街頭演説で大人気、爆破予告の件を市民に暴露。


 

 

市内の大きな交差点において、街頭演説。
新年のご挨拶と、市政について報告させて頂きました。

選挙期間中でもないのに、手を振ってくれる方が多数。
わかる人には伝わってたんだ、と実感。
軽く数えてたんですが、70人ほど。
(時間は30分強です。45秒に一回、支援者が通るペース)

「ブログ見てるよ!」という声とか
「今日も押しました!」(恐らくランキングボタン)という声援もあってびっくり。
概算ですが、市内で500人ほど閲覧しています。

ちなみに新年、初死ねも頂きました。
「ご声援、ありがとうございます。」と笑顔でマイクで行ってやりましたよ。

 

いくつかのパターンを決めて話していたんですが、今日は演説内容の骨子を。
好きに話したので、すっきりしました。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

街頭演説の注意点
車が赤信号で止まっている時間は限られています。
そのため、その時間内に終わり、起承転結があり、「すっきり」する話を心がけます。
だいたい2分もないですね。

ルーチンだけだと面白くないので、何パターンも話します。
非常に小粒のテーマをたくさん。

 

他にも注意点はあります。
赤になってすぐは車が少ないので、冒頭部分は導入のみに。

正直、かなりの方が聴いてくださいます。
だから冒頭が聴こえなくても「結論だけで伝わること」も大切です。
ある程度、溜まるまでは「聞いても聞かなくても伝わる話し方」を心がけます。

ブログだと「結論から述べる」ことを心がけますが、
街頭の、特に交差点バージョンは、結論は後半にもってきます。

このあたりはテクニックもあって、日々訓練です。

 

ちなみに、大型のトラメガで話しておりますが、
これは個人献金から買わせて頂きました。
充電式のバッテリーを含め、トータル7?8万したように思います。
もっと使わないとですね。

 

今日は、話したミニテーマを何本か紹介します。

 

 

 

CHINAが怖い
順序は違うのですが、外交面も語りました。
市政とか議会のことの報告の後、述べたのですが、こちらも好評なテーマでした。
(マイクを通しての場合、わかりやすさ優先で「中国」と述べています。オリジナルを重視するため、今日は中国という表記で。)

 

中国、怖いですね、その動きが怖い。
私は怖いですよ、他にも怖いものがたくさんある。

 

例えば。
ナイフ持って暴れている方がいて、
その時は警察に活躍してもらうよりないんですが、
それを普通だと認識するのに、

 

中国が尖閣をウロウロして、
なんと領海まで侵犯して、
これって自宅の敷地に入って来てるってことですからね?
「さぁ、自衛隊、がんばってくれ」とは言わない。

 

思ってる人もいるかも知れないけど、
テレビをご覧ください、おかしくありませんか?
あと共産党。
平和平和って、言ってるあの人たちのほうが、よっぽど平和を壊してる。

少なくとも私の安心はよく壊されるわけですが、
あ、面白くない?爆破予告された話はまた後で。

 

家の周りを強盗がウロウロしてて、
すでに敷地にも何度も入ってて、
セコム入れようかみたいな話をしたら
「セコム危ない!」って言いだした人がいるわけですけどね、

で、泥棒が誰か?というクイズを出そうかと思ったんですが、
答え、わかっちゃった人も多いと思うので、今日はこのへんで。

 

殺される前に、反撃しよう。
まぁ、私が死ぬぶんにはいい。
百歩、譲って自分が死ぬだけならば、と思う人もいるだろう。
私は嫌だけど。

でも、子供とか、大事な人、いるでしょ?
やられる前に、俺はやりたいんだけどね、
危害が加えられてからじゃ遅いよ、

そんな当たり前の声が出てこない、
それが怖い。

中国は怖いよ、だけど、テレビの論調を見ていると、もっと怖い。
声を挙げない国民だって怖い。

どんな声かって?
守ってくれてる自衛隊さん、ありがとう、ですよ。

 

 

 

大人はもう、いいじゃないか。
福祉の話です。

 

選挙まで、だいぶ間があるから、今日ははっきり言っちゃいます。
もう大人のことは、いいじゃないか。
選挙のときばっか子供のことを触れる人間もいるけれど、
真剣に論じると、投票権ももってない子供のこと、ちゃんと言えてるかな?と思いますね。

はっきり言いますが、
10年先、福祉はいまのペースでは維持できない。
そんなことをすれば、若い子からいくら税金とるんだ?って話になるわけで、
彼等も子供がいて、必死に生きてるわけですよ。

月に市税だけで10万円とかとれば、いまと同じ福祉も提供できるかも知れない。
だけどね、そんなことは、私は容認できません。

 

だから我慢もお願いしていかないといけないと思うのですが、
その前になすべきことがあるだろ?という声、ありますよね。

私は、例えば生活保護の実態については、かなり厳しく監査する立ち位置です。
不正なものは不正、敵を作ってもこれはいわなきゃいけない。

 

行橋を今まで支えてきてくださった方、
そこに我慢を強いるより、「元は縁もゆかりもなかった人」
つまり、外国人ですけど、ここにお金をつっこむことにも反対。

 

 

 

恵まれない若者
恵まれない外国人もいるんでしょう。
かわいそうだと思います。

えぇ、かわいそうだとは思いますよ。
余裕があれば、何かしてあげてもいいとは思います。
だけど、そんな余裕ないんですよ。

いいですか?
払うのは、私たち若者です。

 

就職のときは「自己責任」と突然、言われて
崖から叩き落されたような就職氷河期の私たちですが、
いまは「責任世代」などと呼ばれています。

以前は「自己」で、今度は社会の責任をとらされるようですけれど、
だっから言わなきゃいけないこともある。

 

恵まれないのは外国人じゃなくて、若者ですよ。
これから先、10年もすれば、福祉予算はさらに激増する。
団塊の世代が引退しつくて、福祉を必要とするだろう。

良いことですが、医療技術の進歩もあり、
人はどんどん長生きする、当然、コストもかかる。
それを支えていくのは、私たちです。

 

じゃ、若い子が楽かと言えば、そんなことはない。
乾いた雑巾を絞るようなもので、本当に必死です。

ついには福祉の抑制まで考えないといけない、
そういう検討も、やがては必要だなんて言うときに、
どうして「外国人の生活」まで、私たちがみないといけんのかな、って。

 

それは、はっきり言いたい。
これは差別でもなんでもなくて、外国人が好きとか嫌いとかじゃなくて
単にないもんはない、今後の財政予測を見立てる中で、
若者を踏みつけにしてまで、やることじゃない。

 

などと言ったら、外国人への差別とか、ヘイトとか、
はたまた右翼とか、そんなこんなを言われる謎の世の中です。

あげくには、「ヘイトだ、市議を辞職せよ、さもなくば市役所を爆破するぞ」と脅迫です。
まともなこと、思ったことを言ったら脅迫される世界が政治なんでしょうか。

爆破予告は、またあとで述べますね。

 

 

 

自治体の死
市税がパンクして、行政が動かない。
いわゆる破綻状態になったとして、どうなると思いますか?

まず、福祉は止まります。
全部じゃありませんが、市税で運営しているサービスはかなりの量が削られます。

また、教育だって止まる。
教員は県税ですが、小学校は市立でしょう?

福祉も教育もとまった土地で、家を買いますか?
貴方がどんなにローンを組んでいようと、住宅の価値も土地の値段も暴落です。
民間の試算にまで多大な影響を及ぼし、復旧不能となった場合を、私は「自治体の死」と呼んでいます。

 

もちろん、そこには幸せな老後なんてない。
子供の笑い声も、受け継いできた地域の行事も伝統もない。
なにもかにもがなくなる。

 

だったらどうするか。
人を増やして、雇用を作るしかない。

簡単なことじゃない。
口で言うだけなら誰でも言える。
言うだけだったら、政治家じゃなくても言えるだろう。

 

問題は、やれるか、だ。
やるだけの覚悟と実力、知識をもつか、だ。

上場企業の誘致、アポをとるだけでも普通の市議なら絶望的だが、
仮に話す機会があったとして、相手はでかい企業の幹部なわけですが、
議論の応酬以前に、基礎知識が足りるのか、など。

 

行橋を選んでもらわないといけない。
例えば慣行水利権。
家を建てるとき、企業を呼ぶとき、
余計な寺銭をとられる地域に誰が来ますか?

私は、議事録に残る本会議において、一般質問を徹底して行い
水利権の法論拠はないことを、行政に認めさせました。

当たり前のこと、それを言わないといけない時期にきてるんです。
もう生きるか死ぬかという段階ですよ。

 

そんなにもめなくても、という声もある。
いわゆる守旧派ってやつです。

その結果、いま行橋の状況はどうなっていますか?

 

言いたくありませんが、言っちゃいますね。
私も、そして私の同級生も、若い子たちは生きていくんですよ。
この街で生きて行く。

破綻されて、自治体に死なれたら、私たちのほうが困るだ。
遊びで言えることじゃない、覚悟をもって話しています。

 

 

 

政治と脅迫
爆破予告を受けました、外国人への差別だー!という話のようです。
ヘイトという言葉でいわれましたから。

いいですか、市民の集まる市役所、
ここを爆破するというのは、テロですよ。
テロ予告を行橋は受けたんです。

 

犯人は逮捕されており、警察の奮闘に感謝します。
私は、被害者です。

 

議会がどうしたかと言えば「いつもうるさい小坪」と思ったのでしょう、
共産党の緊急動議を通し、「被害者の小坪が謝罪しろ」と決議した。

テロ予告犯の政治主張をトレースした可能性があり、
なんと二度目の爆破予告を受けました。
これは私のせいじゃない。

議員のせいで、市議会がぶざまだ、っていうのが世間一般の評価です。

 

他にも脅迫とかあったんですが、政治の世界は普通じゃない。
いまの話を聴いても普通じゃないと思いませんか?

普通の市民感覚で、例えば水利権がおかしいと言ったら、
それも面倒なことになる。
議会の常識は、普通の感覚とはズレてると言わざるを得ない。

皆様、一人一人の感覚次第ですけど。
ちなみに「爆破予告を受けたから、謝罪しろ」と、共産党に従い賛同した議員は、私のBlogに氏名を公開しております。
知りたい方は、読んでください。
 

テロに屈したと全国から批判された決議に賛同した者(敬称略)
桜の会(議長会派):小原義和(公明)、西岡淳輔(公明)、大野慶裕
市民の会(いわゆる野党会派):藤木巧一、二保茂則、鳥井田幸生、大池啓勝、工藤政宏、瓦川由美、西本国治
共産党会派:?永克子(共産)田中次子(共産)

 

詳しくはこちら。

 

 

 

かつての糾弾とヘイト
実は12月議会も来ておりました。

今回は、請願を即日で否決しております。
市民からの声が大きかったこともあると思います。
ありがとうございます。

 

紹介議員は、またしても共産党。
なんと福岡から来て、ビラまで作ってまいているわけですね、

行橋の方じゃないんですよ。
福岡の「ワーカーズコープタクシー福岡」っていうらしんですけど、
コープですから共産党でしょうか、そして組合みたいですね、ワーカーズですから。本人たちも言ってますし。

紹介議員、またしても共産党です。
いったい何なんですかねぇ。

 

外国人の権利を擁護、それはそれで大切なのでしょう。
否定はいたしません。
ですが、外国人に金をだせ、という話になったり、
そのあたりの予算の監査、ここに影響を与える意図がもしもあるのなら

私は逃げません。

 

ちょっと思うのは、人権とお金が連動しているように思うこと。
私は人権は守るべきだと思うのですが、そこに予算が連動している姿を何度も見ました。

人権を掲げる者と、人権で争うことはしませんが
金がないと言っている今、予算では争うかも知れませんね。

私は、逃げません。

 

いまは行橋は実は黒字です。
ですが、今後、10年スパンで見た場合、老後の福祉すら危ぶまれる状態だ。

なんでそちらにまで支出しないといかんのか。
ないものは、ない。
払うのは俺たち若い世代だ、無理なものは無理。

数字はウソをつきません。
足りないものは、足りない。

 

私は理系の技術者あがりです。
怖いことがあろうと、圧力に屈することがあってはならない。

今回の件で、より厳しく監査していこうと思いました。

 

 

 

小ネタ
ブログ用に書き直しているので、ちょっと長くなっています。
話し言葉で、何テーマも、信号の変わるたびにガンガン話していきます。

漫才とは違いますが、手を変え品を変え、どんどん話す。
持ち時間2分の、連打です。

 

信号待ちの車だけじゃなく、通行人の方、かなり多くの方が足をとめてくれました。
駐車場から出てきてくれた方も。
1テーマのルーチンでは飽きさせてしまうので、繰り返しもいれつつ、新しいテーマをどんどん話す。

 

疑問点とかも聞いてみました。
そこでネタをもらって、即興で2分で応える。

毎日、毎日、ブログを書いていますもの、
即応性は相当に早くなってきた気がします。

市議会の、委員会での審査も真面目にやってます。
聴かれて答えられないことは、ほとんどない。
少なくとも今日はありませんでした。

 

 

他にもたくさんの演説をしました。

総論にはなりますが、「中国が怖い」という点や「人権が行き過ぎたヨーロッパが滅びかけてること」。
メディアは右傾化と責めていますが、このままいけば、船ごと沈むぞというのは、強い危機感としてあります。

私にあるのではなく、これは市民ひとりひとりの中にある。
そのとき政治家は逃げるばかりでいいのか。

都合よく、風見鶏をすれば選挙には強くなるだろう。
だが、「いるだけの議員」なんて、すでに時代は求めていない。

行橋だって10年後はどうなっているのかわからない。
テレビは、議員はバカだバカだと述べますが、実際はそうかも知れないけれど、
バカな議員だけでいいのか、子供たちに申し訳ないと思わないのか。

専門的な知識がなく、話術や法律の知識がなく、
肩で風きってるだけで議員がやれてた時代とは、違う。

いまは生きるか死ぬかの、生徒際で
本当に覚悟をもってやらないといけない。

 

 

今までは、ちょっと右寄りの「イロモノ」扱いでしたが、
保守色をしっかりと出して政策活動を行うことは、
今後のトレンドとなっていくでしょう。

すでに政党政治が強く示された大きな議会で、そうなりつつある。
行橋もそうなっていくだろうし、そうあるべきだと思うし、
私はその努力を惜しまない。

 

なぜ脅迫した者が出たのか。
何を追及してきたのか、そしてそれは街の未来につながるのか。

覚悟をもって、政治という生き方を貫く。
その是非は、市民それぞれに決めて頂きたい。

 

 

 

足をとめてくださった方も多数おりまして。
ちょっと照れますが、拍手もかなり。

途中でカウントし損ねたのですが、手を振ってくれた方は70名。
とは言え「死ね!」という怒号もあり、今年の初死ねでした。
死ねが比喩なのであれば「ナンバー覚えたからな!」も比喩で許されるのでしょうね。

 

 

驚いたのは、爆破予告の件をテーマとした際、非常に反応がよかった。
というよりも、知っている市民が本当に多かった。

恐らくブログの読者の努力だと思いますが、あの話は伝わる人には、しっかり伝わっていたのですね。
どなたが言って回ってくれたのかはわかりませんが、(一人二人じゃないのでしょう)この場を借りて御礼申し上げます。

 

本年、初の街頭演説。
楽しかったです。

 

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

19 Responses to 街頭演説で大人気、爆破予告の件を市民に暴露。

  1. medakanoon のコメント:

    街頭演説で大人気、爆破予告の件を市民に暴露。 市内の大きな交差点において、街頭演説。 新年のご挨拶と、市政について報告させて頂きました。 選挙期間中でもないのに、手を振ってくれる方が多数。 わかる人には伝

  2. 月光仮面 のコメント:

    街頭演説されたのですか 今日は小倉に家族で遊びに行きました
    行橋駅でもされたのでしょうか 偶然に遭遇する確率は少ないですね
    それにしても 聞きたかったです 共産党の演説ポイントは 駅前と
    ユメマート前 です 今度こちらでもしてください 人通りが多いです
    サングラスかけて 白い風呂敷をマントにして 周りをうろついていたら
    おいらです あはは それにしても楽しみです

    • 月光仮面 のコメント:

      読み返してみて

      「などと言ったら、外国人への差別とか、ヘイトとか、
      はたまた右翼とか、そんなこんなを言われる謎の世の中です。
      あげくには、「ヘイトだ、市議を辞職せよ、さもなくば市役所を爆破するぞ」と脅迫です。
      まともなこと、思ったことを言ったら脅迫される世界が政治なんでしょうか。
      これって言論封じですね そして これがヘイトなら何も言えないし
      そんな日本ではいけないと思いますよ そうそう よく許さない会を
      批判するけれど 沖縄の左翼を批判しない これも おかしい これは
      言論封じテロ といいたいですね

      最後に何が言いたいか 帰化する時日本人になることを目指してください
      日本を壊したいために帰化すって これ テロです 騙してなるのだから
      詐欺にもなると思います

      次に自民党にも左翼が偽党員になり活動していると思うのです
      前回の何とか議員のように 改憲のとき改悪を目指していると
      思います だから 地方から鋭くチェックする必要があると
      思います だから 小坪先生は貴重な存在にますますなると
      思います そして 地方からも改憲の意見を出すべきだと
      思います

      私 月光仮面の意見 国家元首は天皇陛下にお戻りいただく事
      この一文で日本は立ち直るし いかなる敵からも守れます

      • 月光仮面 のコメント:

        今 虎の門ニュースの1月3日の百田さんと櫻井よしこさんの
        対談を聞いています 内閣の掲示板に投稿しようと思いましたが止めました なぜなら お二人の対談内容は知って居いると
        思います でも 今までの政策を続けようとしています
        皆様 今もって竹槍で勝てると言っているのだと同じだと
        思います 今じゃ中国は日本の何倍も軍事力を持っている
        そうです もう少ししたら アメリカは出てこなくなる
        そうなれば日本は終わります もう 自衛隊は強いという
        意見は もはや 竹槍で戦えと言っているのと同じだと
        思います 航空機だけでも日本1に対して何倍も持っている
        そうです ゼロ戦だって1対2だったでしょ それなのに
        自衛隊は強いと言う意見は無責任すぎると思います
        今すぐに 防衛力増強をするべきだと思います これは
        益々 必要だと思います。地方から中央へ 小坪先生
        すみません 違う内容ですが書かせて下さい すごく
        不安に思っています 皆様虎の門ニュースの1月3日の二人の対談を見てください 真実だと思います 自衛隊3倍強化を
        無人化を

  3. 一郎 のコメント:

    寒い中、街頭演説、お疲れ様でございました。

    居るかいないか分からぬ議員さんがいる一方で、市民に情熱をもって訴える政策型の議員も、全国には多数いらっしゃるものと思います。

    同じ議員でも、中身は全く違う。

    行橋市の皆様は、地道に正論を訴える小坪先生のことを、きっと理解してくれると信じます。

  4. 波那 のコメント:

    宇都隆史が外国人の生活保護が年金よりも高い金額と衝撃事実を大暴露し、民主党・西村智奈美ダ…: http://youtu.be/TtP7ZgeJHUc
    拡散しましょうね

    自由民主党の宇都隆史氏が、世帯主が外国人(主に在日韓国人)に支払われている生活保護費について質疑応答している国会中継です。

    なんと毎月支払われている生活保護費は私たち日本国民が受け取る年金よりも高額であり、もはやなんのために年金を納めているのか。。。という異常事態であります。そんな外国人生活保護費の実態を宇都隆史氏が暴露しています。

    ?私達の税金が、どのように使われているか、知るのはヘイトではありませんね。

  5. 旧新人類 のコメント:

    カエルの楽園を返上するためにも、地方在住の人々への情報拡散は非常に大事だと思います。地方議員を主力とした「議員連盟」、ぜひお願いします。そうしたら、私の地元でもその議員連盟に参加する人を応援します。現状、地元市議や県議の方々がいうことはどれも大体似たり寄ったりの耳障りのいいことばかりで、喫緊の問題をわかりやすく指摘・説明できている人はおりません。これでは、日本が置かれている環境が一変しているということや各種反日的なカラクリなどについての、一般市民の知識が深化しません。みんな、いい格好しいの、ことなかれ主義で嫌になります。

    福祉についてですけど、駅などで腰が曲がった高齢者が掃除の仕事をしているのを見かけます。一次産業に従事している高齢者で80代、90代になっても頑張っている人々もいます。こういう最後まで骨身を惜しまず働いている人こそ、体が動かなくなったあかつきには介護サービスを受けてのんびりしてもらいたいと思います。一方、どこかの国の方々ですが、生活保護を受けながら水商売して蓄財したり麻薬売買で儲けるなどしたい放題じゃないですか。こういうのはすべてひっとらえて、とっとと強制退去させるべきです。なんでこんなにモラルがないの?信じられません。外人犯罪者をかばう弁護士も多いみたいですが、そいつらのモラルの無さにも呆れます。「人権」なんて関係ないね。その呪文の賞味期限も切れてきてますよ。電波利権とともに「人権」利権のカラクリも暴いて解体させるべきです。中身がさもしいのに、上っ面だけきれいごとなのが余計にきもいです。

  6. 野良犬 のコメント:

    すめらみこと弥栄 日本国弥栄 世界弥栄(4カ国ほど除く)

    ワーカーズコープタクシー福岡をgoogleした所、住所と電話は次のページにありました。
    https://www.navitime.co.jp/poi?spt=00011.080741848

    該当住所をgoogle mapした結果、地図上に「ワーカーズコープタクシー福岡」
    の記載あり。画像で見ると集合住宅に思われます。
    ワーカーズコープタクシーとは個人タクシーの連合会でその1支部かと思い、ワーカーズコープタクシーで更にgoogleしましたが他には出ず、「ワーカーズコープタクシー福岡」とは単に個人タクシーの営業名と思われます。

    「ワーカーズコープタクシー福岡 facebook」で検索するとFBもありましたが、書き込み無しの様です。

  7. 読点 のコメント:

    お疲れ様です。

    外国人の生活保護について、私は100% 反対ではありませんが、その内容が日本国民を納得させられるものかどうか詳細の公表を義務化すべきだと考えます。生活保護受給外国人が多い自治体でも公表しないのか、そもそも調べてすらいないのか、実態がわからないところが多すぎます。

    まず基本となる相互主義上、「生活保護という社会保障がある国」の国民か否か。

    続いて正当性。
    入国許可におき、就業ビザや一般ビザなら許可理由と現実が異なった時点で帰国すべきでしょう。ケガや病気はあらかじめ保険に加入しておくという自助努力が可能です。
    日本人や永住者の関係者としての特定ビザなら、離婚や除籍した場合は解消されるべきですし、難民なら母国が安定したら帰国すべき。また、日本の制度や文化風習と相容れず日本文化を変質・破壊しかねない信条をお持ちなら、一度日本に身を置いたからと言えど、態勢を整え次第、自主的に別の環境に移動すべきでしょう。難民の権利を尊重することが従来の日本国民の生活を危機にさらすことになるなら、そんなものは認められません。日本人は無敵の万能神ではありません。その種の権利は、自らの神に祈り、母国で戦って勝ち取っていただきたい。

    これらクリアした上で、収入も貯金もないけれど、あえて日本で生活を続けなければならない理由があるのか否か。
    「日本人との間に生まれた子供」が「日本で教育を受けられない」のは差別だ不憫だと生活保護を受け日本に滞在し続ける外国人の親(母子家庭)がいますが、日本人の両親を持ちながら、親の仕事の関係でいわゆる発展途上国で育つ多くの日本人の子供がいることを考えると、おかしな話です。日本人の両親を持つ子供同様、母国に帰国して、日本人学校にでも通わせればよい。子供の日本人親から養育費が貰えない?日本人同士でも結構耳にする話です。自分に人を見る目がなかったという事実をまず反省していただきたいですし、他の日本人には関係のない話である事実を理解しましょう。そして日本の社会保障や待遇を目当てに「子供」を利用するなよと申し上げておきます。東日本大震災の時に外国人の親に置き去りにされた日本人とのハーフの子供の話、定住許可を得た途端に日本人とのハーフの子供を発展途上国である母国に追いやり、代わりに同国人との間に生まれた外国人である子供を日本に呼び寄せ「純外国人家族」生活を営む外国人の話など各種耳にしております。本来、わが身と引き換えにしてでも保護すべき対象である筈の子供を、責任を持って育てられもしないのに我欲のために作り出し、都合で放り捨てる……日本人とはかけ離れた異質な精神構造の外国人親に嫌悪感が湧きました。「日本人の子供の”親としての権利”」などありません。

    さて、日本人を納得させられる理由のある外国人生活保護受給者は、どれほどいるのでしょうね。

    • 読点 のコメント:

      「生活保護という社会保障」があり、外国人(日本人)も(条件によっては)受給できる国の国民か否か、ですね。

    • 読点 のコメント:

      このハーフの子供たちについて私は真剣に心配しています。彼らの未来を心配するのと同時に、血統主義を掲げる日本であるけれど、「日本人の血を引いている」ことを根拠に日本国籍を与え続けてよいものか疑っています。

  8. 櫻盛居士 のコメント:

    遅れ馳せながら、明けまして御目出度う御座います。

    小生も仕事柄、正月気分の少ない正月をここ何年も過ごしております。
    御節料理もここ何年も口にしていませんねぇ・・・。

    まぁ、それが日本のインフラや経済の強さを支える力の一つになっていると思えば、頑張ろうと言う気になるのですが。
    インフラにせよエンジンにせよ完全に止めないと言う事は、非常に大切な事です。
    最近の車はエンジンも性能が上がり、暖機運転無しでいきなり踏み込んでも結構な性能が出ますが、一昔前の車は暖機運転するかしないかで随分変わったものです。
    乗用車こそ暖機運転無しでの即応走行が可能となりましたが、社会インフラ全般から言えば、まだまだ即応出来る体制を整えておく為には、年末年始と言えどアイドリング状態を維持し続ける必要があります。
    その為に働いている方が大勢いらっしゃいますね。

    そんな他愛も無い事を考えながら、感謝しつつの新年で御座います。

  9. 草莽の団塊 のコメント:

    小坪先生、初の街頭演説、お疲れ様でした、リアルで肉声に触れることができた行橋市の方々は本当に羨ましいです。楽しくおわることができたのなによりでした。

    >ブログだと「結論から述べる」ことを心がけますが、
    >街頭の、特に交差点バージョンは、結論は後半にもってきます。
    >このあたりはテクニックもあって、日々訓練です。
    赤信号から青信号にかわる刹那の時間に、車のたまり具合、交差点を行き交う多くの人々、その場の空気(時間によっても場の空気はちがうでしょう・・・)、小坪先生の五感で、あ、いまはこれを話そう、次はこれがいいな!(即応性)で話す速度や内容が刻々変わってんだろうな・・・とも思いました。現場で、街頭演説聴いてみたかったですね。

    >驚いたのは、爆破予告の件をテーマとした際、非常に反応がよかった。
    >というよりも、知っている市民が本当に多かった。
    >恐らくブログの読者の努力だと思いますが、あの話は伝わる人には、
    >しっかり伝わっていたのですね。
    あの話は、行橋市だけじゃなく、おそらく、日本全国にしっかり伝わっているとわたしはおもっています。なんじゃこれは!というとんでも決議をだした行橋市議会はともかく、行橋市役所の方々、行橋市民、そして、小坪先生のブログに接している多くの日本国民には、『あの話』は、しっかりつたわっているとおもいます。

  10. まりちゃん のコメント:

    テロ=共産党

    小坪さんを心配しております。 兎に角 何でもネットに公開していて下さい
    私 絶対に応援する小坪信者ですから

  11. のコメント:

    あけましておめでとうございます。

    今年も情勢が目まぐるしく動きそうですが、ここに集う方々は愛国心に目覚めた方々だと思いますので一緒に自分にできることをコツコツとなしていきたいと思います。
    今年もよろしくお願いいたします。

  12. 元修羅の国の住民 のコメント:

    一昔かふた昔は、外国人の生活保護の廃止やら在日特権が何だらとかを
    訴えると差別主義者とレッテルを貼られ、マスコミからも糾弾され、
    人権団体やら市民団体といわれる変態パヨク系圧力団体も暴れまわるで
    結果選挙の当落に大きく影響する、それゆえ議員の候補者といわれる
    人たちはあえてそれを問題として取り上げることは無くむしろタブー視
    してましたが、インターネットの発達と、それに連動して桜井誠のような
    保守活動家が在日特権の問題と日本人への逆差別の問題を取り上げることに
    よって、彼の手法の善し悪しは別にしても、そういった問題が広く一般にも
    拡散されるようになりました。今じゃスマートフォンとSNSの登場で
    さらに情報の拡散も広範にかつ、より速くなりました。
    竹田 恒泰先生のYouTubeチャンネルでの話しで、竹田先生とテレビ出演
    での仕事の打ち合わせで番組関係者の話すところによれば、その関係者
    の老齢の母親が熱心な共産党支持者で赤旗をも愛読していたのが、iPhone
    を買ってあげて設定もしてあげ半年ほど会わなかったその間に「右翼化」
    していたとの事でした。その母親の話しては最初にiPhoneで2ちゃんねる
    をROMしてハマり、さらにそこから誘導されたのか動画サイトで夢中に
    なるうちに思想的に右寄りに傾いてしまったとの事、赤旗も購読をやめた
    という話でした。そういう話をしるにつけ、徐々に行き過ぎたリベラリズム
    から風向きが変わってきているのは感じますね。ただ個人的には過剰な
    民族至上主義的な右翼思想はまっぴら御免ですが。

  13. 習志野市民 12月議会陳情情報(生活保護関連) のコメント:

    小坪先生、すっかりご無沙汰しております。
    赤旗陳情の件ではお世話になりました。

    本題は以下の通りです。昨年3月議会より陳情者の住所氏名が公表され、さらに市議会ホームページでも公表されることになりましたのですべて貼り付けておきます。

    本会議での結果は13対16で不採択でしたがもう一歩のところまで来ています。賛成は自民党系各会派、反対は民進、公明、共産、新社会党などです。(笑)

    陳情文書(6枚組)で特筆すべきは最後の3枚の資料です。
    一般市民でも当局に交渉すればこれだけの資料を頂戴できたようです。
    ご参考ください。

    陳情一覧など
    http://www.city.narashino.lg.jp/joho/shigikai/teirei/h28/4/gian_ichiran.html

    この中の受理番号126号がそれです。
    陳情本文はこちら
    http://www.city.narashino.lg.jp/joho/shigikai/teirei/h28/4/gian_ichiran.files/seigan_honbun28y4-1yokomuki.pdf

  14. 習志野市民 12月議会陳情情報(生活保護関連) のコメント:

    追伸
    いつもならブログなどを通じて陳情文や陳情者に対してヘイトをぶちかます共産党や習志野市民フォーラム、習志野湾岸9条の会などがこの件に対しては現在まで殆どダンマリを決め込んでいます。

    彼等や生活保護受給者にとって「余程都合が悪い」資料(陳情)なのでしょうかね?(笑)

  15. 徳川探偵 のコメント:

    小坪先生、あけましておめでとうございます。辻立ちの様子を動画にほしいところですが、いつもブログで訴えていることは、自分も共感できますし、気がつけば保守運動にネット上ですが、参加するほどまでに目覚めてしまいました。
    お体お大事にして、今年も頑張ってください。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください