【拡散】朝鮮学校への補助金を全額削除した都議、吉田康一郎が #中野区 長選に出馬予定【応援する人はシェア】


 

 

議場にて「朝鮮学校」について言及し答弁を求めることがどれほどの覚悟を要するか、想像できるだろうか。言うは易しだが、”様々な圧力”がある中、公式の場で発言することがどれほどのことか理解できるだろうか。
自らの意思で選挙を戦い、皆様のお力添えを頂いてバッチをつけているわけだが、それに相応しい覚悟を持っている者は多くはない。また、能力も併せ持っている人材となると、さらに人数は限られてくる。

東京都において【朝鮮学校への補助金がカット】された。これは議会において一般質問が行われたからなのだが、その時にタイトルは『朝鮮学校への補助金全額削除を』というもの。これは、東京都議会の議事録に未だ公開されている。その際に質問に立った都議会議員が、吉田康一郎氏である。

6月3日告示の中野区長選に出馬の意向を示している。

吉田康一郎、その能力は凄まじく、行政側としても充分に通用するものだ。私のように、質問側で斬り込むことのみに長けた者は(つまり突破力や攻撃力、専門色)、議員が似合っている。だが、答弁する側の行政となると、また異なる能力(総合力や防御力)が求められてくる。保守系において、この能力を有する者は少ない。
実際に、朝鮮学校の予算が凍結された際の議事録を紹介する。

その伝説の質問は、平成22年第4回定例会 一般質問にて行われた。
警視庁とは、東京都を管轄する警察組織だ。そのため、東京都議会では答弁者には警視総監が立つわけだが、「朝鮮総連及び朝鮮学校に関する警視庁の認識」を引き出している。警視総監の答弁とは、警視庁の意向となる。対北朝鮮政策にも強い影響を与えたと推察され、いまだ有名な議事録だ。

朝鮮学校の補助金削除は、その後、知事が何人変わっても今も続いている。
ここが実は重要です。後の知事まで縛る事ができた立論だったということです。
当時、朝鮮学校の補助金の削除は議論はされていたが、実際の削除は初めてであり、首都東京都の実施は、全国の自治体に影響を与えました。北朝鮮の度重なる暴挙もあり、ついには国が通達を出すにまで至りました。今回、紹介するのは、その議事録になります。

質問においては【公安調査庁が提出した答弁書が閣議決定されましたが、その答弁書によると、朝鮮総連と朝鮮学校の関係について、密接な関係にあり、学校の教育内容や財政、人事に影響を及ぼしていると認識しているとされており、もとより朝鮮総連は北朝鮮政府がみずからの出先機関として取り扱っています。

そこで、こうした閣議決定などを踏まえ、治安責任を有する警視庁の北朝鮮、朝鮮総連、朝鮮人学校に対する認識を伺います。】という、斬り込み方。

議会慣れした方からすると、上手いな!と感嘆するだろう。ここは、吉田氏の個人の考えではなく、あくまで閣議決定された資料を踏まえた形とし、ここまでのことを述べつつも半身ずらして被弾を避ける。あわせて行政には、国が決めた内容を踏まえて、と回答を迫るわけだ。ここで回答を求めた行政とは、警視総監である。

ネットが今ほど台頭する前のこと。ここまでのバトルが、確かにあったんだよ。古参の保守は、この名をよく覚えているだろう。吉田康一郎が、中野区長選に出馬予定。

楽観はできない。相手は現職ゆえ相当な苦戦が予想される。だが、仮に奇跡を手に入れることができたならば、東京都全体に、そして日本全体に激震が走るだろう。僅か一議席を与えれば、朝鮮学校の予算を全額削除した男だ。彼が政界に戻ってくれば、どれほどの衝撃を与えるだろうか。仮に区長になれば、その職権においては「外国人の生活保護」を撤廃したり、パチンコに地方税をかけたりと、やれることは無限にある。

政治家は、たらればの話はすべきではないと前置きはするが、我々に奇跡を与えて頂けたならば、私は吉田区長に「要望活動」を行うだろう。そして、吉田氏は、それを受けてくれると信じる。

余談になる。私と吉田康一郎をつないだ国会議員は、実は西村眞悟先生だ。
当時のエピソード、私が市議になる前の、古い古い話もしていこう。思えば、あれは九年ほど前になる。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

朝鮮学校への補助金全額削除を
伝説の一般質問、朝鮮学校の予算を全額カットしてしまった、最強の名を欲しいままにしたと議会議員の議事録をご覧いただきたい。
平成22年第4回定例会 一般質問、である。

冒頭では、閣議決定資料を用いて行政を追い込んでいき、答弁を固めてのち自論展開や要望を出していく。
オーソドックスな手法だが、このレベルでやれる議員は限られている。

しかも、この質問は8年ほど前のものであり、ネットからの援護射撃などなく、単騎特攻で答弁をもぎ取ってきているのだ。
そもそも答弁を求めた相手は、警視総監である。この答弁は、警視庁の意向そのものを方針づけるものであり、のちの対北朝鮮政策にも多大な影響を与えたと推察される。

 

質問1 吉田康一郎君

 次に、朝鮮学校への公金補助問題について伺います。

 公安調査庁は、「内外情勢の回顧と展望(平成二十二年一月)」の中で、「朝鮮人学校の思想教育について」と題し、次のように記述しています。

 朝鮮総聯は、朝鮮人学校での民族教育を「愛族愛国運動」の生命線と位置付けており、学年に応じた授業や課外活動を通して、北朝鮮・朝鮮総聯に貢献し得る人材の育成に取り組んでいる。

 朝鮮人学校では、一律に朝鮮総聯傘下事業体「学友書房」が作成した教科書を用いた朝鮮語での授業を行っている。

 例えば、高級部生徒用教科書「現代朝鮮歴史」では、北朝鮮の発展ぶりや金正日総書記の「先軍政治」の実績を称賛しているほか、朝鮮総聯の活動成果などを詳しく紹介している。

 朝鮮総聯は、このほか、教職員や初級部四年生以上の生徒をそれぞれ朝鮮総聯の傘下団体である在日本朝鮮人教職員同盟や在日本朝鮮青年同盟に所属させ、折に触れ金総書記の「偉大性」を紹介する課外活動を行うなどの思想教育を行っている。

 また、報道によれば、朝鮮学校の教員の人事権は金総書記が握っている、朝鮮学校校長は最重要ポストであり、朝鮮総連内の最重要幹部である中央委員でなければならない、中央委員の人事は、北朝鮮本国の朝鮮労働党の承認のもと、金総書記の決裁が必要とされる、高校の校長は、北朝鮮にとって信じるに足る教育革命家だということです。

 また、朝鮮労働党の対南工作部署である統一戦線部に所属していた元幹部の張真晟氏は、朝鮮学校で使用されている教科書は、日本の朝鮮大学校で作成された草案が北朝鮮に送られ、修正された上で、金総書記が目を通してサインして決裁すると明言しています。

 先般の公安調査庁が提出した答弁書が閣議決定されましたが、その答弁書によると、朝鮮総連と朝鮮学校の関係について、密接な関係にあり、学校の教育内容や財政、人事に影響を及ぼしていると認識しているとされており、もとより朝鮮総連は北朝鮮政府がみずからの出先機関として取り扱っています。

 そこで、こうした閣議決定などを踏まえ、治安責任を有する警視庁の北朝鮮、朝鮮総連、朝鮮人学校に対する認識を伺います。

 

答弁1

警視総監
 北朝鮮、朝鮮総連及び朝鮮学校に関する警視庁の認識についてお答えいたします。

 初めに、北朝鮮についてでありますが、北朝鮮は過去に、ビルマ・ラングーン事件や大韓航空機爆破事件等の重大な国際テロ事件、あるいは拉致容疑事件を引き起し、さらには依然として「よど号」ハイジャック事件の犯人グループがとどまっていることなどから、十分な警戒が必要であるものと認識しております。

 次に、朝鮮総連についてでありますが、朝鮮総連は、北朝鮮を支持する在日朝鮮人等で構成された団体であり、その綱領等から見て、北朝鮮と密接な関係を有する団体であると考えております。

 最後に、朝鮮学校についてでありますが、朝鮮総連と密接な関係があり、教育内容、人事及び財政について、朝鮮総連から影響を受けているものと認識しております。

 警視庁といたしましては、公共の安全と秩序の維持という観点から、こうした北朝鮮及び朝鮮総連の動向について重大な関心を払っており、具体的な刑罰法令に違反する行為があれば、これに対して厳正に対処してまいります。

 

質問2 吉田康一郎君

 朝鮮学校で行われている教育は、金日成、金正日を極端に神格化し、朝鮮戦争や北朝鮮のテロなどをすべて韓国や米国の責任とするなど、著しい虚偽の偏向教育であり、特に、北朝鮮による拉致問題については、現代史の教科書で、二〇〇二年九月、朝日平壌宣言発表以後、日本当局は拉致問題を極大化し、反共和国、反総連、反朝鮮人騒動を大々的に繰り広げることで、日本社会には極端な民族排他主義的雰囲気が醸成されていったとだけ記し、金正日が拉致を認めて謝罪したことや、朝鮮総連が拉致はでっち上げだと強弁してきたことに謝罪したことを全く取り上げず、家族らの被害者救出への努力を反朝鮮人騒動、民族排他主義だと非難しています。

 このような朝鮮学校の教育が、教育基本法第二条の教育の目標、他国を尊重し、国際社会の平和と発展に寄与する態度を養うこと、北朝鮮人権法第二条、国は、北朝鮮当局による国家的犯罪行為である日本国民の拉致の問題を解決するため、最大限の努力をするものとする、に明白に違反しており、公的補助には適さないという議論が与党民主党内を含め多数出ているのは当然です。

 また、朝鮮学校が、実質的に日本の公の支配ではなく、北朝鮮の支配に属していることは明白です。朝鮮学校に対する知事の認識を伺います。

 

答弁2

知事
 朝鮮学校に対する認識でありますけれども、北朝鮮は、いまだに解決の道筋が見えない拉致問題を初め、先日の韓国の延坪島への砲撃など、その行動は常軌を逸しているというか、言語道断であります。それを正当化するような教育も朝鮮学校で行なわれているとすれば、これは本当に看過できない問題でありまして、やはり彼らが過去の歴史のトラウマを抱えているのはわかりますけれども、しかし、この時代になお日本に在住しながら、その子弟に、自分が在住している国に敵意を持つような、そういう教育をもし続けているならば、これは決して好ましい存在とはいえないと思います。

質問3 吉田康一郎君

 東京都は、昨年度、二千三百五十七万円の補助金を都内の朝鮮学校に支出しています。九月七日、知事は、拉致被害者家族会の飯塚繁雄代表が朝鮮学校に教育内容を問わないまま補助金が支出されている問題の見直しを要請したことに対し、家族の心中を察するに余りあることだ、反日教育をやっているのに補助金を出すなんて信じられない、反日教育を今でもやっている学校に日本人の学校並みに手当を出すなど外国じゃ考えられない、都は考え直すと明言されました。

 他方、政府は、高校無償化事業について、北朝鮮に制裁を行っていることなどを理由に、朝鮮学校への適用を先延ばしにしてきましたが、十一月五日、教育内容を問わずに適用を決めるという理解しがたい基準を文部科学大臣名で公表する一方、公金補助の決定前に、拉致問題に関する部分など明らかにおかしい教科書記述の改善を求めるとしました。

 ところが、その手続が始まる直前の十一月二十三日、北朝鮮が韓国への無差別砲撃を行ったことを受け、手続を停止いたしました。この砲撃についても、関係者によれば、朝鮮学校では、砲撃は南から始めた、韓国の民間人に死者が出ているというのはでっち上げだとの教育を行うよう、総連から指示が出ているとのことです。

 このような現状を踏まえ、都の来年度予算の中で朝鮮学校への補助を全額削除すべきだと考えますが、知事の見解を伺います。

 

答弁3

知事
 ですから、この朝鮮学校への補助金についても、平成二十三年度予算については、現在まさに編成段階にありまして、補助金の扱いに関してはしかるべき時期に判断いたしますが、何よりも朝鮮学校への補助金は、都議会の要望を受けてかつて創設された経験がありまして、まず、議会の方でしっかり議論していただきたい。そうした議論を踏まえながら、これからも都として判断をしていきたいと思います。

 

 

上手いやり方だなと思ったのは、知事から「議会が決めたんだ、議会で先に話したら?」という答弁をとっている点。こんなことを言われれば、議会だって怒るだろう。

だが、知事がこんなことを言い始めるにあたっては、議員として質問内容で「相手を煽る」とか「答弁せざるを得ない」状況に追い込むしかない。この短い質問で、”オーソドックス”な手段が、超高速で網羅されているわけだ。

私は東京都議ではないので、中で何があったのかは知らない。
だが、以下の報道を紹介しておこう。

 

 

報道の紹介 2010/12/24付。

東京都、朝鮮学校への補助金を凍結

 

 東京都は24日までに、都内の朝鮮学校に対する今年度分の補助金の交付を当面凍結することを決めた。北朝鮮による韓国への砲撃事件後、国が朝鮮学校への高校授業料無償化制度の適用に必要な審査手続きを一時停止したことなどを踏まえた。凍結の解除は知事が判断するという。

(後略)

 

 

 

結末だけを知る者は多いと思うが、その背景にあった議員の戦いを知る者は少ない。
このような議事録が公開されている事実すら、知らぬ者がほとんどだろう。

 

 

 

 

吉田康一郎のキャリア
保守として知る者も多いだろう。
本人のHPより抜粋する。

議会外
・アジア自由民主連帯協議会 副会長
・日本沖縄政策研究フォーラム 理事
・北朝鮮に拉致された日本人を奪還する地方議員の会
・チベット自由人権日本100人委員会 委員
・日本ウイグル地方議員連盟 副会長
・草莽地方議員の会 会員
・国民の知る権利を守る自由報道協会 理事
放送法・電波法の改正問題にも取り組んでいます。

都議会内では、北朝鮮による日本人拉致問題の完全解決を図る議員連盟 幹事、防災都市づくり推進計画・促進議員連盟、防衛議員連盟に所属。

 

 

保守派は、ここだけ見れば納得するのだろう。
だが、吉田氏の「本当の価値」は、ここではない。
実務能力に長けている点だ。

行政の長に求められるのは、まずもって「高い実務能力」であると確信する。
はっきり言うが、「?保守で低レベル」か「?左翼だが数字に強い」で選ばねばならぬなら、首長選挙に限定すれば、(仮に左翼であっても)数字に強い実務者を選んだほうがいい。

その町が崩壊してしまうからだ。

 

その能力とは凄まじく、行政側としても充分に通用するものだ。私のように、質問側で斬り込むことのみに長けた者は(つまり突破力や攻撃力、専門色)、議員が似合っている。だが、答弁する側の行政となると、また異なる能力(総合力や防御力)が求められてくる。保守系において、この能力を有する者は少ない。

攻撃(質問能力)には長けていても、防御(答弁能力)には欠ける。
保守陣営のジレンマと言ってもいい。単に激しいだけでは駄目なのだ。

 

都議を二期つとめており、常任委員会(厚生委員会)にて委員長も努めている。
キャリアとしては、経団連事務局(現日本経団連)。無論、新自由主義者のマッカッカな男ではない。だったら友達になってない。

一緒に意見書(案)を書いたことがあるが、吉田氏の文章校正能力は凄まじく、頭がいいとか悪いとか、速いとか遅いとか、そういう次元を超越している。これが経団連で10年も鍛えられた男のSPECなのかと驚嘆した。

出身大学は、慶応大学経済学部卒。
のち都議選、元法務大臣のもとで政策秘書として3年間、政策立案に参画。
そして都議として二期の当選。

基礎の力が、段違いなのだ。

 

 

 

西村眞悟との出会い
私はかつて、府広報テレビの開設に関する請願を提出しています。
これは国会法に基づくもので、現職国会議員が紹介議員にならねば提出できません。
その紹介議員の一人が、西村眞悟先生でした。

 

この請願は、ネットを発祥とした大規模請願の「はじまり」であり、私が初めて提出した請願です。171国会、いまより9年前の国会のこと。

 

クリックして下さい!(請願の要旨 国会HPより。)

第171回国会 請願の要旨

新件番号 2117 件名 政府広報テレビの開設に関する請願

 NHKを含むマスコミの報道では、政府の記者会見の内容は必ずしもすべて伝わらず、国民の知る権利が保障されていない。是正として政府広報テレビの開設を求める。(一)各社営利企業のため、スポンサーの意向などにより事象の取扱いが異なり、政府として発信された公式の発表が、偏向されて国民に伝達され、民間企業に依存する形でしか国民は政府からの見解を知ることができない。(二)民放各社が企業であり、放送時間の制約がある。多様な勤務形態がある現在、ライフスタイルも様々であり、情報を求めても多くの国民は手段が存在しない。(三)時間枠の制限から、重要な会見も一部しか報道されず、政府の見解が断片的に伝わり、仮に、恣意(しい)的な編集が行われれば、政府見解をねじ曲げ、印象操作すら可能である。(四)インターネットを使い首相官邸サイトや官公庁サイトから、自由に情報を入手できるが、インターネットが苦手な人、パソコンを持っていない人には不可能であり、世代、スキル、経済状況によって情報格差がある。(五)政府広報チャンネルがあれば、緊急情報も常に流せるようになり、業種によらず、時間の制約を受けず、「このチャンネルに合わせれば、公式の政府発表を知ることができる」という状況にないことは、生命にかかわる問題である。
 ついては、次の事項について実現を図られたい。

一、首相官邸の記者会見、国際会議などでの演説、官公庁からの公式記者会見など、日本政府広報内容(災害時には緊急放送)を、完全に最初から最後まで加工しない形で繰り返し放映する無料地上波政府広報テレビの開設をすること。
 1 日本政府から日本国民への発信情報であること。
 2 一?三時間程度の同一内容を二四時間放送し続けること。
 3 公費で賄い、国民が無料で利用できること。簡便に情報を入手できるよう、地上波であること。
 4 可能な限り、加工(削除・短縮)を行わず、忠実であること。
 5 印象操作につながりかねないため、余計な解釈・専門家による解説などを含まないこと。

 

 

 

当時、まだネットの力は弱く、私と吉田さんが直接に知り合うことは難しかったように思う。

請願の紹介議員になって頂いた御礼を伝え、西村眞悟先生に「私にできることはないか?」と尋ねたところ、まさに行われていた東京都議選に応援に入ってくれ、と言われました。その候補こそが、吉田さんだったのです。

 

実は、民主党の候補でした。
ゆえに、朝鮮学校の予算が凍結された質問も、民主党の都議として行っています。

私のBlogを読んでいる方には常識でしょうが、当たり前と言えば当たり前なのです。
ネットが誕生して以降の歴史では、「民主党=左翼集団」でありますが、かつては民社党という『労組を支持母体とした、自民より遥かに右』の政党が存在したからです。

西村先生が拉致問題を国会で追及した際も、民社党の議員として、でありました。
(※ 社民党ではありません。)

のち党勢を失った民社党は、野党の離合集散において「民主党に吸収」されます。
ゆえに、吉田氏の経歴として、特に触れるべきは【東京民社協会 副会長 (?H24.11.20)】かと思います。

吉田さんは、民社協会の、まさに秘蔵っ子として大切に育てられた、まさに政治家として戦うために英才教育を施されてきた一人であると思います。

最初の選挙は、自由党から。
保守として政界に飛び込んだのに、左翼の民主党に吸収合併されてしまう。
維新、満を持しての次世代への移籍、
そして、待ち受けていたのは、地獄。

ここまでの人材を、ここまで国家に尽くした者を、
保守派は忘れ去り、在野に置こうというのか。

 

あの日、眞悟先生は、まだ若かった。
のち何度もお会いしたが、徐々に年を感じさせるようになりました。
私は、まだ市議にもなっておらず、保守系のロビイストとして。

もう、あれから10年になります。
ご縁を頂いた西村先生もご子息が出馬、その名誉を守るべく私が立ち向かったり。
時代は随分と変わりました。

 

吉田さんの事務所に初めて行ったとき、「応援に行くように言われたんですが」と言ったのですけど、話が通っていなくて、「誰?」からスタート。最終日まで残って、自転車とか乗ってた姿を

私が行橋市議に当選した際、とても喜んでくれましたね。最初は、いぶかしげな眼で見ていたのですが、とても仲良しになっていきます。

赤旗問題を追及する過程で、私が爆破予告を受けた際、そして行橋市議会が謎の決議を下した際、とても怒ってくれましたね。
偶然だと思いますが、行橋市議の関係でいくと、関東圏、特に経団連などの大手とのビジネスが「軒並み、大失敗」になっているという噂がありますが、きっと気のせいでしょう。
何かの呪いがあるのだとすれば、それは向こう10年は継続するように思います。

 

吉田さんと喧嘩は、したことはありません。
ずっと仲良しです。

ですが、模擬戦ならばしたことはあります。
吉田さんからも殺気を感じましたし、私もとる気で挑みました。
議員とは、相手の思考を読みつつ、いかに後ろに回り込んで撃ち抜くか。
誤解のないように言えば「性格の悪いほうが勝つ」みたいなところもある。

頭脳戦と言うか、知識戦というか。
目の前に三次元の盤面があり、艦隊決戦を挑むかのように。
叩き潰そうと思って全力で撃つんですが、なかなか撃破できません。
後ろをとられて、やられかけたこともある。

仮面ライダーの1号、2号、戦い方が違うように、吉田さんと私も戦闘手法が相当に異なる。
それぞれに得意分野もあるが、戦略的にスナイパーのように動く吉田さんに対し、手数で負荷をかけていく乱打戦みたいな私。
互いの抽斗を全力であけ、撃ち合うと本当に楽しい。

 

本気で頭脳戦みたいなものを、模擬戦闘でやれる相手も少なくて(恐らく互いに。)
時間を見つけては、「議会ごっこ」みたいな、質問の練習みたいなものをやるのですが、どっと疲れます。

見ていた人は、νガンダムとサザビーが、ファンネルを100発ぐらい出しながら死闘を演じているようだと言っていました。

きっと、私は、吉田康一郎と同じ時間を過ごしてきた。
いま「最強の地方議員」として名を馳せさせて頂いておりますが、私にもかなわぬ存在というものはある。

特に、書類作成能力において、吉田さんにはかなわない。
外国人の扶養控除の意見書、最終的には党内の○×会議を突破し、会計検査院までが動いたあの件だが、あの意見書の校正作業をやったのが吉田康一郎です。

保守色がどうとかいうレベルではなく、(もちろん保守ですけれど)単に実務能力が高い。
それは異常なレベルと言っても、過言ではありません。

本日、吉田さんと会っていたのですが、私は彼の資質を強く再確認しました。

 

保守系の議員ならば、いまはかなりの人数がいます。
ですが、保守系の政治家で「行政の長」として通用しそうな人材は、実はほとんどおりません。
私も、その適正は欠けています。立法側に、自らの適性を感じています。

吉田さんは、確実に「行政でもやれる」存在です。

 

 

 

ここまで書きましたが、状況は厳しい。

中野区長選に出馬予定とのことだが、現職の区長もいる。
自民区議も出馬ということで、保守派は3つに割れる。
結果として、立憲など左派が優勢という見立てもある。

 

”政治家ならば、大人になれ”という声が、どこかから聴こえそうですけれど、
友人が一世一代の大勝負に出るとき、動けないやつには、政治なんてできないと思うんだ。

行政トップの力は、絶大だ。
例えば外国人の生活保護だが、最高裁や国の動きを鑑みるに「地方自治体が勝手にあげてる」みたいな解釈になっているようだ。

ならば、行政の長となれば、廃止にすることも可能だろう。
もし区長に当選「したら」、私は要望に伺いたい。
ゲームをしよう、いざ尋常に勝負だ。
(と言っても、双方の意見が合致してしまって、議論がスタートしない可能性もあるけれど。)

パチンコに地方税をかけることも、首長となれば現実味を帯びてくる。
こちらも要望してみたい。

 

 

 

古参保守ならば、知らぬ者はいない。

 

あの男が、政界に帰ってくる。

 

朝鮮学校の補助金全額削除を求め、

 

実際に東京都の予算が凍結された、あの政治家。

 

ネット上でも、すでに左翼の攻撃が始まっている。

 

朝日新聞なんて「吉田さんだけ匿名」にして報じようとした。

 

それだけ驚異的な能力を持っているんだ。

 

単に保守色が強いというだけではない。

 

実査に行政を動かす、その力を持った男。

 

「やる」と決めたら、確実に実行する信念。

 

見た目は優しそうなのだが、

 

まさに最強の名に相応しい、保守派の切り札が、吉田康一郎です。

 

朝鮮学校の補助金凍結、その背景を伝えたい方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

41 Responses to 【拡散】朝鮮学校への補助金を全額削除した都議、吉田康一郎が #中野区 長選に出馬予定【応援する人はシェア】

  1. medakanoon のコメント:

    【拡散】朝鮮学校への補助金を全額削除した都議、吉田康一郎が #中野区 長選に出馬予定【応援する人はシェア】 議場にて「朝鮮学校」について言及し答弁を求めることがどれほどの覚悟を要するか、想像できるだろうか

  2. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    『朝鮮学校への補助金を全額削除した都議、吉田康一郎』
    これまた、タイムリーですね。

    都議会は反論出来ずに、形式的にも「朝鮮学校への補助金を全額削除」に至らざるを得なかったと記憶しております。

    おやっ?
    最近、”朝鮮学校への補助金”に絡んで、弁護士の懲戒請求が殺到したとか何とか。
    まぁ「弁護士会国」とか言う、国際的に国家と認められる国の話なら、”朝鮮学校への補助金”の支援もアリのなかも知れませんね。
    国連が全会一致で制裁に踏み切った北朝鮮への支援は、グローバル化とはかけ離れていますけれど。

    • テロ指定共産党 のコメント:

      櫻盛居士様のコメントで気付いたのですが、裁判員制度の切っ掛けが、弁護士、検察官、裁判官は世間の常識や世界情勢に疎い方が多いため、民意とかけ離れた判決が下されるのを防ぐ為に、導入されたと思っています。

      井の中の蛙さんです。

      但し、在日さんや帰化人さんの司法関係者は同胞を守る意識が高いため、不可解な裁判が意図的に行われやすいと感じています。

      つまり、司法人として国民を裁く立場の方々は、裁判時には在日、帰化を公にする必要が有ると思ったのです。

      国民を裁く権力を与えているのですから、個人情報保護の対象にはならない立場だと思いますし、差別でもないと思います。
      .

      • 櫻盛居士 のコメント:

        裁判員制度検討時は、おパヨク様にも精力的に導入を働きかける勢力も存在したのですが、実際に導入してみると裁判官より厳しい判断を行う事が多かった様で、現在では共産党系の勢力が裁判員辞退を促している様ですね。

        これらの実績を鑑みれば、意図がミエミエですね。

  3. 波那 のコメント:

    東京って、えっ何で?という候補を当選させる人達が大勢居る地域なんですよ。蓮舫とか山本太郎とか有り得ないでしょう?本当に驚愕したのです。世田谷区なんて社民党出身の保坂展人ですよ。頭クラクラしてしまいます。多分、在日がいっぱい潜り込んでるキー局のせいですね。テレビの視聴率も高い地域ではないでしょうか。

    だから油断しないで下さい。きっと大人数の余命読者の方達や保守ブログが大団円となり力を発揮して下さるんでしょうね。吉田康一郎さんを政治の世界に戻して上げて下さい。多分、鈴木信行さんも応援に入られるのではないでしょうか。あの方も信念を持つ立派な方ですね。鈴木信行さんのブログもお読みになって下さいね。皇室揶揄ブログおばさんが相変わらずタムロしています。消えて欲しいです。

    • 琵琶鯉 のコメント:

      是非とも、吉田さんには当選して頂きたいですね。私には残念ながら選挙権はありませんが、知り合いの知り合いを探してみますね。

      そこで、提案です。貴重な中野区の選挙権をお持ちの方には、是非とも選挙に行くのは当然ですが、ご近所の高齢者の方々と一緒にお誘いして、期日前投票や投票当日に選挙に行って下さい。また、若い方々もお友達を誘って選挙に行きましょう。
      その時には、必ず「油性の極細マジック」を持参しましょうね??

      以上、このミッションが成功する事を願っております。

  4. 波那 のコメント:

    日弁連の弁護士神原元が「朝鮮学校の子供たちに、日本人の子供と同等の配慮を求めるのは、どう考えても道理にかなっている」と言ってるそうです。全く全然、道理にかなっていませんね。日本に居座って居る在日って我々の国が引き入れ連れて来た人達ではなく、我々の同胞が無理矢理拉致され、さらわれて北朝鮮に囚われているのと全く訳が違うんですから。戦前から日本に居る人達は終戦後にGHQ の帰国事業で140万人を帰国させていますし帰ろうとすれば自由に帰国できた人達です。さらにその後、北朝鮮への帰還事業などで10万人が帰国しました。在日はその時に帰国せずに居残った人達と、あとは朝鮮戦争中に戦災と李承晩の赤狩り粛清から逃げて不法に入国した密航難民です。戦時中の徴用者なら245人のみ <1959年、発表当時の記事?大半、自由意志で居住 戦時徴用は245人>
    1959年7月13日 朝日新聞 2面 (記事は検索で参照)

    その他、在日の人達が好きなキーワード”強制連行”されて来た人なんか所謂一世は日本には一人も居ませんでした。彼らは日本人が自由を奪って帰国を留めたことなど一切ないのに居座って居るだけですから。無理矢理連れて来た訳でもない、自由を奪って引き留めている訳でもない人達の教育費まで、そんなこと知らないでしょう!何が何でも日本に居座って日本を内部から蝕み崩して行く為に憎しみを植え付ける教育をしたいというなら在日同胞がカネを出し合うなり本国に支援を頼むべきですね。

    戦時中の日本は既に食糧難に陥っていたと言うのに、何十万人も連れて来る訳がないでしょう。日本政府は半島から入り込んで来る人達の流入に悩まされ入国制限もしていたと言うのに。本当に嘘つきな人達ですね。

    • テロ指定共産党 のコメント:

      波那様のコメントで気付いたのですが、南北朝鮮が休戦状態を維持し続けるのは、戦争状態を続けることで、日本に住む朝鮮系在日さんが特別永住権を維持出来ることも一つの要因かと思いました。

      祖国統一や和平に向かわぬように、北を追い詰める安倍総理の失脚が絶対に必要なのかと。

      執拗で異常なモリカケ裁判ごっこの意図も、同胞の権利を守るためなのでしょう。
      .

      • 波那 のコメント:

        拉致被害者を全員取り戻して、北朝鮮からきれいさっぱりと核も生物兵器も取り除いたら東アジアに平和が訪れますね。まだ米朝会談の結果待ちですけれど。その次には中国に侵略されないように憲法改正して国防強化して備えなければなりませんが。

        日本には色んな国の外国人が住んでいますが、日本に敵愾心を持ち日本を乗っ取ろうとしているなんて在日朝鮮人だけです。戦争終結宣言で難民対象に与えている永住許可は取り消しになることになっている筈。政府には強い態度でのぞんで頂きたいです。もう日本人が我慢をしなくなってきていますから。

        何かと口を開けばヘイトだ差別だと言っていますけれど、朝鮮とは戦争していないのに、この民族と関わったばかりに一体どれだけの日本人が命を奪われて来ましたか。隠蔽され教えられてこなかった。

  5. 金木犀 のコメント:

    毎日、読みごたえのある記事をありがとうございます。

    『もえるあじあ』さんでも何度かまとめられておりましたが、選挙妨害が本当に酷いみたいですね。
    それだけ、左派から畏れられている、という事だと思いますが。

    東北の空の下から応援しています?
    吉田候補、支援者の方々の武運長久をお祈りいたします??

  6. 土方歳三ファン のコメント:

    自分の意志とは無関係に幼少時から二十歳くらいまで〇〇学会員でした。
    当時よく組織のなかで言われていたのは
    「弁護士、官僚、医者になれ、勉強して偉くなれ、出世しろ」と言うことでした。
    政治家になれ、と言うのはあったかどうか記憶が定かではありませんが。

    当時は「組織の発展と布教の為なのだなぁ」と思っておりましたが
    もっと遠大な目的が、組織を超えてあったのだと気づきました。
    いろいろな半島系組織や左派系組織は、長い時間をかけて、そうして組織内の子供たちを育ててきたのだと思います。

    比較して、普通の日本人はそうやって育つ子供は少ないと思います。

    力を、立場を持たなければ負けるのは当たり前なのですよね。
    吉田氏にも小坪氏にも、もっともっと、力と立場を持っていただきたいです!
    願っています!

    • 土方歳三ファン のコメント:

      小坪氏へ

      大変お忙しいところ恐縮ですが
      私の上コメント中に、不適切な配慮の無い言葉を使用してしまいました。
      このコメントにお気づきになられましたら
      当コメントと上コメントの二つを削除していただけますでしょうか。

      無作法をお許しください。

      吉田氏の必勝を願っております!!

  7. まかろん のコメント:

    はじめまして
    小坪議員の「統制射撃」は「新兵器の実用試験」どころか、反日特亜勢力の眉間に次々と実弾が突き刺さっています!
    パヨクが乗っ取ったハングル板余命スレは愛国者によって奪還され、余命四代目様が再び愛国の道を説いておられます。余命を信じる皆様のご参加をぜひお待ちしております!
    https://lavender.5ch.net/test/read.cgi/korea/1527674111/

  8. 町工場の親方 のコメント:

    文武両道
    吉田浩一郎氏の一面
    もうかなり前のことでが、吉田浩一郎都議の支援者が浅草雷門の有名なすき焼き店で懇親会を行っことがあります。
    安い会費で美味しいすき焼きを食べた記憶があります。その理由は、吉田都議と店の主人が慶応大学のオーケストラ仲間だということでした。
    吉田都議はオーケストラのクラリネットの奏者で外国への演奏旅行もしたことがあるそうです。
    学生のオーケストラとしてはかなりレベルの高いもので、方や政治家、方や有名すき焼き店のおやじ、二人の趣味、知的、文化的レベルの高さを知り面白く感じたことがあります。
    こういう人に、是非とも当選してほしいと、願っています。

  9. JL のコメント:

    吉田さんの何があっても笑い飛ばしてしまうような明るいタフさが好き。
    御年51歳って絶対思えないけど、これがフレッシュでいい!と捉えられるのか、若輩みたいなイメージでみられちゃうのか、そこが心配。
    活動を知ってる人は絶対彼に一票となると思いますけど。

    絶対勝ってほしいですね!

  10. 日本女性 のコメント:

    エントリ、ありがとうございます。中野区といえば、無能集団の都民ファーストの会現代表の荒木ちはる氏の地元ですが、去年暮れに区長立候補者を公募したものの、落ち目の党から出る物好きはいなかったようですね。

    吉田康一郎氏は頭脳明晰、清廉、まっとうな主義主張、地元と国益を大切にする方ですが、中野って長妻昭議員が強い土地です。首長って大事です。隣の杉並区なんか、山田宏元区長が借金をほぼゼロにしたのに、現区長はあっという間に借金を積みましたからね。応援に行きたい。

  11. 匿名希望の元都民 のコメント:

    吉田康一郎氏は都議時代の2012年3月15日、「ゼロメートル地帯の防災対策について 」質問してくれてるんだよ。
    東京都は海抜ゼロメートル地帯が広がる。
    東京に何十年か住んでいたけど、不安だった。吉田康一郎氏は貴重なお人です。

    http://k-yoshida.jp/cgi-bin/disp.cgi?yearmonth=201203

  12. スカイツリー のコメント:

    小坪先生 いつもありがとうございます。
    いやぁ小坪先生が脱帽する吉田康一郎氏
    区長になったらどうなるのだろう。
    まず治安は良くなるでしょう。
    とはいえ現実は、保守が分散して厳しい戦。
    中野区民ではないし、区民の知り合いにお願いするのが精一杯です。
    頑張って頂きたい。

  13. 小坪さんが応援しはるんやから、私らも応援しまっせ!
    私らはネットでワーワー言うてるだけですけど、議員の皆さんは気の遠くなるようなややこしい仕事をせっせとしてくれてはるんですね。
    小坪さんのおかげで、地方議会のことがいろいろわかってありがたいです。
    吉田康一郎さんにはぜひ当選してほしいですけど、保守系が3分裂って、何やそれ、あかんやん、と不安にもなりますね。
    ところで朝鮮総連と日本の議員の関係、何やこれ、な話を見つけましたんでURLを貼っときました。
    朝鮮総連第24回大会に登壇した日本人たち(国会議員含む)

  14. ななし(文具関係) のコメント:

    琵琶鯉さま および選挙に行かれるすべての方へ

    まず、投票用紙へは鉛筆で記入してください。
    よく不正選挙への対策として「油性マジック」あるいは「油性ボールペン」での記入が呼びかけられています。
    これ、逆効果なんですよ。
    投票用紙はユポ紙と言いまして、すごく大雑把に言えば「紙みたいに加工したプラスチック」なんです。
    普通の紙と違ってインクが染み込みませんから、油性インクは薬品でキレーに拭き取れます。特殊な薬品ですらありません。そこらで売ってる徐行液とかうすめ液とか、アルコールとか。コンビニで買えるウェットテッシュでちょっと拭えば白票の出来上がりです。鉛筆を消しゴムで消すよりずっと楽です。力も時間もいりません。
    また、上記のインクが染み込まないという特性により、乾いてないインクがそこら中にひっつきます。二つ折りにしたらもうベッタリです。ユポ紙は自然に開いてくるので、投票箱の中の周りの票まで汚す可能性も。こうなると無効票発生装置です。
    不正選挙を防ぎたいお気持ち、よーくわかります。
    でも、だからこそ!鉛筆使ってください。
    鉛筆は高齢者などの筆圧を上手にコントロールできない方にも優しい筆記具です。
    そして、消せる筆記具ではありますが、同時に消すのに手間と時間がかかり、消した痕跡が残る筆記具です。
    吉田氏の名前を、みんなで鉛筆で書き込みましょう!

    • 琵琶鯉 のコメント:

      ななし(文具関係)様へ

      そうなんですか。解りました。ありがとうございます。

      ところで、質問ですが、鉛筆にも幾つかの種類がありますが、HB,B,B2,B3,B4,あと色鉛筆の黒とか、みんな同じような感じになるのでしょうか?
      ちょっと、興味がありますね。良ければ教えて下さいませ。(“⌒∇⌒”)

      • ななし(文具関係) のコメント:

        投票所に置いてあるのはまず2Bかと思います。手に力が入りにくい方でも扱いやすい硬さです。
        文具関係はいろいろとお話したいのですが、スレ違いになりますので…
        備え付けの鉛筆ならまず間違いありません。
        貴重な一票、大事に投票しましょう

  15. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    こんにちは、引き続き吉田先生を応援しています。
    この幹部が弁護士の質低下を招いているのでしょうか…

    日弁連の幹部が『拉致被害者の救出を妨害する』最悪な本音を露呈。完全に北朝鮮に味方している模様
    ttp://u1sokuhou.ldblog.jp/archives/50511188.html
    なんて記事だ! 怒りを覚える!
    「ブルーリボンを着けている連中は、拉致問題を政治利用して差別を煽っている」だとさ。
    民主主義が成熟した自由の国であるこの日本に最もふさわしくない団体があるとすれば、それは朝鮮総連と日弁連だ!
    ttps://twitter.com/apio_apio1516/status/1001570998162939905

    7:あなたの1票は無駄
    >>1
    もはや日弁連はパブリックエネミーだな
    (加入を強制される)弁護士会の政治活動は厳罰に処すべき

    いや、家族や当人の人権がまず時系列からして侵害されてるんですがね

    日大もだけど「国家権力の過剰な干渉を避けるための自治」を悪用して、他者に必要以上の干渉やらかす反権力なるファシスト化を阻止するルールが無いのは、日本の自治騙るパヨクを産むシステム上の欠陥を放置してきた結果じゃ無いんかと。

    そりゃ日弁連は在日コリアン弁護士協会と、お勉強会をするくらい仲良しだもんな。

    弁護士は,犯罪者(訴えられた側)の弁護が,おもな仕事だ。しいて言うなら”悪いやつの味方”である。現実ではテレビのように冤罪事件を解決する事など、めったに起こらない、ほとんどは実行した事が明らかな殺人犯や窃盗犯の擁護をする、金の為に被害者を無視して、精神疾患などをこじつけて犯人を有責であると認識しながら無罪にしようとする,今回の件でも弱者を脅迫する本性が露わになったと言えよう。

    弁護士会は弁護士法31条に基づく強制加入の組織。
    その組織が公共に害をなしている現状には、言語司法の改正が必要。
    弁護士の権限に大きく制限を加える必要がある。
    個人の政治信条は自由だが、政治的に偏向した組織的活動は任意の団体に限られるべき。
    強制加入の組織が偏向することは許されない。

    スペインの司法もひどいものです。

    異様に寛大な司法が及ぼす当然の抗議
    スペイン
    ttp://syouji.blog.jp/archives/1071309762.html
    タイムリーな記事をありがとうございます。
    私はオオカミという名前を使っていることが腹が立ちました。
    気高い生き物に対して失礼で、彼らは本来一夫一婦制の生き物です。
    私も管理人さんと同じく、性犯罪が絡んだ事件の裁判官は全員女性か、その友人たちに限定しますね。(略)

    スペインの法律では暴力や脅迫の事実がない限り強姦罪には問われない、と書いてありますが携帯電話で撮影した時点で脅迫になるのでは?
     あとよくわからないのが性的暴行と強姦って同じことじゃないの?

    (略)
    私も十分脅迫だと思いますが、脅迫という概念の違いでしょうか。
    海外の記事にそう記載されており、私も一緒じゃないのかと思ったのですが、性的暴行というのは広い意味をさすようで、厳密には異なるようです。

    みっともない判決なんか出すから凶悪犯罪者やテロリストが図に乗るんですよ
    衝撃的でおぞましい事件が起こっているのに何なんですか?
    ゲキ甘EU司法の本質がえぐり取られてる有名な事件は
    2014年の8月に掲載したバルガー君惨殺事件
    2015年の8月に掲載したノルウェー銃乱射事件
    2016年の8月に掲載したスペイン同時多発テロ
    2017年の6月に掲載したウェストミンスター橋の殺人事件
    2017年の10月に掲載したマンチェスターテロ事件
    今年の2月に掲載したデンマークでのスウェーデン人女性殺害事件
    と簡単にたくさん例を挙げることができます。
    (略)

    犯人自ら撮ってるのに、そのデータを観ても判らないとか、その判断した人達の脳検査した方がいいですね。(略)

    人類の為に犠牲になりつづけていた(感謝感謝)カブトガニがどんどん増えますように

    カブトガニはもう無駄に青い血を流さなくてよいのだ。カブトガニの採血が段階的に廃止されることが明らかに(アメリカ)

    ちょっと前にNHKで、ギリギリまで血を抜かれた上に本来の生息域じゃないところにポイッと捨てられるカブトガニさんたちの映像を見たわ
    確か製薬会社の人は「カブトガニに負担がかかるようなことはしてない」だか「命に別条ない」だか、そんなことをしれっと言っててめちゃくちゃ腹が立った
    いや、お前らが遺棄したそこの浜辺で大量に死んでるだろと
    カブトガニたちに幸いあれ

    今まですまんなあカブトガニさん…
    あんたらの血液に人間は助けられた
    これからはあんたらに頼らんようがんばるからな
    あんたらの個体数が増えるようにがんばるからな

    きっと人は皆何処かでこの青い血に助けられてきたと思うと、この合成品使用が広まる事を祈るしかできない

    透析でこのくらいの針を2本ほどぶち抜くがほとんど
    激痛のため爆睡と呼ばれる一種の気絶に陥る
    人間用針の色だと白は16G。例えばちょっと太い畳針を
    体にぶっ刺すものと同じ感じ。これをカブトガニに刺して
    ストレスにならんと思うのがおかしいぜ

    ※35
    ぶった切られてるんじゃなくて、体をくの字に折られてるんだよ
    関節の柔らかいところから、心臓に針を刺すために

    調べてみたら、アメリカカブトガニから抜き取られる血液の量は血全体の約30%だという。
    人間の場合、体重の1/13(約8%)が血液の量。そのうちの12%は一度に失っても体に影響は出ないが、1/3が失われると生命の危機とされている。200ml献血でさえ貧血起こしてしまう人だっているくらいなんだから、3割の血を抜かれてカブトガニが大丈夫でいられるわけがない。
    生息地とは別の場所に帰されるのは、同じ個体を再捕獲してしまわないようにするため措置だそうだが、ストレスとダメージで死んでしまう個体が大量に出るのはうなずける話。

    2003年に発売された代替薬の普及が長いこと進まなかったのは、供給会社が1社(ロンザ)だけだったため、単独供給依存のリスクを製薬会社が敬遠したこと、さらに、カブトガニの血液を採取・販売していた企業が代替薬に抵抗しつづけたからという。
    状況が変わってきたのは2013年、ドイツのスタートアップ企業Hyglos(現在はbioMérieux SA傘下)がrFCの2社目の供給元になったこと、2016年7月に欧州薬局方でLALに代わる検査法としてrFC使用が認められたことだ。そしてカラパイア記事にもあるようにイーライ・リリーが先日、今後数年でLALの使用を90%減らす方針を明らかにした、と。

    • JL のコメント:

      カブトガニの件は私も心を痛めていました。
      本当にあんなに血を抜いて大丈夫?
      海に戻すってただのアリバイ作りじゃないの?

      今度は増えすぎたからと言って駆除とかはじめないか心配。

      小さいころ海水浴でおしりがチクチクなんか刺さって痛いなと思ってぐいっと引っ張ったら思い切り大きなカブトガニが付いて来てびっくりしたこと、懐かしい。今では一部の海岸にしか産卵しに来ないからウミガメと同じく保護が必要ですね。豊かな日本の海辺を維持したいです。

      すみません、小坪さんの記事とは関係ない感想で。

  16. 60代主婦 のコメント:

    結婚した娘が中野区民です。

    友人も数人おります。

    勿論、電話メール等しました。

  17. 旧新人類 のコメント:

    保守速報によると、沖縄タイムズが現代日本を無理やりポルポトになぞらえる支離滅裂の作文を載せたみたいなんですけど、ポルポトやらヒトラーやらお忙しいこと。ついでにスターリンと毛沢東も出しゃいいのに。大躍進と文化大革命だけじゃあきたらなくて、天安門事件というのもありましたわよね。この件に関する文献としては、「ワイルドスワン」とお勧めします。私はこれを読んで震撼しました。犬HKが「シルクロード」を放映している背後で起きていたことです。中央アジアの核実験、チベット、ウイグルの侵略も。西朝鮮の庶民は気の毒な面もあります。日本に帰化したチナ人が内陸部で起きている弱者への弾圧や暴力の動画を紹介しながら、「日本人は真の地獄を知らない」って書いています。風刺漫画家の王立銘(@RebelPepperWang)も、真実を突いた漫画描いてますしね。そういう現状に対しては一切声を上げない偽リベラル(ただの特亜の手先のくせにリベラルって名乗るな、汚らわしい)とは違い、吉田先生は前からチベットやウイグルを応援する活動をされているわけで、もう保守がリベラルを兼ねてるんだから、反日ニセリベラルは要りませんよ。別の名称を使ってください。特亜の手先(=引き込みを使った押し込み強盗)って言えばすぐわかるから、それでいいじゃん。

  18. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    追記です

    しばき隊リンチ事件後に発信された人権派弁護士で有名な師〇〇子先生のメールがヤバい
    ttp://hosyusokuhou.jp/archives/48817905.html
    3: 名無しさん@
    なんだよ双方の謝罪て
    被害者に謝らせることでどっちもどっちに持ち込むつもりだったのか

    24: 名無しさん@
    (弁護士の使命)
    第一条 弁護士は、基本的人権を擁護し、社会正義を実現することを使命とする。
    2 弁護士は、前項の使命に基き、誠実にその職務を行い、社会秩序の維持及び法律制度の改善に努力しなければならない。

    この弁護士、自分の正義しか見えてへんで?w

    この弁護士、川崎の在日ヘイトスピーチ訴訟の弁護人なんだぜw

    ※2
    この展克ってのは「金展克」のことかな?
    NHKのインタビューのサクラで出てきて後で詐欺で弁理士資格はく奪された在日チョンなww
    NHKももう少しまともなサクラ使えばいいのに、お仲間だけで番組作るからw
      
    正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現 ? Yahoo!ブログ
    2015/2/12(木) 午前 8:45     
    平成25年にNHKが悲劇のヒーローに仕立て上げた金展克! 横領などにより、弁理士法に基づく懲戒処分! 最も重い業務の禁止処分!弁理士資格を喪失!
          
    【経済産業省HP】
    平成27年2月4日、金展克弁理士に対し、弁理士法第32条第3号の規定に基づく懲戒処分として、最も重い業務の禁止処分を行いました。業務の禁止処分により、弁理士資格を喪失することとなり、弁理士として業務を行うことができなくなります。なお、現行弁理士法(平成12年法律第49号)施行以来、弁理士に対する業務の禁止処分は4例目となります。
       
    1.処分の対象者
    弁理士 金 展克
    弁理士登録番号 第11832号(平成12年12月19日登録)
    弁理士事務所 ハートライツ商標意匠事務所(東京都武蔵野市)

    師岡康子 大阪経済法科大学アジア太平洋研究センター客員研究員
    分かる人には、これだけで分かる。
    ま、要するに、北朝鮮の手下だ。

    【さらに悲報】5G技術開発:野田総務相「日中の企業連携」→翌日、韓国追加「日中韓で取り組むことが重要」3か国大臣会合で合意
    ttp://www.moeruasia.net/archives/49605611.html
    10: 名無しさん@
    >>7
    じゃあ日本抜きでやってもらえませんかねぇ。

    20: 名無しさん@
    >>10
    ホントこれ
    中国や朝鮮に技術などないやろ
    最近ボールベアリングと水車の実用化に成功した国には無理

    17: 名無しさん@
    >>15
    中共企業のやってることは
    常に変わらずダンピングってだけだがなあ。
    ttps://r.nikkei.com/article/DGKKZO27351550T20C18A2TJ1000?s=3

    18: 名無しさん@
    >>17
    ダンピングされるがままになってるじゃん
    情報セキュリティを口実にしてでも締め出すくらいのことはやったらいい。

    ちょっとこれ緊急で官邸に抗議した方がいいぞ。
    とりあえずメールするわ、即刻取り消しさせろって。
    アメリカと北の制裁で軍事的に緊密連携していかないといけないこの状況で、アメリカが情報漏洩のリスクがあるとして販売禁止した企業と提携するなんてモロ売国奴、工作員じゃねえか。
    余談だけど、ハングル板に侵攻してるなんJ民(の皮を被ったチョンモメン)が東亜板にも拡大してきてるぞ。
    管理人さんは知ってるだろうけど。

    茶巾寿司 野田聖子 で検索

    中国との会談では野田総務相が「情報通信技術で政策課題を乗り越えていきたい。中国にとってもお役に立てる先進的な取り組みになる」とあいさつ。中国側は第5世代(5G)移動通信方式について、一部を共有できる周波数帯を採用するよう提案があり、日本側も技術的に協力していくと応じた。

    お役に立てるとか‥大臣が言うセリフ?
    国益も日本の情報も守る意識のない人!
    マジで辞めて欲しい!

    NTTドコモとNHKは、5G技術を用いた8Kスーパーハイビジョン映像伝送の共同実証実験を5月以降に開始する。共同実証実験では、ドコモは5Gの技術、実験環境等を提供、NHKは8Kスーパーハイビジョン(SHV)の技術、映像機材を提供する。

    バックドア仕込むやつと協力するとかマジで言ってんの?
    日本企業を制裁対象にする気かよ。

    一切日本からは技術を提供しないなら
    中韓が縋りついてるスマホ商売が破綻しておもしろい
    技術協力はアメリカが加わった後のTPPとかでやりゃいい
    中韓を部材の輸出入から外して域内で組み立てや出荷をすればいいんだよ

    • 青木 のコメント:

      野田聖子さん最悪ですね。
      以前小坪さんが放送法と野田について動くか動かないか両方のパターンについて軽く分析をされてましたけど、近年で一番ヤバい仕事するかもしれませんねこの方。

      • 漫画喫茶店長 のコメント:

        野田聖子の今の旦那は、在日で、ヤクザで、前科2犯ですけど、
        野党は全くスルーで、マスコミも反日勢力もほとんど取り上げません。
        どう考えても安倍政権の最大の弱点はこの人なんですけどねえ。。。

        • お焼き県民 のコメント:

          弱点じゃなくて、むしろ(能力の無さによるなんらかの)失敗で被弾させて、「総理候補」なんて寝言吐けないように叩き潰す為かと思ってましたw

  19. ぎしんあんき のコメント:

    吉田康一郎さんは非常に有能な方だと思っている。
    吉田さんが区長になれば、面白いだろうなと思う。
    その才能を発揮できるまでがんばれとも思う。
    しかし保守が割れた選挙は危ない。
    それでなくても無能な長妻がなぜか強い地盤なのだから、世田谷の二の舞になるのではと心配している。

  20. 西島新吾(仮名) のコメント:

    こんにちは

    もうすぐ始まりますね。
    私には当区の有権者の知人がおりませんのでどうも出来ませんが頑張ってもらいたいです。
    駆けつけ応援されるでしょうが、お疲れ様です。

    それと、過去記事にも出されてましたが、その記事のコメ欄のkusuko様が出してらした、世田谷区の情報は各議員同士で共有なされてますか?

  21. ななし(勉強中) のコメント:

    吉田候補の一般質疑を読んで、自分もあれだけ要点を的確に纏められたらなと。こんな方に一人でも多くこの国の政治に関わって頂きたいです。応援しております。頑張って下さい。

  22. 風太郎 のコメント:

    ココのブログを見始めてまだ10日も経ってないので、どういう主張をされていたり、爆破予告のこととか全然知らないのですが、北朝鮮による拉致が明らかになった時に、日本がまともな独立国なら政府が朝鮮総連と朝鮮学校を解体してしまうのが当然だと思うんですよね。北朝鮮は独裁国家なのだから朝鮮総連と朝鮮学校の人間が拉致に協力していたというふうに見るのが普通です。でも政府はそれをやらないし、拉致被害者家族会ですらそういうことを要請しない。今回の記事のように議員の方となると、ご紹介されているような詳細なことを粛々とやらないといけないということですごく大変だなあと思うわけですが、最初に日本国内の朝鮮総連・朝鮮学校の解体(取り潰し)を主張したほうがやりやすくならないでしょうか。そんなところからやると、いろいろと圧力がかかって難しいんでしょうか。それに相互主義からいって日本だけ補助金を出すというのもおかしいなことです。補助金は日本国民の税金が原資で、自治体が国民の意向を無視して(国民に聞いたら大多数の人が当然反対すると思います)勝手に補助金支給という暴走をしていたことはとんでもないことで、民主主義の自治体とは言えません。

  23. ロード のコメント:

    吉田康一郎氏の動画を観て応援します!
    日本の未来、若者のために働く政治家ですね!

  24. 日々是好日 のコメント:

    中野区ですね。わかりました。
    個人的には、(自分の地域のよくわからない候補者より)住民票を写してそちらで投票で応援したい気持ちです。

    余命書籍の中で、『もし外国人投票権が実現したら』韓国が多数の人を対馬に送りこんで移住させ、
    住民投票で合法的に対馬を韓国に組み込もうとするのでは〜というくだりがあります。
    これと同じく、保守層が住民票を中野区にうつして、集団で投票したら〜
    なんて妄想がよぎりました(笑。

  25. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、中野区長候補 吉田康一朗先生の情報ありがとうございます

    >6月3日告示の中野区長選に出馬の意向を示している。
    >吉田康一郎、その能力は凄まじく、行政側としても充分に通用するものだ。
    >私のように、質問側で斬り込むことのみに長けた者は(つまり突破力や攻撃力、
    >専門色)、議員が似合っている。
    >だが、答弁する側の行政となると、また異なる能力(総合力や防御力)が求めら
    >れてくる。保守系において、この能力を有する者は少ない。

    上記を読みながら、ああ、吉田康一朗先生、ぜひ、中野区長になっていただきたい・・そして、将来は、東京都知事になっていただきたいな・・なんておもってしまいました。でも、まずは、中野区長に!ですね

  26. 西島新吾(仮名) のコメント:

    こんにちは。

    一つ不思議だったのですが、民社党は確かにゴリゴリでしたね。
    しかし、没落する時に何故自民党の一部議員さんと意見合致して新政党を作らなかったのでしょうか?
    ソコが未だに解らないのです。

    旧民主党は、『選挙ご助会』なのですが自民党から流れた人もおりその人達と新政党立ち上げても良かったのだろうけど……
    しかし小選挙区比例代表制を採り入れた為に、与党vs一大野党の図式に成ってしまい現在に至るです。
    だからといって、前の中選挙区に戻したとして現在の結果はどうなるのか? は未知数です。

    やはり最前線で闘う方々には頭が下がる次第です。

  27. テクマクマヤコン のコメント:

    中野区民です。今朝中野駅北口で吉田康一郎候補のチラシを受け取りました。スーツ姿で黒ぶちのメガネをかけた方でしたが、ひょっとして吉田さんご本人だったのかな〜?(呑気ですみません)いただいたチラシを仕事の同僚に渡してPRしておきました。及ばずながら一票入れさせていただきます。

  28. e2 のコメント:

    http://japan-indepth.jp/?p=40295
    昨今サヨクを偽装した中国人らしきのが馬鹿な主張をしだしている模様です。
    防衛費は緊張のある時は増額し緊張が無くなれば減らすべきものである。
    しかも、シナは一旦こちらが引くと要求をどんどんエスカレートさせていく種類の生き物である。しかも、この駄文を書いた文谷数重(自称軍事専門誌ライタ-)の書いたもの刃物の見事に共産党の主張とシンクロしているんじゃないかな?
    中国に屈し国産ミサイルの開発は辞めるって、まんま同じです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください