事務所開き、盛会に挙行することができました。


 

 

事務所開きを盛会に行うことができました。
雨天決行どころか土砂降りの中となりましたが、150名以上の方にご参加いただきました。
記帳されていない方や後援会スタッフを入れれば200名弱(170~180名)です。

今日は大雨。
神経は図太い方でありますが、流石の私も気づかれしてしまいました。

神事を終え、挨拶をさせて頂く際には土砂降りでありました。
気温も極めて低い。

誰しもが寒さで震えておりました。
申し訳ないやら、ありがたいやら。

雨の中ですから、様々なものを動かす必要があります。
「このテーブルは、どっちに持ってく?」「あれはどこ?」
バタバタしてしまい、参加して頂いた方や来賓の皆様にも多数ご心配をおかけしました。

 

 

実は、始まるまでも大変だったのです。
昨日、「雨が確定」した時点で、ほうぼうに手をつくしてテントを手配。
道路使用許可をとっており、本当にほっとしました。

テントは、なんとか借りることができました。
揃ったのは夜も随分遅い時間。後援会の若手メンバーは、いつもは非常に元気なのに、さすがに少しくたびれていました。

朝、設営があります。
早朝から、みんなでテントを建てました。合羽の用意は間に合わず、みんなビショビショです。
そして、むちゃくちゃ寒い日でした。
文句も言わず、必死に動いてくれる後輩たちを見て、少し泣きそうになりました。

 

【万が一】という言葉がありますが、本当に危機一髪みたいな部分もありました。
事務所開きは後援会活動であるため、頂いた献金から「少し厚めの準備」をしていたのです。

「何かあったら・・・」という部分や撮影の関係もあり、警備会社を入れていて本当に助かりました。そこまで必要だろうか?と思った際もあったのですが。

土砂降りの中、来て頂いた方の記帳すらスタッフ不足となる中。
もっとも気になったのは道路誘導です。
警備員さんたちは流石プロ、手慣れたものでテキパキと動きます。

高齢の方も多数おられ、いや、むしろ高齢の方が半数はいる中で、自動車誘導は本当に気にかかっていました。
土砂降りともなれば、なおさらです。
警備会社の、高いスキルを目の当たりにしました。

 

挨拶も、トラメガで頑張ろうと思っていました。
個人献金で購入させて頂いたものですが、トラメガとしては大型のもので(市議にしては高級品です。)使用に耐えうるだろう、と。

ここも「万が一」を考えて、PA(音響)の手配をしておりました。
土砂降りの中、トラメガだけでは「確実に声は聴こえなかった」でしょう。
音響の手配をして本当によかった。

 

色々と書きましたが、正直に申しますと
献金がなければ私は「できるだけ安価に」という形をとり、このような準備(少し念入りな)はしなかったでしょう。

檀上からではありますが、どこかで「マンパワーがショート」したらどうしよう、とヒヤヒラしておりました。
警備員さんの「プロとしての活躍」をはじめ、音響などの機材の手配、そして後援会の献身的な奮闘によりギリギリで現場がまわった、というのが実態です。

いえ、実際は破綻しかけた局面もありました。
例えば(実質の)来賓としてスーツで着ていた先輩たちが、土砂降りの中、ビショビショの泥だらけになってまでテントの出し入れをしてくれたからです。
(本当なら怒られます。)

来賓や、挨拶がある方まで、実質セルフサービスな場面もありました。
参加してくださった方々が、手が足りてなさそうな際、自発的に手伝ってくれたからこそ、できたのだと思います。

 

 

 

来賓挨拶
田中純 行橋市長
武田良太代理 小堤ゆきとし
福岡県議会議員 西元けん

北九州市議会議員 鷹木研一郎
北九州市議会議員 上野照弘
鳥栖市議会議員 柴藤泰輔
苅田町議会議員 友田 敬而
また、北九州市議の佐藤茂先生からも祝電を頂きました。

祝電や為書きは、いまだ届き続けております。
市議の身分にはもったいない、過分なるものでありました。

 

エピソード
小堤ゆきとし
【祈・必勝 小堤ゆきとし】つないだその手は離さない。
【政治家の目線】一夜が明けて~政治家という生き方。
【政治家という生き方】ただ一人、立つ。そこから二人、三人。。。

西元けん
【祈・必勝・西元健】重巡足柄と県議と、市議と。
【艦のお墓参り】祖父の乗っていた艦の慰霊祭

 

北九州の佐藤議員、鷹木議員、上野議員は、意見書採択の際のエントリで触れております。
佐藤議員は(以下のエントリには出てきませんが)議運の委員長であります。
【外国人の扶養控除】北九州市議会にて口頭陳情 ~ 諦めない姿勢、信じる心。
【外国人の扶養控除】北九州市(政令指定都市)にて採択

友田議員は、隣接市町村の先輩議員。
鳥栖から駆けつけてくださった柴藤議員は、拉致問題に取り組む中で同じ師をもつ先輩であります。

 

 

 

疲れました、とは言えない。
皆様に「して頂いている」身分ゆえ、疲れたなどとは口が裂けても言えません。
ただ「気疲れした」は、言っても良いよういに思います。

この土砂降りの中、そして極めて寒い中。
150名以上もの方がご参集くださったこと、スーツを泥だらけにして設営にまわってくださったこと。
檀上からゆえ、頼るのみで何もできぬ自らを恥じました。

「して頂くのみ」で、
「ここまでの負荷をかけている」状態で、
私自身は「身動きがとれない」ことが、こんなにも気疲れするとは思いもしませんでした。

雨天を想定していなかったゆえ
「少し手厚めの準備」であったのですが、
結果的には何もかにもがギリギリになってしまいました。

この天候であれば、大盛会であります。
間一髪な部分もありましたが、無事に挙行することができ、本当に嬉しく思います。
皆様、本当にありがとうございました。

 

 

Blogでのボランティア募集について、早急に準備を整え告知したいと思います。
近日中に参加フォーム付きのエントリを上梓させて頂きます。
近隣の方は、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 

 

【業務連絡】年明けからは、2日に1回の更新になります。

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

事務所開き、盛会に挙行することができました。 への6件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    事務所開き、盛会に挙行することができました。 事務所開きを盛会に行うことができました。 雨天決行どころか土砂降りの中となりましたが、150名以上の方にご参加いただきました。 記帳されていない方や後援会スタ

  2. sinobu hattori のコメント:

    FBのシェア致します。

    ご参加された方々、
    天候の大変な中、本当にお疲れ様でした。

    来賓の方々にも手伝って頂けてるのは、
    ありがたい事ですね。

    …なんというか、
    皆様が、いかに
    ———————————————————————————
    「この事務所開き」を 大切に考えておられるのか
    ———————————————————————————
    …と、いう事が伝わってくる事、

    そして、
    ——————————————————
    有志や応援の皆様が、
    「全員で支えて」創り上げていく
    ——————————————————
    小坪先生のこれからを「象徴」している様な、
    そんな始まりなのでは、
    ないでしょうか。

    雨ではありましたが、
    「天候不良」という「障害」に、

    小坪先生と有志の皆様が
    ————————————————

    「立ち向かい、乗り越えた」

    ————————————————
    …という、

    大きな意味を持った、
    そんな「事務所開き」なのだと思います。

    私は、参加出来きませんでしたが、
    参加された方々、
    本当にお疲れ様で御座いました。

    小坪先生、
    並びに、
    ご参加された有志の方々の、
    今後の「成功と発展」の期待を致します。

  3. 生野区民 2 のコメント:

    おめでとございます、当選をお祈りします。

  4. Masa のコメント:

    事務所開き、おつかれさまでございました。
    荒天になってしまったのは残念ですが、「これだけ大変な思いをしたのだから、小坪市議には2期目も務めてもらわなければ困る!」と、かえって関係者の結束が強まったのではないかと思っております。

    4月は小坪市議と行橋市と日本にとって、「晴れの日」となる事間違いなしでしょう♪

  5. Takako のコメント:

    盛会な事務所開き、おめでとうございました。これからも益々のご活躍を期待しております。

  6. 助さん、拡散 のコメント:

    おめでとうございます。みなさんの大変なご苦労が伝わってくる文面でしたが、これぞまさしく、”雨降って地盤固まる”の前兆ではありませんか。必勝!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です