不発に終わった証人喚問と、今後の予測【無駄だと思ったらシェア】


 

 

そもそも不要だったというのが私の所感である。
今後の流れであるが、恐らく「メディアの一人負け」という結果になるだろう。
政治を含め、関係者のストレスは過大であり、【押し紙】へのメスを含め、『状況が整いつつある』ことを宣言させて頂く。

野党をバカにする者もいるが、私は評価したい。
ある意味では彼らは勝ったのだ。
戦術面では醜態を晒し、ズタボロの状況であるが、これはあくまで戦術的な敗北でしかない。
彼らの「戦略目標」が、CHINAの軍拡を利し、手段が「国会を空転させること」にあったと仮定するならば、戦略目標を達成している以上、彼らは勝利したのだろう。

トピックも何点かあった。
籠池氏は、証人喚問において首相夫人が寄附したと明言している。
これに対し、夫人はFB上で公式にコメントし、否定している。
私は夫人の主張を支持する。

「ない」と考えた理由は、100万円が多額であること。支持者の一人一人に配っていては資金が足りない。籠池氏と、安倍首相が「凄まじい蜜月」ではない。
メディアがあれほど嗅ぎまわって「報じていない」以上、あくまで一支持者だ。

これについても「どうでもいい」というのがスタンスだ。
今後の流れもだいたい予想はできるが、悪魔の証明になっていく。
どちらも決定打に欠くため、訴訟に発展するかと思うが時間はかかる。
それを「どうでもいい」としたのは、メディアの熱は一気に冷めるだろう。
国民の興味も、だ。

理由はいくつかあるが、共謀罪が閣議決定されており、国会での成立がほぼ確定している。
「倒閣」もしくは「解散」を狙って動いていたようだが、意味はすでに喪失する。(解散となった場合、法案は宙に浮く。)
ゆえに、メディアは「玩具を捨てるように」本件から手をひくだろう。
そもそも国民も、すでに飽き始めている。

最大の「どうでもいい」理由だが、仮に寄附がなされていたとしても、法的な問題が存在しないため。
選挙区外であり、仮に寄附していたとしても、実は問題がないのだ。
例えば私もかつて「赤い羽根募金」に寄付したことがある。小学生のころだ。
議員となった今は、選挙区内の寄付に抵触する可能性および、仕組みに問題を感じて控えている。

かつて(小学生のころに)「赤い羽根募金に寄付をしただろ!」と言って、証人喚問にまで発展したら、変でしょう?
もともと無理筋な話だったのだ。

本来の争点は、政治家がそこに介入したか否かであり、想定の通り、籠池氏のターゲットは維新であった。
国有地とは言え、処理は地方の支局で行うのが常であり、「維新狙い」であれば成立もした話であった。
だが、メディアと野党は、「安倍政権」を無理にこじつけたため、泥沼化したというのが実際でしょう。

しかしながら、メディアには「無理ができる」力が、まだ残されていることが発覚してしまった。
そして、有事に発展する可能性がある「ギリギリの日本」において、第二次朝鮮動乱が勃発する前の「最後かもしれない国会」を浪費させた。

メディアは、常に「なかったこと」にすることが得意だ。
左派の政治活動家も類似の傾向があるが「自分だけは許される」とか「責められない」と盲信している傾向がある。

今回の「この騒動」は、大きなツケとなったように思う。
可燃性ガスが充満している中、誰がどこで動くか、という状況であった。
例えば押し紙にしても、「政権与党」は前向きではないというのが私の認識であった。

だが、しかし。
これから先の動きは、わらかない。
相手も「人であること」を、どうにも彼らはわかっていない。

今回の結果になるが、
本日のみを見れば、「野党の戦略的勝利」とさせて頂こう。
中長期的な観点「メディアの一人負け」となっていくだろう。

ま、一社ぐらいは「倒産」するんじゃないかなぁ。
報道は、やたらと「権」を付けて論じる傾向がある。編集権だとか、なんとかと。
だがね、君たちは「三権のいずれにも含まれていない」ことを痛感することになるだろう。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

安倍夫人を支持する。
まずもって、首相夫人のコメントを紹介する。
本人のFBで発されたもので、名を記している。

一般に、web上の投稿は本人確認がとれぬ場合が多く、
その全てを「公式のもの」とすることは難しい。

しかし、議員本人である場合や、それに類する立場の場合は扱いが異なる。

 

本人が、ここまできっぱり否定している。

 

立場を鑑みれば、重視されて然るべきだろう。

 

 

 

「本人が言っている」だけでは、政治家が書くBlogとしては弱いだろう。
相手が首相夫人という立場であるため、市議が論評することには迷いもあるが、自論も展開させて頂く。

寄附する理由がないのだ。
整合性がないというのが、私の判断である。

 

安倍首相、もしくは夫人と「凄まじく緊密な関係」であるかが争点になるだろう。
メディアは、夫人が「講演した!」と報道しまくったため、あたかも「近しい関係」と錯覚しそうになるかも知れない。
だが、それは間違っている。

 

関門海峡は跨ぐが、うちの隣接選挙区の「隣」が安倍晋三【議員】の選挙区だ。
実は、うちからすれば近所である。

下野していた時代、民主党政権においては、「誰も次の首相になる」なんて思っておらず、
安倍「元首相」は、普通に、いたるところにいた。
私も名刺交換したことがあるし、北九州でのイベントでも何度もお目にかかっている。
数十人単位であるが、会食したこともある。(立食ではない。)

で、私と安倍首相は「近い」存在と言えるのか。
恐らく覚えてもいないだろう。

 

十数年に渡り務めた(元)秘書とも親交がある。
かつて行橋に住んでいたこともあり、私だって連絡のしようは「ある」のだ。
それでも「首相に近い」だなんて、私は思っていない。

ちなみに、隣の選挙区は、麻生副総理の選挙区だ。
祖父が飲食店(旅館)を経営していたこともあり、小さな頃は、特に中選挙区時代は、「普通に家で見たことある」政治家だ。

で、それは普通のことでもある。
地元の衆議院の先生は、地元で見ることもあるでしょう?

 

少し話を戻す。

「奥さんを、3回、講演に呼んだ」は、決して近しい関係ではない。

テレビが連続して放送するゆえ、「すっごい近い」イメージがあるかも知れないが、

私は安倍「議員」となら、本人と飯を食ったこともある。

メディアの論法で行けば、「奥さんが3回講演」よりも、「本人と一回、ご飯」のほうが【近い】わけだ。

(数十人いたけれど。)

 

問題として指摘されている時代とは、「誰も首相になるなんて思ってなかった」時代のことだ。

はっきり言うが、【一支援者】に過ぎない。

 

大量に「同じ属性の人物」はいるわけだ。

一人一人に100万円も寄附していたら、絶対、もたない。

余談になるが、私は100万円、もらっていない。

だとすると、メディアの理論は、崩壊してはいないか?

 

 

 

そもそも合法
これも冒頭で述べた内容だ。
寄附していたとしても問題ないのである。

野党は道義的に、などと述べているが、
道義的な問題も「ない」というのが私の主張。

 

学校の建設は、公益に資する。
そう判断するのであれば、おかしなことではないのだ。
設立理念等に共感したのであれば、寄附なりなんなりすればいい。

ここのどこに道義的な問題があるのか。
私にはまったくわからない。

私だって、地元の小学校が、常に廃校リスクを抱えており、
市議を志した理由の一つであったりする。

 

だが、私は、小学校に寄付していない。
寄附したくとも、できないのだ。
それは選挙区内であり、「違法行為」だからだ。

 

今回の件は、選挙区外である。
安倍晋三首相の選挙区は、山口県である。
高速つかえば、30分少々の、うちの近所である。

そして、関西とはまったく無関係だ。
選挙区外である以上、そこに法的な問題はない。

 

そして、道義的な問題は、そもそもない。

 

 

 

朝鮮学校との整合性
というか、「朝鮮学校に寄付」している国会議員っていないんでしょうか。
民進とか、共産・社民の国会議員で、です。

一条校ではないが、国交もなく「拉致被害者」の問題も鑑み、
さらに昨今ではミサイルをバカスカ撃ってくる迷惑な集団の、
民族教育と自称している「例の朝鮮学校」だ。

 

日教組の、特にチュチェ研などはやっている可能性が否定できないし、
そこを母体とする議員は「やっている」可能性が排除できない。
一人ぐらいはでてきそうものだが。

 

そもそも論になるが、自治体から「公金として支出」されているお金。
あれはいったい何なのだ。

寄附とは形態が異なるが、もしも「学校への寄付」が問題であるのならば、
朝鮮学校への税金の支出は、「政治的問題」「道義的な問題」「外交上の問題」が指摘される。

 

このロジックに対し、証人喚問を推進した者はなんと反論するのか。
不可能だと思う、なぜなら、今回の喚問はスタートからおかしかったのだ。

無理筋にも程がある。

 

 

 

籠池氏への評価
私の評価は、ある一面において「悪くはない」と言わせて頂く。
首相夫人を支持すると述べたが、その上で、籠池氏を否定することは控える。

私は、戦士だ。
そして、戦士は、強い者には敬意を払う。

 

私が評価する一点は、「なかなか堂に入っているじゃないか」というもの。
もう、この一点だけである。

内容について、特に無闇に安倍総理を巻き込んだ点は、まったく評価できないけれど。

 

また、私の価値基準においては、首尾一貫している者を好む。
これは保守とか左翼とか、イデオロギー的なものではない。
むしろ敵陣にあっても、一貫しているものには敬意を払う。

 

今回の証人喚問において、徹頭徹尾、首尾一貫していたかと言えば、完全とは言えない。
だが、あの場に立つ心境を思えば、やはり評価もしたい。

連日のメディアスクラム、人生を賭けて作ってきた事業が吹き飛ぶ。
一生の夢が、目の前で潰える。

まともな精神状況ではなかったと思うが、その上で証人喚問の場に立たされるわけだ。

 

高いストレス状況下において、(方向性がどちらであれ)
堂々と振る舞えることは、私は評価したい。

地方議員で、オロオロする連中を五万と見てきた。
調子のいいときは威勢がよく、責められたり苦しい局面ではオロオロする人間。

私は、切り込み隊長のように振る舞っているが、
(自分ではできぬのに)後ろに控えて「あれをしろ」「これをしろ」と指揮をとりたがる者。
自らの戦闘スキルは、たいしたことはないのにね。

 

それに比較すれば、あの敵だらけの中、偽証罪のリスクがある中、
堂々と振る舞っていたことは、「戦士」として、評価したい。

彼自身も、被害者の側面はある。

 

「自民党」というブランドや「安倍政権の長期化」の観点から言えば、打撃を与えたのは事実である。
書類の不備や、責められる点は多々あるが、その上で「被害者の側面」は、【ある】というのが私のスタンスだ。
(完全な被害者とは言わないが。)

 

 

 

政治家の介入は、悪なのか。
私が気になったのは、この点。
そして被害者の側面と指摘したのも、この点である。

 

私は、政治家が民間企業を支援する場合があっても、悪くはないと思っている。
極力、排除してはいるが、私も企業支援は行う。

ただし何点かルールがある。
これは法律ではなくて、私の中の「心のルール」だ。

 

基本的には「業界団体」ごとの支援である。
かつ、それが市政発展上、必要と考えた場合。
それ以外は、企業陳情は断っている。

市民の公益に資する場合のみ、業界の利益を代弁することは、あってもいい。
「結果論として」そうなる場合に限定して、だ。

例えば、水利権の問題を指摘してきた。
これは不動産開発などの阻害要因となっており、宅地開発が「人口の社会増」に寄与する観点から、私は「業界の声を代弁」している構図になる。

かつ、私は、二期目の選挙においては、宅建協会の推薦を頂いている。
公式に、業界団体の声を代弁しているわけだ。

それは「人口増」が、将来的な福祉財源の安定化に寄与すること、
市の存続に大きく影響する内容であり、私の「市議としての政策と一致」するためだ。

 

つまり、「可能な限り、一社単独の企業利益」は排除している。
これも例外規定があり、(心の中のルールに例外もへったくれもないと思うが)
異常な大手企業(例えば年商100億ほど)で、その社内判断が「市に与える影響が甚大である」場合だ。

特にマンション開発などの場合は、私は即応して動いている。
これは規模的に「業界団体」と看做すだけの規模を有しているためであり、
行橋市は、いまだに人口が増加傾向なのだが(福岡市近郊以外では、うちぐらい。)
実際に、そのクラスの企業家と、リアルで協議の場を何度も持っている。

というか、ブログ以上に「私の得意分野」です。
市職員から厚い信頼があるのは、このあたりも大きい。

私自身も上場企業出身ゆえ、企業誘致についてはノウハウがある。
誘致される側であったが、ISOからCAD、国際法から難処理廃棄物まで、身体に染みついているのだ。
ナメてもらっては困る。

この大型案件における折衝能力は、民間あがりの私のほうが強力であり、
そもそも市当局は「抜き」にして、個人活動として「好きにやらせて頂いている」のだ。
成果があがりそうな場合は、市長サイドとジョイントし、その連携を果たしている。

(凄まじく厳しい守秘義務があるため、同僚市議も全貌を把握していない。私の名刺帳は、豪華ですよ?国会議員級と同等と言われております。)

 

私の中では、これが行橋市民に寄与できる「議員としての公益」なのです。
街の未来に、資する。

で、これって悪いのことなのでしょうか。
あることをすれば、「悪」になります。
それは、私が金をとった場合でしょう。

心の中のルールではなく、私は「ロハ」でやってる。
これ系の話で上京する際も、市からは旅費は支給されない。
先日は、市にとっても非常に重要な方、具体的には「有名国公立の学長」とアポがあり、宿泊も必要だった。これも自腹である。

そして、私に許された政治活動費は、月額2万5千円です。
足りぬゆえ、私費から出しています。

地元の法人から、もしくは地元の名士から、旅費支援の打診は多々ある。
それだけ動いていること、処理している案件の大きさは、実は地元でも一定層が知っている。
(特に企業家は。)

それも全部、断っている。
地元企業からの金銭支援は、ない。
個人としての献金は何件かあるが、それでも「できるだけ選挙区内は断る」というスタンスだ。

政治家としての軸が歪むこと、誰かに飼われるのは、嫌だ。
企業舎弟になりたくないからだ。

ちなみに最高値は、「2億」というものがあった。
(これは行橋市外です。)

断っている。
安売りはしない。

 

 

 

企業からの相談
で、籠池氏に戻そう。
企業が、政治家に相談して悪いのか、だ。

私は、市民相談の一環として、企業からの相談も受けている。
土地の収用、筆界未定、弁護士の紹介、労働争議が起きた際の社労士の手配。
相続を絡めた企業運営、市の助成、県の助成、国の補助金メニュー。
政策金融公庫(昔の国金)、事業資金の借り換え、
変わった者では(元技術者として)製品開発のアドバイス、特許申請、国際的な催事への参加申請のアドバイス、銀行への融資依頼の事業計画策定のアドバイス。
設備購入の支援、及び助成金の申請、場合によっては政策シンクタンクの手配、従業員のトラブル処理(保険屋もしているため交通事故の相談とかも。)他にも多数の分野がある。
(まだまだ他分野がある。)

国だから、県だから、とは断っていない。
福岡県議だけでも二桁の友人がおり、県の手配も行う。
非弁行為にならぬよう、職域を意識しつつ、場合によっては法テラスの活用もするし、途中からは行書・弁護士に手配(向こうは有償)する。

学校法人の相談も受けており、文科省に資料請求したり、相談も受ける、アドバイスもする。
そして、これは政治家の仕事だと思ってる。

 

最近は、弁護士さんたちからも「下手な弁護士より役にたつ」と言われる。
ジョイントしている弁護士事務所だって10近い。
それぞれに得意分野があるので。

ブログを書いてるだけと思っているかも知れないが、私の守備範囲は、実は広い。

 

 

市民相談の場合は、さらに広い。
(本件とは少し分野が異なるため、折り畳んでおきます。)

クリックして下さい!

債務整理、それで済まぬ場合は自己破産。離婚調停、できるだけ再建を進める。DV系の場合はシェルターの手配を福祉部に引き継ぐ。
こちらも非弁行為にならぬよう、法テラスを噛ませつつ、「弁護士事務所の紹介」であり、例えば費用の審査に必要な処理(納税証明)などの事前手配を市民相談の一環としてやっている。総合窓口のような機能を果たしており、意外に多忙。だけど後工程(弁護士)からは、「ほとんど処理おわってるよね汗」と言われるぐらい紙には強い。
執行認諾約款文言付きの、公正証書。公証人役場で印紙踏ませて、その完了までを見守るのが私の仕事だ。

「お金もらったら違法」なため、全部、無料である。
ネットだけとは思わないで欲しい。

昼間は、みんな仕事してるから、開始時刻が19時からという日もザラ。
21時まで相談を受け、「遅くなったので、今日はゆっくり休みなさい」と声をかけて、
私の仕事はそれからだ。
そして、毎日、続く。

相談内容をレポート化し、これが日付を回る寸前までかかる。
並行してセーフティーネットとなる条例関係の調査。
弁護士や社労士などとの電話連絡もセットでやる。

業務完了となるのは、だいたい夜中の2時ぐらい。
私は、選挙期間中以外も広い事務所を借りっぱなしにしている。
これは個人献金があるから借りれているのだが、事務所はこういう目的で使っている。

 

重めの案件が重なった場合には、家には帰って寝るだけの日々。
子供もいるが、起きているのを見るのは、週に一回ぐらい。
すべて、市民相談と、事務処理にあてている。

これは、「道義的な責任」が問われるのだろうか。

 

証人喚問の話に戻るが、政治家が「助けたい」と手伝うことは、
道義的な責任が伴うのだろうか。

これは有権者にも、メディアにも問いたい。

 

「常に暇そう」に見せている。
へらへら笑って、斜に構えている。

それは相談しやすいように、相手を委縮させないために、です。
本当に暇なわけ、ないでしょう?

苦しいときでも、激務でも、
市民の前に立ったときは、「笑顔」で余裕を見せて、一人前です。
三日寝てなくても、「元気いっぱい」に声がだせて、政治家です。

 

 

議会会期中、よく扁桃腺を張らせて体調不良になっていました。
理由はシンプルです。

閉会中がすでに激務。
ここに議会日程が重なるわけですが、その間はオーバーワークになるからです。

だけど、市民相談も併行してやってるんだよ。

 

Blogはね、鬼の速さで書き上げていて、いいとこ2、2時間で書き上げてる。
いい加減に書いているとは言わないが、それより何より、目の前の市民のほうが大事。

ネット上では「市のことしてるのか」と騒ぐ者もいるが、ネットで保守活動しながら、地元もやっとるわ。
一般質問も、共産党に絡むものも多いが、それはBlogで書いているだけでね、
財政全般や人口問題など、また地元の問題などもやってるんです。

政党所属の議員(公明・共産)を除けば、一期生の時から質問回数は最多です。
やればいいって問題でもないが、ブログだけとは思わないで欲しい。

地域の守護神、土地神のようなプライドがある。
俺のとこに来たときには、すでに「本人は限界」のことが多々ある。
だったら、私は逃げれないでしょう。。。
(あまりに陳情量が多いため、ネット経由の陳情は一切、断っている。)

難処理のものばかり処理しているため、噂が噂を呼び、
ゲゲゲの鬼太郎の妖怪ポストのように、凄まじい量が来てる。

メンタルにだって、来るものがある。
人生が崩壊する瞬間とか、(自分ではないとは言え)苦境だけを目にするわけだから。

 

支えてもいいよ!って人は個人献金をお願いします。

思う成果が得られず悔しい夜もあるが、
受けた陳情から逃げたことはない。
(弁護士が委縮するレベルの案件が増えてきた。)

こちとら、プライドをもってやってる。
命を削り、私生活の全てを犠牲にして。

私の仕事を、否定しないで頂きたい。

 

 

 

野党の戦略的勝利
これは、認めたくない点だが、野党の勝利だ。
戦略的には勝利であると、そのような分析を行いたい。

 

戦術面では、明らかな悪手。
自民党の支持率は、思うようには落とせなかった。
反対ばかりの野党というイメージが上書きされたのみ。

国民も馬鹿ではない。
どんなに「上手くトリミング」しても、【そもそも何が問題なの?】という思いはくすぶる。

ブームのように流れを作り出すことに、失敗した。
野党は、「戦術面では」失った物のほうが多い。

 

だが、目的が「国会の空転」であるならば、これは勝利と言わざるを得ない。
第二次朝鮮動乱が勃発するリスクが高まる中、有事に突入する「最後の国会」である可能性すら排除できない。

すでに憲法改正は間に合わない。
発議に至るまでの議論に最低半年、国民投票を終えるまでに一年。
制度的に「それだけ時間がかかる」のだ。

憲法という「土台」の上に、各種の国の法律は成り立っているのだが、
緊急事態条項すらないままに、我が国は突入する可能性がある。

 

平和安全法制を成立させる際の騒動を思い出して欲しい。
特定秘密保護法案はどうであったか。
すでに「新法を作る時間的余力」はない。
政治的な「コスト」を支払う余裕がないのだ。

余談になるが、平和安全法制(共産党の言う戦争法案)は、役に立たない。
対になる予算がなく、飛行機の一機、弾の一発すら買えないからだ。
予算なき法案に何の効果があるのか?というのが私の所管。
まったくの無意味とは言わないが、あれがあるから安心なんていうものではない。

 

現行法の範囲内で、やるしかない。
討論を尽くして「範囲を広げる」とか、新法が作れぬならば、「法改正」で対応する等。

土台がない部分(憲法に準拠できない部分)は仕方ないが、それでも「できる範囲」はあった。
今国会は、法改正を多数、行うべきだった。

なーんにも、決まってない。

 

CHINAを利することが、戦略的な目標であったと仮定した場合、
もしくは、北朝鮮を利することが戦略目標であった場合、
その手段が「日本の弱体化」であり、「日本の準備を遅らせること」であった場合、

戦略目標は、達成されている。

 

野党の勝利だ。
見事に国会は空転し、国民は踊り、
そして何も決まってない。

戦略目標を達成したのだ。
肉を断たせて、骨を断たれたわけだ。

 

 

 

メディアの一人負け
様々なことがあった。
慰安婦の虚構、そこから続く外交打撃。

有権者のストレスは頂点に達しているが、政治家の動きは悪い。
だが、それも日本では美徳とも思える部分がある。

 

政権与党とは、動きが緩慢に見える場合もあるとは思うが、
それも含めて政治なのだ。

「カチン」と来たら、パパンッと撃つではダメなのである。
偉い人、力を持つ者は特に許されない。
(さくっとやるのは、地方議員だけの特権だろう。)

 

実は、押し紙に関しても、自民の動きは悪かった。
色んな話は、各所でしているのだが、乗り気ではなかった。

大切な部分を「」で書くが、乗り気では「なかった」のです。

 

メディアは、やり過ぎたのではないかな。
各所で動きが見え始めてきた。

眠れぬ獅子は、腐った獅子なのか、という問いである。
トランプ大統領で、安倍首相なのだ。
少し見ている世界が私とは違うようだなぁ。

 

撃ったのは、首相の夫人である。
だいたい第一次安倍内閣を「どうやって倒した」のか、忘れていないかな?

メディアと左派は、「記憶にございません」と述べるのか?
やられた相手は、忘れはせぬだろうよ。

 

今回のこの空転騒ぎ、我が国が払うことになる代償も安くはない。
それは自衛官の命と、国民の血でしか贖えぬやも知れぬのだ。

だが、一番、高くついたのは、メディアだろう。
野党は野党で、なんとかなろう。選挙にさえ勝てば、身分は保証される。
だが、メディアは違う。

 

メディアは三権のいずれにも属していない。
電波にしても再販にしても、三種郵便にしても、
すべて許認可が必要で、準拠法がある。
三権のいずれも、メディアを破壊する力を有している。

法を決めるのは立法であり、
法に基づき処理するのは行政であり、
法の判断を下すのは司法である。

おまえたちは、三権のいずれにも属していない。
覚えとけ。

 

手始めにスタートするのは、押し紙だろう。
綻びは、見えてきた。

踏ん切りがつかなかった層が、怒りに震え、
一歩を踏み出し始めた。

資料とロジックは、ブログで書いている以上のものがすでに存在している。
いわゆる「政策論文」というものだ。

 

小坪しんやの論文はこちら。

前編

後編

 

渡邊哲也氏の論文はこちら。

 

黒藪哲也氏の論文はこちら。

 

 

以前に発表したのは、政治の専門用語を知らぬ「弁護士向け」に、政策論文をデチューンしたものだ。
あれはあれで論文なのだが、本気のやつは、アレではない。

西日本新聞が、私が書いてもないタイトルと共に、私のコメントとして「論文」なんて言うから、本気を出してみたんだよ。

もっと前に、(webでは)未発表の論文は完成している。
国会でも通用するようにと、祈りを込めて書き上げた資料集が、です。

一般向けに書くのは、実は得意ではない。
得意分野は、政策論文と行政書式、専門家向けの資料である。
ブログが私の力量と思っているならば、非常に侵害だ。
私の刀の斬れ味は、身をもって知るがいい。
ペンは剣より強いらしいけれど、事実かどうか試してやろう。

そして、それはすでに届けられており、あとは開封を待つのみである。
というか、一部では開封が終わっている。
(ブログに書く内容は、「終わった」ものだけだよ。うふふ)

 

地方議員と思って、ナメてるんじゃないよ。
あんたたちは、責任をとっていない。
ならば、俺がとらせる。

 

最後のピースが、足りなかった。
それでも政治の動きは、メディア規制に対しては消極的だった。

彼らの最大の失敗は首相「夫人」を撃ったこと。
第一次安倍内閣でも酷い目にあってる。
旦那さんは、たまったものではないだろうな。

奥さんを撃ったら、そりゃ怒る。
旦那さんのお友達、部下も怒り心頭だろう。
物事が動き始める、最後のピースとなった可能性が高い。

 

常に、自らは安全な位置におり、
誰かを射的のマトのように撃つだけと錯覚してはいまいか?
そこが安全地帯ではないことを、痛感して頂こう。

 

だいたい今日だって、もっと別の話を書きたかったのだけど、
どこもかしこも証人喚問。

書かざるを得なかったわけで、こちらからすれば迷惑。

 

 

 

 

私も小学生のころ、赤い羽根募金に寄付をしたのだけれど、

 

私も証人喚問に呼んでくれないなかぁ。

 

いつから国会はこんなに軽くなったんだ。

 

メディアの横暴は目に余る。

 

不発に終わった証人喚問、

 

戦術面では野党の敗北だが、

 

戦略目標は達成したのだろう。

 

中長期的には、メディアの一人負けとなるのだろう。

 

「与えた影響の、責任はとって頂きたい。」と思った方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、大野慶裕
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:德永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

不発に終わった証人喚問と、今後の予測【無駄だと思ったらシェア】 への40件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    不発に終わった証人喚問と、今後の予測【無駄だと思ったらシェア】 そもそも不要だったというのが私の所感である。 今後の流れであるが、恐らく「メディアの一人負け」という結果になるだろう。 政治を含め、関係者の

  2. 鳥海山たろう のコメント:

    メディアの負けという分析は面白いですね。

    まったく関心のない話題ですので、私はあまりコメントするにふさわしい人間でありませんが、今日はじめて朝のテレビ番組を見て「何が問題になっているのか」をやっと理解できました。(食い入るように見たのは、敬愛する山口敬之氏が解説をされていたからです。山口敬之氏は永田メール問題との比較を取り上げましたが、まず視聴者の9割以上はなんのことかわからなかったのでは)

    そして夜には国会中継のニュースを見ました。
    私の印象では、「ひさびさに右翼に見せかけた、とんでもないサイコパスが世間に現れたもんだな」という風に今日一日で直感的に感じました。

    もし直感が間違っていて、本当には「真の愛国者であり大物」であれば大変申し訳ないですが・・。
    それで、個人的には、この理事長はサイコパス、息子は親父におさえつけられた小者、娘はしょうもない食わせ物と感じました。

    私が思い出したのは、朝日新聞の持ち上げた吉田清治でした。
    もちろんこの理事長は吉田清治よりははるかにまともで、もともとは愛国心を持った教育者であったのかもしれません。

    どこに共通点を感じるかというと、当時のマスコミ(左翼マスコミ)は、吉田清治が(経歴とか結婚のこと、仕事のことなど)、数々のポイントについて大嘘をついていたにもかかわらず、それを意図的に隠ぺいして国民に知らせなかったのです。

    ちょっと調べれば学歴とか職歴について大嘘のデタラメを吐き散らしていたことが判明したにもかかわらずに、それをわざと「意図的に」隠ぺいしたのです。

    なぜか?

    それは数々の偽証をした人物であることが国民に知られてしまったら、吉田清治の慰安婦の集団的な強制連行も「大うそに違いない」ことが、すぐにバレてしまうからです。

    たしか秦郁彦氏の調査や他の方の分析では捏造だらけの人生だったらしいですが、わざと、その「人格判断に際して、極めて重要な調査結果」をメディアが意図的に隠ぺいして情報提供しなかったのです。
    (例外は週刊新潮とかごく一部の雑誌だけでしょうか)

    同様に、この理事長もウソつきであるにも関わらず、メディアはそれを意図的に隠しているように感じました。

    おそらく、偏向メディアは、100万円の寄付などあったか無かったかは「調べてもわからない。不明だ」という印象操作だけを行って、大衆に「あったかもしれない」と思わせる作戦にでると予想します。

    なので昭恵さんは、「寄付金があったかどうかは国有地問題にくらべれば矮小な問題だ」と絶対に安易な幕引きをはからずに、真偽を明確にするために、妥協せず徹底的にこの理事長と対決すべきと思います。

    昭恵さんの名誉が回復されたら、安倍さんの名誉も回復されるはずです。
    そして、(もし、万が一)昭恵さんが嘘をついていたならば安倍首相のダメージは大きくなるはずですが、仕方ありません。

  3. 110_23110 のコメント:

    なるほど。

    やはり、某国の『末端組織』と揶揄されてもおかしくない『団体』は役目を果たしたということなのかもしれません。

    実際に、中身のない問題であり、いちいち国政を止めてまでするような問題か?ということや、メディアという企業よりも的確なことをネット上の有志が指摘している状態だとしても、上辺の情報ばかりを『情報として知った』気になっているマジョリティに対しては、ある程度効果的だったのか。

    それとも、前述の『末端機関』は足止め程度の役割を果たして、『黒幕』の捨て石の役割を果たせたのか・・・

    いずれにしても、首相並びに婦人の名誉を回復することも大切ですが、この問題を長引かせない為に、頑張ってほしいものです。

    稚拙な文章で申し訳ございません。

  4. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    既出ではありますが、安倍昭恵氏が常にアクティブで、困っている様な人が居れば取敢えず話を聞き、左右の政治的主張は全く意に介せず、安倍晋三首相の立場を考え萎縮する事も無く、兎に角人の為になるなら動いてみると言う人です。

    ぶっちゃけ、安倍昭恵氏御本人は覚えてもいないでしょうが、小生如きでもお会いした事はありますし、ありきたりの挨拶位は交わす機会がありました。
    しかも、小生が潜入した左派的な集会でです。

    まぁ、100万円は貰えませんでしたが(笑)

    安倍昭恵氏は割りと敷居を低くして動いておられるので、その気になればどなたでもお会い出来る機会はあるでしょう。
     
     
    扨て、「野党の戦略的勝利」と言う解析は、一定の条件下では異存ありません。
    確かに、野党は一定の成果を得たと言えるでしょう。
    今後、報復が無い事を前提とすれば・・・。

    一度、捏ち上げで内閣を倒されて、第二次内閣も今まで幾度も同様の手法で危機を迎えて来た内閣です。
    しかし、まだ生き存えている内閣でもあります。

    安倍内閣の延命に一番貢献している民進党の功績も大きいですが、やはり保守層の貢献度は評価に値すると考えています。

    同時に、いっぺんヤラれた事に当事者は警戒しない筈もありません。
    マスコミは今まで外圧を演出してでも、世論を作り出して来ました。
    その手法を現内閣は、随分と参考にしていると感じます。

    結果として、小を捨てて大に就く「メディアの一人負け」の構図は、そもそもの既定路線と位置付けられているのではないでしょうか。

    マスコミが燃え尽きそうなら、ほうぼうから燃料が供給されるでしょう。
    そして、その燃料投下が宣伝効果に繋がるとなれば、スポンサーの姿勢も変化が現れるかもしれません。

    油断は禁物ですが、確実に敵の兵器を徐々に鹵獲しつつあるのも現実でしょう。

  5. 野良犬 のコメント:

    籠池氏は問題のある人物ではありますが、左翼よりは優れていると思います。売名行為はしたが、売国行為はしていないからです。
    園児父兄の「校風に問題があり退園させた」(校風を知らなかったとは信じ難い)との話からここ迄に至った経過を見ると、緻密な計画での倒閣計画があったのではと疑わざるを得ません。利用できる筈の野党・マスコミが頭が悪すぎて却って妨害になり、失敗したのではと思います。
    混乱の極みと失意の中、取り乱さず質疑に応じていた氏を見ると、もっとオープンな手法で学園建設に成功してくれてればと思うのが偽らざる所です。

  6. 東京都56歳 のコメント:

    世界が、特に東アジアが、
    非常事態だというのに、
    日本と言う国は何をやっているのか?

    「重要(?)な隣国」の「異常さ」にあきれて、
    笑っていたのは、どこの国の人だったのだろう?

    「どうやら、日本も、同じ穴の狢だったようだ」
    世界中にそう思われても、仕方ない状況。

    おかしな人物に振り回されている馬鹿馬鹿しさ。
    その「おかしさ」について、昨日、確信しました。

    不勉強のため、
    (というか、興味が無かったので、)
    その人物が「複数の名前」を使っていたことを、
    知りませんでした。

    芸能人やスポーツ選手ならいざ知らず、
    普通の人物は、そういう「ワザ」を使いません。
    きっと、「通名」のように便利なことがあるのでしょう。

    そういう「人物」が、「信用に値する」とは、
    私には到底考えられません。

    そういう「人物」に振り回されてしまっている。
    この状況は、小坪さんご指摘のとおり、
    ある意味、野党の狙い通りだったのでしょう。

    海外メディアでも報道されているようですが、
    はたして、どう見られているのか?

    「ああ、やっぱり東アジアってのは・・・」
    という反応になってしまうのか。
    安倍さんが築き上げてきた、
    「世界からの(日本への)信頼」を
    失ってしまうことになるのか?

    それが、今、もっとも恐ろしいことです。

    しかし、今回のエントリーで、
    わずかながら、希望が持てました。

    「メディアの一人負け」ですか。
    「与党が本気になった」んですか。

    今後の動きを、楽しみにしています。

  7. 月光仮面 のコメント:

    一つ 野党はこれが政治だと思わないでほしい事
    二つ マスコミはこれが 報道だと思わないでほしい事
    三つ これが 教育だと思わないでほしい事
       私には とても とても 卑しい事
    天知る 地知る 己が知っている

    皆様 ただただ 日本を思って政治 教育 報道をしてください
    何だか 印象は 卑しい この言葉に 思えて仕方がありません

    • 月光仮面 のコメント:

      追伸 一つ 言える事は 安倍総理夫妻が かかわっていないことが
      救いです 本当に 次に進んでほしいです 日本のために

      やがて 日本は内乱 テロの戦場になりかねません 国民全員で
      守る必要があると思います。 明日かも知れません

      • 月光仮面 のコメント:

        そーーーだ  蓮舫ーーーーお前が言うなーーー
        汚い

        • 月光仮面 のコメント:

          マスコミに警告します ここに皆さんが書かれて
          居ますように 皆さんマスコミを信用していません

          野党に警告します ここに書かれているように
          皆さん 野党を信用していません
          もう 政治ゴッコで飯が食える時代は終わりました
          この ネットは破壊力があります おぬしたちは
          こっけいにしか見えないよ

          • 月光仮面 のコメント:

            この問題で 福山哲郎議員の記者会見を 
            ユーチューブで見ました 実にくだらない
            ものですね 議員あなたは切れ者と思っている
            かも知れませんが そして 与党自民党を
            口先でやり込めれば良いと おいらすごいと
            じふしていると思いますが 国民の多くは
            うんざりしているのです 野党に政治家が
            居ないと国民に思われますよ 口先での
            批判は おのれの価値を下げます 日本の
            政治力が上がりません 議員をお辞めに
            なることをお勧めします。

  8. araigumanooyaji のコメント:

    “寄附とは形態が異なるが、もしも「学校への寄付」が問題であるのならば、 朝鮮学校への税金の支出は、「政治的問題」「道義的な問題」「外交上の問題」が指摘される。 このロジックに対し、証人喚問を推進した者は

  9. 記事 のコメント:

    国会中継を見ました。そのあとのNHlkを筆頭に、コメンテーターのひどいこと。天皇陛下来園が嘘だったことも流さず、
    ひたすら
    ファクシミリが決定的だ。夫人を国会に呼べ、としか、こめんとしません。ビックリしました。
    卑しいTVが切り貼りして、願望を編集し、疑惑悪いイメージを持たせる印象操作していました。ネットがなければ支持率急降下。

    サリン事件、政権交代時にネットが今のように普及していればと思いました

    北朝鮮ミサイルや尖閣や北朝鮮兄事件を忘れさせたい、準備備えを潰したい混乱させたい意図を悪意を、100%かんじます。何かあれば、又は選挙前に流す物を計画し作り上げている資金力、スパイ防止法がない日本の隙を、スパイ人力で日本下げするネットワーク、、

  10. 波那 のコメント:

    【 #証人喚問 】自民・葉梨議員が完全に杉下右京だと話題に
    東大→警察庁→元捜査二課(知能犯)課長~ネットの反応「葉梨の質問だけもう一回見たいわ。ヘタな刑事ドラマより面白かった」
    http://anonymous-post.com/archives/4459

    【動画】https://youtu.be/RyHiwpRfYrU
    籠池泰典氏証人喚問 「たたみかけるようで失礼」籠池氏、100万円受領の経緯など葉梨氏の相次ぐ質問に気色ばむ

    産経新聞 3/23(木) 16:02配信
    衆院予算委員会での尋問に移った学校法人「森友学園」(大阪市)の籠池泰典氏に対する証人喚問で、自民党の葉梨康弘氏が、安倍晋三首相夫人の昭恵氏と2人きりの時に100万円を受け取ったことや講演の謝礼で10万円を渡したことの真偽などを問いただすと、籠池氏は「たたみかけるようにして失礼な話」と気色ばんだ。

    葉梨氏は、昭恵氏には常に同行者がいて、2人きりになっていないと説明したのに対し、籠池氏は「1対1だったのは間違いない」と改めて主張した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170323-00000566-san-soci

    ↓葉梨議員の経歴が完全に杉下右京
    東京教育大学大学附属駒場高等学校(現筑波大学附属駒場高等学校)、東京大学法学部卒業後、
    1982年警察庁入庁
    警察庁刑事局防犯課、兵庫県警察本部刑事部捜査第二課長、
    外務省在インドネシア日本国大使館一等書記官などを歴任
    1998年警察庁刑事局少年課理事官を最後に警察庁を退職。

    ✳テレビの報道を全く見ていないのですが、この方の証人喚問質疑は報道されていましたか?篭池氏は小学校教員の免状を持っているという嘘もついていたことも明らかに。記入ミスだという言い逃れをしました!!

    訪欧で総理はフランス、オランド大統領と会談。日米英の合同演習にフランス軍も参加して共同訓練されることになり、4月末には日本の近海に日米英仏の艦隊が集結します。米韓合同演習が終わった直後になります。半島有事に備えての準備ではありませんか。マスゴミも野党も東アジアの切迫した事態から何故国民の目を反らしたいのですか!?

  11. 元修羅の国住民 のコメント:

    もし仮に昭恵夫人の100万円の献金が問題とするならば、むしろ菅直人始め
    とする民主党議員らが、菅直人の資金管理団体を通じて北朝鮮に計6250万円
    もの献金を行った疑惑について問題にすべきでは?と思いますね。
    この問題も東日本大震災でうやむやになりましたが・・・。

    • 元修羅の国住民 のコメント:

      昭恵夫人の100万円の献金としましたが、100万円の寄付と
      訂正させて頂きます。

    • coco のコメント:

      本当にそうですよね。
      菅総理による、北朝鮮に近い政治団体への6000万円を超える巨額の寄付、小宮山大臣や鳩山元総理もそれぞれ1000万円(金額はうろ覚えですが)程度、市民の会所属の地方議員も収入に比して大金を寄付をしていたと記憶しています。
      東日本大震災が起きた当日も、国会で菅直人総理自身の「外国人献金受領」が糾弾されていました。
      百歩譲って、昭恵夫人が100万円の寄付をしていたと仮定しても違法ではありません。違法でもない問題を、安全保障の危機の現状を蔑ろにして追及する価値などありません。

      日本人拉致事件を起こし、核開発を継続し、日本にミサイルを断続的に発射する北朝鮮に対し寄付したり、外国人から献金を受けることがどれだけ重大な犯罪行為なのか、比べるべくもありません。

      この報道姿勢の異常性を見れば、報道機関の意図は明らかでしょう。
      戦後体制の超克というブログに
      「報道機関が政治活動をしていると思っていたら、極左活動家が報道をしているのが現実だった」といった趣旨の記事がありました。
      外国政府の指示と援助を得て日本を共産化したい、そういう活動家の成れの果てがマスコミ上層部の主流なのだと信じざるを得ない状況ですね。

  12. 北九州市民 のコメント:

    最近のメディアはテロリストや特亜の一翼そのものであることを隠さなくなってきました。日本を破壊し、混乱に陥れようとする魂胆があからさまで、敵ながら大丈夫かよと思います。

    米国人はメディアを妄信している割合が2-3割、台湾人は1割未満と聞いたことがあります。日本人が目覚める日も遠くないでしょうが、現実的には自国にミサイルが落ちてからかもしれない。

  13. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、新規投稿ありがとうございます

    今回、わたしが脳内保存メモとしましたキーワードは・・・
    >野党の戦略的勝利
    >メディアの一人負け
    この二つにしました。
    安倍内閣の支持率が落ちたという観点からは、野党の戦略的勝利ということでよろしいですよね。でも、共謀罪はいずれ成立するし、また、安倍総理の政治責任にはかすりもしませんでしたから、結果は、安倍内閣はみじんも揺らいでいないと理解しております。しかし、朝鮮有事の可能性が目前にあるのに、民進党議員の醜態には、眼を覆うばかりでありました。

    閑話休題・・・籠池前理事長の件ですが
    >あの敵だらけの中、偽証罪のリスクがある中、
    >堂々と振る舞っていたことは、「戦士」として、評価したい。
    日々、戦士として活動されている小坪先生の心情としては、うろたえずに堂々とふるまっている籠池さんの姿に感じるものがあるんだろうな・・と理解しました。

    証人喚問はリアルで視聴しましたが、野党議員の醜態(蓮舫、福島瑞穂、辻元、クイズ王:小西、陳哲郎等等)に比べて、籠池さんに質問された国会議員の姿には、ある意味、レベルの高さを感じて少しほっといたしました。自民党も公明党の議員の質問もとてもよかったとおもいました。

  14. タカ派の麻酔科医 のコメント:

     いっそこのまま、半島での有事に発展すれば面白い。新聞、テレビが国民の目をどうでもいいことに向けさせて重大な事態を認識させない様にしていたことが明白になる。謀略に平然と加担するものが誰であるかが早めにわかるほうがこの国のためになる。

    • coco のコメント:

      ただし、そうなった場合、日本の被害は甚大になる可能性があります。

      南北問わず、反日朝鮮人が難民として大挙して日本に押し寄せ、その中には武装難民も混入してきます。
      それに日本国内に既に潜入している反日外国人が呼応し、社会インフラへの攻撃や一般国民を対象にしたテロ事件が各地で起こる恐れもあります。
      内外の混乱に対処するには自衛隊員の数が圧倒的に不足しているのではないでしょうか?
      武器の使用判断も難しい現状で、どれほどの犠牲者が出るか分かりません。
      その犠牲者は私の、そして、あなたの家族かもしれません。
      私はそうなる前に何としても阻止したい、自分にできることは何かを考えようと思います。
      報道されないなら、ちらしを探して購入してポスティングし情報を拡散する、など、ネット環境にない人にも現実を知らせることもできますから。

  15. Augusta のコメント:

    今回の件は、アパホテルの件で露呈した、メディアの影響力低下を否定し、まだやれるんだと誇示する目的もあったのかなと考えています。ガードの弱い夫人を狙ったのもそのためでしょう。メディアは虚言癖をもった人物と相性がいいですね。

    私は、メディア横断で指示していた存在がいたのではないか、という疑念を持っています。そう考えた方が色々と説明がつきます。

    • coco のコメント:

      中国の報道が連日森友問題をトップ扱いで報道していたそうですね。
      そして先人を切って森友問題を報じ、騒ぎに火をつけたのが朝日新聞・・・
      なんだか香ばしいですね。

  16. kyomoko のコメント:

    テロ等準備罪を共謀罪というのはどうなのでしょう。
    その言い方は福島みずほ等のパヨクがレッテル貼りの為に使っているのではないでしょうか。

    天皇陛下の御譲位を退位と表現するマスゴミの様でとても不快です。

  17. 波那 のコメント:

    安倍総理が夫人と篭池氏妻のメールのやり取りを公開。

    DAPPI @take_off_dress
    安倍総理「28年からの籠池氏と妻とのメールのやりとりを全て公にした方が誤解が解けるので公開した!皆さん見て下さい!そのやりとりを妻と関係ないのは見たらわかる!」

    昭恵夫人と籠池氏のメールは下記から見れますhttp:/ mainichi.jp/graphs/20170324/ …#kokkai #nhk pic.twitter.com/ZgOpDZHjuL
    2017年Mar24日 10:29

    朝日新聞は掲載なし。毎日は掲載後すぐ削除。隠ペ~イ

    メール全文はこちらに掲載しています
    【森友学園】安倍昭恵首相夫人と籠池泰典氏妻のメールやり取り要旨~ネットの反応「籠池夫人の文章こわい 絶対近づいちゃダメな人だよね」「籠池が断られてキレてるだけやな」
    http://anonymous-post.com/archives/4474

    スマホに不具合が生じたので遠隔操作で修復の過程でこちらに登録していたメールアドレスが消えてました。アドレス変更しています。

  18. 波那 のコメント:

    確認の為
    前のはgmail のアドレスでした。

  19. 記事 のコメント:

    波那さんへ
    今日の時系列を正確に書いてくれますか?
    他にもメールには、辻本の名前、が、メールにたくさん出てきてます、が。
    それを毎日が削除した?朝日は出さない?西田さんがメールを公表した?菅さんが公表した?自民党が出した?民進党が拒否した。正確に書いてください。仕事中なのでよく状況がわかりません、、?

    • 波那 のコメント:

      分かっていることだけですが…
      総理が参議院委員会でメールのやり取りを公開することにしたと委員にも配布したのを朝日新聞は無視で記事にせず、毎日は掲載したものの即削除したようです。辻本の名前が出てるメールのことは何にも知りません。

      目的達成の為には利用できる者は利用し、自分の都合の良いように話を作り替え、しらばくっれるオジサンのことなんか構いたくもないですが、マスゴミやサヨクコメンテーター等が民主党を政権に押し上げた時、どんなふうに世論を煽り騙したか、あの時のことを思えば同じことを企んでいることに警戒しなければなりません。見ていませんが、ワイドショーや報道では夫人と篭池氏の妻がメールのやり取りがあったことを利用して、さも夫人が森友の土地取得等に有利になるよう関与したみたいな筋にしたいと意図してると思います。

  20. 生野区民 2 のコメント:

    この後、マスゴミと馬鹿野党が夫人の証人喚問を要求して印象操作し
    共謀罪を妨害してくると思う、偏向報道するマスゴミは放送免許を本当に取り消すべきだと思う

  21. 生野区民 2 のコメント:

    産経がメールをほぼ全文公開したのは、正解だった
    これで恣意的な報道をすれば、ペナルティを掛けやすくできる
    野党はメール公開に大反対だったらしいがwww

  22. 記事 のコメント:

    保守速報に辻本記事が上がりました。辻本の名前は、、TVで流してますか?

  23. siksan のコメント:

    先生お疲れ様です。

    尖閣海域飛行中の米爆撃機と日自衛隊機に対して、
    中国から「お前たちは我が国領空を侵害している、直ちに引き返せ」と、
    無線威嚇を受けている時に、なにやってるんだかなぁ、日本はもう天国なのかなぁ。
    と、ため息しか出ませんな。

    • ハリマオ のコメント:

      そんな事があったのですか これは 野党の責任ですね
      この国会で政治をしているつもりなんですよ 皆さん
      もし この時海自に犠牲者が出たとか 上陸されたとか
      なれば すべて こんなくだらない国会妨害テロをしている
      野党の責任だと思います 

      • siksan のコメント:

        いえ、海ではなく、空です。昨日のことです。

        • coco のコメント:

          危険性でいえば海より圧倒的に空が危険だと聞きます。
          スピードが違うので、瞬時に撃墜される可能性があるからです。
          専守防衛しかできない自衛隊は常にその危険と対峙しています。日本国民は現実を知りません。
          憲法改正しなくてよい、という意見が半数を超える現状を変えるには、政府が日本の安全保障の現実、自衛隊が何もできない無防備な状態で、国民の命を守るために自らの命を危険に晒している現状を知らせる義務があるのではないでしょうか?

  24. くし のコメント:

    油断大敵。繰り返しますが、油断は大敵です。

    今、異常事態です。心底、気持ち悪いです。

    「不発に終わった」とか喜んでいる場合ではありませんよ。だから、敵に負けるのです。最後の一人の敵の息を止めて、初めて安心できるのです。
    ここは、「この前民主党に投票してしまった」人が多数を占める残念な国なんですよ。

    国会中継での実際の証人喚問全容と、NHKはじめTVの編集では真逆の状態となっています。葉梨議員や竹谷議員の質疑はカットされ、後に公開したメールもなかったことにしています。(特に辻本議員のくだりは徹底してスルー)

    全局申し合わせているかのように。(申し合わせているのでしょうが)

    とにかく、共謀罪の阻止を第一目標に、マスコミ、共産党、民進党、総連、民団、中国共産党と一致団結しているのでしょう。
    マスコミの信用度は下がったとはいえ、連日の捏造報道により、サブリミナルのように「この前民主党に投票してしまった」人々の意識に入ることが心配です。
    一人でも多くの「この前民主党に投票してしまった」人に、TVニュースは意図的に真逆に編集されており、記事は真逆に捏造されていることを周知させなくてはなりません。

    大丈夫とタカをくくっていると、「この前民主党に投票してしまった」人たちは、また変な動きをします!

    とにかく、ニュースと新聞を見る限り、無理筋だから大丈夫…とノンビリ構えていられないと思います。なにせ、共謀罪は敵の生命線なのですから、必死になるのは当然で、こちらも打てる手は全て打ち、敵を殲滅する必要があります。

    日本には、「この前民主党に投票してしまった」人たちのような、知らず知らず国家反逆に安易に加担してしまうような人たちが多いのです。残念ながら。

    これは「問題ない」とか、「どうでもいい」とか言っている場合ではありません。

    敵は、必死なのです。

  25. 八王子市民 のコメント:

    いやいや、奥さんのメールから辻本の北系在日人脈の関与の話がでてきましたし、別の意味で第二幕の始まりじゃないですかね
    あと財務省、今回の件はあのおっさんを騙して事故物件を「高く買わせた」のが発端じゃないです?

  26. 波那 のコメント:

    篭池さんも公開していいと言ったけど、総理メールを公開して良かったですね。まさかの辻元清美の暗躍の軌跡?が… 今、ツイッタートレンド第一位だそうですよ。毎日は公開メール削除したけどスクショがバッチリ、ネットに出てます。

  27. ネット保守 のコメント:

    小坪先生、今日まで各マスコミの報道を注視していました。
    もう耐えられません、特に!税金がつかわれているNHK!と
    今回の件で再び海外にまでフェイクニュースを発信した朝日新聞!

    この憤りをどうすれば良いのか、どうすれば、偏向報道に対して一矢報いることができるのか、一般人では考えもつきません。
    旗印が必要です。おねがいいたします。

  28. 記事 のコメント:

    もう涙で一杯です。民主党への政権交代時は、TV雑誌を信じ中川酒議員の真実も知らず、民主党が素晴らしいとTV洗脳受けていました。奇跡的に安部首相が復活し、移民政策消費税には反対ですが、新しいAmericaトランプさんとも交流ができ、北朝鮮ミサイルに向けて日本民族が結束すべき時期に、一日に3億かかる国会審議を潰す、悲しいがな、メディア!
    産経が取られたら、もう終わりです

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です