これから始まるコロナ恐慌。遠くない未来、「あの頃は良かった」というのだろう。(ネット上の情報精査について一言)


 

 

言ってないことがある。
コロナ禍において、経済的なダメージのことを当Blogは書いてきた。コロナという「病気も命に関わる」が、同じく「経済も命に関わる」という内容だった。序盤戦のことだったから、一年ほど前になるだろう。

ネットのインフルエンサーも、メディア関係者も、そして情報を受信する読者も。
恐らくこの意味を履き違えていると思う。
そういうレベルの話ではない。

「コロナ恐慌」という名になるのであれば、仮にそれが勃発してしまえば、「いま」は谷に入りはじめた序盤に過ぎない。
それはまだ始まってもいない、というグラフになるはずだ。(後世において)

自粛で負担は強いている、経済的にも精神的にも負担はある。
けれども、実は経済的なダメージは”まだ大きくはない”のだ。

満員電車の写真を見て、通勤に並ぶ車列を見て、どう感じるのだろう。
いま影響を受けているのは、観光業・飲食業などに「限定」されているのであり、いわゆる勤め人、サラリーマンらには大打撃とはなっていない。

雇用調整助成金を実態としての休業補償に魔改造し、給付処置などにより「麻痺」させているからだ。
法人は法人で、一発目の際に政策金融公庫や保証協会を大盤振る舞いした結果、キャッシュフローだけは何とかなっている。

中小企業も大企業も、法人の収支は相当に酷いことになっていると思う。
一撃目であれば耐えきれたと思うが、中身はむちゃくちゃな状況だ。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

 

 

打撃を受けている例としてホテルを取り上げるけど、仮にオープンから2年のホテルがあったとしよう。中古物件を買い取り、リフォームしたとする。全額をキャッシュでやるわけもなく、物件の購入費と改装費用で6億の借り入れがあったとする。オープンからのスタートダッシュで1億を返済し、残りが5億とする。
この借金5億を返済するためには、事業を中止することはできない。倒産を免れる必要があり、運転資金を借り入れる。(これが一発目の際の政策金融公庫)

だから倒産はしていない、今は。
そして、従業員の人件費も支払われてはいる、いまは。
この内情は大企業であっても同様と思われ、何社かではあるが企業側の会計を見たけれども、これは無理な構造になっている。
一業界だけであれば、まだ何とかなると思うが、これが複数の業界にまたがるとなると相当に厄介だ。
当時、見ていた部分は、ここです。

もう一度、言います。
サラリーマンなど勤め人にとっては、若干のダメージがあったとしても、まだ「多くの日本人」には、致命的な経済損失は出ていない。
出てくるのはこれからです。

モルヒネのように痛みを麻痺させ、企業会計を一年程度、すっ飛ばしたのが前回の動き。それも尽きつつある法人が出てきた。二度目の借り入れは難しいだろう、銀行はそのあたりはシビアだ。
例えば、自動車などの大型耐久消費財が売れるだろうか。白物家電はどうだろうか。JAL・ANAの統合論は知らないが、航空業界はどうなるのだろう。JRは元が国鉄だし、公金投入があったとして、すべての業界団体を国費で支えるのは不可能だ。

何が起きるか。
自動車が売れないのであれば、メーカー単位で飛ぶ可能性は視野にいれていかないといけないということ。いま、経済は止まっている。止まっている、止まっているとは言いつつも、多くの民間人にとっては”まだ影響は限定的”なんだ。

コロナに直接的に由来する業界、観光業や飲食業界などには致命的なダメージが出てはいる。
本当に「コロナ恐慌」が始まるのは、病気とは関係ない業界が、もはやコロナとは関係ない理由で(つまり純粋に不況により)【倒産が始まったとき】だと思っています。

自分の業界が不況という体感値とか、売上が減少という話ではなくて、
企業単位で大型の倒産が相次ぎ、下請けなども巻き添えにしつつ連鎖していく状態。
その現象にはコロナという文字も入るかもしれませんが、ただ単に純粋な恐慌が始まり方。

そもそも論になるが、なぜ「武漢肺炎」という言葉が使われないのか。
差別でもなんでもなく日本脳炎だってある。初期においてCHINAが自らつけた呼称ではないか。いまはイギリス株などという名前もあり、それが差別でないなら武漢肺炎という名前に戻したほうがいいと思う。

 

 

 

先を読むということ

苦言も述べておく。

私は、エスパーでも超能力者でもないので、間違えるときは間違える。
ただし、神がかり的に的中させてきたのも事実だ。

何が言いたいのかと言えば、「謎のルート」で情報を得るとか、トップシークレットの凄い情報なんてものは、基本的にはないということ。
確かに私は、稀に触れる。blogのベースにすることもある。

地方議員という職権もあるし、迷いに迷って入党した結果のコネクションという部分もある。
あとは、まぁ、バイトとは言わないけれども、そういう「未来予測」を専門とする部隊もあって、私も関係はゼロではないから。

 

米国の大統領選において、さまざまな言説が飛び交った。
すべてが虚偽とは言わないし、大統領選前に私が暴露したデータは、のちソースもついている。

あの時点では「結構、すごい情報」だったとは思うけど、そういうのは珍しいわけです。
私だって、持っていても常に公開できるわけではない。相当に慣れている私だって、あのときは相当に迷ってアップしている。

 

・・・言いたいのは「誰もが知らないような凄い情報」が、連発で出せる人間などおりません。
いるわけない。

私は、インサイダーの側面もある、
それなりの確度の情報を出せるようになれば、自然と声もかかるんだ。
中に入ってしまえば、情報を持っていたとしても「出しにくい」立場になっていく。
少なくとも私はそうだ。

 

(愚痴っぽいので折り畳んでおきます。)

クリックして下さい!

先を読むとは、そういうこと。

だから、連続で「極秘情報」が飛び交ったことは、ちょっと衝撃を受けた。
それを皆が信じていき、特定方向に流れて行くことに(真偽は抜きにして)危険も感じた。

落胆した部分もある。

 

私は、不正はあった!とする立場だけれども、だからと言って戒厳令などの強硬処置は難しいという立場をとってきた。
選挙戦においてはトランプ大統領を支持した。そのための情報も公開した。

選挙後においては、対外的な分析に留め、限定的な言及にとどめてきた。
結果は正解だったと思う。それを冷酷だという者もいるだろうけれど、公職は責任が違う。

実名そのものが屋号のようなもので、例えば、持ってる情報はあったので、そういう振舞いをすれば大量のアクセスを得ることはできたろう。けれども、それで焼け落ちて終わりだった。

私たち議員は、アカウントを削除することはできない。
チャンネルを閉鎖ではなく、政界から引退する以外の選択肢がないのだから。

 

それでも。

「まだ、準備ができていない我が国」を見て、不安に思い、「なんとか!」という思いをもって吶喊していく同志をみて羨ましくも思った。参戦できぬことを残念にも思った。

だが、とんでもロジックが横行している中では、参戦することはもはや不可能な情勢になってしまっていた。
部分的にとはいえ情報を持っている者(例えば海外現地法人からのレポートなど、普通の資料)としては、情報の錯綜度合いが常軌を逸していた。

 

本論に戻そう。

資料とか、本当に重たい情報なんてものは、簡単には公開できない。

 

紙媒体で配布、資料にはナンバリングした上で回収。
「え??」と思うかもしれないが、地方政治でもこれぐらいのことはする。情報の公開日時が指定されているものもある。市議会レベルでこれだ。

情報を公開するというのは、流出とも同義も場合があり、「持っている者が限られている」ゆえ、アップした者が簡単に判別できるのです。

 

さらに。
保守系の難処理案件の場合、ものによっては通信制限(スマホ没収)で、会議場所も当日発表なんてこともある。

ざらにある。

 

 

 

本論に戻そうとしていたのに、また脱線しかける。

いや、脱線していないんだ、脱線していない。

 

コロナ恐慌が起きるのか否かという指標と分析は、してきた。

私ではなくて、そういうチームで。日本政府ではない。

世界レベルで、他国も含めた「読み」です。

開始は一年前。

 

私も一員だ。

 

数字そのままをアップしたり、何を指標としたり、どういう計算式でやったとは言わないし言えないけれども。

もう少しで復元点を越えるな、と。

 

 

 

恐慌のはじまり

何も救いのない話で申し訳なく思う。

 

ここ数日、北九州市議選ばかりを手伝っている。
日中はほとんど動けてなくて、Blogの内容も疎かになってしまい申し訳ない。

書きたいこともあるし、書くべきものも多数ある。

 

その中で、経済指標は見ている、
私自身はそこまで詳しいわけじゃないけれど、分析しているチームの資料は目を通している。

自分でも、例えば風を読むように、体感できるよう試みている。

 

 

 

こういうのは復原点みたいのがあると思っていて。

例えば船だと、一定の傾きまでならば、元に戻るように。
けれども、ある一定以上の傾きとなってしまうと、復原できない。

 

経済にも同じことがいえると思っていて、恐慌に向かうときのレベルってあると思う。
私は「まだ越えてない」と思っているけれど、もう「まもなく戻れなくなる」と思っているし、その残された時間で状況が改善するとは思えない。

ダメなのかな、って。

 

 

 

政策で抑えられる限界値
私は、GoToは凄い政策だと思っていて、あれに触れた時期は市議選の前だから、ほぼ一年前。

見越してたのは、これ(コロナ恐慌)の抑止で、単に観光業がうんぬんという次元ではなかったと思う。最初は名前が分かりにくとか思ってしまったんだけれど、GoTo商店街など多数の政策もあった。

業界単位で焼け落ちてしまうことを警戒し、抑止しつつ動かすという願いが込められていた。単なる給付とも違う、高い政策レベルで組まれた制度だった。

 

ぶっちゃけ現場に近いとこにいたので、さらっと書いてしまうけれど。
官僚主導の政策ではなくて、国会議員の手が相当に入っている。

で、金額とか、インパクトある形にした議員が誰かも知ってる。
ネット上では「二階派の利権だぁ!」って書いてるけど、メディアもそういう扱いなんだけどさ、そこで辣腕を振るっていたのは二階派の先生じゃないんだけどな。

あのときもネットの誤射だったと思うよ。
で、「焼け落ちそうな業界をメンテ」するための政策は、他の奴は潰れたんだよ。

 

保守系の先生たちって、党内では立場が微妙なときもあるし。
あれがああいう形でつぶれて、幹事長マターみたいな扱いになってしまって、
だから「次」の政策を考えること、提案することは、そのチームはもう無理だと思う。

だから、新しい卵は産まれない。鶏を殺したようなもんだから。
私も、そこには戻る気はないよ。

 

このあたりは真実性は高いと思う、何かエビデンスを示すまでもないだろう。
コロナ第一波において、政策面や政府の動きについても、異常な速度で、異常な的中度で公開してきたもの。

私も、何がしかの形で中にいたか、または近いとこにいたと考えたほうがいいでしょうに。

 

政策で抑えきれる限界地というものがある。
なんでもできる魔法使いでもない。

けれども、手当てできる政策能力をもった議員(国)なんて数が限られているし、GoToが支持率下落の一因みたくされたり、特定会派の利益みたいに言われてしまって、レッテルを貼られ終わってしまった今は、もはや他会派の先生とか、特に若手とかだと、もう当事者能力はないよね。

そこは、ネットも一緒になってやっちゃったんだ。
だから、バンドエイドを張る人ももういない。

 

 

 

困っちゃったな、というのが正直なところ。

 

外交もだし、防衛もだし、相当に苦しいとこにきてる。

 

けれども、経済的なダメージは、そろそろ本格的に来る。

 

「いまから来る」というのは、偽らざる本心です。

 

外れて欲しい予測だけれど。

 

厳しい現実ばかり突き付けたけれど、

 

地に足を付けた情報を共に精査して行って頂ける方は

 

シェア、拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 

一本目の動画が完成しました。

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

17 Responses to これから始まるコロナ恐慌。遠くない未来、「あの頃は良かった」というのだろう。(ネット上の情報精査について一言)

  1. BLACK のコメント:

    ド素人庶民低学歴婆の私でも、非常に嫌な気がします。

    コロナで経済悪化→恐慌→国の困窮と国民の不満充満 この先がいろいろありそうで私には絞れません。

    国の困窮と国民の不満充満の先が
    独裁なのか
    革命なのか
    内戦なのか
    戦争なのか
    共産圏に入るのか
    絞れませんが、どちらにしても良くない方向なのは想像出来ます。
    もしかしたら、この窮地を逆手にとって全てを良い方向に持っていく、と言うことも
    可能性としてはあると思いますが、非常に難しく、可能性は低いでしょうか。
    でも、国と国民が生き残るには、それしか方法は無いとは思います。

    独裁も
    革命も
    内戦も
    戦争も
    共産圏に入るのも
    全部全力で拒否したいです

    でも、全力で拒否するつもりで、全力で協力させられる、全力で協力している
    そんなこともあるのだろうなぁ、と我が身のことを思ったりもします。
    だって、一般の国民には見えていませんから。
    「だから説明してくれ」「明かしてくれ」と言う意味ではありません。
    常に一般国民、庶民は、その危険を持っている、と言う自覚です。
    どうしても、わかりやすい言説、わかりやすい人について行ってしまうと思います。
    それをどうしたら良いのかと、庶民として悩みます。迷います。

    庶民には大した力も発言力も影響力も無いように思えますし、事実無いでしょう。
    けれど、選挙権があり、最終的には微力のひとりひとりの庶民の情念・思念が国を動かす
    とも思えます。

    その庶民への、作為ある誘導、悪意ある策略があったとしたら、庶民はどう対処したら良いのか。
    国民が国を想って結果的に国を亡ぼす、そのようなことをどうしたら避けられるのか
    いち庶民として悩みます。迷います。

    小坪氏の指揮に希望を託します。

    以上 文責 BLACK

    • BLACK のコメント:

      少々方向違いの単なる愚痴だと思いますが

      最近「これからが正念場です」「気を緩めてはいけません」みたいな発言をする方々の声を聴くと
      「けっ」「うるせーよ」「聞き飽きた」と、内心で毒づく自分がいます。

      もちろん主旨は理解していますし、反する行動をしたりするつもりは皆無です。
      でも、何でしょうねぇ、このムラムラとわいて来る毒の気持ちは・・・・

      こんな気持ちは怖いなぁ、と自分を思います。
      わかっていることを念押しのように言われるのに腹が立つのでしょうか。
      押さえつけられることに反感を感じるのでしょうか。
      何か不思議な怒気が沸いている自分を感じます。

      決して嫌味では無く、小坪氏のお言葉を拝借するならば
      「あんな言葉に腹を立ててたあの頃はまだ呑気だったなぁ」と
      あとから思うのだろうなぁと思いながら・・・

  2. 波那 のコメント:

    麻生さんが地方の講演では言っても国会では決して言わないこと。例の10万円給付したら借金増やすだけと麻生さんが言ったあれ。麻生さんは、もう何年も前から地方の講演では日本には借金はない、札を刷ればいいだけと言っています。講演の動画を見たら笑いますよ。
      ⬇
    🔻麻生さん、一律給付お願い
    http://endokentaro.shinhoshu.com/japan/post7710/

    私は今、支持率が下落してるので財務省に抵抗するのはヤバイ状況になっているからだと思います。麻生大臣に対してではないかも知れませんが、穿り返して財務省が自民党のスキャンダルをマスゴミに流すの必ず絶対にやりますから。安倍総理も2回、消費増税を延期させましたが次々仕掛けられてましたね。私達国民は 〈 behind the scene 〉 の事をもっと知った方が良いと思います。でなければ、聳え立つ牙城、財務省が支配してる権力は誰が財務大臣になろうが、総理に誰がなっても崩す事は出来ませんから。

    • 波那 のコメント:

      🔻辛坊治郎氏 コロナ感染拡大に「だからGoTo関係ないだろ!」
      2021年01月23日 19時10分
      https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/news/2656410/

      sin 管釣り好き@sin007777
      立憲民主党と日本共産党は謝罪すべき。 辛坊治郎氏 コロナ感染拡大に「だからGoTo関係ないだろ!」 ttps://tokyo-sports.co.jp/entame/news/2656410/…
      午前8:27 · 2021年1月24日

      I AM MOT ABE @肉球薪党@tamut1227
      GoTo停止しても感染拡大が中々収まらない中で、特定野党や自称リベラルはかつて「GoToが感染拡大の原因だ!」とギャーギャー騒いでいたことを無かったことにしようとしてるのに「GoToホンマは関係なかったんちゃう?」とテレビで堂々と言いやがった今田耕司さんはネトウヨ。
      午後7:51 · 2021年1月23日

      黒瀬 深@Shin_Kurose
      まさに正論としか言いようがないが、とにかくGoToのせいにしようとする人達は、客観的事実を集めるのではなく「菅政権が嫌いだからGoToを悪者にしたい」という結論ありきな人達ばかり。GoToだけでなく全てにおいてそう。だから話が通じない。
      ttps://tokyo-sports.co.jp/entame/news/2656410/…
      午前7:57 · 2021年1月24日

      • 波那 のコメント:

        「平等に貧しくなろう」/
        東大の教授、上野千鶴子が書いた記事を数日前ですが、高村武義氏がツィッターで取り上げ、大炎上していたそうです。🗣️w これ拡散事案ですよね。

        高村武義 #WalkAway@tk_takamura
        若者に平等に貧しくなれといってる上野千鶴子は、外車を乗り回してる団塊金持ちだということは、もっと知られるべき。自分は高度成長期の繁栄を享受しておきながら、下の世代には繁栄を与えず、裕福な自分の生活は手放さない。その上で、上から目線で貧困になれと平然と言う。吐き気を催す邪悪だ。   ttps://pic.twitter.com/beLNJaeq3A
        午後1:42 · 2021年1月18日

        👉「平等に貧しくなろう」と言う新聞記事の画像。こちらでお読みになれます。
        https://sn-jp.com/archives/27261

        高村武義 #WalkAway@tk_takamura
        返信先: @tk_takamuraさん
        ttps://twitter.com/PropTrader88/status/1351019257300180995…
        本当に上野千鶴子には吐き気がする。
        ………………
        ぷろっぷ@PropTrader88
        上野千鶴子氏の情熱大陸で一番印象に残ったのはすごいタワマンの景色と素敵な別荘でした。万国の労働者は等しく貧しくなりなさい。
        (写真掲載)
        午後1:43 · 2021年1月18日

        高村武義 #WalkAway@tk_takamura
        返信先: @tk_takamuraさん
        20年以上もデフレが続いている事も理解できない緊縮財政脳。それが上野千鶴子。ハイパーインフレなど起こらないことは参議院の試算でも判明してる。結局、こいつも日本を貧困化させた加害者の一人だ。
        ……………
        上野千鶴子@ueno_wan
        特定定額給付金の財源はすべて国債、日銀が引き受けるという。つ まりお札をどんどん印刷するって ことだ。れいわ新撰組の経済政 策、MMTがいつのまにか実現し てしまう。おカネがだぶつけば、政府があんなに望んでいたインフ レも起きるかも。コロナ危機にインフレが重なったら弱者はどうな るのか。
        2020年04月29日 17:27·
        ……………
        一水会@issuikai_jp
        👉参議院で面白い試算が。国債を財源に、国民全員に毎月10万円づつ支給し続けてもインフレは1年で1.215%にしかならず、それを3年続けてもインフレ率は1.809%で、あとは景気回復に伴い供給が上がり、インフレ率は下がるという。ならば今こそ国民給付金の支援を行い。限度額上は年末調整で納税すれば良い。
        午前1:40 · 2021年1月19日

        TAKE大和撫子隊勝手応援支隊301SQ@ZtA8QNUj46sWNVI
        返信先: @tk_takamuraさん
        まず、タワーマンションから2Kの文化住宅に引っ越して貰って、オープンカーの外車をwagon-Rの中古に乗り換えたら話しを聞こう。 聞くだけね。
        午後7:18 · 2021年1月18日

        一応調べて見たら、上野千鶴子はあのロクでもない日本学術会議の会員でした。日本のオパヨクな皆さん達って何でこうも分かり易いんだろうか(笑)。

  3. よっちゃん のコメント:

    おっしゃる通り、これから始まる春闘の内容がとても厳しいものになれば、都市部でも一気に消費が縮小する可能性があると考えます。
    民心を安定させるために、全力を尽くす段階はすぐそこに来ていると考えます。

  4. 神無月 のコメント:

    武漢ウイルスの感染者数、死亡者数は、先進国の中で日本は1桁少ない数字です。
    個人的には、よくやっていると思っています。

    GoToキャンペーンが標的にされたのは、政府の支持率を下げる事が目的でしょう。
    野党さんの生き残る道は、国民の政府への不満を高める事です。
    国民の不満の高まりは判断力を低下させ、野党の甘言に簡単になびきます。

    第4勢力も大統領選の報道を見れば一目瞭然で、全てあちら側がですよね。
    それもあり、ネットでの反メディアに対抗する意識が高まり過ぎて、陰謀論者によってかき回されたと思います。

    全てとは言いませんが、マスコミが世論誘導の実権を持つ以上、政治家は首に鎖を繋がれ、国民は両足に鎖を繋がれている様なものでしょう。

    メディアを制する者が、国を制するとも云えます。
    メディアを制する者は野党ではなく、もっと上の・・・
    .

  5. アンチレッド のコメント:

    >外れて欲しい予測だけれど。

    日本の政治家には「悪い予想を的中させる」能力はあっても、「悪い予想を外す」能力はないのでしょう。
    そもそも悪いと思ってない悪魔的政治家もいるでしょうけど。
    それが分かっているから、多くの人がトランプ大統領に期待したのだと思います。
    日本のボスキャラ財務省もトランプ大統領が戦っている巨大な敵の子分ですから。

    • アンチレッド のコメント:

      政治も経済もド素人が考える超単純な経済政策

      使う資料は、国内銀行の資産・負債等(銀行勘定)(2020年11月末)だけ。
      https://www.boj.or.jp/statistics/asli_fi/ald2011.pdf
      このバランスシートの左側資産にある貸出金554兆8,029億円と同額の国債を財政ファイナンス(日銀直接買い取り)で発行して、調達した日銀当座預金を貸出金と置き換える。
      このように政府-日銀-市中銀行の3者間で「帳簿の数字」を操作するだけで、市中流通通貨に影響なく民間の銀行融資がゼロになる。
      これのどこに問題があるのか、政治も経済もド素人なので分かりませんが。

      ちなみに「銀行は預金を貸し出している」という「都市伝説」がありますが、銀行預金はバランスシート右側負債になっていることから、「預金(負債)を貸し出す(資産)」が間違いであることは明らかです。

    • アンチレッド のコメント:

      財務省が国の借金で財政破綻すると言ってますが、国が財政破綻するとはどういうことか?
      国民が文化的な生活をするのに必要な財(モノ、サービス)が調達・供給できない状態と定義するのが妥当かと思います。
      そこで財政破綻を表現する式として、

      鎖国した場合に不足する財の量 ≧ 日本円(自国通貨)で調達(輸入)できる財の量

      が考えられると思います。
      これを大まかに表す指標は為替になるでしょう。
      つまり、1ドル何円になるかを見ていれば、日本の危うさが大体わかるのではと、政治も経済もド素人は考えます。
      例えば、1ドル1万円の「ウルトラハイパー円安」になれば「日本ヤバイ」と誰にでも分るでしょう。

  6. 氷河期の隙間世代 のコメント:

    誰も手がつけられない状態になってからが正念場のスタートです。
    ここからが政治のスタートでしょう。

    ここからは責任感・実行力・リーダーシップが問われます。
    何のために政治家になったのかが問われます。
    有権者としては誰が信頼に足る政治家なのか見定める好機とも言えます。

    やる気のある政治家には是非とも前に立って欲しいものです。
    やるかやらないか。
    民間も政治も同じです。

  7. ミカンの実 のコメント:

    小坪議員、建前でなく本音の記事をありがとうございます。
    今回の件記事で、(私は家庭の主婦ですから、)今から食糧と水だけでなく衣類も備蓄をしようと決めました。家族の分だけ少しだけですけどね。お金をできるだけかけないで自立すること。それからお金をもっと回すこと。一見矛盾していますが、両立できると思うのですよね。なんだかんいっても日本はまだまだ恵まれています。
    (ただし、若い世代の方々は早く助けなければ間に合わないと思います。若い世代中心に政策をどんどんやっていってください。)これ本当に大事です。若い世代を助けていってくださいませ。切に願います。
    さて、地に足をつけた生活防衛をしていくとですね、政治家の嘘や建前がよくわかります。野党議員の「与党ガ〜!自民ガ〜!ガースーガ〜!」と、でかい声でマイクで騒音状態連呼には騙されないでしょう。それでも騙されたり、アメリカのように不正選挙になったりしたら、その時はどうしましょうかね?という事で、小坪議員、頼りにしております。

  8. Y のコメント:

    小坪先生、日本の為に日々のご活動に感謝します。

    私は政治経済のことは、よくわかりませんが、もう一年以上、自粛生活が続いています。これ以上長引くと経済的な危機や、社会の混乱に向かって行くことは、私のような素人でも予想出来ます。

    庶民の家計簿的な考えですが、収入が見込めない時には、無駄な支出を見直すしかありません。外国人のための生活保護、売国企業への補助金など、コロナ禍を理由に廃止にしてほしいと思います。

    過去に何処の国の人かわからない方に、事業仕分けをされたように、コロナ禍の今は、真
    の愛国者に無駄遣いを見直してほしい。

  9. ぎん のコメント:

    経済のことはよくわかりませんが、米国の状況を見れば、リーマンショックの時や、それ以上のことを想像しています。

    若者にとっては、目の前にある自分の進路や結婚や、これからという時に夢を諦めた方を何人も知っています。

    少子化や恐慌、社会はテレワークやAI導入で、どんな風に変わっていくのか、それ以上の未来予想図は全く見えません。

  10. 維新は裸の王様 のコメント:

    うーーーん・・・・・
    風が吹きそうな事、自民党国会議員自らがやってんですもの。

    思えばGOTOが始まる前から、少しずつ。
    反発起こるのも仕方無いです。
    覚悟を決めて金を刷れば良かったのでしょうか、否かは、解らないけど。
    せめて立憲共産党が悔しがるくらいの弱者救済はしてもらいたかったですね。
    だから不満層が分断を煽ってる。

    悪影響は大きいでしょうね色々と。

  11. パコリーヌ(髭) のコメント:

    別にいいじゃないですか?
    破壊してから再生する
    EUの外出規制は避難訓練みたいなものでしょ
    伊勢白山のジジィも言っていたわよ、モノに執着するなと
    チャイナからのボカンでみんなぶっ壊れてモノが無くなるからだったりしてね

  12. 大保守(柏城耕介) のコメント:

    一部には株価も上昇して今後景況も持ち直すというような観方はあれどフリーランスの端くれである身の上としてはJR四国の事例に対しても他山の石だけで片付けられないものはあります。

    https://tetsudo-ch.com/11090256.html

    こんな状況でも自己責任論を掲げる者に努力不足や甘えだとか詰られることはありますし先の話題で書きそびれた内容の補足で云えば身内にもそんな向きはあるため何ともならない実態を解って貰えず毒親じゃないかと返したくなることすらあったものです。

    で、話を戻せば貸付等も頼りにならない場合はありましたので自分でも何とかしようと動いているもののこのままいけば橋の下で暮らして托鉢でもするほかないかもしれないところです。(苦笑)

パコリーヌ(髭) にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください