日韓親善サッカーのためMERSが猛威を振るう韓国に渡航した国会議員リスト


 

 

今日のエントリには、自民党批判を含みます。
親韓系の自民党議員を明確化すると共に、しっかりと意思表示を行うことにより
今後の動きを牽制する狙いゆえです。

MERSが猛威を振るう最中、韓国に渡航し親善サッカーを行ったのです。
多くが自民党の国会議員でした。
これは与党であろうと自民であろうと、私は批判されるべき、というスタンスであります。

「病院での感染のみ!」と報じられてはおりますが、実態を示しているとは思えません。
それは「韓国政府の発表」であり、時々刻々とメッキが剥がれるような(ひた隠しにするような)政府発表に過ぎないからです。

私のスタンスは以下になります。
【簡易web署名】韓国への渡航自粛勧告を出すべき!という人はRT

漏れ伝わるところによると、実際の感染者の実数はさらに多く
特にサムスンが経営する病院であったためか、病院名や実態さえ初期においては
(韓国国内に対しても韓国政府が)発表さえしておりませんでした。
信じろというほうが無理です。

韓国に渡航したことを感情的に責めているのではありません。
万が一、国会議員が感染し、潜伏期間中に帰国、
「国会でばら撒く」結果となっていたらどうしたのでしょうか。
日本の中枢が停滞し、我が国に大打撃を与える結果となったことでしょう。

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
OGP(日韓サッカー国会議員リスト)

 

 

保守としての自民党へのスタンス

自民党への批判を行うに際し、以下のスタンスを明示しておきます。
私は以下の理由により安倍政権を支持すると共に、自民党が与党であることを支持しています。

?韓国に対し毅然とした態度を示す安倍総理を支持します。
経済政策の一部については、私は批判する立場でありますが、
「韓国に対しての毅然とした態度」以外にも、多くの政策から安倍総理を応援する立場です。

「その一部」をとらまえて、安倍総理を否定する方とは異なる立場です。
ひとつがダメなら、全部ダメ、というのは左巻きの作戦ではないでしょうか。
後発となる人材・首相候補を挙げず、「あれがダメだから全部ダメ」は、利敵行為であると考えています。

※特記
自民党所属の国会議員への批判は、安倍政権への批判とイコールではありません。
左巻きの方は、「保守議員が安倍政権を批判した」等の言質と勝手にしないように。

 

?自民党が政権与党であることを支持します。
党としての自民党を見た場合、全てが良いとは考えておりません。
むしろ現場に在る地方議員としては、組織内部の都合に振り回されたこともありますし、ぶちあたったこともございます。
この点には、むしろ自民党所属の地方議員の先生こそ、強く同意して頂けるのではないでしょうか。
その上で、自民党が政権与党であることを私は希望し、そして支持しております。

自民党内部には親韓系の議員もおります。
また私が批判する「一部の経済政策」を強硬に推進する議員もおられます。

?の特記で書いたように、「ひとつがダメなら、すべてダメ」とは考えておりません。
全体で見た場合、私は自民党が政権与党であることを支持します。

※特記
同じく次世代も支援する立場ですが、これは野党としてであります。
次世代の党が政権担当能力を持つと考え、そのような努力を行っているわけではありません。

 

?自民党・党内リベラルに限定しての批判
政権与党内部で、党の方針を左右する立場であるため、場合によっては「民主党よりやっかい」だと考えています。
ネットの噂で恐縮ですが、「渡航自粛勧告(または要請)」が検討されるも、
自民(親韓系)、民主などの左派野党から慎重論が噴出し、動きがないという情報もあります。

市議ゆえ、裏取りできる立場にはありませんが、さもありなんと思った次第であります。
特に与党・自民党の動きは大きな影響を与えることでありましょう。

※特記
「自民党を、さらに心から支援できるように」、支持する立場の者が声を挙げることは、まったく問題ないと考えています。
それこそが政党政治であり、近代政党の在り方でありましょう。
(近代政党化が遅れている点、そこに起因する事象こそが自民党の抱える根源的な問題だと思いますが、それはまた別の機会に。)

 

 

 

MERSが猛威を振るう中、韓国に行った国会議員

これは国交50年を記念したもののようです。
少し古い動きで、今月13日に親善サッカーが行われており
レコードチャイナにて14日に報じられております。

まず報道を見ていきましょう。
発信源がレコードチャイナであります。
何度かブログでも触れておりますが、CHINAは日韓関係の悪化を狙っております。
韓国への影響力を強めたい、できれば韓国を西側諸国から切り離したいという意図でありましょう。

最終的に朝鮮半島は、中国が主導し北朝鮮によって統一されるのだろうと思いますが
「私は一切、それで構わない」と考えておりますので、韓国についてはレコチャイとも認識が一致します。
(レコチャイを読むにあたっては、この点を理解して読むべきです。)

日韓議員サッカー大会、安倍首相が託した親書、朴大統領に渡せず=韓国ネット「親書を受け取るのは礼儀」「親書を読みもしない首脳がどこにいる?」

2015年6月14日、韓国・マネートゥデイによると、13日に韓国で開催された日韓国会議員サッカー大会は成功に終わったが、日本側は安倍晋三首相から託された親書を朴槿恵(パク・クネ)大統領に渡すことができなかったという。

韓国セヌリ党と日本の外務省によると、日韓関係の悪化で中断していた日韓国会議員親善サッカー大会が13日午後、ソウルワールドカップ競技場で開催された。

大会に参加した衛藤征士郎議院副議長は、安倍首相の親書を渡すため朴大統領との面談を要請したが、朴大統領はMERS(中東呼吸器症候群)対策に集中したいとして、面会の時間はとれなかった。

配信日時:2015年6月15日(月) 10時40分
http://www.recordchina.co.jp/a111528.html

情報戦における分断工作の意図が透けて見える記事タイトルです。
中国「日本さん、日本の国会議員が会いに行ったのに、パククネが会わなかったって!」
と日本にチクるかのような書き方です。

それは差し置いて、MERSが猛威を振るう韓国に、日本の国会議員が行ったことに驚きました。
私はあってはならないことだと思います。

※特記
レコードチャイナ(そして中国共産党)が、日韓分断工作を意図しているとして
「中国も好き、韓国も好き、北朝鮮も好き」と三拍子そろった日本のサヨクはどうするのでしょうか。

中国の情報発信機関(レコチャイ)が、日本の肩を持ち、韓国の悪行を報じておりますが
その点、日本のサヨクはどう受け止めるのでしょう?

 

国会議員がMERSに感染した場合
私が批判する点は、この点です。
これはMERSに限らず、伝染病が流行している地域に渡航するのは、本当にやめて頂きたい。
多くの伝染病が潜伏期間を有しますが、短期渡航の結果、一人でも発症したらどうなるのでしょうか。

日本に帰国後、自らが伝染の発信源になった場合、責任がとれるのでしょうか。
「国会で」他の国会議員に伝染させてしまうとか、協議を行う日本の官僚のトップクラスに伝染させてしまった場合。

日本の中枢が停止します。
それは国家の停滞であり、クリティカルな打撃となります。

あってはならないことです。

 

 

 

国会議員のリスト

この状況で韓国に渡航、しかも嫌韓感情がうずまく現状があります。
批判されることがわかっているのでしょう、日本のメディアは報じておりません。
少なくとも私は見つけることができませんでした。

韓国メディアが報じておりました!

日本メディアの「親韓派議員への配慮」も問答無用で、韓国メディアが報じております。
我が国のほうが報道の自由度が低かったのは、致し方ないのかも知れませんね。

【??? ?? ??】△?? ????(??) △???? ???(??)△?? ??? △???? ??? △???? ?? △??? ???? △??? ??? △?? ???? △?? ??? △??? ???? △???? ?? △??? ???? △??? ??? △???? ??? △??? ???? △???? ???△???? ???? △???? ???? △???? ??? △???? ???△???? ??? ?? ? 21?

https://www.newdaily.co.kr/news/article.html?no=254960

 

googleで機械翻訳にかけました。

【日本側出展議員】△江藤清史郎(会長)△逢沢一郎(監督)△イノ敏郎△小田原潔△カーキ者とミト△小島敏史△小松豊△今野知弘△佐藤ゆかり△島田良和△谷川とトム△富田重幸△トヨタ真悠子△中谷伸一??△藤野康文△藤原隆△宮澤博之△胸清耕一△山口剛△長嶺誠△松下新平議員計21人

 

ハングルは音のみのため、ローマ字での翻訳も作ります。

[Kankoku-gawa shutsujō giin] △ chon? byonguku (kaichō) △ che? jeson (fuku) △ fan? yonchoru (fuku) △ gimumyon’yon (kanji) △ Kimu? yon’u △ gimuyon’namu △ gimuhakuyon △ bakuminshiku △ yomudon’yoru △ yun? sanhyon △ iohyon △ i? jeyon △ jongapuyun △ johejin △ honchoruho △ kan? kijon △ gimugu~an’youn △ gimusun’namu △ Kimu? hyon △ isanjiku △ ijongoru △ chon? jinu giin kei 22-ri ijō no kokkai giin sakkā renmei kaiin/ △ jon’uifa △ Kimu? muson △ mun? jein △ sochon’u~on △ Kimu? tefan △ na? gyon’u~on giin nado kei 28-ri [Nihon-gawa shutten giin] △ Etō sei shirō (kaichō) △ aizawa ichirō (kantoku) △ Ino Toshirō △ Odawara Kiyoshi △ kāki-sha to Mito △ Kojima Satoshi △ komatsu yutaka △ Kon’no Tomohiro △ satō yukari △ Shimada Yoshikazu △ Tanigawa to Tomu △ Tomita Shigeyuki △ Toyota Mayuko △ Nakatani Shin’ichi ??△ Fujino Yasufumi △ Fujiwara Takashi △ Miyazawa Hiroyuki △ mune Sei Kōichi △ yamaguchi tsuyoshi △ Nagamine Makoto △ matsushita shinpei giin kei 21-ri

 

日本語訳しました。

政党・衆院(参院)・選挙区は私が追加しました。
もし誤りがあればコメント欄でご指摘ください。

◎会長
衛藤征士郎 自民 衆院 大分2区

◎監督
逢沢一郎  自民 衆院 岡山1区

井野俊郎  自民 衆院 群馬2区
小田原潔  自民 衆院 東京21区
柿沢未途  維新 衆院 東京15区
小島敏文  自民 衆院 比例中国
小松裕   自民 衆院 比例北陸信越
今野智博  自民 衆院 比例北関東
佐藤ゆかり 自民 衆院 大阪11区
島田佳和  自民 衆院 比例東海
谷川とむ  自民 衆院 比例近畿
富田茂之  公明 衆院 比例南関東
豊田真由子 自民 衆院 埼玉4区
中谷真一  自民 衆院 比例南関東
藤野保史  共産 衆院 比例北陸信越
藤原崇   自民 衆院 比例東北
宮沢博行  自民 衆院 静岡3区
宗清皇一  自民 衆院 大阪13区
山口壮   自民 衆院 兵庫12区
長峯誠   自民 参院 宮崎県
松下新平  自民 参院 宮崎県

自民党18名、維新の党1名、公明党1名 共産党1名の合計21名

 

思わぬところでソースがつきました。
上記の検証作業でほぼ確定と行きたいところですが、念には念を入れざるを得ません。
韓国メディアの誤報の可能性も否定できませんから。

ところが思わぬところでソースがつきました。
佐藤ゆかり議員のFBです。

これで、少なくとも佐藤議員については整合性がとれた、ということになります。
他のリストについても事実であろうかと思います。
(もし行っていない議員がいれば、私なら注釈を加えます。)

恐らく、批判が相次ぎ説明せざるを得なくなったのではないでしょうか。
(※ 以下はFBの公開情報をAPIで引っ張ったものです。全文は表示されないため「もっと見る」をクリックしてください。)

 

言わんとすることは、わかるのです。
与党ゆえの責任であったり、党としての動きであたっり。
組織行動の一環であり、仕方なかった、と。
しかし、余りに不謹慎、かつ脇が甘いのではないでしょうか。

一部においては、成果を強調するくだりもありますが
日韓関係における成果は、そのようなものでは「すでにない」のではないでしょうか。

それは私の意見はさておき、広くネットの声、日本人有権者の声かと思います。

 

 

 

親韓派・自民議員の足止めを。
この際、民主や共産の議員は横によけておいて構いませんので(どうせ、ほとんどの議員がそうですので)自民党の先生に声を届けてください。
冒頭に述べましたように、「政権与党・自民党」の動きこそが、国家の動きになります。

韓国と関わることへの拒否反応を
重要なことなので最初に書きます。
上記のリストの先生方は、必ずしも韓国の国益を代弁する立場にはありません。
ネットで言うところの売国奴ではないのです。

実は直接お会いしたことがある先生も数名。。。
私の目が節穴でなければ、その先生は確実に保守です。
(もしくはのち転向してのでなければ。)

その上で、「なんでMERSが猛威を振るう韓国に行ったのか!」と、抗議の意思を示してください。
韓国に毅然とした態度を取り、従軍慰安婦の虚構に対しNOを言える「安倍自民を支持している」と意思表示をしてください。
罵倒ではなく、心からの丁寧な声をお願いします。

敵ではありませんから。

 

狙った効果は何か
はっきり言いましょう。
「あー、韓国系の公務、行きたくないな」と。
そう思って頂くため、です。

心理的な拒否反応を「心に刻んで欲しい」からです。
それは、上記リストの国会議員の「これから」に大きく影響するでしょうし
自民党内にも伝播し、「日本のこれから」に大きく影響するでしょう。

韓国の擁護ととられる発言をする際、その先生は一瞬躊躇するでしょう。
今回の動きを見ていた先生は、一瞬、躊躇することでしょう。

これが「国民が政治を動かす」ということです。
そもそも自民党は「保守政党」ではないですか。

 

そんなことしていいのか?
左翼はワーワー言うでしょう。
また保守を装った左翼も「よくない、よくない」と言うでしょう。

では、何が悪いのですか?
保守ゆえ、自民が政権に在ることを支持する立場の者が(皆様のことです。)
支持者として党に意見すること。
国民が、政治家に意見を述べて悪いのでしょうか?

私は左巻きから連日連夜の「かなり乱暴な声」を頂いておりますが、
聞く聞かないは私の自由です。
それこそ政治信条やスタンスは、選挙という形で結果となることでしょう。

色を出すことで減らす分もある、それはわかっています。
そこをどう判断するかは政治家個人の判断ですが、
声を出す出さないは、有権者の権利であります。
私はサヨクが私に「乱暴な声」をあげることまで否定はしていません。

よって。
選挙のこともあるし「韓国寄りの発言や動きはマイナスにしかならない」と。
そういう判断を、自民の国会議員の先生方がするように、支持者・有権者が声を挙げることは
私はまったく問題ないと思っております。

むしろ政党政治の根幹であり、民主主義そのものではありませんか。

 

もっとも効果のある方法
それは選挙区の先生に言うことです。
上記のリストの先生が、貴方の選挙区にいた場合はチャンスです。
国政報告会や県政報告会等、それらの場で問うてみてください。

別に質疑応答の場で、全員の前で恥をかかせる必要はありません。
秘書さんなりがおられると思いますので、そっとお伝えください。
私のブログを読んでいる方のほとんどは、長らく自民党に投票し続けてきた方かと思います。

今まで支持してきて、そして自民党を支持していることを伝え
その上で、「なんで韓国に行ったんだ?ネットでも問題になっており、選挙区の者として恥ずかしい。」と。

秘書が捕まらねば、市議でも県議でも構いません。
間接的にではありますが、事務所にやがて声は届くでしょう。

10件も20件も行かなくて大丈夫です。
ほんの2,3件で動きは変わります。
潜在的に何人の有権者がいるかわかりませんから。

リアルで動ければ。
たった2,3件の苦情、たった2,3人の意思表示で
これはあっさり変わるものです。
(喧嘩腰で文句を言う必要もありません。)

 

 

 

本件のリスト、及び「動き方」を伝えていくため

 

皆様の拡散協力を求めます。

 

これが一番、日韓関係(日本側)には効きます。

 

なぜなら我々は、「有権者」なのですから。

 

 

関連
【簡易web署名】韓国への渡航自粛勧告を出すべき!という人はRT

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

16 Responses to 日韓親善サッカーのためMERSが猛威を振るう韓国に渡航した国会議員リスト

  1. medakanoon のコメント:

    日韓親善サッカーのためMERSが猛威を振るう韓国に渡航した国会議員リスト 今日は、自民党批判を含みます。 親韓系の自民党議員を明確化すると共に、しっかりと意思表示を行うことにより 今後の動きを牽制する狙いによ

  2. 七子 のコメント:

    佐藤ゆかり議員は選挙区をよく変えられて?いるのですが、前に世田谷区から立候補したこともあって優秀な女性ですし応援してましたから、彼女が日韓議員連盟のメンバーだったのを知ってガッカリしていました。

    日韓議員連盟の議員達は、最近は擦り寄り態勢の韓国側からいくら言われても、MERS が報道され国民に不安が拡がっている手前行くことは出来ないと断ることも出来たのですよ。

    韓国とは、今最も懸案の中国の脅威に共に対抗することはないと思います。韓国にとっては日本は、ただぶら下がっていたい手放せない存在であるだけで、日本から韓国に何かを期待出来る国ではないと思います。議員の方から先に幻想を捨ててほしいです。

  3. さいたま市民 のコメント:

    MARS問題が続いている現状。
    個人的な感情としては、21日の韓国の外相来日も遠慮いただきたいくらいです。
    本人だけでなく取り巻きも多く来るでしょうし、その人たち一人一人に厳格に検査をするというわけにもいかないでしょう。これほど弱腰の外務省職員ですから。
    相手の対日感情を考えると、こっそり国家中枢にMARS菌を撒かれてしまってもおかしくないのではと思えてきます。
    もちろん考えすぎだとは思いますが、民主党政権時代、宮崎の口蹄疫問題などありましたので、つい心配になってしまいます。

    議員の皆様、高齢の方もいらっしゃるので、国家中枢で蔓延したらと思うと怖気が走ります。
    それにもし蔓延したら、それこそマスコミの格好のエサになりますよ。与党議員の皆様、大臣(身内)の首を捧げたり、重要法案成立が間に合わなくなったらどうします?
    本当につまらない心配の種を増やさないでいただきたいです。

    • 福岡2区 のコメント:

      全く同じ意見です。
      「こちらから行く」事はもちろんですが、日本に入って来る事も遠慮して欲しいところです。
      日本国内でMERSが広がったら、マスコミ/野党の政権批判は凄いものになるのは目に見えています。
      この状況でさえ、韓国旅行は安全などと言っていたし、サヨク側は、そこ(MERSを日本へ!)を狙ってるんじゃない?という気してなりません。

  4. たろう のコメント:

    会長の逢沢一郎氏は人望がありそうなので声をかけたら多くの自民党議員が集まってきたのではないでしょうか。(ざっと見たところ、この方々は大部分は愛国心のありそうな議員さんなので、もう少し頑張ってほしいとは思います。)
    会長の逢沢一郎氏は3代目の衆議院議員です。言葉は悪いですが、ボンボンかもしれませんね。人が良いから、韓国にいいように利用されているのに鈍感なのかもしれません。
    韓国人は日本の政治家がわざわざサッカーをやりに、ノコノコとソウルの競技場まで来たのをどう見ているか? もちろん日本の政治家に親近感など感じるわけありません。「日本のほうから頭を下げて仲良くしてほしいと足を運んできたんだな。よしよし」と思うだけ。そして、ますます、その「いじけた、ゆがんだ劣等感の裏返しの優越感」にじんわりと浸って日本人を見下します。
    これは逢沢一郎氏などのように世間で苦労をしたことがない(つまり人間の醜さや愚かさを底辺で眺めたことなくて、所詮選挙運動でドブ板選挙をした程度ではわからない社会の厳しさを知らずに、高い位置から世の中を観察して綺麗事しか言えないし考えられない)人たちにはなかなか感知できない分野です。
    これは逢沢一郎氏と松下政経塾で同期であった苦労人の野田佳彦氏などのほうがよく韓国のゲス根性を見抜いていたと思うのですが・・。(野田内閣はなにかと韓国寄りであったと評価されていますが、野田佳彦本人は韓国の言いがかりを本心から相手にしてなかったと思いますし、韓国との友情などちゃんちゃらおかしいという感じではなかったでしょうか)
    安倍首相もボンボン育ちに見えないことはないので危ない面を感じます。あの国のように上から下まで火病にかかっている国は、万事、法的または事務的に処理して、お互いにメリットがあることだけ調整に応じるべきです。人情に訴えるのは非常に危険なのです。

    従軍慰安婦騒動のときも、朝日新聞など日本の反日左翼は「論理」で日本人を洗脳したわけではないのです。日本人の人情に訴えて、あれほどの国際的大騒動にエスカレーションさせたのです。吉田清治であっけにとられた日本人をさらに無警戒にしたのは金学順などの「涙」であったのです。そしてお涙ちょうだいのドラマで感動する一般大衆はともかく、冷徹に計算力を働かせなければならない政治家までが人情におぼれて朝日新聞どもバケモノの策略にはまってしまったのです。

    韓国軍や米軍を告発する慰安婦は無視して黙らせておいて、それより古いし、日韓基本条約でいったん手を打ってるにもかかわらずに日本軍むけ慰安婦の告発だけはラッパを吹いて太鼓をたたいて、国際社会に喧伝する韓国は、もはや「日本をおとしめようとする一個の執念のかたまり」です。
    ひょっとして自民党の先生は思うかもしれない。「日本を憎む韓国でも日本と手を組もうとする韓国人はいる。その人たちの支援をして、それらの韓国人が韓国で存在感を示せば、そして彼らと友情を結べば、いざというとき彼らが助けてくれる」と。
    その考え方が実に甘いのです。だから苦労知らずなのです。韓国で落選するのに、わざわざ日本の得になる発言や行動をするアホな政治家など韓国にいません。日本のためと見せかけて、その何倍もの報酬が得られると見込んで、ときには日本を思いやっているような振りをしているだけなのです。
    もうビジネスや一般大衆の世界では、そういうのをすっかり見抜いていて、韓国を助けてやろうなどという「とん馬」は少数になりつつあります。
    これは日本の民度が低下したことではなく、今まで高い授業料を払って学習して、やっと日本人は少しは利口になったのです。

    • たろう のコメント:

      逢沢一郎氏は会長でなく監督の間違いでした。万が一、逢沢一郎氏の応援者が憤慨するかもしれないと思い、補足しますが、私は逢沢一郎氏の何を知っているというわけでもないのに、逢沢一郎氏をスケープゴートにしてぶったたき過ぎたと少し反省しました。真意は逢沢氏個人を批判するというよりも、なにかあったら「日韓関係のため、ちょっくら韓国に出かけて機嫌をとってくるわ!」という「おめでたい政治家」に怒りを感じますので、その象徴として逢沢氏を批判してしまいました。それは同じ自民党だったけど救い様のない河野洋平などにくらべれば、逢沢氏はずっと立派な政治家だと思われます。

  5. 大分県民 のコメント:

    大分(日韓サッカー会長の衛藤征士郎の選挙区)市のホームページはトップに「部落差別をなくすために資料館を開設しました」とか書いてて、コイツ(というか大分市)は聞く耳持たないかなと思って通報をためらってしまいました。
    とりあえず私は彼に投票しない事、口コミやmixi等で広めていく事にします。
    会長なら保守ではなさそうですし。

    • 同じく2区 のコメント:

      基本的に同意。
      ただ衛藤征士朗氏に入れないとなると
      社民の吉川元氏と共産の山下魁氏になるが大丈夫か?

      まあ吉川氏は比例で当選してしまった(これは1区で民主と社民が共闘したのがデカイと思う)からアレだが、自分は社民や共産に入れるくらいなら自民の議席を増やすほうに賭けるけどね。
      知名度高すぎて売国行為してるのがイヤだからそれなら社民と共産の知名度低いのを
      推すというのならそれもアリだと思うけれど。
      小坪さんの言うとおり、しつこくクレーム言うのが一番だと思う。
      聞いてくれなくてもね。

  6. 町工場の親方 のコメント:

    同じ手口の詐欺に5回も6回も引っかかり、全財産失う馬鹿

    >大事なのは、戦後70年にして激変した東アジア情勢のなかで、《未来志向》、で正しい歴史作りに進み出すことです。そのなかで北朝鮮の核問題や中国の急速な軍拡と国際法を度返しした軍事展開の問題を抱える北東・東南アジアにおいて、日本と韓国の関係悪化がより大きな脅威に対して脇を甘くし隙を与えているということ、この問題意識をより強固に共有すべきであり、そのことにおいて、時間的猶予は余り無いと私は考えています。

    >外交は好き嫌いで策定するものではありません。《未来志向》、で時代に見合った戦略的パートナーをみずからが作り出し、積極的に組んで行く姿勢が問われるものと認識しています。

    政治には暗い、(普通の日本国民はそそうですが)、私には聞いたことのない議員が殆どですが、佐藤ゆかりと柿沢末途は名前を知っています。

    佐藤ゆかり氏に問いたい。

    《未来志向》、を連発するが、私に言わせれば、韓国と「朝日」=築地カルト・チョーニチ、は未来志向など糞くらえ、日本国家に対し、徹頭徹尾、『過去志向』、でやってきたのではないか。
    70年以上前のことを持ち出し、それが事実ならまだしも、真実とは全く異なる真っ赤な嘘に基づき、日本を責めまくり、これによりどれだけ日本の、「国益」、が損なわれたことか!。[従軍慰安婦強制連行、李承晩ラインによる竹島強奪、他キリがない]

    歴代大統領は日本の援助を得るため、就任時には必ず、「日韓は今後、お互いに《未来志向》、で行こう」、と言うものの、自分の支持率が下がってくると、麻薬のように、「反日」、政策をとり、対日謝罪要求を持ち出してきた。

    これについて、一体どう考えるか。

  7. 町工場の親方 のコメント:

    補足
    2012年8月10日、李明博大統領が竹島(独島)に上陸し、韓国領であると改めて発言。同日、ロンドンオリンピックにおける男子サッカー日韓戦で勝利した朴鍾佑が独島(竹島)は韓国の領土であると記載されたプラカードを掲げる。
    8月13日、日本政府は韓国への700億ドル(5兆5千億円)におよぶ資金支援枠の大幅な拡大は李明博大統領の竹島上陸がなされても見直さない旨を発表する。

    8月14日、李明博韓国大統領は日王(天皇)について「痛惜の念などという単語ひとつを言いに来るのなら、訪韓の必要はない」「(日王が)『痛惜の念』などという良く分からない単語を持ってくるだけなら、来る必要はない。韓国に来たいのであれば、独立運動家を回って跪(ひざまづ)いて謝るべきだ」と謝罪を要求する発言を行った。

  8. 国家意識を持たない人間になる様に教育改悪を狙ったのが
    ソビエトの影響の強いGHQだった。
    狙い通りに戦後日本人は国会議員ですら、軍事以外の
    広義な安全保障にも無関心になってしまった。
    バンデミック寸前のMERS韓国に、のこのこ出かけるとは。
    今回を良い教訓として、国体と国会意識への教育をまずは
    国会議員から始めよう。

  9. osg123 のコメント:

    小坪先生、こんにちわ

     今回も賛同できる記事でした。 支持します。
     
    メールマガジン「ロシア政治経済ジャーナル」主催者、北野 幸伯さんの定義によれば、
    国益= 金と力 (経済と安全保障、特に軍事力)であり、
    国民の生命と財産を保障するのが目的、だそうです。

    現在の日韓関係では、後者「安全保障」面で、反日効果が強烈に現れてしまい、
    ”国民の生命と財産”を脅かすレベルに至った、と私は判断しています。
      ? アレは異常だ
      ? なんか怖い
      ? そこまでするのか
      ? もう沢山だ

    従って、日韓関係は下がるところまで下げ、放置に放置を重ねるのが最善でしょう。
    個人的に10-20年は必要ではないかと考えます。 如何でしょうか?

    一般市民が”国民の生命と財産”を脅えないレベルに心理状態を回復すること、
    将来あるとすれば、これが日韓関係改善のきっかけになると思います。

  10. m のコメント:

    韓国の狙いとしては、強引に日本の国会議員を呼んであわよくば感染させて日本の中枢に広める、うまくいったら「日本側の強い要請により開催した」と嘘を吐く、というところでしょう。
    何を馬鹿げたことを、と言われるかも知れませんが、韓国は慰安婦でも世界遺産でも賠償請求でも馬鹿なことばかりやっている狂った国であることを忘れてはなりません。
    国会議員はまだ、韓国に対して甘い見方をすることが「大人の対応」と考えているのでしょうね。

    ところで市議は、中国主導で北朝鮮による半島統一がなされるであろうし、それで良いとお考えなのですか。
    私は韓国は米中の緩衝地帯になると考え、中国と対立を深める北朝鮮も同じになると思います。
    ただし、韓国は米中双方に従属して一応の経済的繁栄を保ち、北は双方から独立して孤高の極貧国家となる、と見ています。
    韓国の位置づけは決定的に重要で、いつまでも「反共の砦」だから最重要の隣国、などと言っているから配慮外交になってしまい、沈黙を強いられてしまうのです。
    韓国は米中に任せ、一刻も早く手を引くべきだと思います。

  11. 酒井太造 のコメント:

    ニュースを見てすぐに、政府、首相官邸、自民党すべてにメールしました。
    韓国と戦う必要などないですが、相手に襟を正してもらうために距離を置くのは、人間関係でも当然のことです。
    そして、それは相手のためにもなります。
    わきまえなく、だらだらと仲良くしているだけでは、お互い奈落に落ちていくだけです。

  12. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、こんにちは

    新規投稿おつかれさまです。そして、ありがとうございます

    日本人政治家の矜持を感じさせていただける投稿内容を読みながら、心のなかで拍手をしておりました。粛々と応援!拡散!拡散!拡散!をしてまいりたいとおもいます。

  13. id のコメント:

    >ひとつがダメなら、全部ダメ、というのは左巻きの作戦ではないでしょうか

    大東亜戦争は東京裁判史観的な面もあれば、欧米の植民地支配からのアジア解放という面もありますね。
    私の大好きな岸田秀先生の論文です。屈辱の連鎖としての歴史。
    http://www.geocities.jp/nowandthenwy/dvd-ronbun-01.html

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください