一斉休校で親の給与補償が求められる背景、行橋市と福岡県の動き方の具体例【共に防疫を戦う人はシェア】


 

 

・基本的な考え方
 私は議員個人としては、本件における小中学校の休校については、その手法については評価しないという立場です。ただし目的については理解しておりますし、全面的に賛同しております。一斉休校は感染症の抑止について効果があると考えています。
 評価できないと考えるのは“子供から止める”ことで、親の世帯収入などの、その後の生活環境の破壊になる危険性を考慮したためです。これらの点をテーマとし対応を行いました。
 これより詳述していきますが、私が国会議員であればまた異なる見解をしめしたでしょう。しかし私は地方議員です。そして、義務教育過程の学童については、市教委・県教委の責任であり、そこに議決を付与する立場の一人としてどうしても果たすべき責務がありました。事実として、2週間の連続で休暇をとれば解雇されるような立場の方もいるわけで、多くの児童は自宅待機が可能だとしても、低学年を中心に一人で家に置いておけない状況の方もいる。
 仕事を辞めるか否かという二択を迫られる父兄は存在しており、如何に国の要請とは言え(あくまで要請であり決めたのは地方という形で)背景を把握しつつスイッチだけを無情に押すことは私にはできません。そのため、やむにやまれぬ児童については、行政で対応できる形を「国の要請には従いつつも」実施することが地方議員の責務であると考えました。

 実際に、福岡県および私が市議を務める行橋市はそのような対応を完了させており、文書で通知済みでありますので、背景にあったこと及びその考え方を公開するとともに、送達済みの文書をBlogにて公開させて頂きます。

※ 私が市議として実際に活動し、その効果も含め得られた現在の市内の情勢および県の動きであります。あくまで市議個人として見聞きした内容であり、より正確には行政発表を正とさせて頂きます。

 

 

 

4月末まで2日に1回の更新とさせて頂きます。
【出馬表明】行橋市議・改選に伴う後援会活動の強化について
事務所開きの御案内(是非、ご参加を。) 令和2年2月23日

行橋市議会議員選挙
  (告示) 令和2年4月 5日
  (投開票) 令和2年4月12日

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

行橋市の動き、福岡県の動き

※ 私が市議として実際に活動し、その効果も含め得られた現在の市内の情勢および県の動きであります。あくまで市議個人として見聞きした内容であり、より正確には行政発表を正とさせて頂きます。

私の主観に基づく文書であり、これは市・県の公式の見解ではありません。
実際に議員活動を行う中で関係各所に要請を行い、その結果として得られた文書があり、その文書発行の背景において行われた議論を「私の主観」において書き下したものです。

 

行橋市の事例

 

 まずもって国の要請に従う。

 感染予防の観点は重要であり、休校扱いとする。4日より実施し、24日(春休み前)まで継続する。(児童・生徒は春休みが終わるまで登校しない。)

 そのうえで、世帯ごとの調査などを実施し、希望によっては認める。これは通学を認めるという意味ではない。親が、どのような理由であれ、どうしても日中において子供を見ることができず、かつ一人で待機させることができない年齢の場合に、「行くことができる」という環境整備を行うもの。ここには経済的な理由やパートを休めない等も含めたい。3日程度を休むと解雇される業種もあり、再就職も容易ではない。

 基本的には国の要請通り“児童は自宅待機”とし、パンデミック対策も視野に入れたものであるため、学校で預かるのは推奨するものではない。しかし、経済的な理由(例えばパートを休むとクビになる等も含め)により、その後の生活環境が破壊されるのであれば、児童の教育環境の観点からも別の問題が生じてしまう。
 県に先駆けて、やむにやまれぬ場合は市で面倒を見る方針を決定。

 私は市長に直訴し、市長はこれを受諾。総理の発言が27日の夕刻であったが、市長への直接要請は28日に実施した。
 市長に直訴し、市長はこれを受諾。

 これも受けてのことと考えているが、28日14:00より市長直下で臨時庁議を開催。私は市議として、直前まで市長室において対策協議していた。

 庁議においては、教育委員会のみではキャパオーバーになることを想定し、各部門からの協力を市長名で公式に出してもらうよう要請していた。

 学校施設が使えない場合には、いよいよの場合には公民館を使うことも視野に提案した。

 

 庁議とは。
 市長が招集し全ての部門長が参加する、国で言うところの閣議に相当する手続き。市内の行政組織すべてに発令する場面であり、行橋市長が臨時で庁議を開催し号令をかけたことについては、速度についても指示の的確性においても評価されるものと考えている。

 私は庁議に参加する権限はないが、ドアの前で(いわゆる壁耳で公式にではないが)冒頭の市長の発言については聞くことができた。記憶を辿りつつ概要のみ記す。

 行橋市長 田中純
 「突然の休校により児童・生徒らが自宅待機となる。パンデミック対策として国の要請に従うものであるが、一斉休校に対応しずらい世帯があることも考えてねばならない。パートや非正規の雇用形態であれば即時の休職が難しく、または連続した休暇申請が解雇となる業種もある。
 いまの時代、再就職が難しい状況もあるだろう。基本的には自宅待機として頂きたいが、やむにやまれずという状況であり、かつ児童の単独での自宅待機が難しい場合については市としても行政対応を行いたい」という趣旨の発言があった。一言一言を記したいぐらいの、かなり重厚な発言であった。
(庁議の内容は、議事そのものが公開されているわけではないため、あくまで私の記憶ベースで趣旨のみ記したものです。)

 

 難航した部分。
 これは私個人が市長と協議した部分でも出てきた話でありますが、”小学校教員が県職員”扱いであるため、市教委が直接的な指揮権を有しない。そのため小学校教師が果たして動いてもらえるかが把握できなかった。この部分は、庁議においても議論対象となったやに聞いています。

 その代替策として、行橋市は”市の直接雇用”であるALT・アシスタントティーチャー、保健師などを活用。これでも頭数が足りず、完全に休校する中学校から市の直接雇用の人員をまわし準備を整えていた。

 

福岡県の対応

 

 国の要請には従う。
 その上で、希望する世帯の児童については、責任をとる方針。

 政令市の動きは速かった。政令市の場合は(一般市とは異なり)教員が“市の直接雇用”であることが遠因であると考える。また人口密集地であることを踏まえ、危機感が強かったのではないか。これらの部分も踏まえ、行橋市を含め市教委には小学校教員に対する直接の指揮権がないことを述べ、県教委の判断を待った。
 私は市議として、文教関係の県議に強く要請した。結果として、県教委・課長より架電。これは県議の要請に基づくもので、県の動きを伺った。結論から言えば、行橋市の方針と同様のものであり、来週明けに手配しきれない(例えば仕事を休めなかった親)などについては対応していくことの報告を受けた。

 学校施設についての使用も許可が頂ける方針。感染予防の観点から、テレワークなどを活用するため、教員数は最小限になると思われるが、(※ 行橋市は視聴覚室や図書室、保健室などを想定。エアコンがある部屋を念頭に置いている。)そこに求められる規模の、小学校教員の数については、県教委としても同様の指示を出す。

 28日(金)16時付けで市教委に対し、県教委より文書通達してもらった。大前提として「国の要請には従う」としたうえで、“その上で”としているため書き方としては分かりにくい内容だと考えるが、上記を網羅した内容となっているとのこと。
 その箇所については、県教委の担当課長としっかり話させて頂いた。県議による動きの結果であり、川端県議には深く感謝している。

 ※ これら県側との折衝は、「議員個人の活動」として私が(公式に手配できる権限を有しないため)個人活動として実施したうえで、市行政・市教委に緊密に報告を行った。また、内容によっては市長に直接報告しつつ進めた。何より時間がなかった。

 

・川端耕一県議に対する謝辞
 福岡県議会議員で、私の古くからの友人であり同志。後援会の会議にも何度も参加してくださっており、毎回秘書を派遣してくれている。(秘書の名前はHさん。)
 前文教委員長であり、現在も県文教委員会の委員である。県教委に強く要請し、折衝してくれた当事者。当日のことであるにも関わらず、相当に正確な情報を出してくださり、かつ県行政との折衝を行ってくれた。

 行橋市は、この県議のおかげもあり、市・県が足並みを揃えて本件にあたることができた。

 

 

 

市からの発表および送達

 これらを受け、別紙のように父兄に対して「やむにやまれぬ場合は、市で責任を持つ」旨を教育委員会として発布することに成功した。総理の発表が27日(木)の夕刻であったため、対応できる時間が木曜日の夜間から非公式で対応を開始、公式に動けるのは金曜日の朝8時から12時程度の4時間しかなく、いずれの自治体も対応に遅れが見られた。
 その中で福岡県の動きや行橋市の動きは、時間猶予的に国が指針を待つことができず先んじて判断を下しており、かつ行橋市の動きは全国的に見ても異常な速度を記録した。

 厳しい状況の世帯に限定するとは言え、自宅待機が難しい世帯に手当てしたことはパンデミック対策としては、是々非々があるとは思う。ただし、通常の行政事務では”絶対に間に合わない”と言われた案件を実際に間に合わせたことについて、スキルについては高い評価を受けている。

 2日は混乱も生じると考える。ただし、金曜日中にある程度の方針決定がなされたため、混乱についても最小限に抑えることができるのではないか。徐々に改善しつつ、行政機構が破綻せず、最後の最後まで子供たちについて責任を持ちたい。
 2日の休校には間に合わないが、4日からの休校とし、3月2日・3日の48時間で世帯単位の確認を市の行政能力の全てを投資して全力で実施することになろうかと思う。
(※ この2日間において、自宅待機が難しい世帯の洗い出しなどを実施する必要があると、市議として指摘しておきたい。)

 

 

 下記が実際の文書。
 末尾の数行、ここに全てが込められている。時間をかければ誰でもできることだろうし、いま見ても普通の内容に感じるかもしれないが、金曜日中に市が発したことの速度を考えると異常値と言われるのがわかると思う。

 この数行を、行政機構として責任をもって発するにあたっては、それだけの体制構築を完了させておく必要があるからだ。

 

 

 

・背景にあった考え方
 義務教育過程については、市教委・県教委が責任を持つ。特に市については、いまは市長の直轄であり、これら予算については市議会で議決を付与している。感染予防の観点を軽視することがあってはならないが、だからと言って例えば小学校低学年が自宅で一人で待機し、何がしかの火事・事故などに巻き込まれることがあってはならない。
 この部分については、地方議員が責任を持つべきものであるとの考えにたち、国の要請に反しない範囲において、かつ私たちの責任も果たしたいと考えた。

(備考)
 学校自体は休校扱いであるため、一部の生徒のみに給食を支給することは難しい。別途の費用負担は生じてしまうが(または作る時間など)、弁当については持参してもらう形になると考える。2日・3日については給食を実施する。

 

 

 

子供を見ること、その行政責任

 判断は、難しい。

 実はデメリットもある。理解はしている。
 全体を俯瞰する立場であれば、例えば国会議員であれば異なる動きをとったかもしれない。

 ですが、私は市議会議員です。行橋市民を守る、当市の市民生活を守ることを考えると、単にパンデミック対策のみでは判断しきれなかったという状況にありました。

 

 夏休みや春休みであれば、親は対応できます。例えば計画停電と同じようなもので、事前に分かってさえいればいかようにもで対応はできます。けれども、ここまで大規模に一斉に休むとなると無理です。

 はっきり言いますが、休めません。
 ここは子育て中の親の立場というよりも、中小企業の経営者側の観点で述べさせて頂きますが、休めないのです。

 

 私自身も、実は経営者の一族です。祖父が創業した旅館の三代目でもあり、私自身は市議が忙しくノータッチです。いまの状況は、(親不孝者で恐縮ですが)よく分かっていません。
 かつては旅館業でありましたが、いまは宿泊をやめ料亭になっています。

 当時、旅館の時代は私も普通に働いていたのですが、宿泊客がいるときは誰かが番をせねばならず、夜勤扱いとして人を出すと高額な人件費になってしまうため、私もよく泊まり込みをしていました。家族経営の小さな会社です。

 中居さんもおります。ほとんどがパートです。
 それらの事情もあり、市内の中小企業の状況についても、それなりには把握できているつもりです。

 

 苦労するのは、夏休み・春休み前のシフト編成です。

 いずれの企業も同様ですが、長期休業前のシフトには頭を悩ませる部分です。子育てが終わった世帯や高学年の世帯など、各世帯ごとの事情を勘案し、みなで協議しながらシフト割りをします。

 そのため、急きょ連続で多数のスタッフが休むと、他のスタッフに大きなしわ寄せが行ってしまいます。これはうちの話ではなく、いずれも業界においても、小さな地方都市ではありふれた光景です。

 ゆえに、連続で「突然、明日から2週間、休みます!」と言われれば、組織崩壊を招いてしまいます。ということは、どうなるかと言えば、組織として「雇止め」をせざるを得なくなります。はっきり言えば解雇に近い状況になります。
※ うちは接客業なので、そういうことにはなりません。他業界では、仮に社長がそうはしたくなくとも、スタッフの席数の都合などから「そうせざるを得ない」ことを把握しているという話です。

 

 これらの背景があるため、働く親は二つの選択肢を迫られます。

 全員が、そういう厳しい情勢になると言っているわけではありません。

 けれども、この状況に陥る世帯があることは厳然たる事実です。

 子供を見るために、解職覚悟で2週間を休むか。

 または、のちの収入や生活のために、子供を見ることを諦めるのか。

 

 多くの子供が、自宅待機はできると考えています。

 小学生でも高学年であれば問題ないという場合がほとんどでしょう。中学生も休みになりますから、一番上が中高生の場合は、家族で見ることも可能だと思います。

 問題になるのは、小学校の低学年であり、一人でお留守番が無理な児童はいます。世帯ごとに事情があるし、子供ごとに特性があります。一律ではなく、個々に考えていくことになろうかと思いますが、無理なものは無理ですし、強行すれば危険がある。

 

 

 市教委・県教委という言葉が何度か出てきました。

 義務教育過程においては、市教委・県教委が一元的に行政責任を負っています。

 できていること、いないこと、多々あります。

 私も様々な指摘をしてきました。

 

 ですが、いま一度言いたいのは、

 これらの責任は、市教委・県教委が持っているのです。

 国の要請を軽視するわけではありませんが、

 だからと言って、私たちが負っている責務を簡単に放り出すことはできません。

 いまは市教委は市長の直下にあり、(法改正)

 市議会として、これら教育予算に議決を付与しております。

 ゆえに、私には、地方議員として当市の市民に対して責任がある。

 

 これはパンデミック対策を軽視するという意味ではなく、

 私たち地方行政・立法機関が、当然のこととして負っている責務も果たしつつ

 かつ、そのうえで国からの要請にも応えることが求められたと思います。

 

 国の要請に基づき、パンデミック対策を実施した、

 しかし雇止めが横行し、生徒を育成する家庭の経済情勢を破壊した、

 そうなってしまえば、行政が当然に持っているべき責任を果たせたとは言えません。

 

 ストレートに言います。

 私は嫌だった。

 状況を知っているからです。

 

 

 

給与補償の功罪と、休業補償

給与補償については、経団連の反対があると思っています。

 

理由はシンプルです。

働かなくなるからです。

 

本当に「例」でありますが、例えば、先月・先々月の給与の平均値の7割を国にて補償するとしたとしましょう。

条件は、18歳未満の学童を扶養していることなど(年齢は何歳にするか議論もありましょう)にして、「自宅待機」を理由にした場合、給与の補償をしたとします。流石に全額はちょっと違和感もあるでしょうから、7割ぐらいの補填にしましょうか。

かつ、それでも(世帯として)資金繰りが厳しくなるのであれば、緊急での融資を低利率で行うなどの環境整備も。

 

これを法人に対してではなく個人に対して実施した場合どうなるか。

そこも私にはわかっているのです、えぇ、わかっておりますとも。

その上で覚悟をもって先日の発信をしておりますし、本稿で記した議員活動を実行しました。

 

先ほど私が述べた、中小企業の実状、ここを踏まえてもらえばわかると思いますが、
「7割が補填されるんだったら、じゃぁ働かない」となるわけです。

私は、何でもかんでも”女性かがやく”と言っていた言葉も実はあまり好きではありません。その実態は、女性を安価な賃金で働かせたいみたいな思惑が透けてみえるからで、年金受給直前まで安く働かせたいとか、若者も安く働かせたいとか、ベアはさせたくないとか、ね。

そういう世代単位で食い物にするような、そんな政策は好きにはなれない。
ここは明確に言っておきたい部分で、小泉解散における新自由主義の、そして麻生解散における国民の選挙結果について、つまりは下野した時代のことについてですね、『構造改革路線の総括』をちゃんとやってないわけであります。

ここは、本当にちゃんとやらないといけない。
むしろ、そのために入党したとも言えるんです。

 

なぜならば、私は、私の世代は、
私は(ゆとり教育が実施される直前の)昭和の最後のほう、53年生まれでありますけれども、まさしく氷河期世代でありまして、食い物にされ、まるで人柱のように扱われた世代であるからです。

私の政治信条の根幹にもある原風景であり、ここだけは譲れない。

 

主婦層がパートに出てくれなければ、周らない企業はある。

中小企業も、地方においては末端から壊死と言いますか、厳しい状況にはなるのでしょう。
ですが、最終的に困るのは、その安価な賃率に支えられた経団連系の企業がダメージを負う。

特に、パートだけではなく正社員にも給与補償を、個人に対しても実施すれば、「じゃ、出社しない」は起きうるわけで、そうなると企業活動へのダメージはある。

 

国は、10日後に方針を示すと言っていますが、果たしてどの程度の補償をするのか、私にはわかりません。

法人を軸にやるのではないかな?と、嫌な言い方になりますが、疑念も持っています。

社会全体を見ればそれが正解だと思いますし、私が教育を所掌する地方行政を見守る地方議員でなければ、つまり国会議員であれば、同じような判断をせねばならかった可能性は、あるのです。
ここは立場の違いです。

 

あれもこれもと止まった結果、生産は止まり輸送もできない。
例えば食料すらも工場生産ですから、コンビニの弁当だって届かなくなるかもしれない、それを届けるトラックの台数だって稼働率だって低下するかもしれない、そもそもバイトの店員さんもいなくて営業できないかもしれない。

給与補償を個人に対して行うというのは、そういう側面を持っているのです。
わかっています。

 

だったら、それを育児中の子育て世代に押し付けていいのか、と。

こういう状況だと分かっているのに「国からの要請ですから」の一点張りで、全校一斉休校だけを地方行政は(要請に基づいたとはいえ)「自分の決定」として下していいのか、と。

教育に対する最終的な責任は親権であるとして、その行政責任がどこにあるのかを立ち返って考えたとき、
そして市民の雇用も含めて鑑みたとき、私は国の要請の仕方は極めて乱暴だと思ったし、やれることをやろうと思った次第です。

 

乱暴だというのは、これら子育て世帯への補償などが一切合切、明確化されていなかったからです。

その状態で、単にスイッチを押すことは、私にはできない。

 

防疫の観点から効果があることは一切否定しません。

この決断を下したことを、総理に対しては評価する立場です、決断力としては。

けれども、「あくまで要請ですよ」「決めたのは、おまえね」という風に感じたとき、
激しく怒りを覚えたことも事実です。

 

併せて、個人への補償も実施したときには、企業活動すらも含め
社会全体の遅滞が発生してしまうことも、分かっております。

将来的な話になって恐縮ですが、仮にもっと強い毒性をもったウィルスが蔓延したときはどうするのか。
緊急事態条項も持たず、合法的には政権が(例え国民が民意を示し権限を付与しようとも)、社会をOFFにするスイッチを与えていないのであれば、次からいったいどうするのか、と。

 

 

当然のことでありますが、個人補償を実施すれば
(特に中小企業を中心に)法人へのダメージも相当数に起きてくるでしょう。

この部分、とくに資金力の弱い中小零細企業についても、しっかり補償をして頂きたい。
金で済む部分は、赤字国債でやって頂きたい。

本当に怖いのは、社会を止めたとき、いよいよ餓死みたいな話というか、
いまはマスクですが、水であったり弁当であったりも供給できないとか、
金では対応できぬ、リアルでガチンコの物資の話になったとき、

私はそういうもののほうが怖い。
あまり想像したくはありませんが、今回の作戦が失敗すれば、本気でそういうことも想定しないといけない。

 

ゆえに、一斉休校についても目的については賛同しているのです。

だからと言って、子育て世帯のみを直撃し「だから、あんたたちは仕方ないんだよ」と、一緒になってそういうことを言うのはさ、俺は嫌だった。

氷河期世代は、言われてきたんだよ、自己責任だとか、色々さ。
それを一緒になって言う側には、私はどうしてもなりたくないんだ。

結果として、防疫効果は、若干は下げてしまったのかもしれない。
そのことも分かってはいる。分かってはいるが、この要請には従うけれども、100%そのままは従えない。

ここで国に「こちらの意思を示すこと」で、実態ある行動をもって、
新たな対応を迫るのみ。それが地方議員として、市民を守る唯一の手段だ。

 

 

怒りを覚えた背景は、CHINAからの入国制限が未だに実施されていないからです。

 

あちらも我慢し、こちらも我慢し、そのうえで子育て世帯もというのなら、理解はできる。

 

けれども、言いやすいから自治体に対して「要請」を行い、

 

自発的に、自治体の責任で決定せよ、は

 

私は、地方議員として賛同できない。

 

賛同できないから、やった。

 

混乱は生じるだろう、それは最小限に抑えるべく努力したい。

 

けれども補償内容もクリアになってない状態では、

 

セーフティーネットを構築すべく奔走することが

 

私の中では、本当に政治家の在るべき姿だと思ったのです。

 

 

 

と思った方は、拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

   にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

4月末まで2日に1回の更新とさせて頂きます。

行橋市議会議員選挙
  (告示) 令和2年4月 5日
  (投開票) 令和2年4月12日

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いた人はシェア】

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

41 Responses to 一斉休校で親の給与補償が求められる背景、行橋市と福岡県の動き方の具体例【共に防疫を戦う人はシェア】

  1. 波那 のコメント:

    先生、発奮されました。先生も、共に御尽力された方々も本当に凄いです。

    国の要請を受けて企業も子供達を守ろうと、それぞれが動き始められています。まだ御覧になっていない方はどうぞ。

    🔻突然の一斉休校に企業動く 子連れ出勤OK、特別休暇…:
    https://www.asahi.com/sp/articles/ASN2X76G3N2XULFA05G.html?ref=auweb

    🔻【安倍総理記者会見 2/29】
    安倍総理『140人を超える人が既に回復して退院している。』マスコミが隠している情報をバラす総理GJ!
    https://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/3757406ed7020fa639f2c2d36743bb0c

    ピーチ太郎2nd
    @PeachT_japan2
    【安倍総理記者会見】 – その他の主な発言 –

    ●株価下落を注視。十分な経済財政政策
    ●既に140名が回復
    ●緊急時に最大5,000超の病床確保
    ●緊急時に備え、立法措置を進める
    ●マスクは例年の需要を上回る供給確保。冷静な購買活動を
    ●トイレットペーパー不足はデマ pic.twitter.com/ThRmZYcZip
    3:37 – 2020年2月29日

    ねこおぢ3
    @necoodi3
    返信先: @necoodi3さん
    私が尊敬する世耕参議院幹事長 @SekoHiroshige が
    安倍総理の会見を受け政府与党が一丸となって
    この新型コロナウイルスに立ち向かう決意を
    国民の皆さまにお話しされてます。
    流石、説得力が違います。
    どうか、皆さま、ご覧ください。
    11:59 – 2020年3月1日

    〈日曜討論〉動画は、こちらから
    https://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/4072e509eeed7f23e1e22404fa15105a

    ねこおぢ3
    @necoodi3
    武漢からの邦人救出を考え
    また経済に及ぼす影響を最小限にする為に
    中国からの渡航制限については
    医科学的に分析し、法的根拠との整合性を考え
    限定的に実施。
    国内においては、日本の宝である子供たち
    そして抵抗力が落ちる祖父母
    弱い立場の皆さまの、いのちを救う大英断!
    私はそう評価してます。
    11:46 – 2020年3月1日

    ピーチ太郎2nd
    @PeachT_japan2
    世耕弘成「政府も未知のウイルスへの対処で、正解の無い対応。迅速な対応が必要な事態だからこそ、国民から見て唐突に感じる場合もある。しかし今は批判や糾弾をする段階でなく、行政がその能力を存分に発揮できるようサポートすべき時期。事態が収拾してから、国会で問題点や責任の追及を行えばいい」
    11:11 – 2020年3月1日

    ピーチ太郎2nd
    @PeachT_japan2
    Q:国民生活への影響が出ているが

    世耕弘成「国民生活には影響は出る。そうでないとウイルスは封じ込められない。事後的になるかもしれないが、政府は生じた経済的損失・個人の所得損失に関し躊躇なく補填をする姿勢をしっかり示して貰いたいし、昨日の総理会見はそういったメッセージが伝えられた」
    11:15 – 2020年3月1日

    ピーチ太郎2nd
    @PeachT_japan2
    小池晃「必要なのは言葉だけの決意ではない。具体的な医療・検査体制、休業補償。裏付けを持った政策の説明が政府の責任」

    世耕弘成「総理は明確に言った。2,762億円の予備費を使い、休業補償、新助成金制度、中小企業支援をやると示した。昨日は総理が”強いメッセージを出す”意義のある会見だった」
    11:34 – 2020年3月1日

    ピーチ太郎2nd
    @PeachT_japan2
    【PCR検査】
    世耕弘成「保険適用を迅速に進める。普通は保険適用は”中医協”という審議会を通すが、すっ飛ばして今週中に保険適用できるようにしたい。検査能力は着実に向上するが【必要のない人が検査に殺到すると医療崩壊に繋がりかねない】あくまでも”医師が必要と認めた人”を優先することが必要」
    13:09 – 2020年3月1日

    • 波那 のコメント:

      すみません。url 処理を忘れて承認されなかったので再掲します。

    • 波那 のコメント:

      先生、発奮されました。先生も、共に御尽力された方々も本当に凄いです。

      国の要請を受けて企業も子供達を守ろうと、それぞれが動き始められています。まだ御覧になっていない方はどうぞ。

      突然の一斉休校に企業動く 子連れ出勤OK、特別休暇…:
      https://www.asahi.com/sp/articles/ASN2X76G3N2XULFA05G.html?ref=auweb

      【安倍総理記者会見 2/29】
      安倍総理『140人を超える人が既に回復して退院している。』マスコミが隠している情報をバラす総理GJ!
       https://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/3757406ed7020fa639f2c2d36743bb0c

      ピーチ太郎2nd
      @PeachT_japan2
      【安倍総理記者会見】 – その他の主な発言 –

      ●株価下落を注視。十分な経済財政政策
      ●既に140名が回復
      ●緊急時に最大5,000超の病床確保
      ●緊急時に備え、立法措置を進める
      ●マスクは例年の需要を上回る供給確保。冷静な購買活動を
      ●トイレットペーパー不足はデマ pic.twitter.com/ThRmZYcZip
      3:37 – 2020年2月29日

      ねこおぢ3
      @necoodi3
      返信先: @necoodi3さん
      私が尊敬する世耕参議院幹事長 @SekoHiroshige が
      安倍総理の会見を受け政府与党が一丸となって
      この新型コロナウイルスに立ち向かう決意を
      国民の皆さまにお話しされてます。
      流石、説得力が違います。
      どうか、皆さま、ご覧ください。
      11:59 – 2020年3月1日

      〈日曜討論〉動画は、こちらから
       https://blog.goo.ne.jp/moja_gd/e/4072e509eeed7f23e1e22404fa15105a

      ねこおぢ3
      @necoodi3
      武漢からの邦人救出を考え
      また経済に及ぼす影響を最小限にする為に
      中国からの渡航制限については
      医科学的に分析し、法的根拠との整合性を考え
      限定的に実施。
      国内においては、日本の宝である子供たち
      そして抵抗力が落ちる祖父母
      弱い立場の皆さまの、いのちを救う大英断!
      私はそう評価してます。
      11:46 – 2020年3月1日

      ピーチ太郎2nd
      @PeachT_japan2
      世耕弘成「政府も未知のウイルスへの対処で、正解の無い対応。迅速な対応が必要な事態だからこそ、国民から見て唐突に感じる場合もある。しかし今は批判や糾弾をする段階でなく、行政がその能力を存分に発揮できるようサポートすべき時期。事態が収拾してから、国会で問題点や責任の追及を行えばいい」
      11:11 – 2020年3月1日

      ピーチ太郎2nd
      @PeachT_japan2
      Q:国民生活への影響が出ているが

      世耕弘成「国民生活には影響は出る。そうでないとウイルスは封じ込められない。事後的になるかもしれないが、政府は生じた経済的損失・個人の所得損失に関し躊躇なく補填をする姿勢をしっかり示して貰いたいし、昨日の総理会見はそういったメッセージが伝えられた」
      11:15 – 2020年3月1日

      ピーチ太郎2nd
      @PeachT_japan2
      小池晃「必要なのは言葉だけの決意ではない。具体的な医療・検査体制、休業補償。裏付けを持った政策の説明が政府の責任」

      世耕弘成「総理は明確に言った。2,762億円の予備費を使い、休業補償、新助成金制度、中小企業支援をやると示した。昨日は総理が”強いメッセージを出す”意義のある会見だった」
      11:34 – 2020年3月1日

      ピーチ太郎2nd
      @PeachT_japan2
      【PCR検査】
      世耕弘成「保険適用を迅速に進める。普通は保険適用は”中医協”という審議会を通すが、すっ飛ばして今週中に保険適用できるようにしたい。検査能力は着実に向上するが【必要のない人が検査に殺到すると医療崩壊に繋がりかねない】あくまでも”医師が必要と認めた人”を優先することが必要」
      13:09 – 2020年3月1日

  2. 常磐本線 のコメント:

    不正受給対策は、しっかりやって欲しいと思います。(補填は血税をつかうはずなので)
    ところで、有給消化って事ではダメなんですかね?(働き方改革に合致していますよね)

  3. k のコメント:

    中国からの入国制限は、邦人の人質という、報復がありますからね。
    だから、それを言わずにじわじわやってるらしいです。

  4. 神無月 のコメント:

    要請の、二面性ですね。
    一つは、丸投げで地方さん、後は宜しく。
    一つは、実情に合わせて、地方が動ける為の配慮。

    どちらに感じるかは、個人の資質でしょうか。

    中国からの入国よりも、韓国からの入国の方が保菌率が今は高そうです。

    所得補償もやれば叩かれ、やらなければ叩かれでしょう。同じ叩かれるならば補償する方が臨戦態勢に入れます。

    目に見えない緊急事態に対して、人命と経済を両天秤にかけた時、釣り合う方策が有れば理想ですが、初めての経験では、どちらを重くするかの判断を迫られます。

    小坪市議が書かれている事は正しいものです。
    終息の暁には、緊急事態基本法や緊急事態条項を正しく創る補佐をお願いいたします。
    .

    • Frank のコメント:

      神無月様のコメント、我が意を得たりとの思いで拝見しました。
      要請の二面性。
      韓国からの入国の危険性。
      所得保障に関するご意見。
      そして、同様に緊急事態基本法や緊急事態条項の設立についても賛同いたします。

      • 神無月 のコメント:

        市議の皆様は現場での指揮実働隊ですから大変だと思います。
        ミスが有れば責任が、上手く収まれば実績がです。

        感染の場合、殆どの国民の生活は普段と変わらないのに、要請で不便を強いられる事に不満を感じます。不満が勝てば感染は静かに拡がり、あるタイミングで急速に拡がります。

        患者が激増すれば、医療機関は崩壊します。
        その時、後悔しても後の祭りでしょう。

        小坪市議は、人一倍正義感の強い方ですので、その想いも強いと思います。

        一国を背負う総理の決断は、誰にも出来ないことの責任を一身に背負う覚悟の上と思えば、国民の一人として応援し協力する義務が有ると思っています。
        .

  5. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    ネットと言うものは制御できない巨大な生き物。
    あのシナ共産党も時期に飲み込まれるんじゃなかろうか。
    日本もネットで気軽に投票出来るようになったらどうなるか。
    それはそんなに遠くない話だと思う。
    民意が動かないと言う話があるけど、動かないのは知らされていないから。
    知らされてそしてそれを一秒で反映できるなら民意は動く。

  6. K_nkgw のコメント:

    考えてみれば、今子育てで踏ん張っている40代30代後半世代こそが氷河期時代の方達。
    この世代に自己責任や仕方ないの言葉で行政が負担を強いるのは鬼畜の所業なんだと全世代に発信しないといけない。と言う事ですね?

    構造改革と言う名の雇用の不安定化及び小泉純一郎、竹中平蔵の両氏の、そして経団連が推し進めてきた経済構造について総括が必要という点、理解しました。

    本当は、自民党では無く保守勢力の風が纏まれば良いのでしょうね。

  7. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    総理大臣の権限だけを見れば、実は戦前の総理大臣より戦後の総理大臣の方が、大きい権限を有しています。
    それでも、対策が後手に回って居るのは、状況に応じて必要となる権限が不足して居る事が一因でしょう。
    その中で出来る事から行っており、またそれ自体も儀式的な根回しでマジック的な行動を余儀無くされているのでしょうから、実際には最速とも言える速度で処理はされて居るのでしょう。
    フラッシュメモリー系の記録媒体が当前の時代に、8インチとか5インチフロッピーディスクをフル稼働させて居る様なものでしょうか。

    ただ、あらゆる事に対応出来無いこの体制も、非常に良い方向に機能した事もありました。
    そう、あの悪夢の民主党政権の時代です。

    あの民主党は人権擁護法成立を画策したり、国籍法をいじくり倒して日本と言う国家自体を解体する方向では、実に精力的に且つ迅速に行動して居ました。
    現在とは比べ物にならない程のヤバさが身近にあり、緊張の連続でした。
    今にして思えば滑稽にすら感じますが、あの民主党政権時代はあらゆる覚悟を決めなければならないかなと言う程、本当に追詰められた時代でした。
    因みに、あの時の自民党は良く頑張ってましたよ、ホント。

    民主党政権は、それはもうありとあらゆる規定を歪曲解釈して、本当にありとあらゆる事を改悪し、容易に証拠隠滅が図れる体制を整えて行きました。
    桜を見る会のインネンで名簿云々ぬかしていやがりますが、民主党政権が証拠隠滅を目的に改定した規則に文句付けて、シュレッダー観察して居るのですから、もう”結局民主党”員とその一味の為に、国家予算として豆腐の角の大量購入費を計上した方が良いのではないかとすら思います。

    そんな最悪悪夢の民主党政権も、現行制度での閣僚の権限が無かった事で、日本国民は救われた部分があります。

    今は幸い安倍政権であって、あの悪夢の民主党政権のヤバさはありません。
    ですので、今は政府の対応の遅さや節穴には文句を言う事が出来ます。
    そして、その権限の無さの問題にも目を向ける事が出来ます。

    然し乍ら、安倍政権であるから国民に有効な形で使える権限も、あの悪夢の民主党政権の様な政権が手にすれば、本当に不味い事態に陥り兼ねません。
    今後、反日分子は一切政治に関われない事を担保出来ない限り、非常事態に於ける国民の為の迅速な対応を可能とする権限を閣僚に付与するのは、危険であるのも事実なのです。

    最近マンネリな〆で本当に恐縮ですがこの武漢肺炎騒動も、結局の所は我々一般国民の意識の低さが招いたツケを支払う時期が来ただけなのかも知れません。

  8. Sinobu Hattori のコメント:

    先ずは、少々の昔話をば。

    私は、俗に言う「鍵っ子」世代の辺りで、

    両親は共働きの為、
    幼稚園~小学校低学年の時代は祖母が世話役の状態で、
    いない時は、ご近所の方にお世話になった事も多く有りました。

    友人にも多数「鍵っ子」がおり、家には殆ど一人でいる為、
    自分や他の友人達が、お呼ばれして遊んでいたりしました。

    市役所や学校…等は、当然、対応などしてくれないので、
    個人や友人やご近所さんで、何とか対応する、
    …こういう時代でしたね。

    今から40年以上前の話です。

    ————————————

    ここからは、私的な所感で「グチ」になります。

    素直な疑問なのですが…

    今回の内容に関して施行が出来る
    「一番の立場の方」は「どちら様」なのでしょうか?

    法的な内容を見まするに、
    国政からは、指導・要請…位しか
    出来ない様に思います。

    もし、これが「県知事」や「市長」…等の
    地方自治体の「首長」なのだとしたら、
    厳しい言い方をさせて頂きたく存じますが…

    「ならば、地方自治体の存在、とは何なのかね?」

    …と感じます。

    税金の話で例えると、
    「国税」で納める金額よりも
    「地方税」で納める額は高いのですが、

    「この高い納税としての対応」は、出来ているの?
    …この様に思います。

    国と地方という基本の総数の差の違いが有るとはいえ、
    個々人で捉えますと「非常に高い金額を納めて」おりますのに、
    私的に「流石、ウチの自治体は住民の事を考えているな!」
    …こう感じる事も微量です…残念ながらですが…。

    今回の様な「自己の住民が被害を受ける」事例において、
    「地方自治体」は「住民の保障と対応は「国任せ」ですので、国に言え」
    …だとすると、

    「ならば、地方自治体の存在、とは何なのかね?」

    …と、思いますよ…。
    守る気無いの?地方自治体は?…とも見えます。

    「自己地域」の「住民や地元企業の保障の事」も踏まえて、
    「自己で対応が出来ない様な内容の金額」が掛かる場合は、

    「国庫」での支援もお願いせざるを得ない

    …という内容が、
    個人的に、筋で流れ、なのかと考えますが、

    上記で無く、
    「先ずは、国が保障や対応や指示をしろ」ならば、

    「地方税」は、地方自治体での権で無く、
    「国税」として集めた上で
    「国の監査」の後に「地方へ配当する」という

    まだ、この方が、私的には納得出来そうですかね。

    とある地方自治体では
    議会で「お茶くみ要因のみ」という仕事を設けて、
    議員のお茶を用意する為に、
    その都度「議会が止まる」様な自治体も有るそうです。

    別の話では、
    「書籍やDVD」を「自己の地域で有害か否か」の為
    「毎月、監査の会議を行う」というのも有り、
    「毎月なの?そんなに数回も必要か?」…という会議も有るそうな。

    「お茶くみ要因のみ」「毎月、監査の会議を行う」
    …これに出せる金額は厭わないのに、

    「自己の住民と企業への保障と安全」に関しては
    「チョットね…」ならば、

    「地方自治体の存在、とは何なのかね?」

    …とは、思いますよ。

    上記の様な地方自治体ばかり
    とは思いませんが、

    「権限は出せる」「税収権も有る」…で、

    「しかし国からの自地域住民に対しての指摘と指示は自己で決める」
    「でも金と責任は国がやれ」…が、地方自治体ならば、

    「地方自治体の存在、とは何なのかね?」

    …ですかね。

    まぁ、今回の事は、
    「権限の所在は何処?」と「国民や住民を守るという意味」
    …という民主政治の根幹の事ですので、

    曖昧ならば、「直せよ!」「変えろよ!」…という事ですね。

    以上、グチな所感でした。

  9. Y のコメント:

    そうですね。直接住民の生活と接している地方自治体が、しっかりとサポートや指示を出してくれたら、より安心感があります。
    今回の件で、市の対応によって差が出るでしょうね。

    私は中国地方の田舎に住んでおりますが、コロナ感染者が、表に出ていないだけかもしれませませんが、まだおりません。北海道だけが多い数字を見るとあの国の方たち、旅行に行ってウイルスというお土産を置いて帰ったのかなと思ってしまいます。

  10. araigumanooyaji のコメント:

    “怒りを覚えた背景は、CHINAからの入国制限が未だに実施されていないからです。 あちらも我慢し、こちらも我慢し、そのうえで子育て世帯もというのなら、理解はできる。”

  11. no name のコメント:

    記事投稿大変ありがとうございます。
    厚労省が学童保育について、長期休業中と同様(朝から受け入れ)を想定する、としたため支援員の勤務調整が大変になっている自治体が琉球タイムズで報道されています。
    一方で独自判断で、学童保育の児童に加え自宅対応が難しい低学年児童(や特別支援学級の児童生徒)を学校で受け入れる、としたため、通常の放課後にあたる時間帯のみ学童保育開所となり支援員の勤務調整の負荷が少なく済んだ自治体があります。この場合学童保育の高学年児童は家で留守番すると思われます。
    小坪市議の記事により、学校での受け入れに際し、政令市以外は都道府県教委との折衝が必要になり時間との戦いだったことがよく判りました。
    これらの調整作業のために、議会側が開会中の議会の休会を申し入れ、市教委が動きやすくした自治体もあるようです。
    各自治体の動きにより我々国民の生活が大きく影響されること、改めて感じています。

  12. BLACK のコメント:

    当小坪氏のブログの読者には、行橋市行政職員氏、他都市行政職員氏、国会議員氏、地方議員氏、行橋市市民、行橋市以外の国民
    立場、地域の違う様々な方々が読者として存在することと推察されます。

    今回小坪氏は「行橋市市議会議員」としての立場で書いておられる。
    それが私のように、小坪氏の存在を「地方議員ではあるけれど国会議員並みまたはそれ以上」と認識している読者にすると
    読後の不安感・不吉感の原因なのだと思えます。
    それが私が感じる不安感・不吉感の全ての原因なのだろうと思いますが。

    保守の安倍離反、保守による政権叩き、保守の分断がネットニュースになる状態。
    野党は「サクラ」をやっていれば、政権は保守が始末してくれるとほくそ笑んでいるのではないかと思われる状態。
    中共も、北朝鮮も、韓国も、安倍総理のコロナ退陣が楽しみで仕方ないだろうと思われる状態。

    これを言ったらこの場を叩き出されるかも知れませんが、それを承知で、それを覚悟して書かせていただきますが
    小坪氏の入党・党推薦にあたって、小坪氏に許可を出した立場の方々が小坪に何を期待されておられるのか、当然のことですが私たちには見えません。
    もっとはっきり言えば、党内で小坪氏が反安倍陣営に所属しておられる、または所属せざるおえない可能性もゼロとは言えない、そうであっても仕方無い部分と言うのは存在すると思えるのです。
    もっともっとはっきり言えば、反安倍のネット工作をするおつもり、またはそのような工作を期待されている訳ではないですよね
    と私は小坪氏にお伺いしたい気持ちがあります。
    私たち読者をそちらに誘導するおつもりではないですよね、と確認したい気持ちが私には湧いています。

    このような不安感・不吉感を感じるのは私だけでしょうか。
    私だけかも知れませんが
    私だけであれば良いのですが。

    大変失礼なことを書かせていただきました、「お許しください」「ご容赦を」とは申しません。
    「お許しください」「ご容赦を」と言えぬ程の御無礼は重々自覚しております。

    以上 文責 BLACK

    • 小坪しんや のコメント:

      その部分については、確実にありませんからご安心ください。
      私はもともと安倍総理の支援者です。民主党政権とも随分と戦いました。

      政策については是々非々でありますが、野党と同様の政権潰しみたいな行動はいたしません。
      (怒ったときは、一言は言いますけれども。)

      不安を抱かせてしまい申し訳ありません。
      いつもコメントありがとうございます。

      • BLACK のコメント:

        小坪氏

        いくら詫びても詫びることの出来ない無礼を突き付けたことに対しまして
        丁寧なお返事を頂戴し、たいへん驚き、恐縮しています。
        (小坪氏のお返事の趣旨が想定外と言う意味では無く、このような形での、またはこのようなお言葉でのお返事をいただけることは想定しておりませんでした。)

        ただただ恐縮しております。
        そして安堵しました。

  13. 日の丸弁当 のコメント:

    休校措置は完璧ではないものの子供たちのためを思ってのことであり、素直に評価したいです。
    親の負担も増えますが、労働力を少なからず失う企業も踏ん張らなければならないですね。
    どこかが上手くいかなくなった時に、助け合いカバーし合う風土があるのが「まともな会社(普通の組織)」であり、そういう会社には「まともな社員」が集まっています。
    この難局は乗り切れるでしょう。

    会社の判断で事業を一時的に止めるための社員への給与補償も普通の会社ならやります。

    私の会社では労基法では平均賃金の6割としている休業補償は8割5分出すことにしています。
    基本給が満額保証される有給休暇を使いたい人が希望すれば有給休暇の使用も認めています。
    自宅勤務ができる業務を担っている社員には、積極的にそれを勧めています。
    会社として「子供に限らず、大切な家族を守るために、今は『あなたにしかできないこと』を優先してすべき時です。」という社長からのメッセージを送りました。
    できることなら、国には休業補償をちゃんとやった(やるのは当然の責務だが)会社に助成することをお願いしたい。
    従業員を守るという社会基盤としての責務は果たしますから、そこに手を差しのべてくださるなら、これまで以上の社会貢献意識にも繋がっていくと思うのです。

  14. 小坪先生ありがとうございます のコメント:

    我が家のことで恐縮ですが、県内の近い地域で感染者が出ており、ちょうど子供達と「授業内容は終わっているし学活くらいしかないから、もう休みにしちゃっていいのにね」と話していたので、休校要請は願ったり叶ったりでした。メディアや野党からは不満の声が多いようですが、ホッとしている保護者も多いはずです。要請なので、地域の事情に合わせられるのも良いのではと単純に考えていました。
    対応にあたったり責任を持つ立場の方は大変なことが小坪先生の一連の記事で分かり、皆様に感謝しなくちゃと思います。
    ところで休校より気になるのは、もっと早い時期(春節前)に中国からの入国制限をできたら、国民感情として「国は国民を守る気がある」と思えたり、実際に感染拡大を遅らせられた(休校しなくても春休みまで持ちこたえられた)のでは?と思うことです。
    あるいは政府は入国制限が意味がない研究報告を参考にしたのなら、それを発表していれば政府批判も和らぐのに何故今でもしないのでしょう(単に国民にうまく伝わっていない?)。
    それから、マスクや防護服をあんなに大量に中国に送る必要があったのですか?春節で大量に中国人を受け入れた以上、一般人の私でも国内での感染拡大が予想できました。中国からの入国拒否をしないのであれば、日本用に確保しておくのが当たり前では?あれらがあれば医療現場ももう少し余裕が持てたでしょうに残念で仕方がありません。
    インバウンドは、中国に偏ると一部地域や企業は潤っても、大きいリスクを抱えることがはっきりしたと思います。
    中国に進出している企業や国民を守るために中国に忖度した政策を取らざるをえないのであれば、悔しいです。中国のやり方はずいぶん前から心配されていましたよね。国民性だって違うし領土だって狙われているのに。もう時代は変わったと思います。進出企業は今回のことで方向転換するか、今後は自己責任でお願いしたいです。
    そして、中国が「日本も感染を拡大させた責任がある」ようなことを言い始めたことが大変気になります。南京のように日本にかぶせられないよう、今回の感染拡大の最大の責任は中国にあることを、政府はしっかり主張して頂きたいです。
    なんと言っても、武漢肺炎騒動を良いきっかけにして、中国との関係が「対等」になるよう、不足している法律や憲法改正などなどに繋げて頂きたいです。(相変わらずの野党の政府叩きはうまくかわして「実は中国からの人は減っていました(笑)」みたいなかたちでもかまいませんが、できるところはわかりやすくやっていただけたほうが、応援もしやすく、無関心だった人にも伝わりやすいと思います。)
    長々すみません。小坪議員や繋がりのある皆様に期待している分、つい書いてしまいました。
    武漢肺炎が早く収束することを願っています。

    • 波那 のコメント:

      >>「実は中国からの人は減っていました(笑)」みたいな …

      二日ほど前にも貼りましたが、中国人は大幅に減ってはいるんですよ。

      まさⅡ
      @7zkpdAf7858Hn78
      さて皆さん、どちらが本当の意味でのジャーナリストでしょうか? twitter.com/KadotaRyusho/s… pic.twitter.com/Wy266uPHXZ
      3:31 – 2020年2月26日
       
      阿比留 瑠比
      火曜日
      参考情報。外務省幹部によると
      「中国からの旅行はいま制限されているから、事実上だれも来ていない。ビザの発給はゼロとか一桁とかそんなもの。毎日数字を見ているが、中国は旅行会社を通さないとビザが申請できない仕組みになっている。その旅行会社にストップがかかってるから、実際にビザを申請しているのは公用とか仕事とかで来るという人に限られている」
       だとのことです。まあ確かに、今朝通った某レジャーランドの最寄り駅も随分空いていました。

      門田隆将 @KadotaRyusho フォローする
      新型コロナ対応で毅然とした姿勢を貫く台湾の蔡英文総統の支持率が急上昇。再選された1月から更に12㌽上がり「68.5%」と過去最高に近づく。早期に中国からの入境制限を実施し、感染拡大を食い止めていると評価された。中国への配慮ばかりで支持率急落の安倍首相とは対象的だ。
      nikkei.com/article/DGXMZO…

      宇流布🐺
      @d13wolf
      22 時間
      返信先: @7zkpdAf7858Hn78
      今日文化人TVサポターズの動画の件のTweetにも書いたけど、門田氏は思い込みでしゃべりすぎ。 自分の話術に酔ってるのではないかと思われる節がある。

      海ゆかば
      @main_umiyukaba
      2月26日
      返信先: @7zkpdAf7858Hn78
      門なんちゃらさんは反アベからの維◯持ち上げの準工◯員と認識しています。このような動きをしている人は他にも元作家さんやそれの付き添いジャーナリストなど多数いらっしゃると認識しています。

      りりこ2
      @rokoririko2
      23 時間
      返信先: @7zkpdAf7858Hn78
      これまで何度も「安倍、許せ~ん!」ってキレてきた私を 「まぁ、いろいろ事情があんねやろ」と、 宥めてきた夫に(政治に関心少なし)、これを話したら、 「結局、池上彰とおんなじやったってことやな」と、笑われた。 あまりにも的確過ぎて、固まりました…

      まさⅡ
      @7zkpdAf7858Hn78
      23 時間
      返信先: @rokoririko2
      仕方ないよ、政府も情報の発信が少なすぎるからね😥でもやる事はやっているから、この件は安倍さんでほんと良かったと思う。

      黒曜石改
      @kokuyousekikai1
      13 時間
      返信先: @smith796000
      旅館が倒産したりした事から、なんとなく「そもそも中国人来て無くね」と感じておりました。 やっぱり取材って大事ですよね。

      日々感謝
      @mizuho890
      11 時間
      返信先: @smith796000
      実質はそうでも、発信が弱いせいで国内も海外にも周知されてないから、様々誤解生んでます😑

      コナン。。
      @PWLiMG8unB
      10 時間
      返信先: @mizuho890 @smith796000
      誤解でいいんです。 日本が汚染国だと思われていれば、外国から人は来ません。 自ずと抑止になるのです。 他国ばかり気にしても仕方がないです。 今、心配なのはノービザの韓国の方です

      atom
      @keidaka2
      9 時間
      返信先: @tenchijinn @VPNgojitsu11 @smith796000
      賛同 800人以上の帰国を安倍政権以外、誰がなし得たか

  15. ななし のコメント:

    小坪先生、

    いつもありがとうございます。今回の記事の内容は正しいと思いますし、重要な情報発信だと思います。たたしブログ全体として考えますと、やはり政府の対応に対する批判的な記事が多すぎたような印象はあります。コロナ対応など誰がやっても上手く行くわけがありません。その際に野党を助けてしまうような対応はやはりまずいと感じております。

    例えば入国禁止についてですが、全世界で蔓延しつつある現在、感情的に中国人の入国を全面禁止としなかったのはそれなりに意味があったと思います。素早く中国人の入国を禁止した米国は、恐らくその結果として国内蔓延対策に失敗してしまったようです。

    この件については、日本政府の対応の結果ばかりではありませんが、結果として事実上の中国人入国制限が達成されている現状はブログ上で指摘する必要があったと思います。

    https://www.sankei.com/politics/news/200227/plt2002270007-n1.html

    入国禁止については目立たぬように実質制限できれば最上ですし、目立ってやらざるを得なくとも、何らかの合理的ルールを作る必要があります。

  16. 旧新人類 のコメント:

    小坪先生、いわゆる「通知」の字面だけ見てもわからない舞台裏の攻防を解説してくださり、ありがとうございます。行政が動く背景の手順や仕組みについては、誰もが精通しているわけではありません。なので「対応が遅い」などと文句を言う人々が出てくるわけです。こうした不安に乗じて意図的に煽っている勢力もいますよね。日本に害を成す扇動に乗せられないようにしたいものです。

    上記、日の丸弁当様の「国には休業補償をちゃんとやった(やるのは当然の責務だが)会社に助成する」という案に賛成です。真面目に努力して社会に貢献する国民が報われてほしい。現下の国難でこれまで放置されてきた問題点が噴出し、あぶり出しがさらに進んだことで、それを今後に活かす方向にもっていきたいです。例えば、この人、見栄えがいいのでミーハーな方は評価しているようですが、なんか怪しいですね。

    小林ゆみ 杉並区議会議員
    @yumi_suginami
    鈴木直道市長は平成29年、夕張市所有の3つのホテルとスキー場1施設を、中国系企業に約2億4000万円で売却。(数少ない市の資源が、超格安。適性価格で買うことを申し出た日本企業もあった。)
    そして昨年、香港系ファンドにその4施設が約15億円で転売されました。
    2020年2月27日

    この鈴木とかいう人、もとからの仕込みなのか、それとも途中で篭絡されたのか。愛知のウナギイヌとか、売国奴ばかりでうんざりです。やはり、何度もしつこく言うようですが、小坪先生の地方議員ネットワークから日本の地方を託すことができる優秀かつ有徳の候補が大勢輩出すればいいなと期待しています。

    Yanzhong Huang
    @YanzhongHuang
    Shame on you, rumor mongers! The translation in Chinese (now widely circulated in China) reads: “US CDC admits the first COVID-19 case originated in the US”.
    2020年2月29日

    ツルコケモモ
    @spcd65b9
    返信先: @Japangardさん
    有耶無耶どころか、既になすりつけを始めています。
    本当に、恥を知った方がいいです。
    2020年3月1日

    画像を見たら、CNNのニュースの字幕に、確かに「新肺病毒の起源が美国」みたいなことが書いてあります。なにが新肺病毒だ、武漢肺炎でいいじゃん。そして中国大使館が坂東先生にイチャモンつけてきたらしいですが、そんなのわかったうえでの話です。

    坂東 忠信
    @Japangard
    虎8で「日本新冠病毒肺炎疫情」の文言が多義的であいまいであり「日本新型ウイルス肺炎感染状況」にも見えると訴えた動画に大使館からの回答あり。
    状況を知ってるからこそ「日本での新型ウイルス〜」と読めますが、私はこの記憶が薄れた50年後の歴史捏造を南京の件のように心配し、疑っています。

    今の段階ではこの曖昧な表現も、現状を踏まえた上で解釈されるので、大使館の言うことも正しい。
    しかし私達は歴史に学び、疑うことを覚え、将来の歴史捏造に備える必要を知った。現に今も軍OB組織が将来に向けて石碑沈めてるし。
    曖昧な表現に付き合い二度目の泥をひっかぶるつもりはない。
    2020年3月1日
    (注:中国領土魚釣島 2004年1月11日 と刻印された石碑の画像あり。これらを沈めているんですかね。図々しい!!)

    最後に、国立感染症研究所は平時にCDCの機能を一部担っており、今後それを強化するそうです。

    「感染研は4月に、感染症の流行に機動的に対応できる組織を作る計画だ。病原体の研究は強いので、集団を対象に感染症の発生原因や予防などを研究する組織を強化する。それとともに地方自治体とのネットワークも強化する。手を付け始めたところに、今回の感染拡大が来てしまった。今後強化していきたい。」(国立感染症研究所長脇田氏「新型コロナ座談会 連鎖断てるか、この1~2週が正念場」日本経済新聞 2020/2/27)

    できれば、緊急時のロジ代替案(311でも民間動員&トモダチ作戦で助けてもらい、頑張ったじゃないですか)も含む生物兵器テロ対策を他の組織との多機能横断的展開フローを定めるなどして、しっかり講じてほしいです。日本の科学者、医療従事者、(愛国)政治家の能力と底力を信じています。小坪先生におかれましては、行橋市民の保護と並行して、ご自身もご自愛くださいね。

    • 波那 のコメント:

      ほらね、始まった。中国や韓国助けてやったからって感謝なんかしない。感謝するどころか後ろ足で砂蹴ってかけ、助けてくれた人を嘲笑うんです。国籍不明の村田議員が早速、武漢熱だと言うのは差別だ~と言い出してましたが、成る程そう言うことだったからですね。日本人はだから武漢熱、武漢肺炎と言い続ければいいんです。

      日本中からマスクが消えるほど中国に捧げた、お二階に居る方が、日本では医療現場も悲鳴を上げる状態になったら中国が日本にマスクと防護服を提供すると言ってくれたと一人で感動の嵐。日本がやったのを、ほんの一部送り返して来るだけでしょう❗御礼の訪問をしに行きたいんですって。あらゆる罵倒の言葉が口からついて出て来ます。

      あ~あ、谷垣さんがいらしたら、こんな腹立たしい思いをしなくて済んだのに。

  17. パラダイムシフト のコメント:

    小坪議員の本日のブログの内容、100%支持します。

    また、自民党入党の理由を知れたことも、本当に嬉しく思います。

    何より自分たちの代弁者(と信じられる議員)がまだいたことに、安堵を感じ、まだまだやれることがあるかもしれないと感じました。

    私たち国民、特に子育て世代は緊縮財政、新自由主義的な政策、そして消費税増税によって搾取され続けています。
    政策で殺され、疫病で殺されるなんて、たまったものではありません。

    これからも陰ながら応援させていただきます。

  18. 旧新人類 のコメント:

    しつこくてすみません。WIREDにこんな記事が掲載されていました。

    「鳥+豚インフルの合成ウイルス」作成される(2013.05.17 FRI 11:17)

    中国の科学者チームが、致死率は高いが人から人には感染しにくいH5N1亜型の鳥インフルエンザウイルス株を、感染力が強く、2009年に数千万の人々を感染させたH1N1亜型の豚インフルエンザウイルス株と交配させた。感染を防ぐ研究のためだが、こうした実験には批判の声もある。

    自然界にあるインフルエンザウイルスの株には、致死率が非常に高いものや、人から人へ簡単に感染するものがある。公衆衛生当局が最も恐れているのは、「致死率の高いもの」が「感染力の高いもの」と結び付いた交配種が登場することだ。そうなれば、破壊的な世界規模のパンデミックが起こるだろう。

    このたび中国の科学者チームが、研究のために実験室で新しいハイブリッドウイルスを製造した。彼らは、致死率は高いが人から人には感染しにくいH5N1亜型の鳥インフルエンザウイルス株を、人から人への感染力が強く、2009年には数千万の人々を感染させたH1N1亜型の豚インフルエンザウイルス株と交配させたのだ。(現在中国で感染が問題になっている鳥インフルエンザはH7N9型(日本語版記事))。。。。
    https://wired.jp/2013/05/17/h5n1-h1n1-reassortment/

    布路川梶太
    @P6AX3Er3HqoQynY

    これは2013年に台湾のメディアが、中国共産党が何億人も殺せる人造悪魔ウイルスを開発している事を暴露したニュース映像です
    2020年2月29日(動画あり)

    中国共産党は、米国企業が中国で生産している95マスクの米国本土への輸出を、禁止しました。嫌がらせです。超大国アメリカへの嫌がらせなので、この程度で済んでいます。憲法改正すらしてない日本が中国全土からの渡航を禁止した場合、もっと多くの嫌がらせをしてくるでしょう
    2020年3月2日

    武漢は悲惨です。中国共産党のせいで、市民に救援物資が行き届いていません。地面に落ちた野菜を奪い合っています
    2020年3月2日(注:高齢者などが野菜を奪い合っている動画あり。さすがに気の毒になる)

  19. ヒカル のコメント:

    …まさしく氷河期世代でありまして、食い物にされ、まるで人柱のように扱われた世代であるからです。

    私の政治信条の根幹にもある原風景であり、ここだけは譲れない。

    ここのコメント欄の方達は全国区で、意識高い系の方達が多いと思いますが、有権者の殆どは、小坪議員のブログ、コメント欄を読んでも、はぁ〜?意味わからんし、と政治より日々の生活が関心事だと思います。
    来月の選挙を控えて、小坪議員の難しいお立場をお察しします。
    来月の選挙を控えて、難しいお立場をお察しします。

  20. 琵琶鯉 のコメント:

    なかなか、中国共産党は手強いですね。
    法務省は毎日/800人しかビザを発行してないといいましたが、皆様、ここで手を緩めてはいけません。なぜなら800×7日で5600人、1ヶ月で24800人
    法務省の言葉のトリックに騙されてはいけません。
    愛国議員のら方々には毎月の中国人の入国を法務省に報告させると同時に厚生労働省には、外国人による武漢肺炎治療の報告を毎月させましょう。特に中国籍はキッチリと報告させて頂きたい。

    なんせ、「日本ならただで武漢肺炎治療してくれるから💓」とか、中国人らしい厚かましさで話してるのを聞いてますから。
    それに、中国はこの武漢肺炎を日本から発生したようにプロパガンダをながし、日本人が中国へ行ったら鼻をグリグリされて、検査され2週間も隔離ですよ。どこの起源か❗️武・漢 でしょう。

    日本も中国から来る人間は、しっかりとグリグリとお鼻をホジホジして、二週間の隔離をしましょう。
    出ないと、せっかく、国民が、一丸となって巣籠もりしているのに、中国からまだ、武漢肺炎を持ち込んでもらっては、いつまでたっても納まりません。
    今は、北京の行政の中心地と富裕層の住む地区が、感染の巣と化してます。速やかに中国との国境を閉じるべきです。

    あと、余談ですが、愛知トリエンナーレのTOYOTAですが、やはり、反日企業だったんですね。こんな時期に二階に住む方と一緒になって、中国に1300億の投資をするそうです。もう、日本の企業ではありません。アメリカにキッツイお灸を据えてやって頂きたいです。

    • 琵琶鯉 のコメント:

      上記でもTOYOTAがまだ、中国にべったりですが、マジでヤバそうです。アメリカが中国を潰しにかかってきてます。今回の武漢肺炎が生物科学兵器と認識しているようです。これから当分はアメリカの動きを注視していく必要があるでしょうし、また、中国は、感染防止の為に人の動きを制限をかけています。その一方で工場の再開を示唆してます。
      此って矛盾してますよね。恐らく、全てのしわ寄せは、企業に来るでしょう。特にまだ、中国にいる日本企業。そして、武漢肺炎の蔓延の阻止を出来なかったのは、日本のせいとなります。まさにいつか来た道です。
      https://youtu.be/FccN6EPVZg0
      それについて、解説している動画です。

      • 常磐本線 のコメント:

        琵琶鯉さま
        シナべったりは、経団連会長のとこもそうですね。
        撤収のけの字もありません。
        現地(日本人)従業員に続大地の子になれとでも・・・・・

  21. 維新は裸の王様 のコメント:

    ※ 私は子育ては終了しています。

    当方の町及び周辺自治体は、2日~,3日~,4日~,9日~,と、始まりは別れ、~15日,~16日,~17日復帰と判断が別れております。
    これは、日程調整やらなんやらなんですが、対応自体は行橋市とスピードはほぼ変わらなかったみたいです。
    子育て世帯への休業補償が、全てが納得出来る回答なら良いのですけど(取り敢えず、正規非正規問わずの方針)

    全然関係無い事ですが、行橋市議と福岡県議の関係で、行橋選出県議と関係修復はしないのですか?
    麻生陣営と武田陣営の遺恨を残したままでしょうか?
    自民党に入ったのなら。

  22. ミカンの実 のコメント:

    今の子育て世代の30代40代の方々に、50代以上の方々が出来ることは、不必要な行動をしないで、健康に留意し、若い方へ何事でも「ありがとう!」と感謝を表すことだと思います。私は宅配の方にちょっとした袋に入っているお菓子や、真夏の熱い日などペットボトルのお茶などをお渡しするようにしています。要は、邪魔をしないこと。梔子(くちなし)の花の様に良い香りを出し、口は出さないのが一番です。それから政治にきちんと関心を持ち、時間のある方は正確な情報を取捨選択し、自分の大事な人達に話をすること。小坪議員及びコメント欄書き込みの方々、いつも価値のある大事な情報を提供してくださって本当にありがとうございます。子供達を守るために政治も企業も一生懸命最高の事をなさろうと努力されている事がよく解ります。(と同時に逆をしている者共もよく分かります。)油と水が綺麗に分離する様にはっきりと見えてきた事は、安心安全を高めることになります。ありがたいです。

  23. 波那 のコメント:

    髙橋 洋一さんが、ここから1、2週間でいかに感染拡大を食い止められるかが課題であること、マスゴミや頭イカれた野党が盛んに喧伝してる、PCR検査を際限なく行うと、検査ミスによりますます不安を煽るとともに、医療崩壊にもつながりかねないという、マスゴミが伝えようとしないことについて述べておられます。記事内にはグラフや図があって説明されています。

    🔻新型コロナ「検査をもっとやれ」派は、むしろ不安と混乱を煽っている
    その理由を統計的に考えよう 髙橋 洋一
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/70767

    🔸ピークを後ろへずらすことが重要

    2月25日、ようやく政府の新型コロナウイルス感染症対策の基本方針が出た(https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000599698.pdf)。遅ればせながらも、まずは評価したい。

    その後、政府は28日、全国すべての小中学校や高校などに来月2日から春休みに入るまで臨時休校とするよう、各都道府県の教育委員会などを通じて要請した。安倍首相はこれらについて、29日夕方、記者会見で説明した。

    筆者のコラムでは、新型コロナウイルスについて、2月10日の記事「新型コロナウイルスで『習近平訪日は中止』か…状況はかなり厳しい」で中国の全人代(全国人民代表大会)延期、習近平国家主席の訪日延期を予想し、現時点でほぼその通りとなっている。さらに、2月24日の記事「新型コロナからの『東京五輪中止ショック』が日本経済の息の根を止める」で、東京五輪について5月末までに中止か否かの意思決定をする必要があると予想したが、現役のIOC委員も同じ意見を言っている。

    筆者の予想のベースになっているのが、新型コロナウイルスの流行がどうなるかの予想である。筆者のコラムでは、常に感染者数の予想を更新している。

    政府の感染症対策の基本方針に筆者は関わっていないが、この基本方針策定にあたっても、新型コロナウイルスの流行予測は決定的に重要だったはずだ。

    実は、筆者が本コラムで掲載し続けてきた図は、厚労省での専門家会議で使われた図(下図)と本質的に同じものだ。

    [グラフの画像]

    筆者が本コラムで使ってきた図は以下の通りであるが、

    [グラフの画像]

    ここから1日あたりの新規感染者数を算出すると、以下の通りになる。

    [グラフの画像]

    これをみると、2月25日に基本方針が出されたあとの1、2週間が重要だというのがわかる。1日の感染者数の増加を抑え(正確に言えば、後ろにピークをずらし)、「医療崩壊」を防ぐためだ。

    この点は、政府の説明やマスコミの解説において、ほとんど触れられていない。

    まず現状の医療体制は、一度に多くの患者に対処できない。これは、大震災などが発生したときに十分な体制がとれなかったことからも分かっているはずだが、どうも年月が経つとそうした想像力が働かなくなるものだ。普段は一度に多くの人が病気や怪我になるわけではないので、医療体制は非常時には十分に働かなくなるものだ。

    人と人の接触機会を可能な限り減少させて、感染の確率を減らし、新規感染者の増加数ピークを後にずらすというのが、基本的な考え方だ。

    もちろん、ピークを後にずらすことによって、最終的な感染者数が結果として減少することもありえるが、それは最善の努力の「ご褒美」として考えるべきで、今回の基本方針が目指すものでない。いずれにしても、目標は新規感染者数の平準化であって、感染者総数の減少を必ずしも目指してないことは留意しておいたほうがいい。

    🔸「できる限りたくさん検査」は悪手だ

    こうした基本的な考え方が理解されていない一例と思うのは、新型コロナウイルスのPCR検査をもっと実施しろという意見が、テレビのコメンテーターや専門家、野党の政治家などからも出てくることだ。

    この「できる限りたくさんの人を検査する」というのがいかに馬鹿馬鹿しいものかを理解するために、格好の題材があった。2月26日の上昌弘氏のツイッターである。

    上昌弘氏のツィッター

    やや専門用語が多いが、この種の話は、統計学入門で教える内容だ。

    風邪の患者が1万人いるとしよう。数字に根拠があるのかどうかわからないが、とりあえず上氏の言うとおりに考えると、そのうち2割の2000人は新型コロナウイルスに罹患しており、残り8000人は罹患していないとなる。ここからは数字の真偽は措いて、上氏の言うとおりにする。

    感度(真陽性率)は、
    罹患者のうち検査陽性の割合なので、7割だと1400人
    特異度(真陰性率)は、
    罹患していない人のうち検査陰性の割合なので、9割だと7200人
    となる。

    これらをまとめると、下図になる。

    [図を参照]

    ここで、陽性的中率は、検査陽性のうち罹患している人の割合なので、

    1400/2200=63.6%
    となり、上氏の結論は間違っている。こうしたミスは専門家ならやらないものだ。

    🔸PCR検査は誤判定も多い

    もっとも、PCR検査について感度や特異度が100%でないのは事実である。こうした数字を政府がしっかりと公表すればいいのだが、公式のものはないようだ。

    先の計算は、PCR検査にいかに誤判定が多いかを示唆している。

    韓国、イタリア、イランやクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」では、集団感染が発生しているようだ。これは、以下の図を見てもわかる。

    こうした集団感染状態になっている集団に対して、PCR検査を行うのはいい。罹患率20%の集団に対して、感度7割、特異度9割の検査を行えば、先の計算の通りになる。

    一方、罹患率2%の集団に対してだと、下図のようになる。

    陽性的中率はわずか12.5%である。これでは検査ミスによる再検査などが続出して、本来の医療もできなくなり、医療崩壊につながるリスクが出てくるのだ。

    PCR検査を際限なく行うと、検査ミスによりますます不安を煽るとともに、医療崩壊にもつながりかねないということをマスコミはもっと伝えるべきだ。

    🔸満員電車対策などが重要だ

    冒頭で述べたように、感染拡大のピークを後ろへずらすという観点から、イベント自粛も考えたらいい。筆者のまわりでも、講演は基本的に3月末までのものは中止か延期になっている。

    テーマパークなどは3月中旬まで2週間休園だ。ピークの後ずれに有効なのは、3月中旬までの対応なので、3月末に予定されていたイベントなどは3月中旬に見直しがあるだろう。

    いずれにしても、ここから1、2週間でいかに感染拡大を食い止められるかという問題だ。

    政府の対策には含まれていないが、感染を防ぐ意味では、満員電車対策も重要だ。28日の学校休校要請の時に、筆者は「満員電車対策も必要であり、そのためには休業補償をすればいい」とツイートしたが、29日の安倍首相の記者会見では、休業補償する意向が示された。

    今回、2009年に制定された新型インフルエンザ特措法を改正するようだ。同法は財政支援の側面が手薄なので、この際、政府方針がもたらす結果についての補償も明記したほうがいい。

    これから、国会で各種の政策が吟味されていくはずだが、政治は結果責任である。野党も細かい揚げ足取りはせずに、国民の安全安心のために議論を尽くしてほしい。

  24. 波那 のコメント:

    ◇#上昌弘

    三月兎(手洗いうがい疫病退散)
    @marchrabbit0615
    2月26日
    珍しく宮根が「偽陰性」について検査のタイミングとかの話を振ったのに #上昌広 医師が「患者が納得するまで何度も検査すれば良い」と…この人地上波に出しちゃ駄目でしょ。 医療現場崩壊させたいの?(´・ω・|||) #ミヤネ屋 #新型コロナウイルス

    nori
    @forownway
    24 時間
    #上昌広 と #岡田晴恵 白鴎大教授のデマ⇒日刊ゲンダイやらデイリー新潮等与太新聞雑誌が嬉々として拡散⇒TVでは #玉川徹 等のど素人が増長 で・・国立感染研ブチ切れ・・ 皆さん、国民の命を弄んだ悪党共・・ よォ~く覚えておきましょうネ agora-web.jp/archives/20445… niid.go.jp/niid/ja/diseas…

    馬齢老人
    @6XbQKtEnBxmOLDd
    3月1日
    TVのワイドショーや報道番組での悪質やデマに対し、、国立感染症研究所がついに反論を出した。 niid.go.jp/niid/ja/diseas… TVやマスコミは少なくとも最低限のルールとして相手側の声をちゃんと取材してから報道しろよ。これ基本。 #岡田晴恵 #上昌広

    #アルコール消毒ウガイ手洗いマスク入浴換気
    @shinjihi
    2月26日
    今 #ミヤネ屋 に出演中の上昌宏氏のウソ #新型コロナウイルス  【偽善の帝王】#上昌広【偽善の王子】#岩田健太郎:続2・COVID-19をめぐるテレビ出演医師たちの虚言を暴く minerva-clinic.or.jp/blog/king-of-f… @drhiromiより

    仙台のモモンガ🇯🇵📷🖋️
    @momongainsendai
    7 時間
    #上昌広 のような意見に従う人間が今の日本政府にいなかったことを喜びたい。 . twitter.com/mnnws/status/1…

    Kagura
    @eiennobox
    16 時間
    返信先: @KamiMasahiro
    弁名ではなく怒りの抗議。 デマで国民を煽る政府批判の為の報道はウンザリ。出演させる人を間違えてる。 #モーニングショー #サンデーモーニング #上昌広 #岡田晴江

    • 維新は裸の王様 のコメント:

      目立ちたがり屋の(笑)、岩田医師は誰でも検査に否定的じゃなかっただろうか?

      要するに、テロ朝とチョンBSとミヤネ屋は見ないに限る(まだNHKニュース9の方がマシ )
      そろそろ総務大臣に指摘して欲しいものです。

  25. 琵琶鯉 のコメント:

    韓国の増加が止まりません。間もない釜山も陥落するでしょう。
    釜山からの航路を遮断すべきです。国土交通相はいつ決断するのでしょうか?やはり、公明党は日本国民など見てないのではありませんか?

    • 常磐本線 のコメント:

      日本国民は眼中に無いと思いますよ。
      総統じゃなくて、某大先生(生死不明ですが)しか見ていませんね。

  26. 漫画喫茶店長 のコメント:

    学校や各種イベントやスポーツジムより、はるかにやばいのは

    パチンコ屋です!

    パチ屋には老人も多いです
    隣と肩触れ合う濃厚接触です
    感染者の行動記録もパチ屋に行ってたとは言いにくいのかもしれませんが・・・

    パチンコに誰も言及しないことが不思議です

    • 維新は裸の王様 のコメント:

      最初の頃一件だけ『パチンコ店に滞在した』との報道があった以外、他所では全然聞きませんね?
      あんな爺婆の溜まり場で、空気汚ない、五月蝿い、頭痛い場所とかウヨウヨウイルスいそうだけども。 不思議です。
      競馬場とか無観客試合なのに、パチンコ店は広告自粛のみとは・・・・不思議です。

    • カルモ のコメント:

      逆に「パチンコ店だと品薄のトイレットペーパーも景品でゲット出来るよ!」みたいなステマ記事もありましたよ

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください