サヨナラ韓国、また来て威嚇【笑った人はシェア】


 

 

 

あの国の大統領は、なぜか死ぬ、多くが。そして政権末期において反日ブーストをかけてきた。我が国は、それを甘受し続けてきた、最近までは。この流れには変化が生じつつある。
さて、文政権も倒れるのだろう、そろそろ何かをやらかす時期だ、ここから何かやるのがあの国だ。我が国は、「今まで」と「これから」の違い、日本国民の世論の違いを示さねばならない。

出落ちと言われればそれまでだ。
このタイトルを思いついてしまった時点で、どうしても書きたくなった。
後悔はしていない。

内容は、タイトルのままだ。
彼等はすでに判断した、これは”サヨナラ”を示したことと同義。のち、制裁というフローに、一般的には移行するもの。
そうしたところ「威嚇されたのだ、うちは」と、呼んでもない韓国が騒ぎ出す。

サヨナラ韓国、また来て威嚇、笑った人はシェア。
正しくは、鼻で笑った人はシェア、だ。

それだけだと寂しいので、
もうちょっと詳しい話も書いておこうとは思う。

 

 

 

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

 

 

 

(OGP画像)

 

 

 

 

叩きつつ、引き延ばす。

日本国民全体に(ネット保守だけではなく日本の世論に)、あの国の異常性を示しつつ、「引き延ばす」ことで【日本国民の、世論への延焼】を狙う。

 

ここで一気に状況を固定化してしまうべきだ。

 

叩きつつ、引き延ばす。

じわじわ焼いていこう、中長期戦としたほうが戦略的には有利だ。

 

 

 

まだ勝ってない。

最終的には「日本からの制裁」を掲げておきたい。

勝利条件を、日韓関係の”将来的にわたる壊滅的な破壊”とするならば、勝ったと言えるのは「日本が制裁」をしたときだ。

 

韓国は変な国というイメージとか、日本は反撃しても大丈夫という空気感は出てきたものの、「一緒に韓国を批判しよう」みたいな流れは、主流ではない。

日本と韓国の間のことは、二国間でやってくれというのが、どこまで言っても現実だ。
他国が力を貸してくれているのは、あくまで対北朝鮮である。対韓国ではない。

 

制裁をくだすにあたっての、国際的な空気は重要である。

重要であるが、日本人が日本国に対して思うものと、他国が(他国から見て他国である)日本に対する思いは決定的に違う。

 

まだ勝っていない。

勝ちと言えるのは、日本が制裁をくだしたとき。

 

ボディブローのように効く、様々な手法はあるのだろう。
だが、「明らかに制裁」とわかるものを打ったほうがいい。
韓国は、斜め上の発想をするので、上手に考えた遠大なプランでは理解されない危険性がある。

 

分かりやすいほうがいいのだ。

日本が反撃したとなれば、韓国の国内世論は二度と修復できない。
致命傷を与えるならば、韓国の有権者のプライドをぶっ叩いておいたほうがいい。

”日本は反撃している”とか、”ああ、縁が切れたんだ”と理解できる程度の、
嫌な言い方をすれば実効性は二の次であり、分かりやすいほうがいい。韓国人に理解できるレベルの、シンプルなものがいい。

 

そうすれば、日韓関係は二度と修復できない。
あるとは思わないが、日本側が修復を試みたとしても不可能だ。

韓国の国内世論を、韓国人のプライドを徹底的に傷つける方法がいい。
かつ「金にも関わる」ものがいい。

 

 

 

サヨナラ韓国、

 

また来て威嚇。

 

威嚇は、ぶーん

 

ぶーんは赤い。

 

赤いは吠える。

 

吠えるは北朝鮮

 

北朝鮮も赤い

 

赤いはコミンテルン

 

コミンテルンは共産党

 

共産主義は滅びる

 

(いい感じに作ろうと思ったが、限界。)

 

(コメント欄で何か面白いものを考えてください。)

 

韓国に制裁を求める方は、拡散をお願いします。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

【支援要請】戦うための、武器をください。

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

10 Responses to サヨナラ韓国、また来て威嚇【笑った人はシェア】

  1. k より:

    その通り! いい感じです。

  2. 波那 より:

    韓国はアメリカとのスワップ延長を拒絶され昨年末に打ち切られました。スワップと言っても日本がしてやっていた通貨スワップではなく為替スワップですから、要はアメリカから莫大な借金をしていただけです。で、何をしたかと言うと、今度は米国債を担保にしてドルを調達することにしました。韓国は自国通貨のウォン国債では誰も買わないのでドル建ての国債を発行するしかなく、国債を発行してドルを集め、満期になれば償還するを繰り返しているだけの国で常にドルが不足な国なのは明らかで、外貨保有高4千何百億ドルとか言っていますが、その殆どがジャンク債で真水(ドル)は、ほんの何%ではないかと言われてます。ですから日本がしてやっていた通貨スワップが如何に韓国に必要だったかは明白。だから、安倍総理の時から国際会議がある度にムンが、いつも日本の首相を待ち伏せしたり後を付け回したりしているのです。「国と国が交わした条約を履行する気もないし、守る気もないけどスワップして、韓国を助けて〜」と言って相変わらず、しがみつこうとしているし、これだけ邪険な扱いをされようがまだ日本が韓国を見捨てたりしないと思い込んでいて、虫酸が走る、とても気持ち悪い。日本人は国交断絶して欲しいと思っていますから。

    これは押し返しても、押し戻しても、入国制限していても戦前、戦時中、戦後の朝鮮戦争中にも密入国で日本に入り込み、挙げ句は強制連行されたから日本に来た、だから日本に居ると自分らは被害者なのだと人権が〜差別が〜とユスリ、タカリで利権を増やそうして来た、この国に巣食う在日朝鮮韓国人も同じなんですよ。

    私達日本人の殆どは民主党政権を経験して韓国の実態と在日朝鮮韓国人が何を目論んで日本に居るのかを知る事になりました。まだ御存知ない方の為に載せます。「スヒョン文書」と言うのは民主党が政権についた頃のもので、ネットが広く普及し始めた民主党政権以降に拡散されて日本人に広く知られる事になりました。これが共生しよう、共生出来る日本社会に〜と要求のみをしている人達の正体です。

    人権が~差別が〜と言われようが日本人が怯む必要なんかないのがお分かりになるでしょう。

    🔻「スヒョン文書」と「花王文書」
    https://ameblo.jp/kujirin2014/entry-12272074274.html

    有名な「スヒョン文書」並びに 追加で「花王文書」「第二花王文書」を添付しました。

    以前は保守系ブログで多数公開されていましたが、その多くが閉鎖されてしまいました。

    まだ読んでいない方はぜひ読んでみてください。日本人なら許せない文章が羅列しています。

    以下の文章を読んでどう思いますか。

    今のマスコミや偏向報道が蔓延した理由が明確に読み取れるはずです。

    この文章は空想ではありませんでした。

    文相通りの出来事が日本社会に現実におきたのです。
    ……………

    「花王文書」の最後

    既に内部から乗っ取らっれたテレビ局が韓国に有利な放送をするのは当たり前のことです。これを阻止することは、もう不可能なのです。諦めなさい。

    皆様のNHKなんて言ってる、NHKもそうですよ。皆様って、何処の誰のことなんでしょうか?

  3. azumaebisu より:

     このエントリーは、【韓国制裁】に向けての世論喚起と同時に、いよいよ【媚支那派】に靡いている【岸田内閣】に、警告している様に見えますね。

    『これ以上、我々日本國民を足蹴にするなら我慢の限界だよ!』

    とね。
     
     アメリカとの関係を悪くして【媚支那、媚特亜路線】いがいに【選択肢】を無くそうとしている『どう見ても売国・亡国の岸田内閣に対する殆ど宣戦布告である事を期待します。』

  4. 常磐本線 より:

    >皆様のNHKなんて言ってる
    支那サマの犬HKです罠
    なんちゃら電視台日本支局とも言いますけど

  5. 櫻盛居士 より:

    **********************************************************************
    共産党は2016年9月13日からの警告を無視し続けましたね。
    ならば、下記は決定事項と承諾したものと見做します。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
     
     
    サヨナラ韓国、また来て威嚇【笑った人はシェア】のタイトルでアップされたのは、2019年1月24日の事で、我が国の哨戒機に対して韓国海軍が火器管制レーダーを照射した事案が発生して約1ヶ月と、まだ間もない頃でした。
    当時は保守層もかなり頭に来てましたので、当時74件もコメントが付くなど、それなりに盛上がりました。

    あれから約3年が経過し、現在はと言うと2022/01/08 14:20時点で、このコメントを含め4件しかコメントがなく、随分と落ち着いて来たと言えます。

    あの当時、我が国は誰しもが明確に意図を理解する形での報復は行って居ませんでした。
    ですがあの時に人知れぬ様に蒔いた種は、ここに来て外的要因もありますがジワジワと芽吹いて居る様で、韓国に以前の様な威勢は無くなりつつあります。

    東京オリンピックでの韓国の行動などでは依然として日本人を苛立たせましたが、それでも以前と比べれば韓国は元気が無くなって来たのです。

    だからと言って我が国が対韓警戒を怠って良い訳ではありませんが、ハッキリ言って良い意味で韓国に対して興味が薄れつつあるのでしょう。
    とは言っても、今後も韓国は色々とやらかしてくれるでしょうから、それなりに間欠的に我々を苛立たせるとは思いますので今直ぐにどうこうとはならないと予測しますが、長期的に見た場合は韓国叩き一辺倒でアクセスを稼いで居たまとめサイトや動画チャンネルは運営が苦しくなって行く可能性があるでしょう。

    最近の韓国と言えば、経済、雇用環境、社会保障、公共インフラなど、ありとあらゆるものがズタボロで、目先の利益を重要視する朝鮮民族にとっては、目の前の不利益の方が遠くの日本よりウエイトが重く感じられる様になって来て居る様です。
    故に日本を陥れる事で得られる優越感に浸る余裕も無くなりつつある様で、目の前の生活苦の方が重く伸し掛って居る為、今迄は何から何まで”日本が悪い”で完結して居た事が不可能になって来て居り、我々日本人から見ても表面上は案外マトモに見える、冷静っぽい意見なども見られる様になって来ました。

    これらの事象を解析した場合、対韓姿勢は嘗ての支那が朝鮮人を小動物の様に扱い躾て居たのは、紛れもない正解であったとしか言えないでしょう。
    つまり、我が国の韓国に対する姿勢は”生かさぬ様に、殺さぬ様に”が大切だと言う事です。

    そもそもですが、韓国と言えばリスカブスのストーカーでしかありません。
    ハッキリ言って、リスカブスのストーカーに腹立てるのも、振り回されるのも、疲れるだけで、関わりたく無いと言うのが殆どの人にとっての本音でしょう。
    やれ差別がどうこうとか、人権云々と糾弾されるのが嫌なだけで、内心は韓国に対して嫌悪感を感じるのです。

    必然的に韓国に元気が無くなれば、韓国に目を向ける必要も無くなって来ます。
    つまり、興味も示さなく成って来る訳です。

    一方で中国と言えば、性悪美女の側面がある為、鬱陶しい小蝿の様なリスカブスのストーカーと同列に語る事は出来ません。
    性根が腐って居るとは言っても、美人の側面がある以上は、それなりにその容姿に惹かれる者が居るからです。

    その意味から言えば、とっとと韓国は寝たきり状態に追込んでストーカーすら不可能な状態にし、中国に引っかからない様に防衛策を張り巡らせる方面で注力して行きたいものです。

    1. Frank より:

      >中国と言えば、性悪美女
      この言葉が妙に腑に落ちました。
      岸田も林もなんであんなブスのケツヲをい回しているのか、と苛立っておりましたが、美女と言われると少しは理解できる気がします。
      しかし、
      下手にそのような性悪とかかわると身の破滅、つまり日本の破滅には間違いないのですが、、、(ため息)。

  6. ぎん より:

    サヨナラ韓国

    また来て悪夢

    悪夢は民主党政権

    民主党は反日

    反日はリスカブス

    リスカブスはキモイ

    キモイはデブの頭の黒電話

    (小学生みたいな、駄作でごめんなさい笑)

  7. 通りすがり より:

    『さよなら三角』
    これは、CHINA、韓国、北朝鮮、でしょうか。
    それとも、CHINA、朝鮮半島、ロシア、でしょうか。

    『また来て四角』
    これはクアッドですかね。

    チト無理がありますかね…

  8. 常磐本線 より:

    信用状無しで一気に引導渡してしまいましょうよ

  9. 湘南童子 より:

    サヨナラ勧告 また来て自覚
    守りは 日の丸 旭日旗

    失礼いたしました

    私達の天命が完うされますように

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください