地方議員が推す理由。 #自見はなこ ( #参議院全国比例 )に多数の地方議員が駆け付けた理由。【必勝を祈る人はシェア】


 

 

「多数」ってどれぐらいよ?という方もおられると思うので、実際の映像をごらんください。国保の是正、いまは広域化されておりますが、国保財政は地方の特別会計でした。自見先生が取り組んでくれたことは、まさしく地方からの声を聴き、そして難しい調整、粘り強い調整を経て「党本部そのもの」を動かしてくれたこと。

見てるんです、知ってるんです、だから地方議員たちは駆け付けた。
「このような問題がある」と問題提起をする先生はたくさんいる。選挙後には「こうします」と公約を掲げる先生もいる。しかし「これをやりました」と粛々と、完了報告を行う政治家は極僅かだ。

問題提起型ではなく、実務型、
自見はなこ、まだ油断できるような状況ではありません。

何卒、明日の投票日には自見はなことお書きください。

※ 昨日の安倍元総理へのテロ事件、重たい空気ではありますが、だからこそ私たちは「民主主義の根幹をなす」選挙から逃げません。だからこそ今日、戦う。ただ、本記事の写真や動画は事件前のものですので、空気にそぐわない部分がありましたら申し訳ございません。

 

 

 

(応援候補)
小野田紀美参議院(岡山県選挙区)

【岡山選挙区】小野田紀美・参院候補を応援しよう!理由:恰好いいから。(7月7日、安倍元総理も応援に!)

 

(候補紹介)
秋野公造参議院(福岡選挙区)

【福岡選挙区】秋野公造、最後の3議席目を維新と争う。親台派がピンチ。

令和4年6月22日 公示
令和4年7月10日 投開票

(選挙期間は7月9日までであり、本記事の拡散は9日の23:59までです。)

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

大阪にて。

7月6日の活動報告です。

大阪に行っておりました、最終の新幹線にて福岡に戻っています。

 

亀岡市(京都)からは、平本英久市議も駆け付けてくれました。
(※ チベットを応援する全国地方議員の会の副会長)

 

 

山田先生とは移動中の車内が一緒で、色んなことを話しました。
かなり楽しい時間でもありました。

(共にネットで活動している政治家として。フィールドはそんなに被らないのですが、色んな部分で盛り上がりました。降りたら速攻で選挙モードですが。)

 

 

 

立ち上がる地方議員
「多数」ってどれぐらいよ?と言われるかもしれませんので、実際の姿を。

応援のため、大阪の地方議員が多数結集しました。

仕切りは、がくちゃんです。

 

「多数の地方議員たち」と表現をまとめましたが、「多数」とは、これぐらいです。

 

嬉しかったのは、野村さんがマイクを握ったこと。
がくちゃんの司会で。見たかった光景だった。そういう人は多いと思う。

 

ピンクのTシャツを着ている人は、全部地方議員です。
選挙スタッフも着ていたかもですが、別の恰好だった気がする。

元職・前職もいますが、地方議員の数はこれぐらい。

 

さらっと書いておきますが、先般の大阪港湾・武漢MOUの件や咲洲メガソーラーで「議会側が納得しうる正確な発信」を継続し続けた結果、ほとんどの大阪の地方議員からは私は認識されています。

 

 

 

自見事務所が流してくれた汗

これら”多数”の地方議員の前で、がくちゃんと、そして木下先生のご威光をお借りする形で、お昼の休憩の形で、一言だけ言わせてもらいました。

やや訓示めいた内容になってしまいましたが、参加する全ての地方議員が起立して聴いてくれました。

 

(要旨)
かつての大阪市長選、続く堺市長選、のちの都構想の住民投票。
これらは”地方議員が最前線”であったこと、私も共に戦った同志であったこと。
まるで特攻のように、貝塚市長選においても苦しい戦いがあったこと。

その際に、連日にわたって詰めてくれた事務所がどこであったかと言えば、実は自見はなこ事務所の秘書でした。ほぼ毎日、地味な仕事、きつい仕事を率先してやりました。為書きを送るだけとか、祝電だけ、マイク握るだけではない。

 

最前線にいるからこそ、地方議員はそのあたりをよく見ています。
誰がどれだけいたのか、どれだけの負荷を背負ってくれたのか。

前線だから見えるものがあります。

 

しかも詰めた秘書さんは、政策秘書であり、自見先生の業務にも負荷はかけたであろうこと、
先生のお許しを得て、私たちとともに汗を流してくれたこと。

地方議員に対して汗を流した事務所がどこであるのか、
その汗に報いる覚悟は、私たちに在るのか否かが問われている、という内容でした。

 

ここに参加した地方議員らは、大阪府連の精鋭チームであり、歴代の青年局長を多数含む、重鎮中の重鎮。
単に国会議員が声をかけても動くような層ではありませんでした。

私は、それら地方議員の前で、府外の人間ではあるものの檄を飛ばす機会を頂きました。
檀上でもマイクを握りましたが、一番言いたかったのは、大阪の地方議員に「だから、一緒にやろう!」って言えたこと。

 

 

 

地方議員たちの恩返し
昼休憩における私からの挨拶。

のち。
「きついんか?」って話になり、それは休憩中とか移動中とか、各所でなされた短いやり取りで。

「後援会会長(医師会会長)の交代と重なり、大規模組織の統御は楽ではないと思う、コロナ禍で最も疲弊した医療機関を動かしていくのは至難の業だ。」と応えました。「少しずつでいい、票、出してやってほしい、頼む」と言いました。

さざ波のように声掛けが始まり、、、
がくちゃんの仕切りや事前準備があったとは言え、午前中から午後に、そして夕刻になるに従い、地方議員の数はどんどん増えていきました。

中には議会があった先生が議場から駆け付け、ピンク色のTシャツに着替えて街頭に。
(私も呼びまくりました。)

その結果が、こんな感じです。

 

暗くなるに従い、さらに人数は増えて行きました。

 

忘れられないやり取りもありました。

「政党人だからね、自民市議として言われたぶんはやる。

けれども、俺たちも人間だからね、地方議員に対して汗を流してくれた先生には、何倍でも恩返しをしたいと思う。

誰に対しても(公認候補に対して)”しない”なんていうことはないが、”どこまでやるか”は私たちも人の心がある。」

 

自見事務所のバックアップ体制も凄まじく、地方議員の移動用車両だけで7台。
総合的な指揮はLINEや携帯では不可能なため、トランシーバー(無線)でした。
移動も時間も的確で、細かいタイムチャートに拠る。

街頭で支援者が多く、候補が写真などに応じて時間が押したときには、どうにか調整をつける。
その無線の指揮の取り方も、車内でずっと聴いていました。

 

一日を完全に空けることは、それぞれの地方議員は難しい。

けれど1人帰れば、2人来る。
用事のある先生たちが裏で「頼む、代わりに・・・」と声掛けでもしていたのかもしれません。

 

気合だなと思ったのは、移動用車両は、休憩用の車輌も兼ねていました。
朝から20時まで立ち続けた議員も多数おり、絶対に休憩させないと熱中症で倒れてしまう。

けども、ほとんど休憩をとらない。
私も一回だけ水分補給の休憩をとり、速攻で車外に。

誰しもが「ぴしっと背が伸び」、必死に証紙つきの政策パンフを配りまくる。

 

その時に出てきた言葉が「俺たちも人間だからね、人の心はある」という前述のやり取りでした。
「小坪議員も言ってたじゃないか、地方議員に対して流してもらった汗に対し、報いる覚悟が私にもある」と。

フラフラになりながら誰もが街頭に立ちづけました。

「大阪のために、ここまで尽くしてくれた小坪議員がさ、それでも上着を脱がずに立ってるのを見て、大阪の議員の誇りも示したいとは思う。」と。

 

 

候補の演説中に、数名の議員でパシャリ。

(遊んでるわけではありませんよ?)

とりあえず、ぜってぇスーツは脱がないって決めてた。

それぐらいしか、(大阪の議員に対して)覚悟を示す方法が思いつかなかった。

 

 

 

最終日
本日までが選挙戦。

 

1分の動画、ほんとうはテロップいれたり、ちょっとだけ加工したかった。
抱え込んでいるうちに、本日に。安倍さんことがあって、投稿するか迷いに迷って、けれども出します。

自見先生は、こんな先生です。
ノリもいいし、明るいです。そして実務型。

 

(ツイデモ告知)
本日《19:00~21:00》より。
ハッシュタグは
 #自見はなこ
 #参議院全国比例 です。

 

 

【最後の訴え配信します】
19:00~ https://youtu.be/8_cN95CECu0

 

 

 

 

こんなときだから、私たちは立つ。

 

まだ油断できるような状況ではない、

 

どうか、あと6年の任期を自見はなこに託してください。

 

明日の投票日、1枚目には、選挙区の貴方の信じる候補に。できれば自民党候補に。

 

そして2枚目には「自見はなこ」とお書きください。

 

必勝を祈る方は、FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

※ 恐らく表示される人数が極少数になると思うので、とりあえず「見えた」人はイイネをお願いします。一定数がないと、タイムラインにあがらないと思う。私のアカウントの場合は特に。

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

4 Responses to 地方議員が推す理由。 #自見はなこ ( #参議院全国比例 )に多数の地方議員が駆け付けた理由。【必勝を祈る人はシェア】

  1. ロード より:

    大阪維新の大物は全国遊説?
    主力不在の中で大阪の方々の魂に訴える意義は非常に大きいと思います。
    1枚目は、松川るい。2枚目は、自見はなこ。
    自見はなこ先生への大阪地方議員の答礼は胸打たれるものがあります。

  2. 東方全敗 より:

    一昨日の話ですが、自見先生の選挙カーが職場の近くを通った時に頑張れの思いを込めてガッツポーズを取ったら
    「ガッツポーズいただきました!ありがとうございます!」
    との言葉をいただけた時は、名も無き一般市民の声もこうしてちゃんと拾い上げてくれる方なんだな…と、改めて投票せねばと思わされました。

  3. 甲州保守 より:

    比例は他にも迷う選択肢、危なそうな船があり、今回はかなり悩みましたが
    すでに果たされた結果に応えます

  4. 星海入道 より:

    自民党候補者から投票したい人が何人かいて迷いましたが、
    私はこのブログの記載も読み、誰にするかを判断して投票を終えました。
    投票しなかった候補者も含めての当選を祈ります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください