ウイグル等の首相補佐官の新設に対する御礼(少し中のことも。)


 

 

これは、当Blogでも何度も取り上げてきましたが、”ウイグルを応援する全国地方議員の会”が岸田会長に要請を行い、のち岸田総裁候補として総裁選の公約に記して頂いたものが発端です。

地方議員の会は、日本ウイグル協会を通じて陳情対応にあたってきました。生活相談に近いレベルのものが多く、地方議員だけで対処できる案件も多々ありました。

しかし、一部には難処理案件もあり、国会議員の協力が必要な場合もございます。岸田事務所からも、複数件の陳情サポートを賜ってきた次第です。

中には被害者の生命すら危ぶまれる難処理案件もございました。
これらの陳情対応等から、首相補佐官の新設という政策的な答えを導き出され、公約という形に昇華し、実現してくださったものと確信しております。

特に難航した陳情もあります。その要因としては、例えば“査証については外務省”、“帰化や送還は法務省”という形で関連する内容が省庁間を横断することが挙げられます。

また、ウイグル・モンゴル・チベットの方については、我が国の行政機構上は“全て中国籍”として登録されており、行政では実態把握が困難であったことも挙げられます。
補佐官の設置は、これらを一気に解決する可能性があると期待しております。
(補佐官は、省庁を横断する権限を持ちます。また総裁選においても”省庁横断”というフレーズが使われております。)

もしも「俺がやった」系の話に聞こえたら恐縮ですが、そうではありません。実際にかけまくったのは、広島の政治家たちです。
政治は順序が重要であり、段取りが極めて大切になってきます。

政策が実現した際には要望主体が、御礼を述べることが通常であり、これは広島の政治家(特に山路英男市議、そして衆議院議員となった石橋林太郎先生、山木茂・広島市議)を通じ、岸田総理に感謝の言葉を伝えたく思います。

新設の感謝を伝えてのち、お許しを頂いて補佐官を紹介して頂きたく考えております。目的は、”地方議員として陳情に対応してきた現場の声”を、補佐官に公式にお届けさせて頂きたいからです。

行政窓口が、できました。
ずっとずっと地方議員の会が求めていたものです。ゆえに、法務大臣への直訴を始め、本当に色々なことがありました。関わった地方議員も、名前を挙げればきりがないほどであり、私たちにとっても悲願でした。

よかった。
本当に。

本日は、日本ウイグル協会の会長、副会長らと喜びの報告をしあいました。協会からも文書作成においては尋常ならざる事務負荷を割いて頂いており、この政策実現までには多大な苦労を共に背負った同志です。

(ちなみに、付与されるであろう権限や機能について、ある程度の想定はできます。非公開の動画もあります。)

それは、また別の機会に。

 

ちょっとぐらいは、誇りに思わせて欲しい。
実際に政治を動かしたんだ。

ちゃんと、やれた。地方議員にだって、やれる。
やれるんだ。

 

 

追伸。
コメント欄で「お疲れ様っ!」って書いてくれてもいいけど??

 

 

 

※ 日本Blog村の登録もしてみました。二つのバナーのクリックをお願いします。

↓今日は何位でしょう?読み進む前にチェック。↓
↓記事が気に入ったらFBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓

にほんブログ村 政治ブログへ

バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。リンクURLを修正しました。)

 


This entry was posted in 国政報告. Bookmark the permalink.

22 Responses to ウイグル等の首相補佐官の新設に対する御礼(少し中のことも。)

  1. YK より:

    本当、お疲れ様っ!

  2. 小宮山 より:

    お疲れ様でした😃

  3. BLACK より:

    ご尽力くださった地方議員の皆さま
    広島の政治家の皆さま
    小坪氏

    ありがとうございます!
    お疲れ様っ!

    まだまだ前途多難なことは多いとは思いますが
    岸田総理が声を聴いて動いて下さり
    ひとつひとつ形にしてくださることを願っています。

    地方議員が国を護る
    その一番最初の形が出来たのですね。

    地方議員の皆さまは
    国の政治の殿であり、先陣でもあると思いました。
    国の政治の前後をしっかり護る、
    「後退はさせない」
    「先陣は走る」
    そのような意気込みを感じます。

    (「後退はさせない」に切なる願いと希望を込めました。どうか意中お汲み取りください。)

    以上 文責 BLACK

    1. BLACK より:

      正直に書かせていただきます。

      総選挙後の岸田政治は、じりじりと後退しているように私には見えます。
      否、岸田総理と宏池会にとりましては、「前進」なのかも知れないと思えて来ました。
      仕方なくの「後退」では無く
      意思を持っての「前進」

      総選挙で、保守層・ネット民・無党派層・若者が自民党に投票した理由
      総選挙で予想外の議席を護れた理由
      それを岸田総理と宏池会への白紙委任と解釈しておられるのではないかと
      私は最近疑念を感じ始めています。

      こんな疑念は岸田総理と宏池会に感じたくはなかったです。
      まさか、総選挙後の政治に、これ程自分が疑念を感じるとは
      思っていなかったです。
      非常に残念です。

      (総選挙後の政治に対して小坪氏も言及しておられましたが、このような状況のことでしょうか。
      左にぶれるのは覚悟していたつもりですが、この違和感は何でしょう。ぶれると言うより喜喜として・・・・・・以下自粛)

      以上 文責 BLACK

      1. azumaebisu より:

        全く同感です。

  4. azumaebisu より:

     BLACKさんも触れられている様に、岸田内閣の【対特亜土下座外交】に戻る危険を感じています
    。 

    理由1,矢野事務次官の首を切れなかった事。

    理由2,林芳正という【媚特亜派政治家】を外務大臣に据えた事。

    少なくとも、以上2点が【害務省ウハウハの媚特亜土下座外交】に逆戻りしてしまう危険性を、常に感じてしまいます…

    そうなったら【人権担当補佐官】等、たちまち【絵に描いた餅】になって仕舞うでしょう。

     或いは、【人権担当補佐官】を隠れ蓑にして、影で【媚特亜土下座外交】を行う企みすら感じます。それに甘利さんに替えて【謝々茂木】が【党を握る幹事長】と来たら…

     故に、未だとても『御苦労様』とは申し上げられません…

  5. icyoshida より:

    ご苦労様でした。
    尽力された方々に感謝申し上げます。

  6. あき より:

    それ位情熱を持って、日本国民の為に仕事して下さい。
    国費留学に各種外国人労働者・公明党山口が「18歳以上は働けるバイトをしろ~」他言ったようですが!高度人材として外国人労働者云々だったのをドンドン規制緩和しお手伝いやコンビニバイト他に至る迄、大企業側と連携し外国人に門戸開き職を提供しました・都内では外人しか見かけません。  これなどについては色々経緯とか思う所も有りますが、国策として外国人を大量に流入させ、武漢肺炎禍・政府失政による経済禍で失業雇止め収入悪化等が問題のなか!政府はまた外国人の入国緩和です!   日本には外国人の為に仕事しないと議員等になれないんですかね?!評価されない? 以前に外国人問題等ブログに挙げてましたけど何か改善されました??悪化していませんか?   疑問しか持てない日本の議員。
    日本人を合法殺害して(あなた達が不要と思ってるのは日本人にカウントされないのかな?)外国人を連れてきているのは事実です、日本人から搾り取った税金~・日本人の為に使用され日本国内で環流すべきお金~を外国人の為に使用し、国外へ(支那朝鮮への利益誘導、技術提供等、後は面子?金ばら撒いていい顔したいだけ)流す・・・日本国内、日本人を疲弊させ、優秀な日本人の人材を海外に流出促進させる。  日本政府官僚がやってきた、やって居る事を(ここ30年位最悪です)冷静に観て考えて欲しい。  こいつらに軌道修正は出来ない。
    日本第一党しか、信用に足る政党は無い。 協力し支えて行くべきです。

  7. 氷河期の隙間世代 より:

    おつかれさまでした

    今後は市議である小坪さんはやりたい事をやればよいと思いますが

    自民党の国会議員

    とくに保守やら愛国やらを標榜する自称保守派議員たちは、高市さんの政策集や国民民主のタマキンくんの経済政策を勉強し

    ほぼポリコレと化している威勢だけはいい対中・対韓批判に始終することなく

    経済力で中国・韓国を黙らせ

    日本国民の可処分所得が上がるよう経済問題から逃げないよう期待したい

  8. ひろゆき より:

    本当にお疲れ様でした。
    中谷先生が補佐官に就任されたこと、期待が持てます。
    また、地方議員の皆さまの活動のことも10/27の証言会に参加してよくわかりました。桜田先生も比例復活して本当によかったです。まずは一歩、これからです。

  9. メガネ屋 より:

    お疲れ様です。ありがとうございました。

  10. つんかめ より:

    あ、あんただけじゃなく、地方議員の会に言うんだから。勘違いしないでよね!
    お疲れ様っ!

  11. 774 より:

    このニュースを目にした時、小坪議員の顔が浮かびました。
    本当にお疲れさまでした!!!

  12. 福岡 秀憲 より:

    まずは、お疲れ様というより、有難うございました!!
    「ウイグルを応援する全国地方議員の会」の皆様のつかみとった、橋頭堡。
    口先だけで「感情保守」と揶揄される「いい気分になっているだけの」活動と、プロの働きが全然レベルが違うことを見せてもらえました。

    相変わらず、「辛辣な煽り」を入れていますが、ネットやSNSを見て「これではイカンやろ!」とは思いつつも何もできない【自分への戒め】です。
    「分断工作」も進み、「保守」に「吹き上がり」(理想として正しいが全体的に実現不能な意見)を叩きつけるものが多くなってきました。真のリベラルがエセ・リベラルに衰退させられた流れを、あろうことか「保守」が追随しています。
    広く認識されていくということはそういうものなのかもしれませんが…

    上川元法務大臣に要望をかけたウイグル人の「帰化・査証手続きの弾力対応を求める要望」が先に進むためにもより一層【お疲れ様っ!】をお願いしないといけない。
    本当に改めて、ありがとうございます。
    日本国民の一人として、感謝しかありません。

    「いいこと言ってる!」という自己満足では無く、ウイグル人が現実として望んでいることに寄り添った助けが必要と思います。(日本人の為に働けなどという自分事ばかりの意見もありますが、「情けは人の為ならず」「義を見てせざるは勇なきなり」で、周り回って日本人の為)
    ネット上で応援はできても、具体的に困っているウイグル人を援けることが出来ず、政府の態度や自分の非力さでモヤモヤしていることを、気持ちのいい風で吹き払ってもらえます。

    これからもよろしくお願いいたします。

    中谷人権担当補佐官、林新外相…と、岸田政権の自派強化。
    茂木幹事長という旧竹下派との連携強化。
    有隣会+宏池会の中宏池会、細田派も議長就任の流れと安倍派への移行。
    菅G+二階派?石原派瓦解?甘利(経済安全保障のことではあまりにも残念)…
    なぜか、派閥政局の風聞が……
    こちらはモヤモヤが大きくなってきています。

    そこで!超ムチャ振り願望なのですが!
    小坪艦長が中谷人権担当補佐官に面談要望が叶ったとき!
    「地方議員の会」に何か命令をしてもらい、
    「レンジャー!!」
    と、答えて欲しい。動画が撮れれば【神回】間違いなし!!

    もちろん、「レンジャー!」という呼応がそんな軽いものでは無い事、中谷先生のお人柄が元レンジャー教官とは思えない物腰なのも知ってはいるのですが……

    逆に、小坪艦長が要望をして、中谷先生が「レンジャー!」…!!

    あかん!妄想が暴走してしまいました。

    今後とも、日本の為によろしくお願いします。

  13. autumn ripple より:

    《在日ウイグル人の吐露》「ジェノサイドを見過ごした漢民族も日本企業も共犯者」“ウイグル人弾圧”を見て見ぬふりする日本に抱く思い | 文春オンライン
    https://bunshun.jp/articles/-/49293

    その新設の件で岸田総理にお礼に行ってた人ですよね?
    文春がつけたタイトルが悪いのもありますが、一般のあまりウィグル問題を知らない人が見て、「見て見ぬ振りをする日本」とか印象悪いと思うのですが。特に某隣国のせいで、助けてもらう側の言は気をつけないと、と思いました。
    この辺助言できないものでしょうか?

  14. ミカンの実 より:

    有り難うございます。感謝します。

  15. 安芸の鯉 より:

    お疲れさまでした。
    そして、ありがとうございました。

  16. 湘南童子 より:

    おつかれさまです!

    日本国を始め万国全地域の天命が完うされますように

  17. たわし より:

    小坪市議、お疲れ様でした!
    地上波でも報じられて、感動ものですね。

  18. 常磐本線 より:

    保守速さん情報によると、またケケ中に便宜を図るとか・・・・・
    ダメだこりゃだと考えますが。

  19. taka より:

    お疲れさまでした!
    そしてありがとうございました。

  20. 尾張小牧 より:

    小坪さん、こんにちは。

    中国に呼ばれてホイホイと外相が出掛けていくと出ていますが
    失望しか有りません…

    1000%無いですよ…

    自由主義国家が連合して
    中国と戦わなくてはいけない時だというのに…

    天安門事件の後の日本の間違った対応を
    またもや起こしてしまうのでは無いか?

    まさか?ですけど
    ノコノコ出掛けて行って
    日中の友好を改めて話し合ったとか勘弁願いたいです…

    外国人労働者の受け入れ問題もそうですけど
    小泉内閣みたいな売国政権になってしまっていると感じています。

    先の総選挙で応援したのは何だったのか?

    こんな事になるなら
    応援なんてしませんでしたよ…

    確かにウイグル問題は我が国の様々な事に
    繋がって来ますが

    黙って見ているしか無いのか?

    官邸に御意見する位しか無いですけれど

    モヤモヤが消えません…

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください