【海外報道まとめ】日本のアウシュビッツ、奴隷島となった軍艦島


 

 

状況は極めて悪い。
心底、頭が痛くなるかと思うが、海外における本件の報じられ方を見て頂きたい。

まずもって現実を直視、
併せてアクションを起こす。

状況は最悪であり、正直どう手を付けていいかわからない。
海外での報じられ方、これこそが私が即応した理由になる。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
11731529_873979112672974_1732836157_o

 

 

 

世界産業遺産への登録後

極々短期間のうち、極めて難しい判断を行った。
一瞬で命を張るような覚悟で記事を書いた。

・安倍政権の続投を希望する。
私は、「安倍政権の続投」こそが国益に資するという立場をとる。
その上で、先日は政権批判とも見られかねない記事を書いた。
今後の「外交上の糧」となると信じ、外務官僚への処分を求め外務大臣への抗議を呼びかけた。
【世界遺産登録に汚点】強制徴用施設に!佐藤地ユネスコ大使「大勢の朝鮮半島の人々などが労働を強いられた、情報センターの設置などの措置を取る用意がある」

・覚悟
この動きは相当なリスクと、場合によっては政治的な制裁を覚悟しての動きだった。
外務官僚への批判、大臣への批判。
この先導をしたのが私だと言われても否定できない。

現職大臣への抗議を、市議に過ぎぬ私が呼びかけたのだ。
何があっても不思議ではない。
そういう覚悟での動きであった。

では、なぜそのような動きを行ったのか。
即断で、動けてしまったのか。
理由は、これより列挙する海外での報じられ方にある。

そして、破壊消火的な手段において、政権への批判を躱したい狙いがあった。
(これは、時が来れば別稿で詳述したい。)

 

 

 

海外での報じられ方
【英紙テレグラフ】(日本の)奴隷史跡が世界遺産に。
原題:Slave labour sites receive world heritage statu

ソース:
http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/11721164/Japan-slave-labour-sites-receive-world-heritage-status.html

・英単語メモ
Slave labour 奴隷労働
site 敷地,用地.(町・建物などのあった)跡,遺跡; (事件などの)あった現場.
receive 受け取る
heritage 遺産
status 状態

 

【CNN】残虐な戦争犯罪が行われた舞台、日本の産業遺産となる。
原題:Scenes of the atrocities of war crimes – Japan’s bid for industrial sites as World Heritage

ソース:http://ireport.cnn.com/docs/DOC-1244907

・英単語メモ
scene 【可算名詞】〔事件・物語などの〕現場,場面,舞台
atrocities 残虐行為
bid for 入札する
industrial sites 工業遺産
site 敷地,用地.(町・建物などのあった)跡,遺跡; (事件などの)あった現場.

※特記
atrocities of war crimesを「残虐な戦争犯罪」と訳した。
これは多用しており、いまだ連合国による戦後の日本蔑視の意図を感じる。
私が感じたのは、世界からの孤立・有色人種への蔑視に他ならない。

 

【テレグラフ】日本の史跡が「(国際法違反の)強制労働をさせていた」 と認めた上で世界遺産の認定を受けた
原題:Japan sites get world heritage status after forced labour acknowledgement

ソース:http://www.theguardian.com/world/2015/jul/06/japan-sites-get-world-heritage-status-after-forced-labour-acknowledgement

・英単語メモ
acknowledgement 承認
after forced labour acknowledgement 強制労働を認めた上で

※ 特記
テレグラフは、「Slave labour」を他記事において使用しており、どう見ても奴隷労働、「国際法に違反した」という意図で用いている。
結果、日本は「国際法違反を認めて」という意味で受け取った。()で国際法違反のを追記した理由である。

またリンク先の記事においても冒頭よりUse of Korean forced labourers at some of the 23 Meiji period sites ~」と始まっており、韓国人を強制労働に用していた、からスタートである。
そして続くのは、軍艦島の写真であった。

 

【英紙テレグラフ】日本の奴隷労働の遺跡が世界遺産に
原題:Japan slave labour sites receive world heritage status

ソース:http://www.telegraph.co.uk/news/worldnews/asia/japan/11721164/Japan-slave-labour-sites-receive-world-heritage-status.html

・英単語メモ
前述の物を使用。

※特記
「slave labour sites」と用いられており、タイトルには「industrial sites」の言葉はない。
産業遺産ではなく「強制労働遺産」であり、意味としてはアウシュビッツ等の「強制収容所」に近い意味で受け取られるだろう。

強い悪意を感じる。

 

【米誌フォルブス】日韓関係で急展開。日本は韓国人の「強制」労働者の過去について悔いた、遺産登録におけるユネスコの場で。

原題:Japan, Korea Breakthrough: Japanese Repenting ‘Forced’ Korean Labor On UNESCO Heritage Sites

ソース:http://www.forbes.com/sites/donaldkirk/2015/07/06/japan-agrees-with-korea-on-world-heritage-sites-admitting-forced-labor-an-omen-for-future/

・英単語メモ
Breakthrough を押し通る, 切り抜ける, 突破する
repent 〈過ちなどを〉後悔する

※特記
Repentingは、この場合「過去を認め悔いて(反省して・お詫びして)」と受け取るべきかと思う。
日本は、韓国に対し過去の強制労働について認め、後悔したと報じられていると受け取った。
特に「’Forced’ Korean Labor」と’Forced’に【】がつけられており、韓国人強制労働者の存在を認め、となってしまう。

我が国が「韓国人の強制労働」を認め、詫び、その上で登録されたと世界は認識している。

 

【マレーシア紙スター】日本は歴史を直視するよう促された、世界遺産登録が成った後
原題:Japan urged to face up to history after Unesco win

ソース:http://www.thestar.com.my/News/Regional/2015/07/07/Japan-urged-to-face-up-to-history-after-Unesco-win/

・英単語メモ
urged to 促す
face up to …に真っ正面から迫る; 〈事実・事情など〉に直面する, …を直視する 《★受身可》.
「after Unesco win」は、「世界遺産登録が成った後」と訳した。

※特記
リンク先の記事冒頭は「China urged Japan to face up to its history ~」である。
日本は、「中国に過去の歴史を直視するよう」促されたのだ。。。

これは日本国内には入っていない情報であるように思う。
日本は、中国に促されたのだ・・・。

 

【アルジャジーラ】ユネスコにおいて物議、日本の遺産。
原題:UNESCO lists controversial Japanese heritage sites

ソース:http://www.aljazeera.com/news/2015/07/unesco-lists-controversial-japanese-heritage-sites-150705200847551.html

・英単語メモ
controversial 物議を醸す。

リンク先記事にて、軍艦島の写真がある。
そのキャプションは「South Korea and China argued seven of the listed sites were centres for deportation and forced labour during Japanese occupation」

・英単語メモ
deportation 国外追放
during (特定の期間の)…の間ずっと,…の間中 《★【比較】 during は特定の期間を通じての意に用いる,for は不特定の期について用いる》.
occupation 占領

キャプションを翻訳
「南朝鮮とCHINAは、リストのうち7つの場所は、日本による占領期間中に(自国民が)国外に連れ出され強制労働させられた場所であると主張した」

中国は関係ないだろう。。。

 

【ジャパンタイムス】日本政府は強制労働における譲歩を軽視した、世界遺産登録を勝ち取るため。
原題:Government downplays forced labor concession in winning UNESCO listing for industrial sites

ソース:http://www.japantimes.co.jp/news/2015/07/06/national/history/unesco-decides-to-add-meiji-industrial-sites-to-world-heritage-list/#.VZqueIpKPCQ

・英単語メモ
downplays 軽視する
concession 譲歩する

※特記
ジャパンタイムスの記事は比較的、まだマシかも知れない。
日本政府が「軽視した」と警鐘を鳴らしているようにも見える。
というよりも、記事を読み込むにあたって「日本側の状況を正確に伝えよう」とする、熱い記者魂を感じる記事であった。

強制労働について譲歩した点を、政府が「軽視している」と感じたのは私も同じだ。
(著者は日本人である。)

 

【USニュース】複雑な思いの交叉した世界遺産登録、日本の産業遺産における強制労働について。
原題:Mixed feelings over UN heritage title for old Japanese industrial sites that used forced labor

ソース:http://www.usnews.com/news/world/articles/2015/07/06/heritage-title-for-japan-industry-sites-draws-mixed-reaction

・英単語メモ
Mixed feelings over を「複雑な思いの交叉した」と訳したがこれは意訳。

ここでも「forced labor」が用いられている。

 

【ワシントンポスト】アラモ砦が世界遺産になる?日本の産業遺産。
原題:World heritage status for The Alamo, Japan industrial sites

ソース:http://www.washingtonpost.com/world/europe/san-antonio-missions-receive-world-heritage-status-from-un/2015/07/05/6b968a8a-230c-11e5-b621-b55e495e9b78_story.html

・英単語メモ
Alamo
アラモ 《米国 Texas 州 San Antonio 市にあるカトリックの旧伝道所・とりで; 1836 年多数の人々がメキシコ軍に包囲されて全滅した

※特記
英語に堪能ではないため、alamoの取り扱いに迷うが「ひどいことがあった場所」で、凄惨な場所という意味で受け取るべきなのだろう。

 

【ガーディアン】日本は世界遺産の登録を果たした、強制労働を認めたことで。
原題:Japan sites get world heritage status after forced labour acknowledgement

ソース:http://www.theguardian.com/world/2015/jul/06/japan-sites-get-world-heritage-status-after-forced-labour-acknowledgement

・英単語メモ
acknowledgement 承認

※特記
ガーディアンとテレグラフは同じ母体なのだと知った。
(今まで知らなかった。URLとリンク先を見て頂けるとわかるかと。)

 

【ヨンハプニュース】(第二ラウンド)日本は、戦時下において強制労働があったことを認めた、新遺産群において。
原題:(2nd LD) Japan admits wartime forced labor in new heritage sites

ソース:http://english.yonhapnews.co.kr/full/2015/07/05/98/1200000000AEN20150705004651315F.html

・英単語メモ
admit 〈弁解・証拠などを〉認める.〈…する[した]ことを〉認める.

