【国家を動かすために。】ブルーリボンの共同声明800議席突破、自由民主党拉致対策本部長室にて山谷えり子先生より賛同署名。


 

 

意外に知られておりませんが、自由民主党には党として拉致対策本部が設置されています。部屋もございます。党本部の”北朝鮮による拉致問題対策本部長室”において、山谷えり子本部長に現在の賛同議員リストを提出させて頂きました。山谷参議院議員との事前調整は、北村経夫参議院議員事務所が行ってくださいました。この場を借りて感謝いたします。先んじて、令和4年10月3日において、自民党本部の事務局長室において阿部事務局長に報告を行っております。これをもって、(機関決定等を経たわけではありませんが)対外的には自民党には筋を通したと言えると思います。結構すごいことだと思います。

併せて、地方組織としての拉致議連もあり、全国会長の神奈川県議の松田良昭先生にも報告にお伺いいたしました。

超党派組織としては拉致議連があり、古屋圭司先生が会長です。まず事務局長の北村経夫事務局長に100議席突破(一次集計)をさせて頂き、500というノルマを自身らに課したうえで古屋会長に取り次いで頂きました。このあたりはきちんと事務局を通すことが丁寧な政治手続きだと考えております。古屋会長からは拉致議連会長としてサインを頂いており、拉致議連からの協力(北村事務局長)のもと、自民党にご報告に伺うことができました。

のち、公明党にもご挨拶に行きたいと考えております。もしも公明党からもご賛同が賜れたならば、自公がまとまったという形で各党にご挨拶に伺いたい。
主要政党らが賛意を示す中でなら、政権判断を求めることは不可能ではない。地方議員を中心とした賛同者のリストをもって、国家を動かしたいと考えています。

 

 

 

(応援候補)
知念(ちねん)覚(さとる)那覇市長選挙
令和4年10月16日(日) 告示
令和4年10月23日(日) 投開票

(選挙期間は10月22日までであり、ネットを含む選挙活動は22日の23:59までです。)

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

自由民主党拉致対策本部長室にて。

(右より、北村経夫・拉致議連事務局長、山谷えり子参議院議員、小坪しんや行橋市議、笠間のぼる綾瀬市議)

 自由民主党には党として拉致対策本部が設置されています。党本部の”北朝鮮による拉致問題対策本部長室”において、山谷えり子本部長に現在の賛同議員リストを提出させて頂きました。
 山谷参議院議員との事前調整は、北村経夫参議院議員事務所が行ってくださいました。この場を借りて感謝いたします。

 

 

 賛同議員リストの提出のち、参議院議員の山谷えり子先生から賛同の署名を賜りました。

 政権与党である自民党の公式機関であるため、本部長としての肩書ではなく、この時点では参議院議員個人としての賛同という形で署名を賜っております。

 さらなる調整も必要になる可能性も考慮し、議員会館ではなく”党本部の拉致対策本部室”での報告となるよう手配してくださった、北村経夫・拉致議連事務局長のお心遣いに深謝いたします。

 

 

 

自由民主党・党本部事務局長室にて

 先んじて、令和4年10月3日において、自民党本部の事務局長室において阿部事務局長に報告を行っております。

 お盆過ぎに始まったこの共同声明。想定よりも速いペースで賛同者が集まっていたこともあり、大きな動きとなっていることから党本部への報告したいと要請したところ、大変ご多忙な中、応じてくださった次第です。お時間を賜り、誠にありがとうございます。

(報告内容の概要)
 安倍元総理の政策は風化させないと奈良の議員たち(現場にいた先生ら)が率先して賛同者を募ってくださったことや、ブルーリボン訴訟を抱える大阪では300議席以上が賛同してくれていること等、会の発足に至るまでの経緯や流れを報告させて頂きました。
 本来であれば拉致議連などで取り組むべきテーマだったとは思いますが、ブルーリボン訴訟が国賠であることを鑑み、救う会や家族会が国を訴える形になることは避けるべきとの意見もあり、私が会長に就任しこの共同声明が準備されたこと。のち、安倍元総理があのような形で命を奪われたしまい、のち救う会や拉致議連の絶大なご支援を頂いたこと、結果として当初の想定を遥かに越えて賛同者が集まったこと等の詳細をお伝えいたしました。

 最終的には「ブルーリボンバッジ外すことを、含む拉致啓発活動を阻害する行政権の行使は有り得ない」という政府見解を目指していること等の抱負をお伝えしました。そのためには一議席でも多くの地方議員が結集することが必要であり、その声に応えてくれた地方議員らの賛同署名が以下であるとして提出しました。

 併せて、すでに(超党派の)拉致議連からは古屋会長・北村事務局長から賛同を賜っており、今回は自民党の党組織である(自民)拉致対策本部室に報告と賛同を求めるための上京であること等を報告させて頂きました。

 一旦、事務局にご挨拶してのち(自民)拉致対策本部に伺いたい旨をお伝えし、また山谷先生への報告のち(地方の)拉致議連の会長と面会のお約束を頂いていることを報告したところ、手続きの進め方について評価を頂きました。恐縮してしまいました。

 

 

最新版の賛同議員リスト

拉致被害者救出のため強い覚悟をもってブルーリボンバッジを着用する共同声明(賛同者一覧)

 

 

 

松田良昭会長と。


(左より、笠間のぼる綾瀬市議、松田良昭・神奈川県議、小坪しんや)

 山谷えり子参議院議員から賛同して頂き、800議席を突破したことを松田会長に報告させて頂きました。
 松田良昭県議は、地方議員による拉致議連(正式名称:北朝鮮に拉致された日本人を救う会全国地方議員連盟)の会長(神奈川県議)です。即日で神奈川県議会に赴き、その節は笠間のぼる綾瀬市議に車を出して頂き大変助かりました。

 松田会長は、本共同声明の初期からの賛同者であります。800議席の突破を報告すると、非常に喜んでくださいました。私からは、これは何度もお伝えしたことなのですが、(ここまで大掛かりになるならば)拉致議連の地方組織を主体にやるべきだったのではないかとお詫びの思いも込めてお伝えしたところ、「いやいや君の突破力は凄いよ、こちらは大丈夫だから」と応じてくれました。我々は、今後も地方の拉致議連からの協力をお願いしてして参ります。

分厚い賛同者リストを手渡すと、「増えたなぁ」と。

(少し音声が悪いのですが、提出時の動画です。)

 

 

 

第四次集計

 令和4年10月1日時点での賛同者署名を提出させて頂きました。

 

 一部の県では都道府県単位で切り分けが進んでおりますが、現在はまだデータの整理中です。人数が一気に増えたこともあり、間違いがないよう丁寧に作業を進めております。(手動作業もあるため)HPへの反映等も数日を頂いておりますが、ご容赦ください。第五次集計までには都道府県単位での切り分けを完了させたく思います。

 第一次集計は北村事務局長に、第二次集計は古屋会長に、第三次集計がブルーリボン訴訟において。そして第四次が自民党拉致対策本部および党本部事務局長に。
 800議席ともなると32ページにもなり普通のホチキスでは針が通りませんでした。また5部を印刷して上京したのですが、非常に重たく、賛同してくださった先生方の重みを物理的にも感じた次第です。

 

 800名を超える政治家が共同声明に賛同してくださっています。
 合言葉は「誰かの勇気になりたくて」です。

 安倍元総理が凶弾に倒れた中、拉致問題は風化していくのではないか?という不安の声もございました。
 もしも、落ち込む誰かがいたならば、せめて傍で寄り添いたいという願い。
 もしも不安に思う人がいるならば、風化はさせないと立ち上がるのは地方議員であるべきです。広報啓発に関しては、国よりも地方行政が主力です。

 安倍元総理の代わりなど誰にも務まりはしませんが、皆で力をあわせて拉致問題の風化阻止に全力を尽くしていきたいと思います。
 800人目は、参議院議員の山谷えりこ先生(自民党拉致問題対策本部長)でした。

 第五次の集計は、10月21日(金)頃を予定しております。

ご賛同いただける先生は、以下のオンラインフォームからご記入をお願いします。

 

 

 

自由民主党、そして各党に。
 これをもって、正式の機関決定等ではございませんけれども、自由民主党にきちんと筋を通して賛同を賜ったと報告することができると考えております。
 全ての政党がご賛同を頂けますよう、鋭意邁進してまいる所存です。
 政党単位での折衝を行うことで、やがては政権が動きますように。地方の声が、国に届きますように。

 

次は、公明党ですね。
自民党に筋を通して、公明党からもご賛同を賜りたい。

自公がまとまったのち、各党をまわりたい。
そんなことが可能かは分かりませんが、国家を動かすと言うのはそういうことです。

 

 

無茶かもしれない、高すぎるハードルなのかもしれない。

 

「国家を動かす」と、本気で思ってしまった。

 

やれないかもしれない、流石に届かないかもしれない、

 

そう言いたくもなるけれど、そんなことばかり考えていたら何も動かない。

 

動かすんだという強い意思こそが、本当に現実を動かすのだ。

 

だから、私は国家を動かす、動かせると信じ込むことにした。

 

地方議員もやるもんだと思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

4 Responses to 【国家を動かすために。】ブルーリボンの共同声明800議席突破、自由民主党拉致対策本部長室にて山谷えり子先生より賛同署名。

  1. 波那 より:

    また、朝日が捏造やってますよ。

    🤗コレ⬇
    元「朝日」記者が暴露した“捏造記事”のつくり方平気でウソを撒き散らす「エセ言論人」の実態 | 櫻井よしこの論戦――頼るな、備えよ | ダイヤモンド・オンライン
    https://diamond.jp/articles/-/138035

    🔻朝鮮学校生徒への暴行など相次ぐ ヘイトクライム防止を法務省に要請

     北朝鮮によるミサイル発射の影響とみられる朝鮮学校生徒への暴行などの事件が相次いでいるとして、朝鮮学校の教員や支援団体が18日、東京都千代田区の法務省を訪れ、ヘイトクライム(憎悪犯罪)の防止を政府に求めた。

     全国朝鮮学校校長会によると、日本上空を通過した4日朝のミサイル発射後、8日までに6校に脅迫や抗議の電話などがあった。4日夕には東京朝鮮中高級学校の中級部(中学)生徒がJR埼京線車内で「お前、朝鮮学校の生徒だろう。日本にミサイルを飛ばすような国が高校無償化とか言っているんじゃねえよ」と威嚇され、足を踏まれる暴行を受けたとして、警視庁に被害届を出したという。

     支援者らは18日、法務省人権擁護局に対し「被害を止めるため『政府としてヘイトクライムは許さない』との表明を」と要請した。担当者からは「ヘイトスピーチが許せないのは同じ思い。今日の話を受けとめて対応を検討します」との返答があったという。

     昨年以降、在日コリアンが多く住む京都府宇治市のウトロ地区や名古屋の韓国学校で放火事件が発生。支援者らは、東京都北区のJR赤羽駅で在日コリアンに対する差別的な落書きが9月に見つかったことも法務省に報告したという。

    https://www.asahi.com/articles/ASQBL655GQBLUTIL002.html

    朝鮮進駐軍bot@cyoushingun
    朝鮮人はアメリカのWGIPに習い日本人を洗脳し内部から支配することを計画。 不法行為で儲けた資金力にものを言わせマスコミ・教育界・法曹界への影響力を強め 「日本は極悪な加害者・朝鮮は善良な被害者」という図式を作り出し日本人に罪悪感をもたせるシステムを確立する。

    朝鮮進駐軍bot@cyoushingun
    戦後、日本がポツダム宣言を受け入れると日本各地で、婦女暴行、窃盗、暴行、殺人、略奪、警察署の襲撃、公的機関への襲撃、土地建物の不法占拠、鉄道や飲食店での不法行為等様ざまな朝鮮人による犯罪が多発した。

    朝鮮進駐軍bot@cyoushingun
    駅前って、パチンコ屋だの金融業者が多いじゃないですか。 あれって、大半が戦後に在日朝鮮人が不法占拠した土地なんですよ(*パチンコ屋と金融業は8~9割が在日企業)。在日は民潭や総連など暴力団ともつながりのある組織とつながっているため、元の地主は取り返すことができない。

    1. ミカンの実 より:

      あらあら、こうしてどんどん本当のことが出てくるのですね。知っていましたが、こうして新たに公にできることはありがたいです。
      コメントにしてくださって本当に感謝します。

  2. 草莽の団塊です! より:

    小坪先生、こんばんは!神奈川県、ここんとこ寒くなってきました。

    改めて、ブリーリボンの共同声明800議席突破、自由民主党拉致対策本部長の山谷えり子先生が800人目に署名されたこと、そして、それまでの種々の根回し、本当にお疲れ様でございました。一人の日本国民として、ありがとうございます!とお礼を言いたいです。

    今日は、地方議員による拉致議連の会長が、神奈川県議会議員の松田良昭先生ということをはじめてしりました。これは、メモしておかなくちゃ!とおもいました。
    また、神奈川県綾瀬市議の笠間のぼる先生が小坪先生とともに動かれていることがお写真からも推察できます。笠間先生、がんばってや!と神奈川県民として応援の声おをとどけたいとおもいます。

    さて、那覇市長選挙ですが・・・
    >(応援候補)
    >知念(ちねん)覚(さとる)・那覇市長選挙
    >令和4年10月16日(日) 告示
    >令和4年10月23日(日) 投開票
    >(選挙期間は10月22日までであり、ネットを含む選挙活動は22日の
    >23:59までです。)
    知念先生、がんばって!とこちらも応援の声を届けたいものですb

  3. ロード より:

    自由民主党をまとめたという完了報告は、
    誰にも真似できない800議席超えの賛同議員、しかも最後は山谷えりこ先生という美しい締めくくりでした。

    次は公明党、そして国家を動かす!とはあまりにもかっこいい!
    そして国家を動かす共同声明に、地元の議員が名を連ねていることを誇りに思います!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください