【拡散】韓国人から解放された軍艦島


 

 

軍艦島については「奴隷島」と報じられてみたり、韓国による外交手段の一つとして悪用されてきたことで有名だ。
英語圏においても報じられてみたり、本来であれば喜びに満ち溢れた報告のみで済むはずが、いらぬ火の粉にまみれてきた。

軍艦島は、韓国の思惑から解放された。
これは「情報の周知」をもって初めて達成されるものだが、ここに吉報として報告したい。

 

この場を借りて述べたいことがある。
世界遺産に登録するため、現地で粉骨砕身、長期にわたっての活動を継続して来られた方々がおられる。
韓国側の政治利用の結果、ネット上ではいらぬ波風を受けた。さぞ心を痛められたことと思う。
その責任は、日本側の政治が機動的に判断を下すことを怠ったことに起因する。

特に昨今は、韓国による「捏造」が横行しており、ネットでは炎上の傾向。
日韓関係に巻き込まれてしまい、不本意な状況にあったと思う。
私自身、その旗振り役の一人でもあろうし、実は心を痛めていた。

このような形で、前向きな決着がついたことを心から喜びたい。
政治は、行政は動いたのだ、と。

韓国人の上陸を拒否した軍艦島をキックオフとした「一つの結果」だと考える。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
13445690_1080317135372503_3626783318599939323_n

 

 

 

 

報道の紹介
まずもってソースを提示する。
ご覧頂きたい。

web上でも大きな扱いを受けておらず、徹底しての周知が必要な報道だ。

 

韓国側のレッテル貼りを一蹴 「島民は一つの家族のようだった。監獄島ではない」…軍艦島など説明指針策定、長崎市

 

 長崎市が、世界文化遺産となった端島炭坑(通称・軍艦島)について、「島民は、一つの家族のようであったといわれている」とする文書を策定し、観光部局などに配布したことが6日、分かった。軍艦島をめぐっては朝鮮半島出身者も徴用されたことで、韓国メディアは根拠もなく「監獄島だ」と登録に“いちゃもん”を付けたが、市は元島民からの聞き取りを基に韓国側のレッテル貼りを一蹴した形だ。(奥原慎平)

 文書は内閣官房の監修も受け、「明治日本の産業革命遺産(基本事項)」の名称で3月10日付で策定した。産経新聞が情報公開請求で入手した。

 軍艦島だけでなく、市内にある「明治日本の産業革命遺産」の構成施設8つについて、歴史的な意味づけや観光客へのPRポイントなどをまとめた。市がパンフレットなどを策定する際の資料とするほか、外部からの問い合わせへの返答の参考とする。

 「明治日本の産業革命遺産」をめぐっては、23施設のうち7施設について、「戦時中に朝鮮半島出身者が強制労働をさせられた」として、韓国が登録に反発した。

 中でも軍艦島に対しては、「強制的に徴用された朝鮮人が、過酷な労働や虐待に苦しみ、『地獄島』『監獄島』と呼んでいた場所」(東亜日報日本語電子版、2015年3月31日付)と報じるなど、一連の「反日」活動の象徴となった。

 「明治日本の産業革命遺産」は昨年7月、世界遺産登録を果たしたが、韓国の市民団体などは、依然として反発している。

 長崎市は今回、終戦を軍艦島で迎えた元島民に話を聞いた。

 その結果、策定した文書では、「島民は、共に遊び、学び、働く、衣食住を共にした一つの炭鉱コミュニティであり、一つの家族のようであったといわれている。島は監獄島ではない」と明記した。

 また、徴用については、国家総動員法に基づき、半島出身者にも昭和19年9月から国民徴用令が適用された。この歴史的事実を踏まえ、「半島からの徴用者は端島炭坑をはじめとする日本各地の生産現場を支えた」「政策の性質上、一般論として意思に反して連れて来られた者もいたことは否定できない」と記した。

 文書は同市の観光担当部署のほか、軍艦島の上陸ツアーを運営する企業などにも配布した。
http://www.sankei.com/life/news/160607/lif1606070018-n1.html

重要なポイントは以下
・主語が長崎市であること。
軍艦島を管理する正当な地方自治体であり、ここの正式表明は重い。

・国も巻き込む。
>文書は内閣官房の監修も受け、
ゆえに「単に長崎市の意向」ではない。例えば長崎市のみを責め立て、市議会の過半数を得たとしても「修正は難しい」のだ。

・今までの状況
>「強制的に徴用された朝鮮人が、過酷な労働や虐待に苦しみ、『地獄島』『監獄島』と呼んでいた場所」(東亜日報日本語電子版、2015年3月31日付)と報じるなど、一連の「反日」活動の象徴

・策定した文書
>「島民は、共に遊び、学び、働く、衣食住を共にした一つの炭鉱コミュニティであり、一つの家族のようであったといわれている。島は監獄島ではない」
今後の足掛かりとして、最大の武器となるだろう。

・クルーズ船の問題
>文書は同市の観光担当部署のほか、軍艦島の上陸ツアーを運営する企業などにも配布した。
よって、今後「おかしな説明」はなされないだろう。
例えば広島や長崎の語り部のように「政治的な意図をもった動き」は制限されると考える。

・もしもそのような説明が継続した場合
個別に事象を指摘すればよいのだ。
まさに「策定された文書」を論拠として。そのための文書だ。
webでの大炎上もセットであろうから、恐らく起き得ないように思う。

 

政治は、行政は、動いたのだ。

 

 

 

「監獄島」からの解放
海外報道をもって、軍艦島には様々なレッテル張りがなされてしまった。
韓国の意向であり、政治的な攻勢であり、国家を挙げての、民間を巻き込んでの「外交攻勢の一環」なのだろう。
例としては「慰安婦問題の捏造」(朝日新聞の責任)などが挙げられる。

現在、ネットを始めとして、保守論壇による再検討が行われている最中であり、
朝日新聞の記事取消をはじめ、まさに渦中にある。
これは韓国側も理解していることであろう、ゆえに「新しいネタ」として登場した部分もあるのだろう。

結果、まさに軍艦島はターゲットにされてしまった。

【海外報道まとめ】日本のアウシュビッツ、奴隷島となった軍艦島

 

例えば地元メディアの動きでもひどい例があった。
【軍艦島】NBC長崎放送のおかしな主張

対抗する形でだろうか、記事もあがる。
「軍艦島には朝鮮人の血と汗が」産経によるインタビュー

軍艦島は、外交の一手段となって行った。
韓国による「強制連行・徴用の象徴」として。

そののちの話である。
個人への請求があり、見ようによっては「スラップ訴訟」の一環にも思えた。
【許せなかったらシェア】軍艦島クルーズ会社が個人に200万円請求、保守への言論弾圧

私自身も某メディア(?)より、非常に激しい取材を受けた。
罵声も飛び交う中で、ちょっと辟易してしまったのだが、遠い昔のように感じる。
(結論から言えば、行政サイドから目をつけられる媒体であったため「良い方向」に効果を発揮したように思う。)

 

主に韓国側の「意図」に拠るものだ。
しかし副次的な問題として「日本側の無関心」も遠因として挙げられるべきだろう。

結果、もっとも打撃を受けたのは軍艦島であり、
心を痛めたのは、世界遺産登録に奔走してきた現地の皆様だと思う。

 

再掲にはなるが、こちらの記事はお読み頂きたい。
少しふざけたタイトルに感じるかも知れないが、これが現実である。
「強制連行」カテゴリに組み込まれる意味~パンツ泥棒と連続殺人鬼ほどの差

実際に「強制連行」のカテゴリに組まれた場合、日本人たちは「軍艦島そのもの」を徹底的に否定せねばならなくなる。
長崎だけの話ではない、全国民に影響が出てくるような話だったのだ。

これが、韓国サイドの野望から解放された。

 

 

 

政治は動く、行政は動く。
報道の一部引用になる。
この言葉が全てであろう。

>軍艦島をめぐっては朝鮮半島出身者も徴用されたことで、韓国メディアは根拠もなく「監獄島だ」と登録に“いちゃもん”を付けたが、市は元島民からの聞き取りを基に韓国側のレッテル貼りを一蹴した形だ。

 

地方自治体の正式な聞き取り調査を経て、レッテル張りを一蹴。
私も水面下では様々な動きを試みたが、どこまで奏功したかはわからない。

だが、結論として述べさせて頂ければ、
「政治は動いた」のだ。
「行政は動いた」のだ。

長崎市の対応を、そして内閣官房が監修してくれたことを、素直に喜びたい。

 

動かしたのは、間違いなくネットだと思う。
レジュメではないが、行動計画のようなものも策定していた。
韓国の世界遺産に対する介入についての私的推論・対処法

 

 

 

ネットの力
これはネットの力の一例だと考えています。
特に大きな力を発揮したのは、まとめサイト。

一例として保守速報を紹介させて頂きますが、BPOの通報が相次いだ。
実際に相当数が通報され、これは国でも集計されていると聞いている。
韓国人の上陸を拒否した軍艦島…悪態をついたNBC長崎放送がBPO通報案件に 小坪市議「BPOに踏み絵させたいので、通報をお願いします」

 

「目に見える数」が公式に揃う中、
のち、諦めずに延々とアクションを繰り返した。
それぞれの者が、それぞれの立場で。
これが国を動かす一助となり、長崎市を動かした一因となったことは間違いないと述べさせて頂きます。

 

みんなの力、です。

 

 

私たちは、勝ったのだ。

 

軍艦島は、韓国の政治マターより開放された。

 

ここに勝利を祝いたい。

 

決断した長崎市に祝福を。

 

かつ、行動したネットの仲間にお礼を。

 

重ねてのお願いで恐縮ですが、

 

まだ周知されきっていないこの情報を、是非、皆様の手で広めて頂きたい。

 

周知されてこそ、力は発揮されるのだ。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【拡散】韓国人から解放された軍艦島 への14件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    韓国人から解放された軍艦島 軍艦島については「奴隷島」と報じられてみたり、韓国による外交手段の一つとして悪用されてきたことで有名だ。 英語圏においても報じられてみたり、本来であれば喜びに満ち溢れた報告の

  2. 東京都55歳 のコメント:

    最近では(本当に)珍しい、
    明るいニュースとして読みました。
    世間には、あまり注目されていませんけど・・・

    まあ、逆に、注目されないほうが、
    半島からの雑音が発生しなくて、
    そのほうが良いかも、ですけど・・・苦笑

    もっとも、
    半島はそれどころではないほど、
    経済的に苦境に立たされているようなので、
    無用の心配かも知れませんけどね。

    小坪さんの更新ペースが急増して、
    大変に、心より、喜んでおります。

  3. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    >長崎市は今回、終戦を軍艦島で迎えた元島民に話を聞いた。
    >その結果、
    >策定した文書では、「島民は、共に遊び、学び、働く、衣食住を共にした
    >一つの炭鉱コミュニティであり、一つの家族のようであったといわれている。
    >島は監獄島ではない」と明記した。

    上記、産経新聞のWeb版でも読むことができました。やるな!長崎市!です。
    長崎市の対応、それを後押しした内閣官房の対応もGJとおもいます(ました!)。

    これで、軍艦島をおおぅていた、もやもやとした雰囲気は吹き飛び、青空が一挙にひろがったようです。本当によかったと拍手喝采しています。

    閑話休題・・・・

    いまさらですが、慰安婦についても、このような素早い対応ができていれば、日本国、英霊の方々の名誉、そして、現在の日本人、未来にいきる日本の子供達の名誉を貶める、シナ、韓国の捏造プロパガンダがこれほど、世界中に拡散することはなかったのではと、つくづく、おもいます。

  4. 月光仮面 のコメント:

    日本人が目覚めたのだと思います。
    先の民主党が与党から落ちて 野党に戻ったのはなぜか
    それは 与党になると同時に 日本を裏切ることばかり
    して民主党の本質を 日本人が見てしまったのです
    それの 一番 大きな失態は外国人参政権だと思います
    次に 東京都知事が 辞めることになると思いますが
    これも 日本人が見てしまったのです それは
    韓国に土地を貸し与えるという事が 引き金だと
    思います これからの 日本の政治家は本当にやりやすく
    なったと思います ひとえに日本のための政治をすれば良いのです
    それから 外れれば辞職が待っているという事になると
    思います。

    この 小坪先生の記事をみても 中国や韓国に言われるままに
    していてはいけないと 日本人が目覚めているという事だと
    思います 新しい日本のために世界のために 日本人よ目を覚ましましょう

  5. 現某れっどシティ住民 のコメント:

    長崎市および現内閣の対応は、素直にとても喜ばしいことではありますが、
    一方、韓国側はといえば、史料其の他の記録み基づく事実の裏付けや
    科学的検証に基づく証拠よりも、情緒・感情が何よりも優先される
    国です。彼らにとってみれば、どのような証拠や科学的根拠を並べて
    みても、国民感情・民族感情・民族的情緒の前では何の意味もなしません。
    国内的には、いわゆる軍艦島での韓国側が執拗に主張するような過酷な
    強制労働など事実無根であると周知されるきっかけとなるとは思いますが、
    対外的にはどうなんでしょうかね。今後も韓国側が今までの主張を変えて
    来るとはとても思えませんし、海外での働きかけも今まで通りでしょう。
    もっとも海外で、いわゆる従軍慰安婦問題のように盛大に炎上させれれる
    かといえば、アメリカ・ヨーロッパの国々も過去においても、それぞれ
    奴隷貿易や移住先の先住民虐殺の歴史を持つだけに、韓国側の思惑通りには
    ならないでしょうが。どの国も、韓国人が自分たちの国とは全く関係のない
    日本による朝鮮人強制連行のことで騒ぎたてられて、結果、自分たちの
    過去の古傷をえぐられるようなマネをされるのは好まないでしょうから。

  6. すがりとおり のコメント:

    GJ!!!
    連中の計画を初動で見切って、神速で叩き潰しましたね

    意図が読めなくて後手後手に終止して結局、煮え湯をのまされる
    いつもこのくり返しだったのに!!!

    小坪隊長ありがとうございました!

  7. 金 国鎮 のコメント:

    昭和19年以降徴用された韓国人を探し出して事実を確認するのがマスコミの責任。
    韓国人労働者の数に比べて日本人労働者の数が多いのはあたりまえ。
    そもそもこの島の実態に関心のない連中の戯言が殆ど。
    炭鉱であれ何であれ厳しい労働環境に従事したことのない連中が次から次に
    よく言うよ。

  8. 旧新人類 のコメント:

    まずは、軍艦島を守れてほっとしました。こうした地道な努力が実を結ぶ話は大好きです。長崎県にも国にも感謝申し上げます。これからも史実に基づき、きちんと言うべきことは言うことが大事ですね。

    ところで、このような目出度いエントリーのコメ欄に水差すようなことを書くのも気が引けるのですが、Wikipedia に Slavery in Japan という記事があり、後半が相も変わらず forced labor、sexual slavery という言葉および盛った数字が乱舞している捏造てんこ盛りの発狂記事になってます。引用されているソース(という言葉も使いたくないが)もひどいもので、one million korean slaves というタイトルのオンラインの記事は削除されていて存在しません。他も推して知るべしで、また「証言・南京大虐殺」を翻訳したとかいうどこかの高齢者の共同研究も引用されていました。もう、いやになりますが、時間の余裕があればチャレンジしたいと思います。なお、この記事の最終更新は、2016年6月7日です。

  9. 生野区民 2 のコメント:

    この島の賃金は高く、朝鮮人は日本人以上に優遇されていた
    それに朝鮮人の証言ほど、信用できないものはない
    自業自得だから朝鮮人は、あきらめた方が良い

  10. ぴょん吉 のコメント:

    久しぶりに胸がすくニュースですね。
    長崎市に祝福を!

  11. 保守マン のコメント:

    先生、いつもありがとうございます!
    こう言った記事を見るたび、先生が日本にいらっしゃるかぎり、日本が良くなることは有っても、悪くなることは決してないと思います。
    これからも日本の事をよろしくお願いいたします!

  12. 鳥海山たろう のコメント:

    虚言癖の韓国人から日本の文化遺産を守ったのは実に素晴らしいことですね。

    韓国人は「被害者特権」に無我夢中です。
    先日、広島にオバマが訪れて哀悼の意を示したときにも、韓国人たちはまあネチネチと「日本は被害者ぶるな」と日本を罵倒したものです。

    日本に被害者特権のお株を奪われそうなので発狂したのでしょう。
    しかし被害者に見せかけようと被害者特権にしがみつく民族こそ、他人からの哀れみを欲する奴隷根性の民族です。

    でももともと韓国人は、こうではなかったのです。
    朝日新聞等が慰安婦騒動などで韓国を発狂させる以前は、日韓関係は比較的おだやかだったのです。

    韓国人は「日本を呪っても仕方ない。韓国を他国に蹂躙されない国にしよう」と言いあってたのです。
    日本人も韓国人も教養ある人間は、日韓併合の「功罪」を比較的冷静に論じながらも、互いの認識の違いは違いとして認め合う度量を持っていたのです。

    せめて、慰安婦騒動などの前のレベルまで日韓関係がもどるのには、どのくらいかかるでしょうか。相当むずかしいに違いないし、現在の日本人も韓国人もそれを願っていない。

    しかし慰安婦騒動のすさまじさは想像を絶するものでした。
    朝日新聞は大キャンペーンをやりはじめる10年前から吉田青治を飼い馴らしていました。

    そして、慰安婦騒動の大キャンペーンが始まったときは、日本中のキチガイというキチガイが朝日新聞に集結したような様相でした。見てすぐにわかるキチガイなら日本人はだまされません。

    ジャーナリストや学者、文化人などもっともらしい肩書をもっている連中に完全にだまされたのです。最初は私もだまされかけました。
    この連中がいわゆる変態左翼の象徴です。共産主義者が戦後長い年月をかけて、こういう連中を育てたのです。

    私事で恐縮ですが、もし従軍慰安婦騒動などなかったら、ネット掲示板などに投稿などしようと思わなかったに違いありません。
    この20年間に毎年50回は慰安婦問題だけで朝日新聞を糾弾してきただろうから、計1000回は過去に投稿したと思います。

    いかにすさまじかったか。
    たとえば小坪先生のブログでよく共産党批判になりますが、個人的には、日本共産党は「存在そのものが悪」ではないと思います。
    異論があるかもしれませんが、他国の共産党とくらべて格段に狂っているとまでは思われません。

    しかし朝日新聞は「存在そのものが悪」なのです。これほど残酷で狂った報道機関は世界の歴史のどこを見渡しても一切存在しません。もし事例があったら教えてほしいものです。

    たとえば従軍慰安婦騒動がなければ、過去までさかのぼって韓国人の親日派の子孫の財産まで取り上げるという異様な親日糾明法(日帝強占下反民族行為真相糾明に関する特別法)も絶対に韓国で成立されませんでした。
    絶対に成立されなかったであろうと断言できます。

    昨年は若い韓国人が、はるばる日本の靖国までやってきて爆弾をしかけてテロを起こそうとしました。
    そして歴代大統領の狂ったような反日パフォーマンスも、なにもかもすべて朝日新聞の従軍慰安婦騒動によるものです。
    朝鮮人の対日憎悪を千倍にした張本人、それは変態左翼の狂った宣伝塔の朝日新聞です。間違いなくそうでした。

    慰安婦騒動も南京大虐殺騒動も朝日新聞の発狂的報道に端を発していると見なされつつあります。

    そして、慰安婦騒動以降に歴史を勉強してわかったのですが、日本の戦争の原因にいかに朝日新聞がかかわっていたかという本質です。

    過去の左翼の歴史本は常に、近衛文麿の「蒋介石相手にせず」の近衛声明が日中間の戦争泥ぬま化の原因と非難しますが、その背後に朝日新聞の記者の策略があったことなどを完全に隠ぺいしていました。

    当時の朝日新聞記者の尾崎秀美などは、日本からソ連を守るため、日中間の戦争を激しく欲していました。そして良識者が強硬に反対していた日独伊同盟にもバスに乗り遅れるなと国民を煽って支持を表明。
    戦前から朝日新聞は「存在そのものが悪」だったのです。

    歴史認識は防御だけではだめです。攻撃こそ最大の防御です。

    朝日新聞など変態左翼の恐ろしさとおぞましさを一人でも多くの日本人が自分で勉強して、そのことをさらに一人でも多くの日本人に冷静に伝えるべきです。

    馬鹿な連中が、「米国が中国や韓国をあやつっている」と言いますが、何十年も中国や韓国をあやつってきたのは間違いなく日本の変態左翼です。
    変態左翼が入れ知恵をしなければ、韓国人のだれが日本の旭日旗から靖国神社まで狂ったようにやり玉にあげることなど思いつくでしょうか。

    • 鳥海山たろう のコメント:

      「馬鹿な連中が、「米国が中国や韓国をあやつっている」と言いますが、・・」
      の表現は完全に撤回します。愚劣な表現でした。
      どこの国も他国をあやつろうとするのが国際政治のリアルな一面です。それを指摘したからといって馬鹿者扱いするのは完全に行き過ぎでした。

  13. 櫻盛居士 のコメント:

    戦前の日本在留朝鮮人の闘争スローガンを、皆様は御存知でしょうか?

    「日本による朝鮮人渡航阻止政策は差別ニダ!自由に日本に来させろ!!」です。

    背景としては第一次世界大戦後から長引く不況によって、内地企業は賃金の安い朝鮮人労働者を積極的に雇用した結果、日本人の失業者が劇的に増加し、内務省は日本人労働者の雇用を指導し、政府は朝鮮人の渡航制限を再三に渡り実施していました。

    その渡航制限も完全にシャットアウトした訳では無く、留学生や日本国内に家族がいる等のやむを得ない事情がある者には朝鮮の所轄警察署で渡航証明書を発行して貰い渡航が許されていました。
    しかし、内地上陸直後にその証明書を朝鮮に送り返して他人が使い回す不正が蔓延る
    様になりました。
    それほどまでに、朝鮮人は内地渡航を欲していたのです。

    最初は安い労働賃金に目が眩み積極的に朝鮮人を雇用した企業でしたが、朝鮮人の絶対的価値観は”目先の利益”である事と”責任逃れ”が常であり、これらの思考パターンは共産・社会主義と非常に親和性が高い事もあって、あっと言う間に赤化され結果的に安物買いの銭失いの状況が頻発していたのです。
    一例としては、以下の様な理由で八幡製鉄所は朝鮮人出入禁止にしています。

    ・工場の物品を持ち出す(物品持出)
    ・工場の材料で私物を作る(私物作製)
    ・作業中、横になって寝る(横臥睡眠)
    ・出勤したものの行方不明になる(出役後行方不明)
    ・勝手に仕事を辞める(脱柵)
    ・傷害事件を起こす
    ・賭博にふける
    ・窃盗

    昭和2年に兵庫県神戸市で企業に対し、朝鮮人労働者に関するアンケートが実施されておりますが、評価はやはり芳しくありませんでした。
    (1927(昭和2)年 神戸市社会課編 「在神半島民族の現状」)

    ロ、勤続状態

    一、大正9年以降、一般に朝鮮人職工の雇入れは行っていない。現在の在職者は大正9年に雇入れた時からの勤続者である。さかんに欠員補充を行っていた頃の成績についていうならば、団体で仕事を辞めるという傾向がある。(A造船所)

    二、日本人にくらべて勤続状態は不良である。まじめに働く者でも長くて二年、普通一年間くらい勤務して、いったん帰郷し、数カ月もしくは一年間くらい経つと再び日本に渡航してくるといった状態なので、日本人にくらべれば勤続年数は短い。(B製肥合資会社)

    三、一概には言えないが朝鮮人は、一人の親方に従って四年、五年と行動をともにする者が少なく、賃金の高い安いだけではなく仲間に勧誘されると他の職場へ移動するといった傾向が少なくない。(C土木株式会社出張所)

    四、ごくわずかでも自分に利益がある時は他に走り、永続的に勤務するという意思にとぼしい。(D土木出張所)

    五、日本人にくらべてやや勤続性を欠く状態である、短い者は数日で退職する。(E製鋼所)

    六、日本人と大差なし、ただし当社の朝鮮人使用は大正6年以来のことで、その後引きつづき今日まで勤続している者は相当多い。(F倉庫株式会社神戸支店)

    七、良好。(Gホテル)

    八、勤続状態は日本人よりも良い。(Hレストラント)

    ハ、生産量

    一、当工場在籍朝鮮人の大部分は運搬、職工、雑工に使役されるため、日本人にくらべて適確な生産量の比較はできないが、概して著しい差はない。他の穴あけ取付工の例をみれば個々別々にしてはなはだしく劣る者、あるいは優良なる者がいるので一概に生産量を比較することはできない、平均すれば差などない、機械工は熟練の結果、現在ではその生産量は増加することはあっても減少することはない。火造工は稍(やや)おとる、要するに単純労働および比較的工夫する必要のない職業においては日本人にくらべて差はないが、精密な職業に対しては継続的生産量を増加させようとする工夫に欠ける者はいる。(I造船所)

    二、比較的人物の選択に努めた結果、あるいは場合によっては朝鮮人の成績良好をみる。(J製肥合資会社)

    三、主として職工の補充または運搬に従事させ、その成績は日本人の中くらい程度である。(K神戸造船所)

    四、複雑な作業に従事させてはいないが、簡単な作業については日本人にくらべて遜色がない。(L官業工場)

    五、敏活な身体の動作をする者が少なく、かつ細心の注意力にとぼしく、仕事に忠実な精神が少ないため労働能率は少ないが、肉体労働を主とする労働においては日本人にまさる点がある。(M土木出張所)

    六、肩荷役による貨物の運搬には朝鮮人の方がまさっている、従って最高収入額も多い。(N倉庫神戸支店)

    七、日本人よりも良。(Oレストラント)

    八、普通。(Pホテル)

    九、日本人にくらべて頭がにぶい傾向があるのはまぬがれない、従ってある一定の仕事を反復するなどには適するようである、総じて重い物を背または肩の力によって運搬するなどの仕事は、彼らの最も得意とするところである。(Q土木株式会社出張所)

    ニ、労働の耐久力

    一、勤務時間中における労働の持続力について、特に日本人にくらべて早く疲労したりする者はいない、従って甲乙つけられず。(R造船所)

    二、日本人と大差ないが、肩荷役による貨物の運搬については朝鮮人の方がはるかに耐久力が強い。(S倉庫神戸支店)

    三、日本人にくらべて遜色ない。(T官業工場)

    四、日本人よりも良。(UレストラントおよびVホテル)

    五、労働の持続力は日本人におとる、日本人にくらべて耐久力とぼしく当工場直接使役者の言うところによれば、空腹時になるとまったく意気地がなくなるのは忍耐力あるいは意思の力にとぼしいからだそうだ。(W土木株式会社出張所)

    六、労働の持続力は日本人におとる。(X土木出張所)

    七、ほぼ同一に近いが朝鮮人の方受取労働において比較的勤務力が強い。常雇い(管理人注:正規採用)においては巡視する者がいないと朝鮮人は油を売るものが多いように思われる(Yゴム工業所)

    ホ、就働中の状態

    一、よく内地化し言語動作においても一見日本人とことなる点なく、使役上著しい差はない。(Z電気局)

    二、少数の優良なる者は凡(すべ)て日本人にくらべても遜色なく、工場成績もまた佳良であって、監督上顧慮を要することはないが、一般は作業上日本人以上の指導、監督を要する者が多い。(A造船所)

    三、大体まじめに勤務する者多く、従って朝鮮人は使用する方面によって日本人よりはるかに便宜と成績を挙げ得る、然(しか)るに概して朝鮮人は監督の当否が大いに彼らの勤勉怠慢の上に影響することは否定できない。(B製肥株式会社)

    四、日本人にくらべて責任感にとぼしく、かついささか怠惰である、就労中は特に注意、監督が必要である。(C倉庫神戸支店)

    五、監督上、格別不都合を感じることはない。(D官業工場)

    六、動作不活発にして勤労状態は日本人におとる、絶えず監督を付けておく必要がある。(E土木出張所)

    七、概して怠惰な者が多く、監督者がいなければ熱心に作業しない。(F製鋼所)

    八、怠惰な者あり、従って監督上注意を要する。(G造船所)

    ヘ、鮮人労働者の美点

    一、イ、どんな作業でもやること、比較的少ない給料でも格別不平を言ったりしないこと

      ロ、質素で粗食でもよいこと。(H造船所)

    二、イ、主人を思う点は日本人にまさる

      ロ、命令されたことは正直にやること

      ハ、全市の朝鮮人が毎月自分の給料から十円ないし二十円を、郷里の父母妻子に送金する点は日本人にまさる。

      ニ、父母に対する孝心の深いこと、その安否を毎月一、二回かかさずたずねること。(I製肥株式会社)

    三、朴直な性質なので監督しやすく、日本人よりも使用しやすい。(J倉庫神戸支店)

    四、従順なところが美点である。(K官業工場)

    五、日本人がいやがる仕事にも就業する点。(L土木出張所)

    六、不潔な作業でも別にいやがらずに従事し、簡単な作業はむしろ日本人よりもまさる感じがする。(M製鋼所)

    七、目下当工場で使役している者は日本人にくらべて、身体の汚れることなど意に介さない、従ってその方面の仕事に従事する者はなお月々の収入から貯金するか、国元に送金したりしてその心がけには感心すべき点が多く、たばこ、酒を好む傾向はあるけれども収入の関係もあるだろうが賭け事などもせず、三度の食事を唯一の慰安とするものである。遊廓に行く者も少ない。(N土木株式会社出張所)

    ト、鮮人労働者の短所

    一、イ、一見従順に見えるが、日本人に対する偏見があるためはなはだしく表裏がある、言語が通じないため充分意思の疎通をはかりにくい。

      ロ、怠惰な傾向がある、しかも物事に雷同しやすい。

      ハ、敏活に欠ける、愛嬌にとぼしい、欠勤率が多い、勤続者が少ない、不潔である。(A造船所)

    二、イ、自分の失敗であっても決して謝罪しない。

      ロ、性格が頑強なので、いったん思いついたことは誰にも止められない、たとえばいったん朝鮮半島に帰ろうと思い立ったり、休みたいと思ったならば、雇主がどんなに人員の都合上その予定を延期してくれと頼んでも絶対に応じない。

      ハ、ずるい性質であり、日本語を解する朝鮮人でも自分に不利だと見るや、朝鮮語で返答してまったく日本語が理解できない者のように装う。(B製肥株式会社)

    三、短気である。(Cカフェーバウリスタ)

    四、敏活に欠ける。(D鉄道局鷹取工場)

    五、忠実に欠ける、しかも雇用主にどんなに信用されているかということも知ろうとしない。(E土木出張所)

    六、ことさらに怠惰というわけではないのだろうが、能力が低いために自然とそうなるのだと思う。(F土木株式会社出張所)

    七、イ、思慮が足りない、表裏がある、監督者がいないときは怠惰になる、大いに注意を要する。

      ロ、嘘、いつわりを言う、盗癖がある、金銭に対しすこぶる執着心があり、強烈である。(G製鋼所)

    チ、健康状態

    一、大体において日本人同様良好である。

    リ、衛生状態

    一、日本人にくらべて稍(やや)おとる。(A電気局)

    一、一般に衛生思想にとぼしい、着衣から常に一種の臭気を放っている者が多い。(B造船所)

    一、衛生思想は多く無関心であるが、一面、病気にかかった時は非常に用心深く養生するのは意外だった。(C製肥株式会社)

    一、永住した朝鮮人なので日本人と同じ、特記することなし。(D造船神戸支店)

    一、衛生思想にとぼしい。(E倉庫神戸支店)

    一、日本人にくらべやや衛生的観念に欠ける。(F官業工場)

    一、衛生思想なし。(G土木出張所)

    一、日本人と同じである、もっとも直接雇用主側が絶えず監督と注意をした場合、である。(H土木株式会社出張所)

    一、日本人にくらべ衛生思想ははなはだ少ない。(Iゴム工業所)

    一、衛生思想にとぼしい、日本人とはその点において異なっている。(Jゴム株式会社)

    一、衛生思想なんかほとんど皆無、と言っても言いすぎではないと信じる。(K製鋼所)

    一、衛生思想にとぼしい。(L漂白工場)

    一、衛生思想にとぼしい。(M造船所)

    一、衛生思想は、やや良好。(N料理店)

    一、一般に良好である。(Oホテル)

    一、普通。(Pパッキング株式会社)

    ヌ、団結又は共同生活に関して

    一、言語、動作、人情などよく内地化し、性格も温順で常に日本人に接し、朝鮮人とはなるべく交際しないようにしているように見受けられる。(A電気局)

    二、イ、言語、風俗を異にする出稼ぎ地なので、同郷の者同士あい集まって合宿等するのは自然の人情であって、団結しやすいところも、また当然であるが、当社従業員中に特別の団体があるとは聞いたことがない。

      ロ、生活上、作業上、慣習、性質、環境などの関係上、日本人との共同一致はむずかしい。(B造船所)

    三、朝鮮人は至って団結心に富み、よいことも悪いことでも共に一致して当る傾向にあるが、共同生活においてはそういった風は見られない、まったく自己主義である。(C製肥株式会社)

    四、日本人にくらべ共同生活を持続させるという点ではおとる。(Dレストラン)

    五、仲良し。(Eホテル)

    六、団結力はかなり強い。(F倉庫株式会社)

    七、朝鮮人間の団結力は強いが、日本人との団結および共同生活はむずかしい。(G官業工場)

    八、団結力はきわめて強く、仲間のうち一人でも日本人に侮辱されれば直接事件に関係ない者でもただちに同情的態度をもって、侮辱された者と同一の行動に出る、朝鮮人同志の共同生活はうまくいくようである。すなわち日本人にしばしば見られる中傷や、自分の立場さえよくあればいいなどと言った性癖が少ないところは日本人も学ぶべきではないだろうか。(H土木株式会社出張所)

    九、イ、団結力はことに強い。

      ロ、言語不通のため、日本人と誤解を生じやすい感じはするが、まだケンカ、口論になったことはない。(I製鋼所)

    十、ある朝鮮人を雇えば他の朝鮮人がこれを手ヅルにして運動を始め、雇った朝鮮人を紹介者だと称して就職の申込に来る、そして彼らは少数であればきわめて日本人に従順であるように装うが、多数になれば結束し、各種要求を始める、しかも自己の地位と価値を考えず、日本人の技能優秀なる者も低級なる自己も一律に考え、賃金の増額、等級の撤廃を強要しようとする、各人の技能に応じ支給する賃金の差などは、あたかも差別待遇のごとく疑い、たとえ増額しても当然の待遇だと考え、満足することはない、さらに次から次へ増額を要求してくる、要するに団結結束し、不合理な要求をしようとする傾向があるので、雇用するには難点が多い。(某ホテル某氏談)

    如何でしょうか。
    わざわざ強制的に連行すると言う労力を割いてまで欲する様な価値も見いだせませんし、しかも呼びもしないのに勝手に向こうから渡航して来ていたのです。

    確かに一部徴用も実施されましたが、ここまで来ると徴用と言うより、少しでも使える人材を篩に掛けていたと表現した方が良いのかも知れません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です