更新しないお知らせ(数日に渡る可能性あり)


 

 

なんか、左肩がいよいよあがらない。
水平以上にあがらない、という感じでしたが、時折だいぶ痛かった。

なんか五十肩とかではないような気がする。
昼間はまだマシだったが、夜中はひどく、今日は夕刻以降、(あがらないというよりは)単純に痛い。

うちは陸の孤島で、コンビニまで徒歩30分ほどかかるが(車だと五分、信号は二個)、あれほど大好きな運転ができない感じ。

私の愛車はミッションだが(シャコタンのフルエアロ)、オートマじゃないと運転できないと思う。シフトチェンジに支障をきたすレベル。

なんというか、いま運転できないのかと思うと悲しくてならない。
元・走り屋としては、それがひたすらに悲しく、メンタルを直撃だ。飛行機も公共交通機関も苦手だが、それは「自分で運転したほうが安心」という意味もあり、誰かに命を委ねるというのが性分にあわないのだ。

飛行機は、本当に苦手だ。
実は、タクシーとかも駄目。船はまだマシ(最終的には飛び降りて泳ぐという選択肢があるため)だが、とりあえず「知らない運転手」の乗る乗り物は全部ダメ。

逆に、知り合いの運転なら、許す。
何を許すかと言えば、「こいつの運転で(事故って)死んでも、まあ許してやろうかな」という意味で、よく知らない人の運転には乗りたくない。

ただし、究極的には自分で運転したいわけで、
「あぁ、いま俺は運転できないのか」と思うと悲しくてならない。
さっき体調のよい時にコンビニにいたのだが、煙草を買っておけばよかった。なんてことだ。

ちなみに、パソコンを起動してみたのだが、キーボードの入力も、ぶっちゃけ難しい。いよいよ病院に行く覚悟を決めたことを、検討すると発表するのが当エントリーの目的であるが、病院はやはり好きではないという主張もしておきたい。

そんなわけで、本エントリーはスマホから書いてる。
片手操作ゆえ誤字もあるかもしれないが(画面サイズもあり未チェック)、便利な世の中だなぁと痛感。

さて、痛かろうがなんだろうが、私は気合いでとことん行くタイプなので、キーボード入力については片手だろうがなんだろうが、やりたい。

問題は、いま車を運転できない!という事実に対し、私の心は折れかけている。シフトチェンジを助手席から代行してもらうか、右手でギアを入れていくしかないわけだが、それは安全に走行できていることにはならない。

コンビニまで、徒歩30分。
煙草をどうするかという問題と、そして運転できないという事実について、いま真剣に考えている。

天秤にかければ、やはり病院に行くことが妥当だという意見が過半数を占めつつある。私の中の心の議会では、賛否両論さまざまな議論がなされている。

「病院に行っても、痛み止めを処方されるだけで、直接的な解決にはならない。自然治癒力に委ねる道もある!」と情緒的な反対討論もあるし、「理系からすれば、人体は生体メカでもあり、不調をきたした場所を特定し、部品交換などのメンテナンスを行うべきだ」との理性的な賛成討論もある。中でも「というか、痛いねん」という賛成意見には多くの議員が賛意を示し、「煙草が買いに行けない件については如何お考えか!」という事実の指摘には議場は静まりかえり、「そもそも運転できない事実を直視すべきだ!」との意見には、全会一致の賛同が得られた。

以上の理由により、blog更新が止まる可能性が少しあります。
あと、病院は行きたいと思います。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前チェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

更新しないお知らせ(数日に渡る可能性あり) への45件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    更新しないお知らせ(数日に渡る可能性あり) なんか、左肩がいよいよあがらない。 水平以上にあがらない、という感じでしたが、時折だいぶ痛かった。 なんか五十肩とかではないような気がする。 昼間はまだマシだっ

  2. 神奈川の若造 のコメント:

    何でそんなになるまで放っておいたんですか!
    もう諦めてホワイトデビルに叱られて来てください!!

    早く良くなって下さいよ・・・?

  3. haruka のコメント:

    肩関節周囲炎は石灰固着型と棘上筋炎症型とあります。口コミで目利きの医師にかかられるようにおススメします。
    お大事に。

  4. たまみず のコメント:

    たくさん寝てください!!!
    病院より薬より睡眠です。野生動物のように。
    私はたくさん献金できるように稼ぎま~す。

  5. 草莽の団塊です! のコメント:

    小坪先生、、病院にいってください!

    もう、小坪先生のお体は、小坪先生だけのものじゃないです!小坪先生に期待している多くの草莽の日本人がいるのです。健康回復よろしくおたのもうします。

    閑話休題・・・・

    ブログのクリックのほうは、かならず、一日一回はやりますから、、ご安心をb

  6. 今回は匿名で のコメント:

    タバコが吸えない、運転ができないという事態がメンタルに直撃というのはきついですね。最近はこの種の事情に無理解な方々も多いようですが。
    とはいえ、この機会にきちんとご自身のメンテナンスをなさってくださいね。なお、ツイッターならともかく、ブログでの更新しないお知らせのシリーズ化は望んでおりません(苦笑)

  7. 愛国者 のコメント:

    鍵盤断裂かも?

  8. 八王子市民 のコメント:

    姿勢が悪いと一部に負担が集中するようですよ
    オステオパシーというのがなかなかよく、自分は週2で歪みをとってもらってます

  9. じゅげむ のコメント:

    「便利な世の中だなぁと痛感……」

    先生、痛感するのは今はそれではありません。
    あなたの体が、疲労で悲鳴を上げていることを痛感して下さい。

    ご自分の使命感により、無理をしなければならない時もある事は、ブログで告知して下さっているので、重々承知しております。
    でも、身体は機械ではありません。
    どうぞ、栄養とともに適宜に休養をとることも、戦士にとって大切な心得と自覚していただきたい。

    ご自愛ください。
    恐らく一番心配しておられるのは、ご家族の方でしょう。
    病院のベッドの上でゆっくりと休憩をとり、悪い所があるならそこも治療しておいて下さいね。

    何日か後に、元気にブログを更新して下さるのを楽しみにしておりますぞ。

  10. 助さん、拡散 のコメント:

    先生、最も痛みのひどい個所に”せんねん灸オフ”の(にんにくきゅう 近江)を試してみて下さい。一番温熱度の高いものですが、それくらいの痛みがあるのでしたら、火をつけても熱さは感じないレベルだと思います。自分が試して、これくらい早く痛みが消える特効性のあるものは、初めてでした。基本、患部を温める温熱療法だと思いますが、トラブルシューターの名に恥じない逸品だと思います。ちょうど、政治における小坪先生ご自身のように。
    早期ご回復をお祈り致します。どうか、くれぐれも、お大事に。

  11. たつき のコメント:

    限界の状態で無茶をしすぎると、この先に、もっと先に、と膨れ上がった爆弾が押し潰しにかかりそうだから本当に無理だけはしないでほうが…。
    「今」が大事だとしても、この先ずっと爆弾を抱え込むより、多少誤魔化せる程度の休養は戦い続けるためにも必須だと思います。

  12. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    経験則から言えば、歩いてタバコを買いに行く事をお勧めします。
    人間もどこか車と似ている所がありまして、ガンガンに踏んで高回転数を維持し走行し続けた車のエンジンを急に停止すると、ダメージが余計に大きくなってしまう様に、人間も突っ走った後は中回転数から低回転数走行を経て、アイドリングをしっかり行った後に休みに入らないと、復活に時間を要します。

    年をとると、気の張った状態が続き肩に力が入りっぱなしの状態が続くと、今度は力の抜き方を忘れた様に、制御不能な状況に成りやすくなりますね。
    病院に行って一次対応を行うと共に、精神面でもケアが必要でしょう。
    小生ならば酒と言う手段があるのですがこの手段がとれないのならば、散歩や喫煙でアイドリング、御茶や珈琲で代用出来るならそれで代用。
    甘党ならば、敢えて時間を掛けてでもお気に入りのスイーツにありつくなど、兎に角急にエンジンを止めない方が良い気がします。
    可能ならば筋肉を解すストレッチ代わりに洗車なども良いでしょう。

    一般的には「兎に角、病院に行けっ!」なのでしょうが、個人的には病院に行くと本当に病人になった気がして、余計に病気になった気になってしまい、かえってヘコんでしまうので、やはり精神的アイドリングを真っ先にお勧めします。
    但し、小生のはかなり一般的では無いのですが・・・。

  13. なつめ のコメント:

    お年頃から、四十肩、五十肩、と言うものの可能性は考えられると思います。
    私の場合は、ドライヤーが使えなくなると言うところから始まって、シフトチェンジが難しくなるのがピーク時の状況でした。
    脇を絞めて、腕の力ではなく、体で押す、と言う入れ方をしておりました。
    いずれにしても、病院、行ってください。

  14. 特亜・気狂い左翼は排除せよ のコメント:

    自分もここまで酷くはないけどなりかけた事があります。
    歯を喰いしばって痛みをこらえながら水の入った2リットルのペットボトルを水平までや肩の上まで持ち上げるリハビリや例のマエケン体操を毎日朝夜と行っていたらどうにか良くなりました。
    試してみるのも一計かと。

  15. にわとり のコメント:

    肩痛は重病の初期症状の場合があります。受診されることを希望します。

  16. ぶらふまん のコメント:

    せんせ、歯とか平気です?
    虫歯とか親知らずとか、あごの不調で肩周りが痛むこともあります。
    あごとかくびに、濡らしてレンジ1分半くらいかけた
    即席蒸しタオルをじわーとあてると楽になりますよ
    お大事に。

  17. ひかりちょういち のコメント:

    枝野、じゃなかった。
    小坪寝ろ!
    ホワイトデビル👿の餌食になって下さい。

  18. しこ のコメント:

    四の五の言わず、休んで調べて療養するべし。
    人体のパーツはあなただけの特注品。他人様の運転が不安なら、
    他人様の中古パーツやオイルをもらうのはもっと嫌ですよね?

    どうかご自愛ください。

  19. たちょ のコメント:

    服着るの辛くないですかー
    風呂で背中洗うの辛いッスよねー
    命大事にでお願いします

  20. sowhat のコメント:

    小坪先生、お疲れ様です。いつも応援しています。「お疲れ様」というよりはリミット以上の吹かしで、本当に頭が下がります。さて、私は整形外科医です。「なんか五十肩とかではないような気がする」と仰るのですが、私には限りなく“五十肩”っぽい感じがします。五十肩なら、治りますよ。煩いは種々あれども、逐一解決されて国民のために邁進されるお姿を心から応援いたします。ご自愛なさり、これからも頑張って下さい。

  21. 加藤 孝明 のコメント:

    病院に行ってください。ただの筋肉痛だと思っていたのが、実は心筋梗塞ということがあるわけで・・・。

    長い戦いになりますので、ご自愛ください。

  22. プロシュア のコメント:

    上がらない肩、夜間激痛の肩…、五十肩ですね。
    無理やり腕を肩から回すと、ガラスが肩の内部で壊れ刺さるような超激痛に気が遠くなりそうですが、固まった肩のセメントが壊れて動くようになった経験が…。
    ペインクリニックでヒアルロン酸麻酔注射なども複数回受けました。
    整形外科では、アイロン体操なども教えてもらい、動かすようにしましたが、急性期・慢性期で対処が異なりますので、病院受診をお勧めします。
    内部からの痛みなので、キツイです。
    PCは、音声入力導入で何とかなる?
    タバコは、この機会に禁煙外来などでニコチンパッチなどでなだめるなど…。(70歳頃に肺ガンになってよいなら、禁煙不要)

    Good luck!!

  23. 川田 のコメント:

    面白かったです。お大事になさって下さい。

  24. doraken のコメント:

    いやいや、すでに入院して1週間くらい静養するレベルではありませんか?
    早急に病院に行ってください。

  25. 日本女性 のコメント:

    体が悲鳴をあげています。痛み、四肢が正常に機能しないのは単純に体のSOSです。それを無視すると、体の不調が暴走します。たばこ、この機会にやめましょう。百害あって一利なし。お金の無駄です。

  26. ひろちゃん のコメント:

    病院にいって、痛みの原因を特定すべきでしょうね。「慢性疲労」に加え「パソコンを長時間同じ姿勢で続けたことによる、肩甲骨を中心とした強い凝り」が、強度な痛みとなって、肩にきているのではないかと思います。神経痛によいのは、ビタミンB12ですが、ユーグリナなどでバランスよく栄養をとり、生命力の回復をはかるのも大事だと思います。あと、全くお金も時間もかからないのが福岡出身のガンダーラ松本先生という方の開発された「なごみのヨーガ」というのがあります。CDをききながら、頭、肩、首と順番にこりをほぐしていきます。(これを毎日づづけて自然治癒力でなおれば一番いいのですが)医者が今一つな場合、東洋医学的アプローチをおためしください。

  27. 琵琶鯉 のコメント:

    ( ´△`) もう少し自覚してくださいませ。
    皆さまとても心配しておられます。確かに政治家にはプライベートは有りませんが、
    メンテナスをする必要は有ります。
    一度評判の良い整体に行かれてはどうですか?直ぐには治らないと思いますが、
    その後は、ご自身で毎日10分ストレッチをしながら瞑想をすると良いですよ。

    これは聞き流して下されば良いですが、九州在住なら弊立神社へ参拝して神気を頂いて下さい。小坪先生の仕事ぶりは人知を越えています。これ以上は、神気を頂いてしないと厳しいです。

  28. WAK**755 のコメント:

    肩痛の説明にしては理性的と言うか座興的な講釈ですねぇ。

    先ず、鍼灸院とかの整体の専門家に診てもらっては如何でしょうか。
    最悪の場合は腫瘍ができたり、ヘルニア(http://www.itopldd.com/column/column2-10.html)場合がありますが、大半は寝違いや筋違いによる血行不良が原因による肩痛です。
    整形外科医での痛み止めや湿布は一時的に血行を抑えて痛みや炎症を止めるだけですから、根本的な治療にはなりません。
    炎症は体の免疫力が病原と戦っている症状なのです。

    人間の体も社会と同じで様々な分子・機能が縁起で繋がった小宇宙です。
    先生の研究・探求心の一つの分野にする機会とされれば、万人に通じる智慧となるでしょう。
    尚、喫煙のニコチンは血管を収縮させ血行を悪くし、タールは一酸化炭素を含んでいるため血管中の酸素を奪い諸病の元凶であり、傍迷惑であることは証明されています。
    又、人間は一気圧の圧力の下での直立歩行の為、身長の高さまで血液を循環させるため大きなエネルギーを消耗し、交感神経を酷使しています。横になって副交感神経により休息を取り細胞再生ホルモンの分泌を促す睡眠時間(八時間横になる)を与えなければ寿命を縮めます。
    今回の肩痛の症状が先生の、より高邁な思索を生み出す身体に再生する転機になることに陰ながら祈ります。

  29. miku のコメント:

    1、西洋医学で疾病がないか調べる
    2、東洋医学で骨・筋膜の調整を行う(整体院 実費のところがおすすめ)
    3、安静にする

    50肩は猛烈な痛みがある場合は、治るのも早い
    ジグジグした我慢できる痛みの場合は、自然治癒しますが2年かかる

    お大事に・・・

    • 福岡選挙区 のコメント:

      小坪先生の状態からはいわゆる五十肩の症状だと思っております…。
      というのも、私がその状態でありますので(^^;
      mikuさんのコメントに返信せずにいられなかったのは、
      「50肩は猛烈な痛みがある場合は、治るのも早い
       ジグジグした我慢できる痛みの場合は、自然治癒しますが2年かかる」
      という部分。
      一昨年、右肩が五十肩になり、強烈に痛かった時期は2か月位でした。
      その後、左肩に移動したようで(苦笑)…しかし、左肩の方はまだ治ってない!
      確かに、右肩のような激痛(息が出来なくなるような)はなく…
      だから、左肩の方は時間かかって…まだ治らないって事か…(´・ω・`)と
      気付かせて頂きまして、ありがとうございます。

      • 福岡選挙区 のコメント:

        追伸:五十肩だった場合、整形外科だと根本的な治療方法はないようです。
        (痛み止めは私は拒否しました)
        人によっては、整骨院で治った方もいらっしゃいますが、
        私は自然治癒を選びました。
        ただ、五十肩だとの確証はないので、やはり病院で診てもらった方がいいかと思われます。
        お大事に!!

  30. 月光仮面 のコメント:

    肩のいたみは 整形外科にかかるべきです おいらは よくなりました
    リハビリもですが 自分でする 運動などあります これは 気長にすれば
    効き目があります プロ野球のキャンプの準備運動でテレビで見かけたことも
    あります 自然治癒は危険です病院があるのです 肩が痛いのは別の
    原因も考えられます 病院名出すと問題かもしれませんので 整形外科
    と内科にかかるべきだと思いますよ。

  31. ときどき拝読してます。 のコメント:

    経験からいえば典型的な四十肩だと思います。
    自分の場合は、痛みが完全に無くなるまで半年位はかかりました。
    ただ、腕を上げない限りは日常生活にそれほど支障は無かったので、
    あせらずに、時間が経過するのを待つのが良いと思います。

    注意点として、
    これから暖かくなる季節や、冬でも暖房が強い場合、
    腕を上げていないため、脇の下が汗で普段よりも蒸れて、その汗で脇毛が擦れて皮膚に炎症が出て来ます。自分の場合は春先から発症したため、皮膚がはがれるくらい悪化して整形外科よりもまず先に皮膚科のほうに行きました。
    脇の下は、今までよりも気をつけて入浴時にも良く洗うほうがいいです。

  32. ゆーり のコメント:

    ここの所の小坪先生のブログは、いつも泣きそうになります。
    お大事に…と言っても無駄な気がしますが、どうぞおやすみ下さい。お願い致します。
    いつもロムだけなのですが、思わず書き込んでしまいました。

  33. 七草粥 のコメント:

    新年あけましておめでとうございます。
    すっかり年が明けてしまって遅ればせながらの挨拶ですみません。

    「自分で運転したほうが安心」車運転するの好きな人はよく言いますね。
    私は自転車しか運転出来ないんですが、二人乗りの場合後に乗ると前が見えなくて不安になるのと同じ感覚でしょうか。

    肩の痛みはやっぱり相当ストレスが溜まってるんでしょうね。
    本当は時間を取って静養するのが一番の薬だとは思うのですが、そう言う訳にはいかないでしょうから、病院に行ってせめて原因でも分かれば対処の仕様がありそうな気がするんですが。
    早い回復を祈ってます。

  34. 北九州市民 のコメント:

    おそらく四十肩、五十肩というやつでしょう。先生のおっしゃる通り、『医者に行ってもどうせ痛み止めだけだろう』、、、と思います。

    ただ、大病の可能性を除外してもらえるというメリットもありますから、、、

  35. 五十肩 のコメント:

    経験からお話ししますが、夜中に痛むなどはいわゆる五十肩です。痛くて眠れず、寝ていても痛みでおきてしまう状態でした。1年以上苦しみました。治療方法で有効なのはマッサージぐらい。私は毎日整骨院へ通いました。整骨院でも健康保険がききました。参考にどうぞ。

  36. きゃべ のコメント:

    明けましておめでとうございます。
    ホワイトデビルの老婆心ながら、皆さん仰るように内臓の可能性もありますので、整形と内科、双方に診てもらうのが宜しいかと。
    今年は、体のメンテも書き初めの一つに入れて下さいませ。
    お大事に。

  37. 村上 のコメント:

    まず医者にかかって診断を受けてください。
    いわゆる五十肩でしたら、再春館製薬の痛散湯をためしてみてください。
    ティーバッグのものがありますので簡単に飲めます。
    治癒まで一か月半くらいから二か月くらいかかりますが、効果があると思います。
    個人差はあると思いますが、私は過去二回これでなおしました。
    他人が軽く触れただけで飛び上がるほど痛く涙が出た記憶があります。
    値段は少しお高いかと思いますし、電話による症状の問い合わせなどあり多少面倒かもしれませんが。

  38. Tanaka のコメント:

    元SE/PGとしては、こう言わせて頂きたい。

    【原因がすぐわかるなら、専門家なんて要らんのです】

    症状が同じだからといって、原因が同じだとは限らない。
    同じ原因の可能性は大だけど、同じ原因とは限らない。

    理系なら、おわかり頂けるかと考えております。

    ましてや人体、痛みの出るところが原因とは限らない。
    私も病院は大嫌い(待ち時間の間に、病気が増えそう)ですが
    異常を感じた時点で行くのが、結果的に一番時間的ロスが少ないかと。

    今回は方のようですが、歯・耳・喉の場合はすぐに通院すること。
    歯は悪化するだけですし、耳が痛みだすと最悪眠れませんし
    喉は最近でこそ、市販薬でも対応できるようになりましたが
    放置すると耳に悪影響がありますし。
    普段から鼻うがいとかしてればいいのでしょうが。

    原因がすぐわかるなら、専門家なんて要らんのです。
    原因がすぐわかるなら、専門家なんて要らんのです。

    ゆっくり湯治でもできたら多少はマシかもしれませんが。

    あとはお好きにどうぞ。
    痛いのは私ではありませんし、御自身でご決断下さい。
    原因がすぐわかるなら、専門家なんて要らんのです。

  39. 琵琶鯉 のコメント:

    何度すいません。琵琶鯉です。

    甘党の小坪議員にぴったりの携帯食があります。

    鹿児島県の老舗(ネットでググって下さい。)が出す「食べる甘酒」麹の甘味が効いたスイーツ感覚で食べられる携帯食で栄養も豊富です。食事を軽視している貴方にぴったりだと思いますよ。

  40. 田中祥江 のコメント:

    四十肩経験者より(四十代でなったので医者に五十肩と言われても断固四十肩と言いつのりました)

    医者で四十肩と言われても即座に注射とかは無いですから行きましょう。
    「みんな通る道だけど、それぞれ違う」そんなお言葉を頂き、
    『浴槽につかって血行をよくしながらゆるゆると可動範囲を広げていきましょう』
    『動かす事を怠ると腕が動かなくなりますよ』
    運動の方針などを示されます。
    私の四十肩はひどくて最初ちくっと「?なんか違えたかな」から始まり、
    泣く事を断固拒して人生過ごした私が少し肩を動かしたその痛みで
    動物のように咆哮しまくるという事にまで至り、(←整形外科でのリハでいよいよ痛めた)
    ペインクリニックで御注射一本、二日間の睡眠をやっと確保…
    血管・リンパ管なども流れが悪くなって腕がむくんで腕それ自体が破裂するような痛みにまで発展。
    髪も結えない、歯磨きもできない(反対の手でやっても振動で痛む)、着替えもできないい、
    寝ても痛い、座っても痛い…眠れない、鬱も来ました。

    どうかご自愛為されてください。お医者に行ってください。
    追伸・千年灸は効きました。

  41. お焼き県民 のコメント:

    もし四十肩なら、胡麻油を人肌程度に温めて左肩に塗ってマッサージし、熱いシャワーをしばらく当ててからボロタオルなどで拭き取る(石けんは使わない)。を毎日すれば治ると思います。

    でも左側とのことですので、既に指摘がありますが心筋梗塞等の可能性もあり、年末「同僚を撃った」「家族会に申し訳ない」等、寝不足過労に加えて通常以上の精神的ストレスがかかったことから、こちらも否定できません。最初に内科にかかったほうがよろしいかと存じます。

  42. 佐藤 誠 のコメント:

    いつも応援しています。いつもはROM専ですが、小坪議員の満身創痍に思わず書き込みをさせて頂いた次第です。
     
    多くの皆様が治療法についてアドバイスされていますが、私も左右両方の肩を四十肩で痛めた経験から一言。私の場合は、病院や気功を試しましたが全く良くならず、最終的には「ヨガ」が効きました。別にインドの行者の様な苦行を行う必要はありません。基本的なポーズ(ヨガでは「アサナ」と言います)を何パターンかゆっくり、じっくり、ストレッチのつもりで継続した結果、右肩は2週間、左肩は1か月程度でかなり楽になりました。お忙しい小坪議員のこと、ヨガ教室など通っているお時間は無いと思いますがネットやDVDで入手出来るもので十分だと思います。

    しっかりご自身の身体のメンテを行った上でお仕事に取り組んで下さい。健康は何よりの「武器」ですよ!

  43. 東の空 のコメント:

    はじめましてですが、株式会社鍛錬 http://reaction-resistance.com/TANREN-HP/ の肩楽くんがお薦めです。福岡県宗像市に系列のジムがあるようです。
    http://nttbj.itp.ne.jp/0940327132/smp-index.html
    肩楽くんが導入されているかは不明ですので店舗に直接問い合わせて見て下さい。
    一読者に過ぎませんが、応援してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です