報道ランナーのスポンサー回答が揃い始めている。見えてきたもの。


 

 

実は淡々と問い合わせを続けてくれている人たちがおり、かなりの数が揃いつつあります。
それなりに面白い状況にも、なりつつある。

なんかね、防御?っていうのかな。
示しあわせて動こうとしてない?

けどね、そういうのって読まれたら終わりなんだよね。
いまは静かに盤面を読む。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

16 Responses to 報道ランナーのスポンサー回答が揃い始めている。見えてきたもの。

  1. k より:

    スポンサー側も分かってきたんじゃないですかね。

    細川さん「でも、地獄に落ちる!」

  2. ミカンの実 より:

    私ね、もう何年も花●と●ッテ、買ってないわ❗️ついでに●ントリーもやめてるの❣️
    時々いただいたりするものは遠慮なくいただいていますが、私は飲まないです。

    報道ランナーのスポンサーも営業利益落としたいのならどうぞって感じ。
    常識の無い売国奴かもしれない人物がメインキャスターの番組って観る気しないけどね。
    あ、これはあくまでも私一主婦の主観ですから。
    主婦って暇じゃ無いから、一度でも⁉️ってなったらもう終わり。

    二度と買わない。代わりはあるので。

    チョコレートは明治が美味しいわ。ココアは森永。化粧品はほとんど買わないけどDHCよ。

    1. ミカンの実 より:

      追伸
      もちろん、今まで安心して購入していた物でも、変な番組のスポンサーだったら買うの控えるし、場合によってはやめます。代わりはあるのでRt・・・。

  3. 波那 より:

    🔻朝日への批判やまず:「朝日新聞を廃刊に」がトレンドに/川柳7本が安倍元総理を揶揄した内容/ネットは怒り殺到「どれだけ死者に鞭打てば気が済むのか!」「恥を知れ!」 | Total News World
     http://totalnewsjp.com/2022/07/18/asahi-26/

    デイリースポーツ@Daily_Online
    朝日川柳が物議「コラかと思った」「ビックリ」 7本全部が安倍氏国葬皮肉る/芸能/デイリースポーツ online     https://daily.co.jp/gossip/2022/07/17/0015478736.shtml #DailySports
    daily.co.jp
    朝日川柳が物議「コラかと思った」「ビックリ」 7本全部が安倍氏国葬皮肉
    午後4:44 · 2022年7月17日

    朝日新聞が16日付け朝刊で掲載した「朝日川柳」が物議をよんでいる。 選者名は「西木空人」。

    選ばれた7本すべて、8日に殺害された安倍晋三元首相の国葬についての川柳となっており、「疑惑あった人」「忖度」などの言葉が散りばめられており、いずれも安倍氏の国葬にネガティブな内容。

    17日までに自民党参院議員やタレント、ジャーナリストがこの川柳を取り上げてSNSで引用しており、ネット上では、「コラかと思った」「ビックリ」「さすがにコラだろうと疑ったら本当だった(ドン引き)」「コラじゃなかったら掲載した紙面も投稿した人もなかなかすごい」などと、本物の紙面ではなく、コラージュかと思ったとの声があがっている。

    🔻ネットの声

    門田隆将氏「朝日の天声人語執筆者の“西木空人”こと栗田亘・朝日新聞元記者の選ぶ川柳は流石に朝日らしい。“疑惑あった人が国葬そんな国”“忖度はどこまで続くあの世まで”“銃弾が全て闇へと葬るか”…こんな下品な選者が天声人語を書いていた事に妙に納得。“死者に鞭打つ中国”の人民日報に移籍はいかが?丁度お似合い」

    早見雄二郎(株式評論家)@hayamiy
    全世界から弔意が殺到して、国内では献花の大行列が1週間経っても途切れず、総理大臣が国葬にすると発表した人物の死を、このように喜ぶ新聞社に広告を出す企業は大丈夫なのかね。と余計な心配をしたくなる。
    巻き貝
    @conch_222
    朝日新聞さん、この顔と名前、絶対忘れないからね。

    ■還らない命・幸せ無限大
    ■銃弾が全て闇へと葬るか
    ■死してなお税金使う野辺送り
    ■忖度はどこまで続くあの世まで

    選者:西木空人=栗田亘
    1965~2002年まで朝日新聞勤務
    エッセイスト、コラムニスト、論説員
    二千本弱の天声人語、コラムを書く
    午後7:41 · 2022年7月17日

    🟥著者紹介/御尊顔⬇
    http://totalnewsjp.com/2022/07/18/asahi-26/

    (天声人語を書いていた?何と香ばしいw 一端の言論人だと鼻高々だったわけね)

    渡海 千明@ChiakiTokai
    朝日新聞社 代表取締役社長・中村史郎氏
    「デマや根拠があいまいな情報がネットに溢れ、社会の分断や対立を招いています。先行きが不透明な時代だからこそ、私たちは確かな情報をお届けすることで、荒海を進むためのナビゲーターでありたいと考えます」

    出ました、巨大ブーメラン🪃
    #朝日新聞を廃刊に
    午前9:10 · 2022年7月18日

    阿比留瑠比@YzypC4F02Tq5lo0
    朝日川柳が「読まれています」と喜ぶ朝日記者のツイートを読んだ。どうやら単にうけていると思っているらしい。朝日の中では現実認識が歪むのが当たり前なのか。言葉が通じないはずだ。
    阿比留瑠比
    @YzypC4F02Tq5lo0
    現役の朝日の記者の中から、これはいくら何でも人の道に反するという声は上がってこないのか?自紙の紙面はこれでいいと思っているのか?
    午前7:15 · 2022年7月18日

    (リストラ、減給、最大大赤字の朝日には日本人の記者はまだ残っているのかも聞きたい)

    まぁとにかく酷い。 朝日新聞は死者にどれだけ鞭を打てば気が済むのか

    全てが、凶弾に倒れた安倍さんを揶揄しているのは呆れ返る。 朝日新聞は、35年前、朝日新聞阪神支局を狙った赤報隊を非難する権利を放棄した。

    安倍氏には94歳になるご老母がいらっしゃる。 テロという非常の手段で息子に先立たれたご老母がこの川柳を見たら何と思うか遺族の気持ちを斟酌すらできなかったのか? 恥を知れ!

    朝日の元論説委員の黒い本音が出ている。心の底から安倍さんを憎んでいることが出世の条件なんだろう。

    イッパイアッテナ♥老犬&老猫とまったり生活@nihonabunai
    返信先: @bwkZhVxTlWNLSxdさん
    拾い画ですが。
    人間は本当に落ちるところ
    まで落ちると、 もはや、他人の
    不幸を喜ぶ
    以外の楽しみは なくなってしまう。
    ゲーテより
    午後6:20 · 2022年7月17日

    (隣の国が日本に大災害や不幸がある度に狂喜に乱舞して燥いで居る。その人達のDNAの非人間がマスゴミには居る。ネット上にもドッサリ居ます)

    関連記事
    🔻朝日新聞、テロに斃れた安倍元総理を揶揄する川柳を掲載し、批判殺到/ネットの声「よくできるな。人間としてどうかのレベル」「珊瑚は大切に!」「常軌を逸してる」

    峯村 健司 / Kenji Minemura 週刊ポスト『プーチンと習近平』連載中
    @kenji_minemura
    絶句です…
    朝日川柳 西木空人選
    (下記)
    2022年7月15日 5時00分
    午前11:14 · 2022年7月17日

    長尾たかし・前衆議院議員@takashinagao
    人間じゃないね。
    午前11:30 · 2022年7月17日

    1. ミカンの実 より:

      うわぁ〜・・・。酷いですね。新聞は滅多に買わないので知らなかったです。
      教えてくださり有難うございます。

      これ名誉毀損で訴えたら15兆円くらいになるのでは?
      日本国の元総理大臣ですよ?二回も総理大臣を務めた方ですよ?
      選挙演説中にお亡くなりになったのですよ?殉職ですよ?
      まだ49日も終わっていません!

  4. 波那 より:

    🔻安倍晋三氏の勝利は、朝日新聞の敗北。朝日の反安倍キャンペーンは失敗し、安倍氏は勝利した(agora)/安倍晋三首相は「私は朝日新聞に勝った」と述べた(2017)
    http://totalnewsjp.com/2022/07/17/abe-102/

    安倍晋三氏の勝利は朝日新聞の敗北

    驚いたのは、彼の死に「これ以上の悪行を積む前に死んでほしい」などという言葉に拍手を送るアベガーが少なくなかったことだ。

    憎しみはその後も再生産されているようだ。それを植えつけたのは、もっぱら朝日を中心とするマスコミである。

    第2次安倍政権が生まれたころから政権とマスコミの関係が変わった。特に大きく変わったのが朝日新聞である。

    2015年の安保法制。4月の閣議決定まではそれほど強硬に反対しなかった朝日が、6月の憲法審査会で「集団的自衛権の行使は違憲だ」という意見を出したあと、連日1面トップで安保法制反対の大キャンペーンを張った。

    これに呼応して憲法学者などが「立憲デモクラシーの会」なる意味不明の運動を開始し、団塊の世代がシールズなる団体をつくって街頭デモを繰り広げた。朝日は森友学園や加計学園のような小さな事件を騒ぎ続け、国会では野党が不毛な対立を続けた。

    それは一種の倒閣運動だった。朝日は自民党内の左派を離反させようとしたのだが、宏池会の岸田外相は安保法制を支持し、党内から反安倍の動きはまったく出なかった。

    参議院選挙の結果をみればわかるように、アベガーの声はネット上では大きいが、社会の中ではきわめてマイナーな存在になった。

    彼らの力を過大評価して選挙を戦った野党は、もはや絶滅危惧種である。

    朝日の反安倍キャンペーンは失敗し、安倍氏は勝利したのだ。(agoraより抜粋)

    日本メディアが腐っている典型例(TNW)

    もりかけさくら

    森友学園は安倍総理夫妻の違法な関与がまったくなかったことが、近財での取引の音声記録、文書、赤木ファイルなどで証明され、加計学園は「官僚の忖度」以外何もなし。

    桜は民主党政権でも、「民主党議員1人あたり8人の招待枠を与え、支援者を接待する絶好の機会だ」と党が指示書を出してるのに、朝日はそれを報道しない。

    財務省の文書改竄の事実、籠池氏の刑事罰の判決があったものの、安倍総理や昭恵夫人の関与の事実は、これまで一切出ていない。

    これらの問題で特に野党や左派メディアが追及の手を強めたのは、『赤木ファイル』と呼ばれる「森友学園をめぐる財務省の公文書改ざん問題で、改ざんを強いられたことを苦に自殺した財務省近畿財務局の職員、赤木俊夫氏が、改ざんの経緯を記したとされるファイルだった。

    この件に関しても、左派メディアは、安倍総理を徹底的に攻撃し、安倍総理が森友を財務省等に厚遇させた、忖度させたとか、改竄の指示の主を安倍総理に向けたが、まったく何の証拠も出ていない。

    それどころか、赤木ファイルを書いた赤木氏自身が「現場として森友学園を厚遇した事実はない」と、安倍総理への忖度を否定する証言をしているが、これを左派メディアは報道しない自由により、見事にスルー。

    これについては安倍総理が、阿比留氏の記事を引用し、ツイートしている👇

    安倍晋三@AbeShinzo
    赤木氏は明確に記している。
    「現場として(森友学園を)厚遇した事実はない」
    この証言が所謂「報道しない自由」によって握り潰されています。

    記事画像

    《秘書アップ》
    午後6:09 · 2021年6月24日

  5. 波那 より:

    🔻朝日新聞、テロに斃れた安倍元総理を揶揄する川柳を掲載し、批判殺到/ネットの声「よくできるな。人間としてどうかのレベル」「珊瑚は大切に!」「常軌を逸してる」
    http://totalnewsjp.com/2022/07/17/asahi-25/

    朝日川柳 西木空人選
    2022年7月15日 5時00分

    還らない命 幸せ無限大 (福岡県 桑原正彦)

    ☆高裁も最高裁もなかりせば (東京都 土屋進一)

    銃声で浮かぶ蜜月政と宗 (神奈川県 石井彰)

    銃弾が全て闇へと葬るか (千葉県 鈴木貞次)

    去る人の濁りは言わず口閉ざす (千葉県 安延春彦)

    これでまたヤジの警備も強化され (栃木県 大塚裕)

    梅雨明けと言われ機嫌を損ねたか (東京都 塩田泰之)

    🔸追記:上記、最初の句の二つ目の句は対象が違ったため(東電の13兆円判決についての川柳)、追記します(7/17 7:42)

    🔸阿比留瑠比氏「一部の句は、対象が別だったようです。それを抜きにしてもひどい。それにしてもひどい」

    🟥朝日が日本を貶めた報道

    朝日というメディアが日本国民を貶めた報道は枚挙にいとまがないが、大きなものをあげてもこれだけある。

    ・日本の勇士たちを故意に貶めた「3.11吉田調書捏造事件」

    2014年9月11日、朝日新聞社社長・木村伊量や取締役編集担当(いずれも当時)らが過去の記事の訂正に関して謝罪会見を行った。同年5月20日記事の吉田調書に関して作業員が命令に違反して撤退と報じた事は誤報であったと訂正し会見で謝罪した。また同年8月5日慰安婦に関する吉田証言を虚偽と訂正を報じた後、謝罪会見がないと指摘があったが、この会見で付随して謝罪した

    ・なんと事件発生から捏造と謝罪まで30年以上「慰安婦捏造事件」

    朝日新聞は吉田の証言を虚偽と認定し記事を撤回した。このほか、2012年11月自民党安倍晋三総裁の日本記者クラブ主催の党首討論会での朝日新聞の誤報による詐欺師のような吉田の本がまるで事実のように伝わり問題が大きくなったとの安倍の指摘までなどを順次経過を追って記述し、「2014年4月から5月にかけて済州島内で70代後半から90代の計約40人から話を聞いたが強制連行したという吉田の記述を裏付ける証言は得られなかったとして『「済州島で連行」証言 裏付け得られず虚偽と判断』とした」。また「読者のみなさまへ」として「当時、虚偽の証言は見抜けませんでした。」としている

    ・何でもいいから自民党を貶めろ「椿事件」

    1993年に発生した全国朝日放送(現社名:テレビ朝日)による放送法違反(政治的な偏向報道)が疑われた事件である。当時、テレビ朝日の取締役報道局長であった椿貞良の日本民間放送連盟(民放連)会合での発言に端を発したことからこの名で呼ばれる。「小沢一郎氏のけじめをことさらに追及する必要はない。今は自民党政権の存続を絶対に阻止して、なんでもよいから反自民の連立政権を成立させる手助けになるような報道をしようではないか」

    ・自作自演の恥知らずな「朝日新聞珊瑚記事捏造事件」(KY事件)

    1989年(平成元年)に沖縄県西表島において、朝日新聞社のカメラマンが自作自演で珊瑚に落書きによる傷をつけ、その写真をもとに新聞記事を捏造した虚報事件である。落書きの文言「K・Y」を取って、KY事件とも呼ばれる。

    関連記事
    🔻安倍元総理、再び「珊瑚を大切に」/「朝日新聞は吉田調書を読みもせずに産経記事に抗議してきた」との阿比留氏のツイートを引用/ネット「椿も大切に」「慰安婦も大切に」

    ネットの声

    気持ち悪…

    常軌を逸してる。。。

    よくここまでできるな。企業として以前に、中にいる人間の性根を疑うレベル。

    朝日の正体が現れた。本当に日本の敵。

    朝日新聞も読者もとち狂っているとしか思えんな。

    新聞は品性下劣な便所紙以下に成り下がった。

    人の死を揶揄するあかひ新聞は本当に会社として死んだ方がいいレベル。

    朝日川柳は16日、15日と連日コレ。 朝日新聞と選者・西木空人氏は共に謝罪の上、選者を解任すべき。

    川柳と 居直る朝日の カルト臭。

  6. 山形賢一 より:

    企業防衛のためスポンサー同士で連絡を取り合い、ブルーリボンパッチの時の評価の高かった回答を参考に返信してるのでしょうかね?

    まあ、後でここで晒されて恥の上塗りにならなければ良いですけどね

  7. シナモントースト より:

    朝日新聞のスポンサーにもお問い合わせしないと、ですね。

  8. 維新は裸の王様 より:

    ん、まぁ、報道ランナー 案件もですが・・

    メディア媒体全般で言えば、自民党と旧統一協会の絡みの大々的報道の中で。
    確かに、一応歴史的事実もありますがね。
    TV媒体で集中的に取り上げ始める少し前に、「カルト専門ジャーナリスト?」の鈴木エイト氏による、旧統一協会と国会議員関係リストなる物が拡散し、現在も氏のTwitterで情報募集中だそうで。

    んで、何やら「少しでも旧統一協会と関わりが有れば晒し上げろ」状態になってるんですよね。
    本当に「ちょっとでも」ですらガンガン叩きますって感じで左派祭りです、今の所特定野党の餌です。
    有田ヨシフスターリン元議員が引っ張りだこです(笑)
    後は、波那さんのコメントどおりに、朝日川柳の悪乗り案件。

    このまま行くと清和会、バラけるかもしれませんね。
    「護る会」青山さんも、敢えて背中撃ちました。
    その代わり「人物名」は臥せる、どうせなら言えばいい。
    本当に自民党の姿勢を改めさせたいのなら、名前を出せばいい。

    以上です
    7/21 文責 維新は裸の王様

  9. ロード より:

    青山繁晴議員が公開した情報は、かなり勇気のいることです。
    https://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=4287

    そして青山議員は背中を撃つことはしません。
    そもそも背中を撃つとは、敵と戦っている味方を裏切って攻撃することです。
    国民に黙って統一教会から支援を受けるものは、同党であっても非難されるべき対象でしょう。
    名前を公開しないのは、信義則を尊重しているからです。

    その上で派閥の長たる大物議員にも臆せず批判しているのです。
    本件は献金を一切受けず、業界団体からの支援はおろか、後援会もつくらない国会議員、
    青山繁晴議員が最も非難する権利を有しているといえるでしょう。

    1. 維新は裸の王様 より:

      私には、青山さんのあのコメントがTV媒体に乗って、世論が清和会潰しに向かうのを危惧しています、だからモヤモヤしています。
      確かに、モロ支援受けて当選した某氏はこれから大変でしょうがね。
      「団体の何処からも支援を受けない」ってのは青山さんだからでしょうね。
      何処かのサイトに書き込まれてたのですが、青山さんは応援演説も断ってたみたいですね?
      上位当選以外で、情報に疎い候補者だったらどうでしょうか?
      「世界平和 女性活躍」 等の言葉が入ってる団体の支援も、余り気にせず受けるかと。

      今回の件で、保守層が期待している政策がみるみるうちに萎んでいく事を危惧しています。

  10. 常磐本線 より:

    横になりますが、正論 2022/8月号購入しました。
    昔ながらの本屋さんが消滅しているので、ドラックストアーの本棚から購入しました。
    余命翁と壊れた洗濯機対談号以来ですね・・・・・・・
    何だろうな、サンケイグループのガス抜きとしても、内容濃すぎ・・・・
    兎に角、日本を取り戻す!!アカには、負けられない。

  11. KM より:

    統一教会について、保守派と言われる人々の多くが沈黙を保っていることに疑問を持っている人も多いと思います。私もそのうちの一人ですが。
    自民党の攻撃になるから、あの教義と活動を黙認しろというのは話の全く異なることかと思います。

  12. 櫻盛居士 より:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    質問に対する返答だけで対策を打ってるのだとすれば、それは少々甘いかも知れません。
    以前のTBSドラマの際は、ほぼ観測射撃

  13. 櫻盛居士 より:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     

    ※ブラウザーを更新して操作が変わったので、途中送信してしまいました・・・。

    質問に対する返答だけで対策を打ってるのだとすれば、それは少々甘いかも知れません。
    以前のTBSドラマの際は、ほぼ観測射撃的な側面が強かった筈です。

    ですから前回は、返信の文面で効力測定を行ったに留めた状態であったと言えるでしょう。
    ですが今回放つのは、効力射になるかも知れないと捉えて居ます。

    マスコミが抱える問題として、押し紙の問題もあります。
    この問題を提議する際の切口は何であったかを思い出せば、テレビに関しても共通点を見出だせるでしょう。

    扨て、最近日本国民の間ではかなり関心の薄れつつあるロシアによるウクライナ侵攻ですが、現在は東南部をロシアに占領されたままで一進一退で、ほぼ戦況は膠着状態にあります。
    ロシアは侵攻を進めるに辺り、当初ウクライナの反撃で補給線を叩かれた事で撃退させられて居り、その教訓からか東南部では補給線を重要視した展開に変えて居ます。

    ウクライナはこの膠着状態を解消すべく、西側諸国から供与された精密兵器を以てロシアが設置した弾薬集積所等のピンポイント攻撃を実施して居り、併せて潜伏させて居る特殊部隊やレジスタンスの働きもあり、現在は一定の効果を上げて居る様です。

    このウクライナ軍の戦術は、対マスコミ戦争にも大いに応用が効くでしょう。

    報道ランナーのスポンサーは、よこした回答に違わぬ行動を取るかを今回は当然監視してるでしょうし、それらは解析されレポートに纏まられて、然る筋で共有されて行くと想定して居ます。

    必然的にスポンサーの態度次第で攻撃目標は変更され、スポンサー側が想定して居るダメージも変わって来るでしょう。

    この辺りは良く考えた上で、スポンサーは真摯に社会的責任を果たして頂きたいものです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください