出張準備


 

 

体調は、しばらく悪いまま。
事務処理も一部に遅延を抱えつつ。最近はかなり緩めの日程を組ませて頂いておりました。
(仕事量は少なくはないけれど。)

思うところあり、急遽、出張を組みました。
明日の朝まで粘れば、たぶん納期には間に合うので、そのまま行けば行けなくはない。

ちょっと今から準備して、飛びます。
どちら方面に向かうかは秘密。まぁ、関西圏とだけ。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

6 Responses to 出張準備

  1. 名無し侍 より:

    関西?
    ふーん・・・

  2. 山中 しんじろう より:

    関西お待ちしておりますm(__)m

  3. 波那 より:

    先日、記事にされていたドイツに設置されたあの元々が米軍基地に忍び込み装甲車に轢かれた二人の内の女学生の一人の像の件ですが、29日に出発され10月4日までの日程でポルトガル、フランス、サウジアラビアを訪問されている茂木外務大臣がフランス滞在中の現地時間1日、ハイコ・マース、ドイツ外相と映像電話を通じて両国間懸案を議論、ドイツの首都ベルリン中心部に最近設置された「慰安婦像」撤去されるよう要請されたようです。

    ドイツの立ち位置が今いちよく分かりません。これで韓国人がドイツに慰安婦像を置くのは3体目で、あとの二つは私有地に設置したようですが、今回は公共の場です。ドイツは御存知の様にメルケルになってから中国ベッタリの国で、今回のチャイナウィルス被害を被ってやっと中国離れに舵を切ったと言っても、英仏の様に日米主導の中国封じ込め「インド太平洋構想」に関心を示していません。英仏の海軍は太平洋やインド洋で米海軍や海上自衛隊との海上軍事演習にも参加してくれましたし、また北朝鮮への中国韓国の瀬取り監視にも在日米軍基地に空軍機を派遣して自衛隊に協力してくれました。

    この慰安婦像に転用する事で大儲けして笑いの止まらない北からの脱北者である夫婦によって製作された像の事を東アジア黙示録が今回の記事で取り上げられています。韓国に日本が何をされているのか、我々は彼らの悪意と妄執に警戒を緩めるわけには行きません。

    🔻ベルリンを穢す慰安婦像…瀕死の捏造派が放つ腐臭: 東アジア黙示録
    https://dogma.at.webry.info/202010/article_1.html

    〈またしてもゲリラ設置だった。独首都ベルリン市で9月28日、腐れ慰安婦像の除幕式が行われた。計画案も建設の進捗状況も全て秘密というステルス作戦の下、電撃的なお披露目となった。

    南鮮片田舎の腐れ像増殖は溜息ひとつで済むが、今回は欧州で初となる公共スペースの設置事案だ。我が国の政府は、外交上の失点と心得なければならない。〉

    〈同区と姉妹都市提携を結ぶ東大阪市、島根・津和野町、新宿区は、厳重に抗議すべきだ。〉

    1. BLACK より:

      小坪氏、行ってらっしゃいませ。
      御多忙のことと思いますが、秋のご出張が少しでも気分転換になりますように!

      ドイツに関して
      ブログ『祖国は日本 時代は変わる!』様が
      10月1日「公有地で慰安婦像設置を許可した「ドイツ」というお国柄」と言うタイトルでアップされております。

      2日はフランス、3日は学術会議の記事です。

      『祖国は日本 時代は変わる!』様
      勝手な紹介をお許しください。

      以上 文責 BLACK

  4. daco より:

    緩急は大事ですから、〔緩め〕も結構。

     とっ、とっ、飛んじゃうんですか!!秘密、関西圏。何処?、うっうぅーん。
    昨日の記事内に書いてあった事でなのかな。
     べつに網は張っておきませんから、ご安心ください。(なんのこっちゃ)

    飛び回りすぎて目を回さないよう。
    そうなりそうな時は、間接植物栄養素補給を果断に実行しましょう。
      (つまりは、和菓子を頬ばること)!?
                ↑
             先生のこういう場面を、一度はこの目で見てみたい。

  5. 琵琶鯉 より:

    ここへ訪問される各議員や経営者、行政担当者、言論人の方々には、是非ともグラフお兄さんの動画の登録をお勧めいたします。
    議会質疑、経営方針、注視すべきニュースの数値による背景など、理系の方々にとっては、この数値情報は、武器となり、一次ソースの証拠となると考えます。
    https://youtu.be/jOC7JPWlLp8
    各種ありますので、皆様も定期的にご覧下さい。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください