しばき隊から落選させる、と宣言を頂きました。


昨日、保守速報にて当方のブログを紹介して頂きました。
有り難い話です。

【朗報】ついに政府・与党が動く!【外国人の扶養控除】海外扶養控除、書類義務付け 不正防止へ16年からでございますが、コメント欄も非常に熱いため、是非ご覧ください。

嬉しくて以下のようにtweetしておりました。

これに対し、しばき隊より反応あり。 ちょっと興味深いため紹介させて頂きます。 ?

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

? <では早速、しばき隊サイドの反応を見てみましょう。>
当方としては、この後、少しやり取りを試みてみたく思っておりました。 しかしブロックされてしまっており返信を返すことができませんでした。
(※注 先方はブロックしていないと述べているため、当方の操作ミスの可能性もある。) ?

 

  <私の認識>
「しばき隊」なるネットの有名人がいるなぁ、という認識。
ただし先方からは知られていないだろうし、恐らく接点も生じないだろう。

<接点ができない理由>
彼らは在特会を主軸とする「行動する保守」との対抗を企図した活動を主としており、行動界隈とは一線を画してきた当方らとの衝突は想定することが難しい。

<私のスタンス ? ロビーを主軸に。>
当時「綺麗ごと保守」と揶揄された、ロビーを主軸とした戦術を主としている。
議会活動・国会での対策を主とするため、差別的と揚げ足をとられるほどの言論活動は、結果的に慎まざるを得ない状況にある。

双方でワーワー言い合ってしまっては、他のロビー活動に支障をきたすため、行動界隈から見れば弱腰な発信にならざるを得ない。

<行動系への認識>
行動系からは、特に当時は、弱腰対応と批判されてきた。
これはある意味、仕方ないことだと許容している。当方としては両輪として機能する可能性も視野に入れており評価すべきは評価し、しかし批判すべきは批判するというスタンスをとってきた。

行動系と「紙の戦い」は、活動方法に大きな開きがあり、層が異なるゆえほとんど接点がない。 同様の思いを抱き動いている同志でもあるのだろうし、戦線を(結果的に)構成しているような場面もあるのかもしれないが、同じ戦線にいるがゆえ「もっとここを」という思いもあった。
あったが、接点がないので言ったことはないし、表立って批判したこともない。
相当、叩かれたこともあったが、わざわざ喧嘩しても仕方ないしね。

<「しばき隊」ってどんな人たちだろう。>
行動系と戦いあってる敵集団だが、いったいどんな人たちなのだろう。
ネットによく登場するし、どんなもんだろうと興味があった。

私は、好奇心のみで生きている側面が私にはある。
「接点ができないだろう」と思っていたがゆえ、メンションが飛んできた時は結構うれしかった。

よって、ブロックされてると気づいた際(もしくは勘違いした際)は、ショックであった。
あとで食べようと思っていた取り置きのお菓子が、兄弟に勝手に食べられていてなくなったぐらいの衝撃があった。
(甘党の私としては結構、大きな衝撃である。)  

 

 

 

私からは連絡できなさそうなので、フォロワーさんたちに協力を求めてみました。  

<お返事がかえってきました!>
しかし素っ気ない返事。
少し寂しく思います。

 

 

なるほど。
読者の皆様、私は4月の統一地方選にて「しばき隊」(正式名称:レイシストしばき隊)に落選していただくと宣言を頂きました。
私も頑張らなければ、ですね。

ところで、うちは統一地方選からズレておりまして、来年4月に選挙はございません。
よって4月の統一地方選で落選させることは不可能です。
(なぜなら選挙がないため。)

余談はさておき。

 

<見たことない世界は、全て見たい。>
私としては、これだけだ。
興味のあるものは、すべて興味がある。

 

<実は、ちょっと嬉しい。>
ネットを活用して、このような動きを取り始めたのも最近のことである。
「敵」という言葉は使いたくないが、対立する双方の陣営において(異分野とは言え)指揮官級に言及してもらえたのは、内心うれしいものであった。

 

<「ヒヤヒヤする」との心配の声>
ちょっとちょっと(汗)と心配する声もあった。
彼らの心配の声は妥当なもので、行動系と接点をもたない私としては(保守の行動系にも興味がある。)層が異なるゆえ、接点を持つ必要は、「実はない」のだ。

 

<エンターティナーとして。>
ワイドショー的な政治は慎むべきだし、私も好きではない。
ただし、政治家はエンターティナーの側面もあるのだろうし、ブロガーとして考えれば誰しもそうだ。
妙な煽りやバッシングでアクセスして頂くよりは、読者の皆様や保守陣営各位におきましては、ヒヤヒヤ・ハラハラを提供するのも責務なのだろう。

とは言え、真面目に。
彼らの行動原理や考え方、生き方のルールについては興味がある。
それを知り合うことには、なんとなく意味があるような気がしたので。

 

<ないかも知れない。>
「意味があるような気がした」と書きましたが、ないかも知れません。
ただ、あるかないかを判断するのは、私なのだと思います。
やってみなくちゃわからない。

良い方向に進めば、ラーメンでも食べつつ飲んで(結果的に罵り合って)
「ま、双方、がんばろうや」となるかもしれないし。

そのようには発展せず、ブロックしあってサヨナラかも知れない。
どっちでもいい。

 

 

<期待もしている、少しだけ。>
この前後において、別の方とやり取りがあった。
私は、私のスタンスを堅持する。
同時に、相手の主義主張も尊重する。

議論をもって、行政手段をもって、戦う場の人間だ。
これが(当時)「綺麗ごと保守」と揶揄され、攻撃もされたロビイストとしての言葉。

罵り合いではなく、正論で行く。
正面から正々堂々、これが好き。

ただし第一声がひどいもの、事実と異なるレッテル貼り等については、攻撃的に対応させて頂く。
撃たれたら撃ち返す。
いわゆる「専守防衛」だ。

専守防衛とは撃たない、ではない。
撃たれたら、ちょっと考えて、撃ち返す、だ。

 

ここが大事。 「辞職してくださいな。」であり「辞職しろ!」ではなかった点で、会話してみようと思った。 本当に私の敷居は低いと思う。 (この時、機嫌がよかったのも大きい。) ↓ちゃんと返事しました。↓

お返事が返ってきました。

ちゃんと言葉使いがなっており、「明示願います」とある。 対立したイデオロギーの中、この言葉はなかなか言えるものではない。 ですます調であり、読みやすい。 ゆえに???まで、しっかりレスさせて頂きました。

以下の返信は、本当に嬉しく思った。

「丁寧なレスありがとうございます。」から始まっている。 ちょっと感動した。 私は、警戒もあり少し突き放した言葉でレスを試みたにも関わらず、だ。 対立するイデオロギーに根差した上で、なかなか言えることではない。 つい罵倒に走ってしまう。 私が議員になる前はどうであったか。 同じことができただろうか。 ゆえに、デレるというか、こちらも対応を続ける。 これが議論の在り様ではないだろうか。 学ぶべき点は、私のほうにもあった。

<私のスタンス>
かなり強く打ち出しているため、理解はして頂いていると思う。
礼をもって声をかけて頂いた場合には、右派左派問わず、対応を心がけている。

もちろん、それが政策に絡むものであった場合には交渉の余地はない。
(保守から提案されても断らせて頂いています。色んな絡みがあって進めているため。)
また、イデオロギーを背景とした論争であれば、議論は対立・対峙のまま平行線を辿るのだろう。

それでも、対話というものは大事だ。
私を磨き、研鑽に走らせ、より政策能力を向上させるものだと信じるゆえだ。
特に異なるポジションからの言葉というものは、本当に勉強になる。
保守陣営の悪いとこ、改善点なんかも見えてくるしね。

<議論は好き。>
もちろん時間の許す時だけ、だ。
最近はあんまりなくなってしまったのが実際。

ただ、それが対立するイデオロギーであったとしても、高度な議論が展開できるのであれば、私はそれが好物だ。

特に戦いの中、苦労してきた者の言葉は重みがある。
つまり興味がある。
私は、なんとなく期待もしているんだけどな。

<水かけ論とレッテル貼りは嫌い。>
一番嫌いなのは、非礼な言葉だけどね。
ブログも好き放題、書かせて頂いているし、Twitterなんかものびのびやらせて頂いている。
私自身、万事、礼儀がなっているとは思っていない。
ただ、最低限のマナーはあるのではないだろうか。

非常に低い敷居、これすらひっかかるようでは相手のしようもない。
水掛け論とレッテル貼りに終始してしまえば、そこから先はない。
何も学ぶことはないし、成長もない。

<今日のジェノサイドさん>
先日、当方のブログデビューをしたジェノサイドさん(当方命名)の本日のtweet。
比較すると、本当に悲しくなる。
ジェノサイドさんは、自民党支持者で保守なのだそうだ。

やり取りは、またしてもtogetterにて小坪慎也@kotsubo48 オオカミさんに狩られて、「しばき隊に協力を求める」の巻♪のようにまとめられている。

このtogetterが彼らの武器のようだが、正直、何が武器なのかまったくわからない。
連呼と連投、罵声に「www」ばかり。見るべき言葉もない。
私の「低い敷居」すら超えれないレベルがどのようなものか、ちょっと見てやって欲しい。

しばき隊に「協力」を求めたとタイトルをつけているが、そのようなやり取りはあるだろうか。この以前は「協定」とあったが、いったい何の協定なのだろう。
ようは「レッテル貼り」である。
見ていると疲れるので、今日を限りに周辺を含め、彼らをブロックする。

他、保守を名乗る方々。
私は、流石に常軌を逸していると思うのだが、どうだろう?
議員がネットをやるとなると、日常的にこんなの思いをするのだ。
そりゃ政治家はネットをやらんし、気の強い人(代わりにちょっと変わった人?)しか残らない。
もしくは、損も得もないような、例文のような投稿ばかりになるのも仕方ない。

上記は、「保守」を標榜する方々のtweetであるが、私は見ていて恥ずかしい。
また、チラシ配布人なる者は、かつて在特会の佐賀であったか、支部長をしていたと思う。

ようは、「小坪しんやが、しばき隊から攻撃を受けた」場合、(保守を名乗る)彼らはしばき隊と共闘する恰好になってしまう。
それは困る、ということなのだろう。
面倒くさい人たちだなぁ。

ゆえに小坪慎也@kotsubo48 オオカミさんに狩られて、「しばき隊に協力を求める」の巻♪において、「協力を求めた」ことにしたいのだろう。

もう何が何やら、また何がしたいのやらわからない。
まとめてブロックさせて頂きます。
仕方ないよね?

 

<とりあえず、今の現状。>
とりあえず現状は、しばき隊より「落選していただきます。」と宣言を受けたのみだ。
対立するイデオロギーゆえ、プロレスで言えばヒールのようなものだろう。
私たちの陣営から見れば、彼こそヒールだ。
また逆に、彼らからすれば、私こそがそうである。

ゆえに、前哨戦としてはこんなものだろう。
行動系ではないため、ワーワー罵り合うだけには終始せぬだろう。
さて、この後どのように展開するのか。
個人的には非常に興味がある。

まぁ、Twitterを始めた時点で、このような状況というのはある程度、想定できたことだが。
あまりに面倒になれば(生産性がない、建設的でないと判断した場合)はやめるしかないか。

ただ、この衝突は、私には嬉しいものでもあった。
活動方法が全く異なるがゆえ、接点ができぬと考えていたためだ。

吉とでるか凶とでるかはわからない。
ただ、保守も左派もネットを使っているのだ。
いつかはこういうこともある。

その時、罵り合って終わるのか、
対話を試みてみるのか。
私は後者でありたい。

代わりに、紙を武器としたロビーの舞台においては、
凄まじいまでの切れ味で撃ち合うことになるのだろうけど。

だからと言って、レッテル貼り・水掛け論に終始する必要もないだろう。
今日のブログにしたって、煽り気味にしてみてもよかったのだが、
そこでそっちに走らないのが、私らしさなのかもしれない。

成り立った会話があった。
それが嬉しかった。
イデオロギーが逆であっても、いや、逆だからこそ、かもしれない。

続編はあるかも知れないし、ないかも知れない。
数日でブロックしあって終わりの可能性もある。

しかし、あまり上京もしないが(交通費的にできないが)
行った時は会ってみる、みたいな流れになる可能性だってある。

公開討論にも応じてみたい、
今後の流れ次第だけどね。

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

32 Responses to しばき隊から落選させる、と宣言を頂きました。

  1. 七子 のコメント:

    ヨシフ・アリターリンのお友達の方々ですよね。ところで、何で本当のこと言われたり真実を暴かれたりするのは嫌いなのかしら?

    話は違いますが韓国に行かれてる斉木さん、大使館から出たら車を暴徒が取り囲み叩くわ、貼っつけるわ、寝そべるわ、加藤さんにやったのと同じ事をやったようです。

  2. おれんじ のコメント:

    しかししょうもない人たちですね。公平ではないと指摘するだけで差別と言われるなんて、移民大国アメリカでもないでしょう。こんなことを言っていると都合の悪い事を隠しているのでは?と疑われてしまって逆効果だと思うのですが。制度の悪用を是正することが何で差別?

    自分たちで事実をしっかり確認して欲しいですよね。

  3. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    こんばんは、その方々が触れて来たなら、市議が彼らの都合悪い(=日本人の利益になる)活動をしていると更に認識されたのですね、市議が無事なら何でもいいですけど

    あと、相変わらずマスゴミが事件の捜査撹乱してるようで

    【テレ朝】世田谷一家殺害事件、犯人をわざわざ「日本人」と断定し自衛隊員とほのめかす‥犯人全身韓国製に触れず
    ttp://m.moeruasia.net/article/42049624

    私が番組で感じた違和感を他の方も感じていたようで…

  4. naomin のコメント:

    ほんとに。実は冷や冷やしてます。小坪市議、もう本当になんか興味津々過ぎて、ブログやTwitterフォロワー(応援している方々)は、内心は心配してハラハラしてるのではないでしょうか。

    でもです、誰も止められない人だからここまでやってこれた方なんでしょう。
    気づく、走る、追求、納得するまでやる。
    だから皆さん応援しておりますし、ブログのランキングや、知名度が証明だとわかります。

    でもです、本当に心配してます。
    いろいろな人がいますから、市議の想定外な事もあるやもしれませんし。どうかお気をつけください。しばき隊ははっきり北朝鮮の便衣兵と野間氏本人が言われてるようですから。

  5. 生野区民 のコメント:

    小坪議員を応援しております。
    署名でもカンパでも必要な時はおっしゃって下さい。
    全国のネット保守が動きます。

  6. soramame のコメント:

    しばき隊も大変だなぁ。麻生さんにも言われてしまいますね。どのみち
    先はないんだから、大人しくしていればと思いますけれどね。

  7. ふらり のコメント:

    なぜ日本人じゃない暴力集団が日本の政治に口を出すのだろうか。

    恥部だな。

  8. avionoji のコメント:

    やましいところが無いのなら堂々としていれば良いのに「落選させる」と言ってくるとは、先生の活動が彼らにとって都合が悪いのを彼ら自らお認めになられたということですね。
    こういうところにも先生の活動の成果が顕著に見れて、応援している者にとっても嬉しい限りです。
    月並みなことしか言えませんが、これからも頑張ってください。

  9. 生野区民 2 のコメント:

    しばき隊は在日特権を守るのが必死なんだな
    本当のレイシストのクズですね
    マスコミが取り上げないのが、マスコミも在日だらけだと、という証拠なんでしょうね
    来年こそ在日特権を排除しましょう
    小坪議員応援してます、因みに私は生野区民さんとは違う人です
    たまたま生野区民だったので、同じ名前をつけました

  10. のコメント:

    小坪先生、日々のご対応本当にお疲れ様です。一日本国民として非力ながら応援させていただきますが、呉々も身辺の防備には気を付けられた方がよいかと。なぜなら、しばき隊というグループは集団暴行の逮捕歴があるようですので。

  11. kenn125 のコメント:

    小坪先生おはようございます。北九州から陰ながら応援しています。私は保守でもレイシストでもありません。「ずるい人達」が嫌いなだけです。自民党でも共産党でもダブルスタンダードは許せません。捏造や嘘も許せません。韓国人でもアメリカ人でもムスリムでも正しく生きている方々とは、共に歩んで行きたいと思います。私の心情と小坪先生の心情は近いような気がします。同世代の先生を応援しています。お力になれることが有れば言って下さい!

  12. 福岡県民 のコメント:

    ヒアデスのツイッター見たら結構ヒドイ事かいてます。丁寧に返したのにはあまり意味がないみたいです。徹底的にレイシストは叩くとか言ってます。

    あまりしばき隊界隈には期待しないほうがいいと思います。奴らには理屈は通用しません。あるのは自分達に都合のいい正義だけです。そして今、彼らはヘイトやレイシズムという大層な武器(=言葉)と手に入れた。これさえ使えば黄門様の印籠のように社会の皆がはは!と膝まつく。そう信じている困った人達なんです。

    話し合いは意味はないです。日本と中国が問題を話し合いで解決できないのと同じです。それは実は問題と捉えているものが問題でなかったりするからです。本質は他にある。だから最後は国際世論と軍事力を背景にするしかないんです。そしてしばき隊界隈は着実にその力を蓄えつつあるように見える。

    しばき隊と対峙するよりももっと社会と、もっと世界と対峙しなくちゃいけないような気がします。その効果的な方法はよくわからないのですが・・・。とにかくあまり真摯に受け答えても意味はないです。彼らには客観的に判断する能力はない。彼らがレイシズムだと認定すればそれはレイシズムだしそらは一生覆りません。どんなに根拠を述べて誠心誠意話をしても「それはレイシズムだ!」の一言でオシマイです。

  13. 櫻盛居士 のコメント:

    ブロックに関しては、ツイッターの自己位置付けにもよりますが、あまりお勧め出来るものではありません。

    TVCMの様な一方通行の広報媒体としてツイッターを位置付けた場合は、不要な表示がカット出来る分ブロックが生きて来るのですが、情報収集源としての要素を活かすのならブロックは勿体無いと考えます。
    まぁ、正直かなりウザったいのですが。

    っと迄言ってみたものの、実際は相手のツイートは必要な時に参照出来るので、利便性のあり方及び活用の仕方の域を出ません。

    既にご存知の事と思いますが、ぶっちゃけ相手にブロックされていても、API拡張機能を利用すれば参照出来るので、問題ですらありませんし・・・。

    扨て、奴さんの最大の強さは非常識にあります。
    しかも、予想を超越する稚拙さと、徒党を組むスピードの早さ、そして弱者をターゲットにする卑劣さです。

    トラップと陽動を怠らなければ、十分に対応出来るかと考えます。

    状況次第では、ジッと身を潜めて相手に照準を定め奴さんに泳がすのも、有効な戦略ですので。

    但し輩の強みを鑑みた場合、やはり用心だけは滞り無く・・・。

  14. リョオ のコメント:

    綺麗事保守と言うのは
    自分の主義に反していたら味方でも討つような
    視野の狭い者で、市議のように行動する人の事じゃ
    ないのでは?と思います
    ブサヨも保守面も、根っこは変わらんと思いますよ
    自分の正義を優越させる為なら他人も貶める偏狭さは

  15. 詳細不明 のコメント:

    チラシ配布人の提案は左翼がかつて呼び掛けた手法ですね。
    気に入らなければ不法な手段で他人を貶めてよいと言う人が、レイシズムを許さないと言うわけですか……
    自分を絶対正義と疑わず、行動に歯止めが利かぬタイプは危険だと改めて思いました。

  16. 福岡選挙区 のコメント:

    「福岡県民」に同意です。
    しばき隊の方々とは話し合う意味はないと思います。
    で、しばき隊の方々の反応は、かなり想定内というか「やっぱね」って感じですが、保守だと言っているジェノサイドさんやチラシ配布人さん・・・こちらの方が酷い事に愕然としました。
    こんなんだから「ネトウヨ」って扱いされてしまうんでしょうね。

  17. hayabu3300 のコメント:

    先生もゴキブリホイホイとはえげつない♪ なるべくたくさん来て欲しいですね。もうじき関門トンネル通って九州です。来年に備えて十分なご静養をw。

  18. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    市議も、殺伐とした記事ばかりでは大変でしょうから、
    こんなほのぼの記事がありました

    「赤ひげ先生」に友好勲章=服部医師、無償眼科治療12年―ベトナム
    時事通信 [12/29 19:01]【ハノイ時事】
    ベトナム政府
    約12年ボランティアの眼科治療を続け、「赤ひげ先生」と呼ばれる服部匡志医師(50)
    に、外国人に対する最高位の「友好勲章」を授与
    服部氏は2002年からベトナムで活動
    12年には内閣府が「世界で活躍し『日本』を発信する日本人」
    として表彰
    服部氏
    「最初は風習の違いに戸惑い、けんかもした。
    今では多くの若手医師が育ち、自分がいなくてもいいくらいになったのは寂しいが、非常にうれしいことだ」
    などとあいさつした。

    立派な医師を誇りに思います、漫画「モンスター」の主人公、drケンゾーみたいな方ですね
    もちろん、他国で活躍されている日本人は沢山いらっしゃるかと思います、体調に気をつけて活動して頂きたいものです

  19. 団塊の世代 のコメント:

    しばき隊なんか相手にしてもしょうがないですよ。単なるチンピラ集団ですからエネルギーが無駄になるだけです。保守?の攪乱分子もシバキ隊界隈のお仲間だと思いますよ。自作自演は彼らの民族性ですから。これからもその調子で不公平な制度・利権構造を正す活動を続けてほしい。

  20. MAZDA のコメント:

    あくまでも私個人の考えですのであしからず。
    いいっぱなしになりますがお許しを。

    あの方々って毎回自分たちから突っ掛かってきますね。
    お金の出所(王将)については判りませんが、彼らを遠くから眺めていると完全に将棋の「捨て駒」ですね。歩と香車ばかり(ひっくり返っても出来損ないで裏は文字なし)。

    単騎で敵陣に突っ込むことが出来ないので(覚悟や男気がないからか?)、いつも後ろや周りにワラワラと同類が居て(笑)。サムライじゃあナイし!
    そういう意味で勝ち組・負け組ではなくて「腐れ組」と呼んでおります。
    彼らはいつもネットに出るニュース等で必ず間違いなく私を不愉快な気分にさせて下さいますが、逆に、心底私はああいう人間にならなくて幸せだと感じさせてくれます。アリガトウ、腐れ組!。KSR48!

    腐れ組バンザイ!
    これからも、みみっちい言いがかりをつけて、しょうもない事を喚いて、ナマポや暴行、恐喝や傷害で名前を売ってください。でも、人を殺めるのだけはいけません。どうせやるなら男なら、最後までやりとおせるもんなら遣り通して下さい。ナナメ跳びの「桂馬」位は目指しましょうよ。中途半端はいけません。それが一番軽蔑されます。ヘタに保身を考えたりすると自分に帰ってきますよ。
    では心の底よりKSR48を応援いたしております。

    が、小坪議員がアノ人達と絡むのは驚きました。
    「しゃあしい」だけで終わるでしょうから。底抜けのバケツにいくら水を注いでも・・・ネ。

    以上、あくまでも私個人の考えですのであしからず。

  21. 匿名 のコメント:

    接点はないと書かれていますが、結構な方々とありますよ
    http://learning1222.blogspot.jp/2013/07/akbakb48.html?m=1

  22. 福岡県民 のコメント:

    ヒアデスって人のツイートって面白いですね。これぞサヨク!という思考回路バリバリです(笑)。

    小坪議員のツイートの資料に目を通したみたいですけど(全部かどうかはわかりませんが)結局、何を言うのかと思ったら小坪議員には「隠れレイシストの匂いがする」らしいです(笑)。そして、それ以上に問題なのが保守速報に取り上げられて小坪議員が喜んでいた事らしいです。もう、渡した資料の事なんてどうでもいいんでしょう(笑)。全く意味なかったって事です。結局、主張の根拠たる理由なんて彼らにとってはどうでもいいんです。とにかく認めない。何がなんでも認めない。これがサヨクです。これがしばき隊です。

    言う事が隠れレイシストですよ?アタマ悪すぎじゃないですかね?結局、彼らはレイシストのレッテルを張って叩くことしか考えていないんです。そのレッテルが本当かどうかなんて関係ない。全てが主観です。俺がそう思うからそうだ!全てがこの調子です。本当に呆れてしまいます。

    こちらから誠意をもって接しても彼らは何も感じることはないんです。一度彼ら価値観でレイシスト認定されるとそれが全てです。結論ありき。過程(=議論)なんて彼らには重要ではないのです。今回のように小坪議員が誠意を持って対応し根拠の説明をしても、その根拠には一切触れる事なく「レイシストのにおいがする」でオシマイなんです。

    ただ一応、彼らと絡む事は意味があります。どういう習性をもっているのか?どういう思考をしているのか?これを理解することは無駄ではありません。しかるべき時期の為に理論武装することは重要です。それまでに彼らの思考パターンを読み解く必要があるからです。でも、その程度です。ツイッターで説得できるとか、お互いに尊重しあえて建設的に議論する、なんて事は夢物語だと思います。

  23. 反日左翼討伐 のコメント:

    たぶん日本に寄生する一部の在日朝鮮人たちであろう。真実を知られると困る
    ゆすりたかりの連中など無視すればよい。それにしても、しばき隊などという愚連隊たちは、保守に関するブログをくまなく見ているようですね。自分たちに不利な情報
    が拡散されることを過度に恐れているでしょうか。来年は、戦後70年だ。是非、反日変態左翼はじめ、在日愚連隊どもを一掃することが急務であろう。

  24. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    マスゴミが反日を庇ってる一端でしょうか…

    山本太郎議員、狡猾なスキャンダル潰しの過去と御法度 ネタとしか思われない東スポ利用か
    Business Journal [12/30 17:00]山本氏の演説力は数多いる国会議員の中でもトップクラスと評価してもいいだろう
    演説力以上に山本氏には突出したスキルがある。それがマスコミをコントロールする技術
    それは自身のスキャンダルを揉み消すときに本領発揮された。
    山本氏は12年に脱原発運動中に知り合った女性と交際1カ月で電撃結婚
    この情報を真っ先にキャッチしたのは「週刊新潮」(新潮社)
    ところが、「新潮」が突き止めた電撃結婚を「新潮」発売の2日前に当たる5月30日に東京スポーツが出し抜き、「新潮」のスクープは幻になる。
    13年8月、晴れて参院選で当選した山本氏を再び「新潮」の取材班が襲う。
    実は、山本氏は電撃結婚していた妻とはわずか3カ月半で離婚していた
    その後に知り合った別の女性と参院選直前に“デキちゃった再婚”をしていた
    その情報を「新潮」が掴み取材を進めたが、またしても発売2日前の8月6日に東京スポーツが同じ内容の記事を掲載。「新潮」は2度にわたって単独スクープを潰された

    ●巧妙な危機回避術
    山本氏サイドは『新潮』にアテられて危機を察し、機先を制そうと自ら東スポにリークしたとみられています
    東スポにスキャンダルを取り上げられても、政治生命が脅かされるような事態には発展しませんから

    「国会議員のスキャンダル報道などでは、
    対象となった議員が親しい記者に頼み込んで発売前のゲラ刷りを手に入れ、次善策を練ることはよくあります
    事前にほかの媒体に情報を流すのはルール違反。

    山本が巧妙なんじゃなくて、反日メディアにとって都合いいから庇っただけだろ

  25. ピンバック: 【小坪慎也VSしばき隊】夢の対戦カード、実現! | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  26. ピンバック: 【小坪慎也VSしばき隊】公開討論を行います。乞う御期待。 | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

  27. Let's Go Oakland のコメント:

    お疲れです。シバキ隊を徹底的にシバイて下さい。

  28. パンといえばメロンパン のコメント:

    保守にも左翼ほどじゃないけどおかしな人は居るからね
    その人は偶々保守になっただけで左翼になる確率の方が高かったと思うし今後も普通に左翼になる確率は高いと思う
    左翼になる条件は知性の欠如か道徳の欠如どちらかクリアされていれば成ってしまいますから
    にして同じ保守とは思いたくないですねー
    ここに記載された少しの文章だけでも幼稚さが犇々と伝わって来ますよ

  29. パンといえばメロンパン のコメント:

    レイシスト、差別と連呼する輩に具体的に説明してるのを見たことがない
    根拠の無い決め付け、そしてそこからの誹謗中傷はそれこそ名誉毀損じゃないですか?

  30. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    少し前にこちら

    ttp://m.moeruasia.net/article/41600592

    で見た記事を今さら記事にしてますね

    入管施設の「外国人」医師の診察を受けられず「死亡」 対応に問題はなかったのか?
    弁護士ドットコムモバイル [1/6 14:17]
    観光目的で来日したが、滞在が許可されず、東京・港区の東京入国管理局の施設に収容された
    入国管理に関する人権問題にくわしい指宿昭一弁護士
    「入管の医療体制の不備については、
    日本弁護士連合会などの団体から強い批判がありました。
    入管自身もその医療体制に不備があることを認めています。
    常駐する医師がいないのです」
    「外国人支援団体の調べ
    入管は、痛みを訴えるスリランカ人を、雑居房から監視カメラ付きの独居房に移し、看護のための職員も付けずに放置した
    これは、許されない行為
    『収容されている外国人の生命と人権を守る気がない』
    と批判されても仕方がないと思います。
    入管は、今回の事態を真摯に受け止めるべき
    すみやかに常駐の医師の配置を検討する一方で、緊急事態には必ず救急車を呼ぶことの確認などを行うべき
    それができないなら、ただちに、外国人の収容を止めるべきです」

    どこも人手不足で日本人も大変ですしねー(棒)

    東京の特養、深刻な人材不足が常態化-ショートやユニット閉鎖、受入抑制も
    医療介護CBニュース [1/6 14:42]
    「人材が確保できないため、併設していたショートステイを閉鎖した」
    「人手が足りないため、入居者の受け入れを制限せざるを得ない」

    ◆入国管理局に収容された外国人、ビザ発給を求めて給食拒否。難民申請も‥
    ttp://m.moeruasia.net/article/40983661

    うーん、これが目当てですかね??デイを見習い、やっぱり受け入れを制限すればいいんですね!!
    とか思ってたらこれです

    数次ビザ、19日から要件緩和=高所得中国人向け―外務省
    中国人が日本観光で数次ビザを取得する場合、1回目の訪日時に沖縄県か東日本大震災の被災3県(岩手、宮城、福島)のいずれかで1泊する必要があったが
    「相当の高所得者」に関してはこの要件を撤廃

    選挙が終わり、流れを見てきて、次世代の党が言ってくれた
    「犯罪トップから数ヵ国入国制限」
    が自民党や各省庁含め相当都合悪かったんだなーと思いました。
    票が違う政党になった事を、自民党含め問題視しない事にずっと違和感がありました。

    あるサイトにて、
    「なぜ騒がない??次世代だけでなく自民党も工作されたかもしれないのに!」
    とコメントされてる方を見てハッとしました。

    ああ、自民党ももしかしてある程度(票工作の)事情を知って黙認したのかな??
    つまり公明を(あえて)切れない程度の議席にするよう、調整したのかな??とか。
    自民党だけでなく反日国大好きな各省庁もかな??とか。

  31. ピンバック: 【議論の呼びかけ】ネットのダメな例のサンプル | 小坪しんやのHP?行橋市議会議員

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください