【沖縄】異常な反対活動の画像【やりすぎ】


 

 

沖縄の「反基地活動」の手法について、苦言を呈したい。私は保守系であるが、対峙する左派陣営の「政治活動を抑圧せよ」とは思わない。
だが、左派の「反対活動」は、すでに政治活動のレベルを逸脱している。
訓練場を警備していた警察官が書類送検されたとNHKで報じられたが、同じタイミングで見て、有権者はどう思うのだろ?

沖縄に在住の方が紹介している画像では、機動隊の車両の下に、
まさに車体の下に潜り込むようなレベルで寝そべっている。
これを見ておかしい!と思う声があがったとしても、通常の反応ではないでしょうか。

実際にご覧頂きたい。

 

 

(応援候補)
知念(ちねん)覚(さとる)那覇市長選挙
令和4年10月16日(日) 告示
令和4年10月23日(日) 投開票

(選挙期間は10月22日までであり、ネットを含む選挙活動は22日の23:59までです。)

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

画像をご覧ください。
以下は、お馴染みの手登根さんのFBより。
私はこれを見て唖然としました。

 

 

 

 

 

 

おかしい。
政治活動の自由は、保証されている。
憲法を持ちだすまでもなく、まずもって「その自由がある」ことを政治家として宣言したい。
また、その権利を守るために私も戦う覚悟を持つ。

しかしながら、自由とは無制限の自由ではなく、
やってはいけないことというのは、当然ある。

例えば選挙期間中においては「一票いれてください」という投票依頼が解禁される。
これは選挙期間でなければダメな行為だ。
選挙期間中とは言え、やってはいけないことは多々あり、無論、お金をばらまいたり、時間外にマイクを使ってはいけない。
自由は自由としてあるが、それはルールあってのことだ。

 

この写真を見て、どう思うか?
私は、政治活動として、すでに逸脱していると考える。
その意味において、反基地活動はおかしいと言いたい。
手法において、手段において、だ。

 

以下が投稿された内容だ。
(APIで引き込んでいます。)

 

服装から見るに夏だろうか。
リアルタイムの写真ではないと思うが、こんなことまでやっていたのかと唖然とした。

 

 

 

報道の紹介
下記は、過去の報道ではある。
それを踏まえた上で、見比べて頂きたい。

 

訓練場警備の警察官 書類送検

 

去年7月、沖縄のアメリカ軍北部訓練場のヘリコプター発着場の工事に反対する活動をしていた男性を、機動隊の車両でひいて軽いけがを負わせたとして、警察は、運転していた警察官を過失運転傷害の疑いで、26日までに書類送検しました。発着場の建設をめぐっては、反対する人たちと警察官が衝突するなど、大きな混乱が起きましたが、警察官が書類送検されるのはこれが初めてです。

書類送検されたのは、先月完成した、沖縄のアメリカ軍北部訓練場のヘリコプター発着場の建設で、現場の警備にあたっていた沖縄県警の20代の機動隊員です。
警察によりますと、機動隊員は去年7月21日、建設予定地近くの県道で、翌日の工事の着工に向けて反対する活動をしていた男性を、機動隊の車両でひいて軽いけがを負わせたとして、過失運転傷害の疑いが持たれています。
警察によりますと、機動隊員は「運転席からは男性は見えなかった」と話していたということです。
男性は事故のあと、けがの診断書を提出し、警察が当時の状況を詳しく調べていました。
発着場の建設をめぐっては、反対する人たちと警察官が衝突し、一部の人が逮捕されるなど、大きな混乱が起きましたが、警備にあたっていた警察官が書類送検されるのはこれが初めてです。
沖縄県警察本部は、NHKの取材に対して「現時点では回答できません」としています。
20代の警察官が書類送検されていたことについて、男性はNHKの取材に対して「当時、機動隊の車の前にあぐらをかいて座っていたら、車が突然動き出し、首をねんざした。警察官の行為はとても許せず、捜査に時間がかかりすぎている」と話していました。
01月26日 19時16分

 

20代の機動隊員が不憫でならない。

さきほどの画像は「ごく一部の特殊な状況」と信じたいが、
実際に起きた状況なのであろう。
カメラを構えた写真もあったが、反対派自らも動画などで配信していた可能性がある。

このニュースの写真かは不明であるが、「こんなこと」をしていたら
轢かれることもあるのではないか。。。

 

>警察によりますと、機動隊員は「運転席からは男性は見えなかった」と話していたということです。

こんなことしていたら、見えないのは当然だと思う。
自動車は、バックもできるが基本的に前進しかできない。
ある程度の速度で走るため、遠方が見えるように設計されている。
見えない部分は、物理的に見えない。
(低速時の巻き込み事故などが耐えない。)

笑われるかも知れないが、敢えて書きます。
自動車の前に、車体の下に潜り込んだら危ないです。
怪我するかも知れないし、車重は(一般的に)2t近くあるものもザラにあります。
死ぬ可能性すらあります。

 

>「当時、機動隊の車の前にあぐらをかいて座っていたら、車が突然動き出し、首をねんざした。警察官の行為はとても許せず、捜査に時間がかかりすぎている」と話していました。

突然動き始めたとのことですが、車は突然動きません。
エンジンをかけ、運転席に人が乗り、ギアを入れてのち
クリープもしくはクラッチをつないでのち、動きます。
それは突然とは言いません。

ねんざしたとのことで、怪我したことは本心からかわいそうだと思いますが、
むしろ、ねんざで済んでよかった、命に別状がなくてよかったと思うのであります。

 

法治国家であるはずの日本で、
これが放置され、黙認されているのであれば、
危険な兆候であると言いたい。

やがて「限界値」を越えた際には、本当に「ガツン」とした事態が起きてしまうように思う。
つまり暴力的な衝突が(相手が機動隊なのか、怒った一般人かは問わず)起きてからでは遅いのだ。

すでに限界スレスレまで来ているように思う。
活動のテーマが尊ければ、何をしても良いと風潮を感じる。
それは危険な状況だと述べたい。

 

 

 

 

機動隊の車両が突然、動いてねんざしたという。

 

20代の警察官が書類送検された。

 

軽傷とは言いませんが、死ななくてよかった。

 

警察官は「運転席からは男性が見えなかった」とのことですが

 

本当に見えない死角もございます。

 

車体の下に、特にエンジンが始動している車両の、

 

死角に入ることは危険です。

 

安全上の理由により、やめてください。

 

これが政治活動と言われても私には理解できません。

 

法治国家であるはずの日本で、

 

このような無法行為が放置されていることは、おかしい。

 

反基地活動自体を否定することはありませんが

 

物事には限度があり、すでに逸脱していると思う。

 

「やりすぎ」だと思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

市議会議員 小坪しんや”]


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

7 Responses to 【沖縄】異常な反対活動の画像【やりすぎ】

  1. ミカンの実 より:

    沖縄はもう敵側に取られている状態ですからね。
    沖縄県民は第二時世界大戦中の攻撃よりもひどいことが行われる様になるかもしれないと思いますが、本土に住んでいる私個人には、どうすることもできません。
    選挙権もありませんから。沖縄県の日本人を見捨てることになるのは心苦しいですが、今現在自分の身を守ることしかできません。助けたくとも、選挙結果出てますからね。これからどんどん円安の日本に向かって外国人も来ます。事件などに巻き込まれないように、子供達を守ってくださいね。誘拐など日本は多い国ですから。治安も一昔前よりかなり悪化しています。10歳以下の行方不明者は毎年1000人前後です。
    マスコミは一切報道しません。こういう注意喚起しかできない自分をお許しください。

  2. 波那 より:

    ほんと、昼飯付きで日当は出てるし寝転んでるだけ、または座り込んでたらいいだけの簡単なお仕事なんですね〜(笑)

    RYU¥686@ryu39uzi
    沖縄出身の私から言わせていただきます。
    沖縄で基地反対運動をしている のは共産党、 日教組関係の方々 です。 全て日当が出ています。 これだけ言えるのは、 沖縄県民 で基地を悪く言う人間は見た事がありません。
    アホな芸能人が勝手に署名活動してますが、 迷惑なだけです。沖縄に基地は必要です!

    ネット上のコメント

    ・自分も沖縄出身だけど、基地のお祭りで食べたピザ美味しかったなぁ。自分は基地があって特に困ってることないしなぁ。

    ・佐世保にも米軍基地がありますが、嫌がっている人も、文句言っている人も一人もいません😂むしろ、美味しい佐世保バーガーやステーキ屋もあるので感謝しております😁

    ・ありがたい意見ですね。

    ・沖縄から基地が無くなったら、反対派が無職になっちゃう…あ、人民解放軍雇用員にでもなるのかな?

    ・真実はこれなんですね。地元民のご意見ありがとうございます🙏単にメディアに踊らされていました。

    ・沖縄県民、皆んなそう言ってますよね。私も身近な人間から同じことを聞いてます。その事実をマスコミも一切報道しないことも。

    ・当方沖縄住みです、確かに基地の騒音などを言う人はいますが基地を全廃しろといった極論はあまり耳にしませんね。ハーフの子達もザラに見かける今、アメリカ色の浸透が民間レベルでも根強い沖縄から米軍が撤退するのは現実的ではないと思います。

    ひろゆき君の件、あまり詳しく知らないのですが、要は座り込み現場には座り込みやってる人なんか居ないのがバレてしまい、それであんなに慌ててるわけなんでしょう?w ひろゆき君は2chと4chの創設者ですが4chに集まる世界各国のユーザーに知られてる人だし、ひろゆき君が沖縄に行った〜!基地反対してるのは地元の住民ではないのだ〜と暴かれた、ホントの事が世界中に拡散されてしまう。沖縄メディアの言ってる事は大ウソだったのだと知られてしまう🤯😱😭OMG…、だから沖タイか琉球新報か知らないけど阿部クンとかのパヨパヨが一斉に発狂してしまったのね。

    基地建設地に出入りする搬送車が通る時に座り込みしてるのが地元の人なら近隣の人にはすぐわかるでしょう。地元の人達も利用してる道路で迷惑してるわけだし。

    今まで沖縄に行って基地反対の実態をレポートした人は居たけれど大々的に知られた事は無かったのにね。

    さっき見に行ったら色々出てましたよ。

    🔻ひろゆき発言で物議「辺野古座り込み」本当の実態
    3年前と変わらない景色、住民の本音とは?Toyo Keizai
    https://toyokeizai.net › articles

    3年前に訪れた沖縄県名護市辺野古の座り込み抗議の現場(筆者撮影)
    (3年前も誰も居ないし…)

    私も辺野古には繰り返し訪れてはいるが、同じ場所を直近で訪れたのは、3年前の2019年の6月。まだコロナ禍が日本に襲来する以前のことだった。ひろゆき氏の現場評価はともかく、彼が訪れる3年も前、掲示版の抗議日数でいえば1811日の時点でも、実は誰もいない閑静な状態が続いていた。

    まずは、そこで私が体験したことから振り返っておきたい。

    🔻《辺野古ピース騒動で場外乱闘》ひろゆきがリツイートした“要注意右派インフルエンサー”の正体「投稿動画の裏では撮影する側の挑発行為がある」と地元保守派さえも批判
    https://news.yahoo.co.jp/articles/e7fa79a6d965650e5224ff97ebe4d25569ca6015
    10/17(月) 17:12配信 文春オンライン

    沖縄県内でも、ひろゆき氏の主張に賛同する声は少なくありません。もちろんいろいろな意見はあってしかるべきです。しかし心配なこともある。今回の騒動で特に勢いづいているのが、『嫌韓・嫌中』や『米軍・自衛隊容認』を声高に打ち出し、SNS上で沖縄の地元メディアへの敵視とヘイトを繰り返している勢力が目立つ点です」(地元メディア記者)

    自分らに向けられた事実はヘイトだと被害者のフリ始めるんだから笑ってしまう。生活保護でヌクヌク暮してるのに差別が〜!人権が〜!と日本罵りながら居座ってる在日朝鮮人と同じですね。

    テレビ新聞見ない若者層が沢山、佐喜真さんに投票したそうですが、若者の皆さんはお爺ちゃん、お婆ちゃんに真実を知らせてくれる「八重山日報」を薦めましょうね。そうすれば沖縄は徐々に変わって行きます。

    我々🔸大和民族🔸琉球民族🔸アイヌ民族は民族特有の遺伝子(D系)を同じくする日本人です。日本は日本人の国。心一つに我々の国日本を守ろう。自衛隊に栄誉と感謝を!自衛隊を国軍に!!我が国に蔓延る分断工作員達は何を怖れているのか。日本人が団結する事です。世論誘導(メディア操作)は中国共産党の戦略である超限戦の一環です。

  3. Orange より:

    基地反対運動に限った事ではありませんが、こういった異常な運動をマスコミが覆い隠してしまうというのが問題だと思います。
    「周りに見られてる」という意識がないので、どんどんエスカレートしていってしまうのでしょうね。
    情報収集はマスコミからだけ、という層もまだまだ多いのでしょうし。

    数日前に沖縄マスコミの異常さについても取り上げていましたが、これも沖縄に限らない話だと思います。
    これまで、日本のマスコミは自分たちのやらかした事に何の責任も取らずに来てしまいました。

    古くは大正時代、関東大震災発生時の朝鮮人襲撃デマ。
    五・一五事件で暗殺犯を擁護。
    ソ連スパイの言説を積極的に取り上げ、世論を対米戦争開戦ムードに走らせたこと。
    開戦を煽った事を政府や旧軍に責任転嫁。
    日米安全保障条約の改定時、反対一色の論陣を張る。
    慰安婦問題など、歴史問題のねつ造。
    松本サリン事件等のえん罪報道。及び、カルト教団への情報流出。
    政策の実現性を検証せず、政権交代を煽る(2回)。
    東日本大震災の時、福島県の風評被害をばらまく。
    野党(民主党系)のスキャンダルは大きく取り上げず、自民党関係のみ連日報道する。
    政治家の発言の切り取り。
    最近では、安倍元総理狙撃犯を擁護。
    挙げようと思えばまだまだ出てくると思います。

    これらが成功体験となり、「自分たちだけは何をやっても大丈夫」という思い込みができてしまったこと。
    これが今の日本のマスコミの異常性につながっているのだと思えてならないです。
    いい加減、マスコミ各社はこれまでの事を清算する時期に来ているのではないでしょうか。

    1. BLACK より:

      世論は自分たちマスコミがつくる
      そのような自負と驕りがマスコミ関係者に蔓延しているのだと思います。

      ネットが一般人にも使えるようになって
      ネット上にマスコミ関係者と庶民の発言が平行して上がるようになって
      マスコミ関係者の庶民を見下した発言を目にすることも多くなりました。
      確かに、情報量も知識も、マスコミ関係者と庶民は比較にならない違いがあるでしょうが
      「庶民は俺たちの発信することを信じてればよいだけ」
      「それは知識も無い庶民のあなたの感想に過ぎないですよね」
      のような、どう見てもあからさまな庶民蔑視のマスコミ関係者の投稿を目にすることもあります。

      知識と情報量のある立場の人々の、知識と情報量の無い庶民への蔑視。
      先日の小坪氏のブログ内容の一部に私が噛みつきましたのは
      マスコミ関係者と似た、政治家の先生たちの庶民への蔑視に似たものを
      私の勘違いかも知れませんが、感じたのが理由です。

      以上 文責 BLACK

  4. BLACK より:

    ひろゆき氏の今回の場外乱闘は、ひろゆき氏にとっては意図しない、想定外のことであったのかなかったのかは私にはわかりませんが
    大きな大きな一石であると感謝しています。

    政府から生活保護を受けたり、国から言論の自由を保障された上での
    反政府活動・外国勢力を招き入れる活動は
    反日活動家諸氏にとっては、究極に賢い戦い方なのだと思います。
    敵(日本)の資金で敵(日本)を倒す
    頭の良い俺様、私たち、と言う発想だと私は思っています。
    ダブルスタンダードも、無理やりの被害者ポーズも、過剰反応も
    彼等にとっては「理論武装」のつもりなのだと私は思っています。
    とても恥ずかしいことだと私は思いますが

    「平和」「戦争反対」「言論の自由」「思想の自由」「差別反対」「人権」
    を声高に訴える人たちが
    「死ね」を連発し、暴力的な行動を正当化する
    広島や長崎の慰霊の日に行われていること
    安倍総理大臣の国葬儀に対して行われたこと
    自衛隊員に浴びせられる暴言
    沖縄で日々繰り返されていること
    どれもがとても似ていることに私には思えます。
    どれもが、口で言うことと、行動が真逆です。

    彼等の言う「平和」や「戦争反対」や「自由」「人権」の実際の中身が丸見えになっていますが
    彼等にとっては、丸見えで恥ずかしいどころか、二枚舌も、ダブルスタンダードも、賢さの自慢なのだと私は思っています。
    これは、関東在住の私の感じ方ですが

    何よりも沖縄の県民の方々が、ご自身の感じることや思ったことを
    ご自身、ご家族、御子孫の為に
    声に出して下さることを願っています。

    以上 文責 BLACK

  5. 和錆 より:

    でもデニーを選んで知事にしてしまうんですよね。

    ロシアもそうですが、一応は選挙で選んでんですよね。
    トップや一部が悪いと言えるのか?

    選挙に不正があるなら、米露中とか国ぐるみでしてそうでは太刀打ち出来なくても、沖縄は日本の一部なんだから日本政府が沖縄の不正を糺せないのかなぁ?

    やっぱり選挙で勝たなくては駄目ですよね。

    「沖縄の人は実は知ってる。」とか保守系も喜ばす、アクセス伸ばす為の切り取りなんですかね?

    お隣だって国民が選んでるんだから、上だけが悪いとは思えない、国も国民も反日だと思える。

    那覇市長選挙はどうなるんでしょうね?
    リアルでは、選挙結果は民意となるんでしょ。

  6. azumaebisu より:

     これは一目瞭然。処分の対象が【本末転倒、あべこべ、Upside down】です。

    処分されるべきは、車の鼻先で寝そべっている【運動家】です。私から見れば【公務執行妨害】です。

     我から見れば【処分されてしまった20歳の警察官は無罪】です。

     小坪さん、嘗て本土でも自衛官に対して、同様の理不尽な処置をされていましたね。無論、警察官にも有りました。

     本土では、【異常な左翼の非常識行動】が晒されて、我々一般國民の自由民主主義者から猛批判を受け、朝日・毎日等の、これら【非常識な異常運動】を擁護し続けた【マスゴミ】も非難の標的になり、すっかり影響力を無くし、彼奴等が『左翼に非ずんば、人に非ず。』の【左翼全盛時代】に郷愁を感じ『夢よ、もう一度!』とばかりに、今も昔も変わらぬ【非常識、異常運動】を繰り返そうとしても、漸く【反感・嘲笑】を買う所迄、『世間が、正気を取り戻しました。』

     今、沖縄は【本土に40年程遅れの世間が正気を失った状態】の様ですね。更に悪い事に、そこに【共産支那の反日工作】が入り込んで、やりたい放題…

     要は、それら≒特に【共産支那が仕掛けた洗脳】から、沖縄県民自身が自ら覚めて『正気を取り戻す。』しか有りませんね。

     我々本土の人間は、それを助ける事しか出来ません。

    言い換えれば、【沖縄県民】→【琉球人=共産支那の洗脳に罹り、半ば日本國民を辞めた輩】→【半ば中華人民共和国・琉球省人=支那人】になっている事を、彼等が【自覚】出来るか?という事。

     では、我々が、自覚を取り戻す為には何が出来るのか?…自問自答しています。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください