【政治家の目線】理系の喧嘩のやり方


 

 

当面の間、不要不急のタスクは全てお断りし、新規事案についても所定のルート以外からは全てストップとさせて頂きます。理由は、体調不良。
ただし持病などではないので、ご安心を。
拉致関連の政治活動、あれは12月議会(住民投票の可否を含め非常に揉めていた)の渦中に併行して行っており、それなりに負荷がかかっていました。そのまま年末のご挨拶、正月行軍。
まぁ。
病院、行きたくないな。
たぶん受診したら、再入院って言われそう。

単純に、身体にガタが出てる。
12月議会、及び拉致問題の予算化(財務省に2~3億要望)、丸ビルで記者会見。

本当は、それなりに無理してた。
ここに緊急案件が数件あり、特に友人が受けていた有償案件(政策シンクタンクみたいな友人がいると考えて欲しい)でトラブル。サポートに入ったが、それなりに厳しい状態。

なんとか原稿系は提出はできた。こちらも、原稿料は頂いているわけで、もっと安定させないといけない。まだまだプロとしては、甘さがある。

12月議会、あの一般質問から二週間近く、ほとんど睡眠ゼロでした。じゃないと、あの短期間で起きることはない。市議会での発言を起点に、結果的には国家予算がつくところまで二週間。さらには億を超えるよう、財務省への増額要望。裏では必死に書類と戦ってました。

途中から身体にはガタが出てて、よくわからん痛み(筋肉痛みたいに身体全体)とか、実は今は左肩がほとんどあがらなくなってたり。小さい部分をあげれば色々、ある。

1ヶ月近く、実はまともじゃない状態だったけど、ついに家族にも感づかれる。すぐに病院に行け、と。再入院になりそうで嫌だと言ったら怒られた。せめて、友人のとこのトラブルを完了させてから、受診したい。
(これを最優先とし、その後は病院にします。怒られるので。)

 

結構な速さで物事は進んでいる。
12月12日)
不適切発言、即日で救う会・福岡が抗議の意思。

13日)
教育長が謝罪・撤回(実施の確約なし)
救う会・福岡が藤井守人代表の名で抗議文を発表、啓発活動の実施を求める。

14日)
国会議員らが拉致対策本部・文科省などにヒアリングを実施、中央省庁より福岡県教委を通じて発言の有無や現状についての照会実施。
県議会の分教委の知るところとなる。

15日)
救う会・福岡は福岡県知事、及び福岡県教委に公開質問状を送付。
同日、事実を知った国会議員は二桁に。
同日、全校での実施を確約する公文書を行橋市教委は発行。

16日)
拉致啓発週間の最終日、東京丸ビルにて家族会および救う会全国協議会より声明発表。
私も西岡会長と共に記者会見に臨んだ。
これは拉致担当大臣も出席した政府主催のシンポジウムの直前であり、家族会の総会の僅かに30分前である。

24日?)
併せて政府も動き、予算処置がなされた。同月、1500万円の規模には留まるが予算化されたことを12月25日付けの産経新聞が一面で報じる。
当市についても触れた記事で、内閣官房拉致問題対策本部が要求し30年度予算案に事業費として計上されたというもの。

結果だけを見れば、予算処置まで僅か二週間の電撃戦となった。

28日)
予算処置の本報道を受け、問題発言あった議会の市議として、木原みのる財務副大臣に面会、31年度予算においては2~3億円の予算規模として頂きたいと要望。

年末)
さらに、同内容の増額要請は救う会全国協議会などからの提出予定である。

 

私自身も、その渦中においては全てを把握しきれていなかった。
余りにペースが速く、情報収集も完全ではなかった。
ただし、状況に常に追随しようと努力はしていたし、内容が内容であるため、肉体的・精神的にもかなり疲弊。
精神的というのは、一人の行橋市民としては本当に申し訳ない(拉致被害者、そして家族会の皆様に)という思いがあって、「何かせねば」と気持ちばかりが先行。

では、政治活動(議会外の議員活動)に注力できたかと言えば、そのような状況ではなく。
まさに12月議会まっさかり、直後に控えた市長選の影響もあってか、住民投票の賛否を巡り攻防は続く。議会は凄まじく紛糾しており、私の一般質問以降、委員会日程だったのだが、凄まじいまでの議会の揉め方。

とは言え、他の市議はそちらに夢中であったが、これは「市そのもの」の根幹を揺るがす事態だったと思う。
私個人の考えではあるが、多くの中央省庁が出てきており、すでに県を巻き込んでいた時点で、住民投票がどうとか、市長選がどうとかいうレベルを超越しているものであり、「地方公共団体」としての生存に関わるようなレベルだったと思っている。

結果、なんだかんだで、話はつく。
ご存じの通りであり、予算化も含め、(動き始めた際には全く底が見えなかった)落としどころに落ち着いたわけです。

ここは半ば自慢に聴こえるのかも知れないが、すでに議会には期待していなかったので、これらは「政治家として単独」で動いている。市執行部の最初の数日で当事者能力を喪失しており、過半数の賛否をとる等の手法で、単発ずつしか撃てぬ議会という「組織」では、対応できる速さを越えていた。

そもそも交渉のテーブルに着く権利すらなく、非常に厳しい言い方になるが名前の重さが違う。県すらも中央省庁から照会を受けている中で、(人口7万の)市議だとか議長だとか言ったところで、話にもならない。(最近は薄々わかっているのだけれど)何の力もないとわかっている以上、議会には一切の相談をしなかった。
よくよく考えて欲しいのだが、「議会の手続き」は一切とっておらず、その意味では議会の構成員として動いたわけではなく、あくまで政治家として単独で動いたわけです。

他自治体の議員は、実は喝采を挙げており、それは「議会という組織内」での役ではなく、
コネクションとロビー能力のみで、垂直上昇するような手法で、国・県と交渉し、
上級省庁を動かして、地方自治体に働きかけるというやり方。
ここに(議員としではなく)政治家として憧れるという声を多く頂きました。

自民党系の地方議員であれば、類似のパイプを持っている方も多く、
選挙などで得た人脈を「活用していく事例」として参考になると言われました。

 

さて、
では速度は簡単に出力できるのか、という話です。

それは、童話に例えれば鶴の機織りにも似ているし、
漫画に例えれば、獣の槍(うしおととら)とか、ガッツが着る狂戦士の甲冑(ベルセルク)に似ています。

あの2週間、まったくゼロとは言いませんが、ほとんど寝ていない。
昼は議会、夕刻以降は年末の挨拶などもあり、市との折衝も継続、かつ目まぐるしく変わる状況を把握しつつ、「さらに先手」を打とうと書類の作成。

実は、3日(72h)までなら、ほとんど睡眠ゼロで稼働できます。
ごく短時間の休憩(30分程度)をこまめにとりつつ、連続稼働ができるというのが、嬉しくもない謎のスキルでした。
理系の技術職の多くが持っている、有り難くもないスキルで、似た状況の方は多々いるかと。

これが一週間になると、あとで影響が出る。
寝貯めなどはできませんし、あれは嘘だと思っておりますが、
あとで倒れるというか、ひどく長いこと寝る(数日間、過労で起きれなくなる)ような感じに。

2週間となると、もう途中から身体中が痛かったですね。
まあ、いまは「だいたいよくなった」ので、書いているわけですけど。
本当に体調が凄まじく悪いときは、私は伏せるタイプですから。
いまはだいぶいいのですけど、まぁ、まだしんどいですかね。

年末の挨拶周りは、完全には行きつくせなかった。
忘年会に突入、そのまま正月行軍。新年会とか賀詞交歓会は、少しお休みさせてもらっています。
ほとんど、寝てました。

特に、起きていた時間のほうが短いかも?という状況。

 

 

なぜ技術職の一部が、このようなことになっているのかと言えば、端的に言えば替えが効かないからです。
ゆえに、納期を巻き上げていったり、競合他社に勝つためには「個人に負荷」をかけるしか、やり方がない。

設計開発などになれば、同じスキルとか同じ知識を大量の人員が持っていても仕方ないわけで、それぞれが専門家ですから、専門家というぐらいなので「第一人者」なわけです。
その人が、その個人が、不眠不休でやらないと、速度があがらない。

結果、わけのわからんスキルを体得してしまう。

 

ゾーンなどと大仰な言葉で言うつもりはありませんが、
完全に集中モードに入り、痛覚とか睡眠欲すらもシャットアウトできるぐらいに、脳の回転数をあげる。回転数を、あげて、あげてあげまくる。

(代わりに、一本に絞るため、他の案件は基本的にやらない。)

究極にまで「ひとつ」に絞り切った状態。
食欲もなくなるというか、消すというか、お腹がすくという概念すら希薄になり、
(2、3日して低血糖で倒れかけたり)もともと甘党ですが、やや機械的に糖分接種のため、菓子のみを口にし、後半ではスティックシュガーだけをそのまま食べる。

このあたりで軋みはじめるのだけど、ぷちトランス状態に入っているので大丈夫。
脳内麻薬か何か知らんけれど、恐ろしく冷めた目で、爛々としたまなざしで、書類のみを仕上げて仕上げて仕上げまくる。

ひどく昔のことですが、何も食べないまま(缶コーヒーなどのみ)で進めたところ、
たぶん胃壁がはがれて軽く吐血して(少しどす黒い)、それでもなお、斬り込み続けた。

これの何が武器かと言えば、単に速さなのですが、
速さが得られる理由は、「会議不要」という点です。
相手が組織である場合、内部決裁であったり、他部門との調整などが必要となってくるわけで、
「多人数型」の組織に対し、速力で勝るためには、バーサーカーモードの個人しかないと思うのです。

例えば、数百人規模で構成される「地方公共団体」、その一部門であったとしても、事務処理能力の総和は勝てないわけで、ただし速力だけならば練度でどうにかなる。
仮に官僚機構すらも出し抜く速度を発揮しようと思えば、もうありとあらゆるものを「破棄」して、削って削って、削りまくってやるしかない。

 

結果、こんな感じで大量を壊すわけだけど、
それは持病とか身体が弱いとかではなく。

「壊れる前提で、ぶちまわす」からです。
スポーツカーで、競技走行をする際にも、エンジンに過負荷をかけますし、水温だってあがる。
タイムを狙うならば、タイヤの摩耗なんて気にしないし、ボディだってやがてひずむ。
同じこと。

少しでも軽く、
少しでも早く、
内装をかっぱいで軽量化すれば、快適性だって失われる。

人間の出力できる能力だって、同じだと思う。

 

そして、やがてエンジンはブローする。
F1などでも同じだが、レースの終盤ともなれば、何もかにもの余裕はない。

同じことを、人体でやれば、いくらでも速さは向上する。
なんでも出力できる。
ただし対価は必要だ。

何かを捨て、何かを失わねば、
やれない。

 

今回、とくにしんどかったのは、結果的に同時多発的になってしまったこと。
私のような動きをとる者は、実は全国にも何人もいる。

本職のロビイストみたいなもので(単に保守とは限らない)
有償でタスクを背負い、淡々と「処理」していく連中だ。
それなりに仲良くさせてもらっており、わかりやすい例えで行くと「安保」みたいな関係。

こちらがしんどいときには、向こうが助けてくれる代わりに、
向こうがしんどいときは、こちらが助ける、みたいな。

悪いことは重なるもので、そちらも同時に火を噴くという事態に。
この世界での有償での事業とは、だいたい数億単位なのだけど、
流石にこかすわけにはいかない。
(私が何か儲かるもんでもないが。)

ここで倒れられては、(私が困ったときの)ヘルプカードが使えなくなる。
なので、まずはそちらの支援に入る。
連戦にはなるが、それが安全保障条約というものだろう。

なんとか一月半ばまでにカタがつけばいいが、どうなるかはわからない。
当面、半ばまでは他のタスクを一旦とめる。
(納期のある原稿などは別。及び拉致関係のやつは、全力推進。)

それにしても、年始から慌ただしい。
いま39歳、今年の誕生日で40歳になる。
もう若くない。

若くはないが、やってしまうのは、悪い癖だと思う。
だが、他に武器がない。

やるしかないのだ。
そういえば、宇宙戦艦ヤマトは、なんで一隻なのか。
ガミラスはいっぱい艦隊がいるのに、どこでもここでも一隻で駆り出されて、子供心ながらに「なんかひどい」と思っていた。

いま、宇宙戦艦ヤマトの気分。
イスカンダルに行って到着したのに、もう一往復せよ、と。

やっぱり何隻か建造すべきだと思う。
まぁ、そんなわけで僚艦の救援にも行かねばならぬ。
ベルセルクのガッツみたいに、黒い甲冑を着て。

 

しばらくの間、ネット上でも浦島太郎状態になると思います。
過去記事の再掲が増えたり、場合によってはBlogの更新が部分的に中断するかもしれません。
連絡は、基本的につきにくくなります。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【政治家の目線】理系の喧嘩のやり方 への13件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【政治家の目線】理系の喧嘩のやり方 当面の間、不要不急のタスクは全てお断りし、新規事案についても所定のルート以外からは全てストップとさせて頂きます。理由は、体調不良。 ただし持病などではないので、ご安心

  2. TETSU のコメント:

    お疲れさまです。ご自愛ください。

    更新はまぁ、手抜きして大丈夫ですよ。
    常連の読者なら、むしろそういう時こそ小坪さんが「何かやってる」というのはよくわかっていますから。

    話せるようになった時の報告を楽しみにしています。

  3. RGM-79 のコメント:

    今年の元旦、私は国旗を久しぶりに掲揚しましたが、近所で旗を出していた家はほんの数軒と寂しい限りでした。
    こんなこっちゃ、いかんわなぁ。
    次は一週間後の成人の日ですが、この日もしっかり掲揚しようと思います。
    天気がよかったらね。
    早いところでは成人式を前倒しで開催しているようですが、同時におバカな新成人の醜態も報告されていますね。
    少年じゃなくなった彼らは、犯罪行為が露見すればしっかり名前も公表されるというのに、そんなリスクを取ってどうするんでしょうか?

    国旗だけでなく、国歌も同様に一部で疎んじられる傾向がある様ですね。
    もう10年以上前の事ですが、左系のグループが君が代をやめて、イマジンにしようとかほざいていました。
    ジョンレノンのシングル、イマジン。
    歌詞はもちろん英語で、メロディーは良いと思いますが、何を歌っているのやら意味する所が私には分かりません。
    帝国主義で植民地支配された国ならばともかく、全国津々浦々のじいさんばあさんまでもが英語の歌を口ずさみ、この国に生まれてよかったと、感慨を深くするでしょうか?
    凡そ現実とかけ離れていると思うんですけど、彼らにはそんな事は、これっぽっちも考えられない様ですね。
    ウィキペディアによれば、国家や宗教や所有欲によって起こる対立や憎悪を無意味なものとし、曲を聴く人自身もこの曲のユートピア的な世界を思い描き共有すれば世界は変わる、と訴えかけているんだそうな。
    理想論の極致とでも言うんですか?
    そこら中にお花畑が広がっているようですね。
    共産主義的思想であるという批判も存在するんだって。
    やっぱりね。

    まぁ、そんな主張に対してまた悪い癖が出てしまいまして、こんな投稿しちゃいました。

     A 「おーい大変だよ。ダ〇連では新しい国歌をイマジンにしようと提言しているそうだよ」

     B 「えーっ!それ本当ですかぁ?」

     A 「・・・ あっ、すみません。ヒマジン(閑人)の間違いでした」

    怒ってましたねぇ。
    そんなこと言う奴が閑人とか、レスが来たりして。
    座布団はもらえませんでした。
    その後、そのコメント欄は書き込みできなくなっていました。

    国旗だけに止まらず、国歌までもとか、人生はどこまでも苦戦ですが、今年もめげずに頑張って参りましょう。

    小坪議員様、一旦は体力回復に努めてblogの執筆は休まれるようお勧めします。
    こんな面白いblogはそうありませんから本当は残念なんですけど、再起不能になったら元も子もありませんからね。
    ゆっくり休養なさってください。

  4. くらりんどう のコメント:

    お疲れ様です。
    いつも拝見させて頂いていますが
    初コメントです。
    いつも真っ直ぐに国民のために活動なさっている小坪先生をどんな時も陰ながら応援しております。
    行橋市民ではありませんが、これからも行橋や日本のためにずっと頑張っていただきたい、なので、お体を大切にして頂きたい、と今日はこちらに書き込みさせて頂きました。
    缶コーヒーですか。
    いちばん、いけないですね。むりやり大量の糖分とカフェインで血糖値上げて
    アドレナリン 出して動いているんですよね。副腎疲労で起き上がれなくなりますよ。
    虎ノ門ニュースで百田さんも、お菓子とミルクティー(でしたか?)口にしながら、鼻炎で鼻をすすっているのを見て
    相当、副腎が疲れているなぁ…と思っているのですが。
    常に頑張っておられるので、糖分やカフェインでムチ打って…という状況はよく理解できますが。
    今はまだお若いので無理がきいてますが
    いつか、体が言う事をきかなくなる日がきますよ。
    お願いですから、休養と栄養を‼︎

  5. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、体調だいじょうぶか?とおもってましたが、やはり、体調不良は疲れからきているとおもいます!だって、やること、はやすぎだもん!GJだけどさ・・・

    たとえ、ブログの更新がなくても、応援クリックは必ず、やりますから・・・
    うん、、ここは、奥様のいうことを聞いて、入院(休養になりますよ!これ!)でも、ご家庭で休息でもできるほうほうでやすんでくださいませ。

    閑話休題・・・・政治的な話題だけでは、気分転換はできんですよ!、ここは、アニメの話題でいきますか、草莽の高齢者ですが、アニヲタなんです。わたしみたいな団塊世代は意外とおおいとおもいますよ・・だって、宮崎駿監督だっても高齢者(77歳かな)ですものね、でも、残念ながら宮崎監督は左巻きさんですw

    宮崎監督作品でいいな!とおもうのは:ルパン三世(カリオストロの城)、風の谷のナウシカ、となりのトトロ、天空の城ラピュタ、紅の豚、耳をすませば(宮崎監督に対してガチで意見をいえた近藤喜文監督だからよかったのかな)・・までです。

    もののけ姫をみたとき、まだ、脳内お花畑でしたが、なにか、それまでの上記の作品とはことなる違和感を感じて、以後の宮崎監督の作品からは同じ違和感を感じつづけております。なんつうか、だめなんすね。

    とはいっても、風立ちぬはみちゃったんですよね。零戦の生みの親:堀越二郎さんの物語だし、エヴァンゲリオンの庵野監督の声はえかったけどw、でもね、宮崎監督のなんというか左巻き思考がそこはかとなく画面からうかがえて、ぬ、残念やという感じでした。みなきゃよかったなみたいなw

    >そういえば、宇宙戦艦ヤマトは、なんで一隻なのか。
    >一隻で駆り出されて、子供心ながらに「なんかひどい」と思っていた。
    >いま、宇宙戦艦ヤマトの気分。
    なぜ、一隻か、波動エンジン、波動砲のパーツとか、一隻分をつくるので精一杯だったと推測します。だって、遊星爆弾で地球表面ボコボコでしたからね

    >そんなわけで僚艦の救援にも行かねばならぬ。
    >ベルセルクのガッツみたいに、黒い甲冑を着て。
    先生、ベルセルクも観てるんだ・・・あの、大きな剣がお好みだとみた!

    小坪先生のブログの主題と関係ねぇこと書き込むなよ!と、、常連のかたからのご批判がくるようなら削除してくださいませ

  6. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    どうやら、世のおパヨク様の中には”小坪慎也研究家”みたいな連中が居る様ですね。
    この手の輩は種まき何とかみたいなストーカーとは異なり、基本的には表に出て来ないので、余り我々が目にする事はありませんが、戦法や戦力の分析などを主務とし対策立案などを、どうも行っている様ですね。

    故に、このブログの実況は裏の裏をかいて本当の事を掲載してるかも知れませんし、陽動作戦用の情報を掲載しているかも知れません。
    だからこそ、何となくそれが感じ取れる方はそれに乗っかるし、それが信頼であるので口を挟んだりしないのだろうと感じて居ります。
     
     
    > 設計開発などになれば、同じスキルとか同じ知識を大量の人員が持っていても仕方ないわけで、それぞれが専門家ですから、専門家というぐらいなので「第一人者」なわけです。
    > その人が、その個人が、不眠不休でやらないと、速度があがらない。

    プログロマーやシステムエンジニアならば、ここまでで説明完了も可能なのでしょうが、プロジェクトマネージャー格になると、実は顔が者を言うのがリアル社会の現実ですね。
    プロマネが完璧にトークスクリプトまで用意しても、名代が掛け合うと通らない事もプロマネ本人が挨拶するだけで、すんなりと事が通ったりします。
    その辺りの負担も、おそらく抱えて居るのでしょう。
     
     
    浦島太郎状態上等。
    敵さん、とっても焦るでしょうね。
    意地は悪いですが、それはそれで楽しみだったりします。
    忙しい時は、いっそうの事美味しいラーメンとか、どうでも良い一般人の日記みたいな内容でも良いかも知れませんね。

    • 波那 のコメント:

      1日24時間で毎日予定や片付けなければならないことが一杯で、何を削るかと言えば睡眠時間しかないという日々を送ってらっしゃいますが、先生、睡眠時間足りないと体の免疫力が低下するんですよ。だから体調不良は当然です。

      1日でも早くに病院に行かれるべきです。

  7. 月光仮面 のコメント:

    兎に角 体を休めてください そして 病院です。

  8. こたつねこ のコメント:

    身体あっての物種です。休んでください。
    ここで倒れては、全てが水泡に帰します。
    くれぐれも、ご自愛ください。

  9. 猫めでる婆 のコメント:

    命を削っておられる方々に、もう言葉もなく感謝しか申しようもありません。
    ありがとうございます、ありがとうございます、ありがとうございます。

  10. 紫陽花 のコメント:

    小坪市議、ブログのことは一旦放念されて
    まずは休んでください。お願いします。
    心情的には嫌でしょうが、病院へも必ず受診されてください。
    家族のいうことも聞いてください。

    睡眠の重要さをネズミで実験した話を思い出しました。
    ネズミを2グループに分け、
    片方は睡眠を取るグループ
    もう片方は徹夜で活動させるグループで観察したところ、
    睡眠をとらせずに活動させたグループのネズミは、3日目から急死が相次いだそうです。

    私たちの脳は、寝ている間に情報や記憶を整理します。
    眠れないときは、目をつぶり、視覚を遮断して横になるだけでも休眠の効果があるそうです。
    こういうときだからこそ、体にいいものを取りましょう。
    (大トロとかサーロインとか高価な食品という意味ではなく、
    添加物の入っていない家のご飯や、自然の物。という意味です。
    コーヒーも缶コーヒーではなく、レギュラーコーヒーを水筒に入れて持つなど)
    短時間で体を温め、エネルギーにするには牛肉の赤身が最適です。

    摂取するものはすべて私たちの体を作るものです。

    自分の体にも向き合え。そして必要なときに全力出し切れるように自己管理をせよ。
    という神様からのメッセージだと思って、とにかく休んでください。
    お願いします。

  11. じた のコメント:

    原因不明の筋肉痛は、風邪でなければ、
    運動不足による鬱血(筋肉が酸欠)もあります。

    1分でいいので体を動かしましょう。
    反動をつけずに、力を込めずに、ゆるゆると、柔らかく。
    腕を回したり前後に振ったり、バンザイしたり。
    椅子に座ったまま、膝を左右交互に前後に動かしたり。
    デスクをつかんで体を支え、事務椅子を利用して
    腰を左右に回すと、背中や腰回りの筋肉が
    柔らかく暖かくなります。

    力いっぱいやると逆効果なので注意。

  12. 男子の端くれの端くれ のコメント:

    しんやさん、そんな事してるから○ゲるんですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です