【今日は何の日】阪神淡路大震災から26年。病院で泣きかけていた少年の今。地方議員の戦い


 

 

1月17日、阪神淡路大震災から26年目を迎えます。
私はあの日のことは今でも鮮明に覚えています。

子供だった私はちょうどインフルエンザ、被害実態のわからぬ中、朝のニュースで衝撃を受けました。
あの日、守られるだけの存在に過ぎず、震えることしかできなかった私は、
いまは未来に備える一人として、最前線に在ります。

地方議員とは、政治とは、自然災害にどのように備えるべきか。
ゆっくりとしか進まぬ現実を、歯噛みしつつ数字に向き合う。
自助・共助・公助のさらなる周知と制度の強化。
危険個所の発見と、古地図の分析、必要に応じて予算折衝。

「100回逃げて、100回来なくても101回目も必ず逃げて!」
(釜石市の津波記憶石に刻まれた中学生の言葉)

私たちは、「来ないかも知れない100回」ではなく、
それでも「101回目」を想定し、その責任を負う立場です。

100回を笑えばいい。
私たちをバカにすればいい、それは甘んじて許容します。
その100回を笑ってもらえることこそが、私どもの誇り。

それでも101回目を真剣に見据えることが、私どもの重みであります。
笑って、何もなければ、それで結構。
だけれども、貴方ではなく、貴方の子供の世代になり、孫の世代になり
仮に貴方が天寿を全うし、また私も天寿を全うし、
私の名前など、誰もかれもが忘れた後世であったとしても、

それすらも護ろうとするのが、政治家の責務であると強く訴えさせて頂きます。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

あの日、私は弱かった。
あの日。
インフルエンザにかかってしまい、病院の混み合う待合室の中、茫然とテレビを見ていたように記憶しております。
(別の災害ではないと思います。)

まるでアニメのような、衝撃的なシーン。
どう言っていいかわからず、言葉にすることもできませんでした。
不謹慎を承知で当時のことを正直に述べると、子供だったからでしょう、最初はそれこそ漫画のワンシーンのようでワクワクもしたのです。

ただし、それは「大人がなんとかしてくれる」前提のワクワクであり、
混乱し、焦りを帯びたアナウンサーの声に恐怖に変化していきました。
現実味のない映像を前に、徐々に不気味さが忍び寄る、
怖くて怖くて、泣きそうになっていました。

高校生にもなって泣きそうになっている(インフルエンザの)私を見て、「なーに半泣きになってるの?注射こわい?」と看護婦さんが優しく声をかけてくれました。
あまりに茫然としているので「僕、大丈夫?」と心配もされました。

看護婦さんやお医者さんから見れば、職場でありますから、ゆっくりテレビなど見ていなかったのでしょう。
(特に初報は大きな扱いではなかったように思います。)

「だって、地震が、、、地震があって、大変なことに」と。
インフルでぐったりしていて、それ以上は言えませんでした。
お医者さんも「そっか、ちょっと揺れて見えるか・・・。」と。

ただただ、不気味で、怖くて。
あそこに人が住んでいて、火の中に人がいて
車があって、建物があって、それが壊れていて
その中に人がいて、、、

そのことが、ただただ怖くて
誰かなんとかして、助けて、と思いました。

病気でぐったりしていたこともあり
(涙こそ出ていないと強弁しますが)
本当に不気味で怖かった、のです。

これが、阪神淡路大震災に
(モニターを通してですが)触れた
あの日、少年であった私の姿です。

あの震災において、多くの方が亡くなりました。
ご冥福をお祈りすると共に、哀悼の誠を捧げます。
ご家族を亡くされた方もおられます。
その悲しみ、孤独、苦しみは察するに余りあります。

 

 

 

阪神淡路大震災・被害
死者    : 6,434名
行方不明者 :     3名
負傷者   : 43,792名

住家被害 : 全壊104,906棟
     半壊144,274棟
  全半壊合計249,180棟(約46万世帯)
   一部損壊390,506棟

火災被害 : 全焼   7,036棟
     焼損棟数 7,574棟
     罹災世帯 8,969世帯

その他被害 : 道路7,245箇所
      橋梁 330箇所
      河川 774箇所
      崖崩れ347箇所

 

 

 

一人の政治家として。
今日、この日ゆえ、振り返ることがございます。
いま、一介の市議会議員ではございますが、
二期目の若輩の身ではございますが
政治家として皆様の前に立たせて頂いております。

私の責務とは、政治家の職務とは。
あの日、ただの子供であった私が感じた恐怖を、そそぐのが私の仕事になります。
人々を導き、安心させ、笑顔を守る。

「自助・共助・公助」と申します。
これは命を長らえる上でのフロー、システムになります。

自助とは、自ら頑張って命を長らえること。
被災直後は、周囲の人も行政(警察力・自衛隊を含む)も手助けができません。
最初の数時間、長ければ一日近くは、自らの力で生き抜いて頂かねばなりません。

共助とは、家族・地域コミュニティの力に頼り、
共同体で身を守って頂くことを指します。
自ら命を永らえたのち、共に力をあわせて九死に一生を得た命を守りあって頂きたい。
長ければ数日かかります。

公助とは、行政サイドによる保護を指します。
できる限り3日以内には、このフローに到達したく思います。
しかし行政力にも限りがあり、万全の体制を整えたとは言え「すぐ」とはいきません。
仮設住宅・継続しての安定した炊き出し、警察力または自衛隊の助力を願い、治安の維持・確保。
残念ながら、大規模災害ともなれば、ここまで数日かかることも想定せねばなりません。

 

 

 

市議会議員の責務
大きな職権は持ちません。
しかし、「眼として」「まるでレーダー」として、
皆様に寄り添い、常に共に在り、
まさに現場において

「市民の生命と財産を守る」ことが責務であることを、自覚して職務に励みます。
来ないかも知れない地震に備え、「想定外」などと言わずに済むように、
数字の積み上げを行い、景気動向も堅調とばかりとは言えぬ中、
それでも長期スパンの計画を策定し続ける。
全ては未来のために。

 

地域を護る防人として。
これは市議の仕事でございます。

?自助
まず九死に一生を得てもらわねばなりません。
火元の確認、防災意識の向上、私が総務委員会に所属した際は消防を所管しますゆえ、救命処置の市民への案内・指導を徹底して参りました。
また、行橋市では遅ればせながら「海抜○m」の表示を市内各所に設置、防災マップを策定し市民に広報。
委員会でも委員らより指摘を受け、配布・周知に工夫を凝らしていっております。

いまは総務委員として、消防を含め直接的に防災関連の部門を所管しております。公共施設等、避難所に供する施設の老朽化対策・増改築を含め委員として、また一般質問においても行政を質しております。単に見た目の利便性のみならず、目立たない上に予算は必要となりますが、防災の観点からも各施設をチェックしていきます。

?共助
・自主防災組織を各校区に設置。
実態としては、区長会(自治会)と組織は似ているのですが、被災後、数日にわたって地域単位で身を守って頂くための組織です。

災害発生時に必要な装備・資材についての説明、また保管場所を説明すると共に、「自助・共助・公助」についての説明を講師を呼び徹底しました。
私も出席させて頂き、不明点については質問すると共に独自で勉強。

市の主導で区長会(他自治体では自治会と称する場合もある。)にて自主防災の講演を開催、各校区に自主防災組織を整備。私も参加し、共に理解を深めます。
防災倉庫も整備し、いざという場合の「自助、及び共助の序盤」を地元で運用できる体制を【完成】させています。

・地域コミュニティの強化
さらに小学校を中心にPTA等、「父兄(及び子弟)」に周知、
区長会を中心に、祖父母の世帯に周知、
これらの連絡網をさらに強化・徹底して頂くと共に、
運動会・祭り・各種アメニティ(いきいきサロン等も広義では含む)
世代を超えたふれあいを通して、コミュニティのシナジーを強化してきました。

・・・単に公務としてのみならず、
できるだけ一緒に参加し、楽しく和気あいあいと過ごす。
こちらも実施済みであり、いまは単に参加のみならず、より俯瞰した目線より行政側の動きと協調し、各種のスポーツイベントの運用において達成しております。

・防災上の危険箇所の点検・整備の提案
防風林の老朽化などもあり、山崩れの危険個所を区長会と共にピックアップ。
なにぶん多額の予算が必要とはなりますが、なんとか事業化を執行部に打診。
長い計画にはなりそうですが、実現を目指す。
先般の議会において、執行部より危険地域の除去という形で満額答弁を得ています。

県予算でございますが、校区の山林について、伐採。
対象が県となる土地があり(防風林など。)苦労はしたのですが、繰り返しの陳情と折衝により数千万単位の予算を獲得。こちらは一昨年度になりますが、すでに実施済み。
今後はさらに急傾斜地について要請活動を地元とともに行動中です。
(特に、国・県予算が絡む要望を主軸に動いています。)

 

併せて、退職自衛官を防災専門官として再任用するよう議場で市に提案し、執行部より確約を得ました。すでに配属されており、絵に描いた餅ではなく現実として、実務にあたって頂いています。

 

 

 

予算処置と保守活動
40年ほど経過し、老朽化した堤防を改修。
複数年度にまたがる計画ですが、着工済みで一期工事を終え、現在は二期工事です。
2事業あり、片方は市の予算も3割つかっておりますが、もう片方は「県 5割 ・ 国 5割」です。

総額は(恐らく最終的には)10億を突破します。防衛予算は、使っていません。行橋市で防衛抜きでこれだけの規模の予算執行はほとんど例を見ません。

国県予算のみで着工しているため、市議会を通す必要がない予算もあります。
地元議会を通すことの、市議としての負荷、また「速度優先」で防災面は動いているため、
「市長に報告」(及び、元・会派代表への報告)とし、独自交渉で片を付けてきました。

これら予算処置が必要な(本来、新人であれば「対応不可」な)案件につきましては、各種保守活動で知り得た先輩議員らの政治力をお貸し頂いた場面も多々あります。
知識面・能力に劣る我々ではありますが、多大なフォローを頂くことで「それでも諦めず」予算獲得、及び事業化を目指して参ります。

これら(人によっては激しく映る)保守活動も、地域の活性化に大きなパワーとなっていることを、地域住民・後援会は一部ではありますが理解してくれています。

ゆえに、ここまで無茶苦茶な、政治活動が許容されております。
特に市内の大手企業は、何をやっているか、どのような交渉(ほとんど政治生命を賭けた規模の予算額)をしているかを、知っています。

ある有権者からは「(保守活動の)危険手当で予算とってきよるようなもんやな」と笑われました。
私は「一枚しかないコイン(命)ですが、倍率の高いところに一点張りしてる博徒に過ぎません。」と笑って返しています。

私の後援会は、最悪の場合、「何かある」ことも覚悟で支援してくれている方もおられます。
だから、こうやって働くことができます。

 

 

 

福祉部と消防の情報連携
私は一期生の際、文教厚生委員会において副委員長を拝命しておりました。
当時の福祉部長らと委員会において協議し、逃げることの難しいお年寄りをサポートするため、地域の情報と福祉情報の一部を連動。

のち総務委員会(消防を所管)に移りましたが、今後は福祉のみならず消防とも統合管理する仕組みに改善。委員会側より、賛成の立場を強く打ち出し支援していきました。

市民の皆様からは「え?」と思われるやも知れませんが、個人情報保護法の兼ね合いやシステムの作成年度が異なるため、行政側にある情報の全てが連結されているわけではありません。(でした。)

今後も完全統合は(法的な兼ね合いもあり)不可能かと思いますが、防災面から必要な情報の統合については、システム面のアップデートも含め、執行部に強く訴えて参ります。

併せて、高齢化により救急出動が増加し、消防官の不足が深刻化する中、長期スパンの計画策定を一般質問において議会で強く主張。執行部より増員について確たる答弁を得ています。

 

 

 

100回逃げて、100回来なくても101回目も必ず逃げて!
これは、東日本大震災の被災地・岩手県釜石市唐丹(とうに)町本郷地区で、地元の小中学生95人の後世へのメッセージを刻んだ「津波記憶石」に刻まれた言葉です。

私たちは、こないかも知れない「100回」ではなく、
それでも「101回目」を想定し、その責任を負う立場です。

100回を笑えばいい。
私どもをバカにすればいい、それは甘んじて許容します。
その100回を笑ってもらえることこそが、私どもの誇り。

それでも101回目を真剣に見据えることが、私どもの重みであります。
笑って、何もなければ、それで結構。
だけれども、貴方ではなく、貴方の子供の世代になり、孫の世代になり
仮に貴方が天寿を全うし、また私も天寿を全うし、
私の名前など、誰もかれもが忘れた後世であったとしても、

それすらも護ろうとするのが、政治家の責務であると強く訴えさせて頂きます。

 

 

 

自衛隊について
激甚災害の場合は、自衛隊の出動・助力を仰がねばなりません。
自衛隊は防災組織ではなく、国防力であり、災害救助のため存在しているわけではありません。
しかし、それでも最後は頼らねばならない。

常日頃より、自衛隊の必要性や有難さ。
国防とは何か。
国が亡びれば、行橋も滅ぶのだと訴え続けております。

「少しでも自衛隊が働きやすい」環境づくりを政治面より強力にバックアップさせて頂いております。
ここは「頂きます」という未来形ではなく、「頂いております」という現在完了形・進行形で表現させて頂きます。
地元代議士が防衛政務官・安全保障委員長・防衛副大臣を拝命してきたこともあり、国政においてのご助力を賜ることで、「自衛隊を具体的に支えたい」と全力で邁進してきました。

これからも邁進して参ります。

 

a

 

 

 

 

g

 

私は、このような活動に「反論できぬ自衛隊」に、
反論できぬことをわかってこのようなことをすること、許せません。
心を傷つけ、痛めつける以外の目的はあったのでしょうか。
甚だ疑問です。

何が言論の自由か。
ただの人でなしではないか。

日頃、守られる国民として何が恩返しできるだろうか。
許せないと思ったらシェア。
おかしいと思ったらRTしてください。
ひとつひとつの声は小さくとも、積み重ねれば世論を動かす。

物言えぬ自衛官に代わって
物言う政治家として、「おかしい。」と言いたい。

 

 

【守りたいと思ったらシェア】物言えぬ自衛官に代わり(行橋市議会議員・小坪しんや)

 

 

<築城基地>
行橋市が面積の多くを占める築城基地。
我が第八航空団は、朝鮮有事・対CHINAを睨む「日本の矛」であります。
沖縄にF15を送り出しましたが、世界最強の対艦攻撃機ともいわれるF2と15、二種の戦闘機を運用していた唯一の基地です。

制空戦闘機の15と、艦船に強いF2を共に運用、シンプルに言えば「うちからだけは、戦爆混合」であがれるということです。

専守防衛とは、やられっぱなしではなく。
最初に手を出せないだけであって
「撃たれたら、ちょっと考えて、撃ち返す」だと認識しております。

緊迫する東アジア情勢においては、防空の要のみならず「専守防衛」に基づき、「撃ち返す」基地だと認識しております。

ゆえに、旧称コミンテルン日本支部こと、日本共産党からの政治的なアクションも非常に強く、地盤としても左巻きの者も多い自治体です。
これらに対し、正面から対峙し、自衛隊を少しでも活動しやすくする、日本を物理的に守る職務を、気持ちよく行って頂けるよう、、、
私も命を懸けて、戦います。

自助・共助・公助に基づき、市議として職責を果たす。
そして、公助の最後の要である、自衛隊について、気持ちよく仕事に励んで頂けるよう、着実な歩みを進めてまいります。

これが、あの日、病院で半泣きになっていた少年の、いまの姿です。
最後に有名なコピペを掲載して、本稿を締めさせて頂きます。

 

 

 

【女子高生の怒り
?ここの人らは歩いて来てくれはったんや?】
http://kokorodo.net/e1080

2年前旅行先での駐屯地祭で、例によって変な団体が来て私はやーな気分。
その集団に向かって一人の女子高生と思しき少女が向かっていく。

少女「あんたら地元の人間か?」
団体「私達は全国から集まった市民団体で…云々」
少女「で、何しに来たんや?」
団体「憲法違反である自衛隊賛美につながる…云々」
少女「私は神戸の人間や。はるばる電車のって何しにここまで来たかわかるか?」
団体「・・・・?」
少女「地震で埋もれた家族を助けてくれたのはここの部隊の人や!!
寒い中ご飯作ってくれて
風呂も沸かしてくれて
夜は夜で槍持ってパトロールしてくれたのも…ここの部隊の人や!!
私は、その人たちにお礼を言いに来たんや!
あんたらにわかるか?
消防車が来ても通り過ぎるだけの絶望感が…
ここの人らは歩いてきてくれはったんや…」

最初、怒鳴り散らすように話し始めた少女は次第に涙声に変わっていった…

団体は撤退・・・

彼女が門をくぐった時に守衛さんが社交辞令の軽い敬礼ではなく、直立不動のまま敬礼していた・・・
=========

地方議員とは、地域の守り神。
土地神のようなものだと思う。
最近では、遠方にばかり出ていっているが、力をつけ故郷を守りたい。

激甚災害ともなれば、死者・負傷者は出てしまうだろう。
しかし、一人も死なせたくはないのだ。
ゆえに、俺はなんでもやってやる。
そう思って、心の底から思って、だからあの日、立候補したんです。

これが、地方議員の矜持。
地域を守り、人を守ることの重み。
だから私は、この町の市議会議員になったのです。
ゆえに戦うのです、守るために。

関連記事
【百戦百勝の極意】一人の議員として。「言っちゃった」責任の果たし方。

 

 

 

阪神淡路大震災より26年。

 

失われた命、流された涙。

 

あの日、震えていた、守られるだけの存在であった子供たちが

 

いまは現場で、地方議員として、未来を祈りつつ皆様の傍にいる。

 

100回逃げて、100回来なくても101回目も必ず逃げて!

 

来なかった100回を笑われることが誇り。

 

101回目に、「想定外」などと言わぬために走ることが

 

有権者の未来への責務、政治家の在り方だと思って頂けた方は

 

FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

14 Responses to 【今日は何の日】阪神淡路大震災から26年。病院で泣きかけていた少年の今。地方議員の戦い

  1. ぽのかのぽん のコメント:

    そういえば自民が下野した時だけ大災害が起こるよなぁ。
    人工地震だったとかいう陰謀論が広く信じられていくのも
    無理はないですな。

  2. 湘南童子 のコメント:

    日本国を始め万国全地域そして天体地球の天命が完うされますように

  3. パコリーヌ(髭) のコメント:

    人工地震だとしたら起動に何を使ったのかしら?
    天津港や上海港にも仕掛けられてるかもよ
    これは不謹慎ね 失礼しました

  4. 波那 のコメント:

    あの時、街は空襲を受けた後みたいに家や建物は破壊され、電信柱は倒れて道路を塞ぎ、道路には亀裂が走り割れ目が出来、高速道路まで落ちてました。神戸のフラワー通りではビル全体が横倒しになっていましたね。前の晩、震度1か2だと思いますが軽い揺れがあったのです。後から思えばあれは前ぶれでしたね。災害ってテレビのニュースでしか見たことがなかったのに。あの時は百年に一度の地震だったとか言われてましたけど、結局その後311で川が逆流して津波が上がって行き居住地域まで跡形もなく流されてしまう地震被害が起きて、阪神大震災の時は街は破壊されたけど、崩れた家の中から思い出の品、必要な物も取り出せたし、遺体も残っていたしと思って本当に気の毒に思いました。

    阪神大震災の後からでしたね。自衛隊が迅速に被災地に派遣されるようになったのは。日本で一番偉いのは、日本で一番優しいのは自衛隊の皆さんです。今も日本海側の大雪の地域の救援に行かれていますね。自衛隊に向かってクソミソに言う声を張り上げてる人達、あなた方は人として何の価値もないカスでゴミだから。自分達の家族が埋まっている所に自衛隊が助けに来てくれたら自衛隊に反対してます、助けていらないと断りなさいね。言いなさいよ!!

    後で知ったのですが阪神大震災の時にも米軍の方達は来て下さっていたそうです。東北の地震の時には日米同盟の有り難さが身に沁みました。米軍出て行けと言ってる人達、あんた達が日本から出て行きなさいよ。日本にいて欲しくない必要じゃないのは、カスでゴミのあんた達なんだからね。

  5. BLACK のコメント:

    関東からテレビで視ていて「神様っていないんだな」と思いました。
    それがその後の私の考え方の原点になったと思っています。

    26年ですが、悲しみの癒える時は無いのではないかと感じます。
    残された方々のお悲しみは、26年を経てもいかばかりかと
    私には想像も出来ないお悲しみと思います。

    そのお悲しみの中を懸命に生きて来られた多くの方々に
    心からの尊敬をお伝えしたいです。
    救援に入られた自衛隊、民間団体、個人の方々に
    心からの感謝を申し上げます。

  6. 常磐本線 のコメント:

    眉毛パヨ爺が国の実務責任者であったため、自衛隊災害派遣が大幅に遅れ、助かる命を見捨てました。
    もし、政権奪回できていなかったら、昨年からの武漢ウィルス禍で現状を上回る真正日本人の被害
    はどれほどに増大したことか・・・・・
    犠牲者の方々は、現世に無念を残しているでしょうが、成仏されることを願ってやみません。

  7. 琵琶鯉 のコメント:

    復活しましたね。トランプ大統領が、UFOの情報開示をしました。纏めサイトのもえるあじあ さんがURAを紹介してます。開いたのですが、余りに膨大でタブレットがパンクしそうで辞めました。研究者の方々には、ヨダレものかと存じます。
    https://www.moeruasia.net/archives/49675484.html

  8. のコメント:

    あの日TVの報道はあまり大きな地震とのニュースではなく時間と共に全容が報じられていったように思います。あらゆる所から火の手があがり、道路の脚はなぎ倒されどうなってしまうのかと本当に心配しました。その後復興のための現地調査と図面作りのため現地に入った主人によると人の暮らしが大変だと帰ってきてからしみじみ話しておりました。
    その後も災害が起こるたびに現地に入り図面作りをする事になりますが、日本人はすごいなと、あれだけの中から立ち上がるのを目の当たりにすると自分も遅れをとらないように頑張らねばと思うのです。

  9. 旧新人類 のコメント:

    神戸に住んでいた親戚が震災の数年前に大阪に引っ越して難を逃れました。当時住んでいた家がぺっしゃんこになっていたそうで、何が運命を分けるかわかりません。犠牲者の方々のご冥福をお祈りいたします。

    さて技能実習生の話ですが、そこそこいい収入になるらしいですね。以下保守速報のコメントより引用:

    外国人実習生の時・給って1000円から1500円だぞ
    段階段階でテスト受けて合格すれば時給が上がる
    現場派遣は労働者派遣法厳守、労働時間も厳守(休憩含め)
    有給有、月の労働時間超過不可

    これのどこが奴隷制なんだ?

    農業は、労働基準法の対象から除外されてなかったか?

    日本人はな
    外国人実習生は社員扱いとなるのでそうはいかない
    有給有、月の就労時間有、超過不可、昇格試験有

    これらが満たせない企業さんは実習生頼めなくなるよ
    (引用終わり)

    へー、全然知らなかった。だったら、日本人にも同じ基準を適用すればいいんじゃないの?そしたら農業に従事したい人も出てくるだろうに。なんで外国人実習生だけ優遇するのかね。日本人が不利な条件だから働かないんだったら、人手不足なんてウソじゃん。よく知らないけど農業は旧態依然とした構造が足かせになっているのでは。とっとと改革すればいいのに。あとしつこく言うようですが、留学生利権も大概にしてほしいです。北海道の留学生だらけの某大学の経営方針を批判したら首になった教授がいたじゃないですか。なんでも、日本語もろくにできない留学生を「見境なしに入れて定員水増しやっとった」とか(Wikipediaの大月隆寛の項目参照)。

    今、郵便箱によく入っている求人チラシを見たら、大体時給1000以上が多いですが、税務署のバイトは時給900円台でした。少数ですが、時給800円台もありました。こうしてみると、外国人実習生は割のいい仕事ですね。母国に家が建つというのもわかります。だけど同じ時給レベルだったらなぜ外国人を雇うのか?なお技能実習生受け入れを管理するのは、ここらしいですね。

    「外国人技能実習機構(がいこくじんぎのうじっしゅうきこう、英語: Organization for Technical Intern Training)は、外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(平成28年法律第89号)に基づく法務省及び厚生労働省が所管する認可法人である。主たる事務所を東京都港区に置く。

    沿革
    2017年3月1日に東京都港区に本部事務所が開設された。 2017年4月3日に地方事務所・支所が設置された。(Wikiよりコピペ)

    わりと最近じゃないですか。こんなの作って、実習生の保護をうたいながらまた予算獲得しようっていう魂胆じゃないんですかね。こういう利権団体ばかり作ってますます腹が立ってきました。まずは日本人の雇用と生活を最優先すべきじゃないでしょうか?!

  10. ぎん のコメント:

    「自助・共助・公助」と言えば、順番が変!とか何かイチャモンつけていた方がいましたね?
    普段から、公助をあてにしていますものね?
    共助なんて、とてもとても…
    被災地に思いを寄せるどころか、過去には堂々と
    サッカー?のスタジアムに「東日本大震災をお祝いします」という横断幕を掲げてましたね?
    それで自分たちは、嫌われてない、誇らしい…とか思
    っているのですから…。馬と鹿。

  11. のコメント:

    今の大学生は震災後に生まれた世代なので
    説明してもいまいちピンとこないような
    もっと辛い体験をした人の話を聞いた方がいいような
    モヤモヤするようになりました
    戦争を経験した人が昭和46年に感じる気持ちもこんな感じだったのかな?
    知らない世代にこそ知ってほしいような
    私ごときが言うのはおこがましいような、、、

  12. 東夷 のコメント:

     【負ける戦争】は極力しない、侵略されない様に防備を固める。故に【戦争体験者の証言】をまるまる信ずるのは如何かと思いますよ…戦後久しく【パヨク】であり続けた【マスゴミ】が取り上げ続けた【戦争体験者の証言】ですからね…戦争に追い込まれない様にする事が肝要では無いでしょうか?

  13. 大保守(柏城耕介) のコメント:

    震災の時にサバイバル術みたいなものを知れば上手く使えるものかと思えたものはあるものの記憶として薄れていたので思わされることはありました。

    そんな最中で自衛官に対する扱いは待遇面も含めて好ましくないため何とかせよという訴えもありますし件の空自前で一般公開行われていた際にいた極左に対してきさんにやがんな、とリアルに吐き捨てたものすらあるんですけどね…(苦笑)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください