筋が寒くなる話です。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
13895440_1125910014146548_8229207708529263238_n

 

 

 

 

報道の紹介
以下、フラットに記事の読み解きを行う。
時系列の新しい記事から紹介し、徐々に過去に遡っていく方式をとる。

政治の要因を探るにあたり(もしくは説明するにあたり)有効な手法であるためだ。

 

韓国議員団、15日に竹島上陸計画=「愛国心高揚」狙う

 

 【ソウル時事】韓国国会の超党派議員団が日本の植民地支配解放記念日(光復節)の15日、竹島(韓国名・独島)への上陸を計画している。聯合ニュースなどが伝えた。強行すれば、日本国内で反発が強まるのは必至だ。

 

 与党セヌリ党の女性議員、羅卿※(※王ヘンに爰)・前外交統一委員長を団長とし、同党のほか、野党「共に民主党」「国民の党」の議員も同行する見込み。現地に駐在している「独島警備隊」を激励し、市民団体が主催する行事に参加する。
 聯合によると、関係者は「日本が独島に対する領有権を主張し続ける中、光復節に合わせ、わが領土を守る意志を国民に示し、愛国心を高めようという趣旨だ」と説明した。
 日本の2016年版防衛白書に竹島が「わが国固有の領土」と記述されたことを受け、韓国政府は「不当な主張」と抗議。一方、日本政府は、「共に民主党」の文在寅前代表が7月、竹島に上陸したことに抗議している。
 羅議員は13日、聯合の電話取材に対し、日本政府の抗議について「一顧の価値もない」と一蹴。「予定通り訪問し、団長としての役割を果たす」と強調した。(2016/08/13-19:43)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081300235&g=pol

 

「関係者」などの曖昧な表現はなく、取材をあてた相手も実名を出した上で書かれた記事だ。
事実の列挙と言える筋肉質な内容であり、実際の状況を示していると認識する。
特に電話取材の日時が指定されている点も重要だ。

誤報とは、思えない。

 

上記の記事において以下の文言がある。
>日本政府の抗議について「一顧の価値もない」と一蹴。
>「予定通り訪問し、団長としての役割を果たす」と強調した。

これは、日本政府が抗議を行っているためであり、
同じく時事通信の記事において、当該記事が配信されている。
時系列としては前後する恰好になる。

 

竹島上陸の中止求める=日本政府

 韓国の国会議員が島根県・竹島(韓国名・独島)への上陸を計画している問題で、日本政府は13日、外交ルートを通じて抗議するとともに、中止を強く求めた。

 外務省の金杉憲治アジア大洋州局長は同日、在京韓国大使館の李煕燮次席公使に対し、「竹島の領有権に関するわが国の立場に照らし到底受け入れられず、極めて遺憾」と電話で伝達。ソウルでも鈴木秀生臨時代理大使が韓国外務省の鄭炳元東北アジア局長に抗議した。 (2016/08/13-14:59)

http://www.jiji.com/jc/article?k=2016081300251&g=pol

 

ようは、我が国は、完全になめられているということだ。

 

 

今朝の記事だ。
8月13日 07:00の配信である。

慰安婦像撤去前提とせず、世論の反発は必至だ 慰安婦財団への10億円拠出決まったが…

 日本政府が韓国に設置された元慰安婦支援のための財団に10億円を拠出することが決まった。資金の具体的な使途が詰め切れていない中での拠出合意。日本側は日韓両政府が使途で合意しなければ事業は進められないとするが、「拙速」との指摘を受けかねない。在ソウル日本大使館前の慰安婦像の撤去も実現しておらず、韓国側が慰安婦問題を二度と蒸し返さないことを担保できなければ、日本の世論の反発は必至だ。

 「日本政府による資金の支出が完了すれば、日韓合意に基づく日本側の責務は果たしたことになる」

 岸田文雄外相は韓国の尹炳世外相との電話会談後、記者団に10億円拠出の意義を強調し、慰安婦像撤去を含む残りの履行義務は韓国にあるとの認識を示した。

 ただ、10億円拠出合意がこの日になったことについて、ある政府関係者は「何でこのタイミングなのか」と首をかしげる。2日の自民党会合で、慰安婦像の確実な撤去を求める声や「拠出したままで終わってしまう」といった懸念が続出したばかり。韓国側が日本の朝鮮半島統治から解放されたことを祝う15日の「光復節」までの合意を急いだとの見方も広がる。

 日本側が拠出を急いだのは、中国が海洋進出を強めている東シナ海や南シナ海の問題や、核・ミサイル開発を続ける北朝鮮への対応で米国とともに韓国との連携が重要になるからだ。慰安婦像撤去でも「日本側が先に約束を果たし、韓国側に義務を果たすよう促す方が有効だ」(外務省幹部)との判断もあった。

 10億円の具体的な使途は多くが明らかになっていないが、財団が予定する元慰安婦と遺族への現金支給は日本政府による「賠償金」と解釈されかねない。慰安婦問題を蒸し返されることにつながり、「今後に禍根を残しかねない」との懸念が政府内にもくすぶる。

 岸田氏は、慰安婦問題を含む戦後補償問題は解決済みとの立場を強調したが、慰安婦問題の「最終的かつ不可逆的な解決」のためにも、「財団の事業の内容などを全て明らかにすべきだ」との声が強まっている。 (田北真樹子、石鍋圭)

http://www.sankei.com/politics/news/160813/plt1608130007-n1.html

 

配信された記事を、新しいものから古い方向に、3つ続けて紹介した。
これ以上、説明を足す必要があるだろうか?
この順序に並べる以上の必要を、私はまったく感じない。

 

 

 

核弾頭搭載型大陸間弾道弾
単独事象のみに囚われ、近視眼的な反応は慎むべきだ。
世界とは複雑であり、そしてシンプルだ。
構図を読み解き、そして知る努力を怠ってはならない。

 

「核ミサイル問題」
北朝鮮の問題を論じる際、メディアが意図的に避けていると思料される言葉だ。
北の核開発、もしくはミサイルと分けて論じようとする。
これは誤りだ。

実際問題としては、わからない。
具体的には、以下の二点が条件となるため。
①「核弾頭搭載能力のあるだけの(推力を有した)ミサイル」の技術開発
②「搭載可能なレベルまで、核弾頭を小型化する」技術開発

この両者が揃って初めて「核ミサイル」となるわけだが、①に付随する事象は生じている。
バカスカ花火のように撃って、日本人が慣れてきた「アレ」だ。
実証試験を繰り返しているようなもので、技術は蓄積されていく。

②に付随する事象は、水爆実験など、である。
同じく蓄積はなされていっていると見るべきだろう。
それがどのレベルかはわからないが、私にもわからない。

関連
【政治家の目線】北朝鮮の水爆実験に対する抗議と、今後の朝鮮半島の動向に関する所見

 

わかるはずもない。
この技術レベルがどの程度であるか、西側諸国は必至に調査しているはずだ。
それこそ007の世界である。

ひとつ、言えることは。
やがては「開発は完了」するということ。
これだけは間違いない。

放置すれば、技術開発は完了する。
当然だ、「できている国家」が実際にあるのだから。
人の引き抜き、技術の購入、試験装置・工作機械の密輸。

 

我が国のメディアが、恐らくは意図的に用いない「核ミサイル」という言葉。
現在、起きている事象は、この言葉を用いねば説明ができない。

核弾頭搭載型大陸間弾道弾。
いわゆる核ミサイルだ。

 

 

 

CHINA・北朝鮮の勝利条件
CHINA・北朝鮮が崩壊しかけている。
確かにそうだろう、私も同意である。

では彼らは、ただ単に滅びの道を歩んでいるのか。
それは世界の在り様をナメているとしか思えない。
現実は極めてシビアであり、そして残酷だ。

CHINA・北朝鮮にも、勝利条件がある。
それは米国を屈服させること、もしくは「交渉に応じさせること」だ。
そのような条件はあり、やがては達成されるだろう。
いきなり話が変わったように感じるかも知れないが、私は同じ話をしているつもりだ。

 

CHINA・北朝鮮の勝利条件。

「核ミサイル」という言葉。
現在、起きている事象は、この言葉を用いねば説明ができない。

核弾頭搭載型大陸間弾道弾。
いわゆる核ミサイルだ。

米国本土までを射程にいれた、核ミサイルの開発。
これが勝利条件である。

 

米国との交渉とは何か。
CHINAの場合は、「太平洋の二分」であろう、
そして米国は恐らく飲む。
自国に対しての核攻撃のリスクは、外交上のツールとしてはそのような効果を発揮する。

北朝鮮の場合は、「国家としての承認」であったり、
現体制の維持、となるのだろう。

恐らく、米国はこちらも飲む。
飲んだところで痛くも痒くもないからだ。
それは、米国にとっての国益とは、ほとんど関係ない。

 

我が国はどうか。

CHINAが米国との交渉に勝利し、太平洋の半分の盟主にCHINAがついたとしよう。
制海権と輸出入のすべてを喪失する。
シーレーンは崩壊、GDPで見た場合、どこまで落ちるのだろう。
10位か、20位か。

終わらぬハルノートの世界の出来上がりだ。
ハイブリッドカーではなく、松根油で動く車の開発でもしましょうか、という話。
木炭車というものもあったなぁ。

 

北朝鮮の望みは、国家としての存続、「ただの生存本能」だろう。
体制の維持と、国家としての承認。
だから必死なのだ、米国にとっては「安いカード」に過ぎない。

我が国はどうか。
拉致被害者は戻らず、ぐだぐだの「国交回復」が強要され(苦笑)
第二第三の拉致被害も生じてしまうやも知れぬ。

関連
【重要】北朝鮮が、中国に発砲、負傷者あり(解説)ヤンデレ彼女、北朝鮮
面白おかしく書いておりますが、北朝鮮の「判断基準」について述べたエントリです。

 

米国の利益・我が国の利益
あまり書きすぎると、無様だ。
一介の地方議員に過ぎないが、我が国の政治家として「主権がない」と叫びすぎるのは如何なものかと思う。
言葉は選んでいるつもりだ。
特に意見を述べているつもりもない。
個人的な「分析」であり、ドライに政治家が見据える「世界」だ。

米国の利益と、我が国の利益。
いまは一致している。
ただ、それだけである。

CHINA・北朝鮮が核ミサイルの開発を終えたのち、
両国の利益は相反するだろう。

つまり日本は捨てられる。

関連
【政治家の目線】トランプ候補優勢の報。今後の日米関係は?敵なのか、味方なのか。

 

捨てられる、と書いたが厳しい言葉だろうか。

私は、米国を最大の友好国だと認識している。
その言葉に嘘偽りはない。

だが、異なる国家であることは理解しているし
TPPAを始めとして、両国の利益が衝突する場合もある。

ただそれだけ、だ。

 

自国の防衛を、自国で満足させていない「ツケ」というものである。
日本の防衛は、在日米軍抜きでは語れない。
国民は、保守を自称する者ですら「他国の軍が一方的に守ってくれる」前提に論じている。

馬鹿みたいだ。
失礼な言葉だろうか?
愚かな民は、国家を滅ぼす。

これが事実だ、
世界史を紐解くまでもなく、ファクトイズファクトというもの。

 

 

 

全ては、リンクしている。
単独事象のみに囚われ、近視眼的な反応は慎むべきだ。
世界とは複雑であり、そしてシンプルだ。
構図を読み解き、そして知る努力を怠ってはならない。

 

よって、我が国の外交方針としては、
「現時点では」米国の利益と利害が一致しているため、
これと共闘し、全力で事態の収拾に努める、となるわけだ。

 

その意味では、よくやっているとは思う。
外務省を一方的に責める立場でもない。
ここに述べたことは、ネット上では「初めて見た」という方もいるかも知れない。

だけど書いたことは「書けるレベル」に(私が個人的に)薄めまくった情報であり、
極めて初歩的な内容であることを補足しておく。

私が政治家として、個人的に見据えている世界は、
もっと冷たく、もっとどす黒い。
ネットユーザーをバカにする意図はないが、現実とは乖離していると。
それだけは申し伝えたい。

 

 

『よって、我が国の外交方針としては、
「現時点では」米国の利益と利害が一致しているため、
これと共闘し、全力で事態の収拾に努める、となるわけだ。』

と述べた。

その上で、その方針を批判しているわけです、私は。

 

ここで納得してしまっては、拳の振り上げようもない。
「だったら仕方ない」と諦めるのか?

慰安婦像の撤去もなされない中、10億円の拠出のみ拙速に決まり、
終戦の日に、我が国の竹島に韓国の議員団が上陸するというのに。

これを仕方ないと言えるのだろうか。
納得してしまうのか、という話でございます。

 

全てはリンクしている。
我が国は、強硬路線に出ることができない。

最大の理由は、自国を守る力が足りていないためで、
発言する「資格」がないわけだ。

結果として、米国の利益を鑑みつつ動く結果であろう。

 

 

昨日、「一年前のこと」を上梓させて頂きました。
古い話であり関係ないという反応もありました。

こういう積み重ねが、いまの事態を生じているわけでございます。
だから「いま」振り返ろうと思った次第でございます。
関係は、ございます。

【許せないと思ったらシェア】ひざまずいて謝罪 韓国で鳩山元首相

 

 

 

 

朝鮮半島の軍事的立地条件
沖縄以上の立地であり、ここにレーダーサイトを残し、空軍基地を残し、先制攻撃・及び反撃可能なミサイル基地を残すことは、「対CHINA」で考えても「対露」で考えても、譲れない。北朝鮮を含めて考えればなおさらである。脳内で地図に同心円をひいて頂ければ腑に落ちると思う。

対北朝鮮で考える。「いざ核ミサイルの発射準備」となったとしよう。半島の南半分を「西側諸国として喪失」していた場合、先制攻撃が検討されたとしても米軍・国連軍は出撃できない。大型ミサイルの発射準備には多くの時間が必要だが、日本からでは航続距離の問題、到達時間の問題で不安が残る。

特に在韓米軍の撤退が決定している現在、韓国が西側諸国から離れ、ロシアもしくはCHINAの影響下に入ることは、安全保障上の重大な問題を生じさせる。疑いようのない事実だ。真実か否かはさておき、北朝鮮が水爆実験を成功させたのならば、なおさらだ。

これは米国目線での考え方だが、我が国の目線でも同様のことが言える。
太平洋は国境の役目を果たしているが、日本海は国境とは言えない。昨今の航空機・船舶の進化、技術革新により、かつてほどの役割を担えない。朝鮮半島が「CHINA」または「ロシア」の手に落ち、もしくは強い影響力を有した場合、それら大国は不凍港に大艦隊を配備するだろう。これは安全保障上、致命傷である。

日本海の防衛は、完全に消滅すると言っていい。露出するのは、私が住む九州のみではない。
日本海側の原発も露出し、西から東に横断することを考えれば、露出するのは首都東京だ。
大阪、京都の同じ状況である。
大都市圏が制海権、防空網を一気に後退させられると言っても過言ではない。沖縄の危機ではなく、東京・大阪・京都の危機なのだ。

 

認めたくはないが、このような立地条件にある。
あくまで感情を廃したドライな分析とさせて頂くが、朝鮮半島が内戦状態のまま、あたかも世界の困ったちゃんのような状態で維持され、CHINA・ロシアという大国に対しての「障壁」として機能してきた点は、我が国の国民は評価しても良いと思う。

この部分については、かつての大戦の際と状況は変わっていない。第二次世界大戦ではなく、我が国が大東亜という声を挙げた際のこと、そこに込められた世界情勢となんら変わりはないのだ。
変わった点があるとすれば、技術の進歩である。かつては、日本海も国境足り得た時代はあったが、いまは果たしているとは言い難い。

 

これが、朝鮮半島が、CHINA・ロシアのいずれかの手に落ちた場合に
私たちが想定せねばならぬこと、である。

そして在日米軍も同じ状況にある。
事実は事実として受け入れる必要がある。
【政治家の目線】北朝鮮の水爆実験に対する抗議と、今後の朝鮮半島の動向に関する所見より。

 

 

THAADミサイルを配備するか否か、韓国とCHINAが揉めていたことは記憶にあるだろう。
韓国は、配備する方向であり、CHINAが凄まじい拒否反応を示した。
THAADミサイルと同時運用されるレーダーのほうが重要だと認識している。

Xバンドレーダー“AN/TPY-2”
THAADシステムの目となる、X(10GHz帯)バンド、フェーズド・アレイ・レーダー、制式名称はAN/TPY-2。 25344個の半導体素子で構成され1000km以上の探知距離を有する。

弾道ミサイル発射の早期警戒、発射・弾着地点の予測、追尾、弾頭とオトリ等の識別、効果判定の他、発射されたTHAADミサイル追跡および、中間飛行経路のアップデートもおこなう多機能レーダーである。

これは弾道ミサイル防衛の要である。

我が国においては、現在、青森県つがる市の車力分屯基地に配備されている。
先般の北朝鮮のミサイルの落下地点との関連も視野に入れて論じるべきかもしれない。

 

 

はっきり言おう。
朝鮮半島に、THAADシステムさえ配備できれば良いのだ。

もっと言えば、Xバンドレーダーを配備し、
CHINA・北朝鮮からのミサイルの脅威に備えたい。

それが米国にとっては至上命題であり、
同時に我が国にとっても利益なのである。

朝鮮半島の軍事的立地条件。
CHINAから圧力を受ける韓国に対し、米国にとっては「安いもの」なのだ。

慰安婦像も然り、何もかにもが、だ。
米国の利益と、我が国の利益は同一ではない。

このまま行けば、やがては従軍慰安婦を「認める結果」となってしまったり、
謝罪したり、国家賠償までする羽目になるやも知れぬ。

 

「対価」となるものは、下記にまとめた。
単に怒りに任せる前に、ご一読頂きたい。
【頭に来てた人はシェア】尖閣沖に、一発撃て!誤射ではなく(警告のち)狙って撃て!【8分、待たせただけ】

 

 

 

抗議の声を、日本政府に
名だたる政治家たちが、口をつぐむ。
この動き、まるで「ご飯のために娘を身売りに出す」かのようだ。

私の論拠に追及すべき点があるならば、是非して頂きたい。
書いてあることは、一般的なことだと認識しているし、
自らの意見を開陳したつもりもない。

事実を事実として、ありのままに分析したのみだ。
これが、世界。
政治家の見る、世界。

書いてないことは多々あるけれど、「ある面からの視点」として知っておいて頂きたい。

 

名だたる政治家たちが、口をつぐむ。
私は政治家としては駆け出しだが、もしも私がただの間抜けでないのであれば、
同じ世界観を共有しての判断だと、読者の皆様には認識して頂きたい。
(極めて微妙な言い回しであるこはご了承いただきたい。)

 

単なる外務省批判ではないし、
特定の政治家に売国奴とレッテル張りをして終わり、というものでもない。

大東亜の時代から、地政学上の立地条件が変わってないというだけだ。
ただただ、それだけだ。

 

その上で、その上で、なお!
私は日本政府の弱腰外交に対し、抗議の声を挙げるものである。

なぜならば、私は希望を伝えたいから、だ。

私の座右の銘は、
闇を語り、光を示す、である。

それでも政治を諦めない、
希望を一筋でいい、示したい。

 

 

一分のない動画です、私たちは、期待しては駄目なのかな?
日本の政治家に、期待しては駄目なのか。

日本を取り戻せ

 

 

 

私は、日本の政治家として、
我が国の国会議員たちの深い見識と判断に、そして我が国への無上の愛を、信じるものであります。

そして、有権者の皆様に、
日本の政治家に、希望を見出して頂きたいと、ただ固く信じるものであります。

 

保守陣営の一角として、
支援者として、声を挙げねばならない。

でなければ、我が国の政府はダメになってしまう。
支援者からの批判こそが、動くための原動力になるのだから。
それは左派からではなく、保守からこそ声を挙げねばならぬのだ。

 

保守系議員の一人として、我が国の政府方針を批判する。
覚悟を見せて頂きたいと、切に願うものである。

共感して頂ける方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※特記
これほどの長文を最後までお読み頂きありがとうございます。
外交・防衛方面に関して、今までは意図的に踏み込みを浅くしておりました。
書き方を「少しだけ」変えたつもりです。

ライトに書いたり、論拠を明示したり、手を変え品を変え。
ですが、変えたのは「見せ方」ではありません。踏み込む領域が深いものとなったと思います。
その理由を考えて頂けると幸いです。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【日本政府に抗議】韓国議員団、終戦の日に竹島上陸へ。【拙速な10億円】 への13件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【日本政府に抗議】韓国議員団、終戦の日に竹島上陸へ。【拙速な10億円】 日韓合意に基づき10億円の支払いを決定、 しかも慰安婦像の撤去が条件とされていたものを反故して、だ。 この拙速な対応が何をもたらせた

  2. 名ナシ のコメント:

    案の定こういう展開になりましたね。
    今までの経緯から考えてあの国が他国との約束を守る国では
    絶対に無い国であることは普通に考えて判りきった事でしょう。
    ましてや世界文化遺産の件で煮え湯を飲まされているはずの
    外務大臣がまたもや同じようなことをやる・・・絶句です。
    ここまでやられてまだ10億円を出すのか?あまりにも日本国民を
    馬鹿にしちゃいませんか?
    政府は竹島が日本領と言うなら10億円の出資は中止すべき。

  3. 鳥海山たろう のコメント:

    選挙で惨敗したパククネに10億円を渡して何の意味があるのでしょうか。
    次は左派政党の時代となり、また慰安婦騒動が蒸し返されます。
    国際的な慰安婦の銅像運動や陳情活動などを裏で支援することでしょう。(中国が尖閣での漁船の不法侵入を放置しているのと同じ)

    それにしても大騒ぎして設立したアジア女性基金は何だったのか。
    トンカツ和幸のキャベツお代わりみたいに思っているのでしょう。とんでもないことです。

    この際、とことん日本はピエロとなって世界から笑われるのも良いかもしれない。
    ますます日本国民は激怒していくことでしょう。竹島でも絶対に譲歩しないでしょう。

    でも良いですか。本当に情けないことですが、これでも昔よりはマシだと思います。
    昔は、「そもそも日韓併合を非合法と認めろ」などとバカな韓国人学者どもが、韓国人と韓国マスコミをけしかけて、韓国政治家も乗り気だったのです。

    信じられないほど底なしの反日である日本の変態左翼が、そういう韓国の反日衝動にことごとく呼応していたからです。(呼応というよりも扇動と便乗というレベル。
    日本の変態左翼はほんとうに冷酷で鬼畜です。韓国人のポピュリズムを徹底的に煽りながら、それに日本人が反論すると「日本人のポピュリズム」がどうのこうのと日本人を攻撃してきたのですから。)

    よくわからないですが、最近の韓国で左派政党がなぜ強くなったかというと、経済問題以外に、北朝鮮脅威に対して、(徴兵にとられる)若い世代が「二度目の朝鮮戦争は絶対反対」という感情が強まって左派政党が有利になったからではないかと思っています。
    逆に右派政党が国民の支持を得て安定したら、韓国特殊部隊による北朝鮮の体制転覆もありうるのではないかと思ってました。

    とにかく日本は北朝鮮を過剰に刺激せずに外部から弱らせる手段を考えなければならないですが、中国が北朝鮮を守っています。
    中国と北朝鮮の崩壊は同時に始まるかもしれませんが、それは、ずっと先かもしれません。

    米国はおそらくクリントンが次期大統領。(とはいえ、なんとトランプの可能性も出てきた)
    クリントン大統領になると米中の危機は強まると予想しています。
    クリントンは中国に対して強硬に出なければならない理由と背景があるからです。
    でも中国と台湾が小康状態なので台湾海峡危機みたいなものは容易に起こらないでしょう。

    ずっと尖閣問題がキナ臭いですが、まず中国は尖閣を軍事的に侵攻してこないと予想しています。
    なぜかというと、もし侵攻して日本側の自衛隊と戦火をまじえて人民解放軍が敗北したら、中国共産党の権威は猛烈に低下し、中国の体制崩壊につながりかねないからです。
    だから断続的に尖閣周辺に不法侵入させて日本への嫌がらせを続ける延々と続けるはずです。

    朝日新聞など変態左翼が、中国の反日を死に物狂いで煽ってきた過去の30年間でしたが、やっと国内の変態左翼の異様な反日エネルギーが弱ってきて、それと並行して中国の怒涛のような反日衝動もやっと少しは低下してきました。

    朝日新聞など変態左翼が日本の言論界で薄ぎたない光を放っていた過去の時代には、中国では日本人を問い詰めて土下座させんばかりの怒号があちこちで飛び交ってました。
    冷酷な変態左翼が、「日本は反省してない、反省してない」「自民党が政権をとるようじゃー、日本人は過去を反省してない」などとお経をとなえるように中国人を刺激しまくっていたからです。しかも長年に渡って・・。
    ほんとうに何度も何度も書きますが、変態左翼は狂人です。

  4. 東京都56歳 のコメント:

    小坪さんの主張に賛同します。

    そのうえで、
    それでも、
    期待を込めて、
    希望的観測といのか、
    願望と言うのか・・・

    韓国の対日反抗的行動について。
    今回の「手切れ金」10億円。
    国民一人当たり10円玉1枚。
    これで、慰安婦問題はおしまい。

    (もちろん、正しい情報を発信して、
     誤った情報を上書き修正する、
     その努力を継続することはmustですが)

    (経済的にも追いつめられている)
    Chinaが大量の船によって行った、
    国内向け反日アピールと同様に、
    慰安婦問題に替わる「反日姿勢」を、
    国内向けにアピールすることが、
    目的なんでしょう。

    完全解決ではありませんが、
    日本対韓国の第一セットは、
    国際社会という審判の採点は、
    日本がとったという見方もできます。

    実際に、韓国政府としては、
    あれ以来、
    発言を控えているように思えます。

    ということで、
    第2セットは竹島問題。
    改めて、
    国際社会という審判の元、
    ゲームを開始しましょう。

    国際司法裁判所。
    あるいは、
    国際仲裁裁判所。

    前者は両国の同意が必要で、
    韓国は、(あるいは日本も)
    腰が引けている。

    後者であれば、
    相手国の同意は不要でしたっけ?

    そして、
    南シナ海と同様の結論を引き出す。
    そのとき、韓国はどうするのか?

    Chinaと同じように、
    「決定を無視する」のか?
    Chinaと同様の「国柄」であることを、
    国際社会に知らしめることになるのか?

    韓国に対しての、
    直接的行動よりも、
    国際社会への行動。

    ああ、そういう国だったんだ。
    じゃあ、今までの、
    日本に対しての言動も、
    そういうことだったんだね。
    そうだよね、
    だって、
    日本って国は、
    ちゃんとしてるもんね。
    そうかあ、
    単なる嫌がらせ・言いがかりだったんだ。
    なるほどねえ。
    日本も大変だったんだねえ。

    そう、国際社会に知ってもらえれば、
    いいんじゃないでしょうか。

    あれ?
    このテクニックってのは・・・
    韓国人の喧嘩の仕方?
    当事者同士で相手を論破するのではなく、
    周囲の第三者に対して、
    「自分の正当性」をアピール
    するらしいですよね。
    まあ、相手の言い分など聞く耳持たない、
    そういう国民性・国柄らしいですから。

    まあ、この際、
    使えるものは何でも使いましょう。
    そして、勝利しましょう。
    東アジアでの戦後を終わらせるために。

    もちろん、
    その締めくくりは、
    憲法改正であることは、
    言うまでもありません。

    長文、失礼いたしました。

  5. 月光仮面 のコメント:

    10億円は 何か力が働いているのだと思います それに外務大臣は無能です
    先の大戦で もう一矢打つこまないといけないのに引き返した司令官が
    居ましたよね それと○○中将も無能だったと思っています そのように
    無能な人が日本に負けを持ち込むのだと思います そしてですね 何か力が
    働いていると言うのは 安倍総理は改憲をするつもりが消えたのではないか
    そんな気持ちまで思うようになりました 今の 尖閣 竹島 慰安婦 拉致
    などは 改憲で戦えるようにするべきだと思うのです そして 軍備は
    待ったなしです これも たぶん 見えない力は反対するでしょうね
    この力は 自民党内に居るのではないでしょうか THAADミサイル
    Xバンドレーザーっていうのですか これは 日本にもっとも必要な
    盾になると思います そして 敵基地攻撃能力 こんな事を考えていたら
    当然 自衛隊は今の3倍の規模にはなると思います 防衛費3%に
    しながら 憲法改正をするべきだと思います 
    THAADミサイルは対馬 長崎 沖縄 最低これくらいに配置するべきだと
    思います
    そして 核ミサイルを持つより 発射直後に言い換えれば核ミサイルを
    発射した国の上空で撃墜できるシステムを考えた方がいいと思います
    そのために スパイ衛星や無人機など必要かもしれませんね
    でも 今の技術だとできるのではないでしょうか できれば 中国が
    振り回して脅している核ミサイルの脅威はなくなります その上に
    明日でも作れる核ミサイルを造れば 日本は国を守れると思います
    ここまで 軍備する必要があるのです おバカな中国と韓国のために

    • 月光仮面 のコメント:

      もう一つ 絶対に忘れてはいけない物が あります
      中国はもう少ししたら 軍事目的の宇宙ステーション
      を持ちます そしたら 現実的に 防御できなくなる
      可能性があると思います 世界は中国に金と技術を
      経済の名のもとで あげてしまったのです 死の民族に
      さて どうするかです 衛星を落とすことも考える
      必要があると思います そして 日本自衛隊ですが
      フィリピンとベトナムとできれば台湾に駐留する
      必要があると思います そうなれば 今の規模では
      無理です だとしたら 安倍政権は防衛費3%を
      実行するべきではないでしょうか。そして稲田大臣に
      がんばっていただきたいと思います みなさん
      見えましたね 稲田大臣にいち早く靖国に行くなと
      言った無能大臣が この方が10億も決めたのかも

  6. 生野区民 2 のコメント:

    外務省の間抜けぶりには、びっくりだしまた騙されるるのかとうんざり尻する
    シナ、朝鮮が核で好き勝手するなら、日本も軍事政権が出来ても核武装をするべきだ
    対抗するにはこれしかない、ワシントンも射程に入れて

  7. 一郎 のコメント:

    ある時は、日本人であることを誇りに思うが、
    ある時は、日本人であることが情けない。

    自分の所有する財布を、嫌いな隣人に奪われて、「返せ!返せ!」・「強く抗議する」と叫んでみても、一向に埒が明かず、財布の中身は持っていかれてしまう。

    日本は、実力行使で、取り返さない!

    日本政府がやっていることは、「負け犬の遠吠え」に聞こえて、日本人であることが情けない。

  8. 旧新人類 のコメント:

    どうしてこのような事態に至ったかという経緯も、しっかり拡散・情報共有されるべきだと思います。大体、大手出版社の教科書からして、ひどすぎます。通州事件・尼港事件等は一切取り上げず、稚拙な文章で日本が侵略したー日本が国際社会で孤立した―アジアでも嫌われていた―弾圧したーと一方的に罵っています(最新版でも何ら変わらず)。そして、ファシズムという言葉を連呼しまくりで、こんな歪んだ歴史解釈では、当時の国際関係・力関係の全体像や日本の動きの背景にある諸勢力の錯綜した利害関係などわかるわけありません。そしてやたらと各国の共産党の功績をたたえてますが、こんな駄文を書いたやつのツラが見たいです。ちゃんとまっとうな歴史教育がされていれば、現在の各場面における日本人の理解や対応能力も違ったものになるはずです。なぜなら、それまでの経緯における朝鮮人やらシナ人やらの行動パターンが見て取れるから、次はこう出るだろう、というのも予測できるからです。すると眼識も高まるので、外交上不適切な対応をする・しそうな議員(日本の国益を損なう議員)などもさっさと見限って落選させることができます。あるいは最初から当選させません。ジョンレノンみたいな予定調和的な世界は、歌や詩のなかにしか存在しません。だからこそ、あるいはそういう意味でのみ、価値があるのかも知れません。もう、玉石混交の留学生(工作員含む)わんさか入れて片言の挨拶をして喜んでいるくだらない国際交流などに予算つけるの、やめたらどうかと思います。これを横並びで全国の大学でやっているんだから、話になりません。ゆでガエルの量産のために血税使って、どうするのでしょうか。

    でも教育、特に公立校などでは、どうせぱよくが現場の権力を握っているんでしょう。だったら、下手に正攻法で対決しても嫌がらせされるだけだし、親はそういうくさった教科書を鼻で笑い、子供には自力で情報収集・調査できる能力が培われるよう、独学を勧めればよいと思います。もっとも、若い世代はすでに反日カルト勢力をすかさず特定・忌避できるくらいアンテナ発達しているようで頼もしいです。

    お盆の団欒のひとときに乱文で失礼いたしました。では、ご先祖の墓参りに行ってきます。あわせて、靖国まで行けない代わりに当地の護国神社にも参拝してきます。

  9. 月光仮面 のコメント:

    仲良くできませんね こうなったら 敵ですね
    日本は 憲法改正しないと

    • 月光仮面 のコメント:

      政府はいいえ 日本は経済制裁すべし そして 憲法改正して
      竹島を取り返すべし

  10. 漫画喫茶店長 のコメント:

    やはり上陸してしまいましたね。
    日本は国際司法裁判所に提訴しない(できない?)そうです。
    その理由はよくわかりませんが、この方が判事であることと何か関係があるのかもしれないと個人的な思い過ごしっぽい邪推のようなものがあります。

    小○田 恆(1932年〈昭和7年〉9月18日 – )は日本の元外交官。国際司法裁判所判事。
    第22代 国際司法裁判所所長
    在任期間 2009年2月6日 – 2012年2月5日
    国際司法裁判所判事
    在任期間 2003年2月6日 – (現職) wikiより

    所長まで務めた人が高齢にもかかわらず判事で残るのは稀なことらしいです。

    このコメントは不適切なモノかもしれませんので、いつでも削除していただいてかまいません

  11. ピンバック: 【賛同したらシェア】個人でやれる日韓断交!韓国議員団、竹島上陸【みんなでやろう】 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です