櫻井よしこ先生の司会で、安倍晋三先生の前でブルーリボンバッジについて報告、各党幹部が傍聴。官房長官から、全閣僚着用の報告がなされた。


 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

 

 

 

大ファンの櫻井よしこ先生、そしてお世話になっている西岡力会長と。
開演前の控室にて。

 

 

開演直前、私の前の席が山谷えり子先生だったのですが、行橋市の3つの100について存じてくださっており、尊敬する山谷先生から声をかけて頂いて感激しました。

 

講演開始、総合司会の櫻井よしこ先生が登壇中。

結構、とんでもない席に座らせて頂きました。

(特に委縮することもなく、普通に堂々と振る舞ってはおりましたが。)

 

私の前の席には、各党代表が着席しておりました。

自民・公明は、党の拉致対策本部があり、各党の本部長が出席。
維新は幹事長が出席、立憲・国民は代表自らが出席しました。

右より、
山谷えり子本部長(自民・拉致対策本部長)
竹内謙千枝本部長(公明・拉致対策本部長)
泉健太代表(立憲・代表)
藤田文武幹事長(維新・幹事長)
玉木雄一郎代表(国民・代表)

※ (お詫び)
記事公開時において敬称の有無などに失礼がありましたこと、お詫び申し上げます。現在は党に関する役職(拉致に関する機関が設置されている場合は党役職)に統一させて頂きました。

表記に差異があった理由ですが、誰が出席するかについては現場で初めて知ったため、PCで速記のように氏名のみ記載しており、そのままカットアンドペーストしてしまいました。当日の深夜に速報としてアップしたため、さしたる検証等も行っておりませんでした。私の脇の甘さであり、重ねて失礼をお詫びいたします。
併せまして、コメント欄でご指摘いただいた皆様に感謝申し上げます。

 

この中で、私は地方自治体における拉致問題の広報・啓発を報告しました。

 

実は、ドタバタした瞬間もありました。
ちゃんと原稿もあって、それも暗記して登壇していたのですが、、、

なんと安倍総理の到着が遅れ、急遽、順番を入れ替えて登壇になりました。
持ち時間は決まっていたので、それに併せて準備をしていました。
が、ゆっくりやれと言われたので、ゆっくりやったのです。準備していた内容は一旦は忘れて、少し肉付けした内容に。

まぁ、市議だと「急遽、伸ばして!」とか「少しまいて」という指示はよく飛ぶので(舞台の大きさは抜きにして)慣れてはいます。

すると、今度は総理が来たのです、安倍元総理が!
私としては大感激です、ワーイとかワーオと思いました。
(ちゅうか、いまの伸ばした原稿、一気にまくの??と檀上で、脳みそフル回転。)

総理が入った瞬間、司会(桜井よしこさん)に許可を求め、まだ続行ということでした。
ここは落ち着いています、司会に従うのは絶対ですから、即時に司会に続行・中止の判断を仰ぐ。相手が櫻井よしこ先生という部分で緊張もありますが、そうは言っていられません。

続行、となりました。

大阪府議会の事例を報告しました。各議会の報告を駆け足で続けます。
安倍さんに、みんなの前で報告できました。警視総監は、実は安倍さんの元々は補佐官でしたので、形式上、東京都議会から触れましたが、影響を与えたと想定されるという形で大阪の事例についても触れています。

で、やはりそのまま走り続けることは安倍総理に失礼ですから、再度、司会に許可を求めたところ、「まいて」の指示。やや中途半端な状態ではありましたが、そこで綺麗に収めました。

のち、(本来の順番になった際)二回目の登壇の機会を頂いており、そちらでは大阪拉致議連についても明確に報告することができました。

 

 

本来の順番からはズレてしまいましたが、私の報告を受けての、安倍元総理の基調講演。
冒頭においては、地方議会の奮闘に対してかなり踏み込んだ発言がありました。
感無量でした。

 

 

動画データなどもあるのですが、詳細なスピーチの内容や実際の話は、別項にて。
今日は休ませてください。

末尾になりますが、全閣僚がブルーリボンバッジを着用したことを、官房長官本人が来て、登壇して報告されておりました。

国から地方を動かすと言う言葉がありますが、本当にやるならば、これだけの準備が必要です。ここ数週間の記事、その全て(もっと言えば九月議会の質問や産経の記事から)全部がつながっています。

行橋市は、首都を動かし、そして全閣僚を動かしました。
この部分については胸を張って報告させて頂きます。

 

 
 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ
にほんブログ村

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

14 Responses to 櫻井よしこ先生の司会で、安倍晋三先生の前でブルーリボンバッジについて報告、各党幹部が傍聴。官房長官から、全閣僚着用の報告がなされた。

  1. 福岡 秀憲 より:

    キターーーーーー!!
    ついにここまで!!って感じですね。

    必ず取り戻す。

    国民の意識を変える。

    ここからが逆にまた地道な活動なのかもしれません。
    反対の勢力が、蠢動するでしょうし…

    偉大な「一里塚」だと思います。

    これからも引き続きよろしくお願いいたします。
    頑張って下さい。

  2. BLACK より:

    感無量です。

    拉致問題そのものも、もちろんそうですが
    地方議員のご活動がここまでたどり着いた。

    本当に、偉大な「一里塚」だと思います。
    全国の地方議員の皆さまにとりましても
    どれ程の励みや勇気になりましょう。

    ああ、これは本当に嬉しい!!

    最近様々なことに鬱々としていましたが
    心が晴れます!
    勇気が湧きます!

  3. azumaebisu より:

     小坪市議、やりましたね!お見事です。

  4. ぎん より:

    櫻井さんの司会とか、安倍さんの前でとか…凄いです。
    地方議員の小坪先生の実力も人脈も、とうとう全国区にたどり着きましたね。
    朝から嬉しい気持ちになりました。
    この流れが全国区で広がりますように。
    ありがとうございます‼︎

  5. 草莽の団塊です! より:

    小坪先生、おはようございます!

    70過ぎの爺は、ここんところ鬱になりそうなニュース、SNS情報、ネット情報が続いておりましたので、Twitterも各種ブログもすこし脇において休憩しておりました・・・

    でも、、今日のブログを読みながら・・・

    多くの日本国民の気持ちは、福岡秀憲さん、BLACKさん、ぎんさんのようなお気持ちになるんだろうとおもいました!

    今朝の神奈川県はいいお天気になりました!外気は冷たいですが、あたたかな日差しが届いています。小坪先生のブログを読了した爺の気持ちも、いま、なにか、ホットあたたかな雰囲気です!

    1. 井上洋 より:

      ご無沙汰してます。何とか、何とか生きてます。
      ちと気になった点が。
      出席した国会議員さん達の「表記揺れ」が気になったです。

  6. 塩谷さくら より:

    今回の会合は、ネットニュースでも大きく取り上げられていますね。

    私は有本恵子さんと同じ大学の卒業生です。
    年代が違うのでご本人の事は全く存じ上げませんし、在学当時は拉致問題の存在すら知りませんでした(報じられていませんでした)

    公立の小さな外国語大学ですが、語学への学習意欲が高い学生が多く、在学中もしくは卒業後に有本恵子さんと同様、欧米を中心に世界へ学びに出る人も少なくありません。
    私も在学中は米国へ、卒業後は豪州に滞在していた時期がありました。
    幸いにも怪しい勧誘も(キリスト教系宗教の勧誘くらい?)トラブルも無く帰国しましたし、それが当たり前だと思っていました。
    ですが有本恵子さんのような勧誘に合えば、私ももしかしたら誘いに応じていたかもしれません。外国で働いてみたい、自分の語学力を磨きたいと思って留学しているのですから。
    だからこそ、言葉巧みに彼女を誘い込んだ組織が許せません。

    直接お会いした事のない有本恵子さんですが、同じ神戸市出身で、外国滞在期間も同じ年齢だったので他人事とは思えません。
    他の拉致被害者のみなさんを含め、どうかご無事に、帰国を待ち続けているご家族との対面が一日も早く果たされる事を祈っております。

    末筆ながら、これからも小坪市議のご活躍を心から応援しています。

  7. 多くの地方議員の矜持を示してくださり、誠に有難うございます☺️これからも共に頑張りましょう!

    1. azumaebisu より:

       素晴らしい仲間ですね。

  8. 神無月 より:

    素晴らしいですね。
    安倍元総理をはじめ、各党の党首幹事長クラスが集まるとは奇跡のようにも感じます。

    雰囲気から北朝鮮の体制に異変が起きているようにも感じます。
    また、文在寅大統領が終戦宣言を言い出し、米国当局者は終戦声明としての動きが有るような気配も感じます。

    実態は水面下の事でしょうけれども、写真の笑顔の中に見え隠れする緊張感に期待しても良いのでしょうか。
    .

  9. 維新は裸の王様 より:

    山谷えり子先生(自民・拉致対策本部長)
    竹内謙千枝氏(公明・拉致対策本部長)
    泉健太(立憲・代表)
    藤田文武(維新・幹事長)
    玉木雄一郎(国民・代表)

    ・・・野党の代表にも「氏」位はつけて欲しいかも?
    公明党からの出席者には「氏」をつけてるのだし。

    1. 小坪しんや より:

      維新は裸の王様様

      いつもコメントありがとうございます。
      まったく気づいておらず、大変に失礼をしてしまいました。ご指摘いただき感謝申し上げます。
      本文において、以下のように注釈を加え、表記については改めさせて頂きました。

      >(お詫び)
      >記事公開時において敬称の有無などに失礼がありましたこと、お詫び申し上げます。現在は党に関する役職(拉致に関する機関が設置されている場合は党役職)に統一させて頂きました。

      >表記に差異があった理由ですが、誰が出席するかについては現場で初めて知ったため、PCで速記のように氏名のみ記載しており、そのままカットアンドペーストしてしまいました。当日の深夜に速報としてアップしたため、さしたる検証等も行っておりませんでした。私の脇の甘さであり、重ねて失礼をお詫びいたします。
      >併せまして、コメント欄でご指摘いただいた皆様に感謝申し上げます。

      1. 維新は裸の王様 より:

        小坪議員様

        修正していただき有難うございます。
        心のモゾモゾが取れました(笑)
        今国会から先、この3野党がどう変わるのか、また岸田自民党がどうなるのか誰もが注視していくでしょう。

        お疲れ様です。

  10. 大保守(柏城耕介) より:

    動画拝聴しました。

    ぼかぁ櫻井女史ですら畏れ多いものにはなるとして安倍元首相までというのは、と云う限りです。

    そういえば件の安倍元首相も中共に対して強く出ているとの話もあるようですけど首相だったところでそれだけの力を出せなかったのは疑問でもあるんですけどね…

    首相時代に全知全能の神みたいに揶揄されたジョークもあったとしてもですが…(w

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください