【許せなかったらシェア】軍艦島クルーズ会社が個人に200万円請求、保守への言論弾圧


 

 

本日の記事は【拡散希望記事】とさせて頂きます。

軍艦島が世界遺産に決定いたしました。私はこれを非常に喜んだのですが、一部ネットにおいて騒動となりました。このことは残念でなりません。

軍艦島にはいくつかのクルーズ船が出ており、それぞれにガイドが付きます。
クルーズガイドの中には『強制連行の話をする』と語り、実際に『強制連行の説明を受けた』との観光客の証言もあったそうです。

当サイトでも何度も取り上げさせて頂いております小川茂樹氏が、長崎市の観光課に働きかけました。
上記の内容をFacebookにて投稿していたところ、当該クルーズ会社から「小川氏のFacebook投稿記事のうち12/1の投稿の削除・これ以上の言及をせず謝罪・200万円を支払わないと訴えるという3点の要求を期した通告書が小川氏に届いた。」とのことです。

これは言論弾圧ではないでしょうか。
実際の投稿内容を含め、経緯について報告させて頂きます。
許せなかったらシェア、Twitterでの拡散をお願いします。
読み進める前に忘れずに拡散をお願いします。

 

本エントリは協賛サイト日本と韓国は敵か?味方か? 일본과 한국은 적? 아군인가?様からの拡散依頼に基づくものです。よければ訪問してください。本来はRSSでリンクを張っていたのですが、SSL化の際にどうしても上手く行かず今後のデザイン改修にて再度リンクを設置予定です。4月以降とさせてください。

当該被害者(小川氏)は私も知人でもあり、当方においても状況について確認させて頂いております。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
12562653_974677019269849_1557346456_o

 

 

 

 

以下は、「日本と韓国は敵か?味方か? 일본과 한국은 적? 아군인가?」様の【拡散希望記事】軍艦島クルーズ会社が個人に200万円請求を参考にさせて頂き、当方の書簡を追記する形とさせて頂きます。

 

小川氏の投稿
以下が問題とされた、小川氏の投稿内容です。

 

上記はFBのAPIで埋め込んでおりますが、もし読めない方は以下をクリックしてください。
(同じ文章です。)

クリックして下さい!
【軍艦島ツアー運行会社についての一考察】
世界遺産効果で人気の軍艦島ツアー。いつも予約でいっぱいらしい。

ツアーを施行する船会社は5社ある。長崎を訪れる方々にはその船会社についてキチンと知った上で選んでいただきたい。しかし、お選びになるのは皆さんの自由であり、営業妨害をするつもりはないことを事前にお伝えする。

5つの船会社の中で「軍艦島コンシェルジュ」は在日の会社である。以前、長崎で「計画倒産ではないか?」と噂になった「林マリン」という船会社の一族の経営であることは多くの関係者が知っている。

在日の会社らしく、アイデアやサービス、消費者への打ち出しは上手であるが、実際に行って体験してみないとわからない。なぜならば、「Web等で良い評価を流布する韓流のやり方」はもうみなさん身に染みているだろう。

この会社のHPには、他の船会社にはない記述がある。船会社の直接のページではないが「軍艦島研究同好会」というリンクページに
「軍艦島にあった端島炭坑には、朝鮮半島や中国大陸から外国人労働者が連れてこられ炭鉱労働に従事していた。このことは負の遺産ではあるが、二度と戦争を起してはならないことを意味するものでもある。我われは軍艦島を「平和の象徴」としても捉える必要がある。」と言う記述がある。

皆さん、よ〜く考えていただきたい。
軍艦島は1910年までの日本の産業革命の史跡であり、強制連行の証拠でもなければ、戦争の遺物でもないのです。この様な記述をサラッと載せている事自体が「あ〜やっぱり?」と思わせるのです。
http://www.gunkanjima-concierge.com/doukoukai/index.html

軍艦島は長崎市の所有であり長崎市民の共通の財産です。船会社は、その財産を独占的に使用し利益を上げている。船会社には軍艦島の世界遺産の選定理由をきちんと把握し、その存在価値を守り正しく伝える義務があるのではないだろうか?

現在、各社ガイドが話す内容はすべてバラバラである。しかし、このまま放おっておくと、平和公園の「語り部」のような連中が必ず入り込んでくる。現在、私はその「ガイドライン」を設けるように長崎市に直談判を行っている。

また、韓国側はyoutubeなどの動画サイトを使い、国家規模で不特定多数の人達に壮大なプロパガンダを行っている。それに対抗するには、長崎市は素早く「嘘、捏造の芽」を摘み、断固とした態度を示すべきである。

私は消費者に良いサービスを提供するのであれば、経営者の出自などどうでもよいと考えている。昔から日本人の特性として良い物を提供し、地域に貢献した素晴らしい人物に関しては国籍を問わず賞賛し、重用してきた。昔の華僑がかけた橋や建てた寺の話がたくさん残るのも外国との長い交流の歴史を持つ長崎ならではであるが、残念ながら朝鮮人による地域への貢献の史跡は全くと言っていいほど見当たらない。

在日の経営である軍艦島コンシェルジュが、長崎市民の財産である軍艦島で収益活動を行う上において、その世界遺産の認定基準と、伝えるべき価値を正しく理解し、率先して行動してくれることを願うばかりである。

 

当方としては、「在日の会社」と決めつけることはできかねます。
議員として公に発信する以上は、それが正であれ否であれ、確認してのち触れるべきだと考えるためです。
ゆえに論拠もなく指摘することは、私はいたしかねますので、上記は小川氏の見解とさせてください。

その上で、小川氏が指摘した問題についてでありますが、小川氏がこの投稿をしたことの問題点がわかりません。
小川氏にも、また私にも言論の自由があるのは事実であり、その部分については論じるまでもございません。
私のように議員という立場であれば、上記のような厳しい制限も加えられるべきかと思いますが、一民間人である小川氏に目くじらを立てすぎることは【言論弾圧】であると考えています。

もし仮に「事実と異なる」一点のみを指摘し、当該箇所の削除(つまり一部)もしくは修正であれば、この求めは正当だと考えます。しかしながら全削除を求められたと読み取ったのですが、それはおかしな話だと思うのです。

 

 

12月1日には以下の投稿もなされている。
(※ 下記の赤太字部分は追記箇所。冒頭で紹介した投稿を指摘されたのだが、併記したことで切り分けがわかりにくいと感じたため。混同を避けるため、よりわかりやすい表現に「追記」をもって改めさせて頂きます。)
『指摘されているのは冒頭において紹介した投稿だが、こちらも遠因となった可能性も否定できない。』
『事実と異なる点の列挙、例えば名誉棄損などの法論拠を示し、具体的な個所を提示・一部削除もしくは修正を求めたのならば批判も控えた。』
『これでは包括的な削除要請と認識せざるを得ず、であるならばスラップ訴訟(恫喝訴訟)として看做す政治家が多いことにも頷ける。』
『ゆえにこの動きの背景を個人的に考察にするにあたっては』
どちらを削除せよと求めているのかわからないが、「軍艦島に悪印象」をつけるような動画に対し、その論拠を示して否定した小川氏はむしろ軍艦島を守る立場として発信しているように思うのだが、いかがだろうか。

軍艦島を「韓国寄りの情報発信基地」として用いたい者たちに対し、論拠を示して挑むことは「憲法で保障された権利」であると考える。小川氏には小川氏の自由があり、そして権利がある。
左派と同様に。

もし仮に以下の削除を求めているのであれば、いよいよおかしな話である。

 

 

小川氏については、以下のエントリにて紹介しています。
NBCの問題を取り上げた際、地元で動いていた方です。
【拡散】韓国人の上陸を拒否した軍艦島
【軍艦島】NBC長崎放送のおかしな主張

以下のように新聞記事にもなっています。
「軍艦島には朝鮮人の血と汗が」産経によるインタビュー

 

BPOのその後について気になる方もおられるでしょう。

「本人の人権侵害」のラインで小川氏が動き、その報告もございました。
ネットからの援護射撃も有効に作用したと感じますが、思うところもあるので少し伏せさせてください。

 

 

 

観光で軍艦島を見に行く方に注意喚起
以下は、小川氏の昨年12月11日の投稿

 

上記はFBのAPIで埋め込んでおりますが、もし読めない方は以下をクリックしてください。
(同じ文章です。)

クリックして下さい!
【観光で軍艦島を見に行く方に注意喚起】
特定の会社の営業妨害をするつもりは全くありませんが、長崎へ観光に来て、軍艦島への上陸ツアーを計画されている方に注意喚起を致します。
軍艦島の世界遺産は、1910年までの明治の産業遺産に関しての選定です。現在の軍艦島ではその対象になるのは「2箇所の護岸のみ」なのです。
(←ここ重要)

極端な言い方をすれば軍艦島の施設について「2箇所の護岸がメインデッシュ」で、その他の炭坑の跡地や島民の生活の名残は付け合せである「ポテトやキャロットグラッセ」にしか過ぎないということです。

それにもかかわらずそこに、強制連行や強制連行などの「創作した食材(贖罪)」を持ちこもうとしている人達がいます。
船会社の中には、ガイドが話す内容に偏った目線のお話を盛り込んでくる会社があります。本来関係がないお話をしたいのならそれも良いでしょう。しかしお話をするなら、バランスが取れたお話をするのが筋だと思います。

「朝鮮人炭鉱夫を束ねる納屋頭の経営者は朝鮮人」
「体の不調を訴える労働者を無理やり働かせた労務担当者は朝鮮人」
「朝鮮人専用の売春宿や賭博場の経営も朝鮮人」
「強制連行されたと言いながら家族を呼び寄せていた朝鮮人」
これらの事実は林えいだい氏のサヨク本の中に記載されています。

また、九州大学の教授の資料掘り起こしで、
「炭鉱事故で亡くなった方のご家族に、お骨と弔慰金を持って朝鮮半島まで出向いても、名前や出身地が全てデタラメだったから払えなかった。」
「供託したそれらの莫大な弔慰金を民団が持って行った」
と言う事実も判明しています。これらの話をきちんとするなら「強制連行」なんて雲集霧散話になってしまうのです。

写真を参照していただきたいのですが、6/23の世界遺産登録前の朝日新聞で一方的なことをいう船会社を私は信用できません。この記事自体も大きく偏向されています。(ググれば船会社がわかります。)

実際にこの会社の船に乗ったことがある方が
「”他の船会社より、我々が優れている。” ”強制連行でなくなった朝鮮人がいた” などの話をするのでムカついた。」と言っています。
その精神構造は分かる人にはピンときますよねぇ・・・。
「長崎市民の共通の財産で利益を上げている船会社が行うガイドには一定の規制が加えられるべきである」
と私は思うのです。

12342724_611760022295349_3768611661199818171_n

 

 

 

長崎市の取り組み
ここまで読むと「なんということだ!」と怒り狂う保守層の姿が目に浮かびます。
しかし長崎市も取り組みを行っており、ネット上で問題となったことも影響があると思いますが、改善や指導もなされているようです。

その点については、まずもって念頭に置いて頂きたく思います。
昨年の12月24日の小川氏の投稿より。

 

 

上記はFBのAPIで埋め込んでおりますが、もし読めない方は以下をクリックしてください。
(同じ文章です。)

クリックして下さい!
【軍艦島のガイドが話す内容についての長崎市の取り組み】

世界遺産認定をめぐって「思想信条的な歴史観」を騙る韓国や反日日本人団体の主張、そして先日の韓国の有線放送JTBCの番組、さらに韓国人の手によって大量に送り出されている誹謗中傷の動画に強い危機感を感じた長崎市は「世界遺産防衛」のために一歩前に踏み出した。

長崎市の許可を受けて独占的に軍艦島の上陸ツアーを行っている船会社5社に対して、ガイド内容のマニュアルの提出を求めたのだ。

これに対し、野母崎漁港から小型船舶で小規模に運営しているアイランド号を除いた大手4社のうち、即座に対応したのがシーマン商会とヤマサ海運、高島海上交通の3社であるが、在日企業である軍艦島コンシェルジュは、本日12月24日午前の時点においてガイド内容のマニュアルを提出していない。

軍艦島コンシェルジュを運営するユニバーサルワーカーズの社長は世界遺産登録の際、「強制連行、強制労働の負の歴史の事実を伝えている」という類のコメントを朝日新聞に残しているが、それには確かな確証はなく「思想信条的な歴史観」でしかない。

まして世界遺産の登録に関しては1910年までの史跡に限られ、強制連行や強制労働などは関係ないのだが、そのマニュアルを即座に出せないということは、いままで「尾ひれをつけた説明」をやってきたという証拠になるのではないだろうか?
(そのような説明を受けたと言う利用者からの報告も入っているが、私が実際に聞いていないので明言は避けたい。)

それよりも、日本に住み日本人とともに生活し、日本人から生活の糧を得ている在日企業であれば、お互いに過去に何があろうと日本の社会に感謝し、日本人の生活の向上に貢献してなんぼだと思う。
その姿勢がやがては日本人からの信頼につながって行くのであるが、肝心の彼らにそのような気がさらさらないのであれば、今後は在日企業はだんだんと見限られていくだろう。

先日からの、私のこの様な投稿に対し「危険だからやめたほうがいい」と忠告も入ってきていることは事実である。その旨は警察にも相談しているが、私の身に何かあればそういうことである。
今回の件に対しては、軍艦島コンシェルジュを運営するユニバーサルワーカーズにボールは投げられたのだ。そのボールを活かすも殺すも彼ら次第なのである。
長崎市民の共通財産である軍艦・高島及びその周辺での反日の狼煙は絶対に上げさせない。

 

以上のような形で行政からの指導は入っている。
これを「足りていない」と言うのは簡単であるし、恐らくネット上の意見は「○○すべき」「こうあるべき」とべきべき言うのだろう。
小川氏と行動を共にできる方のみ、「さらなる対応」として【べき】という資格があるように思う。

現場では様々な方が動き、押したり引いたり様々な折衝の上で、なんとかここまで漕ぎつけた経緯もあると思う。
さらなる一歩を求めるだけなら簡単だが、求められるだけの現場はたまったものではない。
「もっと」という思いは私にもある。だがそれを求めるためには人的負荷を始めとしたコストが必要なのだ。

私も踏み込んで欲しいと願う立場であるが、対価として負荷を捧げる覚悟がある場合のみ、意見を述べることとしている。
(それは私にとっての誇りでもある。)

 

 

 

さらなる続報
これには続報がある。
行政の手続きを理解した上での、正しい論理構成だと感じた。

 

上記はFBのAPIで埋め込んでおりますが、もし読めない方は以下をクリックしてください。
(同じ文章です。)

クリックして下さい!
【軍艦島だより・軍艦島コンシェルジュの行為】

以前お伝えした軍艦島へのツアーを行っている船会社のガイドが話す内容について、長崎市がマニュアルの提出を求めている件の続報である。

本日時点でも「軍艦島コンシェルジュ」を経営するユニバーサルワーカーズからの提出はされていない事を確認した。

この会社が在日企業だからどうこうというつもりはない。営業妨害をするつもりもさらさらないが、長崎市の財産である軍艦島で独占的に商売を許されている特権を貪りながら、長崎市の要請=義務を果たさないことはいかがなものだろう?

まさかガイドが虚偽の説明をしているからマニュアルを出せないというのであれば、軍艦島へのツアーを催行する船会社の資格があるのかとの疑問を抱いてしまうのである。
在日企業であればこそ、日本の近代産業の担い手として日本人と同様に働いていた朝鮮人の姿を輝かしく観光客に伝える使命があるのではないだろうか?

12509189_620652878072730_6262056714785746244_n

12439156_620652881406063_4362158164063860919_n

 

続報として触れられているのは、長崎市が動いた件について「資料が提出されていない」という指摘である。
これは行政的にも法的に指摘することは正しい手続きだと私は認識している。

「民間人にしては」という枕詞は人生の先輩に対して失礼ではあるが、
この指摘の仕方は、むしろ議員が行うような手法、論理構成であり美しいとさえ感じる。

弾圧されるべき言論だとは感じない。

 

 

 

軍艦島や高島からの島抜けの実際
「強制徴用」などへの反論もなされている。
厳しい労働条件ゆえの「島抜け」というものがあったのだが、ここを論拠とした(韓国寄りの)意見も出されている。

小川氏は、以下のように資料をもってこれを否定した。

 

 

上記はFBのAPIで埋め込んでおりますが、もし読めない方は以下をクリックしてください。
(同じ文章です。)

クリックして下さい!
【軍艦島や高島からの島抜けの実際】

長崎の労働団体の歴史は古い。その中に高島炭鉱の記述がある。
反日左翼のバカどもが、
「強制徴用された朝鮮人が溺れて死んだのは、厳しい過酷な強制労働に耐えかねたからだ!」
との主張を長崎地区労働団体の資料が打ち砕いてくれる。
下記のページでは納屋頭は怠け者に対して見せしめとして制裁は加えたが、働けなくなるほどの凄惨なものではなかったのである。

http://ntikurou.server-shared.com/Mono3.htm

しかし、もう少し年代を遡ると、ひどい虐待があったとの記述もある。内容がほぼ180度違うのはなぜだろうか?
島抜けをする理由は、自らの放蕩グセで借金がかさみ、どうにもこうにもならなくなっての計画的な行動であったことが書いてある。
島抜けがすべてが成功したわけではないから、運悪く溺死した人間もいるだろう。貴重な資料であるが口伝である。
また、近くの香焼島(今は陸続き)の安保(あほ)炭坑の記述に当時の炭鉱夫は借金を踏み倒していろいろな炭坑を渡り歩いていたことの記述がある。

それを追うヒトグリから身を隠すために出自や名前を変えることは日常茶飯事であった。
このような内情は警察沙汰になること無く秘密裏に行われた。そのために史料が少ないのである。
学のない荒くれ者をいかに使うか?に苦心していた様が分かる文章である。
http://ntikurou.server-shared.com/Mono5.htm

ヤマにはヤマの掟があったのだ。
いまさら、何も知らんもんがごちゃごちゃ言うなと思うのである。

小川氏が資料に基づいて発信することに、何か問題があるのだろうか。
私はそうは思わない。

 

 

 

言論弾圧は許されない。
「在日企業」というレッテル貼りに関しては、当方は同意できるだけの情報を持ちえない。
私が述べることは公職にある身として許されぬと考えているため、その点は付記して置く。
しかしながら、民間人の言論活動に対しては「ある程度は許容」されているのが実態ではないか。

例えば自民党の国会議員を捕まえて「死神」と呼んでみる政党すらある。
戦争法案という存在しない名称を延々とレッテル貼りする層すらいる。
保守であれ左派であれ、言論活動という部分については大きく配慮されているのが実態ではないか。

小川氏の投稿内容であるが、上記の一点を除けば、何が問題なのかわからない。
行政側の手続きにも精通した、民間の動きとしては考えられぬほど正しい手続きのように感じる。
論拠を示し、自らが信じるイデオロギーに基づいて発信しているのみではないか。

私はこの権利に関しては、どちらの陣営にも保障されるべきだというスタンスをとる。
ゆえに左派であれ、異なるイデオロギーであれ、それが不当に制限されるのであれば同じように声を挙げたい。仮に保守陣営から批判を浴びても、だ。

正しい形の論理構成、私が理系だからかも知れないが、構成として正しいものは認められるべきだ。
無理が通れば道理がひっこむという諺もあるが、それを理系は認めない。
無理とは「理(ことわり)」が無いと書くわけだが、私は理詰めでしか動けない。
感情で動きたい日だってあるし、原動力は感情であるが、理がなければ動けない。

 

これは、言論弾圧である。
私はそのように認識した。

自らのイデオロギーを達成するために、訴訟などの手段を用い、
もしくはちらつかせ、威嚇する行為は断じて許せない。

実際に行動に移すのであれば、許される場面もあるのだろうが
「気に食わないから黙らせろ」では、それを政治が許すことは、あってはならない。

保守よりの意見があり、そして左派よりの意見があり。
双方が意見を戦わせて、より良い意見が出されることこそ公益にかなうと信じる立場だ。

 

(以下、追記箇所 2)
(大幅な追記となる。今までの行間に込めた思いを明文化したもの。)

本件においては、投稿については指定しているものの、その内容のどの部分に問題があったのかを具体的に提示していない。
この部分が政治分野において非常に問題視されている。
私も同じ立場をとる。

繰り返しにはなるが、具体的な部分を明示し、どの部分が事実と異なる等を付記、
その上で名誉棄損など法論拠を示した上での文書であれば、ここまで問題視されることはなかったはずだ。
弁護士事務所も入っていると思うが、やや脇が甘いと思う。

三権分立という言葉があるが、法曹分野と政治分野の動きは異なる。
包括的に相手の言論に対し法的手段をチラつかせることは、スワップ訴訟と言われても仕方がない。まさに自民党内でも問題視されている部分であり、虎の尾を踏むにも等しい行為だ。

日韓合意で攻められまくった自民党にとって、軍艦島の再燃は希望するところではないだろう。
となれば、私がイデオロギーに拠らず、「言論弾圧は許されない」と訴えることは自然なことだと考える。
実際にすでに多くの国会議員が状況を把握しており、また「法人vs個人」という構図に対し極めて厳しい判断を下そうとしている、ように感じる。(立場上、末尾をこうせざるを得ない。)

ここまでの論に逆行するように感じる方もいるかも知れないが、私はこれを希望しない。
ネットの炎上であれば一過性であるが、本格的に国の介入が認められれば観光地としての軍艦島は終わるだろう。
長崎の語り部が問題となったことも遠因にあるのだろう、長崎市はガイドのマニュアル提出を求めたそうだが、これは単に市の主導ではないようにも感じる。

日本国内の嫌韓感情は根強く、日韓関係をこじらせたいとも思っていない国としては、
余計な火種を作って欲しくはないように思う。国はすでに動き始めており、あれは前哨戦だったのではないか。
今後はクルーズ船の指定管理、運航許可の取消など、強硬な指導を(国が水面下で長崎に)求める可能性もある。
というよりも、このままではそうなるだろう。

外務省方面は批判だらけで火だるまであり、今回の一件でもうダメかも知れない。
ロボットのように同じことを繰り返すガイドでは、面白味もない。そもそも行政が介入しまくった観光などは、廃れる一方である。
国が本腰を入れて介入した場合、せっかく世界遺産となった軍艦島は、終わってしまうのだろう。
私は技術系の政治家として、それは本意ではない。軍艦島が好きなのだ。

この投稿が、他サイトに比べ数日の遅れとなっている点にも着眼して頂きたい。
常に先陣を切る私がなぜ遅延したのか、それは本心では触れない(沈静化させたい)思いもあったからに他ならない。ではなぜ書いたのかと言えば、すでに動きが顕在化しつつあるから、なのかも知れない。(微妙な語尾で申し訳ない。)

「ここまで批判し、かつネットでも声があがっている」という部分をもって「このあたりで今回は・・・」と、そのような落としどころしか私の立場では求めることはできないのだ。
せめてここで留めることができれば、という思いがある。

行間はそのあたりの口惜しさや葛藤がにじみ出ているように思う。古くからの読者は流石に気付くだろう。
韓国側の意向が織り交ぜられていた状態では、絶対に上手くいかない。ネットでの炎上はセットであり、やがては国が突き動かされる。どうしてわからないのか、それでも持ち込ませてしまうのか。
いい加減、双方、そのあたりを認識して頂きたいのだ。

(このくだりは、初期において書かれていたものであるが「保守言論人」というカテゴリであることと板挟みになり、迷いに迷って行間に秘めた思い。)

 

 

 

軍艦島がかわいそう。
私は、軍艦島が好きだ。
単に技術系の人間として、あの風景が大好きなのだ。
FBで投稿され続けている方がおり、世界遺産に登録されるよう数十年の努力を重ねてきた方々だ。

私は、その努力を尊敬している。
どれほど軍艦島を愛しているか、痛感させられる。
昨日、今日の話ではないのだ。

特定のイデオロギーの発信基地となりかけた。
実際に海外報道に基づけば「なってしまった」と言うべき状況だ。
ネット上では大騒ぎとなった。私もその一翼を担った当事者であると思う。
(関連:【海外報道まとめ】日本のアウシュビッツ、奴隷島となった軍艦島

しかしながら「世界遺産に!」と心を込めて活動してきた方と、これは関係ない。
せっかく登録され祝う中、突然に大嵐のような状況にある。
寝耳に水とはこのことだ。
保守系議員として本件を批判はするし、実際に論じてきた。
しかし、心としては登録活動を頑張ってきた方々に寄り添いたい。

 

一番悪いのが誰か、と述べることは非論理的なことだとは思う。
その上で批判させて頂くが、軍艦島に「韓国の意向」を持ち込んだ層は反省して頂きたい。

ネット上のみならず日本国内には激しい嫌韓感情が渦巻いている。
かつてのように簡単に捏造のようなことは、絶対にできはしないのだ。
そのようなことをすれば、全てがご破算となる。

 

今回の一件についてもそうだ。
こんなことをすれば、ネットメディアを始め「さらに大火となる」だろう。
いよいよ軍艦島に色がついてしまう。
双方、退くべきは退く、どうしてそれができないのか。
やっと沈静化してきた状態で、相手が気に食わぬからといって、これである。

軍艦島がかわいそうだ。
登録すべく数十年のコストを捧げてきた方々がかわいそうだ。
どうしてそこへの配慮ができぬのか。

 

このような言論弾圧行為となれば、私も見て見ぬふりはできない。
多くの議員がそうだろう、行政だって同様だと信じる。
「配慮を」という思いが、私の根底にはあった。

韓国寄りのイデオロギーを、なぜあそこに持ち込む必要があったのか。
どうして今になってこのような行為を行うのか。
それが残念でならない。

 

 

 

最後になりますが、

 

どちらのイデオロギーであれ

 

言論弾圧と思われる行為については、

 

私は明確に批判させて頂きます。

 

今回の動きは、私は言論弾圧だと感じました。

 

許せないと思った方はシェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

【業務連絡】年明けからは、2日に1回の更新になります。

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
フレンドリクエストは気軽にお願いします。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【許せなかったらシェア】軍艦島クルーズ会社が個人に200万円請求、保守への言論弾圧 への22件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【許せなかったらシェア】軍艦島クルーズ会社が個人に200万円請求、保守への言論弾圧 本日の記事は【拡散希望記事】とさせて頂きます。 軍艦島が世界遺産に決定いたしました。私はこれを非常に喜んだのですが、一部ネ

  2. 七子 のコメント:

    みずきの女子知韓宣言というblogに出ていたバンダービルドという韓国人の記事ですが。

    ◇反日洗脳された韓国人の考え
    反日に洗脳された韓国人たちが見せる日本に向けた憎しみは、まるで過去に以下のようなことがあったと信じているようにすら見えるほど、深刻な場合がある。

    -日本統治時代、すべての朝鮮人たちは、日本人の下で「奴隷」だったと思っている。

    -日本の巡査は、退屈すると罪のない朝鮮人を連行して虐待したと思っている。

    -日本人は、朝鮮人が持っている良いものを、いつでも勝手に奪っていったと思っている。

    -朝鮮人たちが間違いを犯したとき、裁判もなく、日本人が勝手に処分したと思っている。

    -朝鮮人たちが農業で収穫した米を、日本人にただ奪われたと思っている。

    -戦時徴用された朝鮮人たちが、無給(給料なし)で働いていたと思っている。

    -現在、日本にあるすべての韓国文化財は、日本が盗んでいったものだと思っている…等

    しかし、むしろ以下がFact(真実)である。

    -支配層(両班など)の下で「奴隷」と似たような境遇だった多くの朝鮮人が、日本の統治を契機にして、苦しみから抜け出した。

    -罪のない民を捕まえては虐待(「お前の罪をお前が発表しろ!」)していた支配層の横暴が、日本統治をきっかけにして無くなった。

    -正当に努力して良いものを手に入れても、いつ支配層に奪われるか心配だった民の不安が、日本統治をきっかけにして無くなった。

    -支配層が勝手に処分できる私刑(リンチ)が横行していたが、日本統治をきっかけにして、法と呼ばれるものが導入されて、裁判の手続きなどの権利が保障されるようになった…

    ◇反日に洗脳された韓国人が一度悩んで見なければならないアレコレ。

    -当時の日本が朝鮮半島内に莫大なインフラ(近代化基盤施設)を建設したのは、どう説明できますか?
    *「大陸侵略のために」のようなデタラメな回答が仕様となっている。

    -「日本の蛮行が厳しかった」というが、それならなぜ韓半島の人口が増えて、平均寿命も増えたのか?どのように説明することができるのか?

    -「悪辣な」日本がなぜ朝鮮半島内の韓国人も義務教育を受けられるような政策を導入したのか?そのままにしておいたほうが、韓国人が「愚民化」するので統治するのにはるか楽なのに、あえて教育をした理由は何か?
    教育をした目的も、「大陸侵略のため」だというのか?

    -「悪辣な」日本の軍隊に志願入隊するため、朝鮮の青年たちが、数十倍の競争率の中で入ろうとしたこと(1943年)は、どのように説明することができるのか?

    -「悪辣な」日本が戦争を行っているとき、日本の青年だけが動員されて戦争を遂行していたが、戦争末期の1944年9月以降にはじめて朝鮮人に対して「徴用」(勤労動員など)が実施された。
    「悪辣な」日本なら当然戦争初期から植民地の朝鮮の若者たちを強制的に捕まえて、戦場の銃弾避けに追いやったのではないか?
    今日の韓国人の頭の中に大事に保管されている「悪辣な日本のイメージ」を勘案すれば、戦争初期から強制しなかった日本はむしろ「バカ」ではないか?

    引用ソース
    https://www.chogabje.com/toron/toron22/view.asp?id=132027&cpage=1&no=115640

  3. 初めて投稿する者です。 のコメント:

    この件と同じようなことがありますので、申し述べます。

    広島平和公園のガイド(高齢女性)が原爆ドーム前で観光客相手に説明しておりました。
    こんなことを言います。
    「(原爆投下の経緯を説明した後で)・・・今の日本の平和は憲法9条によって守られてきました。しかし、この憲法を変えて戦争できる国にしようと政府はしています。・・・」
    こう言うのです。

    これは、ガイドを装った某政党の政治宣伝員そのものです。
    このような人物の存在が放置されています。

    原爆ドームには、多くの修学旅行生も来ます。彼らに、この調子で吹き込んでいるのでしょう。
    日教組の教員が広島に生徒を連れていき、そこで、このようなガイドの話を聞かせる。
    これも大きな問題だと思います。

    皆さんに知っていただけたらと思い、投稿しました。
    どう思われますか。

  4. みけ のコメント:

    七子さん

    韓国人が信じている、日本との関係、これはまさにイギリス、スペイン、フランスなどが有色人種に対して行ってきた”侵略”の事実ですね。

    私は今でも自虐史観は日本国内の影響が強いと思っています。
    なぜならあまりにも洗脳された日本人(中韓系とは限りません)が多く、
    国民一致でデマを直そう、という動きは見られないからです。
    外国から見ていると、日本全体として何を考えているか、大変わかりにくいです。

    私たちは中韓、とくに嫌日では韓国にどうしても注目してしまいますが、
    大変深い根っこの部分は、白人社会の有色人種差別、搾取、が数百年も続き、自分たちを有利にするための大変な力を続けているだけ、だと思います。

    世界中には有色人種の方が人口が多いです。
    (余談ですが:こちら北米の会社や市では、毎年意識調査があるところが多いのですが、白人の大変少なくなった地域でも、まだ白人意外の人種を”Visible Minorities”と呼称しています。あなたはVisible Minoritiesですか? Yes Noといった形です。私は日本人として、Visible Minorities - Yesという侮蔑的な呼称をは選択するのに抵抗があります。抗議をしてもなかなか直りません)

    本当に日本を押さえつけているのは何か、韓国の精神異常的な思い込み、
    おかしな隣人は、パペットなのではないか、そんな気もしています。

    • 七子 のコメント:

      みけ様
      Visible Minority ですか?フーム、凄いですね。段々、数が少なくなっていく白人が、分かってますよね、どちらの立場が上か…と威圧をしてる感じがします。アメリカは人口数で有色人種の方が上回る時がいずれ来ますね。彼らにとっては不安でしょうね。メッセージ、有り難う御座いました。

    • 櫻盛居士 のコメント:

      みけ様

      > 韓国人が信じている、日本との関係、これはまさにイギリス、スペイン、フランスなどが有色人種に対して行ってきた”侵略”の事実ですね。

      日本を含む一部の国以外では、支配者或は被支配者としての歴史的実体験がある為、多くの外国人の感覚的には韓国人の主張が案外すんなりと受入れられてしまっているのではないかと考察しております。
      それに対し日本人の方はその様な経験が無い為に、バカバカしく思えて軽く見てしまう傾向があるのではないかと思う次第です。

      扨て、ここで注意しておくべき点が御座いまして、多くはこの様な圧政は欧米列強の支配を連想するのでしょうが、どうやら朝鮮人は非常に世界観が狭く、朝鮮の範囲から出る事が出来ない様です。
      その為彼らが想像する圧政とは、李王朝のそれでしか無い場合が殆どです。
      あれだけ、遠征売春や遠征政治活動、見栄張観光で世界中に飛び回りまくっているのに、何一つ世界を学ぶ事が出来ない様です。

      この辺りは「ウリ」と「ナム」の概念と連動しているのでしょうが、朝鮮語のウリは便宜的に「私達」、ナムは「他人」と訳されますが、概念的はウリは私自身の範囲から出られない様で、ナムに至っては幽霊とか素粒子とか意識出来ないものの様です。

      世界は彼らのウリになってくれませんので、自然と彼らにとってナム化してしまうのかも知れません。

  5. みけ のコメント:

    すみません、少し訂正します。

    >私は今でも「アジアでの反日活動は日本国内のあいまいな動きが要因」だと思っています。

    長崎、広島で日本を悪者にするようなガイド、日本人一致で辞めさせるべきですね。
    一部の日本人が、日本を悪者にする表現にいつまでも賛成しているようではこの先100年でも同じことが続いてしまいます。
    (どんなに貧しく、どんなに政治が腐敗している国出身でも、世界では
    自国を貶めるような国民はいません。その意味で一部の日本人は大変異常です)

  6. のコメント:

    訴訟を起こした某企業が在日企業であるという証明が今のところされていない以外に何の問題もない、むしろ当時の朝鮮人の炭鉱夫としての活躍を紹介してすらいる人物への非論理的な言論弾圧。これは許されることではありませんね。
    反証の1つも出さずに撤回と賠償を求めるって

  7. ふぃくさー のコメント:

    小川さんに敬意を表します。
    全くご指摘の通りだと思います。
    朝鮮人か反日サヨクかは知りませんが、許されざる所業です。

    ユニバーサルワーカーズ 代表取締役社長 久遠龍史

    ですか。印象的には・・・・通名かなあ???

  8. 鳥海山たろう のコメント:

    (以下、しつこく長文で、ほんとうに申し訳ございません)
    たとえば米国でも言論に対して「その思想自体が攻撃的または不快である」という理由で言論規制してはいけないと憲法で規定されている通り、たとえヘイトスピーチでも言論規制は許してはならないと思います。
    たとえ極端な人種差別発言があったとしても、言論規制するのではなく、世論などによって発言者の社会的地位をはく奪するような形で制裁が下されるのが間違いなくよいです。
    そうしなければ規制のための法律が変態左翼などにより思想的検閲に利用されると思います。

    慰安婦問題やしつこい韓国の反日思想ですが、これはほぼ日本だけのほんとうに特異な現象です。
    言うまでもなく、おおぜいの日本人が慰安婦騒動を嘆いています。
    私のような何の変哲もない会社員や年輩や主婦の方などが反論したり署名活動に参加して、必死で日本の名誉のために闘っています。

    これだけ大勢の日本人が闘っていても、情勢はまだまだ予断を許さず、勢力が拮抗しているような感じであると思います。
    いったい、これらの敵は何なのか? 無知な人なら背後に何か魔物でもいるのかと思うでしょう。
    韓国の異様な偏執的民族性か、または中国の日本をおとしめる陰謀か、米国の長期的策略か、それとも背後にそれらをあやつる国際的陰謀やシンジケートがあるのか?

    いや、背景は簡単で、その9割くらいは日本に原因があると思います。
    たとえ100兆円の政治資金をかけて人間や社会を洗脳しようとしても、デマや洗脳だと見透かされれば子どもにも相手にされません。

    日本国内に洗脳グループが居すわってきたのです。そして日本の名誉を守ろうとする日本人の背後から、大勢で醜いマシンガンを浴びせかけてきました。

    まったく唐突ですが、岩波書店の「岩波新書」や「岩波文庫」などを最近の日本人は読んでいるでしょうか。
    私が小学生、中学生のときは数十冊どころか100冊以上読んだかもしれません。
    この特色は、理系の書籍はすぐれていることが多いのですが、文系(というより社会系といったほうがよいのか)はまさに変態左翼の宣伝雑誌だったのです。

    こういうのが日本人の知的ステータスとなり、インテリの頭脳を一色に染め上げました。
    この思想の典型例としては、だいたい羽仁五郎やその弟子など狡猾な共産主義者が代表例です。
    去年も書きましたが、在日朝鮮人の「何万人もの挺身隊が慰安婦にさせられ、膨大な朝鮮人労働者が使い捨てられて線路の下に埋められている」というとんでもないデマを鵜呑みにするような羽仁五郎が日教組の思想を戦後初期に組織化します。

    岩波書店の出版物をすべて電子化してさらせばわかると思うのですが、大内兵衛のような共産主義学者が中心的人物となり共産主義賞賛の出版物が何十年も続いた後に、共産主義の悪魔性がやっと現代(昭和50年代か60年代?)になって暴露されていきます。

    そのとき、膨大な共産主義者が言論界に浸透しており、その生き残りのために集団催眠にかかったように没頭したのが、戦前や戦中の日本を究極まで悪魔化し、旧日本軍や指導者を口汚く罵倒し、自分たちこそ「模範的な戦争反省者」と新聞紙やテレビに売り込み、各種媒体を使って、大衆に異様な反日イデオロギーを刷り込む活動でした。

    この連中のやろうとしたことはひと言で書けば、要は、日本の戦争(戦争犯罪も含めて)をナチスのホロコーストと同罪と見なすように日本人を強要し、「ホロコーストに時効はない」という思想のもとに、日本人に「永久的な贖罪意識」を持たせることです。

    そうすることにより、変態左翼が、その「永久的な贖罪意識」とやらの「鑑定者」としての立場にたって、その既得権益を半永久的に固定化でき、日本のオピニオンリーダーとして君臨できるという恐ろしい戦略です。

    たまたまデビッドボウイが亡くなったから書くのですが、大島渚監督が若いころは共産主義者そのものではなかったものの、共産主義者シンパだから左翼的映画を好んでつくっていましたが、
    共産主義が見はなされた時代になると、ぞっとするようなグロテスクな日本兵が主役のような映画「戦場メリクリ」で欧米にいやらしい媚びを売ったのですが、
    そんな芸術的にぼかしたものではなく、それを文字通り、極限までやり抜いて政治や外交を混乱させて日本を醜く、いやしめて、はずかしめて、奈落の底まで日本人をおとしめようと画策したのが変態左翼そのものでした。

    当のドイツはどう思ってきたか。まともなドイツ人やドイツ政治家はナチスドイツは日本の戦争または戦争犯罪と比べられないと過去に考えてきました。次元が違うのです。優秀なドイツ人は日本の講和条約や植民地の事情もわかっています。

    ところが、変態左翼は、総勢で日本人を洗脳する一方で、社会民主党のヘルムート・シュミット(当時の首相)など著名人を利用して、執念深く日本を洗脳してきました。もちろん朝日新聞など頭のおかしい媒体を徹底的に酷使して。

    上記の岩波は小学生や中学生むけの岩波ジュニアなどでは、慰安婦や靖国を変態左翼の一方的観点から語り、それを日教組など左翼教師が教材に使って、朝日新聞も死に物狂いで、中国人や朝鮮人が怒るのは正しいなどと韓国の味方をするように見せかけて捏造取材をばらまき、洗脳記事を書きまくっていました。

    うまく表現できないので、もどかしいですが、しょせん古今東西の書籍を読んでいるだけの本の虫でしかない、頭でっかちの自称知識人が「本を読みこなしているだけで世の中を動かせる資格がある」と大きな勘違いをして、
    そのため空想的な共産主義イデオロギーにはまり、結局は「共産主義革命の推奨か、ファシスト国家の中国や反日独裁の北朝鮮や韓国に迎合するか」という、狂ったイデオロギーの二者択一に戦後の日本人を追い込んできたのです。

    よく読まれたスイスの民間防衛のなかに「敵は社会生活に不慣れな進歩的知識人に目をつけてやってくる」というすぐれた文章がありますが、まさに鋭く無能な知識人の役割を洞察しています。
    日本に無能な知識人しかいなかったかというとそうではなく、東大の学者でもあった竹山道雄など有能な知識人もいたと思います。

    竹山道雄は戦前はドイツの一流の知識人と交流をし、戦前はドイツの全体主義に警笛をならし、戦後は左翼の全体主義に警笛をならし、左翼全盛の時代はたしか日米安保か米軍の寄港を肯定的に評価したかで朝日新聞に危険人物というレッテルをはられます。
    ビルマの竪琴という鎮魂歌をつくったが、これを大島渚の戦場メリクリとくらべてみれば雲泥の差。

    竹山道雄のように、思想内容に舞い上がった調子が皆無で、善良で正直な日本人の代表と雰囲気をもったインテリと、それこそ羽仁五郎やその仲間のキチガイ思想家をならべてみれば、これが同じ知識人かと思うほど途轍もない雲泥の差があります。

    そして、当時の政治家が、堅実に働いて社会をささえている地に足の着いた日本人ではなく、羽仁五郎の弟子のような変態左翼のインチキ知識人とそのシンパが新聞やメディアそして教育を動員して日本人を洗脳してつくりあげた世論に影響され、だんだんとおかしな外交をやるようになって日本が深い落とし穴にはまりました。

    これらを打ち破るには吉田茂のような頭脳明晰で変態左翼の詭弁を論破できる政治家が増えて、同時に朝日新聞のような捏造常習者を正確な検証や論証をもとに牽制するような世論がネット等を通じて普及する必要があると思います。

    支離滅裂で読んでももらえず、またわかりづらかったかもしれませんが、以上がここ数十年の歴史騒動の本質です。変態左翼の洗脳にひっかかるのは日本の滅亡です。

  9. 名ナシ のコメント:

    先日も韓国のテレビ局が勝手に高島にあった炭鉱の犠牲者供養塔への
    道を木を伐採するなどして造成する事件がおきてますね。
    ここでも「強制連行された朝鮮人が」です。
    軍艦島でもこういうことになってましたか・・・。
    「12/1の投稿の削除・これ以上の言及をせず謝罪・200万円を支払わないと訴える」
    どうみてもこれは言論弾圧以外の何物でもないです。
    大変だと思いますが逆に裁判に持ち込んで原告側の異常性を世間に周知
    する方がいいのかもしれませんね。
    (久遠龍史で検索をかけると・・・某党の市議と県議が出てきますね。)

  10. ある愛国者 のコメント:

    言論弾圧と言えば、この度大阪市議会において
    罪刑法定主義を無視した憲法違反の
    『言論弾圧条例』が可決成立の見込みですね。

    罪刑法定主義とは
    人を罰するには何をしてはいけないのか?と言う事を
    きちんと明文化していなければならないと言う原則ですが、

    この条例は
    人権委員様?が「ヘイトだと感じたら」罰すると言うもので、
    具体的に何をしてはいけないのか?何がヘイトに該当するのか?と言う事が
    きちんと明文化されずに定義が不明確であるという点において
    疑問視されているようです。

    つまりは人権委員様が
    「日本人は凶悪犯罪やめろ」はヘイトではないが
    「韓国人は凶悪犯罪やめろ」はヘイトなので罰すると言ったら
    その通りになってしまい、
    これは『法の下の平等』の原則にも違反する
    トンデモ言論弾圧条例とも言える異常事態です。

    ただ、こんな異常事態が発生していて
    どこのブログでもツィッターでも大騒ぎになっている中で
    小坪殿ほどの方が
    その話題を取り上げないのはナゼなのでしょうか???

  11. ぱい のコメント:

    大阪市の言論弾圧条例はどうしたものでしょう。
    日本は時代に逆行したアパルトヘイト国家になってしまう。
    皆さん、それでいいんですか?

  12. 生野民 2 のコメント:

    朝鮮人独特の手法だな
    明日は朝鮮レイシスト維新の会が、日本人虐待条例を成立させるし
    平成のアパルトヘイトをナチスの再来といわれる朝鮮レイシスト維新の会が
    日本人の税金を使って、日本人だけを訴えると言い出したし
    朝鮮人の言論弾圧は、いつも同じだな
    長崎のこの会社も、大騒ぎして社長を国会に証人喚問しても良いくらいだ
    朝鮮人の言論弾圧を許してはいけない、ネットをフル活用して朝鮮人と戦おう

  13. 加藤 義浩 のコメント:

    声はあげ続けないと.
    黙ってしまうと,傘にかかってさらに,のさばってくる.

  14. 旧新人類 のコメント:

    直接的な貢献にはなりませんが、これまでも実行してきた不買を今後ますます徹底させていく所存です。今までお花畑だった周囲にも不買傾向が出てきて、おどろいています。小川様のような発信の努力は大事かつ必要だと思います。いろいろな意見があって当然です。言論弾圧は許されません。その何とかという会社、きもいですね。ますます、みなから嫌われるだけなのに。

    あと、本日のテーマからはずれますが、某心理学の教授か何か知りませんが、その悪鬼のような形相の画像や動画が話題になっており、いい年して何が原因でああなるのかまったく理解できません。こんな狂った人間が大学で教えている(さらにはこれまであちこちのメディアに露出しまくっていたうえ、BPO委員だというのが笑止千万)というのも無責任極まりないです。授業料を払っているご両親やバイトで授業料を払っている学生をコケにしているとしか思えません。大体、「現代心理学部」という看板からしていい加減であり、まっとうな学問かどうか怪しいです。これから受験されるみなさんは、真剣に大学や学部を選びましょうね。ろくでないところに行くと、大切な青春の一時期の時間を無駄にすることになり、はては洗脳されかねません。しっかり気を付けましょう。くだらないリベラルアーツの大学よりも、勉強できる子なら高等専門学校に行くのもよい選択肢だと思います。

  15. 東京都55歳 のコメント:

    許せません。
    しかし、
    私に何ができるのだろう・・・
    そう自問してしまいます。

  16. のコメント:

    中傷をしておいてそれを非難されると金を要求とかまるで暴力団ですね

  17. 友北理央巳 のコメント:

    この件について憤りを感じておられる方は、
    今こそ立ち上がるべきだと思います。
    その方法は、まず一つはネットで拡散することですが、
    それ以上に効果的なのは、有志が実際に軍艦島コン
    シェルジュ社のクルーズ船に乗船することです。
    その為には論破できる程度の弁舌は必要でしょう。
    自信のある方は、積極的に乗船しましょう。
    そして、ガイドの説明を全てビデオで記録することが
    まず第一。これは実際にどんな説明をしていたのか
    という、確固たる証拠となります。
    そしてガイドが強制連行について語ったら、途中で
    遮って、「それはおかしいんじゃないでしょうか?」
    と切り出します。続けて
    「確か世界遺産の登録に関しては1910年までの史跡に
    なっている筈ですよね?強制徴用が実際にあったか
    どうかは別として、それは1939年頃以降のことでしょう?
    ならば、世界遺産の登録の要件には強制徴用は無関係
    であり、ここで説明する必要はない筈です」
    と、毅然とした態度で突っ込んでやるのです。
    当然、前もってしっかり勉強して行くことは必須です。
    それでも何か言うようでしたら、事実を列挙して言い
    負かす論破力で闘うのです。
    もちろん、もし訊かれたときは、小川氏のこともその
    一件も全く知らないと言い通すことは忘れてはなりません。

    私は福岡在住ですが、まだ改善されないようでしたら、
    来月中までに一度行って実践してみたいと思います。

  18. 歴史詐欺を許すな のコメント:

    ドイツの「キリスト教民主同盟/キリスト教社会同盟(CDU/CSU)」:

    「第一次資料に基づかない言論は、言論の自由、表現の自由などの保護下にない。すなわち、捏造に基づく言論は、言論の自由、表現の自由などの保護下にない。捏造は、捏造であり、言論でもなく表現でもない。」

    更に、支那共産党と朝鮮半島は、捏造歴史により謝罪と倍賞を求める歴史詐欺戦争を展開しているのであり、人間として最低の犯罪である。

    小坪さん、皆さん、歴史詐欺という言葉繰り返して使い、定着させましょう。

    キーセンの像を慰安婦像と言い換える歴史詐欺

    人口20万人の都市で30万人殺せるの?、南京虐殺という歴史詐欺

  19. スレチキジコピ@失礼します のコメント:

    友北様…正義感大変素晴らしいと思いましたっ!
    しかし実践の件は相手が相手なだけに危険な臭いが致します、私も及ばずながら拡散協力致しますので、拡散お互い頑張りましょう!!

  20. 軍艦島が映画に!? のコメント:

    軍艦島、別のクルーズ会社でww上陸しました。すごくよかったです。まさに
    産業遺産。決して、地獄の島じゃないです。

    「지옥섬, 군함도. 地獄の島、軍艦島。 」
    https://www.youtube.com/watch?v=wufjnJrKpVI

    で、韓国映画にもなっちゃいます(-_-メ)
    新作「軍艦島」、ソ・ジソブ-ファン・ジョンミン-ソン・ジュンギの”華麗なラインナップ”誕生
    http://woman.infoseek.co.jp/news/k-pop/wowkorea_159113/
    同映画は、日本の植民地時代に端島炭坑に強制徴用された朝鮮人約400人が、命がけで島から脱出を試みるストーリー。”軍艦島”の隠された歴史をモチーフに、新たに作り上げる物語だ。

    はぁ~(-_-メ)!
    どう考えても日本政府は黙認してるよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です