※特記
聯合ニュースは、朝鮮語読みで「ヨンハプニュース」となる。
これは本社をソウルに持つ聯合ニュースであり、その英字版である。
韓国による「英字での海外発信」だ。
端的に「日本は強制労働を認めた」と報じている。

 

 

 

日本のアウシュビッツ、軍艦島

状況は理解して頂けただろうか。
炎上しているのは、外務関係の政府関係者でもないし、外務省でもない。
そして、そもそも日本国内で炎上しているのではない。

我が国の名誉と過去の歴史が、炎上しているのだ。
先祖たちが必死に築いた、日本の産業革命を支えた思いが、技術者たちの願いが、炎上しているのだ。

国内でなら、政府が上手いように説明すればいい。
誘導と言われたって、協力もしただろう。

しかし、国内を見ていてもダメだ。
今回は、海外での報じられ方を見る必要がある。

これでもう、、、何もかにもが灰燼に帰してしまった。
どうしていいかわからない。
現実を直視させられるにつけ、その思いが強くなる。

ただ、いまを生きる一人の政治家として
今しかできぬことをやらねばならない。
諦めるぐらいならバッチなど、とっくの昔にはずしている。

いまの世を生きる大人たちよ。
為すべき時に、為すべきことを為さねばならぬ。

私たち、現代に生きる日本人は、後世に対して責任がある。
かつて英霊たちが、私たちにしてくださったように。
私も同じように生きたいと思うのだ。

状況は最悪である。
だからと言って、諦めることは許されない。

状況を直視し、諦めてない奴は、まだまだいるのだ。
例えば前述のジャパンタイムズの記事がそうだ。

 

 

 

ジャパンタイムスを翻訳
日本人記者が書いた記事のようだ。(記者名は日本名)
海外の常識を身に着けた日本人が、必死につづった記事のように感じた。

諦めの悪い記者が、ここにも一人。
事実をできる限り正確に、海外発信を試みた記事のように思う。

残念ながら効果は薄いだろう、焼け石に水である。
それでも水の一滴として垂らされた記事が、私たちには届けられている。
その事実を忘れてはならない。

必死に翻訳をしてみたが、こちらは単語を一つずつ拾ったわけではない。
(上記の記事タイトルは、単語を調べながら、わからないなりに丁寧に翻訳した。)
機械翻訳ベースであり、わからぬ単語を部分的に調べたのみ。
大筋においては誤りはないと思うが、状況に即して意訳した部分もある。

(24時まで間に合わないので途中まで。)

 

 

Government downplays forced labor concession in winning UNESCO listing for industrial sites

 

日本政府は強制労働における譲歩を軽視した、世界遺産登録を勝ち取るため。

 

BY REIJI YOSHIDA
STAFF WRITER

 

Japan has won UNESCO World Cultural Heritage Status for 23 industrial sites after conceding to South Korea’s demand that the registration make clear that some of the locations used forced laborers from the Korean Peninsula.

いくつかの遺産群において朝鮮半島からの強制労働があったとする韓国の要望に譲歩することで、日本は23の産業遺産を勝ち取った。

But in their official remarks and statements, Japanese officials avoided using the phrase kyosei rodo (forced labor), and instead used hatarakasareta (were forced to work), which is a more colloquial Japanese expression.

しかし、日本の政府関係者は公式発言や声明で、より口語的な日本語表現である「強制労働」を回避し、代わりに「働かせる」を用いた。(働くことを余儀なくされました) 。

By using this phrase for the domestic audience, Japanese officials were apparently trying to dilute the impression that Tokyo bowed to pressure from South Korea.

Many former forced labors in South Korea have called for compensation from Japan, while the Japanese government has maintained all compensation issues have been settled with the 1965 Japan-South Korea Basic Treaty and an attached accord.

政府関係者は、日本国内世論のため、このフレーズを使用することで、政権(文中ではTokyo)が韓国からの圧力に頭を下げたという印象を希釈しようとしていました。

Tokyo had argued that the historical value of the industrial sites, built between 1850 and 1910, has little to do with the wartime recruitment of Korean laborers in the 1940s.

日本政府(文中ではTokyo)は、産業遺産が持つ歴史的な価値は1850年から1910年の間であり、 1940年代の韓国人労働者の戦時徴用(文中ではthe wartime recruitment)であったと主張しました。

But in an apparent political compromise, at Sunday’s UNESCO committee meeting in Bonn, Germany, Japanese representative Kuni Sato acknowledged that some Koreans “were brought against their will and were forced to work under severe conditions” at some of the industrial sites.

しかし、ドイツのボンで日曜日に開かれたユネスコ委員会において、佐藤地(クニ)日本代表は、一部の韓国人は「自分の意思に反して持って来られたと過酷な条件の下で働くことを余儀なくされた産業遺産が一部であること」を明らかな政治的妥協として、認めてしまいました。

Sato said a large number of people from the Korean Peninsula were forced to work at some of the facilities against their will during the 1940s.

佐藤は、朝鮮半島から多くの人が1940年代に彼らの意志に反し施設の一部で働くことを余儀なくされたと述べました。

In Tokyo, Foreign Minister Fumio Kishida told reporters Monday that “this phrase (hatarakasareta ) does not mean kyosei rodo.”

東京では、外務大臣岸田文雄は「このフレーズ( hatarakasareta )が強制労働を意味するものではありません。 」と発表記者団に語りました

Kan Kimura, a professor at Kobe University and a noted expert on Korean affairs, said in a phone interview with The Japan Times that the phrasing represents “a play on words.”

韓国情勢に詳しい木村かん(神戸大学教授)は、ジャパンタイムズとの電話取材において「言葉遊びだ」と語った。

The use of a less official phrasing would likely be lost on diplomats at the UNESCO committee who would be reading it in English, Kimura said, adding that the Japanese officials probably chose the wording for the sake of their domestic audience.

以下の公式声明で用いられた単語は、ユネスコで語られた外交官の言葉のため、英語圏においては(語感の持つ意味は)恐らく失われてしまうだろう、
政府関係者は日本国内の有権者のために文言を選択したのではないか、と木村教授は付け加えました。

According to Foreign Ministry officials, Japan has avoided using the phrase “forced labor” because it is the term employed in the 1930 Forced Labor Convention, which Japan ratified in 1932.

The convention bans “forced or compulsory labor.” However, work or services undertaken in an emergency, including during a war, is considered an exception.

外務省関係者によると、「強制労働」は、日本が1932年に批准している1930強制労働条約で用いられている単語であるため、 「強制労働」という語句の使用を避けたとのことです。

A senior Foreign Ministry official claimed that Japan’s compulsory labor service fell within this category of exception and thus was not illegal under the convention. That was the reason Japanese officials preferred to use the phrase “forced to work,” the officials said.

外務省幹部は、日本の強制徴用は、同国際法カテゴリ内で例外であったため、条約の下で違法ではないと主張しました。よって日本の当局者は、「働かせるする」という言い回しを使用することが好ましいかったと語りました。

During a news conference Monday, Chief Cabinet Secretary Yoshihide Suga said that Japan’s position on the compensation issues has not changed.

月曜日に開かれた記者会見において、官房長官菅義偉は、補償問題に関する日本の立場は変わっていないと述べました。

He also claimed that “high-level” South Korean officials had promised not to capitalize on the wording of Sato’s statement to push its claims for compensation issues involving Japan’s 1910-1945 colonial rule.

The UNESCO committee’s decision covered the “Sites of Japan’s Meiji Industrial Revolution,” facilities in eight prefectures that are supposed to symbolize Japan’s rapid industrialization in the late 19th and early 20th centuries by adopting Western technologies.

“I am extremely happy that the roots of Japanese manufacturing have been listed as World Heritage,” Prime Minister Shinzo Abe said, thanking companies and locals who have worked to preserve the sites.

Historical sites in South Korea, including the Gongsan-Seong Fortress of the Baekje Dynasty, will also be added to the list, the UNESCO committee decided.

South Korea had for years opposed Japan’s UNESCO bid, saying it overlooks the suffering of Koreans at seven of the sites, including a mine on Hashima Island, nicknamed “Battleship Island.”South Korea’s backing of Japan at the UNESCO meeting could boost momentum for a thaw in relations between the two neighbors. Their leaders last month exchanged visits to each other’s embassy on the 50th anniversary of the treaty that normalized diplomatic relations between the two nations.

In May, the International Council on Monuments and Sites, an expert advisory panel under UNESCO, recommended that the sites should be registered as World Cultural Heritage as witnesses to Japan’s rapid modernization.

At meeting June 21 of their foreign ministers, Japan and South Korea reached a basic agreement to cooperate on heritage listings of each other’s sites.

The UNESCO committee had been scheduled to decide on the new listings Saturday, but it postponed any decision to Sunday to give Japan and South Korea time to coordinate their positions.

The Japanese sites approved Sunday include some facilities that are still at least partly in operation, such as the Nagasaki shipyard.

Next year the committee will consider whether to add churches and other Christian locations in Nagasaki and Kumamoto prefectures. In the past two years, both Mount Fuji and the Tomioka Silk Mill in Gunma Prefecture were added to the list of World Heritage sites.

The council also asked Japan to report on measures to preserve Hashima and other deteriorating facilities by Dec. 1, 2017.

Historical tensions stemming from Japan’s colonial rule of the Korean Peninsula have undermined ties between the two U.S. allies in recent years, weighing on their trade and strategic cooperation. South Korean President Park Geun-hye has refused to hold a bilateral summit with Prime Minister Shinzo Abe until Japan does more for Korean females forced into sexual servitude for Japanese soldiers during the war. Some of the former “comfort women” are threatening to sue Abe in the U.S. if Japan and South Korea fail to reach a satisfactory deal for compensation.

http://www.japantimes.co.jp/news/2015/07/06/national/history/unesco-decides-to-add-meiji-industrial-sites-to-world-heritage-list/#.VZqueIpKPCQ

 

 

 

繰り返しになる。
状況は理解して頂けただろうか。

炎上しているのは、外務関係の政府関係者でもないし、外務省でもない。
そして、そもそも日本国内で炎上しているのではない。

我が国の名誉と過去の歴史が、炎上しているのだ。
海外で炎上しているのだ、世界から焼かれているのだ。
先祖たちが必死に築いた、日本の産業革命を支えた思いが、技術者たちの願いが、炎上している。

国内でなら、政府が上手いように説明すればいい。
誘導と言われたって、協力もしただろう。
しかし、国内を見ていてもダメだ。
今回は、海外での報じられ方を見る必要がある。

これでもう、、、何もかにもが灰燼に帰してしまった。
どうしていいかなど、わからない。
現実を直視させられるにつけ、その思いが強くなる。
私だってスーパーマンではない。

ただ、いまを生きる一人の政治家として
今しかできぬことをやらねばならない。
諦めるぐらいならバッチなど、とっくの昔にはずしている。

 

いまの世を生きる大人たちよ。
為すべき時に、為すべきことを為さねばならぬ。

私たち、現代に生きる日本人は、後世に対して責任がある。
かつて英霊たちが、私たちにしてくださったように。
私も同じように生きたいと思うのだ。

状況は最悪である。
だからと言って、諦めることは許されない。

状況を直視し、諦めてない奴は、まだまだいるのだ。
私もその一人であるし、この記事に触れた貴方もその一人であると信じたい。

まずは状況を伝えねばならない。
FBでのシェア、Twitterでの拡散をお願いします。
このような記事たちをまとめ、拡散を求めねばならないことが、本当に悔しい。

だけど、いまやらねんばならいのだ。

 

 

 

本稿に続くエントリです。
超長文ですが(一万字ほどありますが)今後、5年、10年にわたって、日本を大事に思う政治勢力にとって重要なガイドラインとすることを目的に書きました。

「強制連行」カテゴリに組み込まれる意味~パンツ泥棒と連続殺人鬼ほどの差

ユダヤ資本という強力なバックアップは、ユダヤ人が受けた迫害について徹底的に社会に浸透させることに成功しています。
ウイグルやチベットが報じられず、アウシュビッツが注目されてきた理由のひとつ、「スポンサー」の力による「成果」だと思います。

これらの報じられ方は、このカテゴリに入りつつある(事実上はいっている)ことと同義です。その場合、やがてドイツと同様に「戦前の全否定」を求められることにつながりかねず、それはヒトラーを全否定したドイツのように私たちは陛下への尊敬を許されず、靖国神社を否定し、英霊の存在をなかったことにせざるを得ないということです。
10年スパンで何をやられるか防御が必要な段階で(直近の韓国の騒ぎは、しっかりした対応が必要だが、この際どうでもいい。)「いま動いた履歴」が、今後10年に強い影響を与えるでしょう。

日本・韓国との二国間ではなく「世界中から袋叩きにあう」ことに対する防御であり、つまり韓国を見ていてもダメで、世界と言うオーディエンスにどう発信するかが求められます。
そして、これはいましかできない。

 

 

 

↓ランキング、治ったかも?↓
一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

謝辞)
藤岡先生が、全てのコメントに目を通してくださったそうです。
びっくりしました。

>小坪しんや氏の海外情報のまとめが圧巻です。それに対するコメントも読み応えがあります。私は全てに目を通しました。そして、以下のコメントを書き込みました。


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【海外報道まとめ】日本のアウシュビッツ、奴隷島となった軍艦島 への50件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    日本のアウシュビッツ、奴隷島となった軍艦島 状況は極めて悪い。 心底、頭が痛くなるかと思うが、海外における本件の報じられ方を見て頂きたい。 まずもって現実を直視、 併せてアクションを起こす。 状況は最悪であ

  2. 唯野 のコメント:

    正直言って、ここまでひどいとは思わなかったです。
    登録前後の情報戦で後手に、というよりも何も対応を考えていなかったということですね。
    もうこうなったら、外務大臣程度が訂正しても変わらないでしょう。
    安倍総理の戦後談話で、強制徴用と従軍慰安婦の強制連行の全否定しかないと思います。

    • さんぴんキャンプはレイシスト のコメント:

      あらゆる海外報道を見るにつけ、初手で全ては決してしまいました
      名誉回復は100%不可能です
      仮に、安倍談話による詳らかな否定があったとします、しかし、これほどの悪手もありません
      これほど明らかな朝令暮改はないですし、かつ歴史修正主義者と欧米からレッテルを貼られて終いです
      安倍首相の責任は免れないと思います
      官邸からの指示が「何としても可決に!」ならば、少なくとも佐藤地は、それを果たしたのですから
      正しい手を打つならば、官邸の指示は「韓国からの要求を呑むならば、見送り引き上げろ!」しか無かったわけです

      佐藤地は、この窮地さえ理解できてないでしょう
      佐藤こそ戦後民主主義で純粋培養された、
      自虐史観こそインテリの証であるを胸に秘め疑わない、典型的お花畑脳のそれなのです

  3. 東京都55歳 のコメント:

    力作のエントリに感動しました。
    小坪さん、ありがとうございます。

    watchしてみると言いながら、
    岸田大臣へのメール送付以降、
    有言不実行の自分を恥じています。

    しかし、この状況は、政府中枢も把握しているはず。
    (と、信じたい。)
    そうでなければ、以下の産経報道の説明がつきません。

    http://www.sankei.com/politics/news/150708/plt1507080006-n1.html
    外務省、対外発信強化へ 韓国の合意反故で

    >外務省が「明治日本の産業革命遺産」の世界文化遺産への登録をめぐり、一部施設で働いていた朝鮮半島出身者への「強制労働」がなかった経緯を英語で説明するなど、対外発信強化を検討していることが7日、分かった。韓国が日韓外相会談での合意を反故(ほご)にしたことへの対抗措置という面もありそうだ。

    >両国の対立点は、世界遺産委員会の審議で日本側が英語で表明した「forced to work」の解釈。日本側が「働かされた」と翻訳する一方で、韓国側は「強制されて労役をした」と訳し、日韓間で解釈の相違が起きている。このため政府は、第二次世界大戦中に自国民を徴用し働かせた労働者の中に、朝鮮半島出身者もいたという事実を発信。特別に強制労働させていたものではないことなどを説明する方針だ。

    >韓国側は審議直前に「強制労働」を主張すると言い出したが、宇都隆史外務政務官は7日、産経新聞の取材に「(6月21日の)日韓外相会談で協力するとした合意を反故にする行為だ。完全なる外交上のルール違反だ」と韓国政府の対応を強く批判。自民党の二階俊博総務会長は7日、党総務会で外務省から事情聴取する考えを示した。

    ここからの外務省のリカバリーに期待しています。
    失策による失点があったのは事実ですので、
    その失点を取り返すために、必死になってほしい。
    岸田大臣は、外務省メンバーの尻を叩いてほしい。
    (安倍さんは岸田大臣の尻を叩いているのでしょう)

    徴用は、数年間に渡り、数百万人の日本人が対象であった。
    終戦前の一年弱のみの限定された期間には、
    数百人の半島在住の日本人も含まれていた。
    しかし、徴用においては、十分な報酬と厚生環境が与えられた。
    その実態は、高給を目的とした出稼ぎであった。

    この事実を、言葉や文章だけでなく、
    それを裏付ける、大量のエビデンスとともに、
    これでもか、というほどの情報量によって、
    世界に発信することしかありません。

    百聞は一見にしかず。
    給与や納税の記録。
    当時の新聞記事・記録映像。
    活気あふれる生活風景。
    などなど・・・
    視覚的に訴えるエビデンス。
    印象は大事です。

    法に訴えることも重要ですし、
    情に訴えることも重視したい。

    実態は「出稼ぎ」であって、
    十分な高給を得ていたことを。

    さながら、米軍の慰安婦調査報告のような、
    そこに働く人々の「実態」をまとめてほしい。

    私に何ができるのか・・・
    非力で無力な自分に問いかけていますが・・・
    建設的なサポートが思いつきません。
    情けない限りです。

    こういう思いで、悔しい思いをしている人が、
    日本国内に限らず、世界中に存在している。
    この「事実」を、この「悔しさ」を、
    外務省の有能な人々に「理解」して欲しい。
    そう願うばかりです。

    今夜の気分は・・・小梅太夫です。

  4. 野口 のコメント:

    海外の反応は 予想通り。あんな英語力での対応とは 国益を託されている外交官の資格は無い。残念の極みである。直ちに担当者の責任追及を求める。 と同時に海外向けの 『正しい情報を発信し続けるける事』

  5. 道民 のコメント:

    尋常な方法では日本人の話など聞いてくれないでしょう。

    これはもう平昌オリンピックをボイコットする一手ですね。

    http://suguremo.blog.fc2.com/

  6. 七子 のコメント:

    結論から言ってしまうとtoo, too late のように思います。forced to work には、無理矢理(連れて来られて)働かされた。against their will には、嫌がっているのに有無を言わせずという状況、forced labour しか想起出来ません。佐藤大使が選ばれて使った文言なのでしょうか?それとも韓国側に言われて使った文言ですか?真意が間違って伝えられていると外務省は仰りたいのでしょうけど、それなら戦時下では日本人も徴用されていたし、彼らは終戦まで日本人で同じ状況だったのだからとでも仰らないと。実際、軍艦島では日本人も同じように働いていたのですから。軍艦島は韓国の邪悪な企みでconcentration camp にされてしまいました。海外メディアには話が韓国の思うままに膨らんでしまう前に素早く対応なさって下さい。

    • 七子 のコメント:

      On the road~青山繁晴の道すがらエッセイ~

      ▼この地味ブログとしては、異例の書き込みをあえてします。
       早い朝に、現政権の中枢のなかの中枢とお会いし、議論しました。ぼくとしては世界遺産をめぐる日本のおかしな妥協について直に、徹底批判し、歴史の真実を回復するための新しい努力を強く求めました。

      ▼それに対する答えのなかに、重大な情報が幾つかありました。

      (1)日本のユネスコ大使らが現地で行ったスピーチは、外務省が作成し、総理はその中身を把握せず岸田外相を信任していた。
       官邸から外務省への指示は「登録されないという最悪の結果は避けよ」というだけであり、「force to work」という言葉を使ったのは、外務省と現地組の事実上の独断だった。
       政権はこれを「大きな過誤」と判断しており、真実の回復に努めよという(この早朝の)話を国民の声とも受け止め、対応を考えたい。厳しく考える。

      (2)外務省と現地組には、実は、公表されていない重大なミスがもうひとつあった。
       それは現地の土壇場で、「登録は1910年までの話だから韓国の反論と時代が違う」という主張を、韓国側の新しいある主張によって覆されそうになったことだ。これで外務省と現地組が慌ててしまい、独走が起きてしまった。

      ▼申し訳ありませんが、どこにも公開しているブログとしては、これ以上を書けません。書きません。
      (2)に記した経緯にある「韓国側の新しいある主張」についても、ここではその中身は書きません。
       クローズドの完全会員制のレポートで伝えます。

      ▼なぜこの書き込みをするか。
       ぼくら日本国民の手で戦う余地があることを、立場の違いを超えて、たとえばレポートの会員でないかたがたにも知っていただきたいからです。

      「絶望の虚妄なることは、希望の虚妄なることに等しい」。
       …生きていればおそらく現在の中国に厳しく批判的であろう、魯迅の言葉です。

       光は闇の中からこそ来たれり。ぼくはいつも、そう考えています。これからこそ一緒に考えませんか?

      http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=128

  7. tomatopia のコメント:

    「これでもう、、、何もかにもが灰燼に帰してしまった。
    どうしていいかなど、わからない。」

    こんなご意見なら掲載しないでください。
    地方議員とはいえ、政治家としてキチンと方向を示してください。

    ともかく、登録撤回がまっさきに必要な措置でしょう。
    ついで外務省関係者の査問と処罰、背後関係の調査をやるべきです。
    これくらいなら私のような一般国民でもわかります。

  8. 世界遺産はいらない。日本のマスメディアは海外の評価をほとんど紹介していない、この事を早急に日本国民に周知させねばならない・・・その上で安倍首相70年談話にてこの事柄にも触れ、ユネスコ退会と世界遺産返上を全世界的に強烈に発信する事が必要であると。

  9. 通りすがり のコメント:

    戦争を仕掛けられているんですよね、これは。

    竹島の漁師を虐殺されて国土を奪われ、売春婦を慰安婦と捏造してさんざん貶められ、今また、ただの炭鉱の町を強制収容所に捏造。
    むこうは戦争する気でいるんだから、何をやっても勝ったほうが「勝ち」。
    住民をレイプしようが大量虐殺しようが、勝てばお咎めなし。
    どんな卑怯な手を使ってもこっちを貶めてくるでしょう、戦争だから。

    9条でこれが守られると主張している連中は、どう落とし前をつけるつもりなのか。
    じゅうぶん経済制裁の要件を満たすと思いますけどね。

  10. 瑞穂の国 のコメント:

    またまた韓国が「第二の慰安婦事件」として「軍艦島強制労働」をでっち上げているという構図ですか。
    「嘘も百回、千回言えば真実になる」と信じて行動しているようです。
    何と不実な、あさましい民族なのだろうか?
    私は今回韓国の軍艦島に対する悪辣な企みを感じた瞬間からいやな予感がしておりこんな展開になるなら世界遺産になど登録される必要はなかったかも知れないと感じています。
    非常に後味が悪いしあの佐藤地とかいうユネスコ女性大使のうかつな発言をタテにして今後ますます韓国は居丈高にユスリ、タカリを繰り返してくることと思います。
    日本としては「日韓基本条約で全て解決済み」という原理原則論で対抗するしかありませんが。
    しかし外務省、日本政府の無能さにはつくづく呆れた。
    つける薬はないものなのか?

  11. 青木明 のコメント:

    他の方のブログを紹介するのは、本来はすべきではないのかも知れませんが。
    敢えて掲載します。複数のデータ(ブログ記事も含むと判断)でチェックすることは
    大切だと思います。どうか、ご容赦下さい。以下は、転載(リンク)フリーとあります。

    伏見顕正(あきまさ)の「時を斬るブログ」
    ttp://blog.goo.ne.jp/duque21
    【ユネスコ日韓外交戦争を斬る】国際法で検証する日本外交の完全かつ最終的な勝利(転載フリー)
    2015-07-08 18:33:26

  12. ハヤブサ のコメント:

    あまり英語はできませんが・・・
    可能な限り各国報道を読むと、海外メディアが好んでlabour、laborを使っているように見えます。CNNはちょっとひどいですね。作為的。特に動画。
    海外のコメント欄を読むと批判、非難と擁護や説明等いろいろあるようです。一方的ではないようです。
    あとは外務省や政府の対応でしっかり処理してほしいですね。

  13. タカ派の麻酔科医 のコメント:

     この状況となってはやるべきことは、軍艦島で詳細な資料を示して、強制労働ではなかったことを立証。韓国の対日本ヘイトアクションを証明する舞台とすることしかありません。そもそも、韓国のいうことを真に受けるバカが外務省にいること自体がわれわれ日本人の怠慢でした。温室育ちのエリートを外交官にしてはいけません。

  14. bamboo親父 のコメント:

    この際 、韓国の「Professional Victim( プロ犠牲者)」政策に鉄槌を下すべきと思います。

    個人レベルから国レベルまで 、あらゆる機会を利用して事実をしつこく伝えて行く事です。例えば、パク•チョンヒ元大統領は日本陸軍の将校だった。靖国神社には朝鮮人兵士が約21,000人が英霊として祀られていること。日本を加害者•戦犯と言うなら、朝鮮も加害者•戦犯。日本が敗戦国なら朝鮮も敗戦国。戦時徴用は国民の義務で当然合法。等々。

    残念ながら、どの国のマスコミも事実を理解する知的レベルとモラルは高くない気がします。あえて捏造に加担する朝日新聞みたいなところもあります。大事なことは 、左翼マスゴミの呪縛から解かれて 、日本国民が一日も早く自虐史観から覚醒することです。合わせて日本に巣食う反日勢力を合法的に殲滅することです。

  15. Augusta のコメント:

    主戦場は英語圏に移りましたね。以前某英字紙のサイト上でぼちぼちやっていたので、今回も動かなければなぁと感じています。ですが、今のままでは無理です。

     ・「forced to work」発言をした佐藤某の更迭
     ・英語による、日本の立場を説明する1次ソースの発信

    これがなければ、いくら説明したって後ろから撃たれるだけです。

    先日、かなり強い口調で岸田外相の発言を非難しましたが、あの言い訳自体、官僚が考えたものと判断しての事です。安倍首相まで手回しして肯定コメントを引き出している以上、外務省全体が関わっていると見ていい。

    この件で、岸田外相の国内評価は「第二の河野洋平」になり、海外の評価は「英語を知らないくせに講釈垂れる間抜け」になりました。次期首相を狙っているとの話も聞きますが、挽回しなければ難しいのではないでしょうか?

  16. 朝日新聞の葬式は日本人の手で のコメント:

    ついに始まった在日殲滅作戦、今の私たちに出来る事は犯罪者である在日を通報すること、すでに中国の
    崩壊は始まった、プロパガンダに費やす資金も底をついて、次は属国である韓国が第2のギリシャとなり国家
    破産はもう目の前に迫っている、あとは韓国との関係を断つのみ

  17. 生野区民 2 のコメント:

    この間から書き込めない、不具合が発生してます、今10回目の出入りで書き込めるようになりました
    日本のマスコミは火だけつけて、逃げてますね
    今官房長官会見をみてましたが、世界遺産なんてなかったことにしてる
    佐藤地が攻撃された困るように、日本のマスコミは絶対に触れないようにしてる
    裏でとんでも情報流してるのかな、参議院会館でも自称被害者と名乗る朝鮮人詐欺師が騒いでる
    海外の報道は英文を見たときに、ある程度予想できてたけど
    どのように、対処したら良いのかわからない小坪議員指示していただけたらありがたいんですが
    今は安保法制と絡んでるので、政権自体は何としても守りたい
    最悪な時期に佐藤工作員が狙って仕掛けたとしか、思えない

  18. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんにちは

    新規投稿ありがとうございます。
    今回も、本当に力のこもった情報発信だとおもいます。

    特に、海外のメディアの反応(強制徴用を認めたから登録されたという報道ばかりですね。想定内でしたけど、これほどとは)について知ることができ、勉強になりました。

    閑話休題・・・・

    小坪先生の覚悟
    >覚悟
    >この動きは相当なリスクと、場合によっては政治的な制裁を覚悟しての動きだった。
    >外務官僚への批判、大臣への批判。
    先日の発信は、小坪先生が政治家であるというお立場を考えれば、本当に覚悟をもって発信されたのだろうなと思いました。でも、それだからこそ、多くの日本国民が読んでもらいたいし、また、首相官邸、安倍内閣の多くの閣僚の方々も是非、眼にしてもらいたいともおもいます。

  19. 月侯 のコメント:

    外務省の慌てた理由とは私の個人的な見解では 端島の登録年代は1853~1910年ですが
    世界でもニューヨーク 香港 端島の3ヶ所しか無かった鉄筋コンクリートの集合住宅が建設が終了したのは1916年です。
    青山繁晴氏の言ったソースからの飽くまで私的な考察ですので、間違っていましたらすみません。

    • JL のコメント:

      月候様。

      私も今朝虎ノ門ニュース見ました。
      官邸が指示した「登録は死守、あとは一任」、このままでは難しいと判断した外務省の上から下からが慌てまくってあのような妥協になったらしいですが、役人に任せるのが間違いですね。これはやっぱり岸田さんが席を蹴って出てこいくらいなことを言わなければいけなかったと思います。

      彼らは間違っています。登録が大事なのではありません。小坪さんがいわれたように先人の名誉を後世にまで伝え、子供たちが日本にうまれてよかったと思うことが一番大事なことです。

  20. 嫌独 のコメント:

    気が狂いそうです。
    今後山ほど「朝鮮人徴用工」のブロンズ像が造られるのかと思うと。

    その上、慰安婦に続き、「軍艦島」でも大作映画を作るようですから、韓国は。
    アンジェリーナ・ジョリー監督の「捕虜虐待映画」のように大ヒットするのでしょうか?
    日本の本格的な肉食解禁は明治以降ですが、「アンブロークン」の原作によると、日本では昔から「肉食」どころか「食人(カニバリズム)」が盛んだったという事になっています。
    いったいどこの中国の魯迅でしょうか?
    ぶったまげる内容ですが、これが「ベストセラー」になりけっこう売れたのですから、欧米人の我々に対する偏見は相当痛いものがありそうです。

    軍艦島の景気の良さや、「徴用はアウシュビッツ」ではないという事を力説し続けるしかありませんね。
    徴用も当初は朝鮮人ではなく、もともと日本人が対象であったことも大いに強調すべきかも知れません。
    それでもダメなら、「登録辞退」や「ユネスコ脱退」を勇ましく宣言して、世界をびびらす!

    しかし感じが悪いですよね。

    ドイツのマスコミが、韓国人の〝自称”「強制連行被害者」にインタビューをして、さっそく嬉々として日本叩きに興じているようです。
    「日本もそろそろ歴史に向き合う時が来たのではないか?」などと偉そうに。
    例によって例のごとく「我が偉大なドイツを見習えや、ニッポンジン!」という尊大な上から目線でしょうか?
    「うちの徴用令とお前んとこのアウシュビッツを一緒にすんなや、このクソボケが!」と罵声や怒声を浴びせたい気持ちでいっぱいです。

    しかし、ドイツ人て、戦前も戦後も地味にずる賢いイメージです。
    ギリシャ債務問題でも、私は「ギリシャ頑張れ!メルケルをギャフンと言わせろ!」としか思いません。
    ドイツ独り勝ちが続いて、もはや「EU大ドイツ帝国」みたいになってしまっています。
    以上は独り言でした。

  21. trap のコメント:

    あ~あ、言わんこっちゃない。

    結局、『懲らしめる』発言で言葉尻を捕らえて騒ぎ立てるメディアと、釈明に右往左往する自民党と同じ構図じゃないですか。やはり内でダメなら外(世界)でもダメ。

    そもそも国益に照らして公務をしていない。たとえ非が有っても嘘をついてでも非を避けるのが外交公務だと思うのだけど。世界中に嘘に飲み込まれ国益を大いに損なう外交を行う国なんて有りますか?あ、有ったわ。日本だ。河野談話ね。

    意識的、非意識的でも国益を大いに損なう事を公務で行う事は許されない。もうまさに特高案件ですね。

    破壊工作により、国益が大いに損なわれて、特定の国に利益が生じる。これって立派に戦争ですよ。殺し合うことだけが戦争と思っていると、いつの間にか占領されるよ。

    面白いのは、強制労働の概念が、朝鮮の強制労働の概念で有る事。

    【朝鮮の強制労働】
    暴力、無賃金、長時間労働、監禁、食事を与えられない、性暴力、拷問など

    【日本の徴用】
    お国のための奉仕、安定した給料、所定の労働時間、労働者優遇の米食(働かざるもの食うべからず)、住居の提供、健康管理

    自分たちの国の徴用の常識に当てはめてしまって、日本もそうだと思ってしまうから嘘がばれる。まあ、ナチスのフランス人の強制労働などもひどいから、世界の認識か?

    それに比べて日本の徴用は天国ですね。だから強制しなくても沢山の中国人、朝鮮人が日本での労働に群がったんですね。

    それと、世界の報道が批判的なのは、お仲間の日本の報道機関に取材・裏取りしてるから批判的な記事が増える。結局は日本の報道が国益を破壊する組織って事。

  22. 桃太郎 のコメント:

    まず、日本人が韓国との国交を断ち許さないと意思表示するべきではないでしょうか?
    日本人を舐めきってます!今ここで反撃しなければこの先ずっと日本はいちゃもんつけられるのです。もちろん外務省、政府にも怒りはありますがまず国内の反日分子を駆除して
    いきましょう。

  23. mirage のコメント:

    官邸から「登録できないことだけは避ける」よう指示が出ていたのであれば、最終的には韓国の言いなりになるしかなかったでしょう。
    政府・外務省も候補地も国民も「こんな妥協をしてまで登録する必要はない」という覚悟がなかった日本の完敗です。
    そして今回は、韓国外相が協力を約束して小坪さん始め多くの日本人が騙されましたが、反省すべきはこの点であり決して忘れるべきではありません。
    ただ、ズラの約束を疑っていた私でさえ、土壇場での裏切りにはここまでやるのかと少し驚きました。
    あの段階、候補地で祝賀会の準備がされている時点で、韓国の要求を蹴って席を立つという選択はゼロでしょう。
    確かに外務省始め日本人は甘いが、鮮人はあまりに卑劣、人間ではありません、ヒトモドキです。
    悪いのは圧倒的に韓国であり、これからは韓国との全面対決です。
    外務省等による海外への広報も大事でしょうが、何よりも国内での戦いであり、徹底した韓国批判のみならず在日、日韓売国議員連盟等の親韓派への攻撃を通じて、猛烈な怒りを世界に示すべきです。
    そして登録遺産所在地への心情は切り捨て、「今回の世界遺産登録は不名誉であった」と明言しなければなりません。

  24. ちょび のコメント:

    生まれて初めて外務省に電話かけちゃいました。
    国内外全て対応は今考え中です、というお蕎麦屋さんが開店してました。

  25. うさこ のコメント:

    mirage様
    >政府・外務省も候補地も国民も「こんな妥協をしてまで登録する必要はない」という覚悟がなかった日本の完敗です。

    私も国民の一人ですが、この最悪の事態を非常に危惧して登録前に官邸や外務省に「おかしな妥協をするくらいなら登録せずも止む無しと地元を説得してくれ。」とメールを送りました。
    本当に自分の無力さ、日本のおかれている状況の闇の深さを見た思いでこの数日間脱力しております。
    何とかピンチをチャンスに変えることはできないものか・・・
    一番の被害者は海外の邦人かと思います。
    彼らと連携して何か行動を起こせないものでしょうか?
    さらに東京で万人規模の「韓国の嘘を許すな」デモとかできないものでしょうか?

  26. のコメント:

    まぁ、今回のことで談話では日本人らしい仏心を組み込むことはなくなるだろう
    今まではなんやかんやあっても徹底的にやらず最終的に仏心を見せて譲歩してきたからね

  27. 22SUNRISE のコメント:

    こんばんは。

    海外のマスコミの反応を確認させていただきました。そこで気づいたのですが、どれも『揺動記事』ばかりなんですよね。最初から『炎上させようとして』記事を書いている節があります。憶測の域をでませんが、最初から【下の阿呆】は、各所マスコミに対し『広告費』と言う名目で、『日本を歪める記事』を書くように仕向けたのではないでしょうか?例え『強制労働』の文言を入れる事が出来なくても、最初から『強制労働されたニダ』と広告として打ってしまえば、あとは一気に拡散できます。つまり【下の阿呆】がギャースカ騒いだ時点で全ては計画通り言えます。

    日本にはマスコミの味方となる所は残念ながら殆どありませんから、『広告記事』と言う方法を一切取れなかった時点で勝負は見えてました。残念ですが。

    マスコミに味方がいないのですから、やはり別路線で行くしかないように思われます。

  28. たろう のコメント:

    抗議行動をするのは正しいと思いますが、本当の敵は日本国内の反日左翼です。
    さて、英紙がえらそうに書いてますが、イギリスが植民地化して(非道な)支配を行った国々はどれだけあるでしょうか?
    南アフリカ、インド、 シンガポール、スリランカ、パキスタン、バングラデシュ、ブルネイ、マレーシア、モルジブ、オーストラリア、キリバス、サモア、ソロモン諸島、ツバル、 トンガ、ナウル、ニュージーランド、パプアニューギニア、フィジー、アイルランド、ジンバブエ、アフガニスタン、アメリカ合衆国、ウガンダ、ガーナ、カメルーン、 ガンビア、ケニア、ザンビア、スワジランド、セーシェル、タンザニア、ナイジェリア、ナミビア、ボツワナ、マラウイ、モリシャス、アラブ首長国連邦、イエメン、イラク 、エジプト、オマーン、カタール、クウェート、スーダン、ソマリア、バーレーン、ミャンマー、ヨルダン、キプロス、 マルタ、 カナダ、 グレナダ、 ジャマイカ、セントクリストファー・ネービス、セントルシア、 ドミニカ国、トリニダード・トバゴ、バハマ、バルバド、ベリーズ、 ガイアナ。
    (誰も知らないような国を除いて、ほぼ以上)

    現在、日英は友好関係にあるので、なにもイギリスに抗議をしろと言いたいわけではありません。
    なぜ日本だけが、こんな滑稽なことになっているのか?
    それは、日本人が長年に渡って反日左翼に散々とおとしめられてきたからです。
    韓国にはなんの戦略も独創性もありません。日本の左翼の悪知恵に同調しているだけです。
    こういうばかばかしい時代が来た原因の9割は日本の反日左翼にあり、残りの1割が韓国にあると言ってよいくらいです。
    日本人が海外へいくら抗議をしても、海外の人たちは「そら、日本の歴史学者も強制労働と言ってるよ」と。反論されて、それで終わりです。慰安婦問題もそうです。
    国連でも認められている「国家としての自衛権」すら完全否定してきたという日本の反日左翼のすさまじさを日本人の間に周知し、さらに海外の国々にも理解してもらう必要があると思います。

    (なにをのんきに昔話にひたっているのかと思われるかもしれませんが)、私が学生のころ80年代の終わりは冷戦終了で共産主義が世界的に敗北した時期であり、学界やマスコミに巣食った日本の反日左翼が生き残りをかけて、ものすごい執念をもやして歴史認識を蒸し返して反日運動を繰り広げてました。
    韓国併合をナチスのホロコーストになぞらえるのは、この頃からの左翼学者の発想です。とにかく無茶苦茶です。
    当事、朝日新聞等のマスコミにとりあげられていたのは、京都大学名誉教授だったか、歴史学界の「重鎮」であり、影響力の強かった井上清など。こいつは文化大革命を賛美して、根っからの共産主義者だったのですが、北朝鮮や中国共産党のおぞましさが知られてきた80年代に南京大虐殺キャンペーンを復活させるなど、生き残りに必死であり、それに同じく左翼に中枢を支配された朝日新聞が便乗して、それはもう無茶苦茶なキャンペーンを繰り広げて、日本の外交を引っかき回していました。おそらく歴史学の後継者はこういう連中の徒弟制度で生き残ってきたのでしょう。
    そのころはまだ韓国もおとなしかったです。
    暇があれば井上清の過去の著作などを読んで、どれだけひどい学者が戦後日本ではのさばっていたのか、振り返ってほしいと思います。ちなみに井上清は羽仁五郎の弟子です。

    日本とドイツの違いをよく比較されますが、こういう異常な変態左翼がマスコミや出版界で大あばれをしたかどうか、その違いに尽きます。左翼の歴史学者は朝鮮戦争の原因を韓国の侵略と宣伝していたのです。実際は中国とソ連の後ろ盾を得た北朝鮮がソ連と共謀して戦争を起こしたのに。そういう事実を世界中のインテリは詳しく知りません。
    戦後長年に渡って、日本の庶民は必死で働いて日本を豊かにして世界やアジアへの多大な経済貢献をしてきました。もちろん中国や韓国からも少しは感謝されても当然と思いますがが、その功労の半分以上は、なんの経済貢献もせずに階級闘争と憎悪を煽りまくった左翼が中韓などの憎悪をありたっけの力で煽りまくって帳消しにしてしまいました。

    この反日左翼の思考回路は昔からずっと一貫しています。
    まず、「いかに日本人は歴史を反省しない民族か」というのを、ありとあらゆるあらゆる工作や歪曲で、でっちあげる。
    そして、その反省しない理由を「日本人が戦後すぐに天皇制を廃止しなかったこと」にその原因を求める。
    つまり共産主義の夢がやぶれた反日左翼にとっては天皇制打倒くらいしか生きがいは残っていなかった。
    そこで上記のようなレトリックをでっちあげて世界中に広めれば、天皇制も打倒できるし、日本の愛国者も「歴史を反省しない無責任集団」として、同時に埋葬できるという論理です。
    実際は反日左翼こそが、とんでもない無責任集団だったのです。これは、少しは自力でものを考える日本人が最低限理解してほしいことです。
    そして反日左翼は今後も歴史をやりたい放題に改ざんしてくるので、日本人の大衆が監視して、おかしいことは抗議しなければなりません。(左翼はそれをポピュリズムと切り捨てるかもしれませんが)
    ただし、それら反日左翼の熱心な宣伝者であった左翼マスコミが、ここ10年くらいで少なくとも衰退傾向にあることだけは評価できると思います。

    • たろう のコメント:

      毎度、牛のよだれみたいで申し訳ございやんすが、日本の反日左翼の異常性を極めて象徴的に理解してもらうには、福島の原発騒動ではしつこいくらいに発狂したように抗議行動を全国で繰り広げたのに、北朝鮮への警戒心はないどころか、逆に警戒する空気自体を打ち消そうとしている点に注目すれば足りると思います。それに付随して過去の北朝鮮への態度をふりかえってもらえばさらに理解できます。

      北朝鮮の核兵器能力は「ブラフ(コケおどし)」などと消極的イメージで語られてきましたが、北朝鮮の核実験の状況からみて現在はブラフなどと評価するのが悪質なデマになっています。
      韓国と北朝鮮が平和裏に統一できるなら、もちろんそれが最善ですが、なにかの拍子に戦争が勃発すれば(朝鮮戦争は終了したのではなく停戦状態というだけ)、北朝鮮は全力で持てる全ての兵器を駆使してテロもやりつくすでしょう。中国が北朝鮮ではなく韓国に近づいていることはさらに北朝鮮を自暴自棄にさせる可能性もあります。

      日本も韓国も北朝鮮の標的であり、日本も韓国も<これから>「ホロコースト」という悪夢が起こる可能性があるのです。ところが、それらは一顧も考慮することなく、ひたすら歴史を蒸し返して日本たたきに専念してきた反日左翼のとんでもない異常性は限度を越えています。

      • たろう のコメント:

        私は忘れません。
        日本の反日左翼がさんざんとデマを流して、それを真に受けた日本の間抜けなテレビキャスターや解説員が「日本は数百万人の朝鮮人を強制連行した」などとテレビで絶叫したのを。
        そして、それからしばらくして北朝鮮の高官が国連かどこかで同じことを絶叫して「それにくらべれば日本人拉致など物の数ではない」と豪語したのを。
        日本の反日左翼は日本のガンです。これは朝鮮人ではありません。共産主義に洗脳された頭のおかしい元共産主義者どもです。
        この連中のおそろしさと過去に残した負の遺産のおそろしさを今後、日本人はますます痛感する時代がくるかもしれません。

  29. ピンバック: 【7月9日】今日から「違法」になること。在留カード切換え未、五万人超(法務省) | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  30. 漫画喫茶店長 のコメント:

    ユネスコという場での日本の代表者の発言を取り消すことはかなり無理な話でしょうが、
    今回の件については事実誤認があったとして、あえてそれ(取り消し)を申し出るしかないと思います

    その手段としては
    ・世界遺産登録を辞退する
    ・事実とは異なる発言をしたとして発言者佐藤、責任者岸田の首を切って世界に晒し
    ・安倍首相自身が世界に向けて間違った情報を発信したことを謝罪する
    ・そして事実のみを集積し、これが真実であるという詳細な資料をあらゆるメディアを使って公開する

    これは結果としては韓国との政争に負け、世界に恥を晒したことになってしまいますが
    日本の未来を見据えれば決してマイナスではないと考えます

    このままでは軍艦島や三池炭鉱で働いていた日本人、朝鮮人、台湾人の方々の業績や名誉や大切な思い出までもが汚され、傷つけられてしまいます
    大きな事故もありました、仕事がきついこともあったでしょう
    しかしそこには、人と人との連帯感や自由や娯楽、文明的で幸せな暮らしもたくさんあったのです
    あの方々の人生は西洋人が作り出した奴隷のそれとは全く違うのに
    同じように括られてしまうのはあまりにも酷いことです

  31. ピンバック: 明治日本の産業革命遺産登録騒動の真相(反安倍主観) | JPNEWS24

  32. 腸煮えくり隊 のコメント:

    先生こんばんわ。腸が煮えくり返っております。

    今回の件は先生の意見同様に、売国奴の起死回生を狙った一手と考えます。それだけに良く練られた策ですね。保守を分断させ、安倍首相を攻撃して引きずり降ろそうとする。安保がよほど効いていると見えます。

    そもそもユネスコ自体胡散臭い団体で、日本から金を巻き上げるだけの団体です。
    何人か日本の反日分子が噛んでいる事も容易に想定されます。

    政権を攻撃するのに都合が良かったんでしょう。登録がダメなら、朝鮮に利する事になるかもしれない。
    登録出来てもイチャモンを付けられる様にする。ヤクザ相手には一切の妥協は無用で関わってはならないですね。

    今回は我々も油断がありました。ネット界隈の住人なら外務省の役人は反日である事を知っています。
    だからこそ、朝鮮がすり寄り、「軍艦島を世界遺産に」と言い出した時に外務省と官邸に爆撃の如く抗議をするべきでした。

    ただ私が気に入らないのは、先生始め保守界隈の皆さんが「もう終わりだ」だの「今回は負けだ」などと戦意を喪失している事です。

    戦うのはこれからでしょう。何を弱気になっているのですか。

    今回の件を「災い転じて福となす」としなければなりません。何が良かったのか振り返りませんか。

    ①日本国民全体で「外務省=官僚」が反日で無能であるという事が共有された。
    ②朝鮮は話にならないクズの集まりで、改めて一切の情けは無用であると証明された。
    ③海外の記者及び国内から海外に記事を発信する輩は、総じて「反日分子」であると一般人が理解するきっかけになった。
    ④敵は姑息であり、「通報で支那・朝鮮人は死亡www」などと油断していてはならないと身を引き締める事が出来た。
    ⑤責任を安倍首相に被せようとするゴキブリが沸き出てきた(一次政権の時と同じ手口である)

    これからどうするか
    ①見せしめに外務省のキチガイBBAこと佐藤氏を更迭(他国なら五体満足ではいられない案件と思う)
    ②岸田外務大臣の辞任
    ③外務省始め官僚の大掃除
    ④国の要職に就くものの国籍条項の復活と血統検査の徹底
    ⑤情弱世代に真実を伝えていく(今後を考えると、ここが一番大事であり難しい)
    ⑥ユネスコ登録時の発言の撤回と軍艦島の情報を「これでもか」と世界に発信し、朝鮮がホラを吹いている事を諸外国が認めざるを得ない状況にする。(海外の反日新聞社の顔に泥を塗り、信用を失墜させる)
    ⑦情報発信センターの朝鮮の関与を全て排除して、⑥に等しく真実を発信しまくる
    (ここで嘘八百を並べる諸外国とそのメディアをあぶり出し信頼を失墜させる)

    最低でもこのくらいやらなくてはならないと考えます。

    慰安婦の時には、国と先人の名誉が貶められ天文学的な金が消えました。
    一部を除き、庶民は命を売って金を稼いでいます。金は命であると考えますので、売国奴の一言で多大な命が失われた事になります。

    極論を申せば、大使も大臣も官僚も人殺しに等しく、世や国が違えば暴行を加えられてもおかしくないんです。その位の事をしでかしてしまっているんですよね。今回も故意にでしょうけど。

    あんまり過激な事を書くと先生に迷惑がかかるので控えますが、喧嘩っ早く戦国の世から戦い続けている世界最強と言っても過言では無い戦闘民族「日本人」を侮らないでいただきたいですよね(笑)国内国外問いませんけども(笑)

    書き込んでも抗議の電話しても、情報を拡散しても怒りが収まらないので寝る事にします。

    先生もお体を労り、心を休めてください。これからも陰ながら応援してます。

  33. 櫻盛居士 のコメント:

    生物は経験した事ほど、イメージがし易く再現や復元が容易な傾向があります。

    車の運転などは最たるもので、初めて通る道はラインどりも無駄が多く、潜む危険も予測し難い為に対処が遅れがちになり、通過する迄の時間もかかってしまいます。
    所が毎日のように通行していると、交通の流れや轍、舗装のコンディション等が蓄積される為に、イメージがシミュレートとなり、危険への対処も素早く対応出来ますし、通過する迄の時間も早くなります。

    この度の海外の報道ですが言語の違いもありますが、日本人にはあまりピンと来るものでは無いのではと考えております。
    それもその筈で、我が国も幾度も凄惨な体験を経ているものの国際的には生温い、言い換えれば先人達が努力によって時代に合わせて良い社会を構築してきたからだと考えております。

    所が人権に敏感な先進国だと言っても、欧米の実態は人権を無視しまくり搾取しまくった実践経験豊富で、嘗ては自国民ですらも領主の所有物と言う歴史を経ている訳です。
    先進国以外は、逆に凄惨な目に遭わされた経験が豊富だと言う事です。

    言って見れば、日本以外は経験が豊富だけに今回の報道の様な表現一つで、容易に凄惨な情景がイメージ出来きてしまうと考えるべきでしょう。

    つまり、外務省は相手の潜在能力を計る役割をミスったと言う事です。

    日本人が想像するより、ダメージは大きいでしょうね・・・。

    これから我々はこの件に関しても対応を迫られる訳ですが、これは局所的対処に過ぎません。
    例えるならば、道路の陥没した穴に落ちた人を救助し、穴を埋める行為でしかありません。
    穴を開けた原因を潰す対応では無いって事です。

    原因を潰して行かなければ、穴を埋めても埋めても、またポッカリと穴が開きます。

    では一連の原因はと言うと、国内に潜むアカを主体としたサヨクとその傀儡、そしてその利権に群がるマスゴミ、特亜三国です。

    これらの原因共は、自らが苦しくても必要経費はどんな汚い手を使っても、掻き集める事が出来ます。
    逆を突けば、この資金収集力を麻痺、或は壊滅出来れば、その戦力は著しく激減する事でしょう。

    アカに関わりある店や企業のサービスは受けないだけでも、これらの壊滅作戦の一端を担う事が出来ます。

    対処だけに振り回される事無く、原因そのものを潰す事にも目を向けたいものです。

  34. のコメント:

    メールを出すために岸田大臣のホームページを見ていて思った。
    保守本流って何だろう。
    国を、民を、誇りを、敬意を、歴史を、遺産を、そこから続く子供達の未来を守れず守らずして何が保守か。
    単に保守(他がサヨクすぎるから相対的にでしかないが)政党の中の大派閥の系譜ってだけだろ、保守本流詐欺が!って。

    これからメール出す人や2度でも3度でも出してやるって人はその辺に触れていくのもいいんじゃないでしょうか。
    岸田大臣や事務所のweb担当が良心のない屑じゃなければ軍艦島や佐藤屑のことだけ書くより効くかもしれません。
    でも、もうそんなタイミングじゃないのかもなあ。
    岸田に佐藤を更迭させる、ではなく、佐藤は更迭させたうえで岸田も解任するというのでなければ国民が収まらないのみならず世界にもあの会議がいかに間違いだらけであるかは伝わらない段階でしょうか。

  35. みかん のコメント:

    こんばんは。お疲れ様です。
    今後は、この「状況」を嘆いていても仕方がないので日本がいかに上手く利用・活用できるかだと思います。

    佐藤女史の文言は、確かに韓国に付け入る隙を与えてはいますが、日本側立場を主張できるポイントは最低限抑えていると思います。
    ・”against their will” と “forced to work”があった時期は、”in the 1940’s” であり “during World War Ⅱ” つまり、「戦時下における徴用」であることは明らか。ILOでは違法とはならないですよ、と。
    ・”against their will” と “forced to work”の対象者は、”Koreans and others” で朝鮮人と日本人(=others) であり、”the Government of Japan also implemented its policy of requisition”「国民徴用令」に基づく全国民対象、もちろんこの時期、朝鮮人は日本国民。ユダヤ人のアウシュビッツやアメリカの日系人キャンプのような人種差別的なものじゃないですよ、と。
    ・”victims”… 少なくとも強制収容所等の犠牲者を表す時に一般的に使われる”casualties”ではない。
    言葉遊びと言われればそれまでですが、一応筋は通ると思います。
    単に「徴用工」の話をしてるだけです!!と丁寧にあらゆる手段で説明していきましょう。「戦時下の徴用工」をILO違反の「強制労働」にされたら困る国だらけでしょう。

    海外メディアの過激な用語を使っての報道は、厄介ですがメディアってそんなものですよね。いかにセンセーショナルなタイトルをつけるかに命がけです。まずは、今回の日本の世界遺産に多大な関心を寄せて報道して頂いたお礼(もちろん皮肉ですが)と特に英米メディアは英語が母国語なんだから、きちんと英文を読んで「読解」してねの遺憾の意表明。韓国も訳文ではなく英文が全てと言ってますし。韓国側は、韓国国内報道では”…and that,during World War II,the Government of Japan also implemented its policy of requisition.” の部分を無視して「強制労働だ!」と騒いでいるようですが、この部分意外と効力あるんじゃないでしょうか。で、日本が言うところの “forced to work” の詳細は、“ユネスコお墨付き”の情報センターを約束通り作って説明するので皆さん見に来てくださいね(観光PR)と。報道しない自由もあるみたいなので、難しいかもですが。思い切って従軍慰安婦問題も絡めてしまうとか…今回英国テレグラフは、”slave labour” を使っているから、「本当にメディアの報道はすごいですね。単なる「徴用工(requisition worker)」の話がいつの間にか「奴隷労働(slave labour)」ってことになってるし…以前は以前で、客観的証拠もないのに「従軍慰安婦(comfort women/prostitute)」の話がいつの間にか「性奴隷(sex slaves)」になってるし…困るよねぇ。」とぼやいてみては?ちょっと冒険かなぁ、でも、いくらなんでも「徴用工」が “slave labour”はやりすぎだと思います。勝手に”slave”に置き換えているんだから。”sex slaves” ももしかしてこんな感じでメディアが勝手に!?っていう風潮にもっていけたら…少なくとも多くの人が何らかの疑念を持ってくれたらいいのに。もちろん根本は韓国の捏造発信ですが。

    韓国に関しては、まともに話ができるとは思えませんが、あえて言うなら「貴国は”自分で”戦争をしていないから「徴用工」の概念が理解できないのかもしれないけど、おたくの「徴兵制」と同じようなものです。それは時として “against their will” で “forced to work”じゃないですか?徴兵忌避のニュースがちょくちょくありますよね。「徴兵制」は、ILOで違法にあたる「強制労働」じゃないんですよね。その辺よーく考えてから言ってね。以上」

    首相を始め、閣僚・外交官等外国の要人とお会いするときは、ぜひ「告げ口外交」ならぬ「ほとほと困ってるんだよねぇ韓国には…と耳元でのぼやき外交」をお願いしたいと思います。今回のユネスコの件をご存じの方は共感してくれるのではないかと。あくまで立ち位置は「被害者」で。

    長々と駄文を失礼しました。これからも日本のために頑張ってください。

  36. てるてるお東 のコメント:

    小坪市議様、いつもお疲れ様です。
    気が動転してます!
    産経新聞の記事どおりなら・・・・force to workの言葉を首相が同意していたことになります!
    首相の重大責任となるんではないですか? ちょと考えられません。

  37. ピンバック: 「強制連行」カテゴリに組み込まれる意味~パンツ泥棒と連続殺人鬼ほどの差 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  38. dontakosu のコメント:

    佐藤地を首にしてください。外務官僚で責任を取った奴はいません。こんな売国行為をした奴がのうのうと出世するなんて信じられない。加えて、岸田も更迭は免れない。

  39. 藤岡信勝 のコメント:

    慰安婦問題で日本の言論界が反撃に転じたのは、1992年です。それ以来23年間、冤罪を晴らすための努力は、膨大なものがありました。それらの積み重ねが、いっぺんに吹き飛ぶような大失敗を日本政府はやってくれました。しかも、「戦後レジームを脱却する」はずだった安倍内閣のもとで起こったというところが深刻です。積み木崩し。いや、ピンセットで砂粒を一つひとつ積み上げるようにしてつくってきたものを、ブルドーザーで破壊する行為でした。海外の反響は当然の結果です。彼等がいつも、にっくき日本をたたきたくてウズウズしていることが分からないのですか。慰安婦問題で、イヤというほど学習してきたではないですか。さて、私も体調がおかしくなるほどのショックでしたが、絶望することはできません。まず、①今回の重大な誤りをハッキリ認めること、②佐藤コメントの取り消し、外相の罷免などを実行すること、③安倍首相を断固として守ること、の3つをやらなければならないと思います。その際、③のために①②を曖昧にする人がいますが、いくら善意からの発言でも間違っています。「外交官はそれなりによくやった」などは論外です。

  40. ピンバック: 安倍政権を守るための破壊消火 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  41. 茄椅菰(Keiko) のコメント:

    実は『支那』と言う言葉をメディアに使わせないようにしたのは、GHQ時代の外務省なのです。
    よって、外務省は外務省自体がスパイ組織になっている可能性がありますが、今回の件で明らかになりましたね。
    実際、この件において在日と左翼連中が喜んでいることでも明らかです。
    現在auのメールがデータセンターが壊れたせいで使用できなくなっていますが、こうしたおかしな事がここに来て立て続けにおきるのは、やはり7月9日の件が関わっていると見てもおかしくないかもしれませんね。

    これは外務省の佐藤を処分すれば。で、済む問題ではありません。
    外務省の中には第二第三の佐藤が存在するのですから。

    私の友人に霞ヶ関のSEがいますが、霞ヶ関では実際に日本語ではない言語が飛び交うのは当たり前だと言います。
    5年前の情報ですので今はどうか分かりませんが、まるでスパイ映画のように公衆電話で何処かに連絡する光景もよく見られた。と、言います。
    おそらくこの佐藤もその一人だったのでしょう。

  42. 小坪しんや先生

    こんばんは。
    いつも日本の国益になる貴重な情報を配信して頂きありがとうございます。
    この度、僭越ながら拙メルマガ「政治の本質」で御ブログ
    のエントリー「【海外報道まとめ】日本のアウシュビッツ、奴隷島となった軍艦島」を紹介致しました。
    お暇な時に御確認下さい。
    今後とも宜しくお願いします。
    エントリー名:「強制労働」承認問題で佐藤地ユネスコ大使(外務省)に処分を!
    http://archive.mag2.com/0000288345/20150801170000001.html

  43. ピンバック: 【許せなかったらシェア】軍艦島クルーズ会社が個人に200万円請求、保守への言論弾圧 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

  44. ピンバック: 【拡散】韓国人から解放された軍艦島 | 小坪しんやのHP~行橋市議会議員

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です