【拡散】北朝鮮人権侵害問題啓発週間 12月10日~16日【拉致被害者全員奪還】


 

 

国家とは、国の家と書きます。
我が国の国民が不当に拉致された。
これを取り戻せなくて、何が国家であろうか。

めぐみさんは、日本人なんだと自分に言い聞かせるように一生懸命に君が代を歌ったそうです。
金賢姫(キムヒョンヒ)元北朝鮮工作員から聞いたとして、めぐみさんのご両親が語ったそうです。

12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。
拉致を風化させぬよう、日本人それぞれの胸に刻んで頂きたい。

なぜ君が代を歌っていたのだろう。
我が国を思い、我が国の国家を歌っていたのではないでしょうか。

日本人さえも忘れてしまえば、この問題は「存在しなくなる」でしょう。
そして、その時こそは、国家としての日本が存在しなくなると私は考えています。

毎年、この記事を書くたびに虚しさに襲われる。
拉致問題の解決とは、拉致された被害者を「取り戻す」だけでは足りない。
真の意味で「救い出す」とは、引き離された家族と会うことができたときだ。待っている人に会えたとき、止まってしまった家族の砂時計が動き出したとき、初めて解決と言えるのだ。

帰国を待つ家族らも、複数名が鬼籍に入っている。
「日本に戻りたい」という言葉は、戻りたい場所は、家族なのだと思う。
もう会えない人だって、いるんだ。

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

 

 

(OGP画像)
12351082_953294561408095_467412368_n

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

不定期発信にはなりますが、チャンネル登録をお願いします。

日本人なんだと自分に言い聞かせるように

以下、愛娘を拉致された両親が語った言葉です。
(過去の記事ゆえ年齢などは違います。)

(前略)
北朝鮮工作員によって北朝鮮に連れ去られた横田めぐみさん(51)=拉致当時(13)=の両親らが参加。北朝鮮で祖国を思い、日本の国歌である「君が代」を歌っためぐみさんの様子が明かされた。

(中略)

「日本人なんだと自分に言い聞かせるように」
めぐみさんの北朝鮮での生活の一端を明らかにしたのは、めぐみさんの母、早紀江さん(79)。平成22年に来日した大韓航空機爆破事件の実行犯、金賢姫(キムヒョンヒ)元北朝鮮工作員から聞いた話として紹介した。

(中略)

「久しぶりに会うものですから、気まずくてみんなが黙りこくっているもので、『何か歌を歌いましょう』ということになって、『めぐみちゃんが歌を歌ってくれました』ということでした。その歌は何だったと思いますか?」。会場に早紀江さんは問いかけるように話し、「めぐみは一生懸命に君が代を歌ったと聞きました。『私は日本人なんだ』。それを自分に言い聞かせるために君が代を一生懸命高い声で歌ったのだと思います」と続けた。

(後略)

産経新聞:「横田めぐみさんは君が代を歌っていた」 金賢姫元工作員が明かした衝撃の新事実 母・早紀江さんの眼に涙があふれ…

 

産まれた祖国が、
日本が、助けてくれると、信じている。

年を召されたご家族も、拉致された被害者も。
日本が、国家としての責務を果たせるものと、信じてる。

私は、日本の政治家として、日本の国民を信じている。
あなた方、一人一人がこの問題を自らのことと認識し
忘れず、声を挙げ続けてくれると信じてる。

これができなければ、我が国は、国家ではない。

 

 

 

政治家の在り方
以下は、私の拉致問題への基本スタンスである。
そして「政治問題」ではないと考えています。

政治分野とは「議論を要する」ものであり、例えば外交などが含まれます。
政治分野以前の「ただの犯罪」であり、問答無用で、国家はこれを救うべき、それ以上でも以下でもありません。

 

拉致問題は、政治家の基本
ここにはイデオロギーも何も関係ありません。
イデオロギーだとか政治問題だとか言う者は、「北朝鮮を利するための者」か、我が国に法律が制定されていることを知らぬ無学な者かだと認識します。

私は、いまだ青いバッチを胸にし続けることが、実は本当に重たい。
あのバッチは重たいのです。。。

すべての政治家は、日本国民に対し責任があると考えています。
国会議員のみならず、国民を護るという意思・思いは、すべての政治家の責務です。

 

国家とは。
国家は、国の「家」と書きます。
国民とは家族のようなもので、我が国に鑑みれば、天皇陛下を家長となした家だと思います。
難しい、神学論争のような国家観ではなく、私の認識している感覚であります。

大事な家族が、誘拐されています。
主権国家である我が国は、この横暴、テロ行為に対し毅然と立ち向かわねばなりません。

 

想像してみてください。
貴方の家族が、どこかのならず者にさらわれました。
取り返そうとしませんか?
警察に通報するでしょう?

生きていることがわかっているのに
なのに、取り返せない。

想像してください。
娘が、息子が、誘拐されて何十年。
妻が、旦那が、誘拐されて何十年。
兄弟、姉妹が、誘拐されて何十年。

 

心中を思うに余りある。
元気でいるだろうか、つらい思いはしてないだろうか。
気が狂うほどの辛さを、感じている国民がおります。

国家という考えで論じれば
私たちの家族が、貴方の家族が、
大切な人を不当に誘拐され、苦しんでいる、何十年もです。

 

政治家として、恥ずかしい。
このような基本中の基本が、、、
いまだ解決されず、残ってしまっていること。

青いバッチを今日も胸につけること。
そして恐らくは明日もつけざるを得ないこと。

保守層においては、ブルーリボンバッチをされてるんですね!と賞賛の声すら聞こえる。
あれは、本当は誉められても嬉しくはないものなのだ。
早く外してしまうべき、拉致被害者を取り戻して。

あのバッチは、私たち政治家を縛るものである。
重たい、重たい、十字架である。

 

 

 

 

北朝鮮人権侵害問題啓発週間
以下、法務省より。

北朝鮮当局による人権侵害問題に対する認識を深めましょう
 北朝鮮当局による人権侵害問題に関する国民の認識を深めるとともに,国際社会と連携しつつ北朝鮮当局による人権侵害問題の実態を解明し,その抑止を図ることを目的として,平成18年6月に,「拉致問題その他北朝鮮当局による人権侵害問題への対処に関する法律」が施行され,国及び地方公共団体の責務等が定められるとともに,毎年12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」とすることとされています。

 拉致問題は,我が国の喫緊の国民的課題であり,この解決を始めとする北朝鮮当局による人権侵害問題への対処が,国際社会を挙げて取り組むべき課題とされる中,この問題についての関心と認識を深めていくことが大切です。

 

 

拉致被害者救出へ~山口采希「空と海の向こう」~

 

 

 

 

 

地方議員としてできること

私が市議を務める行橋市では、すべての公立小中学校において、
全学年、全クラスにおいて、100%の上映を実施しました。
全国初の事例だと、拉致問題対策本部(内閣官房)によると、自治体単位で公立小中学校で100%上映が確認されたのは、初めてだそうです。
(のち小学校最終学年である6年生および中学校最終学年である3年生に対し、カリキュラムを組んで継続的に卒業時の100%を継続しております。)

 

 

また、拉致担当大臣・文部科学大臣の連名で、通達も出されました。
これは、行橋の事例がきっかけになったと言われているもので、「ある件にて」複数の国会議員から協力を得ています。
その多くの議員から、私に関連するものだと言われています。

北朝鮮当局による拉致問題に関する映像作品の活用促進について(依頼)(平成30年3月7日付 閣副第78号 29文科初第1576号)

 

 

あまり恰好の良い話ではなく、当議会での執行部答弁において、問題だと感じられるものがありました。
救う会福岡が抗議し、全国的な問題に発展していったあの件です。

詳しくは、私自身も著者として正論に寄稿させて頂きました。

 

 

100%実施になる以前においては、国も予算編成という形で対応をとっています。
地方議会の議事録をベースに、自らも記者会見に臨み(救う会の西岡会長とともに。)、それを事業にまで昇華させることは、

地方議員としては、ちょっと限界値だったと思います。

 

 

 

私は、確かにちょっと派手な動きだったかと思いますけれど、

言いたいのはシンプルでして、それがどういう現場であれ、

日本人として忘れてはならぬ、ということです。

 

 

 

拉致問題を「政治分野」などに引き込もうとした例は、枚挙に暇がありません。
拉致は決して政治分野の話ではなく、北朝鮮という、国家もどきによる犯罪行為です。
我が国は主権を侵害されているわけであり、これは侵略行為と述べることが正確だと考えています。

誘拐したヤクザと交渉することが、政治なのでしょうか。
私は、まったく意味がわかりません。拉致は、政治や外交分野の話ではない。

以下、私が許せないと思った事例、過去における活動を列挙させて頂きます。

【拉致問題】保守議員の街宣活動に対し、中指を立てた者

【TBS】悪役の政治家にブルーリボンバッチ!拉致問題への印象操作か?【許せないと思ったらシェア】

『拉致被害者全員奪還とは名ばかりのヘイトスピーチ活動』なのか?

 

この点に関しては、大手企業からの足並みを揃えた対応をもって、一応の成功を見せたと認識しております。
今後の偏向報道への抗議手法を検討する観点からも、重要なデータであると認識しております。

※ 市議単独による大企業群に対する攻勢データとして利活用された。

【拡散】メディアがネットに屈した日?スポンサー回答一覧【TBS・ブルーリボン問題】

 

私なりの、拉致問題への認識・スタンスは以下にまとめております。
少し長いエントリですが、興味のある方はお読みください。
国を憂う~拉致問題に関して思うこと。

 

 

 

国家とは、国の家と書きます。
我が国の国民が不当に拉致された。
これを取り戻せなくて、何が国家であろうか。

めぐみさんは、日本人なんだと自分に言い聞かせるように一生懸命に君が代を歌ったそうです。

 

12月10日から同月16日までを「北朝鮮人権侵害問題啓発週間」です。
拉致を風化させぬよう、日本人それぞれの胸に刻んで頂きたい。

日本人さえも忘れてしまえば、この問題は「存在しなくなる」でしょう。
そして、その時こそは、国家としての日本が存在しなくなると私は考えています。

 

拉致問題の早期解決を願う方は、FBでのシェア、Twitterでの拡散等、一週間の啓発週間を(web上だけでも構いませんから)共に行動して頂けるよう、お願い申し上げます。

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログ 政治家(市区町村)へ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

3 Responses to 【拡散】北朝鮮人権侵害問題啓発週間 12月10日~16日【拉致被害者全員奪還】

  1. 波那 より:

    国家である日本は憲法改正して国軍を持ち威嚇する気概を持つことです。前にも書きましたが、オバマは拉致されているアメリカ人とアメリカ国籍の国民を取り戻す為に何にもしませんでしたが、トランプ大統領は北朝鮮近海に空母打撃群を展開させて北朝鮮を威嚇しました。焦土にされると怯えた金正恩は慌てて拉致被害者を返しました。ワームビアさんは既に植物人間にされていましたけど。

    北朝鮮は人権尊重などとは無縁のテロリスト国家です。だから、あの国の人達が人権が〜差別が〜と言える国、日本にしがみつき居座っているのです。自分らの子弟には反日民族教育をしたいので、その授業料を出せとまで言える自由な国日本、帰国したいと思えば、いつでも引き留められずに出て行ける自由な国日本、反政府活動しても北朝鮮みたいに処刑されない自由な国日本に居座り続ける人達。拉致に協力した総連関係者や朝鮮学校教師もスパイ防止法がないから、大手を振って自慢気に好き放題に暮らせる日本。つくづく身に沁みて日本を見つめ直しましょう。

  2. 難しいことはわからないけど より:

    現政権での憲法改正は怖すぎませんか?9条は死守してワクチン強制接種が可能になる緊急事態条項を盛り込まれたらオーストラリアの一部の州のように西側諸国でありながら共産化されてしまう可能性もあります。メディアが憲法改正を積極的に報じだしたら疑った方がいいでしょう。本当に改憲が国益になるなら何としてでも国民の関心が向くことは避けたいはずです。

    新たに朝鮮人弁護士が懲戒請求者約900名に対し5億8千円の訴訟を起こしました。他の弁護士も合わせて既に億単位の賠償金をもぎ取って笑いが止まらない状況のようですが、このお金の流れに関心を持つ方って誰もいないんですか?死人も出てないのに原告数名でこれだけの金額を受け取れるって異常でしょ。国は無関心なのか黙認しているのか、全く問題視していないようで不思議です。北朝鮮さん表立って支援はできないから日本国民から好きなだけ分捕ってね♪ってことなのでしょうか?

    1. 波那 より:

      反ワク派の人達が憲法改正を、そのように斜交い気味に見ているとは知りませんでした (笑)。それと懲戒請求の事は、某サイトの方が始められた件の事だと思いますが、それ以外の事は何も知りませんので。それに国が個人の訴訟にまで関与出来るものなのですか?

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください