【小坪慎也VSしばき隊】公開討論を行います。乞う御期待。


先日、しばき隊より「落選させる」と宣言を受けました。
しばき隊から落選させる、と宣言を頂きました。にて、詳細と前後のやり取りを紹介しております。

文中にて
続編はあるかも知れないし、ないかも知れない。
数日でブロックしあって終わりの可能性もある。

しかし、あまり上京もしないが(交通費的にできないが)
行った時は会ってみる、みたいな流れになる可能性だってある。

公開討論にも応じてみたい、
今後の流れ次第だけどね。

と書いておりましたが、しばしのやり取りを経て公開討論を行う運びとなった。
こちらも「応じる」ことを公開の場(Twitter)で記述はしているが、
一時的なものではないことを証するため、私のブログにおいても、経緯を報告しておく。

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

<やり取りの前後において>
C.R.A.Cとやり取りを開始するにあたり、前後でも動きがあった。
私に粘着する一味(元在特会支部長(佐賀)などと仲間)が、場を混乱させ衝突させる目的だろう、保守陣営が面白半分に介入してきたことを発端とする。

 

 

 

 

    ボヨヨンくん@せっかい大好き!なるユーザーは、先日の時点ですでにブロックしていたため見えなかった。
C.R.A.C.側のtweetにより、状況を把握。
イデオロギー的には対立するが、このtweetには同意。

そもそもC.R.A.C.と私の対立を誘い「手を汚さず」面倒な思いをさせようとした「保守陣営の影」を感じていた。
名を明かさず、リスクを負わず、対立を煽り
「作戦勝ちwww」などとのたまうバカが私は嫌いだ。

一部のネットユーザーに散見される。
政治を振り回し、ネット空間を汚し、目に余る場合が多々ある。
C.R.A.C.側の「交通費折半で行橋にも行くけど?」という言葉に好感を覚えた。 ? ?

 

 

<VSしばき隊・自己紹介編>
やっとここから本番である。
ちょっと経緯と、勝手に間に入っている連中について自己紹介的にフォローする。

 

 

<VSしばき隊>
ここからが実際のやり取り。
好きに書かせて頂いているし、自然に会話している、(ようにも見える。)
実際、のびのびと話した。

とは言え私としても鍔迫り合いのようなシーンはあったし、言葉じりが双方丁寧とは言え決裂の可能性は充分にあった。

 

 

  政治とは、双方が主張し、妥結する。
これは同じ陣営同士でやるものではない。
共産党など異なる思想の持主とも議論の応酬を経て成案を得る。
これが政治であり、私の日常だ。

C.R.A.C.氏が最後まで議論のフィールドから逸脱しなかったこと。
私は、異なる立場に属するとはいえ指揮官級の人間として敬意を表したいと思う。

このようなことを保守系議員が言うと、怒られるのかもしれない。
ただ、保守系である以前に議員であり、議員である以前に、私は人間だ。
正々堂々とした対応は、ただ単に好ましい。

そして思想信条の自由に基づき、私は思う自由がある。
表現の自由に基づき、口にする自由がある。

ごちゃごちゃ言う人も出てくるのだろう。
彼らはごちゃごちゃ言う自由はあるが、 私には言い返す自由もある。
かつ、私は「言うことを聞かない」自由だってあるのだ。
(アドバイスを受け入れる自由もあるけどね。)
? ?

 

<一部ネットへの批判>
これは右派左派、問わず、である。
名を明かさず、身体を張らず、何のリスクもとらず。
その上で要望のみは出す。
あまりにも大声で、汚い言葉で。
目に余ることがある。

異常に声が大きく、罵声のように騒ぐもの。
つまり荒らしのようなもので。
こちらの領域に軽々に踏み込む者についてだが
同じリスクと、同じ思い、つまり同じ条件でやって頂こうと思う。
同格のように振る舞い、同じフィールドでやりたいのであれば、
当然ながらコストを支払うべきだ。

別に全員に名を明かせと、リスクを背負えと言っているわけではない。
これはこれで自由だと思うし、匿名文化の全てを否定するものではない。
むしろ安易に人生を賭けられても困ってしまう。
側面支援の形態であれば、私はそれでいいと思っている。
多くの方がそうだろう、ネットの一部の悪癖について言っているのだ。 何様なんだ、と。

<外伝・しばき隊に怒られた人>
これは恥ずかしかったな、保守陣営にある者として。
以下は「保守を名乗る人たち」で、前述のジェノサイドさんたちの一味。
以前より私に粘着していた元在特支部長(佐賀)などと同調している方。

私とC.R.A.C.氏のやり取りをtogetterでまとめ、「ビジネス保守」などソースのないレッテル貼りを試みた。 接近や協定など、なぜか色をつけたがる。
ようは「元在特」の者が私を叩く際に、しばき隊と私が抗争中だと困るからだろう。

「小坪 ← 元在特・自称保守」に追加で
「小坪 ← しばき隊」となると
元在特・自称保守の方は、あたかもしばき隊と共闘しているように見えるからだろう。

とは言え、しばき隊側を刺激し、私に向かうように仕向けた者がいるように思うが、はて?

C.R.A.C.サイドには言わなかったが、 公開の場で、やり取りを行えば、議員である私は「このような事態になる」ことは想定の範囲内だ。
というか、いつもやられてる。

そのコストに見合うものを、なんとなく感じたのだ。
(それは後述する。)

この闖入者らに対して、C.R.A.C.側が怒った。
保守陣営としてこのやり取りを見るに、私はただ恥ずかしかったよ。
いったい何をやっているんだろう。

 

 

 

 

<実は、在日に対しての政策をもってない。>
ネットだと、韓国を中心に政治はまわっている。
福祉や制度よりも、「韓国でこんなことが!」という記事のほうがアクセスが立つのだ。
中国が次点かな、私はこれをおかしな話だと思っている。
私は、制度の矛盾を説き、解説するポジションにある。

ただ、はっきり言わせて頂くが、韓国は好きではない。
歴史問題など、許せぬことが多々ある。
陛下に対する態度、竹島の問題、好きになれというほうがおかしい。

その上で。
私は在日問題だが、確たる政策をもっていない。
ちょっと勉強したいな、と思っていた。

在日に対する政策を持たぬのは当然のことなんだ。
市議ゆえ議論する機会もないし
(それは国のことのため、市議では議論の機会がない)
自分に職権がないものにまで、勉強や政策等、割く時間はない。

 

<在日問題の終焉を急げ!>
とは言え、早い段階でカタをつけるべきだ、と思う。
すでに第三世代である。
これが第四世代ともなると、私たちも不幸だが、彼らもちゅうぶらりんのまま、だ。
状況の固定は、回避させたい。

全員、強制送還なのか、それとも帰化なのか。
論じるだけ、述べるだけの者であれば、好きにすればいい。
だけど私は「やる」側だ。
ちゃんとスタンスを決めたい、と常々思っていた。

これ以上、よくわからぬ難民状態で放置することは、我が国の内政問題としてよろしくない。
永住権に関しては、どちらにせよ消失するのだろう。
相続できたことがおかしいのだから。

むしろ「中途半端」な状態の解消は、彼らにとっても利益があることなのではないだろうか。
正直、ここらへんの部分、どう動こうかな、と迷っている。
帰化なのか、送還なのか。

 

<ブログより勉強になる。>
目の前の便利な箱は、いろんな物を教えてはくれる。
だけど、全てがわかるわけではない。
彼が何を思い、何を主張しているのか。

短文の罵声を応酬したところで、何もわからない。
目を見て、声のトーンを聞いて、話す。
そこから学ぶものは、大きい。
少なくとも私にとってはそうだ。

少々のリスク(保守陣営からの揚げ足)や、コストや打撃を差し引いても、
なお、知ることには意味がある。
知った上で、現場に降りた上で政策とは論じられるべきものだからだ。

また、名を明かし、身体を張った上で生きる政治家の生き様。
なぜ言葉が重たいのか、それをネットユーザーのそれぞれに知って頂くこと。
一歩、前に出る勇気。
これを(たまに頭が痛くなる方もいる)保守のネットユーザーにも、知ってもらいたいからだ。
ゆえに私は行く。

私たちの陣営から見れば、彼こそヒールだ。
逆に、彼らの陣営から見れば、私はヒールだろう。
準拠するイデオロギーが真逆である、ゆえに決裂する前提で、会うのだ。
受けて立つ側にも、覚悟は必要だ。
受けて立った、C.R.A.C.側に、感謝と敬意を。

これが政治家の生き様であり。
名を明かし、身体を晒す者の覚悟である。
怖れず、怯えず、ひるまない。
敵方であったとしても、指揮官がそう振る舞うのであれば、
その点は評価できる人間でありたいと思う。

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

25 Responses to 【小坪慎也VSしばき隊】公開討論を行います。乞う御期待。

  1. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議の真摯さが理解出来ずとも、何となくでも伝わる??ような相手であればいいのですが…
    市議を応援している身としては、討論する事で市議にとって実りが出ればいいなと思います

    日本人2人を逮捕=ワインの瓶に覚せい剤―中国
    時事通信 [12/31 15:25]
    【北京時事】中国福建省アモイの警察当局
    福建省のニュースサイト・台海網などが伝えた
    液状の覚せい剤約4.6キロの入ったワインの瓶6本を所持していた
    2人は日本の暴力団関係者
    台湾出身の中国人らが絡んだ密売組織が浮かんだ。
    中国は
    覚せい剤50グラム以上の密輸や運搬について、刑法は懲役15年から死刑

    死刑になりますよねきっと。
    海外ならあっさり処分してくれるみたいなんで、親日に迷惑かけないようにして、どんどん処分されて欲しいです

  2. パンといえばメロンパン のコメント:

    とにもかくにも討論はお互いの為になるのでお二人とも応援しますよ
    冷静に討論できそうな左翼は珍しいですからいい機会ですよ

    あと保守陣営でも北朝鮮や中国やロシアより韓国についての記事が注目を集めるのは当然です
    日本の左翼も韓国との繋がりが強いので必然的に韓国が注目されれるのは当然です
    韓国だけならいざ知らず仮にも日本の国民が韓国と共に日本を攻撃しているのですから
    文化侵略、プロパガンダ、ヘイトスピーチ等々日本に対する攻撃がもっとも激しいのも正真正銘敵国の中国よりもなぜか韓国ですし
    それに在日朝鮮人も対韓感情の悪化に一躍買ってますね

  3. 福岡県民 のコメント:

    確かにポヨヨンくん、ぽっかぽっかとしばき隊のツイートを比べるとしばき隊の方が全然まともに見えます。でも、しばき隊は小坪議員に会うのはボロを出させて落選させる為、と断言しています。その為に時間を割いて会うんです。最初から攻撃モード全開です。意地の悪い言い方かも知れませんが、彼らに感謝と敬意なんて持たないほうがいいと思います。

    しばき隊には暴力的な噂も耳にします。正直、直接会うのであれば会場や人員など安全面にも気を配われたほうがいいかと思います。いっその事、ネットで生中継なんてできないものなんでしょうか?。後から公開予定とは言え、例えば密室的な討論会になってしまうとポヨヨンくんとかにまたあらぬ疑いをかけられ騒がれたら癪じゃないですか?。まあ、そんな事はどうでもいいと言えばいいのでしょうが・・・。

    どうしても彼ら(しばき隊)と小坪議員の温度差が気になります。絶対に折り合いの付かない面談ですので、正直合う段階でもないかな?と個人的には思います。メリットよりデメリット(=不安)の方が確実に大きいです。会われるときは身の安全だけは気をつけられてください。

  4. とおりすがり のコメント:

    在特周辺もハーケンクロイツ旗を掲げてデモをやってる意味がよく分からない連中などもいますし、しばき隊や有田芳生周辺も勢力としてはいくつかに割れているように感じます。

    上の方もおっしゃられているように、冷静に議論できる相手との議論を小坪議員が拡散するのは、相手がどんな思想やどんな主張をするのか非常に興味深くもあり、意義があると思います。

    在日問題は入管法や厚労省の通知など国政に関わるものが殆どでしょうが、地方議員の小坪議員だからこそ、ある意味ニュートラルな立場で議論できるのではないでしょうか。また国政だけでなく韓国からの在日朝鮮人に対する囲い込みや締め付けも開始されているようですから、在日朝鮮人の方々もいつまでも虫のいいコウモリのような存在では居続けられないのではないかと思います。

  5. 詳細不明 のコメント:

    一対一という条件、守られるのか心配です。
    カメラも互いに用意する方がよいのではと。

  6. インスペクター のコメント:

    久しぶり
    コメントさせていただきます。小坪市議にボロを出させると宣言してる時点でダメですね。戦いの前に勝負はついています。

  7. 七子 のコメント:

