【沖縄二紙が報じない真実】辺野古の”基地反対派”には、地元の人はほとんどいない。by地元民【知ってた】


 

 

 ネットで政治に興味を持つ方は「辺野古」という単語をご存じかと思う。違法行為とも言えるまでの激しい反対活動。沖縄の基地反対活動の実態について、地元の方はどう思っているのだろう。辺野古の元・商工社公業組合の会長にお話を伺った。結論から言えば「基地反対派」に関しては、否定的な立場だ。特に県外からの“活動家”については。その上で、保守においても誤解があるように感じるが、「辺野古の地元は、賛成」ではない。「あくまで容認」なのだ、この点は勘違いしてはならない。

 この言葉の意味、この差は大きい。また中身を伺えば、その重みも伝わると思う。第一点として述べたいのは、飯田氏は「戦争に反対」であり、軍隊についても否定的だ。ただし、「世界が本当に平和ならば」という前提において。辺野古への移設にしても「できれば軍隊だって来て欲しくはない。」「大きな音が出てうるさい」というのが本心であり、誘致したわけでも大絶賛しているわけではないのだ。

 だがしかし、国家として、真に国民の安全・安心を鑑みる中で、国防は重要だ。それら国策が動く中で、地元が反対に転じるのは容易ではない。また、その大義がどこまであろうか。それゆえに“条件付き”での【容認】となったのである。その条件とは、「地元の百年後を見据えた」もので、生活環境の充実や商業の発展など、まさに未来に引き継ぐための具体的な振興策のグランドデザインだ。バラマキや無駄な公共事業ではなく、まさに地元からの生の声を実現するためのプラン。それらの“条件”をもっての容認だ。繰り返しになるが、基地賛成ではない。ゆえに苦渋の、本当に熟慮を重ねた重たい判断であった。

 

本記事は、2017年8月に公開したBlogの再掲です。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)


 

 

 

 

地元の、本当の思い
 ならば、基地反対派に対し、飯田会長らがどのような思いを持つかはご理解いただけるだろう。
ネットを始めとして有名な、あれらの激しい反対活動。動画も多く拡散されており、ご覧になった方も多数おられると思うが、中には違法な活動も多々あるようだ。
また、違法合法ではなく、モラルから地元を刺激し続けた例もある。例えば駐車場の問題だ。

 地元は、基地という迷惑施設の問題のみならず、「基地反対派という別の迷惑な問題」を抱えることとなった。あれほどの反対派が一気に流入した際、道路事情は強烈に悪化した。子供が遊んでいる公園、この周辺にも「ひどく長時間」の一時駐車があったそうだ。実際に地元の方が「なんとかならないか」と抗議したところ、「おまえの土地じゃないだろ!ここは市道だ、おまえが何を言う!」と本当の市民をないがしろにするかのようは発言。なかには「おまえたちのために反対してやってるんだ!」と、神経を逆なでするかのような発言。どのような思いで、どれほどの熟慮を重ね「容認」したかという経緯を知らず、投げつけられた言葉がどれほど彼らを傷つけたことか。

 

 

 

辺野古の活動家に地元の人はほぼいない
辺野古の地元住民と、反対派の活動家たち。
それぞれ大切なものがあるとは思うが、その差は余りに大きかった。

地域振興のための具体的な条件、つまり街の未来。
かたや、米軍を軸としたイデオロギー。
当然ながらすれ違う、反感をもつ、やがては衝突もする。

 だからこそ出てきたのが、「辺野古の反対活動に、地元の方はほとんどいない」という情報。これは、飯田会長自身も確認したそうだ。
「佐藤、加藤、渡辺というのは地元にない姓だから、現場に行って確認しなさい。」これをメディアにも伝え、実際に現場に行ってもらったそうだ。
のち記者に「どうだった?」と確認したところ、「70%?80%が地元以外の方でした」とメディアも認めた。しかし、産経以外の報道に載ることはなかった。事実を報じるのがメディアではないか?

ネット上では有名な情報であり、すでに左派も否定すらしないようだが、この事実はリアルでは衝撃を与えている。
その原因には、「これらの報道しない自由」もとい「報道しない横暴」が原因の一つなのだろう。

 

 

 

振興策
左翼が怯える、極秘資料・

行政発行の、正式な資料だが、この存在を把握している方は極一部だろう。
また、把握している左翼は、絶対に触れない。

それほどに完璧な、かつ具体的な内容だったからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物凄く分厚い資料で、かつ細部まで”具体的に”検討されている資料だ。

言い換えれば、行政としては「本気でやる」覚悟であったと推定できる。

これは、辺野古と「約束」された契約書というべきだろう。

少なくとも、空手形ではない。

 

のち、「基地反対派の市長」が誕生し、これらの計画の多くが頓挫した。

当時の市長の、その実力、偉業を心から評価していた。

有権者からここまで思われるというのは、政治家冥利に尽きる。

 

 

 

実際に歩いてみた。
以下は、ちゃんと声をかけ、撮影したものだ。
自撮りを試みたのだが、上手くいかず、撮影してくれたものもある。

キャンプシュワブ前(辺野古)

 

歩いて来て、最初に目に入ったもの。

 

「NO共謀罪」とあるが、辺野古という地域と関連する法律なのだろうか???
私は辺野古の振興とは、なんら関係ないように思うが。

 

さぁ来ました、テント禁止!
(の直後がテントなんですけどね。なんかシュール)

 

看板も少し年期がはいってますね。

 

親切なテント民が写真をとってくれました。
自撮りにチャレンジしていたのですが、あまりに日差しが強く、画面が上手く見えなくて・・・

 

1139日目だそうです。
この日もめっちゃ暑い日でしたが、やり続けるのも根性がいります。
・・・っていうか、なんでやってるんだろう(素朴な疑問

 

 

 

 

 

自治労の県本部かぁ。
さすがに公務員でこれはないんじゃないか?
組合活動ではなく、これは政治活動でしょうに。

そもそも、設置方法が合法なのか?と言いたい。

 

 

 

 

辺野古の、いま
さきほどの振興策は平成16年3月にに沖縄県名護市で発行された。
正式には「移設先地域生活環境整備計画策定事業」という。

どれほど具体的なものであったかは、ご覧頂いた通りだ。
これは空手形ではない。ここまで具体的な内容が記載されるということは、国・県も含め、本気でやるつもりはあったと見るべきだ。

 

いまの市長は、基地反対派だ。

市長選を勝った際には「防衛予算はいらない」とすべてをつっぱね、「防衛補助がなくても財政再建ができた」と強弁した。

たしかに財政は向上したが、防衛と親和性の高かった(前)市長の実績であり、その効果が出てきたに過ぎないという指摘もある。

 

先ほどの振興策がどれほど子細にわたり策定されていたか。
容認することでの「夢」もあった。例えば下水道の整備事業。
外から見れば小さな話しに感じるかもしれないが、下水道の整備ができていない。
これらは、先ほどの振興策に含まれていたのだ。

基地反対派の市長が「防衛予算はいらない」と言い、多くが頓挫したが、市の事業で進められたわけでもない。
静かな怒りが、蔓延しているという。

 いま、本当の地元の方は「黙っている」そうだ。
【金のために魂を売るのか!】と怒鳴り散らされるからだ。

現在、辺野古では【謎の噂】まで吹聴されているという。
基地反対派の市長が、【防衛側が受け取らないのだ】と、”反論できぬであろう防衛局”のせいに押し付けてまわっている。
繰り返すが「防衛予算などいらぬ!」と突っぱね、振興策を吹き飛ばした当事者が、しかもこれは沖縄でも大きく報じられたそうだが、「いつの間にか、話がすり替わっている」という。
本来約束されていた、市民が期待されていた政策の遅滞について、その責任は「現市長にない」のだそうだ。

 だが、長らくの熟慮を重ねてきた、経緯をしる本当の辺野古の住民は、極めて冷ややかに彼らを見ている。
今日も辺野古は騒がしい。地元の住民は、静かにだまってそれを見ている。極めて冷ややかな目で。

 
 

 

沖縄二紙が報じない真実を、私たちが伝えて行こう!と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

7 Responses to 【沖縄二紙が報じない真実】辺野古の”基地反対派”には、地元の人はほとんどいない。by地元民【知ってた】

  1. 太郎 より:

    「ですよね」というのが感想。
    ただ、「デニーがなぜ再選できたんだ?」というのが疑問。
    辺野古と沖縄全体の民意が完全一致するとは思わないけど、沖縄県政って謎が多い。

    1. 波那 より:

      創価学会員の票でしょうね。前回も公明党に裏切られたのにまた今回も同じ。池田大作創価学会員は護憲派でデニーも護憲派。

      海乱鬼2022年9月12日
      @nipponkairagi
      沖縄の若者は良く頑張った。投票率を上げれば勝てる。四年後にもっと若者に投票に行って貰えるように。
      …………
      海乱鬼
      @nipponkairagi
      推定10万の公明票はどこいったん。また裏切ったんか。
      午前7:51 · 2022年9月12日

      @nipponkairagi 学会員は玉城デニーを応援してました。彼らに池田教が護憲が全てなんで。 pic.twitter.com/FjVm6zRtN5

      《創価学会の三色旗を持って、 玉城デニー氏の街頭演説を聴きに来た野原善正 さん=2018年9月13日午後6時39分、 那覇市の県庁前、 伊東聖撮影 هنا

      「自公連携」に反旗翻す創価学会員の 訴えは 沖縄知事選
      伊東聖、 山下龍一、 伊藤和行 2018/9/24 18:28
      有料記事

      米軍普天間飛行場 (沖縄県宜野湾市) の名護市 辺野古への移設の是非が争点となっている沖縄県 知事選。 公明党は、 移設を推し進める安倍政権に 近い佐喜真 (さきま) 淳氏 (54) を全面支援す る。 だが、 支持母体・創価学会員の中には 「移設 反対」 の意見もあり、 党の方針に反旗を翻す人も いる。》

      @umajiro888 これのややこしいのは公明党はサキマ氏を公認。
      ただし本来創価学会は池田教なので、その池田思想・池田哲学の狂信者が公明党・学会幹部と対立してるという事。
      どちらにせよ公明党は不要ですが、創価学会の中でも幹部中枢の決定に従わない層が一定数存在します。

      海乱鬼 @nipponkairagi 2022-09-12 19:26
      自民党を誤魔化す為に表向きサキマさんを担いで、裏ではデニーに票を回す。岡山で小野田さんの対立の、立憲候補に裏で投票を呼び掛けていたのと同じですね。卑怯なり、公明党。自公連立即刻解消すべし。   ttps://twitter.com/ganjasta420/status/1569097758648471552 …

      @ganjasta420 @nipponkairagi #公明党は中国共産党の日本支部 #中国共産党は人類の敵

      @ganjasta420 @nipponkairagi エ〜〜〜‼️学会は、自民党と連立政権を組んでいるので…当然サキマ氏の応援をしてると思っていました〜😵‼️学会、最低やな〜😡💢

      @ganjasta420 @nipponkairagi 学会員は駅前などで反安倍のチラシを配ってます 池田大作大先生が共産党支持なのです

      @ganjasta420 @nipponkairagi 学会員は公明党以外は興味ありません、だって他の党を応援しても功徳は無いと思ってますから。。。
      自分はやっと目覚めました。

      @ganjasta420 @nipponkairagi >学会員は玉城デニーを応援

      コレは本当ですか?
      コレが本当なら連立解消しなきゃ行かん案件かと思います。

      逆に今しないと、3年後の衆議院選挙では手遅れになる気がしてならない。

      当然国土交通省大臣も交代。

      @ganjasta420 @drhiromi @nipponkairagi 中国が沖縄侵攻を開始したら創価学会の三色旗が先頭に翻るかもしれない。

      🔸小野田紀美議員が公明党の支援を断ったので公明党に謝りに行った茂木。安倍総理の応援と公明党を断ち切る小野田議員を応援した支持で圧勝。

      自民党の議員は安倍総理が統一協会と関わるの避けていた事とか、汚名を拭う事をどうして誰も言わないのか。安倍さんが居るからと兎に角、自民党の議員に投票してましたが、安倍さんが居ない自民党は全くの別物。今の自民党には何の未練もない。

  2. 波那 より:

    沖縄知事選では佐喜真候補と統一協会との関わりを盛んに糾弾していたくせに。

    辻󠄀元清美@tsujimotokiyomi
    2012年、お世話になった高槻の郷土史家(故人)からお誘い頂き、秘書と勉強会に参加し会費2名分(2000円)を支払いました。当時認識していませんでしたが、今回の点検で領収書にWFWPの記載を確認し、世界平和女性連合ではと認識し党に報告しました。
    詳細は以下です。 https://kiyomi.gr.jp/blog/16782/
    午前11:16 · 2022年9月27日

    産経ニュース@Sankei_news
    立民・辻元氏に旧統一教会接点 関連団体の勉強会参加
    https://sankei.com/article/20220927-HFBFQY7KD5LPLK5OEU3VFMWW6Y/
    岡田克也幹事長によると、辻元氏は知人に誘われて秘書と一緒に出席し、会費2千円を支払ったという。
    sankei.com
    辻元氏に旧統一教会接点 関連団体の勉強会参加
    午後0:43 · 2022年9月27日

    阿比留瑠比 @YzypC4F02Tq5lo0 2022-09-27 11:03
    立憲、辻元清美氏が旧統一関係団体の勉強会に出席し、会費を払っていたと発表。予定調和的なブーメランの様式美に感心しました。

    ピーチ太郎3rd @PeachTjapan3 2022-09-27 12:44
    【ダブル役満🀄🀄🀄】
    ”関西生コン”ともズブズブ
    ”旧統一教会”ともズブズブ

    @PeachTjapan3 何でもかんでも脊髄反射で批判するから大ブーメラン刺さるんだと何故分からない?

    TBS NEWS11:39で、
    午前10時半すぎ
    立憲民主党
    辻元清美国対委員長
    「こんな議員がいたのかと 背筋が凍る思いを致しました」

    いつの画像か知らないけど、これは誰の事を言ったのかな?

  3. azumaebisu より:

     この問題については、多くのコメントが【ヤマトンチュ】の疑問・疑念を代弁していますから、贅言を要しません。唯ね…

     じゃあ、伺いますがね。我々ヤマトンチュが、積極的に【軍備増強、基地積極的誘致≒戦争大好きヤマトンチュ】なんですか?

     確かに【唯一の日本領土での戦闘が沖縄(ウチナンチュは琉球と言った方がお気に召すのかな?)で戦われた事】は、重ね重ね知っていますよ。だから『苦労を掛けたな。
    』と思うから、【沖縄振興予算?財源】を、ヤマトには無い特権政策として何十年も【容認】して来たのよ。主にヤマトンチュの税金でね。沖縄(琉球)の犠牲に償うのに、金銭的償いの他にウチナンチュの満足出来る方法が有るなら、逆に提案してくれ!まさか【亡國の為の武装解除】は受け入れませんよ。

     あのね、あの大東亜戦争の大敗北で、犠牲を払ったのはウチナンチュだけじゃ無いんですよ。広島・長崎は元より、【東京大空襲】に代表される様な【国際法違反の大虐殺】を我國の大都市は、京都を除いて『悉くやられたのよ…』

     それでもね…左翼の誹謗中傷を70年以上も耐え続け、自衛隊を何とか最低限保持して来たのよ。それでも今のままでは【打ちたくても予算不足で弾が無いポンコツ】状態になってしまったのよ。それを何とかしようと防衛予算増強をヤマトンチュの過半数が望み、実現しようとしているのよ!

     今になっても、共産支那の脅威が、近所の臺灣國と共に、ウチナンチュの沖縄(琉球)から、九州にまで及んで来ている…

     それでも、如何見たって【共産支那のスパイ、玉置デニー】を当選させる事を止め無いウチナンチュの存念が、如何しても分からないんですよ、ヤマトンチュの一人としてね。「あんた達、死にたいの⁉️」

     あくまでも【偽りの平和主義】を貫いて、本当に【沖縄の平和】が護られるの?今沖縄県を蹂躙して居る【本土左翼+在日外国人】の望み通りに【琉球独立】を勝ち取って日本から離脱し【琉球王国】の復活が成るのですか?【琉球人の復活】が何処までも御望み?

     共産支那の行状、チベット、ウイグル、南モンゴルクリルタイ、香港、臺灣國、に何をしているか?【前4國には民族浄化=ジェノサイト=民族虐殺】を縦にして、香港の自由は叩き潰し、その毒牙は臺灣國、我國の沖縄、九州に伸びて来ているのを見れば、此の儘では【未来の沖縄、臺灣國】は現在の【チベット、ウイグル、南モンゴルクリルタイ、良くて香港】の様になりますね。

     今の、縦に自國へ言いたい放題、やりたい放題、それでも【沖縄振興予算】をくれる様な【天国】は【夢の彼方】に去るのです。

     沖縄県は【中華人民共和国、沖縄省】になり、それを実現した【あなた方琉球人の共産支那の手先】は、真っ先に【始末=虐殺】されますね。同じ支那人の【中國国民党】が、大日本帝国が敗戦で去った直後の1947年2月28日に臺灣で何をやったか?【2.28事件の虐殺~39年間の世界最長の戒厳令】の暴政に永年呻吟し、やっと解放されたのは【国民党の中から奇跡の人、李登輝総統】が1990年代に誕生したつい最近の奇跡の賜物ですよ。
     臺灣國に降り注いだ【李登輝総統】と言う奇跡が、共産支那の一部になった【琉球省】に再現されるとはとても思えない…ほぼ絶望です。

     奇跡の人、李登輝は既に去り、一人共産支那に抵抗し続けた安倍晋三も暗殺されました。

     こんな切迫した状況で、【共産支那のスパイ連中の跳梁跋扈】を其の儘にし、【基地容認=消極的反対】等と緩い事を言っていては、ウチナンチュは己の母なる大地諸共『地獄への急坂を転げ落ちて逝っている…』様にしか見えません。

     我國には時間がもう…有りません。

    1. 名無し より:

      反対ってのは対立する事なのに、戦争に反対て…
      昔の人の言ってた事思い出したよ。
      ボケに対して、戦争はするもんじゃ無いって突っ込んでたんだな、あれ。

  4. Kmkm より:

    通貨発行できない地方自治体の財源は税収+地方交付税ですが、通貨発行可能な
    政府予算はスペンディングファーストなので、財源は税金ではないですよ。

  5. りちゃ より:

    【加害者役】中国共産党(沖縄、台湾を狙う盗賊)
    【すけさん、かくさん役】沖縄米軍基地(最前線で中国ににらみをきかせている)
    だから、沖縄基地活動運動の人はまずは中国共産党に対して文句を言うべき

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください