神社仏閣などへの損壊について罰則強化を求める人はシェア


 

 

多くは語らない。
法改正が必要だと思う。

今までも限界であった、神社仏閣や文化財の破損、汚損。
涙が出るし、怒りもわく。

昨年、横行したかと思えば、しっかりした対策をとらなかったからだろう。
再度「流行の兆し」を見せている。

靖国神社の汚損もあった、さらには無差別爆破テロ。
怪我人が出なかっただけで、実際に爆発している以上、未遂ではない。

それが「靖国だから」と言ってしまえば元も子もない。
確かに靖国神社は特別ですが、他の文化財も大切だ。

今まであまりにも繰り返されてきた。
言い続けてきたし、訴え続けた来た。
多くの者がそうだろう。

 

 

 

お天道様と罰当たり
日本人は、「罰当たり」という言葉に敏感で、例えば「お天道様が見ている」という言葉に代表されるように、欧米ではルール化された部分を不文律として守ってきた。

私は、それをDNA等と、非科学的なことは言わない。
一重に教育であると考えているし、例えば外国人であっても同様の教育を、特に幼児教育を受けた場合(家庭を含む)同じ反応を示すのだと信じる立場だ。

だがしかし、
安価な人件費を求め経団連が進める政策、
併せて左派が推進してきた「グローバル化の時代」のただ中において、
日本人としての教育を受けていない者が跋扈する今、
今まで通り「心の中の不文律」に頼った、お天道様が見ている方式では、もう守り切れない。

これらの、いわゆる美徳と言われるものを、明文化・ルール化することは、日本の教育の敗北であると、保守の政治家として認識している。

ただ、もう限界だ。

 

カメラを付けていても、実際に犯罪は行われた。
厳罰化が必須であり、法論拠がないと言うのであれば法制化が求められる。

何より、確かに税の減免はあるが、それのみであって、
文化財を有する多くの寺社仏閣には予算がない。
カメラの設置、維持管理もままならぬ実情がある。

 

だからこそ、予算処置の裏付けともなる法制化が喫緊の課題である。

 

 

 

(OGP画像)
12287017_944574768946741_817767194_o

 

 

 

 

モラルを教育分野で担う。
日本における「モラル」は、いわゆる(欧米における)コンプライアンスに相当するものだ。
前述のように、欧米では、この部分を「ルール」として明文化してきた。

ゆえに欧米において法令順守には、モラルが内包される。
日本においては、それを教育分野が担ってきた。

日本において「法令順守」という言葉が使われなくなり、
コンプライアンスという英文のまま用いられるようになった背景がこれであろう。
私も現場で、同様の認識違いに苦労してきた。
多くの技術者が同じ思いをしたはずだ。

明文化せず、それを教育として折り込めていた日本に、誇りをもっている。
苦労した分、海外の訴訟社会やなんでもかんでもルール、ルール(例えばISOがそうだ。)は、ナンセンスだと考えている。

結果的には、ペーパーワークが煩雑化し、業務効率を低下させていく。
具体例を挙げれば、ミス・トラブルがあれば、対策委員会的なものを作ることが「義務付けられ」る。
ここまでは問題ないし、必要だ。そして「その対策」を作ることが、事実上の「義務」として求められる。
さらにその順守が求められる。

特に問題ないように感じるだろうが、現場目線ではそうではない。
モラルを教育分野で担ってきた、日本型のメリットだってあるのだ。

 

 

 

ルール化するデメリット
ここまでの話を読めば、それはいいことだ、
きっと貴方もいいことだと思うのだろう。
実態はそうではない。
技術の現場にある者は、この意味がよくわかるのではないか。

人である以上、ヒューマンエラーは発生する。
それを防止するために制度とシステムは必要だ、その通りだ。しかし、まともに運用し、1年はいいだろう、業務改善は進む。それが2年、3年となると、すでに何のためにあるのかわからぬルールが満ち溢れ、存在理由がわからない帳票が溢れはじめる。

何をするにも確認、事前承認の用紙が必要となる。
上司はその印鑑を大量に押すこととなり、すでに何に押印しているのかすらわからなくなる。結果、凄まじく重たい事務処理が発生しはじめ、「それが原因」でミス・トラブルが発生。
ここが転換点だ。

ISOに基づく帳票、この業務負荷により発生したトラブルは、ISOのシステムでは改善の方法はない。なぜなら、ISOを捨てる以外の解決方法がないからだ。しかし、輸出入を始めとする海外との取引の、共通の前提(グローバルスタンダード)は必要で、始めてしまったISOは止めようがない。

そして、「作ってしまったルール」も、実態としては取り消しようがないのだ。行きつく先は訴訟社会であり、何も建設的なものを産まぬ負荷を生じさせるたけの、ルールまみれの組織である。
(※ ISOには例えばネジのピッチなど様々なものがある。国際的な規格に過ぎず、全てが業務フローに関連するわけではない。)

ルール、ルールと。
煩雑化させ、明文化を謳う先には、本当の益などない。

ゆえに、日本型の「モラルに相当する部分は教育で担う」方式は、世界でも最先端であると私は胸を張ってきた。

 

 

 

神社仏閣・文化財への汚損を厳罰化
その最たるものが、神社仏閣である。
祖先から長らく引き継いできた文化財である。

中には戦国時代、明治大正の動乱を越え、
戦中の大火を逃れ、命懸けで地域が守ってきた宝である。
それが国宝であろうと、苔むしたお地蔵さんであろうと、
その一つ一つが大切なものである。

これを守るのは、ルールではなく。
心の中に落とし込まれた、教育を根幹とする「モラル」であり、日本人らしさであるべきだ。

ゆえに、ここをルール化、明文化することは、
それを求めることは、それを世論に訴えることは、
私にとっては、敗北なのだ。

 

 

 

日本型教育の衰退、敗北
だが、もう求めねばならぬだろう。
私は、それが二つの意味で敗北に思えて仕方ないのだ。
一つには、教育レベルの低下を認めざるを得ない、保守議員としての敗北。
もう一つには、ルールの作成に頼らざるを得なくなった、技術者としての敗北。

全てが外国人とは言わない。
この部分は、ネット世論とは私はスタンスを異にする。
私は、これを「日本としての教育を心に落とし込めていない者」と称したい。

外国人であれば、もしくは永住者であれば、一発で国外大挙となるレベルの厳罰を。
日本人であっても、懲役刑からスタート程度の、委縮させる効果を期待できるだけの、厳罰を。

これは荒唐無稽な話ではなく。
重要拠点や水資源などには、特別に定められた厳罰がある。
その援用ということで、規制は問題ないと考える。

 

・・・声を、挙げていこう。
冒頭にナカグロを3つ、そこにある葛藤は伝わるだろうか。

静かに、しかし力強く。
神社仏閣、文化財にまで、このような規制強化を、、、
保守論壇に訴えることが、私が口にせざるを得ないことが、残念でならない。

 

 

 

法制化と予算処置の悲しい現実
悲しい現実もある。
文化財を有し保存している寺社仏閣は、宗教法人の資格を有している場合もある。
確かに税の減免(無税と言ってもいい)はあり、その点は有名であるが、
広大な敷地の固定資産税がかからない、収入に対しての課税がないという意味であって、
「別に補助金があるわけではない」のだ。

カメラを設置し、維持管理し、安全な状態であるよう監視する金銭的な負荷を求めることは、
事実上、不可能な法人だってあるのだ。
有名どころでなければ、ほとんどの法人が「無理」なのではないか。

敷地の固定資産税が無税であっても、年に数万~数十万の御賽銭で、
この御賽銭が非課税となったからと言って、どうやって捻出するのか。

 

大切な文化財が危機に瀕しており、「うちの仏像は大丈夫だろうか」と不安に思っても
それを守るための機器を導入する費用、維持するコストは誰が捻出するのか。
ない袖は振れないのが現実だろう。
それは、とても悲しいことだ。

法制化し、予算処置が求められる。

 

 

ルール化、厳罰化は、必ずしも正解ではない。

 

日本らしさとは逆行する。

 

それを分かった上で、これを口にする重み。

 

葛藤は未だ、ある。

 

その上で、厳罰化・法制化を求めたい。

 

文化財保護の現場の実情を踏まえるに、予算処置が必要だからだ。

 

賛同して頂ける方は、FBでのシェア・Twitterでの拡散をお願いします。

 

関連
【許せないと思ったらシェア】地図でわかる、寺社・仏閣・文化財、被害一覧
【官報の取り方】「朝鮮系日本人」という表記を政治家として述べる。
寺に油が撒かれた事件 キリスト教系宗教団体の幹部に逮捕状

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

神社仏閣などへの損壊について罰則強化を求める人はシェア への18件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    神社仏閣などへの損壊について罰則強化を求める人はシェア 多くは語らない。 法改正が必要だと思う。 今までも限界であった、神社仏閣や文化財の破損、汚損。 涙が出るし、怒りもわく。 昨年、横行したかと思えば、し

  2. 波那 のコメント:

    前の油撒きの犯人は帰化した在日韓国人でカルトの教祖だったようですが、アメリカに逃げたまま見つかった捕まったという報道も無いですね。どこの神社か寺か、「日本死ね」という落書きも見つかったのでしょう?流行語大賞の候補に選ぶ選考委員がいるんです。どこで流行っているのでしょうか。

  3. 旧新人類 のコメント:

    とっつかまえて、もし外国人だったら罰金1,000万円プラス日本から叩き出して、二度と日本の地を踏ませないような強硬手段を希望します。もし日本人や合法的に日本に居住できる人間だったら、市中引き回しのうえ罰金1,000万に加えて島流しがいいです。税金でぬくぬくと刑務所暮らしさせるのは、ばからしいのでいやです。

    • 匿名希望 のコメント:

      全く同感です。罰せられない=やってもいいと何の疑いも持たないのが、第三国人とその旧宗主国の皆さんです。また、日本人であっても子供のうちに悪いことは悪いと問答無用で教え込むことは必要です。
      TBS系で、チャッカマンがキャラクター化されたものが出てくる子供番組が最近放送されています。うちの子供たちが「マッチ一本火事のもと、なんだよね?」と、変な方向に興味を持ちそうだったので、「江戸時代に放火をした犯人はどうなったか知ってる?」と、事細かく教えたところ「…そんなの絶対イヤ…。」と、事の重大さを瞬時に理解したようでした。あまりこんな言葉は使いたくないのですが、見せしめは非常に有効なのではないかと思ってしまいます。

  4. 匿名希望 のコメント:

    帰化人が一定以上の量刑が課される犯罪を犯した場合、帰化を取り消すことも必要です。フランスでは市民権の取り消しが可能です。波那 さんののコメントにある「在日韓国人でカルトの教祖」は帰化済みなので、残念ながら「日本人」でした。

    在日の帰化を促進させようとの傾向が見られますが、私は反対です。彼らは望んで併合されながら、敗戦した途端「無理やり併合させられた。被害者だ」などと態度を豹変させた過去を持ちます。今後日本が再び災禍に見舞われた時、果たして彼らが「日本人として」日本の復興に尽力するか、私は疑問で仕方がない。東日本大震災の時、実際、日本から逃げ出した外国人は大変な数にのぼる。

    在日のみならず、外国人の帰化はもとより永住・定住ももっと慎重にすべきです。世界最高のパスポートや社会保障、ステータスを安売りしすぎているんですよ。

    • 七色仮面 のコメント:

      これは絶対に必要ですね 同感です

    • 波那 のコメント:

      ブログ〈在日朝鮮人から見た韓国の新聞〉の金田さんが日本の併合前の朝鮮の状況を詳しく述べられています。

      差別、って言葉を私たちは好んで使います。記者は「合併は朝鮮人が望んだ」や「朝鮮人は自分の事を決められない」という、当時の朝鮮人側から見てもその通りの史実を差別だと言う。

      加耶大学の崔基鎬教授によると、1777年時点で1804万人いたはずの人口が100年後の1877年には1689万人と115万人も減少し、33年後の1910年日韓併合時には1313万人と376万人も減少。1年間で11万人以上も減っていくというあり得ない急激な人口減を経験しています。

      何があり得ないのかというと、一般に国民が貧困化する人口は増えます。なぜなら楽しみが性交渉しかないので、貧乏子だくさん状態が国家的に起こるからですね。ところが、ただ単に貧乏ではなく、食料生産ができないような状況に追い込まれると、貧困であっても人口は減少します。当時の朝鮮半島はそういった危機的な状況にあり、そこから這い出す事のできない、それこそ数十年もしないうちに国が滅ぶ状況だった。だからこそ、日本の資金で国を助けてもらう必要があったのです。

      差別でもなんでもなく、当時の世界が一致する共通の認識によって。日本は人道的に朝鮮を合併してくれたのです。ついでに、ですが、独立軍歌の歌詞には「独立門の自由の鐘が鳴るまで戦わん」ってものもあるのですが、独立門はご存知のように清国からの独立なんですね。この軍歌の持つ意味も知らずに「衝撃的」って、それこそ金田にとっては衝撃的過ぎるのですが 爆

      http://blog.livedoor.jp/kanedashoji70/archives/67158321.html

      「歴史認識のない民族に未来はない」そうなので、日本が侵略して朝鮮の伝統文化を収奪したと勝手に歴史を作り替えないでほしいですね。韓国人には、この歴史認識が根付いているので今回のGSOMIA 締結にしても韓国人にとっては自衛隊が韓国に侵略するつもりなのだという笑止千万な話になるのです。

      • 匿名希望 のコメント:

        他にも「いわゆるアジア諸国」の中には、日本の敗戦を「日本が負けてよかった」と捉える国民がいます。

        異国である日本が進出し、兵隊用の食料を奪ったり、異教である神道の神社を建立し参拝を強要する、戦乱に巻き込まれなくなった無辜の民がいたなど、現在の日本人から見ても迷惑以外の何物でもない行為があったのは間違いない。だから「日本人が出て行った、嬉しい日」と言われるなら、私は納得します。

        ただ、では白人至上主義が世界を席巻し、有色人種が権利なき存在であったあの時代。既に列強の国々の支配下に置かれ、日本人からなど比較に及ばぬ大被害を受けていた自らの現実を変えるために彼らは一体何をしたのか。白人列強の加害国をどのように認識しているのかを洗ったとき、そんなものはぶっ飛んでいて「日本は敗戦国だから『悪い国』として叩き、被害を訴えてもいいんだ」という無意識の理解が単独であるように思えてならない。彼らが日本と共に戦ってくれていたなら、日本人がわざわざあんな遠出と苦労を重ねる必要はなかったんですが、そんな計画、あったんですかね。密かに進めていた独立計画が日本人が無神経に入ってきたせいで潰されたなんて話、聞いたことがない。まして、そんな自分達への反省が語られるのを聞いたこともない。

        世界大戦を「戦えた国」と「戦えなかった(能力がなかった)国」には明確な差があるのではないでしょうか。

        これらの国からの帰化人が増えつつある現在、「リスクと責任を自覚し構成員として国の運営に参加する国民」と「国籍バッジを身につければ、所属国がなした果実を貰える権利があり、都合の悪いことは被害を訴えるだけの責任意識のない国民」に二分されつつあるように思います。

    • 匿名希望 のコメント:

      念のため
      2016年11月25日 10:18 AMの「匿名希望」さんと
      波那さんのコメントを引用した2016年11月24日 11:32 PMおよび2016年11月24日 11:32 PMの「匿名希望」は別人です。

      • 匿名希望 のコメント:

        【修正】
        ×後者の2016年11月24日 11:32 PM
        →2016年11月25日 1:04 PM
        失礼しました。

  5. 鳥海山たろう のコメント:

    あの金山昌秀が日本に密入国したという可能性もありますが、おそらく全国の警察官が顔写真を見ていると思われるので、その可能性も低いのではないかと思います。
    (整形していたら別ですが、現在も整形はしていないようだ)

    金山昌秀の崇拝者か、あるいはまた別の宗教団体の狂信的信者か、または愉快犯の可能性もありますね。
    金山昌秀は完全にエクソシストになり切ってました。頭がおかしいなんていうものではない、キチガイです。(なまじ婦人科医としては優秀なのが厄介なところですが、異様な犯罪者です)

    シンガポールやインドンシアのように他宗教への攻撃を厳罰に処する法律をつくるべきかといえば、そういう法律をわざわざつくらなくても、物騒なことが起こらないのが日本の良いところだと今まで考えてました。

    オウム真理教などの場合はあまりに特別で、他宗教への攻撃ではなくテロを行いましたが、その理由は、「オウム真理教が国家から弾圧されているので、その国家を正さなければならない」と驚くべき妄想にとりつけれたので、(社会を混乱におとしいれるために)なんの罪もない日本人を無差別殺害したのでした。

    また、器物破損ではないですが、韓国系の宗教団体でいえば、統一教会の合同結婚式に数千人の日本人男女が参加したという今年のニュースが気になります。
    この日本人たちは完全な邪教に言葉たくみに洗脳されてしまった人々だと思っています。

  6. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
    ※共産党に上記の様な意図が無いのなら、責任の全ては徳永克子行橋市議にある事が、第三者にも明確に分かる様に、組織内部で自発的に 粛清 処罰する事をお勧め致します。
     
     
    ルールの明文化・・・。
    それだけを聞けば、確かに先進的である様に感じるのですが・・・。
    裏を返せばなんて事は無く、ただ単にバカでも分かる様に明示して、罰則を設けないと諍いばかりが勃発して、何の生産性も無いと言う社会背景が生み出した副産物と言う一面もあります。

    日本の歴史を辿っても古くは大宝律令など法典にあたるものは存在していたのですが、そもそもこれすら支那からの輸入概念を基に編纂されたものです。
    嘗ての日本は神道の教えが現在の民法刑法共に深く関わっている為、穢れ無い事に重きを置いたルールを皆が共有して来た経緯があります。
    現在風に表現するなら「空気を読む」事で、社会秩序が保たれて来た訳です。
    これは、罪も穢れの一つとして捉えられて来た事も要因の一つと考えられます。

    支那の制度を採り入れ編纂された律令は奈良時代頃まで実用されて来ましたが、平安時代に入ると社会が落ち着き廃れてしまいます。
    元々律令の法制下では、流刑や死刑は天皇の許可が無いと執行出来無いと言う、念の入った人権擁護制度が組み入れられていました。
    平安時代以降、役350年ほど朝廷としては死刑を執行していない事も驚異的な事実です。

    社会秩序が乱れ始め武士が台頭して来ると、刑の厳罰化と執行件数が増えて来ます。
    これは社会秩序が乱れた事が根本的原因ですが、朝廷の定めた律令より幕府が定めた式目の方が勢いを増した事も一因です。
    戦国時代に入ると、嘗ての幕府の定めた式目が効力を失ってしまった為、各大名家が個々に定めた家法によって裁かれる事が多くなり、益々厳罰化が進行します。

    江戸幕府開闢後は初期こそ戦国時代の余韻が残っていましたが、社会秩序を取り戻すと共に再び処罰が緩くなって行きます。
    江戸時代の代表的な法と言えば、武家諸法度、禁中並公家諸法度、公事方御定書ですが、前2つは民法に当たるもので運用規定的な法です。
    この時代の刑法典は公事方御定書で幕府直轄領で用いられ、諸藩の多くはこれを基にアレンジされた刑法を用いてます。
    公事方御定書は現在の公開されている法律とは異なり機密文書扱いで、法典を持つのは町・勘定・寺社の三奉行のみです。
    言い換えれば、犯罪を犯せばどんな刑罰を下されるかが不明と言う状況にも関わらず、犯罪件数は非常に低い状態でした。
    時代劇で有名な江戸市中を例にとれば、現在の検察兼警察兼裁判所にあたる江戸町奉行所では時代によって奉行所数が異なりますが、江戸期の体制として一番長い南北奉行所体制では、定町廻り同心南北各6名、応援部隊である臨時廻り同心南北各6名の24名体制を主軸に、御先手組同心30~50名が火盗改として現在のミリタリー・ポリス(MP)にあたる業務にあたっていました。
    現在の東京23区に比べ江戸市中(御朱引内)は狭いのですが、それにしても現在の警視庁所属の人口あたりの司法警察官の配属人数と比べて、格段に少ない司法官憲の配属数で治安を維持しています。
    因みに当時の江戸市中は西は四谷までで、新宿(内藤新宿)は江戸市外で主管は関東取締出役があたってます。

    この官憲数の少なさを可能にしていたのは、神道や仏教を介した道徳教育の賜物であったと言えるでしょう。

    明治維新以後は欧米列強にも理解出来る法典を用意しておかないと、奴らは不安を抱き未開人のレッテルを貼って文明伝授を建前に侵略して来る為、急いで憲法や法律を取り繕う様に整えました。
    まぁ、馬鹿力の巨体脳筋の為に、バカでも分かる案内板やパンフレットを用意した様なものです。
    要は、その地域のルールをバカでも分かる様にしておけば、そのルールに抵触しない限り身の安全が保たれる事を明確に示す事で、先人は日本侵略の芽を摘んだ訳です。

    現代人感覚では先進的と思われている「法治」や「法による支配」は、実は然程先進的では無く、アホの人対応であった事は実に皮肉です。

    「ルール化するデメリット」の項目に記されている様に、身近な例で言えばISOやISMS関連の多くは、既に手段では無く目的と化している環境も多いのではないでしょうか。
    それはもう、葬儀屋が用意したマルチ宗派のコスプレ坊主が執り行う繰上げ初七日法要の様相を呈しているのでは無いでしょうか。

  7. 月光仮面 のコメント:

    帰化を取り消す 永住権を取り消す 法案は必要でしょうね
    周りに 帰化した方が居ますが 一生懸命生きておられます
    それと反対に 宗教に名を借りて企業に名を借りて 一定の
    成果を日本で上げた方たちも居ます でも 犯罪まがいの事も
    おこしているのでは無いでしょうか 法をしっかりさせないと
    捜査する方の立場から見れば 沖縄でのあのバッシングなどを
    警察は取り締まらないのですね それは 法の欠落だと思います
    言い換えれば 法を作る政治家の政治家としての職務をまっとう
    していないという事では無いでしょうか 今 問われ始めたのは
    日本のための政治家 日本のためのマスコミ 日本のための宗教
    日本のための日本人では無いでしょうか まず 一番目に必要なのは
    日本のための政治家だと思います そう思えば国会いらない政治家が
    うじゃうじゃ居るではないですか ここから正さないといけない
    ここまで結論が見え始めたのではないでしょうか 

  8. 生野区民 2 のコメント:

    去年のアメリカ在住の在日神父にたいして、甘い態度を取ったので朝鮮人のテロは
    続いてると思う
    厳罰で接して、服役後強制退去日本再入国不可にすればこのテロは減ると思う
    これは在日のテロで有ることは明白な事実、ヘイト法なる在日特権法を作ったために
    増長した在日の組織的な犯罪で有ることは、間違いない
    最高刑を決めるのではなく、神社仏閣のへの放火は、憎悪犯罪として最低25年以上の
    禁固刑で出所後は、強制退去さすべき

  9. yuki のコメント:

    ISOの件、共感致します。
    まさに、ISO9001は日本語の体を成していません。
    それを品質保証計画書に丸写しの企業もあり、
    それをまた、社員、下請け従業員に大した説明もせず教育しています。
    とりあえず教えたから任務完了と言われても、それは無理な相談です。

    投入したエネルギーに見合う有意義なリサイクルであることを
    地域民、日本国民に理解して頂けたら
    政策?をうけた、それなりの企業理念とは思いますが・・・・。
    さて、これから、どのように迷走するのでしょうか。。。!

    益々正しく暴れてくださいますよう期待しております。

  10. Sinobu Hattori のコメント:

    FBのシェアさせて頂きます。

    —————————————————

    日本は、
    自分は無宗教
    …と、考える方々も多いと思いますが、

    初詣やお祭りなどで、
    神社には多くの方が訪れ、

    鬼籍に入られた親族へ
    お寺にお参りに行く方も多くおられます。

    例え、
    固定の宗教・宗派の信者で無くとも、

    そこには、長きに渡り、
    「意味」が有って、地域に根付いた、
    「文化」「繋がり」「教え」…等が有り、

    遺されてきた物・事柄を
    大切に考える事により、

    「関わり合う事で、身に付けていく」

    これは、現在に於いても、
    「日本が日本で有る」
    …という、柱なのだと考えます。

    ———————————————
    礼節を重んじ、規律を守る
    ———————————————
    …この、
    日本人としての当然の考え方、
    振る舞いが通用しないので有れば、

    理解が出来ない相手には、
    言って聞かせる・解らせる事

    日本の現在が
    法治国家という事ならば、
    法による方法も必要な時代なのでしょうね。

    ——————————————————————

    …まぁ、
    法的な事が有っても無くても、
    信心深くても、そうで無くとも、関係無く、

    日本の神様って、結構怖いかなぁ~
    …と、私は思いますけどね。(笑

    剣・銃・爆弾を食らおうが、
    天地がひっくり返ってしまおうが、
    無傷・無事でいられる自信が有るのなら、

    今後も、やってみたらイイですかね。(笑

    人間って、
    自身で思うより
    「脆い」もんだと思いますよ、

    「個人」なら、特にですね。

    「やった輩」は、
    そこの所が解らないのでしょう。

    理解して頂けると良いのですけどね…。

  11. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    なんか色々大丈夫なんですかねぇ…

    【驚愕】イスラム教徒、日本の山奥に土葬しまくってる件!地元住民は反対運動
    ttp://m.moeruasia.net/article/46063225

    モロッコ人「アメリカはモスクが各地にあって暮らしやすかった。日本人も正しいイスラムを知って」
    ttp://m.moeruasia.net/article/48917798

    【これはムリ】イスラム教勉強したら謎がとけた(´・ω・`)「強姦殺人盗み禁止(対異教徒は可)」「性奴隷禁止(異教徒なら可)」「戒律は異教徒にも適用」
    ttp://m.moeruasia.net/article/48756003

    【酷すぎワロタw】独で「イスラム法警察」活躍。イスラム教徒が集団で巡回しドイツ人に「酒飲むな、音楽聞くな」など取り締まる→ドイツ人抗議→裁判所「
    ttp://m.moeruasia.net/article/48937398

    取り組みするなと言わないですが…まあ、日本人に害がないならいいですけど…

    【おもてなし()】京都:イスラム礼拝場所を増やす取り組み。洗い場を整備、西陣織のマットも用意・・・
    ttp://m.moeruasia.net/article/48942303

    海外でも芸術テロがひどいみたいですよね、これはイスラム関係ないと思いたいですが、
    神社仏閣への悪戯は日本人へのヘイトだから厳しく取り締まるのが当然だと思います

    【ヘイトクライム】「日本死ね」落書き 傷も含めて彦根市内の神社仏閣で“数十箇所”
    ttp://blog.m.livedoor.jp/honmo_takeshi/article/50063785

  12. 一郎 のコメント:

    犯人には、故意が有ると考えます。

    日本の文化を破壊するテロ行為とも考えられます。

    テロに対する厳罰は当然だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です