    ネット上のニュース動画を見ただけなので詳細が明らかにされたのか、まだ存じませんが靖国神社に放火したのは二十代の男としか報道されてません。放火の被害程度も分かりません。靖国神社が日本国民にとってどういう場所か知った上での犯行には間違いありません。明日から多数の初詣の参拝客が訪れます。思い出したのですが、アンネの日記破りの男も結局名前が明かされなかった。

  8. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    マリファナが脳に与える大きなダメージ
    現代ビジネス [12/31 06:02]
    ハーバード大学とノースウェスタン大学の共同研究により、若年成人のマリファナ喫煙者と非喫煙者の脳には差異があることが明らかになった
    週に1度のマリファナ喫煙者さえ、
    脳の2つの部位で構造的な変化がはっきりと確認された
    それは被験者のマリファナ喫煙頻度が増えれば増えるほど、変化は明確だった。
    20代半ばまでの脳が発達段階の若年者が、
    早い段階から頻繁にマリファナ喫煙をはじめた場合
    常習化や精神上の健康被害に陥りやすいことが、以前から知られている
    最近では、既存の研究結果はもはや役立たないとする研究者が多い。
    研究結果のほとんどが、古い調査データをもとにしており、いまほどマリファナの効果は強力ではなかったから

    THC(テトラヒドロカンナビノール)
    THC濃度はマリファナの部位と加工によって変化する。

    ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン誌の6月号に掲載された記事によれば、
    高濃度THCのマリファナ吸引と精神疾患には関連性が認められている。

    すべてのマリファナ喫煙者の側坐核に、形状、密度、大きさにおいて何らかの異常が確認された

    報告書の共同執筆者であり、ノースウェスタン大学医学校で精神医学と行動科学で教授職を務めるハンス・ブライター博士
    「側坐核はやる気、快感、痛みを司る中心的器官あり、すべての意思決定にかかわっています」

    同様の変異が扁桃体にも見られた。
    扁桃体は感情処理、記憶、恐怖反応で主要な役割を担う器官

    たまにマリファナを吸う人でも喫煙すれば、
    THCの作用により24時間、集中力や作業記憶、意志決定に障害が引き起こされることは、
    以前から知られていた

    長期にわたる影響も明確になりつつある。
    2012年に発表された報告書では、18歳までにマリファナへの依存が症状として現れ、大人になってもマリファナの吸引を続けた者は、
    38歳までに知能指数が8ポイント落ちることが明らかにされた

    ノースウェスタン大学のブライター博士と共同研究者
    3年間マリファナの吸引を毎日続け、その後2年間以上マリファナをやめていた20代前半の若年成人の集団に、
    側坐核の変異を見つけている。

    この集団は作業記憶にも問題が見つけられている
    「作業記憶は学習の鍵となるものです」とブライター博士は語る
    「仮に私が大学生に悪影響を与える物質を作り出すとしたら、それはマリファナでしょう」

    こんな記事を書いてるって事は、現在、この古い調査で合法にしてる国は、既にヤバいんでしょうね。
    日本でもマリファナ合法にとか言ってるのがいましたが、
    やはり裏には日本人を廃人にしたい反日が絡んでるんでしょうね

  9. さとる のコメント:

    かつてヨーゲンと言う方が言質をとられ、今でも何度もあちら側の話のネタにされています。
    小坪さんもくれぐれも気をつけてください。
    むこうは集団、弁護士つきかもしれません。
    心配で心配でなりません。。。。

  10. 通りすがり のコメント:

    いつも日本の為の活動ありがとうございます。
    在日も他の外国人と全く同じ扱いにするのが、希望です。
    例えば、犯罪を犯せば即国外追放にするだけで、暴力団もかなり数が減ります。
    特別扱いにする限り、在日問題は続くと思う。

  11. 親日日本人 のコメント:

    しばき隊と討論ですか?
    すでに御覧になったかもしれませんが、
    しばき隊を結成した野間氏との討論がチャンネル桜で放送されてます。
    参考になれば幸いです。

    ◆決定版!在日問題を考える


    https://www.youtube.com/watch?v=PcbA77rSE1g

    パネリスト:
     上島嘉郎(産経新聞社・別冊「正論」編集長)
     金展克(弁理士・「対レイシスト行動集団」C.R.A.C.)
     ?英起(デイリーNK東京支局長)
     野間易通(編集者・「対レイシスト行動集団」C.R.A.C.)
     古谷経衝(評論家・著述家)
     三浦小太郎(評論家・北朝鮮帰国者の生命と人権を守る会 副代表)
     村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会代表・外国人参政権に反対する会東京代表)
     李信恵(ライター)
    司会:水島総

  12. 櫻盛居士 のコメント:

    市議と言う身分は足枷も多いでしょう。

    なのに市議選落選させるのが目的だとすると、取るに足らない連中と言う事になりますね。

    ここは、市議と言う身分を剥奪する事により生まれる連中のメリットを考え、我々日本国民側がその裏を突く行動をとれば良いわけですね。

    義理立てで赤旗購入してる方を解約させるとか、一般の国民でも出来る事は沢山ありますからねぇ。

  13. Augusta のコメント:

    あけましておめでとうございます。

    年の瀬に珍妙な連中に絡まれたようで。
    しばき隊については、保守速の管理人さん等、すでに絡まれている
    人からアドバイス貰えるでしょうから、置いておきます。

    失礼を承知で申し上げますと、組織の末端に手を出すという事は、本丸は
    盤石であるという事ですね。

    また、サヨクの行動様式からして、「落選させる」と言う時は、何もしなくても落選すると思われているという事です。何もしてないのに自分の手柄のように吹聴する様は、マンガで例えると、ウソップの言動と一緒です。

    もしそうなった時は・・・先のステップへ。

  14. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    副党首の飲み物に下剤、入れた党員2人を除名 仏国民戦線
    AFP=時事 [1/2 14:07]
    【AFP=時事】フランスの極右政党、国民戦線(National Front、FN)のルイ・アリオ(Louis Aliot)副党首の飲み物に
    下剤を入れた若い党員2人が、党から除名処分を下されていた
    FNのマリーヌ・ルペン(Marine Le Pen)党首のパートナーでもあるアリオ副党首
    が、同党のボルドー(Bordeaux)支部を訪れた際に起きた
    地元日刊紙スッドウエスト(Sud Ouest)が報じた。
    FNのニコラ・ベイ(Nicolas Bay)副幹事長
    はAFPの取材に、報道内容を認め、
    会議を妨害するため
    に党員3人がアリオ氏のワイングラスに下剤を入れた
    スッドウエスト紙によれば、
    3人はアリオ氏が記者会見を行う予定だった部屋の電球も取り外していた
    3人は党の紛争解決委員会
    にかけられ、2人が除名、残る1人は1年間の党員資格停止処分を言い渡された

    市議、大丈夫かとは思いますがこのような幼稚な人間がどこにでもおります、飲食物に要注意して下さいませ

  15. kenn125 のコメント:

    明けましておめでとうございます。シバキ隊との討論ですか…恐らくは双方の論点がかみ合わないと思います。(慰安婦に関する広義の強制性とかみたいに…etc)可能であれば弁護士さん立会いの下に公開討論される事を希望します。シバキ隊は刺青を誇示して威圧したりしたこともありますしね。暴力はふるっていないって言っても対峙した者は充分に威圧されます。ナイフをチラつかせて「暴力はふるってないぞごるぁぁ!」って言ってるのと同じだもんね。あまり不利な事は避けて下さい。貴方は私達の希望でもあるんですよ。

  16. mm のコメント:

    いつもお疲れ様です

    驚きました。
    意外にもC.R.A.C.側が冷静に正々堂々と対応してくれたのですね。
    主張の違いは横に置いたとしても、もっとモラルも節操もないどうしようもない連中かと勝手に思ってたので非常に興味深いですね。
    主張は嫌いですが、決めつけで必要以上に悪く思ってしまい大変申し訳ないなと。
    私も彼らのまともな対応に敬意を表したいと思います。

    それに比べて周りをチョロチョロと勝手にうろつき、平気で土足で踏み込む輩の醜いこと。
    くだらないまとめを作って人をあざ笑う輩の情けないこと。

  17. mm のコメント:

    ついき

  18. mm のコメント:

    すみません、途中で送信してしまいました
    追記になりますが、正面から受けて立ってくれたとはいえ、やはり「仲良くしようぜ」といいながら中指を立て、非暴力といいながら人に危害を加える人々なので、充分ご承知かと思いますし私などが言うことではないかもしれませんが、どうぞくれぐれもお気をつけ下さいませね。

  19. Marco11 のコメント:

    立派/いや、すげえ立派だわこの方。在日に関しては政策持ってないから勉強したいって。日本の国内問題として。そろそろちゃんと決着つけるべきだからって。だからしばき隊からも学びたいんだって。日本はじまったな

  20. あおば のコメント:

    既に提案してる方もいますが、公開討論でしたら撮影係はお互いに用意したほうがいいと思います。ネットで生中継するにしても、カメラが回ってない所で何があるかわからんですし。

    これもリンク貼ってくれてる方がいますが、チャンネル桜の過去の討論も事前の資料として役に立つと思います。彼らがどういう事を指摘されて沈黙したか、在日問題を考える上で非常に興味深いものがあります。

  21. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    孤立させたくない――「性別違和」の池田弁護士、体験もとに「性的マイノリティ」支援
    弁護士ドットコムモバイル [1/4 12:00]
    「LGBT」という言葉
    レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字をとったもの
    LGBTに代表される性的マイノリティを社会がどう受け入れるのかが課題
    自ら、「性同一性障害」
    (FTM、身体的には女性として生まれたが、性自認が男性)
    と診断され、男性として活動している弁護士の池田清美さん(33)に、自身の経験や問題解決に向けた課題を聞いた
    (取材・構成/重野真)
    何かの法的トラブルが起きて、いざ弁護士に相談に行こうとしても
    「弁護士が自分を差別するんじゃないか」と思ってしまうと、不安になって行けないという状況になるということだ
    池田さんは、不安を解消するために「LGBTフレンドリー」であることをホームページで表明
    「いろんな『LGBTフレンドリー』が増えていけば良いと思っている
    私は法律サービスを提供する者として旗を上げた」
    LGBTをめぐる法律の代表例として、「性別変更の特例法」
    「性同一性障害」の人が性別を変更する際のルールを定めたものだが
    「この法律には問題がある」
    と池田さんは指摘
    現在のルールでは、性別変更をするために性別適合手術が必須
    実際に手術を受けるには、金銭的にも時間的にも負担が大きい
    もちろん身体的な負担もある。
    海外では、手術を要件としないで性別変更を認める国も多い
    「リスクをすべて負わなければ、
    その人が自認している性別に変更できないのは、人権上とても問題だ」
    と法改正を主張

    綺麗な言葉を並べてやたら性別違和からの法律改正を推してきてますよね、
    同性婚がうまく行かないからこちらを改正したがってますね
    海外はこうしてるから、と。

    「LGBTの認知はまだ過渡期
    過渡期においては社会的認知を高めるために、LGBTを強調するのは仕方がない面もある
    LGBTとLGBT以外を区別することで、どうしてもLGBTがさも特殊な人であるかのごときイメージが生まれてしまう。
    多様な生き方がごく自然なものとして受け止められる社会になればと願っている」

    強調するのは仕方ないって…自分の性別きちんと認識してるのがいけないわけ??
    てか、性別変更て1回だけなんでしょうか??遊びのように、飽きたとかでころころ性別変える人が出て来ると思いますけど

    と言うか、自認出来ない人が、本来生まれ持った性別をきちんと自認できるように活動していった方が効率いい気がしますけどね

  22. 遅ればせながら のコメント:

    いつも頭の下がる思いでブログ拝見しています。
    アチラ側の集団は非暴力と言いながら一人を集団で暴行したり、
    保守陣営の方の正規の街宣活動を悪質な妨害で中止させるような連中です。
    釈迦に説法かもしれませんが、一人で討論の場に向かうのはリスクが大きすぎます。
    せめて撮影、記録係はこちらも同行するべきです。
    カネを貰って在特会などのデモを妨害する輩に本当に自分の主義、主張、正義があるのでしょうか?
    自分たちの目的の為に取って付けた屁理屈を並べ立てるだけなのではないでしょうか?
    アチラの冷静で堂々とした対応が本物なら良いのですが・・
    小坪議員は日本人の希望です。我々はどんな小さな傷も付けて欲しくありません。
    くれぐれも慎重な行動を願います。
    自分にはなんの力も無いですが少しずつ保守系の方々のブログを拡散していきます。
    本年も益々のご活躍を期待しております。

  23. ピンバック: 【議論の呼びかけ】ネットのダメな例のサンプル | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  24. ピンバック: 侵害された人権の中身は何か・西日本新聞の捏造記事問題? | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  25. ピンバック: 【業務連絡】有力三候補のみを取り上げていることについて【行動系保守との溝】 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください