行橋市、台風による大きな被害なし。


 

 

気が気ではなかった。
市職員は、徹夜態勢で警戒にあたった。人は地面から沸いてでてくるわけではない。奈良では警察官の数が取り沙汰されるが、市職員も「いま必要」となって急に出てくるわけでもない。実は地方自治体の職員数は大幅に減少しており、このあたりは国民保護法のことを正論にて記載した際に数値として示した。

相次ぐ合併に伴い、どんどんと人員を減少、電算化(ようはパソコンを導入)して省力化していった。
けれども、どんなに高性能なパソコンであっても土嚢を積んでくれるわけではない。貴方が家が床上浸水しかけたとしても。

ハードとしての対策は、以前よりはなされたとは思う。
けれども、この規模の台風となれば耐えうるのか否か、それは誰にも分からない。

風速50mが本当に吹いたならば、防風ではないガラスは何もあたらなくても破損する。
”吹いたならば”というのは、風の強さにも濃淡があり、どこで吹くかなんて分からないからだ。
祈るよりなかった。

昨日の記事 
かつて味わった巨大台風の怖さ~堤防が吹っ飛んで、瓦が民家に突き刺さる。多くの電柱がなぎ倒された中での朝

そして、私は”祈る”という行為があまり好きではない。
これは祈ることを否定しているわけではなく、「祈らずに堂々と対処できる」状態を目指すからだ。備えを万全に行い、「これならば行ける!」という思いで事にあたりたいという意味。
それでも最後には祈らざるを得ないのだけれど、祈るに至ってしまった状況を、私はあまり好まない。

果たして祈りが通じたのかは分からないが、朝になった際には大きな風も吹いていない状況だった。
昨晩から(正しくは昨日の夕刻から)徹夜で警戒態勢にあたっていた市職員、午前9時には災害警戒本部を閉鎖。11時30分には、大きな避難所を閉鎖。最終的には14時30分をもって全ての避難所を閉鎖するとともに、市の公式LINEにても「なお、市内での被害はありません。」と発表がなされた。

私はLINEはあまり好きではないのだけれど、残念ながらシェアを持っているSNSとしては威力は発揮している。悔しいけれども。この市の公式LINEの発表があったとき、膝から力が抜けた。

まだ不安な夜を過ごされている方もおられると思います。
決して油断せず、早めの避難をお願いします。

今夜は早めに眠らせて頂きます。
(明日も議会)

 

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

5 Responses to 行橋市、台風による大きな被害なし。

  1. 櫻盛居士 より:

    (手動でのコメント移設)

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    行橋では被害が無かった事、何よりでした。
    とは言え、行政に齎される被害状況は、それなりに規模が大きな被害であって、実際には皆無であったとは言えないのではないかと考えます。

    飛来物が車直撃して板金コースになったりだとか、水溜りだと思って走行したら思いの外深くて、エンジンオイルが味噌汁状態確定だとか、細かい事象を挙げると切りが無いのではないかと。

    普段、行政が整備する設備や施設は防災に大きく寄与して居ます。
    ですが折角整備した物も、メンテナンスを怠ると、本来想定して居た状況を遥かに下回る時点で機能しなくなる事もあり、ここが防災面での難しさでしょう。

    結局は個人単位の防衛が大きいですので、こう言った機会に各家庭で備えを拡充する計画を立てるのが良いと考えます。

  2. はらっち より:

    (手動でのコメント移設)

    予想よりも被害が少なくて安堵しています。九州地方が無事であります様にとずっと注視し祈っておりました。

    話が変わりますが、
    ウチの24歳の娘が27日に仕事の休みを取って安倍総理の国葬になんらかの形で参加したいと申しております。
    この子は7月8日帰宅してテレビの画面を見た瞬間ポロポロ大粒の涙を流していました。あまりお勉強熱心でない自分が偏差値50以下の大学出身にもかかわらず、そこそこの会社に入社できたことは安倍さんのお陰と感謝している子です。
    告別式の日は神戸の上畑議員がメールで記帳を受け付けて下さり家族全員お願いすることができました。
    デジタル献花もさせて頂きました。
    国葬当日、東京まで行って参加することは諸般の事情で無理ですが、テレビの前で張り付く以外の選択肢はないものかと現在調べております。
    なんというか、当日は反対派の方達が目立つ形で色々と活動を展開されるのでしょう?それならば安倍さんを心より敬愛し感謝しているウチの息子や娘のような子たちもいるということを静かに可視化できないものかと思います。

    もうすぐ安倍総理の国葬。
    どんな形であれ心からの哀悼の誠を総理に捧げます。
    本心は当日東京に行きたいです。

  3. ミカンの実 より:

    (手動でのコメント移設)

    無事で何よりです。
    台風が去った後も土砂災害などの警戒を怠らない様に気をつけますね。

  4. azumaebisu より:

    (手動でのコメント移設)

    2022年9月20日 2:46 AM (編集)
     被害が無くてようございました。此方はこれから9月20日明け方から【再接近】する様です。

  5. ロード より:

    福岡県飯塚市では、メガソーラーによる乱開発で身の危険を感じて転居した住民がいるそうですね。
    体を張って住民を護る地方議員がいない場所では、災害が来るたびにロシアンルーレットを引かされることになりかねないのですね。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください