【今すぐ見直せ!】秋篠宮ご一家のお出かけに交通規制なし【即時改善と思ったらシェア】


 

 

秋篠宮ご一家を始め、宮家の皇族方にはお出かけの安全性に対し、問題を感じる。
後方に警察の車両が1台配置されるだけで、交通規制も敷かれない。

非常に驚いたニュースだ。
紀子さまと悠仁さまが乗られた車が渋滞中に追突事故を起こされたとの報道。
ドキッとしたが、ご無事のようでほっとしました。

だが、別の部分で大きな問題を感じる。
それは安全性だ。

皇位継承順位第2位の秋篠宮さま、第3位の悠仁さまがおられる秋篠宮ご一家であっても、「後方の警察車両1台」のみで交通規制はないとのこと。
言葉にするだけでも不敬だとは認識するが、その上で述べるが「万が一があった場合」は、我が国は大変なことになる。

事故とは起こしたくて起きるものではない。
巻き込まれてしまう場合もある。
事故のみならず、テロなどの犯罪行為だって警戒するべきだ。
いまの体制を容認することは、とてもできない。
ご皇室を敬愛する国民は納得するのか。

また、警備の状況などが明かされてしまった今、即時の改善が求められると思う。
厳しい言葉を並べたが、それほどの話だ。
転ばぬ先の杖という諺もある。
今回の報道は、ぞっとした。
後悔だけはしたくない。

 

 

 

↓読み進む前に、クリック支援お願いします。↓
↓FBのイイネ・ツイート等もお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)

 

 

(OGP画像)
15003340_1238581906212691_1793183191301343422_o

 

 

 

 

報道の紹介

 

秋篠宮ご一家のお出かけに交通規制なし 追突事故の背景

 

 紀子さまと悠仁さまが乗られた車が渋滞中に追突事故を起こした背景には、天皇、皇后両陛下や皇太子ご一家とは異なる宮家の皇族方の警備事情がある。

 両陛下や皇太子ご一家が車で出かけられる場合、前方を白バイなどが先導し、後方に警備車両が続く。通過する一般道の信号を全て青信号にし、高速道路も交通規制するため、渋滞に巻き込まれることはない。

 一方、皇位継承順位第2位の秋篠宮さま、第3位の悠仁さまがおられる秋篠宮ご一家であっても例外ではなく、宮家の皇族方には後方に警察の車両が1台配置されるだけで、交通規制も敷かれない。

 両陛下をはじめ皇族方は交通規制で一般社会に迷惑をかけたくないとの意向を持たれているが、警備関係者は「重大事故に遭われてからでは遅い。今後、態勢を見直す必要があるかもしれない」と話している。

 

 

 

 

機械は壊れる、人は過ちを犯す。
事故は、起こしたくて起きるものではない。
隣の車が飲酒運転だった等。
違法な運転手が悪いのだが、厳罰化したからと言って「ゼロになったわけではない」点は重視したい。

居眠り運転だってあるし、車両の劣化による事故だってある。
何がどうなるかなんてわからないのだ。

機械は、壊れる。
人はミスをする。
それは仕方のないことであり、受け入れるべき現実だ。

 

だからこその交通規制である。
付近の車両が減少すれば、それだけリスクは低減する。

 

 

 

危害を加えられる可能性
テロだって考えるべきだ。
このご時世、何があるかはわからない。

「起きてしまった事故」ではなく、意図的なもの、つまり故意によるものだってある。
性善説を採用したい思いはあるが、最悪条件を想定するのが技術者であり、政治家の責務だ。

陛下や宮家のご皇族の方を対象とせずとも、何がしかの「破壊活動」を起こすものは存在する。
わかりやすい例で行けば、放火だってそうだ。

意図的な、破壊活動というものは存在する。
悪意がそこに眠っているのだ。

考えたくもないが、危害を加えられる可能性は想定されるべきである。

 

だからこその交通規制である。
付近の車両が減少すれば、それだけリスクは低減する。

 

 

 

国民として。
陛下、宮家の皇族方は、それを望まれないかも知れない。
交通規制をかければ、支障をきたす国民だって出てくる。

渋滞もするだろう、時間を浪費させてしまう方もあるだろう。
そのようなことを考えられるのかも知れない。

心中をお察しすることは「あってはならない」ので、
上記は可能性の話であるが、私は別の側面から論じるべきだと考える。

一人の国民の意思として、「交通規制の必要性」と「警備の増員」を願うことは、
私が考え、かつ私が述べることに関してのみは、私の自由であるはずだ。

 

皇位継承順位第2位の秋篠宮さま、第3位の悠仁さまがおられる秋篠宮ご一家であっても、「後方の警察車両1台」のみで交通規制はないとのこと。

この状況は、憲法第一条を紐解くまでもなく、
日本国民として許され得ぬ状況だ。

 

 

今すぐに見直す必要がある。

 

なぜならば、警備体制がこの有り様であることが、

 

公開されてしまったとも言えるからだ。

 

即時の改善が必要である。

 

今すぐ見直せ!と思った方は、

 

FBでのイイネ・シェア、Twitterでの拡散をお願いします。

 

 

 

 

一歩、前に出る勇気。
↓応援クリックお願いします。↓


バナーが表示されない方は、こちらをクリック願いします。(同じものです。)
【支援要請】戦うための、武器をください。

 

最後に。
Facebookのアカウントと、FBのファンページを紹介させてください。
記事を書くたび、こちらでも投下します。
FB個人アカウントは5000名の上限となってしまいました。実際の知人、議員の方のみの承認とさせて頂きます。
ファンページでコミュニケーションをとらせて頂けますと幸いです。

FB個人アカウント 小坪慎也
FBファンページ  行橋市議会議員 小坪慎也
Twitterアカウント  行橋市議会議員 小坪慎也

 

 



 

祝・書籍化!


カテゴリー: 国政報告 パーマリンク

【今すぐ見直せ!】秋篠宮ご一家のお出かけに交通規制なし【即時改善と思ったらシェア】 への12件のフィードバック

  1. medakanoon のコメント:

    【今すぐ見直せ!】秋篠宮ご一家のお出かけに交通規制なし【即時改善と思ったらシェア】 秋篠宮ご一家を始め、宮家の皇族方にはお出かけの安全性に対し、問題を感じる。 後方に警察の車両が1台配置されるだけで、交

  2. 鳥海山たろう のコメント:

    せめて後方だけでなく、前方と追い越し車線側の計3台で護衛したほうがよいと思います。

    英国の王室の近衛兵(近衛師団?)は5千人以上、米国の大統領警護のシークレットでも5千人以上は総計で配置されているはずです。
    日本の皇室・皇族についても世界でトップレベルの警護をお願いしたいところです。

    それと、これは難しいかもしれませんが、皇位の継承者の順番などをすべては公開させないで欲しいところです。(上位の継承者はやむえない)

    私は専門家ではないので、その辺の安全理論については確信ありませんが、ひょっとすると交通規制をすると、皇族がここを通行されるよと内外に教えるようなもので、そうすると逆にテロなどの危険性が高まるということはないのだろうかという疑問があります。
    それとも予告しないで、いきなり交通規制をやるのでしょうか。

  3. 東京都56歳 のコメント:

    > 一方、皇位継承順位第2位の秋篠宮さま、第3位の悠仁さまがおられる秋篠宮ご一家であっても例外ではなく、宮家の皇族方には後方に警察の車両が1台配置されるだけで、交通規制も敷かれない。

    産経新聞の文章作成能力には疑問が。
    最初に読んだ時には、
    「例外は無く」の対象を誤読しました。

    私なら以下のように添削します。

     一方、宮家の皇族方には後方に警察の車両が1台配置されるだけで、交通規制も敷かれない。
     皇位継承順位第2位の秋篠宮さま、第3位の悠仁さまがおられる秋篠宮ご一家であっても例外ではない。

  4. 月光仮面 のコメント:

    おどろきました びっくりしました がっかりしました そして
    なぜだと思いました そして そして 日本はここまで壊れているのだと
    思い知りました みなさま これで良いわけないと思います

  5. 波那 のコメント:

    御無事で良かった。古来よりの八百万の神々に、ひたすらに感謝致しました。悠仁親王殿下の、お健やかな御成長を見る度に幸せな気持ちにさせて頂いております。政府からも厳しく叱責され警護を見直して頂きたいです。

    • 波那 のコメント:

      ※何なのでしょうか、この田原総一郎の怪しい発言は?許せません。

      ・・・・・
      NHK報道から「生前退位」という革命用語が一斉に使われ始めましたが、その目的は今上陛下を早々に”退位”させ、皇太子も同じく早々に”退位”させ、「愛子天皇」にするという話が出ているのです。

      それを裏付けるように、今(平成28)年8月27日のテレビ朝日「朝まで生テレビ」で田原総一郎が「悠仁様は事故に遭う可能性があるから愛子様でいい」と、何度も不敬な発言をしていました(下画像)。

      反日左翼は着々と皇室解体を目論んでいる。田原総一郎が言うように悠仁親王殿下を事故に遭わせて、愛子天皇とし、そこから女系天皇として万世一系の皇統を絶ち、最終的には「天皇」を無くしてしまおうという「二段階革命」そのものです。

      悠仁親王殿下は日本国臣民として、何としてもお守りしなければなりません。

      「事故に遭って、無事でよかった」では済まされない事件なのです。

      かつて吉田松陰先生は、安政の大獄で処刑される前に「天壌無窮の神勅がある限り、日本の国は滅ぶことはない」と言われました。「天壌無窮の神勅」とは「万世一系の皇統」のことです。

      大東亜戦争で「國體護持」に命を捧げたのは、日本を滅ぼさないためであった。

      我々も日本を滅ぼさないためにも、英霊達のご遺志を継いで國體を護持して行かなければならないのです。

      http://blogs.yahoo.co.jp/bonbori098/34476035.html

  6. 櫻盛居士 のコメント:

    **********************************************************************
    暫く、小生のコメントには下記のフレーズを、継続的にTOPに書き込ませて頂きます。

    皆様に於かれましても、下記のフレーズを拡散されては如何でしょうか。
    何分、実績であり事実ですから、異存は無いでしょう。

     ・『テロを利用する共産党』
     ・『テロリストの味方である共産党』
     ・『テロに屈する共産党』

    **********************************************************************
    ※共産党に上記の様な意図が無いのなら、責任の全ては徳永克子行橋市議にある事が、第三者にも明確に分かる様に、組織内部で自発的に 粛清 処罰する事をお勧め致します。
     
     
    嘗て、昭和天皇がマッカーサーに国民の救済を訴え、自らの助命を訴えなかった事は有名な話ですね。
    この精神は、現在も脈々と受け継がれているのでしょう。
    それが現在では、国民への迷惑を考え過小な警備体制へと繋がったのではないでしょうか。

    もう一点は、警備担当者を最小限に留める事によって得られる、情報漏洩リスクの軽減です。
    大規模な警備体制を敷けばそれだけ強固なガードが可能ですが、移動ルートを事前に察知されます。
    信号操作でノンストップ通行させれば、誘拐目的の場合に多用される交差点での強襲リスクを軽減出来る反面、暗殺を目的とした狙撃や爆撃タイミングのカウントが取りやすいと言ったデメリットも生まれます。
    尤も、信号待ちで停車するとターゲットに照準を合せやすいと言ったデメリットもあるのですが、第一撃を受けてもガード対象さえ守れれば、第一撃が誘導目的の襲撃で無い場合、移動ルート変更を重ねガード対象を守り切る事が可能ですし、そもそも市街地では襲撃者は待ち構えるポイントを予測し確保するのが困難です。

    そう言った事を考慮した上で、警備担当者は現在の「木の葉を隠すなら森の中」方式を採用して来たのだろうと推察します。
     
     
    扨て、この事故を分析する場合の要点としては警備体制と併せて、もう一つ大切な事項があります。

    人間工学です。

    人間は十分な車間距離をとって走行している場合と、車間距離詰め気味で常に緊張状態で走行している場合では、前者の方が車間距離の変化に鈍感で追突事故のリスクが高まります。

    この人間特性のメカニズムを、担当運転手は認識していなかったのかも知れません。

    普段から高速道路を利用するトラック運転手など間では常識ですが、渋滞の最後尾に自車がなった場合、常に後方を警戒し後続車の接近を察知した場合、ハザードランプを点灯し減速を促します。
    手慣れているドライバーなら、予めハンドブレーキを用いてブレーキランプを消灯しておき、後続車の接近の際にはハザードランプとブレーキランプの両方を点灯させたりもします。
    経験から派生した自衛策ですね。

    ついでに記しておきますが、濃霧時でも無いのにバックフォグを点灯しっぱなしのドライバーや、オートマチック乗りに多いですが常にアクセルかブレーキの何れかを踏んで運転する癖の付いている方も、追突事故のリスクが高くなります。
    穏やかな減速で事足りる場合は、早めにアクセルを緩め(アクセルワーク)エンジンブレーキで減速し、ブレーキワークでの減速は減速率の高い状態で使用する様に心掛けないと、後続車は無意識のうちに先行車両のブレーキランプは「オオカミ少年」だと刷り込まれます。

    尤も、全てのドライバーにこの様な運転技術を求めるのは無理がありますので、要人護送用の車輌には、前後左右の車間センサーを搭載するなど、ヒューマンエラー対策も必要だと考えます。

  7. 生野区民 2 のコメント:

    このニュースには、驚かされた
    交通規制すらしてないのか、もしもの事が有ればどうやって責任を取るつもりだろうと
    大山に紅葉を見に行ったとき皇太子殿下が来られていて警官で当たりがごったがし、紅葉どころではなかった記憶はあるんだが
    皇位継承第一位のもの以外に警備がいかんにずさんか、驚かされた
    特に悠仁さまは、近い将来皇位継承第一位になられるのに
    事故を起こした運転手が、懲戒解雇になったり、突然の失踪をしたりしても別に不思議では無い案件、せてめ継承3位くらいまでは皇太子殿下と同様の警備を敷いて欲しい
    京都に住んでいた時も、昭和天皇が行幸に来られた時は京都にこんなに沢山の警官が
    いたのかと驚いた事もある
    同じ皇族で有るのだから、日本の将来の為に警備を厳重化してほしい
    日本にはパヨクのテロリストがうようよいるし、このような警備体制では基地外どもが何をたくらむか分かったものではない

  8. 一郎 のコメント:

    まさか、本当に後方に1台のみの警察車両とは、とても信じられません。
    警備体制の手の内は明かさないようにされているものと信じます。(覆面が何台も周辺に配備されているとか・・・)

    しかし、テロリストが複数台の車両でやってきた。数台の車両で警察車両をおびき寄せ、その隙に主犯1台が事件を起こす。なんて事があっても、さらに安全性が確保されているものと信じたい。

    一般人さえアクセルとブレーキを踏み違えて、死傷事故を起こしてニュースを賑わす時代です。いつ、どこで、犯られるのか、うかうか安心できない交通事情がある中で、1台のみで護衛しているなんてことは到底、信じられない。

  9. 月光仮面 のコメント:

    今の時代 信じられないほど 狂っている 
    狂いすぎている 

  10. 雛あられ のコメント:

    「秋篠宮家の警備体制の見直しは考えていない」という宮内庁次長の発言に怒り心頭です。
    見直すべきだとの電話やメールはたくさん届いているはずなのに、いったい何を考えているのでしょう?
    秋篠宮家は公務をたくさんされていますが、その交通費や宿泊費はすべて宮家が負担しています。
    働けば働くほど赤字になる可能性があります。
    ご家族が多いのに健康保険の全額負担、御料牧場からの食材は定価購入で、警備にまでお金をかけられないということでしょうか?
    もしそうなら、予算を増やせばいいと思うのですが、片山さつき先生が、「ずいぶん前から秋篠宮家の予算を増やすように働きかけているのにちっとも宮内庁が動かない」とぼやいていた記憶があります。
    宮内庁が全くやる気がないのなら、国民が動くしかないと思うのですが、例えば「秋篠宮家の警護を強化するための募金」とかってできないのでしょうか?
    かつてJAXAが研究費を集めるために募金活動をしていましたが、予算以外に民間からお金をもらうのがOKなら、(宮内庁はあてにならないので)民間で募金活動をして秋篠宮家に送るとかって、できないのでしょうか?
    法律的なことはよくわからないので素人考えですが、もし可能なら、国会議員の先生方も巻き込んで、募金活動を立ち上げて下さるとうれしいです。

  11. 雛あられ のコメント:

    連投失礼致します。秋篠宮家警備強化のための募金のメールを送ったものです。

    募金の場合「中抜き」とか、「正しく本来の目的に使われているか」という監視が必要ですが、私は過去の一連の対応から宮内庁は全く信用していません。ですので、宮内庁に募金を渡してしまうと、会計をごまかして他の皇族に横流ししたり、目的外の支払いに当てたりするのではないかと危惧しております。(情報公開が黒塗りだったら、寄付した国民には使途がわかりません。)

    法的な事がわからずこの辺も全く素人考えなのですが、官邸直属で「秋篠宮家警備強化特別会計」とか作って宮内庁がタッチできないようにするとか、秋篠宮家の私費(お手元金?)に直接送金するとかできないのでしょうか?警備強化は一刻を争う問題だと思うのですが、宮内庁次長のコメントだけで政府も動く気配がなく、とても心配です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です