【今日は何の日?】グアム島守備隊玉砕の日【8月11日】


「今日は何の日」というテーマで時々、記事を書いてみようかと思います。
ねずさんのブログを読んで、こういうの大事だな、と感じたから。
保守陣営を言われれば「あぁ、この日か。」と思いだすのですが、しっかりと刻み付けると共に振り返っていく行為に意味を感じたのです。

早速ですが、ねずさんの記事を一部転載。
以下、リンクを記しておきますから興味のある方は全文をお読みください。

 

===以下、ねずさんの記事===
昭和19(1944)年8月11日。

この日はグアム島の守備隊が玉砕した日です。
島にいた日本軍守備隊1万8,500名。死者1万8千名。

米軍の2個師団5万5千人+戦艦+航空機による爆撃という圧倒的戦力との戦いでした。

この年の6月から戦艦による艦砲射撃や航空機によるでグアムへの爆撃を開始した米軍が、グアム島への上陸を開始したのは、7月21日のことでした。
もともと予定では6月18日が米軍の上陸開始の予定日だったのです。
これに合わせて艦砲射撃や航空機による爆撃をやっていたのに、その上陸開始が予定よりもまる一ヶ月以上も遅れたということは、それだけ日本側の抵抗が激しかったことを意味します。

 

米軍の爆撃や艦砲射撃は、すさまじいものでした。
物量(火力)にものをいわせた米軍は、グアムの美しいサンゴを壊滅させ、山の形までも変わるほどの爆撃を行ったのです。
そこまでしても上陸できない。

日本のグアム守備隊の当初の作戦は、米軍の上陸を水際で食い止めようとするものでした。
他の島でもそうですが、水際作戦のための守備陣地は、初期の米軍のむちゃくちゃな砲撃と爆撃で、ことごとく灰燼に帰しています。
ところが、そこままで破壊しつくしたはずなのに、いざ上陸しようとすると、米軍の上陸部隊がどこからともなく日本側の攻撃にあう。だから上陸できなかったのです。

いよいよ本格的な上陸作戦が開始された7月21日もそうでした。
日本は、揚陸中の米軍のLVT(水陸両用装軌車)20両を、またたく間に粉砕しました。
ところがすでに本土との海上補給ルートを絶たれた日本側は、砲弾が続かない。
それを承知の米軍は、一気に大軍をもって浜に押し寄せたのです。

すこし付け加えますが、よく戦争映画などでゲームセンターのシューティングゲームさながらに、機関銃を連射し続けたり大砲を撃ちまくったりするシーンがありますが、あのような戦いは日本にはできませんでした。
常に物資の不足に悩まされ続けた(そのこと自体が戦争のきっかけでもあったのですが)日本の兵隊さんたちは、弾薬を撃っているまさに戦闘のその真っ只中の最中に、常に伝令がやってきて「射撃何発、残り何発」と報告を求められましたし、無駄撃ちすることは厳しく咎(とが)められました。

逆に言えば、乏しい弾薬で、補給もない状況の中にあって、米軍の6月中のグアム占領の計画を、その上陸さえも一ヶ月以上も引き延ばさせ、さらに上陸後もまる一ヶ月近くも米軍に島の占領を許さなかったということは、どれだけ日本の兵隊さんたちが、ものすごい能力を発揮したかということです。
このことは、常にはっきりと認識しておく必要があると思います。

さて米軍は、まる一週間かかって、ようやく7月28日にグアム島への上陸を終えました。
そして彼らはこの日の早朝から、戦車数十両で日本軍師団司令部のある本田台を包囲したのです。

日本側はこれに対し、対戦車爆弾を抱えて、敵戦車に体当たり攻撃を行いました。
円盤投げに使う円盤のような丸くて大きな対戦車爆弾を胸に抱いて、物陰から米軍の戦車の下に飛び込み、自分の体ごと、米軍戦車を破壊するのです。

当時の戦車での戦いというのは、戦車単体で攻めて来るのではありません。
戦車を弾避けにしながら、多数の米兵の歩兵が、戦車と一緒にやってくるのです。
つまり、対戦車爆弾を抱えて敵戦車に飛び込むというのは、戦車に付属している機関銃だけでなく、戦車の周囲にいる敵の歩兵銃弾を受けながら、戦車の真下まで飛び込むというものです。
しかも、その歩兵たちは、なんと火炎放射器まで持っています。

普通なら、そういう敵を前に対戦車爆弾を胸に抱えただけで、小水を漏らして腰が抜けてしまいそうなくらいなものです。
それでも彼らは、戦車に飛び込みました。
なかには飛び込む前に火炎放射器で丸焼けにされ、全身に火がついている状態で、さらに小銃の弾薬を浴び、それでも戦車に向かって突進する者もいました。

なぜそんなことができたのでしょう。
特別な訓練を受けた将官たちだけではないのです。一般の徴兵兵までもが、そこまでの激しい戦いをしているのです。
命令だからですか?
違うと思います。命令だからというのなら、ではあなたは上司に命令されたら、意味もなく爆弾を持って爆死できますか? 人間、そんなに簡単に死ねるものではないです。

彼らは誰もが、自分たちがここを命がけで死守することが、本土にいる仲間たち、親兄弟や娘たち、そしてこれからの時代を担う子供たち(それはつまり今を生きている私たちのことですが)を守るために戦ったのです。自分のいのちが惜しいのではなく、祖国にいる日本人の同胞のいのちが惜しかったのです。
その仲間たちを守るために、自分にできる精一杯の「まめなる心」を尽くそうとしたからこそ、世界の戦史にはあり得ないような壮絶な戦いができたのです。

ついに対戦車用の爆弾も底をついてしまいました。
次に彼らは何をしたのでしょう。
なんと手榴弾による悲壮な攻撃をしかけたのです。

戦車に手榴弾は通用しません。
ではどうしたのかというと、敵戦車に駆け上がり、敵戦車の上に乗って戦車の天井の蓋を開け、中に手榴弾を放り込んだのです。
完全防備で、しかも周囲を米兵で固める戦車には、近づくことさえ容易なことではありません。
それを近づき、戦車の上に乗り込み、手榴弾を放り込んで戦車を破壊しました。

===転載ここまで===
(「ねずさんのひとりごと」より、今日はグアム島守備隊玉砕の日)

感謝しては、いけないでしょうか?
自らの命よりも、本土同朋の命を大事だと思い、一つしかない命を散華させられた方に、感謝してはいけないのでしょうか?

私は感謝しています。
彼らが守ろうとしたものとは、まだ産まれてきていなかった子供たちの未来、そのものであり。
いわんや戦争を知らない子供たち、つまり私たちなのですから。
私たちを守るため、命を投げ出してくださった方々を誰が笑えようか。

「感謝してはいけないのか?」と敢えて問いました。
なぜ問うのか。
本当は皆さまもわかっているのではありませんか?

「あの大戦を戦い抜き、守ってくださった祖先を
 感謝してはならない。」

大人たちが私たち子供に与えてくれた教育は、そんなものだったじゃないですか。
だから問うているのです。
感謝してはならない、そう大人たちが言っていたように感じているから言うのです。
敢えて問いました、「感謝してはならないのか」と。
そして宣言します、私は感謝します、と。

いま「団塊の世代の福祉・年金」を、若い子たちはうとましく思っています。
何もしてくれなかった大人たち、まともな歴史教育も次の世代に残してやれず
バブルの酒におぼれ、自らのみの世代のみをよくした世代。

「ゆとり世代、ゆとり世代」と笑うのは構いませんが、それを作ったのは団塊の世代です。
当時、私たちも、彼らも、選挙権はもっておりませんから。
投票もできませんでしたし、立候補もできませんでした。
(次の世代に恨まれたくないから、できれば感謝されたいと思っているから、だから私は議員になったのですよ。あんまりにも何もしてもらえんかったと思ったので。)

団塊の世代は、自分たちのことばかりに必死で、他のことなど見向きもしませんでした。
だから子供たちに捨てられるんです。
私たちの最後の昭和世代も、新たな「ゆとり」を名付けられた世代も、団塊の世代を養うつもりはまったくない。

なぜなら、嫌だから。
そもそも、物理的にできない。

ただでさえ人数の多い団塊の世代を、どうして今の若い子の収入で養えるんだ?
派遣もあっさり通し、「自己責任、自己責任」と無理難題を押し付けたじゃないか。
私の友人たちだって、何人も人生をつぶしかけてる。
そして、私にも彼らにも、我が子がおり家族がおる。
そんな経済状況下で、なんで私たちがあの人数の団塊を養えようか。
我が子を飢えさせてまで、食わせる飯はない。

・・・と言われたら、どう思いますか?
まあ、半分冗談ですよ。
半分以上、本気だし、実際に思ってますけどね。

が、いまのはあくまで例えです。
いまのところはね。

政治とは、次の世代への贈り物。
自分のことばっかやって、次の世代を踏みつけにしたものは、当然うらまれます。
恨んで何か悪いことをしようとも思わないが、支えよう、助けようとは思えないです。

いま若い子たちに、教育で抜け落ちてしまったのは。
まさに感謝の心ではないでしょうか。

追加させてもらえるなら、自らへの自信であり
国家に対する誇りであり。
つまり一言で言えば、愛国心です。
左翼に危ない言葉として、汚されまくった、かわいそうな言葉です。
それが先輩方に対する「尊敬」になっていったのです。

左翼が都合が悪いと、中国・韓国の悪行を隠し
日本軍の美談や誇りを消していった。
大人たちは黙って指を加えて、それを見ていた。
だからこんなことを言う、子供たちが育ってしまったんです。
そうは思いませんか?

再度、問います。
私たちは、感謝してはならないのですか?
そんなことを口にしたら「右翼、右翼」とレッテルを貼って、悦にいるのですか?
またしても見て見ぬふりして、指を加えて黙っているのですか?

「先輩に感謝してはらない。」
「誰かのために体を張ることはバカなことで尊いことではない。」
「黙って見てれば、自分に損がなければ、それでいい。」

もしそう思ったのなら、貴方の福祉はありません。
置き換えてみてください。

先輩に感謝しなくていいのなら、貴方も若者から感謝されません。
捨てられます。
どうぞ飢えてください。

誰かのために体を張ることがバカなことなら、貴方も私たち若者には、体を張って支えてもらえません。
捨てられます。
寂しい老後よ、こんにちは。

黙って見てれば、自分に損がなければ、それでいいのなら・・・
わかりますよね、皆さんは捨てられます。
ぐっばい、現世。

私たち若者も、給料やすいのにこんなに高い福祉の税金を納めたくないんですよ。
子供や子育て、自分たちに、何より次の世代にかけてやりたいのですよ、本心は。

それでも支えようかな、って
ちょっぴりだけ思っています。

ちょっぴりですけど、思ってますよ、そっちも半分本当。
本当の、本当ですよ?

いまは見てる、迷ってる
団塊の世代がどう動くか、をね。
動きを見て決めるよ。

最後に、問います。
私たちは、感謝してはならないのですか?
そんなことを口にしたら「右翼、右翼」とレッテルを貼って、悦にいるのですか?
またしても見て見ぬふりして、指を加えて黙っているのですか?

最後の問いには、もう一つ設問を設けましょう。
皆さん、福祉は必要ですか?
私ら若者に支えて欲しいですか?
若い子たちに、尊敬されたいですか?

「はい、そうです!」と思った方は、応援クリックよろしくお願いします!
すなおな人は大好きです。

グアム島守備隊がなぜどのような思いで玉砕したのか。
今日が何の日か。

以下の動画を再生してみてください。
特攻隊の姿です、つけられたコメントが若い子たちの今の世論と思ってもらって構いません。

「皆さんの老後を支える若者の意見」
「すでに老いてる共産党」か、
好きな意見を選べばいいですよ。
憲法で思想信条の自由は保障されてますからね。
本当に好きなほうを選んでもらって構いません。

その代り、私たちにも、選挙をはじめとして「思想信条の自由」が保障されていますからね。
皆さんがどういう判断をしたのかを見て、後姿をみて、「好きにさせてもらいます。」からね。

先人の戦う姿をみて、ちゃんと考えてください。
グアム島守備隊玉砕の日に寄せて
小坪慎也 拝
 
 
↓最後まで読んでいただきありがとうございます。↓
↓是非こちらへ応援クリックをお願いします。  ↓


カテゴリー: 国政報告 タグ: パーマリンク

18 Responses to 【今日は何の日?】グアム島守備隊玉砕の日【8月11日】

  1. ピンバック: 【今日は何の日?】葛根廟事件【8月14日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  2. ピンバック: 【赤旗問題】共産党広報部のコメントに反論。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  3. ピンバック: 【今日は何の日?】終戦の日・ポツダム宣言受諾【8月15日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  4. ピンバック: 【今日は何の日】神風特攻隊 敷島隊、突入に成功。連合艦隊、壊滅。【10月25日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  5. ピンバック: 【今日は何の日】ベルリンの壁、崩壊。【11月10日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  6. ピンバック: 【今日は何の日】真珠湾攻撃・大東亜戦争開戦記念日【12月8日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  7. ピンバック: 日本共産党、選挙カーの対応を謝罪 倒れた女性を前に演説を中止せず、救急隊に通報遅れる 目撃者「真ん前やで。倒れてんの丸見えやのに」 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  8. ピンバック: 【ネットの闇】小坪しんやは特定宗教とは無関係です。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  9. ピンバック: @kagehide555 【ネットの闇】小坪しんやは特定宗教とは無関係です。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  10. ピンバック: 【注意喚起のため拡散】選挙戦は23:59まで。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  11. ピンバック: 【今日は何の日】天長節・皇尊弥栄【12月23日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  12. ピンバック: 【今日は何の日】10年目の竹島の日【2月22日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  13. ピンバック: 【今日は何の日】二・二六事件?国を愛したのは誰か?【2月26日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  14. ピンバック: 【本文の方とは和解しました。】小坪しんやは特定宗教とは無関係です。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  15. ピンバック: 【今日は何の日?】神風特攻隊 敷島隊、突入に成功。連合艦隊、壊滅。【10月25日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  16. ピンバック: 【今日は何の日】広島に原爆投下。北朝鮮・CHINAの核ミサイルで国土を灼かれるという過ちは、二度と繰り返しませぬから【8月6日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  17. ピンバック: 【今日は何の日】竹島の日。李承晩ラインが気に入らない。【2月22日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  18. ピンバック: 【今日は何の日】大和、特攻。坊の岬沖海戦【4月7日】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください