【資料公開】女性保護を謳う法人(コラボ)から、”生活保護の不正受給”指南されたと勇気ある告発(議員資料)


 

 

未成年女性を保護することを謳う法人から、生活保護の不正受給の教唆を告発した女性より、供述書を取りまとめさせて頂いております。併せて同県内の実力ある自民党議員に送付させて頂き、ヒアリングが完了していることを報告します。引継ぎに際しての私からの要望書も付して公開いたします。

資料の作成目的は、本人側の思いや主張をまとめることにあります。行政や議員間でやり取りをする際に、「何があったのか」を毎回毎回、説明するのは大変な負担がかかります。そのため概略資料を一旦は用意したというもの。その中身は、現職議員から見ても非常に違和感を覚えるものでした。

本件資料をお渡ししたのは、自由民主党の川崎市議会議員の浅野文直先生(宮前区選出)です。当選回数6期の大ベテランで、私も少しだけお話しさせて頂きましたが非常に実務能力に長けた先生だと感じています。特に川崎市は、政令市です。自民党の政令市議連は相当に練度が高いことで有名で、少し話しただけでも長年のキャリアに基づく安心感を覚えました。

「生活保護の不正受給をしてしまったのではないかという 勇気ある告白に伴う返済の要否に関する調査依頼」を、陳情者のお許しのもと公開いたします。
※ 本書公開は、ネット上に(本人同意済みの)情報を正規に流通させること及び、本人の説明負荷の軽減を目的としています。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

作成資料(web公開版)
下記は、web公開版として再編集したものになります。正規版では具体的な年月日などの日付は記入されておりましたがが、そちらについては消除しております。その日付だけで特定できるとは思いませんが、少しでも安全を確保する目的です。

正規版においても議員名や自治体名は伏字(もしくは当該自治体)などとし、可能な限り情報を削除した状態で作成しました。年月日以外は修正しておりません。あくまで本人がこのように申しているという供述であり、それを引き継ぐにあたっての私からの要請という形になっております。

「調査依頼」については私の主張が多く含まれており、他自治体議員からはバイアスを感じるかもしれません。フラットに書くことが求められる立場であることは理解しておりますが、この勇気ある告発が処罰されぬようという意図は明確にあり、可能な限り行間に込めていることは否定いたしません。

令和5年1月4日

○○議会 ○○○○議員 殿

行橋市議会議員 小坪慎也

生活保護の不正受給をしてしまったのではないかという
勇気ある告白に伴う返済の要否に関する調査依頼

 

 インターネット上で、自ら生活保護の不正受給をしてしまったのではないか?という勇気ある告白がなされました。これは、女性保護を謳う法人において「不正の指南」をされたという告発でもあり、以降においては勇気ある告発者と表現を統一させて頂きます。
 本人によれば親からのDV等もあり家に帰れない状態であった18歳の頃において、保護された施設側より不正受給と推察される指南を受けたとのことです。当該施設に対して恩義も感じていると述べておりますが、不正に加担してしまったのではないかと悩んでおり、現在は県外に在住しておりますが、仮に不正受給であった場合は返済を申し出ております。
 具体的に指南された内容は次頁以降に記しておりますが、例えば①住宅扶助については自治体の上限額いっぱいで申請してくるよう教唆された。また住宅扶助費については、当該保護施設に支払っていたようですが、実態としては複数人で生活させられていたようであり“いわゆる貧困ビジネス”の疑いが持たれかねない状況に置かれていたと現在は悩んでいるようです。
また、実際には②鬱状態ではなかったにも関わらず、(少なくとも精神科等での診断を受けていない)鬱病であるかのように振る舞うよう演技指導を受け、貴自治体の窓口においても同様に振る舞ったことを悔やんでおります。
 さらに前述の保護施設においては、同法人の広報物(マスクと小型手鏡)を配布した際に、実態としての日当を1万円支給されていたとのことですが、③これら手当については申告しないよう、つまり保護費が減額されないよう指南され従ってしまっていたこと等が挙げられます。これらの本人の供述については別紙においてまとめておりますので、ご参照をお願いします。
特に注意して進めて頂きたい点があり、それは保護を受けた際に18歳であったことから、現在は20代の前半であり詳細な行政知識を有していないこと。また当該法人がインターネット上でも大きく話題となっている、共産党とも深い関係があるとされる「一般社団法人コラボ」の不正に関するものである点です。自らが不正を働いてしまっていたのではないかと悩んでいた告発者は、かつての自らの振舞い、つまり指南に従ってしまったことを深く後悔しており、仮に本件が不正受給であるとされた場合には返金したいと申し出るに至っております。

要望事項
(1)本件生活保護の支給決定に関して、指南に基づく詐病等が大きな判断理由になっていた等の理由で、実際に不正受給とされるものなのか調査をお願いします。
(2)支給決定および始期日などの明確化をお願いいたします。
(3)当時の担当者からヒアリングを実施し、本人の記憶ではなく実際の窓口での対応がどのようなものであったかの明確化をお願いいたします。

 本要望の根底にあるものは勇気ある告発者を守るためにという部分が大きく、政治案件として注目を集めているコラボ問題に対し、生活保護費の不正受給の勇気ある告白の結果、一民間人が巻き込まれたという状況にあると認識しております。当該法人においては東京都の監査委員会において住民監査請求が“不当な会計”(不正とはされておりません)として通っており、今後も大きく議論を呼びかねない状況です。若い女性が巻き込まれるにはあまりに忍びない状況であり、議員対応を切にお願いするものです。
 当職個人の意見にはなりますが、本件不正受給指南行為については法人会計とは別種の話であるとして一旦は切り分けて対応し、仮に不正受給であるとされた場合には円滑に返金対応ができるよう事前の調整も含めご対応を頂きたいのです。
 もちろん不正受給は許されざる行為でありますが、帰る家もない保護が必要な状態、かつ精神的にも弱っていたであろう未成年女性に対し不正受給を指南した保護施設側にも大きな問題があると考えております。ゆえに、これら指南行為があったか否かは是非とも議会として調査し公表して頂きたいと希望いたしますが、それは未だ二十歳そこそこの一般人女性にさせることではありません。まさしく一般事務に関することでありますから、限られた自治体財源を守る意味からも、併せて真の困窮者に支援の手が届くよう市の部門に対して是正を求めて頂けるようお願い申し上げます。
 最後の4つ目の要望事項になりますが「(ⅰ)女性保護施設を含む施設から、住宅扶助を満額請求された場合および診断書を伴わない鬱状態の告白等については、一定の基準を設ける等の対応」および「(ⅱ)当該基準の策定に関し、前述の法人を含め自治体としてのヒアリング調査を求める」ことなどを私案として提案いたします。今回の勇気ある告発者以外の投稿において、未成年女性らに対し「親との縁を切れば、未成年であっても生活保護が受給できる」と指南する等、それが必要な家庭環境下にある未成年者がいたとしても、保護受給を念頭に斡旋する行為をしていたのであれば社会的にも問題はあろうかと思いますし、仮に事実であれば悪質であると考えます。
 勇気ある告発者は返済を申し出ております。特に実態としての日当を得ていたこと、同法人内においてティッシュ配りのような広報活動(実際にはマスクと手鏡)という労務を提供していたことに関し、どの程度の返金が必要なのかを算定して頂き、必要な額の算定をお願いする要望書になります。しかしながら警察沙汰になる等の大きな罰を課されるのであれば、今後においては(それが不正と判断するだけの知識がないままに)指南を受け従った結果として、不正受給状態になってしまった者が、自ら返金を申し出る等の抑止になってしまいます。当該女性保護施設は、特に未成年の女性に特化した法人であり、多くの者は正確に判断できるだけの知識を有していなかったことが推察されます。今後、自らの過去の行いを反省し悔やむ者が出た際に、自らの過去を告白しやすい状況に整えて頂けるよう、それら将来的な余波も勘案し善処を深くお願いする次第です。

 

(本人からの供述)

 “勇気ある告発者A”より以下の内容を確認しました。同施設に保護されていた期間が未成年であったこと、および保護が必要な女性であったことに鑑み、要望書や陳情書においては実名で記すべきところ、“勇気ある告発者”もしくは“A”と表記させて頂くことをお許しください。以下については当時のことを振り返っているため、全ての事実確認がとれているわけではなく、自治体側においても調査等を行い確定させて頂きたく思います。

※自治体名などは○○と伏せさせて頂き、またAの氏名など連絡先についても資料とし
ては伏せさせて頂いた上で、実際に担当する議員には口頭にてお伝えさせて頂きます。

(経緯)
 勇気ある告発者Aは、未成年であった当時18歳において一般社団法人コラボに、令和○年の○月から○月ごろ保護された。コラボに辿り着いた理由はインターネットでシェルターを検索したところ、一番上に出てきたためである。Aは、親からのDVもあり帰ることができる家もない状態であったため、保護してくれたことに対してAはコラボに深く感謝している。就職・自立を理由とし令和○年○月頃に同施設を退所した。
 その課程において、貴自治体において生活保護を支給して頂くに至った。これは施設側からの勧めによるものである。退所より○年が経過し成人となった令和4年において、不正受給であったのではないかと悔いていたAは、インターネット上において自らが施設から受けた指南および自らの実態について告白を行った。ネット上では告発と受け止められ、年末に投稿したtweetは2200万人が閲覧する大きな騒動となった。併せてAは、これが不正受給であることを痛切に悔い、本人のアカウントにおいて保護費の返済を申し出るに至っている。

不正ではないかと本人が考えていること

(1)住宅扶助費について
貴自治体における満額で請求するよう指南を受け、それに従ってしまったこと。記憶によれば6万7千円を求めたようだが、実際に支給されていた額は覚えていない。保護費を振りこまれていた口座を覚えておらず、過去分を記帳などして確定させたいが、そもそもシェアハウスの形態であり3LDKに3人で居住させられていたため正確な家賃についてもAは把握していない。支給されていた生活保護費は全額を引き下ろして施設に渡していたため何の証明をすることもできないが、自治体側の調査で正確な家賃が調査できるのであれば、差額については弁済したい意向を持っている。
当該法人は東京都からの委託事業であり、未成年女性を保護することも含めて公金から委託費を得ているとの指摘もあり、保護した未成年女性から二重に家賃を得ていたのであれば問題である。さらに不正受給を保護女性に指南し、自治体の財政から得た住宅扶助費を原資としていたのであれば自治体側からも返金を求めることは必要である。しかしながら住宅扶助費を含む保護費は、同法人に渡していたわけだが、Aは住宅扶助費の全額の施設に渡していた証明の手立てを有していない。

(2)詐病の演技指導について
 Aは自己判断に基づけば健常な状態であったと述べている。また精神科などで診断を受けた記憶がないため、診断書は存在しないと供述している。しかしながら施設側より、鬱病であるように振る舞うよう指南され、実際に自治体窓口においては演技指導に基づく振舞いを行った。帰る家がないことを鑑みれば、詐病のみが支給決定の理由になったとは考えられないが、Aは嘘をつくことを指南され自らが従ったことを悔いている。

(3)実態としての就労と日当について
 Aは、同施設のアウトリーチ活動に関する広報を行っており、いわゆるティッシュ配りのような労務提供を行っていた。配っていたのは“マスクと小型手鏡”(資料2)である。その就労の対価として、実態としての日当一万円得ており、このことを申告しないよう教唆されて従っていた。いまになって振り返れば、保護費の減額につながると施設側が判断していたのではないかと疑っている。前述のように保護費については全額を施設側に渡していたため、当該法人の収益が減じられるという推測もできる。
 このことについてAは、それが就労にあたるのであれば差額の弁済を考えている。業務の実態は、“バスカフェ”という改装したバス(施設側名称:Tsubomi Cafe)に乗り込み、東京都外の自治体から同車両に同乗し歌舞伎町等まで移動、17時または18時より、22時ないしは23時頃まで配布活動を行っていた。配布物は、同施設の広報物であり、未成年女性をターゲット層とした入居案内であった。片づけを行い、帰宅して就寝するのは深夜1時頃であった。この対価として1万円を得ていたと供述する。
 具体的には、ピンクバックと呼ばれる小さいバッグにマスク詰め込んで「すみません 未成年の方ですか?○○でバスカフェやってるのでもし良かったら来ませんか? ご飯も服も無料で貰えるよ!」 って言って声かける行為であると述べている。話しかけた結果、女の子が逃げると追いかけてマスクをもらってくれるようお願いし、声をかけた女性が成人であった場合には未成年の子がいたならば渡して欲しいと伝える業務であった。歌舞伎町や渋谷にいるスカウトには「ピクバックに近づくのはやめとけ」と言われるほどには有名であり、つまり女性保護施設の動員であることは周囲からも周知されていたことが伺われる。

 主として三点のポイントが不正受給にあたるのではないかと本人は悔いているが、当時のAはこれらが不正にあたるとの意識は有していなかった。例えば自らが住んでいたシェアハウスに(税からの)委託費が入っていた可能性があり、貴自治体から支給されていた生活保護費(住宅扶助)が二重計上されていた可能性等については見当すらつかない状態であったと述べている。
 本投稿が大きく拡散され、まとめサイト等にも転載される中、当該施設の弁護団は声明を発表した。同声明によれば、末尾においてアウトリーチ活動を保護女性に従事させていたことを認める内容であり、それは交通費であると強弁する内容であった。しかし居住していたシェアハウスからは改装したバスに同乗して移動しているのであり、1万円もの交通費はかかっていない。また、Aが告白したアウトリーチ活動の実態を鑑みれば、ティッシュ配り等の就労(アルバイト)等は可能であったことを弁護団が認める結果になっていることを付記する。

 

(資料1)当該女性の投稿
2000万人が閲覧した告発

 

(資料2)当該女性の投稿
アウトリーチ活動における販促物

 


 

 

ここからは章を分けずに記載します。
本書作成の意図は、告発者の負荷軽減です。一つ目には事務負荷。毎回毎回、同じ説明をするのは極めて大変なのです。そのため概略資料として作成しました。

もう一つは、タオルを投げ込むこと。誰かが代わりになってあげて、彼女の思いや供述を一本化して公開すれば、本人に飛ぶ弾が減ります。私にとっては後者が大きかったです。

彼女の発言そのままを踏襲すれば、「不正受給」を行ったという、罰を受ける側になってしまう。私にはそれが不正なのかは断定できませんけれども、不正か不正ではないかではなく、「あくまで勇気ある告発者である」という点を強く述べて書きました。いずれも念頭にあるのは”民間人の保護”です。

 

 

 

神奈川県内の議員に提出
自由民主党の浅野文直・川崎市議会議員(宮前区選出)に上記の資料を提出しております。

どこまで公開するかは非常にシビアな問題で、本件供述書などにおいても「当該自治体」としか触れておりません。これは陳情者の個人情報を保護することが目的です。例えば自治体名が発覚すれば、(ないとは思いますが)その自治体に圧力や政治工作がないとも限りません。

その上で”勇気ある告発者”の事例は、川崎市ではないことは明言いたします。かつ神奈川県内であり、浅野議員にお願いするほうが適切だと考えました。本書は引継ぎ用の資料という側面が強く、1月4日に完成後、陳情者(勇気ある女性)と協議のうえ、浅野議員に送付するお許しを頂き、浅野議員に私から相談のうえ託させて頂いた次第です。

1月7日(金)において、当該女性と浅野議員がネットツールを活用してヒアリングを実施しております。これは両者ともに投稿している公開情報です。その際にさらに詳しいことも判明しており、当該女性からも連絡を受けております。

浅野議員の同日の投稿。
非常に心強い。

 

私は浅野議員をRTのみし、ある意味では自らの職責を完遂したと考えています。

 

私の主たる任務。
一気に過熱し、もみくちゃになる状態を脱する。
一時的にせよ、盾として機能し考える猶予を与えること。

 

 

 

(下記、本稿執筆にあたっての私なりの所感です。)

クリックして下さい!
私なりの所感
告発者より『ツイートにすら書いていない内容もコラボスタッフの名前もコラボスタッフと私が写ってる動画も写真も私が持っている情報すべて出し切りました!』とありますが、本書執筆時においては私は有していない情報です。相当に大急ぎで作成し、本当に慌てて作成したためです。

あくまで引継ぎが目的であったため、概略の作成を優先しており『あまり多くの個人情報を持ちたくはない』という思いがありました。情報を持てば持つほどに、流出した際のダメージが大きくなるためです。このあたりは(陳情処理における)テクニック的な部分でもあります。

実は私の(引継ぎに際しての)要望では、「今後の告発を抑止しないためにも、彼女が(不正受給として)強く裁かれることには配慮を」という思いが強く出ています。

その上で、実際の浅野議員によるヒアリング後においては一部の考えを改めました。スタッフからの指導内容が私が取りまとめた供述書よりもさらに具体的であったため、さらに酷い状況が完全に確定できるのであれば、もっと異なる切り口があると感じています。つまり、支給決定に関する教唆に関して、施設側の責任を追及できる可能性です。

こちらについては、本供述書には含まれておりませんけれども、私の中では大きな衝撃を受ける(取りまとめ時には明らかではなかった)新情報もありました。

 

供述書において一点、訂正がございます。
具体的には、本供述書ではネットで見て自ら応募した形で記載しておりますが、正しくは(ネット上で知っており)コラボのアウトリーチ活動に応じる形で入所したとのことです。ここのやり取りは私にとっては大きな部分でした。実際に”アウトリーチ活動”から入っており、そのやり取りの一部には「???(大丈夫?)」と思う箇所も。もしそれらが完全に証明できるならば、引継ぎにおける要請書の書き方を変えるぐらいの情報でした。

凄くこまやかな部分で、恐らく議員や行政職でなければ気づかないような点。告発者側も重視していなかったし、恐らくネット上に出しても「それが??」という反応になるかと思うのですが、プロだからひっかかる点というのはございます。この箇所は核心部分になるように思いますので、正規版の供述書にも入っていない部分ですら私からの公開は予定しておりません。

 

本書については、私が取りまとめた時点では「本人が述べている」以上のものではありませんでしたが、のち浅野議員によりヒアリングが実施されております。上記の裏付けとして口座の確認であったり、さらなるハードエビデンスの精査も必要になるでしょう。そのあたりに私は立ち入りません。何人もでやると、情報が散逸してしまったり、最悪の場合は流出事故に発展、守るべき陳情者を苦しめる危険性もあるからです。

今後については、”告発者の身分をどこまで公開”するかがポイントになるように思います。
一定の方法をとるのであれば、(選択する方法によっては)身バレも覚悟して手続きに入らねばなりません。

正直に申しますと、「私はあまり公開して欲しくないなぁ、こっちの世界はしんどいよ?」とタオルを投げ入れるような思いで供述書を書いたのです。敵味方あわせてのサンドバックになり、相当にメンタルを削られます。かつ、それが本当に生活保護の不正であったならば、本人にとっても罰を受けるような話になりかねないそのように思っておりました。

しかし、続報で出てきたものが結構衝撃でしたので、「やってもいいのか??」という意見も頭をよぎりました。このあたりは、浅野議員らと告発者が相談して決すると思いますので、私からは以上になります。

 

勇気をもって告発してくれた女性に、
そしてヒアリングを行ってくれた浅野議員に深く感謝いたします。

本書については、当事者の供述としてまとめたものですので、本人の負荷軽減のために拡散して頂いても構いません。あくまで(負荷軽減用の)説明資料という扱いです。

 

 

 

本稿は冷静に書こうと思っていたのですが、

 

それにしても酷い話だ。

 

酷いと思った方は、拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

85 Responses to 【資料公開】女性保護を謳う法人(コラボ)から、”生活保護の不正受給”指南されたと勇気ある告発(議員資料)

  1. umbrellap より:

    真の爆弾は後半の所感に。まだまだ騒動は長引きそうだ。

  2. BLACK より:

    これは、勇気ある告発者A様のことでありますが
    日本全国の自治体のことであり
    日本政府の税金の使い道のことであり
    納税者全員のことでもあると
    日本国民全員のことでもあると
    そして日本の安全保障のことでもあると
    私は思いました。

    小坪氏の当ブログを拝読して
    勇気ある告発者様がなされた告発の重さと価値を
    再確認しました。

    たったひとりの勇気ある告発が、日本全体を救えるかも知れません。
    たったひとりの勇気ある告発で、日本の税の不公平が改善するかも知れません。
    (現状の税金の配分はあまりに不公平だからです。一般庶民の婆にも目に余る不公平さです。また、配分された税金が日本攻撃、日本を貶める為に使われている可能性も考えます。)

    ここまで公開してくださったことに感謝します。

    勇気ある告発者A様
    浅野文直先生
    ご尽力くださる多くの方々に
    感謝申し上げます。

    以上 文責 BLACK

    1. azumaebisu より:

      全くその通りです。

    2. BLACK より:

      「貧困救済」「日本の貧困問題」と声高に主張なさる方々が
      日本と日本人を貧困に追いやっているとしたら

      納税者にも、国民にも、救済や保護が必要な人たちにも
      なんたる悪意かと、私は思います。

      以上 文責 BLACK

  3. azumaebisu より:

     これも、小坪市議の一貫性を担保する話だと思います。

     被害者が、我國に於いて【極めて弱い立場の人間】である。と言う点で【ウイグル人の人権保護】に於ける【同趣旨の動き】だ。思いましたね。

     この様な【面倒くさい事案】は、従来、残念乍ら【保守系議員】は「触りたく無い…」と忌避する印象が強かった。と感じます。

     所が、最近、現場の【地方議員】からの告発と、被害者救済の実例が徐々に見えて来るようになりました。これは、一國民にとって【勇気百倍】の現象でしょう。

    『誰も助けてくれない。』闇黒からの救済。有る意味【奇跡】が到来する可能性が、我々一般國民に感じさせる【希望の光明】です。

     有難い!

     然し…何で【生活保護関係の法律・条例】は、所謂【左翼の貧困ビジネス】≒税金の掠め取り。に『いとも簡単に悪用される程、ユルユルな建て付けなのですかね?』

     それに、今迄『何の対策も無く、放置状態だった事に怒りを感じます。』早急に不正を但し、正常化・清浄化して、【生活保護】が、真っ当に機能するように要求して止みません。

    特に【支那人等による不正受給】等、言語道断です。←こんな事を何時迄放置しているから、遂に【守銭奴財務省の防衛増税の悪巧み】に、一般國民の怒りが沸騰するのですよ。

  4. sioさんのツイートをリアルタイムで見て以来ずっとウォッチしています。
    なので、保護できる人が現れて少し安心しました。
    彼女の健康状態は過度のストレスを受けて吐き気、眩暈を感じる初期の抗うつ状態を
    呈しているのではと思われる節もあり、できるだけ心休まる場に収まることを願っています。(仕事柄ストレスで病んだ人を多く見ています。)
    この度はsioさんの保護と楯となっていただきました事深く感謝いたします。
    sioさんの文章から、利発であり、優しさと、強い意志と素直な自我を感じています。
    そんな彼女がこの先誰に引け目を感じることなく生きていけるようになって欲しいと切に願っております。

  5. himakao より:

    Colaboからの裁判で一番勝てそうだった生活保護ネタも塞がれてしまうのか?

  6. erya より:

    今北産業

  7. hobbiel55 より:

    これを受けて、全面否定してしまうのか、調査中として引き延ばすのか、あるいは無視か。肯定することは無いだろうな。

  8. Capricornus より:

    議員さんが直接確認した上で、生活保護費を多く引き出す為の鬱病の演技指導と、収入の申告を怠った疑いが焦点か。そして更なる爆弾ぽいものも見つかったと。本件に異様な肩入れ具合の共産党案件でも出てきたのかな。

  9. Snail より:

    あのツイートは成りすましでも虚偽でもなく真実だったって事か。こうやって表に出ずらい告白もこれから少しずつ出てくるかもしれないね。

  10. kihiketufuwabe より:

    この内容の真偽はColaboと暇空茜さんの名誉毀損訴訟にも影響するので要注目ですね。これまでのレスポンスの早さからするとColabo(弁護団又は支える会)から速やかな反応があるでしょうね

  11. Mu_KuP より:

    まともな議員レベル(感情や党派性に左右されない)と感じさせる為に必要な文章文面の組み立てには苦労されたであろう資料。お疲れ様です。

  12. Outfielder より:

    「自治体名が発覚すれば、その自治体に圧力や政治工作がないとも限りません」

  13. lotus-sutra より:

    “誰かが代わりになってあげて、彼女の思いや供述を一本化して公開すれば、本人に飛ぶ弾が減ります。私にとっては後者が大きかったです。” 立派な議員さんだな

  14. araikacang より:

    保護費を全額施設に預けてて、その中から1万円貰うのであれば、働いた収入の未申告とは違うので不正受給はセーフかな。ただ、本人の保護費を渡すのに、活動の手伝いを強制してたなら施設側に別の問題が生じるが。

  15. rokasouti より:

    個人的には、今後の生活保護支給決定の緩和か制限か、どっちに転ぶのかが気になっています。

  16. はちまん より:

    この件に限らず、昨年からの一連の動きを概観しておりますと、イーロン・マスク氏がTwitter最高経営責任者になってから、小坪先生をはじめとしてTwitter上で発信されている政治家の意見や動き、それに連動している一般の人々の政治的意見がみえやすくなっている感じがします。

    もしかしたら安倍元総理のご遺志を皆さんが受け継ぎ始めているということかもしれませんが、ネットとリアルの乖離という現象というものがあるとすれば、そこにはネット上に存在している意図的な情報操作のようなものも一因となっているのではないかと感じました。

    私自身はリアルな出来事を簡単に把握することができるような方法はないと考えておりますので、ネットとリアルというよりも、表現されたもの(情報を含む)とリアルは常に乖離しているという前提に立って物事を見ております。

    そのうえでですが、Twitterで発信されている政治家の皆さんの動きが一般の人々にとても近づいてきたのが感じられ、希望が見えた気がします。感謝いたします。

  17. July1st2017 より:

    地方議員も統一協会と関わりがあるけどこの人たちは大丈夫なの???

  18. kamm より:

    コラボ弁護団は「コラボは10代の女の子をタコ部屋に住まわせて生活保護を受給させ、毎月1人6万5000円ずつ徴収している」がデマだとして暇空茜氏に1100万円の賠償を訴えてたけど、この告発を覆さないと勝てないのでは

  19. kappa_yc より:

    物的証拠はあるのかな。増田にもあったけどcolaboの支援対象者には昨日と今日とで認識が真逆に振れ、意図せず周囲を振り回してしまう人もいるはず。言葉だけを信じて動くと本人含めた皆が疲弊するだけよ。

  20. hesopenn より:

    もともと「残酷」で有名だった小坪しんやだから…。https://togetter.com/li/1406306

  21. h5dhn9k より:

    まぁ、何より当該女性の保護を最優先して頂きたい。なかなか難しいだろうけど……。

  22. kuzumimizuku より:

    噂や評判(悪評)レベルではあった話(ゆえに普通は告発もしないしできない)を発信した当事者、こうしてまとめ、事実問題として取り上げた方々、尊敬と感謝の気持ちでいっぱい。どうか良い結果になりますように。

  23. gcyn より:

    鬱か就労可能かは申請受領後に受診する医師の意見と合わせて決まるはず。逆にその機会もなければ職員の偏見やローカルルールではねられることがある。申請時受診等フルオプション求めるのは自然な申請技術に見える。

  24. zoidstown より:

    “もう一つは、タオルを投げ込むこと。誰かが代わりになってあげて、彼女の思いや供述を一本化して公開すれば、本人に飛ぶ弾が減ります。私にとっては後者が大きかったです。”

  25. noname より:

    >フラットに書くことが求められる立場であることは理解しておりませんが

    >フラットに書くことが求められる立場であることは理解しておりますが
    でしょうか?

  26. natumikoko より:

    仁藤さんは"行政がそもそもおかしいから変わるべきだし変えたい"というスタンスだから、これも「こんな工作しなくとも国は保護費を出すべき」と考えているだろう

  27. ryouchi より:

    これ完全にアウトですね。 “しかしながら施設側より、鬱病であるように振る舞うよう指南され、実際に自治体窓口においては演技指導に基づく振舞いを行った。”

  28. shields-pikes より:

    個人ボランティアとしてやってるなら、こういうサバイブするための抜け道ノウハウの伝授も、必要悪だと思う。でも、あの規模で国の支援を受けた事業としてやってたら、グレーゾーンは消していく覚悟が必要だよね。

  29. moho1351 より:

    ”自治体の上限額いっぱいで申請してくるよう教唆” ”鬱状態ではなかったにも関わらず、鬱病であるかのように振る舞うよう演技指導を受け、貴自治体の窓口においても同様に振る舞った”

  30. civic800 より:

    酷いこと書いてるブコメがあったな、と思ったが消してて笑う https://web.archive.org/web/20221231032745/https://b.hatena.ne.jp/entry/4730229544943671428/comment/Arturo_Ui

  31. irose より:

    「未成年女性を保護することを謳う法人から、生活保護の不正受給の教唆を告発した女性より、供述書を取りまとめ/引継ぎに際しての私からの要望書も付して公開」そしてパブコメにギリ間に合った感じ

  32. morucy より:

    ああ、某余命に肩入れしてたいつぞやのイキリ市議会議員様か。

  33. take_mon より:

    何のことかと思ったら先日めっちゃバズった告発の人当人のことやん。生ぽ不正受給させられたのがtrueだという話なので、いよいよ煮詰まってきた気がする。

  34. tacticsogresuki より:

    これ民事とはいえ裁判官も判断が難しいね。双方から出された資料のみで比重を決めて判決を下すわけだけど、外部で着々と片方に有利な証拠が集まっていくわけだから、一段落つくまで判決は先延ばししたいな。

  35. M.H. より:

    資料作成お疲れ様です。
    告発者の方は当時18歳でアウトリーチ活動を深夜までさせていたとのことですが、
    その他で上記活動に従事されていた方は全員18歳以上なのか気になります。
    満18歳未満の年少者を勤務させることは労基法第61条に反すると考える為です。

  36. trmkna より:

    暇空が「生活保護タコ部屋」発言について妙に強気であることの背景が垣間見える。暇空の隠し球と、このアウトリーチ活動上の懸念と、何か関係あるのだろうか?

  37. Shin-Fedor より:

    女性の発言は、嘘ではないんだろうけど勘違いが多そうで保留したい。ただ、ご本人が身の危険を感じてたみたいなので、「棍棒扱いしてる有象無象」ではない助けが入る事は良いと思う。しかし共産党的で嫌なOGPだな…。

  38. miruna より:

    結論が出るの待ち

  39. queeuq より:

    colaboがどうとかそういう以前に一人の国民を守り代弁するという議員として素晴らしい行動で称賛したい。

  40. Rilke より:

    そもそも労働という苦役を強いられない特権階級がいるのが問題なんだよな。生活保護の代わりに国がコルホーズ建てて衣食住医療を徹底管理し実習生並の苦役を強いさせろ。

  41. Ereni より:

    小坪慎也って、津田大介絡みで扇動してた市議じゃんか。日共憎しの人https://twitter.com/eleninumber5/status/1160630820912025600 ただ現行の議員だと、さすがに実務は理解してるだろうから、何かしら引っ掛かる所はあるのかもしれない

  42. xevra より:

    女性弱者を悪用した利権化、税金で基地へのデモなどcolaboは極めて悪質。悪は滅ぼさねばならない。女性の敵colabo、市民の敵colabo、許さん! 良識ある市民は声を上げて行こう!

  43. htnmiki より:

    タコ部屋貧困ビジネスや生活保護受給者の就労については白黒きちんとつけるべき。一方でもし「保護が必要な状況にも関わらず鬱状態でないと生活保護費を受給できない」としたらそれはそれで問題かと。

  44. PIEZOU より:

    例の女性は①DV②金なし③家無しの緊急性の高い事例なので生活保護受けることができた。鬱は関係ない。病気は生活保護受給にこの場合関係ない。金があるかのみ。就労可能かどうかに診断書が必要で演技で通らない

  45. bodibod より:

    生活保護費の支給要件とかいわゆる水際対策に関しては現状問題があると考えているので、個人的にはこの件についてはそこまで責め立てる気になれなかったかもしれないが、アレはあまりにヘイトを稼ぎ過ぎた

  46. worris より:

    よりによって小坪しんやに持ち込むのかよ。

  47. businessart より:

    非常にまっとうな動きやね。

  48. 行政のクソみたいな水際対策考えるとこれくらいは方便という気もする。騒ぎ立てて決着を求めたら「駄目」ってなる可能性は高いが(多分あいまいな記憶では推定しか出来ないですねーで終わりそう)。

  49. zenkamono より:

    あの告発ツイートに対し、はてフェミが必死になって過去ツイを漁り「頭が残念」「境界知能」(だから誤解、認識の違いだ)と誹謗中傷してた。大正義colaboを守る為なら少女を侮蔑するはてフェミ達の卑劣さが醜くすぎた

  50. kiyo_hiko より:

    "鬱状態ではなかったにも関わらず、(少なくとも精神科等での診断を受けていない)鬱病であるかのように振る舞うよう演技指導" 詐欺じゃん。行政に不満があるなら外法も許されるって発想は既に法治国家の考えじゃねえよ

  51. wildhog より:

    Colaboの関係者は詐欺罪で逮捕されたとしても告発者は免責されてほしい。保護団体との力関係で犯行に及ばざるを得ない状況だったのだろう。保護女性に詐欺や座り込みで道交法違反など犯罪をさせていたら最悪の団体だ

  52. Fuggi より:

    名誉毀損訴訟は暇空氏が負けると思ってたけど、もしかしたら真実相当性ありとされる可能性が出て来るのかもしれん。

  53. sophizm より:

    俄かには信じがたいんだけど、小坪しんやがどういう人物か知らないはてな民がこんなにたくさんいるってこと? それとも知ってて乗っかるが是だと判断してるのか。保守速報が肯定的にホットエントリーに入る日も近い

  54. kunitaka より:

    仁藤の事やから不正受給とは考えとらんやろな。

  55. k より:

    小坪先生と暇空茜さんは性格がよく似ていると思うんですよね。

  56. UhoNiceGuy より:

    鬱に関しては都の職員も本気にしてないだろ。この程度の演技は日常茶飯事では//生活保護費全額預かりが本当ならひどいね//

  57. sirotar より:

    この程度の不正受給は福祉の現場で日常茶飯事ではあるのだが、あくまで保護する側に余裕が無い場合の話。口座に億の金を唸らせているcolaboがやったとしたら、ちょっとおかしな話ではある。

  58. dd369 より:

    https://hasumi29430098.blog.fc2.com/blog-entry-71.html 余命事件に絡むも途中で逃げた、残酷で有名だった小坪慎也も来ちゃった。

  59. neko2bo より:

    “もともと「残酷」で有名だった”小坪しんや氏まで参戦。次々とクセ強系の人材を惹き寄せる案件だ。

  60. Shinwiki より:

    とは言え出す側も不当に渋るじゃん。水際とかなんとか言って。違法にケチるなら不正に取られるのも覚悟しとけよってことだと思うがね。

  61. igni3 より:

    たとえそれで救われても目的の為なら手段は選ばずというのはダメなんだよなあ

  62. tamasinnf1 より:

    議員さんに求めてる仕事ってこう言うことだと思うんだよね。困ってる人の生の声を聞いて世間や行政に正しい言葉で伝えて方策を話し合うっていう。

  63. asahiufo より:

    一個人が反コラボの発言を行うと恐ろしい勢いで攻撃されて口を封じられてしまうって、コラボ側のやり方には一定の効果があるんだなぁ。

  64. 櫻盛居士 より:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    本件のミッションは、小舟への被弾を回避し保護する事が大前提なのがポイントです。

    つまり、一般社団法人コラボへの攻撃を意図したものでは無い事が重要です。
     
     
    ですが一般社団法人コラボの取巻きが、何やら勘違いをして居る様で一般社団法人コラボ擁護の為に良かれと思って、告発者叩きを行って居る様ですが、これは全く逆効果で、結果的に一般社団法人コラボに照準を絞る事に成り兼ねず、逆に一般社団法人コラボを苦しめる事に繋がるでしょう。

    本文中に掲載されて居る調査依頼には歌舞伎町や渋谷にいるスカウトには「ピンクバックに近づくのはやめとけ」と言われるほどには有名でありと記述があるとおり、一部の業界から煙たがられて居たのも、場合によっては一般社団法人コラボに不利な状況を作り出すかも知れません。
    こう言った繁華街は女性スタッフのスカウトだけでは無く、女性客を呼込む為の客引きも大勢居り、その手の人達からすれば客を奪う敵位の感覚でしょうし。
    連中って、結構情報共有してますからねぇ。

    扨て、何やら「Colabo と仁藤夢乃さんを支える会」とやらを立ち上げる様ですね。

    Colabo と仁藤夢乃さんを支える会を立ち上げます。(支援者たちの声)
    https://colabo-official.net/wp-content/uploads/2022/12/deeefe4c1823f3b63f9afa0e0acbf931.pdf

    調査依頼には共産党とも深い関係があるとされると記載されて居る様に、半ば公然の秘密と成ってますが、上記ドキュメントに列記されて居る面々を見ると、面白い事に共産党とはほぼ敵対関係にある勢力にあると思しき面子も並んでます。

    上手く立回ればシマの横取りが可能である可能性もあるのに、そう言った野心は抱かずに、今回は人権乞食の既得権益を守る方向で行く様です。

    このドキュメントだけを見ても、一般社団法人コラボは下手を打った事と、その下手打ちの影響がかなり広範囲に及んで居る事が明白でしょう。

    亦た自治体にもよりますが、生活保護受給申請に際し管轄部署に相談するよりも、男女共同参画に関する部署を通じて申請した方が早いと言う事案も発生して居る様で、この様な事例を追って行けば、一般社団法人コラボはかなり苦しい状況に追い込まれる可能性も否定出来無いでしょう。

    それで無くとも、しばしばこの手の女性人権団体は各所でトラブルを起こして居ます。

     文化放送 わいせつ被害は「虚偽の告訴」 町長告発の元草津町議が在宅起訴に
      https://www.joqr.co.jp/qr/article/70182/

    これら俯瞰的に事象を捉えれば、行政に喰らい込むこの手の勢力の在り方は、立法サイドで今一度精査し、然るべく是正を行う必要を裏付けるものと成るでしょう。

  65. brain-box より:

    中身にはコメントしないが、余命三年に入れ込んで安倍晋三に救いを求めていた御仁やぞ。https://togetter.com/li/1406306

  66. Karosu より:

    コラボに最下層民のエンチャントがかかっているだけで、コラボが墓地に落ちたら、そのダメージはどこに行くのかな?

  67. tettekete37564 より:

    これもまたデマだ攻撃だというのかねあの周辺は

  68. clapon より:

    なんで行橋市議会議員さんがこれ書いてるの? 都の話では?

  69. kiku-chan より:

    ところでこの議員、東京都と何の関係があるの?

  70. VikAkoona より:

    男性差別撲滅に向けてまた一歩進んだようで何より。

  71. rideonshooting より:

    これがもし真実ならスクープだけど、余命にハマっていた御人となると信頼性がスリザリンにマイナス10兆点するレベル。

  72. kujirax より:

    若い女性が嘘の告発をする訳がないって言い切ったり、よく嘘をつくって言ってみたり、節操がない人がいるよね。自分はいつも疑ってかかってしまうから信じて突っ走るのは不安になる。

  73. 常磐本線 より:

    火消しが沸いてますね・・・・・
    小坪先生の胆力は、超弩級なので、返り討ちにならないように、お祈りいたします。

    1. 櫻盛居士 より:

      ハンドルネームがリンクに成っていて、返信が出来無いコメントは、はてなブックマークのスレから自動的に引張って来て居るものですから、わざわざここにコメントを書き込んで居る訳ではありません。
      本人の知らぬ所で、自ら晒し者に成ってる状態なのです。

  74. white_rose より:

    この議員が東京都と何の関係があるのかわからないが、前に「告発」してた子の話よね。不正ではなさそうだったけど、逆に業務妨害で訴えられないといいね。

  75. 湘南童子 より:

    ・・何やら賑やかでござる

    日ノ本の大和を始め私たち生きとし生ける全てのモノの天命が完うされますように
    地球を司る神々様 ありがとうございます

  76. jzhphy より:

    これ自体は空白の言ってた隠し玉ではない筈。最初に登場した時点で「連携誘って評判落とすガセ罠の可能性があるから僕はノータッチ」と質問に答えていたので。from検索でもソース見つからなかったのはすまねえ…

  77. ロード より:

    勇気ある告発者様さんは、その告発が広く周知されることになりました。
    ですからここで公開を止めても貢献度は非常に大きいと思います。

    しかし、金づるとして虚偽を誘導され、さらに先兵まで強いられたのであれば、
    覚悟を決めて戦うこともよいのかもしれません。

    それにしても理解できない組織ですね。
    15才でおじさんたちに買われていたという代表は、性搾取の意識があったのでしょうか?
    搾取していたのが真逆であれば理解できます。

    浅野文直、川崎市議は、上念氏と同じ弁論部だったのですね。今後の活躍に期待します!

  78. McCart より:

    小坪しんやの言うことを真に受ける人間がこんなにいるとは。。。

  79. nentaro より:

    この人、余命三年で大騒ぎしていた人?

  80. mujisoshina より:

    ブコメを見るとこの議員はいわく付きの人である様だ。女性による供述の内容については概ねtwitterで見たものと同じだと思うが、「私なりの所感」ではかなり感情が入っており危うさを感じる。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください