在り方


 

 

少し背負うものが重たくなった。
かつてより、自由に物が言いにくくはなかった。自分でも、言っていることが”つまんなくなった”気がしてしまう。
そして、私自身も、真面目な顔してに政治をすることが、”ちょっとつまんない”とも思っている。

かと言って、成果は挙がっている。
安倍元総理の前で、櫻井よしこ先生の司会で登壇することができた。各党代表の前で。
市議会の質問から、結果として全閣僚にブルーリボンバッジの着用にまで話が発展した。
嬉しかった。

けれど、それが重たい日だってある。
考えて言わねばならない、言いにくくなった案件だってある。

私の売りは【とりあえず反撃】だった。
いまは組織や同志を巻き込んでしまう、自分の気分でだけで単機特攻ともいかない。
あのころは「せめて自分の身さえ守れれば」だった。逆に言えば「自分がどうなっても良ければ」なんでもやれた。

人を守りながら、周囲を見ながら動くことは大変だ。
いろんな人がこういう「大変なもの」を背負っていると思う。サラリーマンだって、中小企業の経営者だって同じだ。なんなら(世界の大富豪を除けば)上場企業に近い方々だって自由にならぬ現実に苦しむ日はある。誰しも、「組織と個」の狭間で苦しむ。

 

・・・という前段は一旦、忘れて頂きまして。

ちょっとご意見をお伺いしたい。

①ちょっとだけ自由になって、反撃ぐらいはしてもいい。
(代わりにリアルでの信頼?みたいのは少し失う危険性はある。)

②破壊神みたいなのを売りにし、ガンガンに攻めまくっていい。
(現実世界では失うものも大きい、結果として大きな仕事はやりにくくなる。)

③大人の対応を続け、ちょっとは我慢も耐えてみる。
(代わりに、私は、すっごい灰色な毎日を過ごす。)

皆様は①②③の、どの私が見たいですか?
または、私の「在るべき姿」は、①②③のどれだと思いますか?ここは自分でも迷っている部分です。

 

①でも②でも、結構、激しいことにはなると思う。
持っている情報とか人間関係も、それなりのものではあるから。

ほんとはね、少しだけ自由になりたい私だっているんだよ。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

 

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

33 Responses to 在り方

  1. Y様(管理権にて編集) より:

    ①なんでしょうね。
    ③は小坪先生が壊れてしまいそうで。
    ②だと大きな仕事は成せないのだと思います。

  2. だんごむし より:

    ①ちょっとだけ自由になって、反撃ぐらいはしてもいい。
    (代わりにリアルでの信頼?みたいのは少し失う危険性はある。)
    これでいいと思います。

    ほんとはね、少しだけ自由になりたい私だっているんだよ。

    答えが書いてあるじゃないですか。
    先生の思うように動いてもらえば、それを喜ぶ人もいます。→私ですが。

    イーロンマスクさんもやりたい事をやっているだけなのに喜ぶ人がたくさんいます。それと同じ気がします。

    これからもファンでいさせてください。
    よろしくお願い致します。

  3. 波那 より:

    ③以外(笑)。
    人間、これは自分ではないと思う自分をやるのは精神にも身体にも負荷が大きいです。

    かと言って、先生のお仕事は人目を気にする事が含まれていますけどね。よし、これで行こうと一本化しないでいいですよ。先生自身のことですから模索し続けて下さい。

  4. 櫻盛居士 より:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    ①でしょう。

    自衛隊で例えるならば幕僚では無く、空自ならば飛行教導群、海自ならば先任伍長、陸自なら冬季戦技教育隊辺りの立位置が良いのではないでしょうか。

    現状のまま行くと、小坪先生が隠居すると、特殊作戦群みたいな人が現れるかどうかが、運次第に成り兼ねません。
    『魁!!小坪塾』みたいなものがあっても、面白いのではないでしょうか。

    ③に関しては勝利条件の設定次第の部分がありますので、一見③に見えて実は中長期的には②だったみたいな事も考えられますので、本当に③なのかも怪しかったりしますし。
    結論的にはケース・バイ・ケースになるでしょうから、偉い人が多用する非常に可用性の高い「何とかしろ」的なスタンスとして、①辺りで良いのではないでしょうか。

  5. 一ファン より:

    1.ー瞬時に、あるがままに。おそらくは、それでも、みね打ちになさる。本来は、スパイ防止法。

    大阪は議席を全て失い、行橋市の議長は、共産党系。
    多分、相当防衛できたけど、侵略されてもいる背水の陣。

    防衛の、指揮、陣形が、先生方に、かかっています。

  6. k より:

    1です。櫻盛居士さんが書かれてますね。

    保守の中で小坪先生ほど頭の回る方がいません。となると、作戦立案と罠を
    かける意味で、高度な知能犯をつぶすには小坪先生がいなければなりません。

    保守は「正論」を言いっぱなしじゃダメなんです。「せと」とか「桜井」とか。

    だから、1で良いと思います。2でも良いですが、地位の下野では出来ない
    ことがたくさんあります。

    希望としては、私たちが実行しやすい、拡散方法、攻撃方法を提示して
    頂けると助かります。

    小坪先生は、総理大臣になる気はありますか?

    1. k より:

      仕事を一人で抱え込むことはありません。
      分業して指示を出しましょう。

      あと、その上で後任も育てて下さい。

      保守は後任を育てるのも苦手みたいなので。

  7. S様(管理権にて編集) より:

    無難な選択と言われるかも知れませんが、

    でお願いします。
    これが日本のために小坪先生の力が一番発揮されるやり方だと確信しています。

  8. BLACK より:

    三択でしたら無難に①でしょうか。

    でも実際に見えていることが全てでは無いので
    個人的には③に見えていて、実際の中身は②みたいなことは私は個人的に好きです。
    そのようなことは、周囲からは理解が得られにくく、
    小坪氏としてもストレスが溜まりそうですが。

    私個人の思い込みも入っているかも知れませんが
    小坪氏が③に見えている時、私は②がその内部に隠れている気がして
    小坪氏はそれが出来る能力と気力を持っておられる特殊なタイプだと思っていますので
    期待したり、ワクワクしてしまう部分があります。

    質問の答えになっていないかも知れませんが。

  9. azumaebisu より:

     1です。基本的には。今の政治に甘んずるなら3です。

     然し、ケース・バイ・ケースでは無いでしょうか?1~3のどれを選ぶのも、小坪市議の御心のままに。『貴方が、やりたいかやりたく無いか?』を判断基準にしたら良いと思います。

     何故、政治を志したか?こういう時【原点】を振り返ってみたら如何でしょう?

  10. ねこじろ より:

    確信犯的に1を選択するように誘導されてしまいますが、あとの選択肢は自分が社会的、精神的に潰れてしまいますよね。
    ある程度は好きなように生きて、それで理解者が減っても増えても仕方ないですよね。
    正論をストレートに発信するだけでは、なにも変えることができないことを今までずっと感じていました。
    先生の変化球に期待してます。

  11. はちまん より:

    ①②③

    在るべき姿なんて考えなくてもいいのだと思いますが。状況は常に変化していきますので、その都度最適解を探して動くだけで精一杯なのではないでしょうか。それは小坪先生だけでなくわたしたち全員そうだということになります。

    気晴らしになるような時間を作りながら、少しゆっくり動くことも必要な気がします。

  12. へべすけ より:

    他の方が既に言ってらっしゃいますが3以外でしょう
    無理に我慢されなくていいと思います

  13. K様(本名と思われるため管理権限にて編集) より:

    小坪さんは①がいいです。有権者の信託を受けて民主的に選ばれた議員さんの権能は決して軽くない。
    選挙時の公約は小坪さんが目指す指針です。
    そこを目指す道筋や方法は小坪さんが自由に選択して行動すればいい。法を破らなければ前例や慣習に囚われずに自由意思で行動するべきです。
    一旦立ち止まって熟考してもいいと思います。
    小坪さんは地方の一市会議員に留まる様な器に非ず。
    更なる飛躍が期待できる保守の星です。
    迷いつつも前進するのみです。
    批判は付きものです。世の中敵が半分味方が半分ですから。
    自信を持ってご活躍を!

  14. しろくろ東京 より:

    1です。ブレーキの効かない悪人が多すぎると思います。それを細かく潰しておかないと、集団で大きな流れを作られる恐れが有ると思います。

  15. 北九州市民 より:

    ③です。

    小坪先生には長く戦ってもらいたいから。
    小生のわがままですが。

  16. たくぼん より:

    ①と②のバランスタイプですかね。
    「怒らせるとあいつヤベーヤツ」ってのが小坪市議の売りですしそれによって構築できたリアルの人間関係も有ると思うのです。
    多少やらかしても「まぁ小坪市議だから」で許されてしまうタイプであるかと思います。

  17. ロード より:

    (上司)
    管理職のポストが空いてます。
    とても困っているので、引き受けてくれませんか?
    (部下)
    申し訳ありません。わたしには能力がありません。

    上を目指す人からしたらなんで?と思われるでしょうが、職人気質の部下さんは、管理職ほどつまらなくて大変な仕事はない。やったら生き地獄。と感じるのです。
    なので心苦しさを感じながらも、いつも答えは同じです。

    勝手な想像ですが、小坪議員は重職を打診されることが多いのではないでしょうか?
    もちろんその器はありますし、やってみれば意外と良いと思うかもしれません。

    でも自分の気質がわかっていて、それを実行できるならそうするのが自然です。
    わたしから見たら、
    破壊神なのだから、破壊神やればいいと思います。
    被弾、撃沈の覚悟がある人だけ議員と行動を共にすればよいと思います。

  18. かめ より:

    しっぺ返し戦略に基づけば、撃たれた数だけに撃ち返す。
    主人と奴隷戦略に基づけば、敵味方識別ターンの後、敵と判断したら常に撃つ。
    いずれにしろ、反撃くらいはしても良いし、
    むしろ反撃なしで撃ててしまう社会は、黙って犠牲になる人がいる時点で不健全な気がします。

  19. ひろ より:

    1です、少しの反撃は良いと思います。

  20. S様(管理権にて編集) より:

    有り体に申せば、三人の小坪先生が必要になるのですが、現実の小坪先生の肉体は1人しか居られませんので、最も数の足りて居ないポジションでのご活躍を期待します。
    例えば、③で行かれるなら、①や②の仲間、或いは後進を育てて行かれるとか。

  21. ぎん より:

    皆様は①②③の、どの私が見たいですか?

    と言われたら、私は②です。
    過去のブログに「私は被弾面積が小さいのだ」とか「一寸法師は一寸法師だから面白いのだ」みたいな事を書かれてましたよね?

    星占い風に言えば、先生は蠍座ですので、「蠍座は突き詰め過ぎて幸せになれない。幸せな蠍座は開花しない…」
    他の星座でしたら無難に①なのでしょうが、先生には何度も開花してほしいですから。

    在るべき姿は…と聞かれたら、自分次第ではないでしょうか?

  22. K_NKGW より:

    小坪先生

    上記の櫻盛居士さん,Kさんがコメントにほぼほぼ同意ですが,先生が市議であり続けるのであれば③でよいのではないかと思います.行橋の未来を拓く政治家であれば,無理せず代議士,県議と共に地元反映の為お仕事される姿が一番良いように思えます.
    本音では参議院選挙に打って出た上で②が見たいです.ただ保守陣営としては指揮官が必要です.保守政治家の支え方,ネット上での応援の仕方,リアルな政治運動など保守層を増やす戦い方が知りたいです.

  23. 神無月 より:

    全国市議会の同士(仲間)が今は居るのですから、②は卒業でしょう。
    その仲間を護り護られながら、政治で立ち向かうわけですので①の心意気。
    政治家の強い力は長年の積み重ねも必要ですので、大きな力を頼み得る為には③も必要でしょうか。

    「政治は数、数は力。そして力は金だ」田中角栄氏の言葉とか。

    金は兎も角、同士が増えれば、小坪市議の力も強まるのですから、善き同士を増やす事は重要。
    善き同士は、小坪市議の力強い前進力に共鳴して生まれるものでしょうか。

    上手くまとまりませんが、市議の個性を活かし、且つ、同士との絆を深め仲間を増やす!
    有言実行の勇姿と、緻密な戦略を見てみたいですね。
    .

    1. 神無月 より:

      ブログヘッダの小坪市議の写真画像ですが、なかなか決まっていて好きです。

      が、最近のお姿との差が拡がっているようにも感じます。

      国会議員さんのポスターにもよく有るパターンで、御本人お会いしたときの違いに・・・

      まあ、スターでも、決まった!画像はそう有るものでも無いので仕方がありませんが・・・

      選挙ポスター的な姿ともちょっと違いますので、なかなか難しい・・・・・・・
      .

  24. 名ナシ より:

    今までの在り方からすれば②なんでしょうが、組織に所属する身であれば①か③をでしょうね。
    でも腹は決まってませんか?

  25. 個別の774人 より:

    お好きなように活動してください、大したことは出来ませんがそれなりに応援します。
    でも大きな仕事はして欲しいけど②希望w

  26. よっしー より:

    1時々2で(笑)

  27. シンゾー より:

    1が望ましいかと。

  28. そう より:

    これまでにあり方から推察いたしますと、小坪先生は意見をお聞ききになりたいだけで、ご自分の腹は決まってらっしゃると思われます。
    ご自分の人生は自身で決める。もう十分人様や世の中のお役に立てていらっしゃいますし、これからどう動かれようとも程度の差こそあれ、国家のためになるのは間違いありませんので、心の赴くままに活動されますことをご祈念いたします。

  29. 支寒内 より:

    世の中の変化とともに、来し方行く末を考えて迷うときはあります。そんな時は急いで結論を出さないで、目の前のことに集中していると自然と見えてくるものがあるように思います。私たちのようなファンが多いと、ファンの気持ちを無意識に忖度して、結果的に自分(の本当の気持ち)を粗末?にしてしまう場合も考えられますから、ここはしばらく、ご自身が本当には何をしたいのか?納得できる答えが出るまでじっくりと様子見をされてはいかがでしょうか。(叔父様のご存在が大きかった影響もあるかと思います。)応援しているファンの方々は、その結果として小坪議員様が何をされても、今まで通り一生懸命応援されると思いますから・・。

  30. 山梨 より:

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください