【成人式】地方議員として成人式の考え方。着飾る子は聴かざる子?


 

 

本ブログの読者層は、どちらかと言えば頭の固い保守層、
社会的にも固い立場にある者が多いことはわかっている。
多くの地方議員が閲覧し、国会議員まで巡回しているサイトだ。
その上で、今日だけは「好きに書かせて」頂きたい。

私は、ブログが有名ということもあり、著書も出版している。
各種媒体に出稿していることもあり、全国に人脈を持ち、日本一有名な市議とであることを自覚している。だが、今日だけは「好きに書かせて」頂きたい。

例年、恒例の「行橋市の成人式」をアップする。
私も(かつては)若者であり、そして市議である。
人生を賭けて選挙に挑戦したのは、29歳だった。
いま私が著名な政治家として振る舞うには、忘れ得ぬ原風景というものがある。

 

理解はされないかも知れない。
眉をひそめる大人もいると思う。
その上で、私は「これも」ありだと言いたい。

「もっと、おごそかに!」と思う新成人もいると思う。
私も当時(自らの成人式の場)、同じように思った。
私は、リクルートスーツを着て行ったタイプなのだから。

 

着飾る子は聴かざる子なのだろうか。
無論、式典の妨害や進行を妨げる行為については論外だ。
しかしながら、「恰好について」のみはわからなくもない。

今ならば、わからなくもない。
議員として市政を見る、今ならば。

本テーマは例年の恒例。
趣味の問題かもだが、(多分に趣味もあるが、)
ぼちぼち元気なことも認める者がいてもいいのではないか。

 

批判があることは承知の上で、私は一部においては容認する意思表示を行いたい。
今後、共に街を支える仲間として。

それでは、今年の写真をご覧ください。

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前チェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

着飾る子たち
成人式には、毎年、思うことがあります。
着飾って悪いのか、という話です。
正直、私はリクルートスーツで成人式に出席しました。
もう一度やり直すとしても、同じくリクルートスーツで出るのでしょう。

当時、こういう友人を、面倒な格好だなぁと、少し思ったものです。
だけど、いまはちょっとだけ考えを変えました。
私は、いい高校を出て、いい大学を出て、リクルートスーツで成人式に出て
それなりに順風満帆な、成功例みたいな履歴書になりました。
(大学で留年はしましたが。)

いい高校を出て
いい大学を出て
リクルートスーツで成人式に出て
いい企業に就職して、
地元を捨てました。。。

必死に戻ろうとあがき、幸いなことに戻れました。
ふと周りを見渡すと、私が【自分の人生のため】に地元を離れていた間、村の行事やお祭りごと(御輿など)を守り、まさに地域のシナジーを守ってきてくれていたのは。

あの成人式の日、私が少し煙たかった格好をしていた友人ばかりでした。
だから、私は、一概に責めることができません。
責める資格がないからです。

責めていいのは、自分の故郷にて地域を守るため
日夜、校区や地域のミニイベントを支え続けているものだけではないでしょうか。
少なくとも私には、責める資格はありません。
それは、他人の人生に踏み込む、身勝手な行為に思えたからです。

だから、毎年、こうして着飾った子たちと写真を撮り、許可を得てブログに公開させて頂いています。
そして、それは私の思う、保守議員の在り様だと思ったのです。

 

 

 

平成30年・成人式の一コマ
今年の風景。

当然のことですが、本人らの許可をとって撮影しています。
(目線を見ればわかると思いますが。)
併せて、blogやFBでの紹介の許可も頂いております。

 

 

大型の扇子で名前を表示。
ここ数年の流れですが、地元校区(中学校区)や自らの名前を入れるのが流行している模様。

 

 

こちらは、傘に名前が入っています。

 

 

扇子を構えた一枚。
マスクが流行しているようです。
黒いマスクがトレンド?

 

 

各個人に確認をとったわけではありませんが、例年「地毛」でやっており、カツラではないと思います。

 

 

 

どういう風にセットしているかはわかりませんが、美容室の友人からは「前衛的」と高評価。
美容師らは、これらの(やや非日常的な)カットを模索するそうですが、ショー以外で日常使いする例は多くはないらしく、一部業界からは「先端事例」として良い評価も。

 

 

 

今年は、例年に比較し、かなり落ち着いた服装だったと感じます。

特に、女性陣はオーソドックスな佇まいで、かつ要所要所には成人式らしさ(少し奇抜なパーツも。)はっきり言って、相当にハイレベルな感じになっていました。

ただ、例年のエントリーで触れてきたような、「まさに奇抜!」といういでたちは多くはなく、一気に(お洒落に)昇華した雰囲気です。

 

 

 

大人向けの、行橋市の解説
少し、政治家らしいことも書いておく。
私の住む行橋市、そして京築地区の歴史、その地と血である。
行橋市には、村上水軍のゆかりの寺がある。
水軍の基地となっていたのは、蓑島といい(真水が出た)私の母校の小学校がある。
私の、育ったのは蓑島であり、今も住んでいる地域である。
壇ノ浦において源氏に加勢して戦った。
(漁師しながら、弓矢も撃ってた。)

行橋全体を見れば、戦闘集団の地とも言える。
織田信長とも(行橋から大阪まで出張っていき)揉めている。
その際に本願寺の高僧を守りぬき、寺社の資格を得る。

なんと、信長、敗退。
防衛目標を守り抜いている以上、戦略的な勝利を納めている。
もともと強かった地。
凄いぞ行橋人。

山城とも言えるつくりの寺社があり、寺というよりは要塞として使用されたのではないか。
大阪で信長と戦うということは、傭兵家業を地域として行ってきたとも言える。
歴史家ではないため誤りがあっては申し訳ないが、戦うことを稼業としてきた地域だと自覚している。

 

宮本伊織(武蔵の弟子)の娘をもらい、
維新前後まで「勝手に独立していたような」地域だ。

 

(興味ない方もいるかと思いますので、折り畳んでおきます。)

クリックして下さい!
近隣には、戦争が始まっても(これは京築地区ではない)
「いや、山から下りない。戸籍なんて載せない。」
「俺らは俺らで生きて行く。」
「明治政府?従うもんかよ」と、山から下りずに粘った求菩提山がある。
(最期は、事実上、全滅させられた。)

粘ったと言えば、宇都宮貞房も忘れてはなるまい。
豊臣秀吉が天下統一したのち「こうしなさい」と言われたが
「やだ!」と抵抗、黒田官兵衛ら(主に息子)が攻めてくるが、ゲリラ戦を展開。
圧倒的な兵力の差をものともせず、粘り勝ちをしている。

手打ちとして子供同士を結婚させるのだが、
酒宴と嘘をつかれ卑怯な謀殺により、惨殺。
家臣団は全滅、姫まで処刑される。
必死に一部の親族は落ち延びる、ごく少数であったが。

のち不思議なことがおき、黒田家の男性に不幸が連続。
確か男系の家系が絶えたか、絶えかけたと思う。
正直、私は「暗殺」や「毒殺」だと思う。
この地の人間なら、やりかねない。

相手の規模とか格は考えない、やられたらやり返せ。
死ぬまで戦え、死んでも戦え、抜いたら振り抜け。
負けたら負けたでゲリラ戦、生きてる限り諦めない。
前に立つ者は、死ぬ覚悟をもって前に立て。
始めたら、降参などはない。示談はない、最後まで撃ち抜く。

 

・・・という、地域なのだろう。
私自身も刀を持っている。
血は吸っていない、文化財としての指定を受けたもので合法。

先輩も刀剣が趣味の人が多く(全員合法)、いまだ戦闘力は高いように思う。
容赦がないことが特徴で、一部の先輩は「みなごろしの文化」とか「滅ぼしの文化」と言っていた。

いまだ村上姓が多数おり、同じく城井姓(宇都宮の流れ)が多数。
先輩は伊織の血を引いているらしい。
こんなことを言っている市民は一部だが、「うちの祖先は」と幼少より習って育った者も多い。

 

そんなわけで「武将みたいな人間が出てきても仕方ない」と、今日、思っている。

彼等の名乗りのあげ方は、まるで戦国時代の武者たちのようだ。

本来、旗などはそういうものだったように思う。

 

 

 

少し、苦言も。
例年、好意的に取り上げてきました。

それは、当市の成人式が(服装のみを取り上げれば)全国的にも奇抜な部類に入るにも関わらず、
式典自体は厳かに行われ、目立った喧騒などもなかったからです。

今年も、特にトラブルというトラブルは目にしていません。

 

 

以下の写真は、市長の挨拶中の一コマ。

前列が、ちょっと寂しい。

 

 

これは本当は言うまいかと思ったのですが、どうしても写真にうつりこむため、別の角度からも。

壇上での撮影がどうなのかと言われれば、その点は私も申し訳なく思いますが、
式典開始後のこの状況は、誉められたものではありません。

 

 

 

本年は、恰好のみを取り上げれば、例年よりは落ち着いたものでありました。

はっきり「擁護」しているのは私ぐらいのもので、行政側や来賓側からは厳しい声も多々あります。

そのため、「今年はいくらか大人しい」と安堵していたようですが、

逆に、全体としての統制は、やや欠けていたように思います。

 

実は、さらに激しい恰好が大流行した年も、式典の着席率などは相当に高かった。

この部分は、やはり成人式として堅実に守って頂きたいし、

君たちの先輩たちが(恰好で羽目を外そうとも)ある意味では守ってきた部分です。

次年度の成人たちにつなぐため、目出度い日に水をさすようで恐縮ですが、

この点は主張しておきたいと思います。

 

 

 

元・若手地方議員として、成人式に思う。
平成27年の成人式にて書いた記事を紹介させて頂きます。
(以下は、写真も含め当時のものです。)

今日、リクルートスーツで真面目に出た若者たち。
聞き分けがよく、親の手もかからんかった子。

真面目に高校を出て、
いい大学に行き、
そして県外に就職するのだろう。

本人たちも望んでのことではないが、地域に残れはしないのだ。
私がまさにそうだった。

では、なぜこの子たちが歌舞伎みたいな格好で、がんばるのか。
頑張ってるよ?なんか30万ぐらいするそうだ。
写真を見ながら考えて欲しい。

1545655_584295084974713_700231733_n 1546184_584295108308044_1127021470_n 1601170_584295134974708_712900085_n

今日、これから何十年先までのヒエラルキーが決まるんだ。
この街で生きていく、その何十年の中での『あの時、俺はさー』という武勇伝ができるんだ。

この子たちが着飾るのは、この街でずっと生きていくから。
この街のコミュニティーで、ずっとやっていくからだ。

誰が街を支え、誰が街を盛り上げていくか。
大人もちゃんと考えてほしい。

立場上、厳粛な式典を、と私は言う。
公の立場としても、保守としても、そう言おう。

だが。
心はこちらにも(今は)理解を示せるようになりました。
共に街を支える、新しい仲間たちだからです。
外の方々、笑いたければ笑うがいい。

無論、騒ぎすぎはよくない。
どの部分で線引きするかは難しい。
が、なんでもかんでも駄目ってのはどうかと思う。

 

一つ、ある後輩のエピソードを。
彼は成人式にはもう就職していて、できの悪い新人だった。
いつもは(後輩思いだけれど)少し口うるさい上司に頭を下げる日々。
そんな彼が「若者として最後に」格好をつける日が、この日だった。

若い子は、車やバイクが好きな子も多い。
彼もご多分に漏れず。
就職もして、何もかにもを捨てて
そんな彼の「最後のハレの日」が成人式だった。

いまの若い子の給料なんて、どんなものかわかるでしょう?
そして学歴だって、二十歳で就職してる後輩だから、決してよくはない。
当然、大学は出ておりませんでした。
その薄給の中、晴れ着を買って何が悪いのか。

彼が、この街で、ずっと生きていく。
何十年も生きていく。
同級生たちとの、長い長い付き合いの中で語る武勇伝。
その時に「これがいい」って彼が選んだ服は、それが一番最高なんだと私は思いました。
(どうなのか、と思う方がいても、それはそれで否定はしません。)

貴方のセンスなんて知らないよ。そしてどうでもいいんだ。
私のセンスもどうでもいい、私にとって「あり」とか「なし」とか関係ないんだ。

ぶっちゃけ私のセンスでも「なし」だったんだが
後輩が、今日の日のために買った服の何が悪いのか。
そして、それを否定する者を私は許さない。
彼はいまでも立派に仕事を続けています。

もう何枚か写真を見てやって欲しい。
どう見えるかな?
私も苦笑いしてしまうのだけどね。
だけど、ちょっとだけでいい。
認めろとは言わないが、こういう若者がいるってことも
心強いなって思ってはもらえないだろうか。

 

1017342_585992858138269_661086526_n

いい高校を出て
いい大学を出て
親が自慢する子供は
結局、親と一緒に住めはしない。
遠くの孫に、年に一回会えるかどうかだ。

ただでさえ高い税金を、安い給料から必死に払い
この街の福祉を支え、共に祭りで神輿をかつぎ
校区の世話を少しずつ覚えるのは、誰か。
都会じゃないんだよ、この街は。

1604759_585992864804935_652658374_n

これも私が守る街の大事な一部であり、
はねっかえりが好きなのは、それこそ私の神髄だ。
市内(元)最年少の議員として、若手議員として。
書き方は難しいのだが、どうしても言いたかった。

当然のこととして付記しておきます。
公務として出ている以上、式典妨害に関しては断固たる対応を取ります。
式典をぶっ壊したりはしておりませんし、「おごそか」とは言えないものの式典自体はスムーズに進行しています。

ゆえに、他の部分(格好など)にこの場で言及することはできません。
人生に一度しかない成人式において、本人の意思であり、ある意味では保障された権利だからです。

「迷惑だ」「けむたい」という声もあるのでしょう。
私もそうでした。私が成人式を迎えた当時、私自身もそう思ったのです。
だけど、いまはどちらも認めたい。
なぜなら、私は県外就職をしたためで、地元に戻るたびに(街に残れず)支えることができない自分を悔いていたからです。

保守議員 小坪慎也。
私の原風景の1コマです。
笑いたいやつは、笑えばいい。
(撮影、及びブログでのアップの許可はちゃんと頂いています。)

 

昨年までの過去のエントリ

 

平成27年度(写真あり)
SSL化のためURLが代わりカウントされていないが、凄まじい数のはてなブックマークを頂き、成人式の喧騒をメディアが報じる際、下記のブログ自体が記事になった。

 

平成28年度(写真あり)
今年(平成30年)ドタバタして一緒に撮影できていないが、H28年は一緒に撮影。

 

平成29年度(写真あり)
教育長が一緒に撮影に応じてくれた。
また、メディアにも取り上げられ、私も含め(一瞬ではあるが)
「派手だが、静かに式が進行」ということも含め、テレビ(バカリズム)で取り上げられる。

 

平成29年度(写真は少し)
テレビに報じられることになったことを伝えるエントリ、実は教育長も一緒に撮影に応じてくれた。
その理由の部分、それらの背景を人口問題を論じた政策的なエントリ。
写真は少しでありますが、教育長と撮った写真も掲載。

 

平成30年度(写真大量)
この年は、とくに人数が多く、また独創性に富む恰好が特に多かった。
女性陣も奇抜なものが多く、むしろ撮影を求めてくる者も多数。
(かなり多くの写真に、寸評をつけています。)

 

 

 

遠くに行って、カッコいい仕事をすることが

 

どことなく偉いことに思え、目指していた。

 

上場企業で、技術職に就くが、

 

郷土を離れて後、本当のことに気付いてしまった。

 

社会の構造、賃金の問題、

 

結果的に若者が搾取される、福祉問題の今後。

 

人生の全てを賭けて、私が選挙に臨み、

 

いま政治家として皆様の前にあることの、原風景がここにあります。

 

戦うことをもって、新成人たちへのはなむけの言葉としたい。

 

「ま、これも、ありっちゃありか」

 

納得した方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

<重要>ブックマークをお願いします。
特にFacebookから閲覧してくださっている方にお願いなのですが、一週間の停止を受けました。
次は30日の停止と想定され、更新のお知らせが大きく滞る可能性があります。

【実例】Facebookでアカウント停止。これもアウトなの?【驚いたらシェア】

 

 

重要
せめて一度は、この「音」を聴いておいてください。

・ミサイル攻撃時の、J-ALERTの音源
・【マニュアル】武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房)

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、(死没のため略)
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

私なりのケジメ

【爆破予告】テロに屈した議会に討ち入り。忠臣蔵、切腹の美学。地方議員の覚悟【テロに屈しない人はシェア】

 

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【成人式】地方議員として成人式の考え方。着飾る子は聴かざる子? への20件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【成人式】地方議員として成人式の考え方。着飾る子は聴かざる子? 本ブログの読者層は、どちらかと言えば頭の固い保守層、 社会的にも固い立場にある者が多いことはわかっている。 多くの地方議員が閲覧し、国会議員

  2. 波那 のコメント:

    行橋市の成人の皆様、おめでとうございます(^-^*)

    毎年、先生が写真をアップして下さるので結構楽しみです。今朝、お身体の具合が良くないようなので出席なさらないかもと思ったりしました。今日は注目を浴びる彼らの晴れの舞台ですものね。今年の衣装もド派手で気合いが入ってました。

  3. ひろちゃん のコメント:

    リオのカーニバルも、衣装で競ってますよね。一生に一度のことですから、かっこよく決めるのはありだと思います。地域を支えてくれるのはこの方たちであるというのは、本当にそうだと思います。また「地元に帰ってこないいい子」の親を、地元で支えてくれる(コミュニティの中で、福祉の中で)かもしれないです。

  4. aki のコメント:

    体か痛いとかボロボロで、ミッション使えないのに成人式へ?
    点滴おすすめです。
    お大事に。

  5. -EST のコメント:

    今晩わ、今までは成人の日エントリにはコメントしませんでしたが今回はします。来年はわかりませんが。
    私は完全に小坪議員や、やんちゃしてる若人とは真逆です。真面目なだけの世間知らずな若者でした。やんちゃしてる若者は地元に骨を埋めるように残り、私は山あり谷ありクロード・チアリ(失笑)の人生の果てに東北大震災で地元の仕事もありつけず他県に派遣で行きました。はっきり言えるのはやんちゃしてる若者の方が生き残れるんですよ。良い意味でしぶといし、つまんないプライドもない。
    自分なんてそいつらには一生涯勝てません。なんとなく生きてますから。だから最近若者に苦言なんて言えません。礼節とかならともかくね。それ故に思うのは真面目に生きることは結局馬鹿を見る世の中なんだなって事。思い切り良くて強かに生きる中で人として大事な芯を外さなければ上等なんだと。真面目なだけだと世間知らずだったら騙されるだけ。
    まぁ自分の人生は納得してるんで後は他人に迷惑かけないように終わりを迎える事が今や目標です。自殺はする気ないですよ。昔、とある音楽評論家は原稿に自殺を匂わせた文章書いて送ったその日に住んでいたマンションのベランダから飛び降りた。あれを聞いてそういう後始末だけはしたくないわと感じた。最後に多大な迷惑かけて死ぬことは避けたい。でも独身なんで行き着く果ては孤独死なのは目に見えてるんでどうしようかとは思案してる。むしろ若い人の自殺は胸が痛い。世の中殺伐としすぎてる。

  6. ねずみ小僧 のコメント:

    成人式に出席した息子から
    成人式の会場入り口で
    主催者から渡された袋の
    中に民青同盟のチラシと、共産党のパンフレットが
    入っておりました。
    出席者全員に配布されたものと思います。
    政治的中立を謳っている教育委員会が
    このような一部の政治団体の主張を書いた
    チラシを新成人に渡すのは非常に遺憾に
    思いますが、貴市に置いてはこの様なことは
    行われるのですか?
    当市の教育委員会に理由と誰の指示か問い合わせております。

    • 月光仮面 のコメント:

      これは ひどいですね 世界の平和を壊す政党のパンフレットですか
      戦争政党ですよね

  7. テロ指定共産党 のコメント:

    我が家の次男坊も来年は成人ですが、比較的静かな市ですから、特別アピールする子は居ないと思います。

    テレビで報道される荒れた成人式もレアケースで有り、それ故、放送されるだけでしょう。

    まあ、わざと荒らしたい日の丸嫌いの勢力も居ますので、その手の勢力が強い地域は特別かと思います。

    行橋市の若者は、コンプレックスをバネに自己主張する姿を頼もしく思います。
    問題は、引き籠もりや希望を無くし生きる力を無くした若者達です。

    表面に現れませんから、話題にもなりません。
    いまだに老人が威張っていますが、老人は国を支えて行けません。
    国を支えて行くのは、若者、子ども達です。

    少子化の原因を造ってきたご老人達に贖罪の気持ちは起きないのでしょうか?

  8. しこ のコメント:

    なるほど。物は言い様。
    こうした演説力の高さが、開発技術者及び議員に
    通ずる資質というものなのでしょう。
    花の慶次の前田慶次の如く、羽目は外せど
    世間の道理と信義は貫くっていうなら
    まぁいいだろうってことになるのかもしれません。
    ただ、それはあくまで実績出したからいいじゃねぇかっていう
    横柄な結果論にも聞こえます。
    見聞も交えた世間一般で見れば、
    傾いた格好で厳かな式典に乗り込む連中は、
    その調和を砕いて力を誇示して楽しむ無法者が圧倒的多数。
    警戒、忌諱するのは無理もなく、排除が最適解とするでしょう。

    政治家は良くも悪くも冷徹な目で大局的にものを
    見る人種だと思っていた自分としては今回に限らず
    今までのコラムは大変興味深い論調でした。
    理系らしく根拠を掲げ、打算計算が的確に出来るのに、
    根底には情が熱く滾り、それが先立つといいますか・・・
    相反する思考のはずなのに、それを混ぜ込んで爆発力を産む。
    ひょっとしたらそこらへんのところに惹かれたのかなぁ、と
    初めて気づかされたような気がします。

    それはさておき。
    読み応えのある文で忘れかけていましたが、
    体調は大丈夫なのでしょうか?
    常連さんたちがおっしゃられているよう、
    くれぐれも無理はしないでくださいね。

  9. 瑞教 のコメント:

    小坪議員のブログ、毎日拝読しています。余命さんのブログと小坪さんのブログは、日本を取り戻す最大至高のSNSと断じて間違いありません。先ずは、健康第一でお願いします!(^^)!

  10. TETSU のコメント:

    私ね、毎年この成人式の記事が楽しみで仕方がないんですよ。

    私も小坪さんと同じで、真面目ぶってってほどでもないけどソコソコ大人しくしていて、いい大学ってほどでもないけど一応大学出て、ソコソコの会社に就職して。
    でも高校時代に応援団やってて、今とはファッションもだいぶ違うけど、それなりにヤンチャしつつも学校じゃ教えてくれない規律を学んで。

    で、同じように地元に残らなかった。
    私の場合はどちらかというと家庭の事情ですが。

    だから、今でも地元に対する郷愁と共に、地元を守り続けてくれてる連中に合わせる顔がなくて。
    でも、こういうヤツらこそ本当の意味の規律とか筋とか義理事とかを理解していることも知っているので。

    だから、格好だけでエエとこのお坊ちゃん育ちの皆々様からは眉を顰められ、一部の跳ねっ返りがやり過ぎればここぞとばかりにそこだけ殊更に取り上げられて。

    大事な式で跳ねっ返って式ブチ壊すようなバカは私も容認しませんが、そういう跳ねっ返りのバカを指導するのも実は、その眉を顰められる種類の先輩達なんですよ。
    彼らはそうして規律を守ってる。お坊ちゃんに彼らは指導できません。

    もっと短く書くつもりだった。
    長くなっちゃいました。

    だから私、毎年この記事が楽しみだし、小坪さんの考え方、視点。
    すごく賛同するんです。

  11. 草莽の団塊です! のコメント:

    まずは、小坪先生、体調は大丈夫なのかね!とおもったのだが
    そこは、大きなお世話といわれそうなので、やめておきますw

    そのうえで・・・
    行橋市で成人を迎えられたすべての方々、おめでとうございます!といいたい

    超特大から大きめ(?)の扇子を掲げていた〇〇晴貴さん、〇〇勇太さん、〇〇大介さん、〇〇〇悠太さん、〇〇虹太郎さん、Good Sense(座布団10枚)
    あれ、今年は行橋市の新成人の綺麗どころの写真がないな・・とおもったが、これは、たぶん、掲載許可がでなかったのか、残念至極w

    今回は、大人向けの行橋市の解説が面白かった!うん!
    >行橋市には、村上水軍のゆかりの寺がある
    >壇之浦において源氏に加勢して戦った
    >行橋全体を見れば、戦闘集団の地ともいえる
    >宮本伊織(武蔵の弟子)の娘をもらい、
    >維新前後まで「勝手に独立していたような」地域だ
    >私自身も刀を持っている
    >先輩も刀剣が趣味の人がおおく(全員合法)、いまだ戦闘力は高いようにおもう
    >いまだ村上姓が多数おり、同じく城井姓(宇都宮の流れ)が多数

    なるほど、小坪先生の体には、戦うことを生業としてきた行橋の人々のDNAがはいっているのか!とある意味、納得

    ここで、閑話休題・・・

    >その上で、今日だけは「好きに書かせて」頂きたい。
    >だが、今日だけは「好きに書かせて」頂きたい。
    ここで、一言!
    先生、お立場があるでしょうが・・・
    可能な限り、日々、『好きに書いて頂きたい!』ともうしあげたい!

  12. あき のコメント:

    何か難しいですね。 私みたいに孤立系な人には語れないかな?派手さはどうでもいいけど、物壊したり糞迷惑行為は止めて貰いたいですね・やり過ぎ、行き過ぎは。
    まあ、それだけでしょうか。  お金が有る無いとかも絡みますしね。

    しかし、ニュースになっている様に、こういう人生の大切な節目を滅茶苦茶にして詐欺を働く奴は厳罰にしなければいけないです。

  13. 月光仮面 のコメント:

    この平和を壊そうとしているのは 間違いなく 共産党です
    そして 世界の平和を壊す根源はチャイナ共産党です
    ここは チャイナ国民がしっかりと見て理解するべきこと
    そして 日本人 腑抜けか 北朝鮮が悪だと言えても
    チャイナに何も言えない 日本人と政府 皆さん 世界の
    平和を壊そうとしてる国はどこですか 

    • 月光仮面 のコメント:

      皆さん この方 素晴らしいかも知れません
      「日本外交が危機に直面 このままでは国益守れず」 河野太郎外相 中国の影響力拡大に懸念表明
      この男只者ではないかも知れない 日本も頑張れるかも知れない
      小泉のお坊ちゃま 政治ってこんな事かもよ

      • 月光仮面 のコメント:

        政治って金が要るらしい チャイナや韓国の金を
        集めて政治したって日本のためにはならない 
        敵だぜ 肥料輸入してなんになる よく考えて
        政治てね おいらだんだん次を推す人が見えて来た
        様な気がしています

  14. たつまき のコメント:

    話しそれますが…
    もぉ韓国とは断交したいです!
    あいつら許せん! 約束守れ!
    韓国系の作った顔は好みだか残念だ(笑)

  15. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    成人式、とってもめでたいですのにこんな詐欺??が!!ひどいです、許せないっ。
    そして成人が親の手を頼らず自活出来る(自活出来る能力を備える)日が来るといいですね

    成人式当日に悲劇 振り袖業者「はれのひ」が突然行方をくらまし、新成人の女性「着付け会場はパニック」
    ttp://blog.m.livedoor.jp/dqnplus/article/1953178
    20: 名無しさん@1周年 2018
    着物もお金も取られたらしいよ

    120: 名無しさん@1周年 201
    八王子店がもぬけの殻になったのはいつなんだろ

    52歳の引きこもり、81歳母が自立のために用意した70万円を4日で溶かし帰宅
    ttp://blog.m.livedoor.jp/jin115/article/52205183
    金が尽きたとき、この52歳は何かやらかすだろ

    こんなのが野に放たれても困る
    最期まで親として責任を果たせ

    こういう話本当怖い
    死んでもらう以外に方法無いじゃん

    国会答弁のAI実証実験が『色々な意味でダメすぎる結果』を迎えた模様。ドヤ顔の立憲議員にブーメラン到来
    ttp://blog.m.livedoor.jp/greatprc-you1/article/50507028
    5:あなたの1票は無駄になり
    ちょwwwww
    壊れたレコードみたいに同じ書き込みを繰り返す人がwwwww
    うける

    11:あなたの1票は無駄にな
    野党議員の質問もAIにやらせた方がいいな

    21:あなたの1票は無駄にな
    >AIが「法人税率」や「ものづくり補助金」のような政策用語を認識せず

    専門用語の学習すらしてないのか。
    この程度の完成度で金とったら詐欺だろ。
    どこのコンサルだよ?

    29:あなたの1票は無駄にな
    >>21
    野村総研で3月までのプロジェクトだからまだ途中だろ。国会答弁に難癖つけたい新聞屋さんが一生懸命考えた記事だ。

    アダ・ブラックジャック。北極遠征隊に加わり極寒の島に置き去りにされ唯一生き残った奇跡の女性サバイバー物語

    人種差別や女性の地位が低かった頃に、子供の事だけを考えて生きた先住民女性が強くて素敵です

  16. としし のコメント:

    今回は、おとなしいとのことであまり写真がなかったのは残念です。
    私は先生の昨年の記述を見て、いたく感心しました。

    私はひょんなことから、地元で子供向けイベントを企画実施しています。
    そこで出てくるのは、多くが地元を支えているおっちゃんやおばちゃんたち。
    「ああ、こういう人がいるから地域は回ってるんだな」と実感できます。

    こういうのを知ってると、成人式に出てくる写真の子たちがとてもいとおしく
    頼もしい存在に見えてくるから不思議なものです。
    (本来、私はあのテの衣装が大嫌いです)

  17. 子リス のコメント:

    私はもっと厳粛な成人式をしたかった。
    壇上の大人は風格が無く、新成人はお喋りばかり。
    私はヒエラルキーは低いけど、ヒエラルキーの高い人を見ても「ああなりたい」とは思わない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です