日本ウイグル協会・地方議員の会が、全自治体(1700超)に意見書採択を求める要請を送付【採択を求める人はシェア】


 

 

ウイグルを応援する全国地方議員の会は、日本ウイグル協会と協力のもと、当会が把握している採択済み自治体議会を除く全ての地方議会に意見書採択の要請を送付したため、資料を公開しました。
産経新聞が大きく報じています。

これは、我が国の国内全1700自治体議会に送付したものであり、ここでは”いわゆる紙の力”が特徴となるでしょう。インターネットにおいては、”その情報を欲しい人が取りにいく(自ら受信しに行く)”形です。

地方議員組織から、各地方議会に向けて送付した要請文は、ほとんどの議会において議長ら(多くの場合は所属議員全員)の目に止まります。端的に言えば「プッシュ型の情報」であり、ここはネットの拡散とは大きく異なる点です。今までウイグル問題についてあまり詳しくなかった方にも伝わる効果が期待されます。
また、まさに情報を求めていた議員にとっても大きな武器となることでしょう。

単に「採択を求める」のみならず、今までの我が国おけるウイグル等を取り巻く政治情勢や、国際的な状況を詳細にまとめた、「ひとつながりのデータ」は実は存在していませんでした。特に地方議会の動きについて明確にまとまったものは、私たちの知る限りにおいて存在しません。

全部で4種の資料を送付しております。
意見書案も含め、全て公開いたします。

 

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

報道の紹介
以下、産経新聞が詳細に報じています。

 

ウイグル協会 中国人権調査と抗議を 全地方議会に訴え

 

日本ウイグル協会や在日ウイグル人を支援する地方議員グループは22日、中国政府による新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権弾圧をめぐり、全国約1700の地方議会に対し、12月定例会での日本政府や国会に実態調査や非難決議を求める意見書の採択を訴える文書を発送した。

ウイグル協会は書面で「日本のウイグル人も、家族との連絡も取れず、故郷に帰ることもできない。国外のことと看過せず、日本でも『調査』や『抗議などの必要な処置』がとられるように意見書を提出してもらいたい」と要望した。

地方議員グループ「ウイグルを応援する全国地方議員の会」(会長・丸山治章神奈川県逗子市議)も、ウイグル自治区の人権侵害状況を非難する各国政府や議会の動向を説明する文書を送付した。

北九州、那覇両市など約40の地方議会は今年3月以降、ウイグル族が直面する人権侵害状況について国に毅然(きぜん)とした対応を求める意見書を採択した。ただ、6月閉会の通常国会は中国への非難決議を見送り、12月の臨時国会での採択も不透明だ。

ウイグル自治区では中国当局が100万人以上のウイグル族を無差別に収容所に収監し、労働や不妊手術が強制されているとの証言や報告が相次ぐ。米国政府やカナダ、英国、ニュージーランドなど各国議会は情報収集を重ね、ウイグルの人権状況に対し「ジェノサイド(民族大量虐殺)」認定や非難決議などを採択している。

 

 

 

 

地方議員の会からの要請文

もしスマホ等の端末で読みにくい方がおられましたら、末尾にテキストデータへのリンク先を紹介していますので、そちらをご覧ください。

Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

 

 

 

日本ウイグル協会からの要請文
Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

 

 

 

添付資料
Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

 

 

 

標準意見書(案)
Loader Loading...
EAD Logo Taking too long?

Reload Reload document
| Open Open in new tab

 

 

 

採択を求めたい。

郵送の意見書案については、議会事務局で止まってしまうことも多く、審査過程に乗らない場合もあります。
その上で、私たちは発送に踏み切りました。それは冒頭で述べたように、これが「プッシュ型の情報」であり、各地地方議会に属する議員らに協力を呼びかけることも目的だからです。

 

その上で、採択を是非求めていきたいのですが、場合によっては「議員提案」等に切り換え、各議会ごとに少しずつ異なる議会手続き(実はそれぞれ異なっている。)にあわせ、ご支援を賜りたく存じます。

 

発送作業は、日本ウイグル協会が担当してくださいました。
本当に大変であったと伺っております。この場を借りて感謝いたします。
全国の自治体議員の皆様におかれましては、何卒採択をお願いします。

 

また、本文案については、文案の作成のみならず校正作業においては、相当に多くの地方議員の手が入っております。
現状においては最強の、最新情報の資料であり、珠玉の文章ではないかと自負しております。
各議会いずれにおいても通用する文案の作成は、簡単な作業ではありませんでした。

協力いただいた全ての地方議員に感謝いたします。

 

 

下記は、ウイグルを応援する全国地方議員の会のHPです。
それぞれのページごとにテキスト版も掲示しております。

 

 

ウイグル応援グッズ

 

 

1700の議会に対し、プッシュ型の情報が届く。

 

これは、全国の議会において、ウイグル問題に興味を持つ方が一斉に増えるという意味だ。

 

国会決議に比較すれば小さな話なのかもしれないけれども、

 

各議会ごとに複雑な調整がなされ、いままで採択されてきたのです。

 

来夏には参院選もありますが、「候補者に最も影響を与える」のは、地方議員の思いです。

 

この意見書採択の要請により、一つでも多くの議会が動くことを強く期待します。

 

のみならず、各地方議会において、CHINAによる人権弾圧について真剣に取り組む議員が一人でも多く増えることを強く期待します。

 

議会によっては、議長のみで情報が留まる事例もございますので、

 

ネットの皆様におかれましては、拡散協力をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

7 Responses to 日本ウイグル協会・地方議員の会が、全自治体(1700超)に意見書採択を求める要請を送付【採択を求める人はシェア】

  1. azumaebisu のコメント:

     たった今、早速地元の市議会副議長に転送しました。

    懇切丁寧な御仕事に感謝致します。

  2. 名無し のコメント:

    地方議員がこんなに頑張っているのに中央政府は、対支那ここにきて及び腰。
    もう少し待っとけ、という保守も多いが、待ってて梯子外された時は反動デカいよ。

    • 黒銀 のコメント:

      中国大使はこの動きも知ってるでしょうし、相当に目障りでしょう。この間の総会も開催を止めることはできなかった。これはかなりの失点です。政権内でこれと関連した動きがあれば、中国内での反乱分裂運動を企てていると判断する…かもしれない、くらいは何らかの方法で伝えるかもですね。かつてベトナム相手に「懲罰」と称して宣戦布告なしに攻め込んだ実績があるとはいえ、台湾戦に備えて対日攻撃の大義名分は、なんとしても確保しようとするでしょう。日本を占領するのは難しいけど、破壊と混乱だけなら楽なので。

  3. 氷河期の隙間世代 のコメント:

    でも岸田政権は親中じゃん

    岸田さん、茂木さん、林さんなんて媚中の代表じゃん

    小坪さんの総裁選での岸田さん支援は自由だけど

    今となっては得たものより失ったものの方が大きいんじゃない?

    総裁選で支援したからには結果を残して欲しいだろうけど

    岸田政権の見通しはどう考えても暗いよね

    小坪さんは岸田さんに梯子外されちゃったね

    日本はまた無駄な回り道をすることになったね

  4. autumn ripple のコメント:

    外圧をかける事は一助にはなるとは思いますが、あの中共がそれでウイグルを開放するかというと絶対に無いと思います。
    最終的には現地の人々が独立の意思を持って戦わなければいけないと思いますが、そういった気運はあるのでしょうか? どれだけ非難決議をしようと、どの国も直接の支援は出来ないでしょうから、現地の力は絶対必要だと思うのです。
    正直、ブルーリボンと言い、根本的な解決とは何かズレていて、今やっている事を成し遂げた結果、何がどう解決に向けて進むのか全く見えません。何もやらないよりは良いのは間違いないですが。

  5. じいさん のコメント:

    在務の犬、文雄ボッチャン♡
    ウイグルは、たまたま口が利けるポジションに居ただけだよね💩手下がそこに居たからw
    ウイグルが助かれば、日本はどうなってもいいんだ?

    シナにも尻尾振りそうな雰囲気だね♪
    ウイグルはどうなるの?支離滅裂じゃないでしょうかwww

    利権官僚の分際で、政治に嘴突っ込む矢野はどうするの?磔、マダァ~w
    官僚て、政治的中立が建前で、万止むを得ない場合の隠れ蓑と、元痴呆公務員の私は思っていたのだが。

    自分の失態を阿部ちゃん隠れ蓑に使って、こっそり出世してる近在(ママ)佐川はどうなの?
    みんな、在務のしでかしてることでしょ?

    素人だから(カクレミノ?)、高尚な(利権)政治の内幕なんて皆目解らんけど、ボッチャンが、日本人をコロす古巣在務に戻りつつあるのは、なんとなく分かる㊗(て、言うか、元々そこから出ていないw)
    日本が救われないと、ウイグル(他)を救うなんて、夢のまた夢と思うんだが…

  6. y.n のコメント:

    岸田政権だめだね。
    やはり外務大臣時代から親中だって事かな。

    岸田総理は「総理大臣」になるのが目的で
    日本を良くするための舵取りのために総理大臣になったのではないのでしょう。
    そう見えます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください