日弁連の会長と、直接お話ししました。【それが早いと感じた人はシェア】


 

 

今回の、(弁護士会に提供された)懲戒請求者の個人情報が、会員弁護士が私的に流用し私的制裁と解される手段に出ていることについて、日弁連の会長とお話をしました。
私は、「?大量懲戒請求、権利の濫用には批判する立場だが」としつつ、「?請求者に対する弁護士個人の、のちの振る舞いは少し酷いと思いますし、やり過ぎだと思いました」と伝えました。

その上で(国家賠償などの際に)「?権力と唯一対抗しうる資格であり、私は弁護士とは素晴らしい資格であると思う」ゆえに「?弁護士自治は重要な意味を持つ」と考えを述べました。だからこそ「?先ほどの事例の弁護士個人の動きなどは、残念に感じた」と伝えました。

相当に高名な国会議員の国政報告会であり、麻生副総理も挨拶に来られていました。長尾先生と会場でばったり。杉田先生もおられました。他、片山先生や山田賢司先生(いつもお世話になっているのにご挨拶もできずすいません)、その他、有名どころがずらり。

日弁連会長とも、短いながらもやり取りはあり、回答もありますが相手のコメントを記載する許可は得ていないのでこの場では差し控えます。
本当に短い時間でありましたが、述べるべきことは述べました。

併せて、今度ゆっくりお話しさせて頂けないか?と求めたところ、良いお返事を頂きました。周囲には国会議員だらけであったため、恐らくリップサービスではないと思います。

市議の身分に過ぎぬゆえ、私の名前だけでは軽いと思いますけれど、
そこは諸先輩方にお願いして、公式に打診し、日弁連に訪問させて頂きたいと思います。

政治家が、一企業の利益を考えるだけでは駄目で、同じく弁護士個人とやり合うことも変だと思います。当初より、個別事案については入れないと申し上げておりました。

政治家は「組織全体」であったり「業界全体」を見るべきであり、論じるべきであると思います。そのため、日弁連の話と弁護士自治の話をしている以上は、私はいつか日弁連の会長と話したいと思っていました。
それは単に攻撃するとか、イデオロギー論争ではなくて、その資格に対する敬意を含めた未来につながる議論であるべきだと考えています。

懲戒請求制度を活用した国民に対し、その後の弁護士の対応はひどすぎる。これを放置すれば、弁護士会、ひいては司法に対する国民からの信頼が失われてしまう。それは、すべての公権力に属する者から見てとても悲しいことだ。

 

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

日弁連の会長と
物凄く会いたかったので、とても嬉しかったです。
これは、本心です。

いま、「弁護士の自治」について、主要なテーマの一つとして勉強している中で、その組織の長とお話できたことは、本当に嬉しい。

 

 

 

私は、弁護士の友人らかはら「弁護士を美化しすぎ」と笑われましたが、本当に、その歴史については尊敬しています。

弁護士の自治とは、(国民のために)国家権力と戦うことが想定されているため、いかなる監督官庁も持たず自治するというものです。
その根幹の一つが、内部の懲戒請求制度になります。

仕組みとしては、本当にそのまま受け止めています。

 

私は保守系ですが、例えば高島弁護士などは好きです。
理由は、公害訴訟など。やはり政党単位で見ると、企業側に立った政治であったと、私は過去の歴史を見てそのように感じています。

与党が、企業に立てば、結果として行政もそちらに立つ。
ゆえに、公害訴訟などは、事実の認定なども遅れてしまったように思う。

これは学問分野など、研究とか分析にも言えることで、
資本主義ゆえの弊害はあるし、
選挙という目の前の多数決に依存する以上、
民主主義が制度として内包する問題なのだと思う。

 

その際に、弁護士という資格だけは、国家権力そのものと戦うことができました。
弁護士がというのもあるのでしょうが「弁護士と言う資格」が、ただそれだけが戦うことができた。

理由は、いかなる監督官庁も持っていないからであり、
例えば公害の件で、国民の側の弁護をしたとしても、行政処分などの手段で「その資格を攻撃することができない」からです。

 

翻って、今回、起きたことは、やはり許せません。
権利の濫用だとか、大量懲戒請求が、という部分については批判はします。
(とは言え、思いを一つにする層が多く、声が大きかったゆえに、結果的に「大量になった」場合についてはどうなのか?という議論はある。)

議員として、事務負荷を激増する行為は、ポジショントークに聴こえるかもしれませんが(そしてポジショントークでもありますが)容認はできません。同じく、国民が権利を行使することを抑止したり、禁止したりするつもりもありません。
この部分については、相当にフラットなつもりです。

 

私が問題にしているのは、例えば以下のような構図にあるためです。

「あるコンビニに行って、あまりに店員の態度がひどいから、
本社の窓口に、○○県の▲▲ですけどとクレームを入れたら、
店員に個人情報が筒抜けになり、自宅に店員が押し入られた」ぐらいに変な話なのです。

しかも「バイトのシフトが削られた!どうしてくれる!金を払え!」と大騒ぎ。
これは、組織側の運用の問題として議論されるべきであり、キレてるバイト個人と話しても仕方ない。

ゆえに、私がこの件について、様々な要望を見聞きした際、
「最終的には、これは弁護士会(という組織全体に)言うしかないな」と思っていました。

 

かと言って、市議の身分で簡単に叶うわけでもなく。

本当に「「「偶然」」」お会いできて、とても嬉しかったです。

 

 

 

国政報告会
自民党でも有力な国会議員、原田よしあき先生の国政報告会でした。
同じ福岡県の先生で、とてもかわいがってもらっています。

麻生副総理(私の隣の選挙区)も、登壇して挨拶に来られていました。

 

 

下記は国政報告会の前ですが、ちょっとだけ議員会館に用事があり
(今日は日帰りだったので、寄れたのはほんの一瞬)
ウロウロしていたら「おぉ!」って玄関でバッタリ。

 

会場では、長尾先生とも。
いま、国保の問題を取り上げてくださっており、明日は虎ノ門ニュースだそうです。

この問題は、五年前から私も取り上げており、チャンネル桜で一番組分、話していたり、国会議員と対談したり等。また、一部は改善もされていたりします。

 

会場には片山先生をはじめ、著名な国会議員がズラリ。
何度もお世話になっている山田賢司先生がおられましたがご挨拶もできず申し訳ありませんでした。

(正確にメモを取っていないので、議員名はわかり次第追記するかもしれません。)

懇意にしてくださっている先生も多数おり、ちょこちょこっとお話しさせて頂きました。
(会場内では静かにしてないと、ですもんね。)

 

ちょっと感動したというか、有り難かったこと。

会場が会場ですし、来賓が来賓です。
まぁ、知り合いばっかなので別に緊張もしないし、堂々とはしているのですけれど、「私を堂々とさせるために」でしょう。急遽、予定を変更して駆けつけてくれた同志もおります。

本当は、私には過ぎたる場でありますから、「本来の身分」だけでは不足します。

 

「今日は、わしが後見人じゃ」と言わんがばかりに、”私の同行者”(君が呼んだことにしなさい)になってくれたのは、年商200億超の企業オーナー。創業者です。

「”来るらしい”と聞いてね」「予定がたまたま空いてたんだよ」と、にっこり。
(このクラスの方の予定が、当日、空いてるわけない。)と困惑顔していたら、「会いたかっただけだから」と。

このクラスの方を、市議が引き連れるというのは異常なのですけれども、おかげで堂々と振る舞うことができました。
そんな意図はなかったと笑うのでしょうけれども、嬉しかったです。

御礼を言っても誤魔化されるとは思うので書いておきますが、ありがとうございます。

 

ネットでは、読者はじめ多くの皆様にご迷惑をおかけしっぱなしですが、
リアルでも、同じく皆様にご迷惑ばかりおかけしております。
本当にいつも助けられてばかり。

 

 

 

弁護士の自治
この問題については、明確に意思表示をしています。

あまり言ってなかったのですが、私は公立大学にて法学部の聴講生をしていたことがあります。
卒業したのは国立の工業大学ですが、20代で落選後、「文系の素養もいる」と思い、聴講していました。

議員浪人中の、若い時代の私の姿です。
立法分野の末端を構成するぞ!と覚悟した以上は、即戦力となる必要がありました。
自信がないと、出馬すらすべきではないと思っていたからです。

仕事をしながらだったので、夜学で行くしかなくて、
あとお金がなかったので、受けたい講座の教授に拝みこんで、教室の端っこで勉強していました。

ゆえに、法学の体系としては不完全なもので、あくまで触りしかわかりません。

 

権利の濫用については批判的な立場でありますが、弁護士の自治を踏まえ、「懲戒請求者は、容認されるべきだ」という主張をしています。
不完全な部分もあるとは思いますが、立法分野から司法を見るにあたり、いまの私が書ける精一杯のロジックです。

 

弁護士の友人と論争というか稽古をつけてもらいながら、少しずつ覚えてきました。

 

 

 

ネットの動き
これは、弁護士会としての見解をお伺いしたいので、照会を行っています。

先ほどの例えにありますように、懲戒請求制度の運用について質すものです。

 

 

このアクションは、まとめサイトなどの呼応により大きなうねりとなりました。

 

疑似的なパブコメとして使用したいと申し出たところ、下記はコメント900件超。

 

下記では1400件のコメント。
様々な論争が行われていますが、かなりレベルの高い意見も多数。

 

そして、実際に、リアルの政治を動かし始めました。

 

 

この成果は、モニターの前の向こう、
つまりあなた方一人一人の成果です。

小さな豆鉄砲が何万丁って揃った感じ。
うちが月間30万人ぐらい、余命さんとこが月60?70万人、保守速報が一日20?30万人。

でも、最後は一人一人の行動でした。

 

昨日の実績が6事務所と言いましたが、今日の国会議員の実績は20名ぐらいです。
名刺交換は特にしていません。知っている先生に会っただけなので。

なんだろう、みんな(議員会館の友達)に心配かけてる。
「(君の地元の)九州の政治家に動いてもらったら、相手が相手(弁護士会)だから、話をこかしたら面倒だよ」って、おいちゃんが力かしちゃろって言ってくれて、でも後で聴いたら福岡の誰かが裏で頭下げてくれてたり。

前には出にくいが、照会だけならやっちゃる、とか。
(理由は県連会長級とか元閣僚級とかいう理由)

遠慮せずに「ちょっち道具かりますね」みたいな感じで振る舞っていますけれども、本当はかなり申し訳なくて。

 

少しずつ、何かが動いているように思います。

きっと政治って、こういう風に動くもんじゃないのかな。

 

ちょっと言いたかった台詞があってさ、
「ネットはみんなに任せたらから、俺はリアルでちょっとやってみるね」と。

ここまでみんなが頑張ってくれたんだから、俺も頑張ろうかなって。

 

今日は、午前中に「なんとか行ける!」って判断して、
当日券でチケットとって、ドタバタと上京して、宿の手配は無理で、日帰りで。

ほぼ最終便に飛び乗って地元に戻って、明日の議会準備と質問原稿を書いてる朝の五時。
遠く離れた、小さな町の地方議員が、政治に向き合ってるのって、そういうのも素敵だと思ってる。

 

国会議員とか県議は偉いのだと思う。実際、偉い。
あれは戦艦とか巡洋艦みたいなものなんだと思う、市議が駆逐艦だったら。
俺は駆逐艦乗りとしては自信があるけれど、戦艦とか巡洋艦に乗せたら、一発で座礁して沈む気がする。

地方議員ってさ、一番機動性が高くて、一番、民意に近い艦種。
だから俺は市議が好き。

そして、機動性というか、速力。
ここにだけは、国会議員にも県議にも負けたくないんだよ。

あんま偉くないので、その分、責任も軽いとは言わないが、
「いま、こう在りたい」って思いをストレートに行動に移せる自由がある。

日本も好きだし、福岡県も好きだけれども、
生まれ育ったこの町の名を冠した議員だから、命を張れるんだ。
他の名前じゃ、無理なんだよ。他の町じゃない、この町だから命を燃やして速度を出せる。

 

さて、一般質問の通告準備をやらないと。

やべぇ、朝になってしまった。

一人ブラック企業だね、本当。

 

 

言いたかったのは、シンプルなこと。
懲戒請求制度を活用した個々人が、ここまで弁護士にコケにされ、私的制裁を加えているようにすら見えること、おかしい、と。

国民を守るための弁護士の自治であるはずであり、
国民に刃を向けるためにある権利ではない。

あそこまで怯えさせ、委縮させ、横暴な発言をすることを政治家として容認できなかった。
権利の行使を抑止する行為は、いずれの公権力においても非難されるべきだ。
権力の暴走を防ぐために、それぞれに制動装置がつけられているのだから。

 

ゴチャゴチャ言うより、トップに言ったほうが速い。
これが最速だと思った、まさに最短距離。

みんなが世論を作ってくれたから、もらったチャンスは全力で活かす。
私の動きは、ちょっとビックリしたかも知れないけれども、
政治家の「普通の思考」だと思ってます。

 

この「声」が弁護士会の組織改革になるのか、
それとも「一部の弁護士の暴走」として、尻尾切りのように処分に向かうのか、
私にはまったくわかりませんけれども、それらを決するのは「弁護士の自治」に基づき弁護士会が組織内でやることだと思います。

半分は、議員ゆえのポジショントークかも知れませんが、
私は本当に期待したいところもあるんですよね。
自治が得られるまでの苦労は、弁護士それぞれが理解している「はず」だから。

自治権そのものの議論には発展させたくないと思うので、改革か処分の二択なんじゃないかな。
無視の場合は、自治が議論対象になると思う。

 

 

 

この話は、テーマの性格上、

 

組織のトップにすべきことだと思ったので

 

それは凄く自然なことだと思うのです、

 

喧嘩腰に行くのではなく、

 

「懲戒請求者を、個別の弁護士がバラバラに訴える」ことが

 

おかしいのだと言うにあたって、

 

「弁護士会全体」に関わる話であり、

 

「組織全体として改善して欲しい」と言うならば、

 

それは、ネットで書くんじゃなくて、

 

日弁連の会長に、直接、会って、言いたかった。

 

そうすべきだと思ったんだ。

 

だから、やった。

 

みんなから「1」を預かって、

 

それぞれの者を守るのが、政治家なんだと思う。

 

「これが政治家の仕事」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

日弁連の会長と、直接お話ししました。【それが早いと感じた人はシェア】 への109件のフィードバック

  1. 心を落ち着けて頑張る時です。 のコメント:

    先生ありがとうございます。
    涙が出ます。
    とにかく自分も腹を据えて頑張ります。

  2. まりちゃん のコメント:

    ホントにホントにお疲れ様でした。 有難うございます。

  3. H のコメント:

    小坪先生
    おはようございます。先生は、現行の弁護士法、弁護士自治の制度は現状のままで良いとのお考えなんでしょうか?
    私は、今回の大量請求事件は氷山の一角で、現在の司法界には多いに問題があると思っているのですが。

  4. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、おはようございます

    しっかし、日弁連の会長さんと直接、あって、面談することまできめてくるとは、本当におつかれさまです。この時間帯だから、きっと、この@、たくさんのかたのコメントがつくことでしょう。小坪先生のクラスターであり、余命様のクラスターであり、、、どのようなコメントがつくか楽しみです。

    >さて、一般質問の通告準備をやらないと。
    >やべぇ、朝になってしまった。
    >一人ブラック企業だね、本当。

    働き方改革なんて、小坪先生にはいらない!好きなようにおもいきりやってください。小坪クラスターにはいろいろなメンバーがいるけど、みなさん、小坪先生のこういうところを応援しているんですよ。少なくともわたしはね!

    閑話休題・・・・・

    複数台のPCをたちあげていて、さすがに、そろそろ、寝るかとおもって、メールチェックだけしとくかとおもったら、なんと、最新のメールが小坪先生のブログのお知らせメールだった。まじか、この時間で!とおもったら、やっぱ、、この時間帯で仕事を始めようとしていたのか・・・すげぇな・・とただただ、驚きです。

    とにかく、体調、栄養、睡眠・・きをつけてくださいませね。

  5. とあるオバハン のコメント:

    小坪さん、ありがとうございます。
    本当に心強い言動、感謝申し上げます。

  6. 名無しでお願いします のコメント:

    有難うございます。本当に本当にありがとうございます。日本を信じていて良かった。
    小坪議員さん、今までこのブログを読んでいて泣かなかったけど、今日は泣きました。
    お会いしたこともお話したこともない方々に本当に助けていただいている。こちらは選挙権しかないのに。しかも小坪議員に対しては、直接選挙で投票することも叶わない地域にいる私をも助けてくださっている。ありがたいと同時に本当に申し訳ない。
    でも、まだこれからどうなるかわかりません。(仲間が訴えられていますから。油断できません。)でも本当に有難いです。嬉しいです。200億円の会社の社長さんも本当にありがとうございます。もし企業名が判れば絶対にその企業の製品買います。(一般の人が買えるようなものなら。)株式上場しているのなら、株を買うように努力します。(あまりにもお高いと無理ですけど、ミニ株とかでなんとかがんばります。)麻生閣下、大事な大事なお時間を本当に本当にありがとうございます。神様は本当に願いを叶えてくださっているように思います。実は、我が家は父方母方も長生きの家系でなので、神棚に毎日「もしも私の寿命が長いのなら、1年だけでいいから、今すぐ麻生大臣にお譲りください。副総理・財務大臣をお守りください。」と祈っております。私には単なる気休めのようなものでしたが、まさかここで証を見せて頂けるとは思いもしませんでしたよ。

  7. スカイツリー のコメント:

    小坪先生 いつもありがとうございます。

    議会を自己都合で勝手に休む税金泥棒の政治家に
    小坪先生の爪の垢を煎じて飲ませたいわ。

    しかし、流石です。
    臨機応変の部分もあるでしようが、
    狙って行かれましたね。
    ご自身の議会準備を後ろにずらしてまで行かれたのですから、当然これ位の戦果を上げないと割に合わない。

    くれぐれもお身体には、お気をつけ下さい。

  8. H のコメント:

    連投失礼します。
    一般の会社組織でしたら、会長さんとお話しすれば、すぐに話は通じると思いますが、弁護士会はそのような組織ではありません。
    やはり、国会議員の先生方に現行の制度のままで良いのか議論して頂くのが、最良かと思います。

    • 月光仮面 のコメント:

      賛同します 「国会議員の先生方に現行の制度のままで良いのか議論して頂くのが、最良かと思います。」
      国会とはこれだと思うのです そして この議論をする政党と思われる
      政党に要望します それは 議論する たとえば日弁連の例としてみれば
      議論する当事者や知識者及び国会議員でネット上で議論を公開して
      頂けないでしょうか そうすれば 小坪先生のHPや虎の門ニュース
      などで 広く世の中に知れ渡り問題点が浮き彫りになり 国民の
      声も 先生方に聞こえてくるのでは無いでしょうか 自民党がネットで
      流している お友達放送局みたいなものでなく 真剣に議論して
      頂きたいと思います この板みたいにです 皆さん真剣でしょ
      それを国政に持って出てくださいよ お願いします そして
      野党に まーーー一部の数人位になるかと思いますが 国をおもう
      質問を国会でしてくださいね よろしくお願いします 問題は
      いつの時代もあると思いますよ 

      • 月光仮面 のコメント:

        付け加えます 小坪先生が 国会議員にお話をされるのは
        まさしくこれだと思います がんばって居られると思います

      • リンリンランラン のコメント:

        小坪先生には私も国会でのご活躍を期待いたしますが、
        国会は年功が、、、埋もれてしまうのは悲しいです。
        どうか今暫くは自由闊達にご自身の思いを伝えて下さい。
        今回の様にご自身の都合で動けなくなります。
        そして私の様な極普通の庶民の味方に為ってほしいのです。

  9. 田中一郎 のコメント:

    怒濤のごとくリアルの世界が進んでいる様に、ただただ目を見張るばかりです。小坪先生がいなければ、こうまでネットとリアルが連動できなかったのでは、と思えます。今後、色々と雑音が入ってくるかと思いますが、どうかご自愛いただきますよう、お願いします。

  10. ブレダ のコメント:

    流石です。小坪先生。

  11. 名無しでお願いします のコメント:

    すみません。きちんとブログが読めていませんでした。
    (涙で文字がきちんと読めていませんでした。)
    麻生議員と直接お話ができたかどうかはこのブログでは判断できませんよね。
    前回の私のコメントがおかしいです。ごめんなさい。
    でも本当に嬉しかった。
    とにかくお礼を言わせてください。
    ありがとうございます。

  12. araigumanooyaji のコメント:

    “この「声」が弁護士会の組織改革になるのか、 それとも「一部の弁護士の暴走」として、尻尾切りのように処分に向かうのか、”

  13. まとめ人A のコメント:

    今回も心の籠った素晴らしいエントリーに感謝。
    このエントリーには弁護士・政治家その他法律専門職の方々の閲覧も多いことと拝察します。
    そこで、本サイトにこれまで幾度か投稿させていただいておりますが、改めてこの場を借りて、憲法改正問題に関する保守派からのまとめページを紹介させていただきます。

    ●日本国憲法改正問題
    https://www35.atwiki.jp/kolia/pages/89.html

  14. 松本 のコメント:

    小坪さん
    最高!

  15. ゆう のコメント:

    小坪先生
    本当に、なんて方なんでしょう…
    あっけにとられる程の鮮やかさ。
    涙が止まりません。
    ただただ感謝です。

  16. トラ のコメント:

    小坪先生おはようございます。
    先生のご活躍にはいつも驚かされます。
    感謝で胸がいっぱいです。
    私もしっかり頑張ります。
    お身体にはくれぐれもお気をつけ下さい。

  17. 名無しでお願いします のコメント:

    小坪議員、本当にありがとうございます。
    とても状況が良くなっていっていますね。
    まだ油断はできないけど、とても大きな励みになりました。
    改革か、処分か、自治権の議論か、どうなっていくのでしょうかね。
    目が離せません。
    (ご挨拶遅れて申し訳ありません。
    仲間が訴えられているので、何かできないかとこちらのブログをチェックするようになりました。)
    ネットとリアルを結びつけたらどのような効果があるのかという実証実験は
    まだまだ続いているということですね。
    ご活躍頼もしく思います。
    そして本当にありがとうございます。
    感謝しております。
    今まで こちらのブログとコメントを読んでも涙など出ませんでした。
    (それだけ弁護士に恫喝されていることに対して神経をやられていたと思います。)
    今日は初めて涙が出ました。
    ゆっくりと静かに泣いております。
    これで本当の意味で、私は冷静な判断力とまともな思考力が戻ったように思います。
    もう一度書きます。
    ありがとうございます。

  18. 抹茶アイス のコメント:

    小坪先生、有難うございます。涙が出ます。
    お身体大切にしてくださいね。

  19. のコメント:

    小坪先生本当にありがとうございます。なんか物凄い速度で事が展開していますね。普段の努力の賜物だと思います。体調を崩さずにしてください。微力ながら全力で応援致します?

  20. 読んでいます のコメント:

    まさしく電光石火ですね。

    今回の一件で気になるポイントを述べさせて頂きます。
    とある弁護士はSNSにて朝鮮学校の支援は人権に関する事なので問題なしと述べられています。

    第26条 すべて国民は、法律の定めるところにより、その能力に応じて、ひとしく教育を受ける権利を有する。
     2 すべて国民は、法律の定めるところにより、その保護する子女に普通教育を受けさせる義務を負ふ。義務教育は、これを無償とする。

    第89条 公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない。

    憲法に以上の条文があります。朝鮮学校の立ち位置は公の支配に属しない教育にあたります。つまり、税金を朝鮮学校の支援に支出するのは一般的に読むと憲法に反する事になります。朝鮮学校支援の内容を日弁連が発している(現在に至って取り消していないと思う)のは憲法違反であり借りに人権の問題と捉えるなら、人権は憲法より上位に位置すると言うのが日弁連やそれを支持する弁護士の考えたとなります。

    第9条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

    2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

    色々と問題点のある憲法第9条になりますが、捻った読み方をすれば日本国民がどのような迫害を受けても争いをせず、その事実を受け入れなければならないとなります。
    現在の憲法を日弁連では支持しているみたいですので、日本国民の生存権よりこの9条が上位に来ているのが現状に見えます。

    つまり、日弁連では日本国民より何かの理由で日本に住んでいる北朝鮮の子供の人権が上位に来ていると読み取れます。
    朝鮮学校←憲法←国民の図式でしょうか?
    現状、テロ支援国家に再指定され国連を中心に各国が一丸となって北朝鮮に対して制裁をしています。その国の関連施設に対して支援声明を出していて現在も撤回されていません。日本では北朝鮮による拉致事件、それも朝鮮学校の関係者が絡んでいたようですし、
    https://www.facebook.com/permalink.php?id=494407663921697&story_fbid=537157586296029
    その事実に対しての懲戒請求です。

    現状を鑑みれば朝鮮学校支援の声明を取り消せば良かったのです。世界情勢に配慮し一番丸く収まる方法を選択しなかったのは彼ら自身になります。

    今後の展開としましては、日弁連に疑問を持ちフォーマットに従い国民の権利を行使した一人一人の意識で記入捺印した懲戒請求者に対して、被懲戒請求弁護士は個人か集団かは分かりませんが訴訟に持っていくでしょう。ここまで問題が大きくなっている、つまり国際社会の目にも触れるかもしれません。その被懲戒請求弁護士の立ち位置はどうなるのでしょうか?そこは弁護士自身が判断して下さい。余命さんによる情報提供、執行猶予(身の振り方)の時間を与えて来たと思います。余命さんができるのはここまでになると思われます。そう考えると余命さんは優しすぎますね。

  21. ひな のコメント:

    心より感謝申し上げます。
    大事なお身体です。しっかりと休息もとって下さい。

  22. JL のコメント:

    安倍さんが華々しく国際舞台で電光石火のごとく時差を超えて動かれてますが、国内ではレベルの低い野党との不毛な会議のためじっと拘束されています。なんかそれを思い出しました。
    いや、地方議会が云々、ということではありませんが切り替えが大変だろうな、と思いまして。(地方には地方の課題が山積みのはず。)
    資料も揃えないといけないでしょうし、議会がんばってください。

    • JL のコメント:

      あ!「読んでいます」さんの表現とかぶってました。
      コメ読まないうちに投稿したので、、すみません。
      (まねっこじゃないです。ごめんなさい。)

  23. Kotaroの母 のコメント:

    小坪先生、ありがとうございます。
    何もできないわたしですが、先生や、各陣営で行動されている方々、
    貴重なコメントを入れてくださる皆様に、最大限の敬意を表したいと思います。
    本当にありがとうございます。
    お身体だけにはくれぐれもご自愛ください。

  24. 一郎 のコメント:

    先生は、弁護士会にチャンスを与えた。が、弁護士会内部で、自浄作用が働くのか否かは・・・?です。

    弁護士会を運営しているのが、【膿】だからこそ、今の弁護士会がある。弁護士会運営にサイレントな【膿以外】の弁護士が立ち上がらなければ、国民が納得できる改善は無理に見えます。

    弁護士自治の制度の見直しが迫られそう。

    • 一郎 のコメント:

      日本国内での自浄作用が求められる。

      が、ホワイトハウスに連絡して、アメリカが、北朝鮮支援を打ち出す弁護士会に対して、外圧をかけることはアリだろうか・・・?

      • 名無しでお願いします のコメント:

        失礼します。
        北朝鮮は今現在テロ国家指定されていますから、共謀罪とパレルモ条約の関係で、テロに対しては連携が取れるようになっている筈です。テロ国家になっている北朝鮮の学校に日本国の税金が使われている事や、税金を使われることに対して大賛成している弁護士会の声明は、日本とは比べ物にならないくらいのテロの被害に遭っている国々では、「テロ国家への支援をしている!」と解釈されても仕方ありません。そうなると日本国の為にならないし、朝鮮学校の子供たちの為にもなりません。「外圧をかけることはアリ!」という疑いを持たれたら、万が一有事の際に協力を得られないかもしれません。そういうことを防ぐ為にも、朝鮮学校への税金は一円でも支払ってはいけないと思います。

  25. 悪魔の提唱 のコメント:

    余命が身バレしました。
    テキサス親父日本事務局のHPに、余命が社長を務める会社の登記簿が上がっています。
    この情報は、かつて余命と対談していた「共犯者」youtuberせんたくからの情報でしょう。そのため、私としては信ぴょう性が高いと判断しました。

    こうなれば、刑事告訴は時間の問題で、しばき隊がすでに動き出しているそうですよ。
    民事訴訟においても「共同正犯」として首謀者への責任追及が可能になります。藤木氏は弁護士に対してこの情報を提供したようですから。

    小坪先生と小坪クラスターのみなさまは、この情報を踏まえて、どう動くか話し合われるべきかと存じます。

    • ななっしー のコメント:

      果たして、余命何号さんの身バレなんだろう?それとも、そうでさえ無いのかな

      情報の正確性を担保してるのは、せんたくさん?最初から間諜を疑われてた人が出してくるモノに、一体どんな価値があるのかしらん?
      さっぱり分かりませんな。

      小坪さん。
      コメントしたことはありませんでしたが、元々余命blogを読んでいてこちらを知り、時々読ませて頂いていました。
      熱い方だなぁ、と思っていましたが、まさか敵の本丸にこんな素早く斬り込んで行かれるとは!吃驚致しました。

      私には、多分小坪さんのお子様とそう変わらない位の子どもがおります。物凄い父ちゃん大好きッ子で、休みの少ない父親とのお出かけをいつも楽しみにしております。

      旦那が、子どもがいるからこそ、日本の先行きが本当に不安でした。日本が蚕食されていることに気づいたのは20年近く前です。団塊真っ赤っかの父とは大ゲンカをし、大学の友人には変人扱いを恐れて何も言えなかった。

      まさかここに来て、目の前が拓けてくるとは思いもしませんでした。
      小坪さん、本当に、感謝致します。
      そして、激務の小坪さんを支えておられる奥さまにも、心から尊敬、感謝申し上げます。

      どうか、お身体に気を付けられて、勝利を手にされる事を祈念致します。
      早くお子様が、お父さんと心置きなく遊べますように。

    • テロ指定共産党 のコメント:

      悪魔の提唱さん、貴重な情報の提供を頂き、ありがとうございます。

      真実ならば、余命氏も迂闊な事をしたようで、「策士策に溺れる」ですね。

      悪魔の提唱さんのお陰で、懲戒請求側も対応の変更を余儀なくされそうです。
      改めてお礼申し上げます。

      まさかの、懲戒請求の相手が、有名な「しばき隊」だったのですね。

      後悔後悔
      .

    • 余命愛読者 のコメント:

      余命さん、とっくに身バレしてますが、何か?
      悪魔さん、知らなかったの?
      次に、身バレするのは、あなたですよw
      発信記録をトレースされないようにねw

      • 琵琶鯉 のコメント:

        悪魔の提唱者さんも しばき隊 とお友だちなんでしょうかね?

      • テロ指定共産党 のコメント:

        余命愛読者様。余命身バレの件ですが、先日、小坪氏が名乗り出る気持ちの余命氏を押し留めた経緯が書かれていましたので、身バレはしていないと思っていたのですが、余命氏は住所氏名は既に公にされていたのでしょうか?

        余命氏も7代?いると読んだ記憶が有りますので気になりました。
        間違っていたらスミマセン。
        .

        • 琵琶鯉 のコメント:

          そういえば、翁さま、小野誠氏について、早くからスパイと見ていて、彼に間違った情報を流していたから、それが、もし、敵にわかったら小野誠氏が友愛されるかも・・・・とコメントしてましたけど、大丈夫なのかな?

          翁さまよく、「在日諸君は、わしによく騙される。」と言っておられましたよ。

          • テロ指定共産党 のコメント:

            そうですよね。

            もし余命が百人いたら、誰が主?ですね。
            フェイクはお互いに常套手段です。敵を欺くには先ず味方からとも言います。

            それを見抜き心がけるスキルが必要ですね。
            英霊が見かねて活動されている様ですので、恥じぬよう頑張りましょう。
            .

    • 匿名とさせてください のコメント:

      3025には、「余命は身バレしたらしい。」とある。
      なのに何故「余命は身バレした。」と此処にコメントするのか。
      ただの狼少年じゃないか。堕ちたな。

    • 無私 のコメント:

      悔しいの?^^

      ねぇ

      いまどんな気持ち?

      ねぇwww

    • のコメント:

      しばき隊が動き出してるってのはテキサス事務局さんが向かわせたのですか?それとも弁護士さん達が向かわせたのですか?

      余命さん支持者が今どう思っているのかは余命さんに騙されて懲戒請求にサインしたと思ってる輩にはきっとわかんないでしょうね。

    • ナナシ のコメント:

      その情報の出所経緯によって、使える使う所が変わってしまう
      それに、この状況がどちらにせよ日本のプラスになれば良いんでね

  26. 月光仮面 のコメント:

    すみません 今日 虎の門ニュースで移民の事を 有本先生が取り上げて
    います 自民党の先生にあとで質問されるそうです これが 議論であり
    国会の場でなされない日本 虎の門ニュースを支持する所以です。

  27. ミンク のコメント:

    私も小坪議員のクラスターなのですね。米粒くらいの小さなクラスターですが、その一員であることに誇りを持ち、日々を過ごしています。
    小坪議員のことを思うと背筋がシャンとなります。10代の子供たちにも伝え、クラスターを更に増殖させております。

  28. パミール のコメント:

    今回だけでなく弁護士会は
    弁護士個人も国民も最大限に護られるような機関(システム?)が必要に思いました。
    そもそもその弁護士側に通知?もおかしいですが
    どちらかが傷ついてもダメですし、本来国民を守る側が国民を訴えるというのはその人個人への精神的負担が更に大きくなるかと思います。
    懲戒請求にしても外患罪にしてもガセ、デマならば弾くような機関が必要であり、またあったとしたならばそれは大問題です
    事実でなかったとしても弁護士もその個人もどちらも守られる機関は絶対に必要だとおもいました。
    弁護士は国民の味方であってほしいですが金銭要求と提訴。これは間違っていると思います。
    これは誰もが怯える、震えると思う。
    お金を払って和解した人もいるのかもしれませんが、それでは根本的にはなんの解決にもなっていないですよね。

  29. 小鳥 のコメント:

    保守速報やTwitterでも小坪議員のご活躍を拝見しています。
    小坪議員の行動力にただただ驚き、感謝する毎日です。
    本当にありがとうございます。

    私にできることはほんの小さなことだけど、私も頑張ります。

  30. テロ指定共産党 のコメント:

    日弁連の会長と、直接お話ししました。【それが早いと感じた人は・・・

    タイトルを見て、目が点になりましたが、駆逐艦らしい展開に納得です。

    後方には、巡洋艦、戦艦、空母が控え、更に掃海艇も準備のようですね。

    モリカケ論争や大相撲アメフト騒動のお陰で、組織、団体の老朽化による仕組みの不適合が見えるようになりました。

    どの様な組織もスタートは高い理念のもとに始まりますが、何時しか、私欲の組織になります。現日弁連も弁護士から強制的に会費を集める事が主な仕事でしょう。弁護士自身もそれを良しとしているので問題ありませんが、国連でテロ支援国家へ制裁発動中の今、テロ支援国家へ忠誠を誓う学校への支援要求は弁護士の権限を逸脱していると思います。弁護士なら弁護士らしく法定で支援判決を勝ち取る事が常套手段と思います。

    今後、どの様な展開になるか予測も難しいですが、懲戒請求者への告訴は国民の主権が奪われるに値する行為ですから重大な問題です。

    この事を制裁中の国連(米国)が知れば、なんらかの動きは有るかもしれません。

    保守連合艦隊の怖い所は、世界最強のステルス潜水艦が隠密に活動している事でしょうか?

    どうぞ、ご自愛下さい。
    .

  31. はま のコメント:

    おはようございます。

    めちゃめちゃ感動しました。
    (特に後見人さん?のお話でビリリと画面が滲みました。)
    凄いです…
    感謝、感激です!
    本当にいつも有難うございますm(_ _)m

  32. 名無しさんでお願い致します のコメント:

    個人情報保護法違反の報告をされても困りますね。せんたくの小野誠が情報を漏洩し、テキサス親父日本事務局が拡散ですか。これでこの事務局は完全に終わりです。
    ここから地検の動きに注目ですね。過去に川崎デモの告発に対しては忖度して告発を返戻した。今回の個人情報漏洩について、また忖度して放置するかどうか。こうやって騒ぎをおこしていくことで、次々と司法の問題が誰の目にも明らかになっていくので面白いです。
    弁護士会→地検又は警察→裁判所の流れでしょうかね。炙りだしはこの後も続くので、国民がこの酷い状況をみてショックを受けないかか心配です。

  33. edelwolf のコメント:

    展開が早過ぎて驚くばかりであります
    問題の解決は一つずつ確実に…ですね
    まずはイデオロギー等は抜きにして弁護士が懲戒請求者の個人情報を訴訟や恫喝行為に流用して自治権を崩壊させるような状況の解決が次への布石になることを祈ります

    休む間もなく国のために動いている小坪先生のお姿を想像すると胸に込み上げてくるものがあります
    どうか心身共にお気を付けて…

  34. yuri のコメント:

    小坪先生、
    ずっと拝見させて頂いております。
    いつも本当に有難うございます。
    心より深く御礼申し上げます。
    お忙しい毎日、どうかくれぐれもご自愛くださいませ。

  35. 北九州市民 のコメント:

    先生もご存知でしょうが、会長と話したところで弁護士会は全く変わらないでしょう。
    政府側から圧力をかける以外にないと思われます。
    自浄作用は露も期待できません。

  36. たこ のコメント:

    小坪先生

    お世話様です。
    今日も読ませていただいて、目頭が熱くなりました。
    本当にありがとうございます。
    くれぐれもお身体にはお気をつけください。
    (と申しましても、激務ゆえ気休めにもならないかと
     思いますが)

    • あら? のコメント:

      失礼致します。

      たこさんて、あのたこさんですか?
      余命さんから御指摘されてたましたよね。
      それとも、佐々木弁護士や北弁護士、お仲間の方々と仲良くネット上(Twitterでは無い)で会話されてた、たこさんですか?

      こちらの勘違い、誤りでしたなら、大変な御無礼を申し訳ございません。
      前回は流したのですが、何となく気になりまして。
      重ねて失礼致しました。

  37. DEEPBLUE のコメント:

    悪魔がしばき隊による脅迫宣言しましたか。5ch弁護士つながりといいなんJ嫌儲は指令でやらせていると暴露したも同然ですね。
    シンスゴによるK氏抹殺命令と言い、弁護司会を飛び越え日本人VS反日勢力になって来ましたね。負けませんよ

  38. 風太郎 のコメント:

    最近、ここのブログをのぞかせてもらってる者です。
    リアルですとすごく大変なんですね。
    それにしても市議会議員の小坪先生が積極的に動いて、国会議員が
    積極的に動いてないというのはどういうことなんでしょうね。
    国民が政治に期待しなくなるわけですよ。

  39. ロード のコメント:

    日弁連会長と、直接意見交換したのですか!

    画像もUPされてるし、これで照会に対する、無視、放置戦術はできませんね。
    外堀は埋められました!

  40. 旧新人類 のコメント:

    小坪先生のそういうバランス感覚が好きです!そもそも、国民は一部弁護士が国民に敵対して恐喝したり罵詈雑言の反日ヘイトを向けるから怒っているのであり、まともな弁護士なら何も思いませんよ。日弁連の会長さんには、拉致被害という重大な人権侵害についての意見および提言(あれば)をぜひ明言してもらいたいです。謝罪しろとか金払えなんて言ったら、国民は納得せず、ますます怒るだけです。共産党との関係についても明言して頂きたい。日弁連は共産党と共闘しているのかしていないのか。支持率を見てもわかる通り、国民の多数が共産党を支持していないのは明らかです。弁護士全体の組織としての日弁連が共産党と手を組んでいたら、国民の意識とは大きく乖離しているということになります。個々の弁護士はそれでいいんですか?この状況を放置していたら、国民対弁護士という図式が先鋭化してますます国民の信頼を失います。別に無理して自民党を支持しろとは言わないので、日弁連はあくまで特定の政党や勢力の利害からの中立を維持していただきたい。国民から見て、現状中立的には見えないんですよね。個々の弁護士の思想や信条は問いませんが、イデオロギーや宗教に基づいた司法判断をするような前近代的な弁護士は信用しません。お友達同士で勝手に仲良くしていればよいだけで、価値観や教条やイデオロギーを共有しない国民に迷惑をかけないでほしいです。

    小坪先生が寝る間も惜しんで仕事をしていて、負荷がかかっているのを心配してましたが、先日甘利先生と写した写真を見たら、絶好調のお顔だったので安心しました。この先もまだまだ日本を取り戻す道は長いので、イワシも頑張って一致団結し、太平洋ゴミベルトをまき散らす勢力を一掃して海をクリーンにしていきましょう。

    最後に思い出したので付け足しますが、先日遠藤健太郎氏のブログに、「北海道小樽市手宮公園の尼港殉難者納骨堂に一柱ごと木箱に納めて安置されていたそのご遺骨が、木箱をばらされて小樽市共同墓地内にある万霊搭(無縁仏)に移設されてしまっていた」という話が載っていました。それも、「小樽市民の総意に基づき実業家だった藤山要吉氏が私財を投じて建立した慰霊塔から引き剥がしてばらばらにし、勝手に無縁仏にしてしまった」のだそうです。この件の真相が明らかになりネットで拡散されればいいと思いますが、他の自治体でも同じようなことが起こらないよう、気を付けなければなりませんね。辺境は手薄なので、何が起こるかわかりません。(いつも長いコメントですみません)。

  41. お味噌汁連邦軍(ワカメ) のコメント:

    小坪先生の愛と情熱をひしひし感じます。
    日本の宝や‥‥!
    日本に生まれてくれてありがとうございます!!

    テキサス事務局はダメですね。ご本人も黙っていられなくなるのではないでしょうか‥?

    • 福岡選挙区 のコメント:

      某日本事務局…本当、もう敵って感じになって来たわ…。
      「不服申し立てをするべきなのだ。」っていうけど、
      申し立てをしてない=主張が正しくない とはならないと思うけど…。
      じゃないと、「懲戒しない」と判断されて、その後に申し立てをしないパターンは全て、「不当懲戒請求」って事になりますよね?
      まずもって、「審査を求めない」事案ではなかったって事じゃないんですか?

  42. 日本を愛する納税者です のコメント:

    国家の責任者が、日本を核ミサイルで火の海にしてやるという、国連によるテロ指定国の教育施設に、日本国の国民として自分の収めた税金が拠出されることなど想定していません。

    日弁連および、全国の支部もそのテロ指定国家の日本にある教育施設に、日本国からの税金を補助金として出すように要求する声明を発出してきています。

    国難の今の時期に至っては、「北朝鮮は核ミサイルに使う国費を、日本にある、北朝鮮の教育施設に振り向けるべきだ」と教育施設への資金を出すべき本来の国に修正し発出すれば、今回の懲戒請求は無かったのではないでしょうか。

  43. かだや のコメント:

    ありがとうございます
    感謝しています
    そして
    応援しています

  44. どひゃあ???。
    ホンマに会いはったんですね。スゴい!
    ずっと余命さんのブログを読んでた私ら普通の人間からしたら、日弁連のトップなんて、諸悪の根源の、そのまたボスやんか!みたいな認識でしたが、ちゃんとお名前も写真も出されて(当たり前か)、きちんと挨拶されてはるんですね。
    ふうーん、この先、どうなるんやろか。
    このコメント欄にも変なんがいっぱい湧いてきてるみたいやし(失礼)、ワケわからんわ。
    せやけど、しっかり余命さんと小坪さんについて行きますわ。
    あ、もちろん、自分で必死に考えて判断して、の話ですけどね。
    頑張れ!小坪さん!会談のレポートも期待してます!

  45. じこく のコメント:

    小坪先生に勇気づけられています。
    心から尊敬いたします

  46. お焼き県民 のコメント:

    日弁連会長と会って公式の場で「話」をしたのは何と言うか、フラグ立てみたいな感じですね。「こいつら日本の膿で自浄作用なんて1mmもありませんよ〜?」

    という。

    恐らくは行政の側から何らかのアクションがなされる為の、行政側は「ここまでしたからね、警告はちゃんとしたからね」という「ポーズ」でしかないのかな、という気がいたします(市議本人は至極真面目でウソは書かれていないでしょうけど)。

    このコメ欄をご覧になっている弁護士の皆さん。

    既に覚醒した日本国民の敵認定の、マスゴミと同じくらいの憎悪を覚醒日本国民から向けられる前に、自らなんとかしたほうがよろしくないですか。
    一応、文系で一番頭のおよろしい方々なんですから。

  47. ななっしー のコメント:

    失礼致します。
    ななっしーと申します。
    午前中に、悪魔の提唱さんに返信する形でコメントしたのですが、承認されておりません。
    もしや何か粗相をしてしまったのかと心配になってしまいまして…やらかしてしまっておりましたら、本当にごめんなさい。
    感謝の気持ちをお伝えしたかっただけなんです。

  48. 北麓のじじい のコメント:

    小坪先生お疲れ様です。何時も応援しています。

    弁護士がよく言う「憲法は権力を縛るもの」と言いますよね。
    比較にならないかと思いますが、では弁護士自治は「弁護士を縛るもの」ではないのかと。
    一方は良くて一方はダメなんてことはないだろうと。
    国民を守る弁護士が権利を乱用するなど有ってはならないし、まして悪用するなどそれこそ「懲戒」に値するのでは。
    反撃があるとしたら壮絶な戦いになるかと。
    梅雨入り後ジメジメが鬱陶しい季節です。ご自愛ください。

  49. 匿名とんこ のコメント:

    余命さんのブログをみて、みなさんの動揺がなんとなく(そのような事はないのでしょうが)我が身のように感じ、私にはできないな、余命さんの無理しなくともいいという言葉に甘えて声をあげませんでした
    私は夜も眠れないほど悩むだろうなと思いました
    私には、余命さんと先生のブログを見る事を進める事しかできないのですが
    今回の件で心強く感じました、
    身体には気を付けてください
    変な文章で申し訳ありません、失礼します

  50. 岡本廉 のコメント:

    小坪議員さんこんにちは

    国民の審判を受ける事の無い弁護士と云う身分と、
    国民の審判を受ける事の無い日弁連と云う組織に対して、
    国民の審判を経た者によって運営されてる行政府と対抗し得る権力を持たせてる事は、
    国民主権と云う国是に反してるのではと私は思います。

  51. 花札大統領 のコメント:

    「在日反日左翼勢力」の往生際の悪さは、北朝鮮の金正恩や韓国の文在寅を見ていれば分かります。
    日弁連や、しばき隊、悪魔の提唱者、テキサス親父日本支部も同様なのでしょう。
    結局、奴らの「トドメを刺す」しか、問題を解決する方法は無いのです。
    そして奴ら在日反日左翼勢力にトドメを刺す方法は確実に存在する。それは「竹島有事カード」であり「ハードランディング」です。
    北斗の拳のケンシロウの決め台詞じゃないが、「お前(ら)はもう死んでいる」なんだよ、お前ら。

  52. enoyan のコメント:

    とりあえず、まだ出ていないようなので。

    先生、飛行機移動お疲れさまでした(笑)

    とまぁそれはさておき。
    きちんと組織のトップと面会して意見を伝える。双方の立場の違いを踏まえた上で妥協点を探り、今後の双方にとって前進への足がかりにしていく。
    これを迅速にしっかりと行える先生はやはり素晴らしいです。ネゴシエーターかくあるべし。

    これでまた情勢は変化します。これからの日本を少しでも良い方向へ進めるために邁進しましょう。

  53. 一国民 のコメント:

    総連と朝鮮学校が米国でテロ支援団体に指定され、日本でもスライド適用されるとの未確認情報があります。もう数日でわかるでしょう。
    弁護士会と日弁連はどうするのか。

  54. ma のコメント:


    テキサス東京に情報渡したらヤバいと思う。まあ、いないと思うけどね。腹くくって送付した訳だし。
    テキサス東京は、第2ささきりょうに見える。

    はすみとしこ
    私は動けないけど情報は入ってきています。今は「横の連携」が必要です。集団懲戒請求被害者は被害状況を一括に取りまとめる必要があります。被害状況が一括なら、雇う弁護士も一括(一人)で済むからです。テキサス親父日本事務局が情報収集に当たっています。彼を頼ると良いでしょう。小坪氏はダメです

  55. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議はもちろんのこと、原田先生も長尾先生もお元気そうで何よりです。
    本当に市議の行動力に感動です。
    弁護士も市議のブログ見て、何かしら目覚めるといいのですが…。

    大量懲戒請求弁護士「朝鮮学校の子どもたちに、日本人の子どもと同等の配慮を求める弁護士会の声明は、どう考えても道理にかなっている
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49605679.html
    2: あなたの1票は無駄
    >朝鮮学校の子どもたちに、日本人の子どもと
    同等の配慮を求める弁護士会の声明は、
    どう考えても道理にかなっている。

    「どう考えても」の結論に至った過程が明らかになっていませんが
    何を根拠に道理にかなっていると?

    177: あなたの1票は
    >>2
    説明はできないので
    勢いでごまかすしかないと思ったんだろうなぁ
    最近多いよねこういうとんでも理論を明らかだろとか
    常識だろとか当たり前だろって言って通そうとする奴
    逆に当たり前の常識をなんで常識とか言うわけ?
    どこで言われてるんですか?
    ちゃんと説明してとか言って煙に巻く奴も

    99: あなたの1票は無駄
    特亜3国だけ特別扱いしていることが、他の外国人への差別になる。
    な、差別はダメだろう?

    そんなに朝鮮学校の子供がかわいそうなら弁護士会が自分で寄付金出せばいいじゃん
    なんなら神原さんが自分で朝鮮学校を経営すればいいでしょ
    てか最初に身銭切れよ自分の信念に従ってよ
    あとでテロ準でパクられる証拠を自分で公開しろよ

    北朝鮮が日本に核を打ち込んでやるって恫喝したの忘れてんの?
    日本は北朝鮮を国家承認してないし、韓国だって「あそこは韓国の土地」って主張してたのに何の義理があって税金出すんだよ

    ※68
    弁護士会が「朝鮮学校に補助金出す」要求を出しているのは、事実なんだよ。
    ソース)愛知県弁護士会「朝鮮学校に対する補助金停止に反対する会長声明」2016年3月28日
    ほかにも、「秘密保護法の阻止」「共謀罪の国会上程反対」などの声明を出している。

    国籍国ではない人間が、その国の行政サービスなどを受けられないのは
    「差別では無い」と国連の差別条項にも記されています。

    もはやこの神原弁護士は、弁護士としての資質はない。
    懲戒解雇されて当然です。車で言えば違法行為をして免許取り消しされるのと同じ

    弁護士であろうが、医者だろうが、裁判官であろうが、違法行為をすれば
    資格は剥奪されて当然である。懲戒請求という当たり前の請求をした個人情報を
    相手を訴訟するのに利用した時点で、違法行為です。

    >>まず、法律というのは弱者のためにあるのではなく「知っている者のためにある」ものです。

    本来弁護士とは、そういった「法律弱者」を救済する為の職業でしょ。
    昭和の時代には各地の鉱山で鉱毒事件が発生して、それらの被害者救済に弁護士が奔走して、立派な人達だなと子供心に思っていたんだがな。
    今じゃその法律知識を悪用して国民を恫喝しているんだから、日本には必要ないですね。

    【テレビ】日テレ幹部 “セクハラ更迭” 制作会社ADにキス迫る
    ttp://www.honmotakeshi.com/archives/53581420.html
    2020年東京五輪・パラリンピックを担当するスポーツコンテンツのプロデューサーとして、近い将来は幹部のイスに座ると見られていたX氏(40代)

    6: 名無しさん@
    セクハラとパワハラで成り立ってる業界だろ

    後藤のギリギリセーフ発言がメディア業界の全てを物語っているんだと思う

  56. hayabu のコメント:

    今後の動きとして、全国の弁護士の方々は、
    ?ホワイトサイド:悪をキチンと償わせるために法律を駆使する。
    ?ブラックサイド:悪を見逃すため、法律を駆使する。
    の2つの勢力が居るわけですが、同じ弁護士会で管轄しており、ホワイトサイドは弁護士会自体の勝手な政治家活動、声明を座視しており、反論しても押し切られている状態。(当然ですが反論してる弁護士さんも、除名人事権を握られているから)

    寄って、自浄作用が働かない、と今回騒ぎになっているわけですが、未だにホワイトサイドの声は聞こえてきません。このままでは駆逐艦涼月(小坪)によって、外堀を埋められており、一旦時間を与えられたわけで、内部の議論や動きによっては、自治権返上させられますよね。

    であればホワイトサイドはむしろ善良国民側に立って、弁護士会を分裂させる行動を起こさねば、「全部ブラックサイド」とひとくくりにされますよね。少なくとも私は、情けで置いた間をどう使うか、注目してますよ。

  57. 試され過ぎな大地の住人 のコメント:

    日弁連のどこかと連携位はしそうだと思ってましたが
    まさか会長と小時間とは言え直接会われるとは…
    チャンスがあれば動く。政治抜きにしても尊敬したい姿勢です。
    市議会との両立に負荷がかかっているでしょうに…
    本当にありがとうございます。

    マスコミは弁護氏側の会見は放送しましたけど
    小坪さんの動きや弁護士自治を考える会の訴えなんかは
    どれ位放送してくれるんでしょうね
    懲戒請求者達が声明とか出したら取り上げたりするのかな?

  58. ななし(勉強中) のコメント:

    小坪殿ほんとに有難うございます。体調には十分気を付けて頂きたいです。

    なにやら色々と騒がしいですね。国内外が連動して動いているように感じられます。ここへ来てあちらの方々のこの動き様はどういう事ですかね。この前の26,27日の大会でかなり気合を入れられたのでしょうか、気になる所です。私も含めて懲戒請求者の方々が、気を付けなければならないのは、我々が懲戒請求者だと確証を持って言えるのは、余命爺と弁護士会、懲戒背求された弁護士本人(モラル的な問題を無視して)しかいない事です。これ以外の者はもし手元にリストがあったとしても、その入手先は言えませんし、リストが本物であると言う証明が出来ません。どう考えても法に触れるからです。かの弁護士達が脅迫に近い形で和解を迫っているのは、我々本人の口から名乗りをさせることで、確証にしたいからだと思っています。武蔵小杉からのお手紙を見ても、法に触れるギリギリをやっているように思われます。弁護士個人からではなく事務所から、しかも中の文書は個人宛でなく貴殿としている所などです。しかも普通郵便、これはどこで見たのか忘れてしまったのですが、普通郵便でないと法に触れる可能性があると思います(ソースを探しますね)。余命爺の情報にしても、本人が名乗り出ない場合、余命=流出情報の証明は難しいと思うのです。公然の事実であったとしてもです。上の悪魔さんも断定はしていませんしね。可能性は高くとも確定は出来ないのではないでしょうか。様々な方法で揺さぶりを掛けて来ていますが、私たちは惑わされることなく、落ち着いて情報を精査する事が大事と考えます。横の繋がりは安心かもしれませんが、それが仇になりかねません、スタンドアローンでいることの方がメリットは大きいと思います。なにせネット空間でならすぐに集団化出来ますが、実際にとなると物理的距離がありますので、何かあってもすぐには纏まれませんから。こういう場所をお借りして、ゆるく繋がり、情報を共有していきたいと思います。こちらの皆様にはご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いしたいと思います。

    • (名無しでお願いします) のコメント:

      名無し(勉強中)様、貴重なご意見をどうもありがとうございます。
      とても参考になりました。

      しかし、物事が動く時というのは、本当にすっごいエネルギーで、驚きます。

      これを機会に弁護士会を含めて、
      司法がどんどん良い方向へ行くことを信じています。

  59. 無私 のコメント:

    小坪殿流石です

    懲戒請求者として弁護士の脅迫や横暴が白日の下に晒され胸がすく思いです。
    弁護士会は反日の拠点、中枢としての機能担っています。

    ここに火がついた反日組織は現在、振り構わず全力で保守を潰しにきています。
    You Tubeでは朝鮮人特有の集団恫喝で保守のチャンネルを次々と潰し言論統制を強めています。
    本日、桜井誠殿率いる日本第一党の公式you tubeチャンネルも陥落しました。

    私達は自分たちの危機が去ったからと安堵している場合ではないと思います、保守の同志への全力の援護体制の確立が望まれます。

  60. ふぃくさー のコメント:

    先生、いつもながら獅子奮迅の働き、頭が下がるばかりです。
    まずはお礼を申し上げます。トップと話をするのが間違いなく(一般的には)最速ですね。
    と偽らざる思いを書いたところで・・・大変申し訳なくは思うものの、本日のエントリに関しては無言にしておきます。そのまま素直には受け入れらない自分がいます。申し訳ありません。

  61. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    しんやさん、本当にお疲れ様です。
    あなたの感情に呼応してくれる弁護士の方々が沢山現れるのを期待します。
    現代の日本人のヒロイズムって実はアニヲタ方面でしっかり息づいているのでは
    とか思ったのですがこれは蛇足です。
    自分は非なので偏見入っていたらすみません。
    いや、でもちょっと「あっ」って思ったので。

    • じた のコメント:

      昔の男の子はさ、武者物語をカッコいいと憧れて育ったじゃないですか。
      武将とかの話、歴史上の人物であっても時間の流れと共に脚色されるからフィクションのようなもの。
      それでもそこから学ぶこともあって、カッコいい男になろうと努力する。
      (たしか明治の頃に、欧米人が、日本人は田舎の農民の子でも自国の歴史上の人物をよく知っていて驚いたという話が)

      それが現代ではアニメや特撮、漫画なんじゃないかな。
      結局のところ、日本人が面白いと思って語り継ぐ話や作る創作物の根底には日本人らしさが流れてたって事かも。

  62. バリトン のコメント:

    みんな小坪議員にしてもらうだけでいいのか?
    駆逐艦にも補給が必要なんだ。
    みんな少しずつでも「弾」を補給しようじゃないか。
    バナーから簡単に出来たよ。

    *不適切なら削除下さい。

    • 漫画喫茶店長 のコメント:

      たしかに、弾も燃料も食料も必要ですよね!
      恥ずかしながら、年寄りを抱え、健康不安と業界不景気で無職になりそうな私にはほんのわずか、それこそ貧者の一灯、雀の涙、燃料代にも満たぬくらいしか供給出来ませんが(´・ω・`)、できる余力のある方々には、どうか米一俵、タイヤ一本ずつほどを小坪さんに補給してやってくださいませんでしょうか。。。

      *不適切なら削除下さい。

  63. 余命戦士の端くれ のコメント:

    個人情報を対象弁護士に漏洩させた会の会長と話をして何になるのでしょうか?
    小坪先生、それは自己満足です。

    漏洩させることの意味も朝鮮学校への補助金要求する事の意味もわかってやっている相手にそれはよくないと言った所で鼻で笑われる。

    まるで和解金要求した弁護士の行動だけが悪くて会長は気付いてないから悪くない、善意の会長に教えてあげる事ができました。善意に満ち溢れた会長がきっとなんとかしてくれるでしょう、『和解金払わなければ裁判』の流れから会長が間に入って裁判まで行くのは止めさせるからお互い鉾を納めましょう。と言う流れを作っているのですか?

    まるであちら側に雇われたガス抜き係かと勘繰りたくなる行動ですな。

    意気軒昂、戦意旺盛
    自称駆逐艦先生
    戦意を削ぐような事は止めて頂きたい

    • 西島新吾(仮名) のコメント:

      あーあ、余命ブログのコメントみたいになったよ……

    • 琵琶鯉 のコメント:

      余命戦死の端くれ様へ
      余命クラスタは余命blogでこの方をよ??く知っておりますが、小坪クラスタの皆様には馴染みがありませんね。
      正直、私もお顔を見たのは、初めてです。
      皆様どの様な印象を持たれましたかしら?
      闘志が沸きませんか?視覚印象大切ですね。

    • 小坪先生著書の一読者 のコメント:

      余命戦死の端くれ様へ
      小坪クラスタと余命クラスタの離間工作?分断工作?
      貴方さまには是非とも、小坪先生の著書をご購入の上、じっくりとお読みいただきたく存じます。
      小坪先生は「政治とは、次の世代への贈り物」という言葉を胸に秘めて、精力的に活躍なさっておられるのですよ。(まるで神かかっているような・・・)

    • hayabu のコメント:

      真面目なコメントなのか、単なる煽りかわかりませんが、小坪クラスタのみなさんは、リアルな政治の世界で活動する「大人」の場合、顔つき合わせた名刺交換は、仁義を切ったにすぎません。 日和ったどころか、これから戦闘開始と号砲が鳴っただけ。

      それより注目すべきは、この場に「呼ばれた」という事と、「日弁連の会長が来るから会うか」と誘った国会議員の先生(周りが反論できないクラスの)ということですよ。 (しかし、地元議会の前に時間消耗して本当にお疲れさまでした)

    • ふぃくさー のコメント:

      余命戦士の端くれ 様

      気持ちはよく分かります。そもそも、日弁連の幹部については懲戒請求の主敵なわけですから、主敵と仲良く話をして何になる!って感情が奥底にあるのだと思います。実は私も同じもやもやした感情があって、そのために本日のコメントでは積極的支持を表現してません(否定表現も取ってはいないつもりです)。

      ですが、保守大同団結が必要な時期です。あからさまに足並みを乱すような言動は慎むようにしませんか?

      まずは落ち着いて考えてみましょう。そもそも、余命翁と小坪先生では同じ方向に向かっていても採用する手法が異なっているのです。これは従来からどちらのサイトでも表明されています。

      にも拘わらず、小坪先生は我々に超ド級の支援をしてくださっています。私は懲戒請求者の一人として、心の底から感謝しております。そもそも、支援をしてもらえる義理などなく、先生の「恩義を返す」という個人的な感情で助けてもらっているにすぎないと考えています。助けてもらっただけで感謝すべきなのです。仮にこのエントリがあなたが仰った通りの内容であったとしても、そのマイナス度合いは、これまで受けた支援の1%にも満たないレベルだと考えます。我々は、支援をいただいた事に感謝をとなえる事があっても、その様なささいな事で先生を責める事などあってはならないのではないでしょうか。

      ましてや、先生の人となりを考えた場合、なあなあで終わらせることを目的としているとは到底思えないのです。私は小坪クラスタでもあります。これから戦いを交える(ことになるかもしれない)相手に向かい、相手を知り、相手の考え方を理解し、その上で自己の主張と相手の主張を共に満たす解を探せるかどうか。この点を最善ケースから最悪ケースまでの様々なシミュレーションを行って相手の出方と絡み合わせながら自分の態度を決める。このブログを読んできて私が小坪先生に抱いている印象はこれです。今回、会長と会い、実際に話をしてみたいと発言されているのは、まさしく初期段階の相手を知るフェーズだと感じています。

      以下は余談になります。
      日弁連の自浄作用はおそらく最善のケースでしょう。そして、おそらくは実現しないケースだと思います。
      5月21日のエントリで、先生は次のように述べられています。

      > 弁護士の自治は、私は残すべきだと思います。
      > 国家賠償など、国民の利害と権力が反駁した際、国民のために立つために。
      > 最後の最後、国民のために権力と戦うことができる唯一の国家資格だからです。

      私も一応理系ですので、ロジックに偏重しがちです。上記文章は次のように解釈しています。

      国家賠償など、国民の利害と権力が反駁した際、国民のために立つために、最後の最後、国民のために権力と戦うことができる唯一の国家資格は現状弁護士しか存在しない。だからこそ弁護士自治は残すべきである。しかしながら、仮に弁護士以外がその責を果たせるようになった場合にはその限りではない。
      ・・・例えば、第二日弁連の創設などはその応用解として成立するのではないでしょうか。

  64. 日々是好日 のコメント:

    職場で読んで、小坪先生の熱意と行動力に涙が出てきました。

    小坪先生がネットとリアルをつないでくださることのなんと有り難く、頼もしいことか。
    先日の保守速報で、コメント欄のコメント返しを見かけた時は感激しました。
    保守速報のコメント仲間から市議が出て、国会議員に声を届けてくれた、
    そしてまさかここが発信の場になりうるとは、という驚きと感動です。
    ネットとリアルの膨大なコメントに目を通すだけでも大変だったかと思います。どうか休めるときにしっかり休まれてくださいませ。

    懲戒請求の件で興味深い?のは、
    本来の論点は朝鮮学校問題であったはず(ですよね?)が、
    弁護士側からの逆ギレにより起こった個人情報漏洩で、
    弁護士会自ら墓穴を掘っているところですね。
    そこをすかさずついてくれた小坪先生、ありがとうございます。
    現在、余命クラスタも水面下で仕掛けていると思いますので、どうか保守の意見が国会に届きますように!

    そして、ネットは頼んだ〜とのことですが現在、
    「ネトウヨ春のBAN祭り」なる動きで、
    youtubeの保守系チャンネルが通報により消されているそうです。
    これも立派な逆ギレ言論封鎖ですね。

  65. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    追記です

    【在日韓国人犯罪】稲庭うどんなど23万円相当の注文し代金支払わず 日本名「宇野光俊」こと韓国籍の「禹光俊」容疑者を逮捕
    ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48817884.html
    80: 名無しさん@
    >>20
    通販だとクレジットカードを持っていない人達の為に
    商品と一緒に振込用紙を同封する後払い方式も結構ある
    >>1の犯人はそれを悪用したんだろう

    >最近韓国人荒ぶり過ぎじゃね?何かあったの?

    てか白書だと年間検挙されてるだけで数千件起こってる

    サッカー韓国代表ユニホームを「日本チーム」として販売したFIFA
    ttp://www.wara2ch.com/archives/9127839.html
    16: 2018/05/31(木)
    >>2
    >欧米人から見たら

    「Korea Japan WC」って表記にしたのがマズかったんじゃね?
    これじゃ「日本国 Korea州 ワールドカップ」って意味になるわけで。

    3: (´・ω・`)(`ハ
    >「FIFAは処罰規約64条に基づき、相手チームを侮辱したり政治的と認識されるスローガンを出す行為を禁止している。なら、協会は当然、戦犯旗に関連して強力な措置を取らなければいけない」

    お前のやってる行為こそ、日本を侮辱する政治的行為だろが。

    年がら年中「植民地支配の謝罪と賠償」って叫んでるから
    ヨーロッパの方は今でも日本の植民地だと思ってるんじゃない。

    ひどいです…

    TSUTAYA「動画見放題」で不当広告、措置命令。見放題は全動画の12?26%
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49605738.html
    21: 名無しさん@涙目です
    amazonはこの辺りうまくやってるのかな
    プライム入ってないからよく知らないけど

    その調子でU-○EXTもなんとかして欲しい。

  66. しこ のコメント:

    暇人速報 『【悲報】マクドナルド「チーズ抜き」の注文をめぐり5億円の損害賠償を求められる「値段が同じじゃないか!』
    ttp://himasoku.com/archives/52039601.html#more

    これが弁護士が蔓延る世界です。アメリカを見れば自明の理。
    あいつらに自治権認め、好き勝手やらすと碌なことにならない。

    かつてアイヌ人は、コシャマインの戦いにて戦勝し、制圧寸前の和人を滅ぼさず去っていきました。アイヌにとって戦も喧嘩のようなもので、懲らしめればそれでよし、とする心意気があったからです。その結果どうなったか?首領のコシャマイン親子は武田信広に弓で射抜かれ命を落とし、軍は崩壊。以降アイヌは和人(松前藩)により奴隷同然の扱いで搾取され続けることとなりました。

    己が信念に散るも花。
    しかし、残された大切な人たちは相手の怨嗟に嬲られ、死ぬよりつらい目に遭うやもしれません。
    承知の上での判断なのでしょうが、先生。どうかご用心ください。

    ・・・いや、心配ないかな?サイバイマン、炎のシュレンを通り越してウルトラマンタロウのウルトラダイナマイトを使いこなすようなあなたなら、粉微塵になっても復活しそうだ。

  67. 名無しさん のコメント:

    日々是好日様

    >そして、ネットは頼んだ〜とのことですが現在、
    「ネトウヨ春のBAN祭り」なる動きで、
    youtubeの保守系チャンネルが通報により消されているそうです。
    これも立派な逆ギレ言論封鎖ですね。

    にちゃんねるが嫌儲に乗っ取られたときと全く同じ流れになっているのが興味深いです。手法を見るに、おそらく黒幕は同じなのではないかと思われます(総連でしょうか)。
    今回は、なんJ民に成りすました便衣兵たちによる飽和攻撃であり、紛れも無いテロ行為です。なんJ民による考えなしの馬鹿騒ぎなどでは決してありません。強い意志を感じさせる攻撃です。

    そもそも言論封鎖は共産主義者や左派が好む手法です。記憶に新しいところでは、小坪ブログを含む保守系ブログに対して大規模サーバー攻撃も行われております。今回とよく似ており、同じ集団による犯行ではないかと疑う所以でございます。

    又、

    世間一般の認識と異なり、右派や所謂ネトウヨは議論を好みます。左派(正確にはサヨク)は違います。野党の国会議員ですら同じで、彼らは国会議員であるにも関わらず、彼らにとって気にいらない主張をする保守系のツィッターアカウントを次々ブロックする。与党議員はそうではありません。安倍総理がアカウントブロックする姿など想像できやしません。
    しばき隊などもガッカリです。私は彼らにツィッター内で一切絡んだことはありませんが、しばき隊関係者からことごとくブロックされています。「しばき」とはブロックのことを指すのでしょうか。自分たちが否定されることに耐えることができない弱虫たち。「しばき隊」という団体名はただの虚勢です。

    • 日々是好日 のコメント:

      情報ありがとうございます(^_^)
      youtube側の姿勢も気になりますね。
      復活できればよいのですが。

  68. パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

    調べたらロクなもんじゃないわね
    菊池祐太郎会長かしら?
    強制加入の組織で独裁的な政治活動をって、
    まんま習近平じゃない?

    なになに、陸山会事件に関わって?
    小沢かよ

    今の高度な情報社会では古臭い弁護士自治なんてもう必要ないわね
    時代遅れよ
    これって唯の既得権益じゃない?
    労働貴族と同じ穴のムジナ
    類は友を呼ぶ

    吐き気がするわ

  69. 一国民 のコメント:

    日付が変わって今日は回答期限ですね。
    相手の出方待ちではありますが。
    余命クラスタとしても余命総帥の指示を固唾を飲んで待っています。

    脱線しますが、世界の隠れ共産主義勢力=グローバリスト、テロリスト、特亜三国、反日勢力がほぼ同時に追い詰められているのは必然か偶然か?
    あるいは安倍総理の地球儀俯瞰外交の成果が現れつつあるのか?
    世界はフラクタル構造になっていることを感じます。

  70. じた のコメント:

    もう6/1だし、書いてもいいかな?
    先生が日弁連の会長とお話ししたのって
    「仲良くしましょうよ〜(ニコニコ)」じゃなくて、
    要するに宣戦布告ですよね。(ただし笑顔でw)
    テロ国家(北朝鮮)支援団体に指定されますか?どうしますか?っていう。

  71. houyhnhm のコメント:

    そう言われても、個別案件なんだよこれ。個別の弁護士への懲戒請求だからな。個別の弁護士がそれらに対して不当であり業務妨害として訴える権利はある。

  72. 雪風 のコメント:

    小坪議員の電光石火の行動、改めてその凄まじいばかりの戦闘能力に深く感銘致して
    おります。いつも有難うございます、そして申し訳なくもあります。
    保守速報さんの「市議 保守速報のコメント欄を国会議員に紹介します」スレで、
    小坪議員のコメに対する私のコメ(594)が赤字で掲載されていました。びっくりです。
    昨夜、「たまたま近くを通りかかった安倍総理とハイタッチをする夢」を見ました。
    夢の中の安倍総理は本物より小柄で少し猫背気味、柔和なお顔でほんのり暖かい
    手でした。その後会議室の様な場所に行き、国会議員の先生方の前で、何故か
    政治家になった和田アキ子が朝鮮学校の助成金の正当性を訴え、私が一言二言
    反論する、といった内容でした。安倍さんじゃなくてもいいから、リアルで小坪議員
    とハイタッチ出来れば嬉しい限りです。
    さて悪魔の提唱者様、あなたは余命読者のS様にかなり執拗に絡んでおられましたね。Sさんの個人情報を把握していて、脅しともとれる事を延々と書かれており、びびりな
    私は恐怖と共に怒りを感じました。Sさんはとても真面目で知識欲旺盛な方です。
    余命ブログでSさんのコメントがしばしば取り上げられていたので、目障りだと思った
    んですか?それともあなたがいくら恫喝しても、黙らせる事が出来なかったから?
    ま、それはこちらに置いておいて、あなたは懲戒請求者の救済を依頼すると見せかけ
    て、小坪議員や余命様、そして余命クラスタを大層愚弄されてますよね。
    あなたは私達懲戒請求者を羊扱いされた方と同じ臭いがしますよ。まるで双子みたいに。今はブロックされてますけどね。
    しばき隊が動き出した、などそんな事がすら?っと出るところあなたの恐ろしい
    ところです。ちんぴら暴力集団のしばき隊が動き出す、即ち悪徳弁護士から流出した
    懲戒請求者リストを元に、脅迫と暴力で日本各地の余命クラスタをぶちのめしに行く
    それが嫌なら弁護士に謝罪して迷惑料を払え、と言いたいんでしょうか?
    いえ、否定しなくてよろしい。恐喝されている私の様な弱者はそう解釈する以外にありません。
    でもね、もういいんですよ。あなたの役目は終わったんです。小坪議員を翻意させる
    力量はあなたには微塵もありません。冷徹な理論武装と深い情を併せ持ち、更には
    どこまで掘っても底が見えないくらいの人脈をお持ちの小坪議員が、あなたの様な
    言葉でころりと参る訳がないではありませんか?ご自身を炎上させてでも「取りに」行く方なんですよ。だから悪魔の提唱者様、ゆっくりお休み下さい。。。

  73. ワーゲン@余命スレ のコメント:

    https://www.nichibenren.or.jp/library/ja/autonomy/data/kouki_flowchart.pdf
    こんなフローチャートを見つけましたが…
    ささき弁護士たち、えらい事をやらかしてしまったのでは?

    • 悩み中 のコメント:

      これはどう読めばいいのですか?

    • geheimnis13 のコメント:

      左様ですねぇ。
      個別の弁護士に対して懲戒請求を行いましたが、訴え先はあくまでも「弁護士会」。弁護士個人が懲戒請求の是非を判断するのではない。
      (そのための「弁護士自治」)
      間にいるはずの「弁護士会懲戒委員会」や「日弁連懲戒委員会」を飛ばしているのですよねぇ。
      それに、「弁護士の自治を空文化」と見做せるような行為。

      • 悩み中 のコメント:

        ありがとうございます。
        弁護士さんって適当なんですね。
        もっときっちりやってるもんだと思ってました。
        いざという時の突っ込みどころが増えました。
        余命さんの更新もあったので悩むのやめときます。(‘◇’)ゞ

  74. 余命戦士の端くれ のコメント:

    何人かレス貰ったので

    特に荒らすつもりも分断工作でもありません。
    分断ととられる可能性もわかってて書きました。
    大同団結もわかります。小坪先生が何を話したかはわからないし、小坪先生は餌を撒いている可能性があるのもわかります。その場合私の指摘はあまり公表しない方がいいのもわかります。
    ただですね『これでなんとかなりそう』『安心できた』(実際に何て書いてたかは探す時間がないのでご容赦)と言う印象のコメントが何人か見受けられましたのでね、実際に請求を出した人間は会長と話をして頂く事で安心するような気持ちではやっておりません。むしろそれで安心するようなら何で出したんだって思います。反撃覚悟で臨んだ戦いであり、私が読んだコメントの方がもし請求者だったとしたら明らかに怯んでます。怯むのは仕方ありませんがここは踏ん張り所、気を緩める時ではありません。勝って兜の緒を締めよ、一撃されたところで怯んで鋭気を立て直さず安心してしまっては次に必ずくる一撃に心は折れるでしょう

    ピリピリした中でも気持ちを保って次の一撃をまっている人達に表面的な安心材料になるような物は士気を削る材料ともなり得るとの思いで書きました。

    ついでにこのやりとりで気づいた事ですが『分断工作』この言葉でのレッテル貼りは時にその発言者も知らず知らずのうちに分断工作をしてしまっている事もあるんだなと、容易く使うべきではない言葉だと思い知らされました。

    最後に、私が怯んだとしたコメントの方々が請求者ではないとしたら失礼な発言だと思いますのでお詫びします。

  75. 異議あり のコメント:

    今日は妙に、この記事のつぶやきへの雑な罵倒リプライが多いんですがどうかしたんでしょうか?
    変なのがわくのはいつものこととはいえ、新顔がとても多い……何故……

  76. パコリ〜ヌ(髭) のコメント:

    マスゴミ
    日弁連
    日教組など
    日本人と敵に乗っ取られた組織との戦いに皆さん興味あるんじゃない?
    アタシも兵役義務を無視して密入国してる疑いのあるコリアンを20人位入管に通報したし、ねッ?

    小坪議員の言う通り国会議員がどう動くかよね
    気分を悪くされたら申し訳ないけど、さながら960人の方々は李承晩政権に虐殺された竹島漁民のよう
    自国民を救えない政治家を支持できないなんて当たり前よね

  77. babelap のコメント:

    この人これで「圧力かけてやったぜ」みたいな顔してる感じなんだよなぁ。イキり政治家という印象がねっちりついてしまった。http://www.data-max.co.jp/300501_dm1777/

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください